ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

多摩川カップ

3年連続マグロを解体!江戸川場外から多摩川カップへ。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 出勤予定だったものの急遽休みになった本日、多摩川と平和島を売ってた江戸川競艇場で大晦日恒例のマグロ解体ショー(今年は約70kg)を見てまぐろづけ丼500円を食べてから、おしるこ100円の多摩川競艇場へ。これまで大晦日の競艇場は江戸川と戸田しか行った事が無くて多摩川の大晦日は初めてだったのですが、今日の多摩川は今年何度も行った中でぶっちぎりの大混雑でした。ちなみに売上は4億8509万5400円で記念を除く多摩川競艇の年間1位、本日の関東4場中でも1位でした。
 ただ、江戸川で買った平和島も含めて実券の払戻が0円、電投含めても当たったのは宮島優勝戦と大村九州スポーツ杯新春特選レース初日11Rだけだったのは不甲斐ないところ。それはともかく、2008年最後の記事は過去2年同様にマグロの写真からです。
マグロ解体ショー2008まぐろづけ丼500円2008


多摩川カップ優勝戦

 多摩川競艇2008、平成20年のファイナル、第24回多摩川カップ優勝戦が始まりました。西の空、富士山の後ろが黄金色に輝きまして6選手の登場です。スタート展示は枠なりでしたが、ここを勝って今年V5とし当地SG総理大臣杯の出場権を得たい3号艇作間章Tokyo bay pirates)が2コースに入り、132/456の並びになりました。さあ始まる水上の格闘技。6人の、そしてあなたの夢が動き始めた。今、優勝戦スタートしました。1号艇濱野谷憲吾(ベイパ)が実にいいスタートになりまして、一歩間違えば総理杯アウトという04トップスタート決めた濱野谷は、11スタートからいちかばちかのサクマ式強つけまいに出たマーサク選手を全く寄せ付けずに楽々逃げ切り、茜色に輝く西の空に向かってHSを駆け抜け、赤い太陽に背中を押されてBSを独走ぶっちぎりで駆け抜けた2008年度競帝王の濱野谷は今年5回目にして通算51回目・多摩川は7回目の優勝。副賞で勝利の美酒澤乃井の清酒「万舟」を贈呈されてます(表彰式付きレース動画)。
 後続は差した2号艇山田竜一(ベイパ)と2番差しの4号艇中里英夫(栃木)に、つけまい不発から切り返してきたマーサク選手が絡み、2M内突くマーサク選手とマーサク選手を包んで回った中里を差しきったヤマダドラゴンが2着。2周2Mで中里を差したマーサク選手が3着になり、ベイパのワンツースリー。
澤乃井銘酒「万舟」を手にする濱野谷


平和島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 東京支部と群馬支部が3人ずつ進出した一戦は1号艇大西源喜(千葉在住東京支部)が6号艇佐口達也(群馬)の捲りをこらえて元気に逃げ切り、「まさにゆく年くる年大西源喜、平和島の2008年を締めくくります。」ということで今年4回目・通算17回目・平和島2回目の優勝とお伝えしておきます。表彰式(動画)ではモンスター野中和夫日本モーターボート選手会会長から元気に表彰されております。

 さて、ミスターチルト3度阿波勝哉(最終日連勝含む節間5勝)が斡旋された今節からソースカツ丼チルト3丼600円が登場。平和島次節東京ダービーで食べてみようと思います。その東京ダービーは節間入場無料で、京急開発自慢のフードコンプレックス品達からなんつッ亭せたが屋が節間出店し、初日は両店の店主が顔を揃えます。

