ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

古結宏

淺田千亜希が2節連続通算33度目のVにして遂に男女混合戦初優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 通算32回の優勝回数を数えながら、その全てが女子戦で混合戦Vが一度もなかったぴちぴち阿波姫淺田千亜希
 今年で女子リーグを卒業した淺田千亜希は前走地下関九州スポーツ杯争奪男女W優勝戦競艇の日大賞を含め今年既にV2というのりのりの状況で今節の男女混合6日間シリーズ児島マンスリーKYOTEI杯に臨み、1着とれとれの活躍で見事優勝戦1号艇に。
 しかしここは3号艇に名うてのイン屋西田靖がおり、淺田千亜希は2コース進入になった312/456の並びに。
 ですが、2コースになった淺田千亜希は西田靖を淺田千びんびん淺田魔王と化した強気の2コース捲りで叩ききり、2号艇原田幸哉と5号艇芝田浩治の差しを締めて振り切り、水上のあさちゃんは2節連続今年3回目・児島3回目・通算33回目の優勝にして悲願の男女混合戦初優勝。2M原田幸哉に先行した芝田浩治が2着。

 ひまひまデータさんによると今回が男女混合戦23度目の優出だったそうですが、今回の優勝を「艇界の七不思議の1つ?がまた解消されました。」と評しており、今まで淺田千亜希の混合戦Vが無かったのはそれだけ意外だった事のあらわれですね。
おちゃめでチャーミングなおてんば魔女チャッピー


唐津G1全日本王者決定戦優勝戦

 「からつの周年は白の季節から緑の季節へ。(動画
 例年の1月から5月に開催時期が変わったBOAT RACEからつ開設57周年記念は今節選手代表上瀧和則生誕42周年記念で、3日目の10Rでは4号艇2コース捲りで通算1500勝達成。

 その上瀧の誕生日と同日に迎えた優勝戦、3号艇で優出した上瀧は動かず枠なり3vs3の進入となりますが、上瀧はスタート後に牙をむいて絞り捲り体勢。
 しかし愛弟子の2号艇古賀繁輝が抵抗の先捲りで上瀧を飛ばし1号艇太田和美も捲りきって1Mを先制し、ブイ際がら空きになったところを突いた4号艇中島孝平がまとめて差しきり、3節連続今年3回目・唐津初・通算27回目の優勝でG1V3。

 2番手争いは、レースを作った古賀に対し5号艇魚谷智之と6号艇服部幸男の差しが届き、3艇接戦の状態から2Mは最内の服部先生が先制も艇を伸ばした分流れ気味。
 古賀は差しを狙うも、ここで黄魚に突進されてしまい後退。2番手は黄魚と差した上瀧で併走になり、服部先生も切り返して2番手争いに復帰。
 そして2周1M内から先制図る服部先生に対し上瀧が外包み込んで服部先生を捲りきり、差しに構えた黄魚は後方の古賀に刺激的な突進をやり返されて最後方まで下がり、バースデー上瀧が2着。

 尚、来月からファンファーレが一新されるため、現行のG1ファンファーレは今節が聴き納めでした。

鳴門G3女子リーグ第3戦渦の女王決定戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇田口節子と差す2号艇永井聖美のマッチレースになりましたが、2Mを先行したながいまさみが前年渦の女王田口節子の差し返しを振り切り、前年2着からジャンプアップしたながいまさみは今年2回目・鳴門初・通算9回目の優勝

 ちなみに本日の1Rで4号艇渡邊佳子(山梨在住東京支部105期4577)と5号艇渡邉千晴(広島105期4585)と6号艇渡邉優美(福岡105期4590)の105期わたなべトリオの直接対決が実現しました。
 レースは枠なり3vs3の進入から渡邊佳子がカド捲りで先頭も、2周2Mで痛恨の振り込みを喫してしまい無念の2着で水神祭なりませんでした。
【競艇】鳴門G3女子リーグ第3戦渦の女王決定戦競走選手紹介


尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦優勝戦

 サンケイスポーツ発刊55周年記念の伊丹市主催サンスポグリーンカップ争奪戦は枠なり3vs3の進入から3号艇日高逸子が08トップスタートを決めて捲りきった展開をスポ!っと突いて4号艇古結宏(兵庫)がSPA!っと捲り差しを決め、グレートマザーを従えた古結は通算9回目にして尼崎初優勝
ピチピチあさちゃんの近畿地区選手権競走ピットインタビュー

