ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

夕刊フジ杯

オレンジ色のニクいやつ江戸川夕刊フジ杯など5場の優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 オレンジ色のニクい奴「夕刊フジ」のタイトルを冠した江戸川の4日間開催夕刊フジ杯は今年度初めて節間無事故で最終日最終レースを迎えました。

 優勝戦は内枠3人が共に01タッチスタート、外枠3人も順に03・04・05としびれるスタート合戦になり、2号艇谷津幸宏が1号艇三嶌誠司を差しきって先頭に立ち、2M三嶌誠司の差し返しを振り切ったオレンジ色のニクい谷津は今年2回目・江戸川初・通算9回目の優勝
 2着は三嶌誠司、3着は3号艇滝沢芳行と4号艇堂原洋史の埼玉コンビでほとんど同体の3着争いになって3周2M外包み込んだ堂原支部長が競り勝ちました。

常滑長月特別優勝戦

 2日目9Rにイン速攻で通算1000勝を達成した生方厚成が勢いに乗って優出1号艇を獲得し、優勝戦も枠なり3vs3のインから16トップスタートの速攻を決めてメモリアルシリーズに2006年10月多摩川WEB競艇TV杯以来となる通算15回目の優勝
 2006年の前回優勝は1号艇池田浩二に2号艇中村有裕に3号艇辻栄蔵と3人のSGウィナーを相手に大物食いで2連単万舟の大穴を開けた強烈なレースでしたが、本命を背負って今日の5場優勝戦中唯一1号艇で優勝した今回は節間の通算1000勝達成と合わせて強烈な印象を残しました。

 後続は差し順走の2号艇一瀬明と捲り差した3号艇柳生泰二の2番手争いになり、差し続く5号艇天野友和(愛知)を2Mで柳生が全速フルアクションで包んだのに対し一瀬が行かせて捌き、HSでは内の一瀬がやや有利に。
 しかし2周1M全速握った柳生が同体に持ち込み、柳生は2周2Mでも外全速フルアクションを見せて一気に一瀬を捲りきって抜け出し2着。

福岡エムズシー杯優勝戦

 福岡のインターカレッジサークルMs'SEAのタイトル戦は123/546の進入から5号艇麻生慎介が16トップスタートを決めて絞りに行きますが21スタートの3号艇陶山秀徳(熊本在住福岡支部)が先捲りで抵抗。
 そして内艇を捲りきって先頭に立った陶山秀徳は捲り差しで追撃するローゼン麻生を振り切り、1953年1月1日生まれ59歳の42期2816陶山秀徳は2002年10月の当地一般競走以来となる約10年ぶり通算18回目・福岡3回目の優勝

 ちなみに陶山秀徳は1994年11月に江戸川施設改善記念優勝の記念V実績がありますが、次回斡旋は23日からの江戸川名人戦ジャパンネット銀行賞です。

大村島原半島世界ジオパーク認定3周年競走オラレ島原開設4周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇松元弥佑紀(沖縄在住滋賀支部)がカド捲りを決め、今年2回目・大村初・通算16回目の優勝
 後続は捲り差した6号艇一宮稔弘が1号艇野長瀬正孝を差しきり2番手航走も、2Mで2号艇西田靖を行かせて捌いたのながせが2周1Mの差しで一宮を猛追し、のながせは2周2M手前で一宮を捕らえて先行を果たし一宮の巻き返しを振り切り逆転2着。


浜名湖静岡朝日テレビサンライズカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から13トップスタートの2号艇今坂勝広(静岡)が早差しを決めて先頭に立ち、1号艇金子良昭(静岡)が2M差し返して地元同士のマッチレースに持ち込みますが今坂勝広はガッツで振り切り、今年2回目・通算49回目の優勝

江戸川夕刊フジ杯初日+正月開催の締めは戸田とびわこ

ブログネタ
競艇 に参加中!
 年末年始の特別斡旋開催は今日の戸田とびわこを最後に全場終了。
 ちなみに尼崎は年末の尼崎市長杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走が特別斡旋開催で、江戸川は年末開催京葉賞と正月開催新春金盃の両方、その他の22場は正月開催か年越し開催が特別斡旋開催です。