住之江ファイナル競走優勝戦

 前節SG賞金王決定戦ではやたらと強かったインが今節はボロボロ。昨日の準優も10Rの1号艇川北浩貴が2着で優出した以外は敗退する波乱のシリーズでした。
 優勝戦は4号艇になった川北が動いてインを取りかけるもデビュー初V狙う1号艇・児島地区スターの山田佑樹(95期4323)がねじ込んで枠を主張(待機行動違反)した14/2/536の進入から山田佑樹が川北の進入と深い起こしに惑わされずに05トップスタートを決め、2号艇山本光雄の強つけまいも受け止め、川北の差しは大きく流れ、待機行動違反こそ適用されたものの逃げ切った山田佑樹は13回目の優出にして遂にデビュー初優勝を区切りの大晦日に達成。デビュー初優出の3号艇是澤孝宏(京都98期4388)が差して2着に入るフレッシュなワンツーになりました(動画)。

桐生ボートピアなんぶ杯優勝戦

 青森県三戸郡南部町にあるボートピアなんぶのタイトル戦は波高6cm北西追い風7mのコンディションで行われ、枠なり3vs3の進入から1号艇柴田光と2号艇土屋智則の地元コンビが09.08と0台のスタートきるも、15スタートの4号艇三角哲男がカドから強捲りッス。デビュー初V目指して内から伸びる土屋弟を振りきって2Mを先行したミッスーが当地9月ナイターレース発祥の地記念アクアンナイトカップからの桐生連続優勝ッス。俺たちの誇り千葉マリンのミッスーは今年ここまでV5で、既に勝率順で地元総理杯当確でしたが、今年の締めを年間V6で飾り、通算優勝回数も区切りの50回目ッス。

 惜しくも2着だった土屋弟ですが、同日住之江を走っていた姉の土屋千明(92期4225)にとっては痛恨の大晦日になる出来事がありました。
 土屋姉は1号艇で乗艇した今年最後のレース、一般戦の6Rで132/456の進入から3号艇中西宏文と共に痛恨のフライング。このFにより、当確だった尼崎G1企業杯JAL女子王座決定戦はF休みとなってしまいました。ちなみに、住之江でFした土屋姉の替わりに女子王座ボーダーに浮上したのは土屋姉と同期、しかも大阪支部の西村歩(92期4243)という皮肉です。

宮島日刊スポーツ栄光楯優勝戦

 昨年丸岡正典が1号艇で優勝した栄光楯。今年の1号艇は藤丸光一になり、新旧のマルちゃんで栄光楯連覇なるかが注目の一戦は枠なり3vs3の進入から博多ん大将マルちゃんがピカイチの逃げで堂々押し切り、順走の2号艇白水勝也を従える福岡ワンツーで新旧マルちゃんによる栄光楯連覇を決め、今年4回目・宮島2回目・通算48回目の優勝多摩川G1ウェイキーカップで記念初Vを成し遂げた最良の一年を優勝で締めくくりました。

