ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

名人戦

G1名人戦のチャンピオンはフレディ・マーキュリー似の井川正人がG1初V

ブログネタ
競艇 に参加中!
 現行選手持ちプロペラ制度による最後のグレードレースG1名人戦特設サイト)は下関で開催され、今日が最終関門の優勝戦

 レースは4号艇西島義則が好ピット離れを見せ、対する1号艇山室展弘は枠を死守しようと全速回り込むもオーバーターンになってしまい、先付けながらも懐が2コース位置に。
 これにより、後付けながらもペリカンさんがインに入り、深インのペリカンさんよりも深い2コースになった山室大先生は回り直して6コースに出て4/236/51の進入に。
 そして2号艇井川正人が深インのペリカンさんを捲りきって先頭に立ち、通算30回目にしてG1初優勝
 第13代名人位を戴冠した井川正人は今回が1999年1月尼崎G1近松賞競走(6号艇6着)以来となる2度目のG1優出で若い頃からずっと一般戦街道を歩み続けてますが、54歳にして叶えたG1初Vで、未だ出場が無かったSG初出場への道が見えてきました。

 後続は差した3号艇瀬尾達也が2番手、ペリカンさんが3番手でしたが2周1Mでペリカンさんが内に切り返して瀬尾達也に押っつけ飛ばしきり、逆転2着。

 ちなみに本日の実況と表彰式MCは南鉄平アナ、表彰式プレゼンターは南明奈と、表彰式でWミッナーミが同じステージに立ちました。
名人戦表彰式名人戦表彰式2


若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走優勝戦

 オール福岡支部による今節は24場で最も早いGW開催にして、24場で唯一現行選手持ちペラ制度で開催のGW開催。
 ちなみにモーター備え付けの新プロペラ制度は、年度初めから先行実施した浜名湖を除くと27日初日の開催から順次導入されてます。

 さて、24場最初のGW開催優勝者を決める優勝戦は126/345の進入から2号艇大神康司が1号艇吉田弘文を差しきって先頭。
 しかし2Mで吉田弘文が差し返して逆転先頭に立ち、今年2回目・通算39回目・若松は3連続Vとなる5回目の優勝
 これで吉田弘文の今期集計勝率は7.91にまで上がり、出走回数不足で来期A2に降格する事が非常に惜しまれます。

 尚、4号艇青木幸太郎は本日香織夫人が長男丈虎くんを出産してパパになりましたが、子持ちになって初のレースは1M捲り差しで3番手を航走し、最終3周2Mもたついたところを3号艇西山貴浩に内から差を詰められますが0.1秒差振り切って3着を守りました。

唐津藤の花特別優勝戦

 枠なり3vs3の進入からデビュー初V狙う2号艇山本浩輔が03トップスタートを決めてから懐をたっぷりとって鋭角差しを狙いますが艇が暴れ、1号艇上平真二がすんなり逃げ切り、今年3回目・唐津2回目・通算32回目の優勝

 山本浩輔は艇が暴れたものの結果的に3号艇山田康二(佐賀)を張りながらの差し順走になって2着、差し続いた6号艇山本英志が3着。

 ちなみに唐津前節ドリームピット開設2周年記念山本寛久山本隆幸のW山本ワンツーでしたが、上記の通り今節は山本浩輔と山本英志のW山本でヒモトリでした。

福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 来期適用勝率1位が確定している1号艇白井英治に完全Vが懸かった一戦は1234/65の進入から白井西京が1M先行体勢もまさかの振込詐欺をやらかして失速。
 これにより2号艇吉田俊彦も白鷺に巻き込まれて失速、その内を差して難を逃れた3号艇佐々木康幸が先頭抜け出して昨年7月蒲郡SGオーシャンカップ以来となる通算42回目・福岡3回目の優勝

 後続は捲った5号艇加藤翔と差した4号艇池本輝明で接戦になり、加藤翔が2M→2周1Mと外握って池本輝明を振り切り2着。

永遠のプリンス今村豊が名人戦優勝で通算優勝回数現役トップタイ。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は午前中にリニア・鉄道館へ行ってから、G1名人戦最終日の終盤レースを見に、前2つの記事の通り常滑本場へ行ってきました。

 とこなめいじんせんの優勝戦は枠なり4vs2の進入から1号艇今村豊が05トップスタートの速攻で押し切り、SGV7含む51回目の記念Vは艇界人間国宝加藤峻二御大に並ぶ現役トップタイとなる通算119回目の優勝
 今年と同じ優出1号艇も2着だった昨年の借りを返した永遠のプリンス今村豊は2度目の挑戦で名人位戴冠。