平和島SG総理大臣杯初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
審判委員長競技委員長番組編成委員紹介 SG総理大臣杯初日の開会式から写真をいくつか。
 まずは審判委員長と競技委員長と番組編成委員の紹介。

野口忠直府中市長の開会宣言 次に、東京都府中市長野口忠直による開会宣言。
 ちなみに東京都府中市にある多摩川競艇は青梅市と東京都四市競艇事業組合が主催者です。
 あと、全国で字も同じ完全同名の市は東京都と広島県にある府中市の他に、北海道と福島県の伊達市があります。

横ちん ここからは選手紹介(特設サイトに動画あり)の写真をいくつか。
 まずは横西奏恵
 出走回数不足で来期B級陥落が決まってしまいましたが、しばらく凹んだ後に立ち直って更新されたブログで復活を誓ってます。

うんのゆかり TBSのバース・デイに出演した海野ゆかり

テラッチ ガァ〜コのぬいぐるみを持って児島のファンと岡山県小田郡矢掛町のみなさんに呼びかける寺田千恵

選手代表の三角哲男っス 次にオールベイパの地元選手。
 まずはファンとの掛け合いで場を盛り上げた今節選手代表三角哲男

中野次郎 マンスリーKYOTEIのインタビューに出た中野次郎

ハニカミスマイルのゆーき王子 選手宣誓担当の福島勇樹

濱野谷憲吾 ブログ濱野谷憲吾@DEEPのコラム版を総理杯期間中東スポで連載する濱野谷憲吾
 ちなみに前検日の東スポにはQ&Aが掲載されてました。

飯山やすし 飯山泰
 今節は残念ながら2連対率28.6%の低勝率モーター38号機を引いてしまいました。

江戸川浩司 東京支部以外から、昨年江戸川G1連覇を達成した湯川浩司

ゆーき王子による選手宣誓 ゆーき王子による選手宣誓。

花束贈呈 プリマベーラからの花束を受け取るゆーき王子と三角哲男。

SG水神祭を挙げた古結宏公開勝利者インタビュー 3RでSG初1着を挙げた1号艇古結宏の勝利者インタビュー。
 ちなみに平和島競艇での公開勝利者インタビューは今回が初の試みです。

牛小屋に来店したクワバタオハラ出演の地上波イベント スペシャルゲストのクワバタオハラ、司会の青島健太、アシスタントの山元香里と森藤恵美が出演した地上波中継イベント。
 ちなみに地上波中継ではあの牛小屋がクワバタオハラのレポートで紹介されました。

 ベイ吉松永良一アナによる「先ほど東京女子レーサー濱村美鹿子が電撃の引退ですのニュースが飛び込んで参りました。一緒に走った戦った東京を支えた濱村美鹿子に餞別の白星を贈りたい濱野谷憲吾。1マークミクロのスポット差し抜けろ地元濱野谷憲吾。(動画」のお伝えがあったドリーム戦
 ちなみにレースは枠なり3vs3の進入から2号艇池田浩二が08トップスタートの1号艇松井繁を差しきり1着。
 濱野谷は2周2M外全速モンキーターンのつけまいで4号艇今垣光太郎を捲りきって逆転3着に。

 以上、現地参戦した総理杯初日は職場の仲間4人で指定席観戦。
 夜は蒲田で肉食ったりホッピー飲んだり元祖ニュータンタンメン本舗蒲田店で唐辛子とニンニクがたっぷり入った担々麺を食べたりしました。
平和島は苦手の王者弱気発言連発も結果は出した池田居るね菊地孝平秩父宮妃記念を制して上り調子のガッキー平和島も総理杯も相性イマイチの吉川元浩中野次郎の髪の色を褒めた金髪の濱野谷憲吾

【競艇】第45回総理大臣杯・ドリーム戦【HD】


児島日本トーター杯優勝戦

 126/345の進入から2号艇石田政吾が差しを決めて、前走地浜名湖アロマジックサービス(株)アロマスーパーアタックに続く今年3回目・通算52回目の優勝
 1号艇平尾崇典(岡山)は一番遅い20スタートから艇を伸ばして先行するも流れ、石田に差された後も3艇に差されそうになりますが2M外全速フルスロットルで3艇を振り切って2着。

