ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

報知新聞社杯

江戸川報知新聞社杯は鋭発スタートの山崎哲司が江戸川初優勝

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川の得点率制6日間開催報知新聞社杯は8月の終わりと共に最終日を迎えました。

 優勝戦は1号艇武田光史がスタート28と大きく遅れてしまい、対照的に07トップスタートを踏み込んだ2号艇山崎哲司があっさり武田光史を捲りきり、スタート巧者山哲は5日目10Rに続き武田光史を負かして前走地蒲郡日刊スポーツ杯争奪納涼しぶきお盆特別選抜戦に続く今年3回目・江戸川初・通算20回目の優勝

 後続は4号艇池永太の捲り差しが入りかけるも艇が浮いて流れてしまい、これもあって立て直しに成功したミッツ武田光史がジャイアンツ杯2着。
 3番手は外マイの6号艇鈴木勝博と差した5号艇北村征嗣で接戦になり、2Mでは両者共に3号艇福田雅一を行かせて捌きますが、2M小回りの北村が2周1M内先行でやや優位に立ち、3周2M内に潜り込んで最後の勝負に出た鈴木勝博を包みきって3着になり、空振りに終わった鈴木勝博を内から抜いた池永太が4着。


 ここで優勝戦以外の出来事。
 2Rは二段捲りの4号艇土井内大助(+04)と捲り差して2番手の5号艇谷村啓司(+02)がフライング。
 尚、1着になった3号艇飯野秀樹(東京)の決まり手は2MでF艇谷村に差しきられたせいか「恵まれ」になってますが、実際は先捲りによる自力1着です。

 10R選抜戦では2番手航走の5号艇小林享(千葉在住群馬支部)が最終3周2Mで4番手の1号艇石田章央に突進されて転覆。
 3番手を走ってた2号艇梶原正も転覆艇に飛ばされる格好で4着に下がりましたが、最終日だったのとゴール寸前だったのと石田章央が本命サイドだったのもあってか石田章央に妨害失格は適用されませんでした。

唐津オラレ呼子開設6周年記念優勝戦

 1253/46の進入から4号艇興津藍がナイスショットのカド捲りを決め、今年2回目・唐津2回目・通算18回目の優勝

 02トップスタートも藍ちゃんに捲られた1号艇今坂勝広ですが、6号艇坂口貴彦の捲り差しを内でこらえきり、2Mでは3号艇武重雄介を行かせて捌き、2周1Mでは2号艇長溝一生を全速包んで振り切り、硬軟自在なレースで2着を取り切りました。

戸田SG総理大臣杯の節間イベント紹介

ブログネタ
競艇 に参加中!
 お昼頃に起きた今日は報知新聞社杯最終日の戸田ボートコースに行ってきました。
 そこで出走表を手にしたら、3月16日から当地で開催されるSG総理大臣杯の節間本場イベントが掲載されてたのでここに紹介します。

3月16日:9時15分 選手紹介&ドリーム戦出場者インタビュー
3月17日:9時50分&6R終了後 おぼん・こぼん爆笑お笑いライブ
3月18日:9時50分&6R終了後&8R終了後 Ve.ナースライブステージ
3月19日:8R終了後&17時45分 美川憲一歌謡ショー
3月19日:17時15分 美川憲一・小島武夫出演の準優勝戦予想検討会
3月20日:9時50分&6R終了後 ツートン青木ものまねショー
3月21日:5R終了後 優出者インタビュー
3月21日:優勝戦終了後 表彰式
3月21日:10時&13時 キッズランドイベントウルトラマンゼロキャラクターショー


 ビッグネーム美川憲一ライブの公演時間に、以前戸田で実施してた前夜発売の復活を予感させますね。
 ちなみに金曜日に来場するVe.ナースは昨年11月にG1丸亀ダイヤモンドカップ表彰式のアシスタントを務めてましたが、今度は戸田なので丸亀の時は不参加だったラベンダーヴィーナース戸田れいが参加したら盛り上がりそうですね。
戸田総理杯節間イベント