 後続は06スタートの5号艇北川幸典がカド捲りで2番手争いを優位に進め、捲り差しで続く6号艇新良一規に対して2M外全速戦で捲りきって突き放し2着と、昨日の準優11Rと同じワンツー。
常滑市出身の皆川浩二会長から表彰される今村豊名人よりプリンスの称号が似合う今村豊優勝者インタビュー


宮島デイリースポーツ春花賞優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇平尾崇典が押し切り、前走地若松に続く今年2回目・通算48回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇魚谷智之が2番手につけ、1M差し流れた2号艇安達裕樹が内に切り返して2M先行するも、黄魚は行かせて捌き2着。

丸亀大阪スポーツカップ優勝戦

 126/345の進入から1号艇芝田浩治が04トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・丸亀2回目・通算38回目の優勝
 2着は2号艇深井利寿が13の一番遅いスタートながら強つけまいの強攻策が功を奏して後続を振り切りました。

常滑名人戦準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 常滑で開催中のG1名人戦は本日準優勝戦の5日目。

 1つ目の準優10Rは1号艇田上晋六がカドに引いた234/156の進入から田上が11トップスタートを決めて2号艇大嶋一也(愛知)を捲りきるも流れ、捲り差した5号艇中村裕将と小回り差しの3号艇新良一規がやや優勢に。
 2Mは新良が内から艇を伸ばしてきた6号艇日高逸子を全速握ってかわしきるも反動で消波装置ぎりぎりまで流れ、中村裕将がグレートマザーを行かせての差しで抜け出し1着。
 流れた新良はHSで田上と4号艇鈴木幸夫(愛知)に内から並ばれるものの、2周1M外豪快に握って2艇を捲りきり単独2番手に。
 鈴木はKAZUYA.Oを行かせての差しで再度新良に迫り2周2Mを先行しますが、新良は鈴木を冷静に捌ききって2着優出。

 2つ目の準優11Rは4号艇佐藤勝生(4日目12Rで4号艇5カド捲りを決め通算1500勝達成)が当日早朝に家事都合で帰郷した為に5艇立てになり、123/56の進入から1号艇北川幸典が03トップスタートを決めるものの2号艇今村豊が差しきり1着。北川幸典が2着。

 準優最後の12Rは1236/45の進入から11スタートの2号艇森脇徹が19スタートの1号艇岡孝を捲りきって1着になり、50歳にしてG1初優出。
 予選1位だった岡は小回りで残しきり、2M外フルターンで2着を取り切りました。
とこなめいじんせん

 山口支部が3人優出したとこなめいじんせん、優勝戦の枠番です。

1:今村豊 2:森脇徹 3:中村裕将 4:岡孝 5:北川幸典 6:新良一規

 地元徳山で開催された昨年は1号艇2着だった今村豊ですが、ここで名人戦初Vと51回目の記念Vを達成すれば通算優勝回数119回になって加藤峻二と並んで現役1位タイです。
とこなめもっと×2盛り上げ隊!!

 ちなみに今日は2011年度とこなめキャンペーンガールSKE48とこなめもっと×2盛り上げ隊!!(上画像左から小野晴香・佐藤実絵子・大矢真那・中西優香・古川愛李・加藤智子)が来場予定でしたが、諸般の事情により来場は無しになり、今回はポスターやHPの宣伝のみに。
 そのSKE48は本日劇場盤個別握手会も名古屋ポートメッセで予定されていて、こちらは松井玲奈と木崎ゆりあが高熱の為に欠席も予定通り開催されました。

 また、本日はSKE48の姉妹グループAKB48も名古屋ドームで全国握手会を開催。
 そのイベント中に前田敦子ソロデビューが発表されるサプライズがありました。


尼崎デイリースポーツ杯争奪ささはら賞優勝戦

 今節主催者伊丹市に万葉の時代から伝わる古き地名、猪名野笹原の名を冠した5日間シリーズは、同じ伊丹市主催で来月SG笹川賞選出選手から3号艇石渡鉄兵と6号艇重成一人が優出。

 そんな第22回笹原賞優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇重野哲之が押し切り、通算30回目・尼崎は2006年5月の第17回デイリースポーツ杯争奪ささはら賞以来となる2回目・今年3回目にして東京マラソン出場後の初優勝