【MONDO21】G1W場外付きの多摩川JLCカップ最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 さあ行こう多摩川JLCカップ優勝戦 激熱!多摩川競艇とともに!小柳南町商店会の並びは枠なり、体勢は3vs3からインの1号艇飯山泰が04トップスタートもターンが大きく流れてしまい、4号艇本橋克洋の4カド捲り差しズッポリぃ!本橋は多摩川3度目、通算25回目の優勝です。ちなみに多摩川前回優勝の2005年8月報知新聞社賞も4号艇でした。
 本橋に捲られた後に立て直して捲り差した3号艇正木聖賢が2着に入り2連単12180円の大波乱。本橋頭では唯一の2連単万舟でした。そして飯山は6号艇尾崎鉄也にも差されて4番手。しかし3周2M外全速フルターンで尾崎を一気に沈めて逆転の3着と最後は見せ場を作りました。

 一般戦の4Rトムジー競艇歴40周年記念に1号艇で登場したのは流行に囚われない群馬の名優萩原善行。インの萩原流れながらも2番手持ちこたえますが、2Mも萩原流れて3番手に後退。そして2周2Mでも萩原流れて結局4着でした。
インタビューを受ける本橋MONDOガールズに囲まれる本橋

 さて今日は江戸川競艇場でペアボートに乗艇。競艇の師匠田中信一郎氏(仮名)から善行メールを貰った道中のバスで船堀から乗ってきたまっちゃんさんと一緒になって、ペアボートの列ではちるとれーどさんと会ったのです。ペアボでは平田さやかが操縦する艇に乗艇。江戸川は本日住之江場外の為入場無料。そして送迎バスも無料で交通費も0円。すなわち、平田さやかのボートに無料で乗艇。これがホントの平田ただ乗り。ということを本人に言ったら思いっ切り滑りました。ちなみに舟は安心して乗れましたです。
 そんなペアボの江戸川は14時30分の急行に間に合わせる為に前半レースの前売を購入した時点で早々に出て、多摩川競艇場に移動。多摩川は本場開催に加え浜名湖住之江のG1W場外の豪華3場併売なのです。平和島ではモンドセレクション金賞受賞のザ・プレミアムモルツが当たるキャンペーンも実施するサントリーカップに艇王植木通彦が出走中ですが、多摩川ではモンドガールズとウェイキーくんを見てサントリー紙カップ入りのサントリービールを飲んだのです。

 SKY PerfecTV!ch380〜385JLCカップなのにch279MONDO21MONDOガールズが花を添えた表彰式でよしのぶさんと会って住之江最終までそのまま多摩川にいて、衝撃の住之江を最後まで見た後、カミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で飯食ってビール飲んできました。今週末は施設改善1周年記念で生ビールが200円だったのです。
 ちなみに、モンドガールズは全部で5人ですが多摩川に来たのは澤木律沙(メガネ無し)と雛田まゆこ(メガネ有り)の2名。多摩川ということで?戸田れいはいなかったのです。

三国ふみづき第1戦最終日

 ふみづき第1戦は最終日を迎えまして今日ラストカードでは予選準優と力強く勝ち上がって来た6メンバーでの優勝戦が組まれています。どうぞご期待下さいませ☆また本日も併用発売のナイターレースG1ダイヤモンドカップ競走、こちらは予選のファイナルを迎えます。お楽しみ二倍の三国競艇で今日も1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それではオープニングカードです、おはよう特賞第1R動画)。インから124/563の順です。1秒前、スタートしました。1号艇の茶谷信次が5号艇金田大輔の4カド攻撃を牽制しての先マイを決めトップでゴールインして人気に応えています。5コースからの差しでスッと舟足を伸ばしてきた6号艇吉村重行が2着でゴールイン。
 やよい第1戦3日目おはよう特賞では妻の茶谷桜が刺身のつま扱いされて6着に敗れましたが、夫の茶谷信次は1号艇にシードされてきっちり勝ちました。

 ふみづき第1戦。勝ちに行く、そんな心の叫び聞こえそうな水上はいよいよ優勝戦の開始です。インから12345/6の順です、スタートいたしました。幸運味方にスタートばっちり決めて初V一直線といきたいところです1号艇は84期4002古結宏がスタートばっちり05トップスタートで初V一直線の速攻体勢から圧勝を飾りうれしいデビュー初優勝。4コースから差した4号艇原田秀弥が道中追いかけてくる2号艇渡邊伸太郎をなんとか振りきって2着でゴールインしました。

