ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

吉原美穂子

阿波姫新田芳美、女子王座決定戦初優出初優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 勝負の世界に恋する乙女の6日間のラブストーリー。今年は尼崎センタープールで開催された伊丹市主催G1企業杯JAL女子王座決定戦は本日最終日。
 平針の巨匠田中信一郎(仮名)さんからの結果メールで目が覚めた1Rは枠なり3vs3の進入から3号艇吉原美穂子(よしはらみほこ)が捲って1着、小回り2番手の2号艇堀之内紀代子が2周1Mで1号艇久保田美紀艇に差されるも2周2M外全速戦で2着を取り切り、朝からバブリーな吉原堀之内ワンツーで2連単3990円のANAを提供。ですが、このワンツーはもう見られなくなってしまうことに。
 なぜかというと、なんと吉原美穂子はこのレースを最後に電撃引退。レース後は盛大に引退記念の水神祭が行われました。
 1991年5月に福岡でデビューした68期3531吉原美穂子(1971年11月11日生まれ)は1994年7月大村で初勝利を挙げるまで3年以上の月日と228走を要しましたが、2003年7月7日三国G3女子リーグ戦クイーンカップ七夕競走で悲願の初優勝を達成。その後も2007年10月の男女混合戦多摩川優木まおみ杯で優勝を飾り、初勝利まで時間が掛かったもののその後は堅実な成績で通算V2の活躍を残しました。お疲れ様でした。


 内枠3艇を阿波姫うずしおレディースが独占した優勝戦スタート展示で「誰も動かなかったし、思い切って動いた。私はそういう係なんですよ。こういう存在も必要でしょう。」という4号艇谷川里江と枠を主張する1号艇横西奏恵(徳島)が縦列状態になる412356の並びでしたが、本番は横ちんが枠を主張しきった14/23/56の並びに。
 スリットはカドの5号艇山川美由紀が16トップスタートを決めて疾風のごとく伸びて行き絞りに行くも、27スタートの横ちんが艇を伸ばしツッパリ抵抗。横ちんはツッパリながらもさほど流れずに回りましたが、6号艇寺田千恵と3号艇新田芳美(徳島)の捲り差しが迫り、横ちんはテラッチを締め切る事は出来たものの、新田芳美には舳先を掛けられ両者ほとんど同体。
 そして2Mを内から力強く先行した新田芳美が横ちんを突き放し、昨年5月の男女混合戦宮島日本レジャーチャンネル杯以来となる通算9回目にして女子王座初優出初優勝。尚、3周1M入口で後方追走だった2号艇淺田千亜希(徳島)が選手責任エンストを喫しております。

 HP「Light my fire」&blog「ギリギリで生きてます…」でおなじみのナナメさん(おめでとうございます)が応援する66期3470新田芳美がキタ━(゚∀゚)━ !!表彰式(特設サイトで動画公開予定)では「やっちまったな〜」や「ミラクル新田と呼んで下さい」といったクールポコなコメントを残しつつも、娘のまひろちゃんに感謝の言葉。明日びわこG2秩父宮妃記念杯前検に臨む夫の66期3477近藤稔也も近藤夢見た妻の女子王座戴冠に感無量でしょうね。そして、この後は当初斡旋の平和島レディースカップではなく多摩川SG総理大臣杯に堂々参戦です!


 さて、平和島競艇場(但し江戸川唐津場外経由)で打った女子王座最終日は泡に始まり阿波勝つで終わりましたが、レース後はナナメさん提供の新田芳美名刺がある牛小屋に行ってきました。今日はもつ煮込みライスとキムチをつまみにこめ焼酎白水を。
 それにしても、同じ関西の岸和田で開催されたG1日本選手権競輪(総売上190億7520万1700円)と6日間完全に重なりながらも女子王座の売上は100億4551万200円。この数字は津で開催された昨年の101億2624万3700円こそ下回ったものの、1月びわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の69億9338万8300円を30億円以上も上回り、女子王座の高い興行的価値を実感させる数字になっております。
採点:★★★★★