 さて、江戸川の2012年開催第2弾は今日から13日までの夕刊フジ杯
 今節から江戸川の番組名称が一部変更され、得点率制開催における予選日の一般が予選に、10R一般特賞が10R予選特賞に、11R特選が11R予選特選に変更されました。

 今節はSGV7を誇る西島義則が2002年11月日本財団会長杯以来の江戸川出場という事が話題。
 当時のペリカンさんは8項抵触の為江戸川出場後約半年の斡旋停止期間を控えてた状態ですが、今回はA1復帰後の初戦という事で、9年2ヶ月前以上の活躍を期待できると思います。
 初日のペリカンさんは江戸川選抜戦1号艇1回乗りでしたが、ペリカンさんは4号艇宇佐見淳の捲りをこらえきって1着になり、2002年11月日本財団会長杯初日11R江戸川選抜戦以来となる江戸川での白星を飾りました。

 尚、10Rで3号艇亀本勇樹が1周1M捲り差し狙うも前が壁になり転覆、1周2Mでは6号艇横井健太が差しを狙うもハンドルミスでネトロンに乗り上げた影響で5号艇川田正人もネトロンに乗り上げ川田が沈没を喫し、この結果2005年6月一般競走優出2号艇2着以来の江戸川出場だった亀本勇樹は負傷帰郷してしまいました。
夕刊フジ杯展望サイト開設中の江戸川HP


戸田埼玉選手権スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇須藤博倫(川口市)が捲り、3号艇池上裕次(川口市)が差し、4号艇後藤浩(東京都在住埼玉支部)が捲り差す展開になった埼玉選手権は後藤浩がやや抜け出しかかるも艇が暴れて伸びきれず、内から伸びた戸田天皇池上裕次が2M先行で抜け出し、戸田20回目・通算55回目の優勝で埼玉選手権は昨年に続く2連覇でV3。

 後続は2M握った後藤と2M小回りの須藤で接戦になり、2周1Mも同様の展開になりましたが、ここで須藤が抜け出し2着。

びわこ近江戦国絵巻シリーズ第七戦新春滋賀県知事杯争奪戦優勝戦

 14/2/356の進入から2号艇川北浩貴が捲りきるも3号艇鎌田義(兵庫)の捲り差しが届き、2M先行したカマギーが2009年3月G2秩父宮妃記念杯以来となるびわこ2回目・通算46回目の優勝で、24場特別斡旋開催で唯一他支部選手が優勝。
 惜しくもVならなかった川北は2M内を突いてきた5号艇君島秀三を行かせて捌き2着。

尼崎アクアコンシェルジュ杯争奪福娘選抜優勝戦

 特別斡旋開催を毎年年末に開催する尼崎は1年最初の開催が特別斡旋の正月開催ではありませんが、2006年以降は毎年オール女子戦(選手紹介動画)を開催してすっかり定着。

 さて、優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇横西奏恵が押し切り、
 「納得のパワー、絶好の枠番、そして得意の尼崎。負けない要素が全て揃えば尼崎でもこのフレーズ。もうかなちゃんにはかないません。動画)」と千葉誠一アナに実況された横ちんは通算45回目・1999年3月G2企業杯JAL女子王座決定戦でデビュー初Vを飾った尼崎では3回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇海野ゆかりが2番差しの4号艇三浦永理を2M行かせて捌き2着。

徳山すなっちウィンターカップ優勝戦

 徳山今年2度目の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇富山弘幸が2号艇金子龍介の差しをガツンと締めて振り切り、徳山2回目・通算29回目優勝

 金龍がバランスを崩した所に4号艇野長瀬正孝の2番差しが届き、のながせは金龍の追撃を振り切って2着。

江戸川夕刊フジ杯予選最終日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川競艇のポイント制6日間シリーズ夕刊フジ杯三国G1北陸艇王決戦との併用開催で、今日が予選最終日の5日目。

 4日目まで7.29で6位だった金子猛志は今日第10R4号艇1回乗りで、18トップスタート決めた金子は猛々しいカド捲りを成功され1着。勝負駆けに成功しただけでなく、順位の方も大きく上昇しました。