 ここからは今日の戸田。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇芦澤望が00タッチスタートを踏み込み、1号艇石渡鉄兵も03スタートでしたが2号艇正木聖賢が19スタートで相対的に凹んだ事で江戸川鉄兵は壁無しに。
 ですが望の捲り差しは引き波を超えられず、先頭独走になった江戸川鉄兵は前走地江戸川新春金盃に続く今年2回目・戸田2回目・通算41回目の優勝
 デビュー初Vが1996年9月江戸川報知新聞社杯だった江戸川鉄兵は今節出場メンバー中唯一総理杯に出場しますが、戸田V2を江戸川からの2節連続Vで飾り総理杯に弾みをつけました。

 2着には1Mつけ回った4号艇・功児ナンバー44山本浩次、3着には報知カラーの6号艇上田隆章が1M差しから2Mで5号艇重富伸也の切り返しを行かせて捌ききり入線。
江戸川鉄兵ウイニングラン

江戸川報知新聞社杯5日目~江戸川王子江戸川初優出

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川報知新聞社杯は本来今日が最終日でしたが、初日中止順延で今日は予選最終日の5日目。

 節間A級に極力1号艇を2度与えない混戦指向番組も相まって1号艇の頭は第8Rの1本だけ(一覧)。
 今日唯一逃げ切ったのは今日唯一A級で1号艇だったA2の品川賢次で、09トップスタートの速攻が決め手でした。
 その第8Rでは1周1Mで握った4号艇寺本武司が振り込んで選手責任エンストを喫する出来事もありました。

 11Rは3着で優出1号艇の4号艇吉田宗弘時給800円が絞りに行きますが、2号艇山口修路が先捲りを打ってきたのでもたつき気味に捲り差しへチャンジ。
 しかし、二段捲りを打とうとした優出完走当確5号艇竹上真司が振り込んでしまい選手責任転覆。
 吉田宗弘も乗り上げて転覆してしまい、竹上は不良航法も適用されて当確から優出漏れに暗転し、吉田宗弘の優出PPも相手待ちに。
 対照的に先捲り成功で1着になった山口修路は初日第1Rの待機行動実施細則違反の減点を取り返し、江戸川初出場初優出を決めました。

 予選最後の12Rは3着で優出1号艇が手に入る4号艇黒崎竜也が捲りきって1着になり、前半第4R6号艇捲り差し不発による6着を取り返して優出1号艇獲得。
 江戸川初優出が懸かっていた1号艇・江戸川王子桑原将光は快速みえ黒崎に捲られたものの2着に残し、江戸川王子が遂に江戸川初優出を決めました。


 優勝戦のメンバーは以下の通り。

1:黒崎竜也 2:吉田宗弘 3:桑原将光 4:山本英志 5:山口修路 6:伊藤啓三

 2005年12月ラリーズカップでの江戸川初出場から江戸川23節目にして遂に江戸川初優出を決めた江戸川王子を筆頭に、管理規定違反による半年間の斡旋停止処分から復帰後の初優出を決めた吉田宗弘時給800円に山本英志と地元から3人優出です。


蒲郡日本レジャーチャンネルカップ競走優勝戦

 スカパー!用チャンネルの他にニコニコBOATRACE@JLCなどを手がける日本レジャーチャンネルのタイトル戦。
 太郎と次郎が揃い踏みした優勝戦は枠なり3vs3の進入から10トップスタートの1号艇中野次郎に対し、18スタートの5号艇丹下健がカドから絞り込んできますが、次郎はバチっとサイドが掛かったイン戦で難なく先行し、前走地江戸川日刊ゲンダイ杯に続く今年4回目・蒲郡2回目・通算18回目の優勝
 捲り差しに構えた健さんのターンは引き波を踏んで艇が浮いてしまい、差し順走の2号艇間嶋仁志が2着。
 健さんが3着で、3号艇星野太郎は1M健さんに絞られたのが響いて差し届かず4着でタロジロワンツーなりませんでした。