平和島内外タイムス杯優勝戦

 昨日はボートピア横浜、今日は平和島本場で参戦した内外タイムスのタイトル戦は艇界の隼・5期1485加藤峻二御大と30期2447上島久男隊長の2人が優出こそならなかったものの、大いに見せ場を作った4日間シリーズ。

 優勝戦は内枠2艇が現地参戦した昨年7月6日の浜名湖福島テレビピーチアタックと全く同じでしたが、14/2/356の進入から4号艇小畑実成が33の散々なスタートをやらかし、3コースの2号艇吉川昭男(待機行動違反)も22でややスタート劣勢。
 かくして17スタートも壁無しになってしまった1号艇馬袋義則(兵庫)は3号艇川崎智幸に捲られそうになり、ここはなんとか受け止めて飛ばしきったものの、吉川と小畑の間を割ってきた6号艇鎌田義(兵庫)に差され、5号艇大平誉史明の捲り差しにも迫られて、馬袋は中山G2報知杯弥生賞の1番人気ロジユニヴァースの様に逃げ切る事は出来ず3艇の併せ馬に。
 そして馬袋は2M大平を締め切ってカマギーに馬体を併せに行きますが、ここはカマギーが馬体を併せずに先行して抜け出し、2月1日多摩川イーバンク銀行杯以来の今年2回目・通算29回目の優勝を飾り、副賞のシェーバーを獲得。今年のカマギーV2は共に生で見ましたが、多摩川はヒモ抜け、今日は裏目でどっちも外れとお伝えしておきます。
 逃げ切り失敗で準完全Vならなかった馬袋は2周1M大平を差して2着を取りきり、女子王座開催地の兵庫支部ワンツー。ちなみにカマギーは淡路島出身なので鳴門との地理的つながりも非常に強い選手です。

G3企業杯INAX杯争奪とこなめ大賞優勝戦

 INAXの企業杯は枠なり3vs3の進入から1号艇白井英治が押し切り今年2回目・通算41回目の優勝。順走の2号艇魚谷智之が2着、09トップスタートから握って攻めた4号艇吉岡政浩が3着で2連単180円3連単450円の大本命決着。

三国やよい第1戦優勝戦

 「年度末の3月、出会いと別れの季節を迎えておりますが自ら勝利の女神に出会いたいと水上の選手陣。そのメンバーを迎えまして、これよりやよい第1戦優勝戦の開始です(動画)。
 4vs2に分かれましてインから1234/56の順です。1秒前、スタートいたしました。カドから5号艇川島圭司が19トップスタートを決めますが、2号艇川上剛91期たけし軍団長が受け止めて壁になり、その間に1号艇上田隆章が先行。
 しかしたけし軍団長が上田を差しきり、たけし軍団長は1Rおはよう特賞を制した勢いそのままに通算11回目・三国初優出初優勝のゴールイン。

鳴門日本トーター杯競走優勝戦

 女子選手界をリードする鳴門競艇の女子王座併用開催は新モーター&新ボート導入初節の日本トーター杯。優勝戦は136/245の進入から1号艇中村有裕が1Mゆうゆう先行も、スタートきゅうきゅうの+03で痛恨のフライング返還欠場。11月からの今期勝率集計期間は故障の関係で40走しかしておらず、このFで今期2回目となり3月25日から90日の休みに入る事から、出走回数も事故率もクリアできず来期のB2降格が決定してしまいました。
 残る5艇による優勝争いは差し順走の3号艇石田政吾が先頭で、カド捲りの2号艇渡辺浩司と2番差しの6号艇藤井泰治が追いかける展開に。
 そして2M藤井泰治が石田政吾に押っつけていき、これを石田政吾が包んだ展開を突いて差した渡辺浩司がHSでは主導権。2周1M内から先行した渡辺浩司に対し石田政吾は藤井泰治と渡辺浩司の間を割って斬り込みますが、これを振りきった渡辺浩司は2周2Mも石田政吾の差しを振りきり、福岡93期4256渡辺浩司は通算15優出目にして遂に初優勝
 以上の様に中村有裕がFに泣いた一戦でありましたが、対照的にGTV渡辺浩司は2003年11月に福岡新スタンドオープン記念レース初日3Rでデビューしてから約5年4ヶ月、一度もフライングがありません。