 そして優出メンバー中、最もきつい勝負駆けを成功させたのは4日目まで6.33で15位に低迷していた勝野竜司
 初日江戸川選抜戦を制したものの今節1番の荒水面だった3日目にゴンロクやらかし大きくポイントダウン。
 しかし今日は3号艇の第6Rで捲り差しから1着、2着条件になった4号艇の12Rでは2号艇中村裕将の捲りを差して2番手追走。
 2M惜しくも舳先届かなかった勝野は2周1Mで差しが届きかけるも2周2M振り切られてしまい、深追い失敗の展開を突かれて2周2Mで3号艇池本輝明に差されてしまいますが、3周1Mで差し返し2着を確保して優出成功。


 かくして決まった優勝戦のメンバー。

1:出畑孝典 2:金子猛志 3:中村裕将 4:岩崎正哉 5:勝野竜司 6:道見数成

 今節初日が誕生日だった地元道見は今回同様追加斡旋での参戦だった先月30日内外タイムス社リアルスポーツ賞に続いて6号艇での優出。先月は6着でしたが、通算7度目の優出となる今回は前回の着順を上回れるか。
 ちなみに金子猛志は2002年3月の地元桐生一般競走山崎智也らを相手に優勝して以降優勝から遠ざかってますが、過去には1998年7月の江戸川一般競走田頭実福永達夫選手会長らを相手に優勝した実績が。また、2002年3月を最後に優勝戦22連敗中ではありますが、1999年蒲郡SG笹川賞でSG優出の実績があります。

【戸田競艇組合主催の東京中日スポーツ杯優勝戦にキャッチアップ!】

 ブログもやってる東京支部福来剛が2006年大晦日多摩川カップ以来通算2度目のフクキタルを目指す一戦にキャッチアップ!

1:福来剛 2:白石健 3:石川真二 4:杢野誓良 5:大嶋一也 6:松尾宣邦

 福来剛といえば昨年7月のG1江戸川大賞IN蒲郡で優出したのが記憶に新しいですが、同レースでG1初Vを飾った石川真二も優出。そして、イン水域を脅かしそうなKAZUYA.Oも優出と、レース名通りに愛知勢の包囲網が強力で福来にとっては結構厳しい状況ですが、ここで決めれば一気に今後の福も来たる予感。
 ちなみに艇界のラーメン王しらけんも優出しましたが、先週の埼玉県都市競艇組合主催新鋭リーグ第18戦を見に行った時はレース名を意識して行った事が無いラーメン屋に入ろうと思い、昼は赤羽の自家製麺伊藤、夜は池袋のBASSOドリルマンに行ってきました。
 で、なんで戸田の優勝戦に江戸川以上の注目をしてるかというと、当日は日曜の振替週休で休み。よって、新鋭リーグでは無く今節に組まれたGBレポーター秋葉ミキ艇司会のトウチュウ予想会(7Rバッハプラザ特別8R終了後の2回)を見に行けるようになったから。
 もちろん、5R終了後の公開優出者インタビューも見逃せないところ。

住之江新鋭は松村敏が捲り一撃飛龍の拳で初V達成

 住之江G3新鋭リーグ戦競走第9戦サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走は金曜日に71期3611じゃない方の岩崎良美サンセットライブがあったり、日曜日に100期4456鎌倉涼ふれあいトークショーがあったりと陸の上は華やかに進行。

 しかし水上の方は昨日も少し書いた様に準優で1号艇トリオが全滅したりする大波乱のシリーズで、最終日も1号艇の頭は無し、イン勝ちも8R3号艇山口達也の前付けイン1つだけという波乱の1日。