 後続は03トップスタートを決めて捲り差した5号艇山田哲也(千葉)が2番手に立ちかけましたが、重成の差しが届き、2Mは重成が千葉哲也を張りながら先行。
 その間に、1M差し届かず4番手だった4号艇佐藤大介が内小回りで重成に迫り、2周1Mは内小回りの佐藤と外全速の重成でほとんど同時に旋回しますが、内の佐藤が重成の全速戦をこらえきってBS内伸びし、2周2M先行して逆転2着。

 尚、今節から尼崎センタープールの場HP住之江HPと一緒にリニューアルして、ネット中継が今までより見づらくなった代わりにスマートフォンでもネット中継が見られるようになりました。
 ちなみに見づらくなった部分は中継映像と競技情報が別窓になってしまった事と、節間レースリプレイが結果ネタバレになってしまった事です。

若松中間市行橋市競艇組合施行42周年記念競走優勝戦

 若松デイレースの開催納めは126/345の進入から1号艇飯山泰が押し切り、若松2回目・通算29回目の優勝

 後続は捲り差した5号艇芦澤望とつけ回った4号艇三角哲男で2番手併走になり、2Mは内先行した望に対して三角は2号艇中里英夫を行かせての差しで応戦してHSは内外入れ替わって併走。
 そして、2周1M内先行した三角を望が差しきり2着、三角が3着で東京支部がワンツースリーを独占。

今日はG1名人戦初日と魚谷香織「ぷっ」すま出演ヘッドメルの日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は東日本大震災被災地支援競走の江戸川4日目が強風高波浪の為に中止順延になってしまったり、テレビ朝日系全国ネット『ぷっ』すま魚谷香織(ブログうおchan)が職業当て神経衰弱のコーナーに出演して、その際に共演のまくりこさんこと指原莉乃が「ヘッドメル」なるヘルメットの新語を生んだりするなどの出来事がありました。

 ちなみにぅぉちゃんの職業を当てたのはまくりことオードリーのチームで、ぅぉちゃんの紹介には昨年7月に男子5人相手に2コースさしこを決めて優勝した下関WEB競艇TV杯争奪戦優勝戦のレース映像が使われてました。
美白美人妻レーサーぅぉちゃんヘッドメル

 そして、今日一番の出来事といえばやはり、新年度最初の全国発売競走常滑G1名人戦が初日を迎えた事。

 とこなめいじんせんの特設サイトは2つあり、選手紹介動画を中心に出場選手をフィーチャーしたG1名人戦特設サイトと、2011年度とこなめキャンペーンガールSKE48とこなめもっと×2盛り上げ隊!!をフィーチャーしたG1名人戦キャンペーン特設サイトの2種類。

 伝説を築いた6人の元選手による伝説予想がキャンペーンサイトで公開されてたドリーム戦は2号艇松野京吾が練習中にボラと当たるアクシデントがあり、脳震盪のようになってしまった松野京吾は病院に運ばれて欠場帰郷(その後CTスキャンで異常なしと判明)した為に5艇立てに。
 ちなみに昨年6月に星野太郎(ブログSHOOTING STAR TAROの捲り差し〜)も練習中にボラとぶつかってヘルメットを破壊され鼻骨骨折、右眼球打撲、右前房出血、右網膜振盪症の重傷を負ってしまいました。

 ということで5艇立てになったドリーム戦ですが、5艇立てながら進入から濃密で、4号艇大嶋一也と6号艇西田靖が動き、大外進入の5号艇古場輝義はチルト+3度に跳ね上げた146/35の最終隊形に。
 そして、3号艇日高逸子がFL持ちながら21トップスタートを決めてのカド捲りで抜け出し1着。
 チルト3度の古場輝義も狭い艇間を突いての捲り差しで2着に入る好走を見せました。
とこなめいじんせん

常滑MB大賞初日にSKE48とこなめいじんせん特設サイト開設

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2011年度の常滑ボートは3月2日の記事で紹介したようにSKE48大矢真那古川愛李佐藤実絵子加藤智子中西優香小野晴香を「とこなめもっと×2盛り上げ隊!!」に起用。
 そしてG2常滑モーターボート大賞初日の今日、とこなめもっと×2盛り上げ隊!!をフィーチャーした名人戦キャンペーン特設サイトを開設。