丸亀マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇伊藤宏が押し切り、今年2回目・通算22回目・丸亀初優勝。カドから効果的に差した4号艇江夏満が2着。

 尚、今節は角谷健吾岡谷健吾のWケンゴシリーズでしたが、優出2号艇3着の角谷健吾に対し岡谷健吾は初日8Rでフライングとはっきり明暗。ちなみにレース内容は123/645の6コースから5号艇岡谷健吾が+05のフライングで、4号艇今村賢二郎も+03のフライング。尚、その8Rで1着になったのは2コース捲りの2号艇角谷健吾でした。

徳山カシオペアリーグ戸ゾ\

 みずがめ座・うお座・ふたご座の選手で争われた今節を締めくくる一戦は今節前検日の三月三日に誕生日を迎えた1号艇・2009年東京ダービー王三角哲男(魚座)が枠なり3vs3のインから05トップスタートの速攻戦で今年2回目・通算52回目にして徳山初優勝。ミッスーは徳山初Vの勢いに乗って総理杯に臨むっス。
 後続は2号艇島川光男(水瓶座)の差しが引き波にはまり、捲り差し体勢の3号艇森高一真(双子座)と2番差しの4号艇伊藤啓三(双子座)による2着争いに。そして2Mは下松市在住埼玉支部の準地元伊藤啓三(嫁は大峯明菜)が先行するも、森高が行かせて差しきり2着争いに決着。

若松西部競艇記者クラブ杯争奪戦競走優勝戦

 150日のF休み明け初戦だったパイナップルキング田頭実(今節選手代表)も3号艇で優出した一戦は13/24/56の進入から1号艇村上純が先行するも流れ、2号艇山地正樹と田頭と4号艇前沢丈史による3本の差しが入り、先頭は4艇接戦に。
 この中からBS最内の利で2Mを先行した前沢が田頭の差しを振りきって単独先頭に立ち、茨城在住東京支部の97期4366前沢丈史は2度目の優出で初優勝。先頭走るも2周2Mで差されて抜かれた2007年12月多摩川内外タイムス賞の屈辱を晴らしました。

福岡日本モーターボート選手会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇山下和彦が10トップスタート決めてゴリゴリっと絞るも、カド受けの3号艇青木幸太郎(福岡競艇地区スター)が抵抗の先捲り。山下の2段捲りをこらえきった形で先頭に立ったコータローでしたが、2Mターンが流れてしまい山下の差しがゴリゴリっと入り、2周1Mを先行した山下が逆転で今年2回目・通算45回目、そして福岡は4連続優出にして遂に初優勝
 惜しくも2着に敗れデビュー初V逃したコータローですが、今夜のTVQ「すすめ!福岡おたすけ隊」に出演して福岡のお茶の間にその名をアピールしたそうです。