 そんな状況で迎えた優勝戦にCatchUp!サンケイスポーツ旗と当選当時全国最年少市長だった政界の新鋭倉田哲郎市長35歳から授与される箕面市長賞と賞金100万円と新鋭王座出場権を懸けて、6人のGB FINALISTが戦います。
 5号艇進藤侑(群馬92期4235・1983年9月11日生まれ)が2コースに入った15/2/346の進入からたすくが42と大きく凹んだのに対し、助走距離たっぷりの3コースから15トップスタートの2号艇松村敏(熊本92期4236・1983年9月17日生まれ)が壁無しの1号艇岡村仁(大阪95期4311)を一気に捲りきり、同期連番たすくの前付けドカ凹みという援護射撃はあったものの、トップスタートからの堂々たる捲り戦で通算18度目の優出にして初優勝動画)。先月7日戸田日本レジャーチャンネル杯で初V決めたたすくに続きました。
 後続は3号艇鶴本崇文(大阪98期4384)の差しがいい角度入り単独2番手の勢いも、もたつき気味だった岡村と接触した分伸びきれず、6号艇松田祐季(福井98期4391)の差しが鶴本に届いて両者併走。更に4号艇土屋智則が外マイから両者を差無く追走して2番手混戦状態。
 2Mは松田が鶴本を牽制してる隙を突いて土屋が内に切れ込み先行。松田は土屋を差して捌き2周1M内有利に先行しようとしますが、ここで優出メンバー唯一のA1である土屋が圧巻の全速戦で松田をつけまいに沈め、一気に抜け出し2着確保。松田が3着で、ここはルート246の偶数艇トリオで決着と、最後も波乱。しかしイン受難の流れだったからか3連単8980円と万舟にはなりませんでした。

戸田夕刊フジ杯・男女混合W優勝戦最終日

 W優勝戦なので優勝戦実況もダブル。堂前英男アナが実況した11R優勝戦(男子)は2003年9月浜名湖スポーツニッポン菊花杯以来の優出(最終優勝は1992年七夕)になった2号艇塚田修二が大外に出た134/562の進入から18スタートの1号艇吉田拡郎(岡山)が22スタートからつけ回ってきた4号艇村田敦の攻撃を受け止めきって振り切り戸田初・通算9回目の優勝
 後続は2番手の村田敦に対し、1M差し順走の3号艇原田富士男が2M先行。村田敦は夕刊フジ男と1M2番差しの5号艇興津藍の間を割って捌き、内から差を詰める藍ちゃんを2周1M豪快なつけまいで沈めて2番手キープ。
 しかし、2周1M差して単独3番手になった夕刊フジ男が2周2Mでターン流れた村田敦を見逃さず、ここで差した夕刊フジ男は一気に村田敦と艇を並べ、3周1M先行して逆転2着とレース名にふさわしい活躍。

 踊る実況吉原完アナが実況した12R優勝戦(女子)は123/465の進入から1号艇佐藤幸子(岡山)が、優出メンバー中唯一の女子リーグ世代にして3号艇ながら人気の中心だった横西奏恵(川口青陵高校出身)の捲り差しを振り切って2007年9月津レディースチャンピオンカップ以来となる通算27回目の優勝

 以上の様にW優勝戦は男女とも1号艇の岡山県民が優勝したわけですが、個人的には佐藤幸子が優勝した後、2008年11月平和島日本トーターカップ2日目3Rで佐藤幸子と1着同着だった元平和島地区スター村田敦の初優勝を見たかったという気持ちが一層強まりました。


浜名湖公営レーシングプレスアタック優勝戦

 3日目まで前半Rを担当していたMC浜名湖の工藤浩伸アナが昨日から住之江公開FMアクアライブステーションのMCを担当し、昨日からは山口新之助アナが全Rの実況を担当。
 そんなプレスアタックはスタート展示の145623から一転、本番は4号艇堤昇(静岡)がインを奪った416/523の進入から6号艇吉田徳夫が模範的な絞り捲りを見せて抵抗されながらも捲りきった展開を突いて5号艇萩原篤が海苔オを差しきり通算V6となる優勝。レースを作った海苔オが2着の56決着で2連単も10750円の万舟。

平和島夕刊フジ杯を始め5場の優勝戦

 「お帰りは夕刊フジとビニール傘をお買い忘れないようにとお伝えしたいところでありますが、本日は日曜日。夕刊フジはお休みであります。(動画
 と、ベイ吉松永良一アナにお伝えされた平和島夕刊フジ杯優勝戦でありますが、5号艇福田雅一が動いた1235/46の進入から07トップスタート踏み込んだ4号艇山本光雄のハイスパートな捲り一発決まって平和島初・通算15回目の優勝
 31とスタート遅れてしまった福田ですが立て直して差し伸び、1Mで内2艇と光雄の間を突いて2番手の3号艇大平誉史明を捕らえ、2Mで大平の差し返しを振り切って2着。優勝ならずも大福戦争には勝利。