 コンテンツは元選手6人によるG1名人戦初日ドリーム戦予想、とこなめもっと×2盛り上げ隊!!の動画付きメンバー紹介、全問正解でとこなめもっと×2盛り上げ隊!!CMや常滑新発走前フィラー(?)を見られるクイズゲーム、SKE48の写真もたっぷり掲載してくれてるサービス満点のトコタンtwitter連動キャンペーン、名人戦デジタルパンフレットです。
 ちなみにCMメイキング映像によると撮影は2月8日で、何の撮影かは触れてないものの当日の大矢真那ブログ古川愛李ブログに撮影当日の写真が掲載されてました。

 名人戦デジタルパンフレットには節間イベント情報も掲載されており、とこなめもっと×2盛り上げ隊!!は選手紹介がある初日の19日と、5日目の23日に来場します。
 さすがに劇場盤個別握手会東京大会がある最終日の24日は来場しませんが、劇場盤個別握手会名古屋大会がある23日は10時10分からのトークライブに加えて抽選当選者限定の観覧イベントもあります。
とこなめいじんせん特設サイト


 その常滑で今日から始まったMB大賞は戸田SG総理大臣杯出場予定選手が大挙出場する豪華メンバーのシリーズで、3日間に分けてトリプルドリームを実施。

 初日メインマーメイドドリーム戦は大声ダイヤモンドの輝きを放つ王者松井繁が1号艇で、強き者よトップスターの王者松井(チームS)にふさわしい枠が与えられてましたが、枠なり3vs3のインから王者は17のおう者スタート。
 王者は艇を伸ばして1Mを先行しますが大きく流れてしまい、07スタートの2号艇今村豊(名人戦ドリーム戦1号艇)が差して1着。

 尚、SKE48の王者にしてAKB48の選抜メンバーとしても活躍する松井珠理奈生誕14周年記念日の明日はトコタンドリーム戦がメイン。
 2着争いと3着争いの接戦の末に4着だった王者松井繁は5R6号艇と10R5号艇の2回乗りです。

 また、明日の名古屋競馬ではじゅりなのハッピハッピーバースデーを祝って5RSKE48松井珠理奈生誕祭7R松井珠理奈バースデイ記念の冠協賛競走が実施されます。

 今節はウィンボドリーム戦がある明後日9日に新曲「バンザイVenus」発売、MB大賞最終日翌日の13日によみうりランドでミニライブ付き全国握手会を控えており、常滑MB大賞からもSKE48からも目を離せない一週間です。


グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞優勝戦

 昨年全10戦が開催されたTSUグランプリシリーズのグランプリファイナル戦は146/235の進入から1号艇太田和美グランプリシリーズ第6戦優勝者)が押し切り、通算51回目の優勝
 後続は差し順走の4号艇星野太郎(三重)が2号艇久田敏之グランプリシリーズ第8戦優勝者)の2番差しを振り切って2番手を航走。
 久田は2M捲り差しで星野タローとの差を詰め2周1Mを内の利で先行しますが、タローは冷静に行かせて捌き2着を守りました。

アビスパ福岡杯優勝戦

 アビスパ福岡のタイトルが付いた福岡ボートの6日間シリーズファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇山本英志が04トップスタートも、09スタートの3号艇草場康幸が会心の強つけまいを成功させて山本を捲りきり、そのまま先頭独走になった草場は福岡初・通算13回目の優勝
 差した6号艇佐々木和伸が2着。

【名人一代】G1競艇名人戦が厳島百競の宮島で開幕

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 匠たちの名人技をたっぷりと堪能して下さい。宮島競艇のG1、第9回の競艇名人戦。初日の攻防もいよいよ本日のメインカード第12Rの神技ドリームを迎えています(動画)。選考勝率最上位で1号艇になったのは名人戦ピッカピカの一年生瀬尾達也。今期の平均スタートはコンマ10。「早いスタートがありました…」とは言わせない狂いのないスタート勘はまさに神のなせる技。ここも自慢のデジタルスタートを見せつけ、枠なり4vs2のインからコンマ11のトップスタート踏み込んで押し切る速攻を披露し1着ゴール。瀬尾と対照的に24とやや遅れながらも小回りで順走果たした2号艇松野京吾が2着でした。
 ところで、神技といえば1月の戸田一般競走で神技(動画)を披露した関口智久。その関口はまだ29歳なので名人戦に出られませんが、本日4日目を迎えた蒲郡G3企業杯KIRIN CUPで予選6戦全勝の快挙。一般戦の11Rこそ4着に敗れて完全Vの夢は消えましたが、もちろん予選1位で準優11R1号艇です。