郵政民営化元年の第35回高松宮記念特別競走覇者は三嶌誠司

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 菊花の如く中秋の名勝負を繰り広げた由緒正しい住之江競艇最大権威のG1レースG1高松宮記念特別競走優勝戦は地元の5号艇田中信一郎(69期3556)が回り込んで進入は154/236。そして前付けのタナシンが24と大きくスタート凹んで1号艇瓜生正義は壁無しになったのに対し、3コースの4号艇三嶌誠司(69期3541)には絶好の展開となり、三嶌は捲り差しで先頭に。2周1Mウリ坊は差して舳先を入れようとするも届かず、これで三嶌は住之江初、記念V6、通算では42回目の優勝。これで賞金ランキングも15位から決定戦圏内の11位に上昇し、2年連続賞金王決定戦出場の可能性も大分高くなってまいりました。
 とっても大きい高松宮杯カップが贈呈された表彰式では三嶌誠司の名の通り誠実な人柄が表に出たコメントを残しており、「都会のナイターもいいものですね。」とか「競艇って面白いでしょ?やっぱりね、阿波勝哉くんみたいなああいう選手もいるんで。まあ本当に競艇、今日でまた大好きになりました。」とかのコメントを残しております。
 ちなみに、本日は7Rを除いて全て1号艇が2連対(一覧)。その7Rは6号艇の王者松井繁が前付けインで勝っており、優勝戦も含めイン艇は全て2連対。今年度最終日の住之江シティーナイターは、まさにイン天国住之江を象徴する1日となりました。
でっかい高松宮杯を高々と掲げるミシマさんこの直後にファンの子供をステージに上げるミシマさん

 さて、高松宮記念は皇室由来の高松宮杯を下賜されており、更に特別競走の名を冠しているようにG1太閤賞を始めとする開設周年記念よりも格上なのにかかわらず賞金は開設記念より下の650万というのははっきり言って安すぎると思いますね。ここは他のG1と差別化する為に優勝賞金を1000万円くらいにして、更に言えば全国場外発売すべきだと思いますね。
五反田忍トークショー


多摩川優木まおみ杯最終日

 オープニングの1Rで123/564の進入から6号艇の大阪支部100期鎌倉涼が捲り差しでトップ争いに加わり、2Mで4号艇西村美智子を差した鎌倉は2周1Mで1号艇石川博美を差し、2周2M先制で遂に単独先頭。平成元年生まれの弾ける18歳鎌倉涼はデビュー52走目にして初めての1着、もちろんレース後には水神祭が行われています。鎌倉物語を歌う大阪支部99期大原由子も後輩の初勝利に刺激されて早く水神祭を挙げてほしいいものです。大原由子は本日も住之江で練習してました。
 刺激されたといえば、鎌倉の同期平高菜奈が6号艇の8Rで5コースから見事なつけまいを決め、シリーズ2本目にして通算3本目の1着ゴールを飾っています。

 男女統一優勝戦は125/346の進入から5号艇新地雅洋の捲りを飛ばしきり、2号艇川崎智幸の差しと3号艇宮迫暢彦の2番差しを振りきろうと必死に逃げ込みを図る1号艇濱村美鹿子でしたが、2艇を締め込もうと斜行したところ艇尾が川崎の舳先に接触してまさかの選手責任落水(動画)。
 結果的に先頭に立った宮迫は2Mで川崎を牽制して先に回るも川崎を牽制した分ターンが流れ、1M差しから2M手前で艇を外に持ち出して事故を避けた6号艇吉原美穂子に差され2番手。2周1Mで宮迫は全速戦で吉原を捲ろうとして普通なら逆転可能な態勢に持って行くも、2周2M手前に事故艇がいるので内側優先の為に勝負あり。2周2Mでターンの初動を入れようとした吉原は突然バランスを崩し落水しそうになりますが何とか立て直し、2003年7月7日三国G3女子リーグ戦クイーンカップ七夕競走以来となる通算2回目の優勝。2連単25390円3連単103710円の大波乱になりました。
 レース後の表彰式では優木まおみと同じ佐賀県出身の吉原に対し、佐賀県吉野ヶ里に出張中の優木まおみ(佐賀県出身)が電話で「私が佐賀パワーを送れたのかな?」とお祝いの言葉を述べて、同県同性の選手が優勝したことを喜んでいます。