多摩川競艇バースデイカップ優勝戦

 1954年6月9日は多摩川競艇と東京42期2826高橋四郎(平和島競艇の近くに在住)の生誕記念日。
 その日が前検だった5日間シリーズ多摩川生誕55周年記念のファイナルはスロー4艇の起こしが深い1246/35の進入から3号艇山谷央(東京)が捲りに行くも1号艇金子貴志和歌山でも豊橋でも無く福井県民)が抵抗。
 そして貴志が山谷をたま川方面へ飛ばした展開を突いて16トップスタートの5号艇平岡重典が捲り差しを決め、多摩川2回目・通算28回目の優勝で副賞に勝利の美酒・小澤酒造澤乃井の「万舟」を獲得。
 たま川で優勝出来なかった貴志ですが、2号艇・「(エンジンの感触?)特にどうこういうことないですよ。問題ありませんよ。(動画」「(エンジンは普通とのことですが金子選手強そうな気配感じますか?)いやおんなじモーターですからね。変わらないですよ。」な山室展弘さんの差しとその後の追撃を振り切って2着は確保。

津JLC杯争奪戦優勝戦名産松阪肉朝日屋杯

 「肉の王者といえばもちろん松阪肉ですが、水面上には今シリーズの王者を目指す肉食系男子6選手の登場です。(動画」という佐竹亮アナの実況がありました冠協賛レースは枠なり3vs3の進入から内枠2艇が09トップタイの好スタート。
 そこから1号艇柴田光がストロングスタイルな逃げで柴田勝ちを狙いに行きますが、2号艇佐々木英樹が逆水平チョップのような鋭角差しで柴田を捕らえ、2Mで柴田の差し返しを振り切って2001年8月1日戸田埼玉新聞社杯以来となる通算3回目の優勝

徳山日刊スポーツ杯太華賞優勝戦

 戸田競艇と川口オートと伊勢崎オートが同時開催という事で福岡3場の吉野尚美アナが実況を担当した太華賞は枠なり3vs3の進入から1号艇・山陽オートレースとセメントでおなじみ山陽小野田市民の岡本慎治が20とスタート遅れ、11スタートの2号艇室田泰史が捲り敢行。
 しかしオカモトが抵抗して室田を太華山方面に飛ばし、その展開を突いて3号艇吉田隆義と4号艇堀本裕也と6号艇松浦博人の差しが。
 そして2M最内から先行した松浦を差しきった裕也がここで抜け出し通算4回目の優勝。差し続いて3番手に浮上していたオカモトが2周1M内から一気に艇を伸ばして2番手の松浦に先行し、松浦の差しを振り切った好旋回で逆転2着。
 尚、5号艇内田貴士は1M捲り差し狙うも間を割れず5着。内田裕也コンビは明暗分かれました。

桐生大間々カントリー倶楽部杯優勝戦

 大間々カントリー倶楽部のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から3号艇村上純が捲り差しを決めて今年2回目・通算19回目の優勝
 後続は1号艇佐口達也(群馬)と、4号艇横山節明を叩いての差しで上がってきた5号艇北川幸典による2番手争いになり、2周1M北川が内から張って回ろうとするところを外全速で捲りきった佐口がここで抜け出し2着。

江戸川富士通カップ2日目

 第2Rで1周1M差して3番手の4号艇土性雅也が1周2M差しに行こうとしたら振り込み選手責任転覆を喫したり、11Rで1号艇吉川喜継と3号艇泉啓文と5号艇荒田泰明の奇数艇トリオが集団フライングに散るアクシデントがあった2日目。
 その11Rで吉川を差しきって1着になった2号艇山本隆幸は5号艇の前半7Rではチルト+2度大外進入の田嶋登がいたので4カドになった進入から捲り差しで2着に入り、オール2連対継続中で得点率9.75の予選1位。