年末名物多摩川カップ初日は全艇失格レース不成立もあった初日。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 お待たせいたしました。多摩川競艇今年最後のシリーズを迎えました。第24回の多摩川カップ。大晦日、31日までの6日間のロングランシリーズの幕開けです。第3Rが始まりました。多摩川育ちで2009年平和島地区スターの4号艇後藤翔之が単騎でカマシて大外です。内側から12356、そして4番です。スピードが乗ってきました。第3Rスタートしました。3号艇5号艇がスタート決めていきました最初のターンマーク。3号艇渡辺史之(千葉在住群馬支部)が捲って先頭に立ちますが、「お〜っと、後ろでは落水です。」と捲り差しに行こうとした6号艇若女井正昨年優出2着)が1号艇亀山雅幸と接触して責任外の落水です。
 これにより5艇による争いとなったレースは5号艇大西英一の捲り差しが渡辺史之に迫るものの締められて後退、伸び返した2号艇高橋二朗が内から大西に迫り、更に2艇の内から後藤翔之が艇を伸ばし、実質最終ターンマークの1周2Mは渡辺史之、後藤翔之の順で旋回。ですが高橋二朗と大西英一が後藤翔之を差しきり、2周1Mは事故艇と救助艇の外側を渡辺史之、高橋二朗、大西英一の順で旋回し着順が固まりました。
 そして3周1M、事故艇を内でなく外へ持ち出し是政方面に移動していた救助艇の内側を渡辺史之は航走し、残る4艇も続いて内側を旋回。
 その結果、「なおこのレース、このレース、舟券の方は大切にお持ち下さい。このレース、舟券の方は大切にお持ち下さい。このレース、舟券の方は大切にお持ち下さい。(ピンポンパンポン)お知らせいたします。このレース、全選手が失格となりました。このレース、全選手が失格となりました。舟券の方は大切にお持ち下さい。お手元の投票券大切にお持ち下さい。お知らせいたします。このレース、6番の若女井選手を除いた5選手は航走指示違反によりまして失格となります。6番の若女井選手は落水による失格、他の1番から5番までの5選手は航走指示違反によりまして失格となりました。従いましてこのレースは全て返還となります(動画)。
 とヤッターマン田中伸明アナのお知らせ通り、このレースは落水による1艇失格と23条2項内外回り違反による5艇失格の全艇失格でレース不成立。返還総額は1067万200円でした。
 内外回り違反によるレース不成立は今年だけで8月の津中日スポーツ高虎杯争奪戦5日目10R準優勝戦、先月勤労感謝の日の平和島神奈川新聞社賞4日目12Rに続く3件目であります。
 これにより、責任外落水のワカメちゃんと1回乗りでこれがラストレースになった渡辺史之を除く4人は後半レースを走って帰郷。嵐のマッチョマン高橋二朗は自らの名を冠した浜名湖うな二朗のクッキーアタック(1月9日〜13日)で今回の悔しさを晴らすはず。ちなみに事故に巻き込まれてしまった後藤翔之は平和島の地区スター(多摩川地区スターは引き続き長畑友輔)ですが、地区スター就任後初の平和島参戦となる正月の大一番東京ダービーで悔しさを晴らすはず。

 (追記)27日付日刊スポーツの記事によると
 「しかし、リプレーなどでは3周目に事故艇の外を安全に回れるスペースはないと見られ、渡辺も「あの外は回れないし事故艇は競走水面外と思って内を回った」と不満を漏らす。ベテラン大西も「審判の誤審か救助艇のミス。帰れと言われれば仕方ないが納得はしてない」と憤った。30〜40人のファンからも放送が不明瞭、舟券を捨ててしまったなどの抗議が寄せられた。これらを受け、飯塚充審判長は「自分の判断が甘かった。厳しく言われれば判断ミス」と、内側を通る指示を出さなかった不手際を認めた。岡崎幸平多摩川担当理事も「お客さんはもちろんだが、選手にも気の毒なことをした。審判長はすぐに代えました」と語った。それでも判定が覆ることはなく、しかも5選手は責任失格。現状、選手側は泣き寝入りする格好となり、ルール上とはいえ、あまりにもお粗末で後味の悪い結果となった。

 外へ移動してしまった救助艇、それを見落とした審判長に問題があったことを認めましたので、即日帰郷の事実は覆らないものの当該事故で通常適用される当該場斡旋拒否は無さそうですね。多摩川で育った東京支部のホープ後藤翔之を再び多摩川で見られる日は近そうです。


 上記のアクシデントはありましたが、江戸川競艇場で6日間場外発売されるのと東都のエース濱野谷憲吾と今年V5狙う作間章が出場する事で注目度大な多摩川カップ。自分の仕事納めは大晦日なので、節間江戸川の場外に1度行ければいい方かもです。ちなみに大晦日の江戸川競艇場では今年もマグロ解体ショーが実施されます。