江戸川夕刊フジ杯2日目

 第2Rが始まりました。3号艇笠雅雄がつけまいを敢行しようとしますがバランスを崩し選手責任の転覆。捲りが来なかった事もあり、1号艇小森信雄がすんなり1着です。

 お休みのひとときをお楽しみ頂いております江戸川競艇開催2日目の水面上、ラストのファンファーレが鳴り渡りました。第12Rを迎えています。チルト+2度の4号艇澤大介がカド捲りでシリーズ3勝目の1着とし予選得点率2位となりましたが、捲り差しで続こうとした5号艇徳増秀樹が1号艇加瀬智宏と接触して転覆。傷だらけの秀樹は負傷帰郷となってしまいました…。

 最後に、第3Rを5コース捲り差しで1着。そして2号艇の第9Rは差し戦で2番差しの4号艇小坂尚哉と先頭を争うも小坂に2M先制を許し2番手。そして2周1Mで猛然と捲ってきた1号艇表憲一と併走になり、表のアグレッシブな全速攻撃を内でこらえ続けましたが3周2M力尽きて遂に表に捲られ3着に落ちた安藤裕貴(愛知)がこのレースを最後に燃え尽きたのか本人辞退による帰郷です。

戸田日本財団会長賞最終日

 今節限りでの引退を発表した27期2329永滝芳行58歳が現役最後のレースとして1号艇で登場の8Rは、その永滝がインからくるりと運んで現役ラストランを1着で飾りました。
 口腔に始まり肛門に至るまで消化管のどの部位にも炎症や潰瘍を起こす難病クローン病にかかるも、PEGによる栄養療法克服。同患者に勇気と希望を与え、広く社会にも感動を与えた事で、1998年の特別賞を受賞した永滝芳行選手、約38年半の選手生活お疲れ様でした。そして埼玉のW滝芳行の片割れである滝沢芳行は永滝選手の分までG1戸田グランプリで活躍して欲しいですね。

 優勝戦は初日戸田選抜戦含む節間2度のイン戦で共に敗れていた1号艇辻栄蔵が15のトップスタートからの速攻で、三度目の正直にしてようやくイン戦成功。通算37回目にして前節住之江報知杯争奪全国地区選抜戦に続く2節連続優勝です。2コース順走の2号艇山田豊が、5カドつけまいから道中も全速戦で追撃する5号艇芝田浩治を振りきっての2着。

三国かんなづき第3戦優勝戦

 かんなづき第3戦。秋晴れあり雨風、波ありと状況変われど頂点への道見失わず勝ち上がったメンバーでこれより優勝戦の開始です。インコースから123/456の順です。1秒前、スタートいたしました。1号艇石田政吾がイン戦ガンバリマシテ三国9回目、通算35回目となる優勝のゴールイン。2005年5月1日うづき第3戦以来約2年半ぶりの地元Vは三国選抜イン戦失敗の2着を除く6戦5勝の準パーフェクトVとなりました。
 後続は差した3号艇山口裕二(三国選抜1着)と捲った5号艇山本修一で接戦となり、内の利で2Mを先に回った山口が2着、山本が3着でゴールイン。くしくもカニ坊準優12Rの上位3艇がそのままの着順で優勝戦の上位を独占しました。

平和島JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入スタイルから1号艇長岡茂一がモイチの気迫でインからモイチターンを鮮やかに決め平和島9回目、通算67回目の優勝。TamagawaBPクラブの看板選手である是政の人気者57期3227モイチタンは2002年4月22日関東日刊紙競艇記者クラブ杯争奪レース以来約5年半ぶりに平和島でのVを飾っております。
 後続は2コース順走の2号艇土屋太朗と4カド差しの遠藤晃司(TBPクラブ)がラップ。その直後には捲った3号艇小畑実成(57期3233)の順。そして2Mで遠藤を捲ったタロウが2着、遠藤を差した小畑が3着に入線しております。

 尚、勝率6.21で乗り込んできた前平和島メインビジュアル仲口博崇は節間(1.1.2.5.2.5.1.4.4)の成績で優出ならず11R選抜戦回り。そして最終日は6号艇の8Rが4着、1号艇の選抜戦は2着で、最終勝率は6.22。0.01の上積みに成功してA1は崖っぷちで踏みとどまりそうです。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯優勝戦