 で、田嶋が3号艇だった1Rで5号艇4カド進入から差して2着だった88期チャンプ4105松下直也(兵庫)は2号艇の第9Rで差して初白星。森泉宏一アナが実況する富士通カップで松下なお也が黒い旋律を刻みvaioな初白星です。

今日からいよいよ競てい王決定戦と福岡ソフトバンクホークス杯。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 前哨戦の浜名湖SG競艇王チャレンジカップが終わって4日経ち、今日からいよいよ下関G1競帝王決定戦が開幕。競てい王チャレンジカップから競てい王決定戦前検まで中2日の慌ただしい日程ですが、個人的にこの慌ただしさがチャレカから決定戦への連続性を実感させてくれます。ちなみに特設サイトではお楽しみの選手紹介式ムービーに加えて前検日潜入ムービーも公開されております。

 今節はWドリーム戦で、初日ドリーム戦は枠なり3vs3の進入から1号艇今村豊(今節選手代表)が押し切り1着。カド08トップスタートから鋭い差しを見せた4号艇市川哲也が2着。
 ここで選手紹介話。最後から2番目に登場したドリーム5号艇三嶌誠司(香川69期3541)がマイクを倒して退席。最後に登場するドリーム6号艇田中信一郎(大阪69期3556)へのネタ振りのようでしたが、タナシンがマイクの所へ着く寸前に案内スタッフがマイクを元通りに。これを受けてタナシンの一言。「おはようございます。ボケを殺されました。」と、マイクを直されたことにちょっとおかんむり。

 上に書いたように今節はWドリーム戦ですが、2日目ドリーム戦に4号艇で乗艇予定だった寺田祥が負傷帰省で中島孝平が繰り上がり。
 寺田が負傷したレースは本日の8Rで、寺田は2号艇2コースから先捲りも、マイシロ無く流れて4番手。そして2M差しで逆転狙いましたが、角度を誤ってターンマークに接触(動画)。寺田はそのまま選手責任転覆を喫し、負傷帰郷と相成りました。
 これにより、2日目ドリームは以下の番組になり、W孝平番組となりました。

1:瓜生正義 2:濱野谷憲吾 3:辻栄蔵 4:赤岩善生 5:菊地孝平 6:中島孝平
勝利のカギは!?


G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯初日

 今日から始まった福岡ソフトバンクホークスの企業杯。ホークスの人気者は川崎宗則ソフトバンクモバイルの人気者は白い犬ですが、ドリームレースの人気者は白い枠の1号艇川崎智幸
 しかし川崎は枠なり3vs3のインから29とスタート立ち遅れ、11トップスタートの2号艇深川真二(は佐賀県、深川ホークスは東京都江東区)が深川ドーンと直捲り。ですが深川の捲りは舳先が浮いて大きく流れ、そのこをスパッと捲り差した3号艇宮地秀祈が秀祈間隙の1着。深川が流れたこともあって粘れた川崎が4号艇湯川浩司の追撃を振りきって2着。
 2005年には3割を打った元ホークス選手で現二軍コーチ補佐は宮地克彦ですが、宮地秀祈は4号艇の3Rでも前付けイン戦で1着になっており、まさに宮地勝つ日。

 ちなみに2008年度のホークスドラフト1位ルーキー、いわば地区スターは大場翔太でしたが、今節は福岡競艇前地区スターの大場広孝、それにチャレカ選手代表の重責を果たして前年比事故減に貢献した大場敏が揃い踏み。ヒロタカは2着2本、厚みある走りが持ち味の敏は4着2着と、W大場で2着3本。
一走入魂!!


びわこ夕刊フジ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇村田修次が17トップスタートの速攻で押し切り今年3回目・通算28回目の優勝。鋭い差し脚を見せた4号艇馬袋義則が2着。
 尚、濃霧(2R動画参照)の為に3Rの発走が大幅に遅延しました。これにより、続く4Rの締切時刻が当初の12時21分から13時28分へと1時間以上も伸びましたが、発走間隔を詰めまくった事で優勝戦の締切時刻は当初の16時05分から16時23分と20分弱の遅延におさえられてます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