 さて、本日の実況は前半6つをヤッターマンアナ、後半6つが野村達也アナが担当と、メリークリストファー・ロイドイブのJLC NEWS艇声人語に出演したコンビが実況。ゴン太アナはお休みでした。
 ということでノムさんが実況した初日メイン多摩川選抜戦は1号艇濱野谷と2号艇さくまあきらが内を固め、更には3号艇山田竜一に4号艇中野次郎(昨年優勝者)、1艇飛んで6号艇角谷健吾(平和島不成立事件当事者)と6人中5人がTokyo bay piratesという豪華番組で、残る5号艇中里英夫にとってはものすごく肩身の狭い番組に。
 レースは枠なり3vs3の進入から濱野谷が白浜になって逃げ切り1着、さくまあきらが濱野谷をマーサクしての差しで2着、山田流の握りマイで山田竜一が3着、以下枠番通りに入線して進入も着順も枠なりでした。

【まぐろづけ丼】江戸川競艇でまぐろ買いたいジョー【まえづけドーン】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 大晦日の一時を熱戦でお楽しみ頂いております江戸川京葉賞は人機一体となりました各レーサーが今年の掉尾を飾ろうと激しいレースを展開しました2日目の競走水面。第9R発売中には昨日に引き続きましてまぐろ解体ショーが行われました。昨日はまぐろ解体ショーの前に江戸川を出て京王多摩川に向かったので見られなかったのですが、今日は目出度く見る事が出来ました。解体されたまぐろを使ったまぐろづけ丼500円の販売も行われ、自分はもちろん買って食べまして、まぐろ解体ショーでまぐろ食いたいジョーの欲望を満たすことが出来ました。
ガラス奥のファンも注目!まぐろ解体ショー

 解体が済んだところで第9Rが始まりました。「6号艇の前田が動きを見せましたがどの辺でしょうか、そのまま4コースということになるんでしょうか(動画)。」ということでスタート展示6コースだった6号艇前田光昭が前付け4カド進入からスピードを乗せました。そして差しのハンドルでBS伸びた前田太尊が2M先に回って1着です。かくして場内ざわつく前付け大成功のタイソンでしたが代償として待機行動実施細則違反が適用されました。

 江戸川競艇今年最後のレースとなる12Rは圧倒的な人気を集めた1号艇齊藤仁が独走ぶっちぎりのイン逃げで1着
 今年は平和島東京ダービー優勝で東京ダービー王を襲名し幸先いいスタートを切った金メダリスト齊藤仁、今年は江戸川代表として桐生SGモーターボート記念でSG初出場と飛躍の一年となり、年またぎの今シリーズも軽快なステアリングで今シリーズ最も動きが注目される選手です。

 その齊藤仁、前半第6Rは6号艇で不利な枠。しかし1号艇平井紀之が振り込み(動画)、差しを狙った2&3コースが大きく煽りを受けて4カドも軽く不利を受ける中、エンジン上々の5号艇高橋二朗の捲りに2段捲りで続いた齊藤仁は嵐のマッチョマン高橋二朗に続く2着でゴールし、不利枠をソツなくまとめました。

 最後に、年またぎ開催の今シリーズですが明日元旦は中休みです。だから新年初競艇は首都圏で唯一元旦開催してる戸田埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦ですね。

多摩川カップ優勝戦

 今、まさに暮れていく2006年の大晦日。泣いても笑っても今年の走り納めとなりました、今年最後の優勝戦さあ行こう!水上の超特急秋山直之が1号艇でイン戦も秋山にゃんならではの33ネコスタート発動。この展開に2コース&4カドが飛びつき、福が来ましたとばかりに間隙を突いた捲り差しで突き抜けたのは5コース進入の6号艇福来剛。デビュー水面の多摩川で87期福来が嬉しいデビュー初優勝です。待ちかねた福来たる喜びに笑う門となった福来は表彰式でウェイキーくんと抱き合う程の喜びようです(動画の6分20秒過ぎ)。
 で、ネコスタート発動の水上の超特急秋山にゃんはBS伸び返し、2M内からかかり鋭く旋回してしっかり2着を取りきってます。