 10月14日の鉄道の日から遅れる事2週間、浜名湖G3企業杯河合楽器スポーツ杯と開催日程を逆にした方がよかったんじゃないのかなと思ったJR四国の企業杯は最終日の本日は丸亀競艇トレインフェスティバルも開催。
 優勝戦は由緒正しい「富士」の名を含む1号艇原田富士男がインから15の5番手スタートも、捲らせない差させない完璧な特急富士男ターンでクリアして通算36回目の優勝。そして勝率も6.23まで押し上げて来期A1維持への勝負駆けも成功させました。2着は2コース順走から2Mきっちり捌いた2号艇山崎智也
富士


津G3新鋭リーグ戦プリンスカップ優勝戦

 1325/46の進入から1号艇岡崎恭裕が08トップスタートで逃げの態勢を作りきって通算5回目の優勝。4コースから差して2番手の5号艇平野和明(愛知)は2M全速ターン流れて4号艇新田雄史(三重)に差されるも2周1Mで新田を居差し返し、2周2Mでは2号艇安達裕樹(三重)を包みきり、地元コンビの攻勢をしのぎきって2着を勝ち取りました。

 さて、津競艇次回開催は11月14日からのG3企業杯マキシーカップですが、競艇無くても津に来てね〜♪ということで11月4日の10時から15時までG1第21回女子王座決定戦カウントダウンイベント ツッキーまつりを開催。競艇選手関連のイベントとしては1997年蒲郡の第10回大会女王渡邊博子のトークショーが12時から、それと女子選手6名による模擬レースが12時45分から開催されます。模擬レース出場予定選手は西村めぐみ鈴木祐美子の地元コンビに加え、宇野弥生川邉加奈子の愛知コンビ、それに浜名湖の長嶋万記と琵琶湖の白石佳江です。模擬レースの前後には「ふれあい」サービスとして選手紹介とサイン会があるとのこと。

浜名湖BP玉川9周年記念福島民友新聞社創刊112周年記念競走優勝戦

 4日制ながらボートピア玉川開設9周年記念と福島民友新聞社創刊112周年記念のWタイトル戦は1号艇の地元横澤剛治がイン07トップスタートの速攻劇で5月の江戸川ゴールデンカップ、同じく5月の浜名湖日本モーターボート選手会会長杯以来となる今年3回目、通算20回目の優勝。2コース順走の2号艇白石健が2着。

 ここで福島民友新聞社から気になった記事を紹介。「川俣町の「焼き鳥長さ世界一」記録が抜かれる」という記事で、8月25日に福島県伊達郡川俣町が作った18.18mの焼き鳥長さ世界記録を本日28日に山口県長門市が20.71mの焼き鳥を完成。世界一の座を奪われた川俣町側は「なんとしても再び記録を抜き返したい。くしに使う竹を探すのが大変だ。」とのコメントを残しています。

徳山FMYエフエム山口カップ優勝戦

 FMYエフエム山口のタイトル戦は盆正月開催かと見まがうばかりの豪華メンバーとなり、優勝戦は今節選手代表でもある1号艇今村豊(美祢市)が13トップスタートのイン速攻劇で徳山22回目、通算112回目の優勝を飾り、通算300優出達成の節目に花を添えました。
 後続は順走の2号艇岡本慎治(山陽小野田市)が2着に入り、地元ビッグネームによる豪華ワンツーで2連単210円3連単380円のディスカウント価格を提供です。

芦屋日本トーター杯争奪神無月特選レース優勝戦

 物まねでは無い本物の実力が必要なファイナル進出。その実力をフルに発揮してシリーズの6強が激突した優勝戦は1号艇森竜也が08トップスタートから、だ〜れも寄せ付けません問答無用のイン戦披露(動画)で芦屋連覇、今年V6、通算51回目の優勝。2着は5カド捲り差しの5号艇谷本幸司
かんなづき特選ものまねショーin江戸川2004
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