賞金王最終日は平和島にM1王者、戸田にキングオブコントが来場。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日の住之江競艇場はSG賞金王決定戦トライアル2日目の競走水面でしたが、アクアライブステーションには今月8日に江戸川競艇でもトークショーをした76期3774横西奏恵が来場。

 さて、水面上の方は通常のアクアライブブログと特設の賞金王決定戦ブログの両方に詳しく書かれてますので、ここではトライアルの11Rだけ紹介。
 枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉(76期3779)が先行するも原田は+02のFに散り、捲り差しで追走の3号艇瓜生正義(76期3783)は原田の引き波を踏んでしまい伸びず、外マイの5号艇菊地孝平が繰り上がりの1着に。

 このFで原田は来年上半期の4SGで選出除外になっただけでなく、前期の10月9日尼崎SG全日本選手権2日目8Rの未消化F休み30日分と、今月8日G1江戸川ダイヤモンドカップ最終日4RのF休み30日分と今回の60日分を合わせて120日のF休みを抱えることに。
 おそらく正月開催の追加斡旋は入るでしょうが、1月9日から13日までの鳴門テレボートカップ競走を最後に5月まで休む事になり、追加斡旋が入ったとしても70走をクリアするのは絶望的な状況になってしまい、来期のB1もしくはB2降級が確実になってしまいました。
無念のFに散った原田幸哉


 ここで賞金王決定戦最終日の首都圏2競艇場で開催される2つのお笑いイベントを紹介。

 戸田競艇場
キングオブコント2009王者の東京03クリスマス☆スペシャル☆ライブ
1回目:10時10分〜2回目:6R終了後

 平和島競艇場
M-1グランプリ2009王者のパンクブーブー平和島deよしもとお笑いライブ
9R発売中


 昨夜で一躍時のコンビになったパンクブーブーが早くも競艇場に登場です。

江戸川報知新聞社杯優勝戦

 第5R(波高10cm北西向かい風5m)の1周1Mでつけまいに行こうとした3号艇大熊辰弥が転覆した事故もあった最終日。

 その第5Rと同じ波高10cm北西向かい風5mの優勝戦は1号艇宇佐見淳が押し切り、かつて野球記録の神様宇佐美徹也(1933年1月29日〜2009年5月17日)を記録部長に擁した報知新聞社杯で、2007年4月三国G3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦以来となる通算2回目の優勝
 ちなみにうさみの前回江戸川参戦は初V直後の同年GWゴールデンカップでした。

 後続は差し順走の2号艇白井友晴が2番手につけ、握った3号艇横山節明と2番差しの4号艇野長瀬正孝が追走。
 2Mは白井埼京も横山ものながせを包んでかわし、節間0勝も唯一のオール3連対だったのながせはここで無念の着外に。
 一方、2番手争いの方は2周1Mで横山が差して白井埼京との差を詰め、2周2Mで再び差した横山の舳先が遂に届き、3周1Mを先行した横山が白井埼京の差し返しを振り切り、岡山の赤のれん節ちゃんが逆転2着。


 ここで江戸川場外ボートピア習志野情報。
 23日は自分も見に行く予定の5期メン1485・艇界の隼加藤峻二御大のトークショーがありますが、場内では先月から発表されていた26日のモンスター野中和夫前選手会長トークショーの詳細がHP上で発表されました。