津グランプリシリーズ第4戦優勝戦

 元気ハツラツに5節連続優勝を狙う1号艇前本泰和が11トップスタートを決めインから先に回って今年7回目、通算40回目の優勝は驚異の5節連続優勝。次節は12日からびわこ一般競走です。
 3コース2番差しの3号艇三宅爾士(福井)が2着に入り、デビュー初優勝狙った2号艇谷口健一(福井)は2コースからの差し甘く3着でした。

常滑七夕特別優勝戦

 イン05トップスタートの1号艇金子龍介が華麗なる龍の舞いのごとし速攻劇で押し切り今年3回目、通算25回目の優勝
 2コースの2号艇織田猛が直外の3号艇柏野幸二(通算999勝)を張り飛ばしてつけ回る間に4コースから差した5号艇松村賢一が2番手航走。しかし、2Mの差しで松村を逆転した織田が松村の反撃を退け2着でゴールイン。  

丸亀サンケイスポーツカップ優勝戦

 インから先に回る1号艇天野晶夫に対し、5コースから差した5号艇石田章央と大外捲り差しの6号艇大澤普司がズバっと斬り込んで迫り、内の利で2Mを先に回った石田が抜け出し通算5回目の優勝
 大澤と天野の2着争いは最後まで続きますが、2周1M大澤を差して主導権を握った天野が大澤の追撃をおさえて競り勝ちました。

G1住之江ダイヤモンドカップ競走4日目

 1R10Rを共にチルト+1.5度大外捲り一撃で連勝した阿波勝哉が準優勝負駆けを成功させた住之江の水面。
 共にオール2連対で準優1号艇を射程に入れてた王者松井繁(今節選手代表)と赤岩善生の直接対決になった実質予選ラストの11Rは4号艇の王者が4カド捲りでスロー3艇を飲み込み先頭に立てば、5号艇赤岩が5コース捲り差しで続いて2番手に立ち準優1号艇を共に決めたかに思われたのですが、スタート審議の結果+05の王者と+01の赤岩に加え、+03の6号艇深川真二に+03の3号艇中岡正彦と、計4艇がフライングに散る大ハプニング。これにより王者と赤岩は準優1号艇内定から一転賞典除外になっただけでなく、蒲郡SGモーターボート記念の斡旋が入っているため10月3日から行われる平和島SG全日本選手権のF休みが決定してしまいました。ちなみにこの日の売上は10億6929万1600円で返還は2億371万3100円、11Rの成立舟券は2連単・単勝共に100円戻しでした。
 尚、王者に捲られイン戦大失敗の5番手で一度は準優勝負駆け失敗、しかしながら4艇前退きで1着になった1号艇白井英治は3着条件の勝負駆けに成功しただけでなく、王者と赤岩が抜けた事で準優9R1号艇まで手に入れて、更にはSG全日本選手権の選考勝率ベスト6をもうかがう勢いと、まさに地獄から天国に浮上しました。

G1浜名湖賞4日目

 当地SGグランドチャンピオン決定戦優勝の実績がある原口あきまさ爆裂ライブを行うなどの大賑わいで13億251万1400円を売った浜名湖賞の4日目。3日目まで4戦全勝だった服部幸男先生の勢いはこの日も止まらず、5号艇ながら2コースに入った7R(株)魚国総本社名古屋本部杯佐藤記念が02タッチスタートからの差し、3号艇2コース進入の12R大橋鉄工所エンドレスファイティングカップが23とスタート後手を踏むもかかり鋭い差しで突き抜け、この日は共に2コース差しで連勝を6に伸ばし、いよいよあと2回1号艇で勝てば地元の記念で完全優勝です。

江戸川さわやか杯初日は地元1号艇選手が3人フライング

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 44名のスカッとさわやかなレーサー達によって白熱したレースが6日間に渡って行われます江戸川さわやか杯は初日の競走水面。スカッとさわやかな人気者中野次郎(神奈川から東京に転居)が1号艇の第8Rでイン速攻で先頭も+01のフライング(返還額1290万800円)に散ったのを皮切りに、3コースから捲り差した伯母芳恒1着になりました第10Rでは伯母に差されて2番手でした1号艇尾形栄治が+04のフライング(返還額1279万9200円)に散り、更には11Rでは4カドつけ回った新地雅洋(優勝者当てクイズ来た新地に投票)と併走しました1号艇宮内由紀英が+02のフライング(返還額1328万6200円)に散ってしまいました。
 1号艇の地元選手が3人もフライングをやらかした結果、本日の返還総額は3898万6200円となり、残った売上は1億1166万7400円(利用13152名)でした。これには東京都六市競艇事業組合も頭が痛いところでしょう。