 ここで選手代表にして選手宣誓(動画)も担当した池上哲二に花束を贈呈した琴妃綾香を紹介。愛知県出身の琴妃綾香はオーディションを勝ち抜いて競艇名人戦新テーマソング名人一代を歌うことになり、本日の前に13日には地元蒲郡競艇でも歌謡ショーを実施。ちなみに名人一代のカップリング曲はMoonlight Blueで昨日のJLC NEWSで披露されましたが、この曲は展示航走の曲に歌詞をつけたもの。個人的には名人一代よりもMoonlight Blueに興味をそそられましたね。

【青森にカエカエ☆ボートピア誕生?】

 本日、車で旅打ち!Blogさんを読んで知った情報をここに紹介。黒石旦明元選手の出身地香川県丸亀市もとい青森県黒石市ミニボートピア黒石(仮称)が7月頃着工され、来年2月に開設される運びとの事。陸奥新報の記事によると、今月10日に東京都府中市と黒石市が競艇場外設置に関する行政協定締結調印式を行い、中島信一府中市副市長と鳴海広道黒石市長が競艇の協定書に署名。
 青森県ではボートピアなんぶに続く2つ目のボートピアになるミニボートピア黒石はWINS津軽青森県南津軽郡田舎館村)とは国道102号を挟んだ至近距離に位置し、敷地面積約20890平方メートルに、座席322席の鉄筋2階建て建物と400台以上収容する駐車場が設置されるとのこと。そして黒石で舟券をじゃんじゃんカエる場は前出の通り東京都府中市が主催する平和島競艇が主となります。開設式の司会にはやっぱり黒石加恵キャスターを起用してほしいところですね。

大村MBP長崎五島開設2周年記念最終日

 ミニボートピア長崎五島開設2周年記念競走最終日、最初のハイライトは長崎39期2739一瀬英明58歳のラストランとなった第1R。進入隊形、3vs3と分かれてインコースから124/536の並びです。スタートしました第1R。内3艇がかなり早いスタートとなり、インから先マイした1号艇の一瀬は5号艇館野友良(栃木34期2596)の差しを振りきって先頭に立つも一瀬は2号艇小巻良至(+01)、4号艇坂本徳克(+03)と共にフライングに散り、一瀬の引退レースは一瀬より先輩の館野友良60歳が繰り上がり1着となりました。
 かくして引退レースが+03のFとなり勝利をカナエられなかったOmura bay pirates一瀬英明ですが、ある意味強烈な印象を残したラストラン。ともかく33年間お疲れ様でした。

 4日間の短期決戦の優勝戦、超豪華メンバーの登場です。進入は3vs3でインコースから124/635の並びです。スタートしました優勝戦第12R。あまり差のないスリット隊形から1号艇小野信樹があっさり押し切り通算38回目の優勝
 後続は順走の2号艇鈴木茂正が2番手で、捲った4号艇山口哲治と差す5号艇中里英夫が差無く続く展開となりますが、2M中里を包んで回ったしげしげは流れ、そこを差した地元山口が逆転2着。

下関西スポ杯争奪戦優勝戦

 節間オールインでオール2連対を記録し優勝戦1号艇になった西島義則が124/563の進入からここもイン戦押し切り通算68回目の優勝を、2000年SGグランドチャンピオン決定戦を制した思い出の下関で達成。2000年はこのグラチャンをきっかけにSG3連覇の偉業を成し遂げたペリカンさん全盛期でした。
 後続は4号艇田中信一郎の捲り差しが流れたのに対し、きれいに捲り差しが入った3号艇澤大介が2番手。2Mで2号艇森定晃史が内から艇を伸ばしてくるも澤は行かせて捌きますが、ここでタナシンの差しが入り2番手は2艇の争いに。そして2周1M内から先行したタナシンが澤を牽制して突き放し終わってみればSGウイナーのワンツーに。

桐生ゴールデンレースドラキリュウカップ初日

 優勝賞金こそ通常の64万円ながらメンバーはG3企業杯並みのゴールデンレース。今節は今年度13場で開催するゴールデンレースの第一弾ですが、ゲスト投票で選出された初日メインドラキリュウ選抜戦は1256/34の隊形から1号艇濱野谷憲吾が18とスタート凹み、10スタート放った2号艇吉川元浩が直捲りを決めて1着。05トップスタートだった3号艇川崎智幸の捲り差しは角度が甘く、川崎よりも鋭い捲り差しを見せた4号艇中島孝平が大外進入を克服して2着。尚、2日目のメインはドラキリュウ選抜リベンジ戦。ドラキリュウ選抜の6人が枠番を入れ替えて戦います。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