 かくして待ちかね福来たるつよしが大晦日に初優勝をやってのけましたが、つよしといえば田中豪も今シリーズ出場中。初日9RでいきなりFを切りV6での平和島SG総理杯出場はアウト、V5勝率上位での出場にも暗雲が立ちこめましたが、3日目9R以降4連勝で望みを繋いで今日の2走。
 自力出場には連勝を求められる苦しい立場で、前半4Rは2コース差し不発で2Mぶん回しで追い上げるも2番手。しかし3周1Mで差しのハンドルを入れた田中は遂に前を行く1号艇秋山昌宏に並び、3周2M内先マイで逆転の1着。この後浜名湖静岡新聞社・静岡放送NewYear'sCup3日目出場中の競合相手大場敏が2着2本で終え、田中は後半2着条件に。
これで気をよくした田中豪は後半9Rで4カド気合いの捲り差しで1着となり総理杯に向けてGoGoGo、何ともつよしな6連勝で勝負駆け成功、見事自力での総理杯出場を決めました。

平和島日本MB選手会会長賞優勝戦

 4カド09トップスタートの2号艇角谷健吾が捲り一発狙うもインの1号艇荻野裕介に激しく抵抗されて不発。この展開を突いて3コースから5号艇柴田光が捲り差しで先頭に。以下、大外差しの6号艇三角哲男が2番手で5コース差しの4号艇平岡重典が3番手。
しかし2Mでミッスーが切り返しから柴田におっつけて行き、張られた柴田はバタついて後方。ミッスーの旋回も外へ流れ、間隙を突いて平岡と荻野が上がってきます。そしてHS内の利で2周1Mを先マイした大阪支部の平岡が荻野のつけまいを振り切り、今年初優出にして通算26回目の優勝。大阪選手の優勝にプレゼンターの野中和夫日本MB選手会長も場所が東京ベイ平和島という事を忘れて大喜びです。
 2Mでミッスーを差した荻野が一度は2番手に上がるも2周1Mでミッスーが差し返して再逆転。しかし2周2Mで平岡の内に入ろうとしたミッスーがもたつくミスターン、その内を差した荻野が2着争いに競り勝ちました。ミッスーは3周1Mでも先行艇の引き波をまともに踏むミスターンで角谷に差されて結局4着でした。

住之江ファイナル競走優勝戦

 9億4376万600円と他場を圧倒する売上を残した最終日、住之江ファイナルのファイナル優勝戦は近況前付け多用で勝率も現期B1から新期A1にジャンピーアップした3号艇森岡満郎(岡山)がここも大胆に前付けでイン奪取。森満は07トップスタートを決めますが起こしがかなり深かったのが災いし、助走距離をたっぷりとった2コースの1号艇東健介(岡山)に10スタートからあっさり捲られて終了。
今月13日まで約6年間勝てなかった健介は前走桐生一般競走で優勝戦連敗記録を39で止め、ここも見事な北斗ボム捲りで2節連続優勝。通算ではV5です。
 3コースの2号艇吉川昭男は差しを狙うももたついてしまいますが、6号艇貫地谷直人の大外差しが吉川にぶつかり、角度が変わって助走もついていい感じや(動画)ということで軌道修正に成功した吉川が2着です。

宮島日刊スポーツ栄光楯優勝戦

 大外単騎の5号艇清水敦揮が20トップスタートから絞り捲り敢行もインの白水勝也が艇尾をぶつけてあっさり弾き飛ばし、そのまま先頭に立った白水が通算18回目の優勝。地元からただひとり優出した角ひとみが2コース順走で2着に入り、意地を見せています。

桐生ファイナルレース優勝戦

 鋭いピット離れでインを奪った2号艇重野哲之が上昇気流な今年の勢いそのままにイン戦堂々押し切り今年7回目・通算10回目の優勝。インを取られた1号艇山来和人が2コース順走で2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