 土曜日の住之江はまさにモンスターデーでしたが、丁度一週間後の習志野トークショーは以下の内容です。

12月26日(土)13:53頃〜

出演
野中和夫前選手会長
喜多条忠(作詞家)
小島武夫(プロ雀士)
司会
北嶋興


 尚、同日は江戸川次節京葉賞初日であります。見に行けるかは未定ですが、モンスターと3人のミスターKの絡みが興味深いところです。
モンスター野中和夫ラストラン

江戸川報知新聞社杯2日目+先週4日にやまと競艇学校入学式

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは第32回報知新聞社杯。昨日から始まった6日勘のロングランシリーズです。今日開催2日目、トップレースが始まりました。1号艇の99期新人津久井拓也(栃木)が外へ出まして234/561の並びです。スピードが乗って来ました、第1Rスタートしました。津久井は11のトップスタートを決めますが、先捲りで内を絞りました5号艇広次修1着でゴールイン。内で残した4号艇山本良一が2番手、外マイの6号艇鈴木智啓が3番手。そして、2Mで切り返した鈴木を包んでかわした山本良一が2着を確保。笹川良一先生に松永良一アナと競艇界の良一さんには偉人が多いですから、山本良一の今後も暖かく見守っております。尚、津久井は1M鈴木の更に外を全速で回って4着でした。

 第5Rが始まりました。4号艇津久井はここも外へ出て123/564の並びです。1号艇廣光尚治が12のトップスタートを決めますが、18スタートの3号艇田中和也(97期やまとチャンプ)がチャンプの片鱗を見せる大胆なつけまいを決め、そのまま突き抜け1着です。
 後方では1M全速戦届かず5番手航走、2M浮上狙って外全速で握った津久井が選手責任転覆。更に、1M行き場無くして最後方の5号艇小澤学(前江戸川地区スター)も2M小回りしようとしたらターンマークにぶつかって選手責任転覆です(動画)。

 各レーサーがエキサイティングな走りを展開しています今日の江戸川競艇。開催2日目の水面は第7Rを迎えています。江戸川は2004年11月8日の日本財団会長杯で初優勝を飾った思い出の水面であります3号艇中井俊祐が捲り戦でシリーズ初1着になりましたが、6号艇長田頼宗(多摩川地区スター)は二段捲りで3番手も2周1Mで全速決めようとしたところターンが掛からず流れてしまい5番手に後退。そして2周2M今度は差しを決めようとしたところバランスを崩して選手責任転覆(動画)となってしまいました。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面、満を持していました6選手がピットアウトしてきました。第9Rを迎えております。初日2着2本でした3号艇石橋道友が05トップスタートも、内2艇が先マイ態勢。ですが、石橋はサイドをかけて一挙のつけまいを鮮やかに決め1着
 尚、捲り差しで2着に入った5号艇金田諭は、このレースを最後に私傷病で帰郷。このレースも第1Rも6着でした4号艇黒柳浩孝は明日以降1回乗り希望を提出したので、愛知二大くろやなぎの片割れとして有名な黒柳浩孝は賞典除外です。

第103期選手養成訓練入学式

 競艇選手としての基礎と大和魂を養うやまと競艇学校では、先週4日に103期の入学式が。大阪55期3170谷口勝と同姓同名の谷口勝(東京)が訓練生として入学しましたが、今期一番の注目はなんといってもミセス府中宮本紀美43歳と、2006年尼崎SG競艇名人戦準優11Rで全治約半年の大怪我を負うも見事復帰を果たした府中のプロペラ巧者柾田敏行53歳の間に生まれた娘さんである柾田憂訓練生。無事に卒業すれば来年11月から父子鷹だけでなく母子鷹でもある非常に貴重な大型新人の誕生となります。特に、女子戦の開催数から母子共演は早いうちに実現しそうな感じなので親子共演も待ち遠しいところ。
 ところで、この夫婦の娘さんと聞いてピンときた方もいるかもしれませんが、自称荒川静香似なノンちゃんこと宮本紀美が「今年、高校生になる娘との約束で、準優勝戦に乗れなかったら、私はおへそにピアスを空けなくてはなりません。この歳でへそピーは絶対やだー。頑張ります。あと、トシちゃん常滑、頑張ってねー。」とか、
今年で結婚20年目を迎えました。トシちゃんいつもありがとうございます。これからもいいプロペラを作ってください。ユウたんギャグできなくてゴメンネ。」とかの選手紹介で名前を出してきたあのユウたんです。デビュー後は選手紹介でも期待させてくれそうですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