 ここからはフライング以外の話題でお送りします。スタート展示では枠なりでした第1R、ピット勢いよく飛び出した3号艇椎名政浩がインに入り進入が312/456に。そしてインの利を生かした椎名は逃げを決めて1着になっております。

 オール女子メンバーによるオール女子戦となった第9Rです。熊本出身徳島在住の3号艇岩崎芳美ですが、岩崎良美は江東区出身ということで江戸川区はおとなり。ということで縁ある競走水面で軽快に差しを決めた岩崎よしみが人気に応えて1着になっております。2着にはインから逃げた松村昌子が入ってます。

 オール東京支部メンバーによるオール地元戦となった江戸川選抜です。イン15トップスタートの角谷健吾(神奈川)が逃げ、2コース握った一瀬明(神奈川)が2番手でしたが、2Mを鋭く斬り込んで角谷の内に入り込んだ一瀬が2周1Mを先制して逆転の1着になっておりますが、角谷も2着で神奈川県民のワンツーには変わりません。345の都民ボックス買ってた自分には無縁な結果でした。

 ここから先は10場で行われました本日の優勝戦です。

【本日は10場、優勝戦特集】

 4億8807万3500円を売り上げました平和島G3企業杯KIRINCUPは4カド進入のサムライブルー4号艇服部幸男先生がイン03トップスタートの徳増秀樹に強烈なつけまい仕掛けてこれがのどごし爽快に決まり通算59回目の優勝
キリンカップをサムライブルーが制したのでキリンチャレンジカップのサムライブルーも「ベストを尽くします。」で9日に行われるオシムジャパンの初戦を飾って欲しいですね。
惜しむことに捲られた徳増は5着に大敗し、2コースから差した戸田天皇池上裕次が2着に入ったのでSGレーサーのワンツーとなりました。


 常滑G3新鋭リーグ若獅子杯は1号艇吉永則雄が通算9回目の優勝吉田徳夫のホームプールで吉○のりおが優勝なのねん。でも、「この喜びを誰に伝えたいですか?」という問いには「別に。」と返すクールな吉○のりおなのねん。
2着には5カドからすぱっと捲り差した山口剛が入っているねん。


 この暑さよりも優勝の思いが熱くて夏バテ知らず。三国はづき第1戦スタートをいたしましたぁ!4カド花田和明が捲りで玉砕してブイ際が空き、「急に差し場が出来たので」6号艇柳沢一の5コース差しが入り、QBK柳沢は通算8回目の優勝。大外から捲り差した大阪の森貴洋が2着に入り、愛知vs静岡対抗戦の様相でした今節で肩身が狭かった他地区選手が孤軍奮闘で一矢を報いました。


 びわこ一般競走は初優勝を目指す古結宏が5カド捲りで先頭に立ちますがスタート正常、スタートOKとはならずキンコン!キンコン!キンコン!+01でフライング除外となり、はつゆうしょうのゆめはみずうみのもずくに。
かくして、捲られた後に艇を外に持ち出しての2コース捲られ捲りを敢行して2番手を走っていた白石健が繰り上がって通算25回目、びわこは2回目の優勝


 真夏の水上カーニバル鳴門一般競走は4コースから回り直して大外になった6号艇池上正浩が、メキメキと実力をつけたイケメン新鋭の注目株君島秀三の5カド15トップスタートからの捲りをマークんしての捲り差しで突き抜けて、前付け多用の池上があっと驚く大外進入で優勝。池メンの君くんと3コース小回り差しの池本輝明で2着争いは激しくなりましたが、池メンが2周2Mで池本におっつけていき一度は池メンが抜け出しますが、3周2Mで池本が差し返して0.1秒差逆転、なんにしても真夏の四国でイケ池千夏のワンツーです。


 四国キャンテイーン協賛の丸亀キャンテイーンカップはインから逃げようとする高濱芳久と4カド捲り安田政彦が喧嘩する展開を突いて2コースから上田隆章が差し、更に5コースから星野政彦が2番差し。そして2Mを内から先制したほしのが通算47回目の優勝、上田隆あきが2着となった結果ほしのとあきでほしのあきワンツー。こういう万舟が欲しいの…


 徳山黒神杯争奪戦は134/5/26の進入から、黒枠2号艇嶋田貴支が5カド07トップスタートから絞り捲りを決めて通算13回目の優勝。そして2コース小回り差しの大神康司が2着に入り、黒枠と大「神」で黒神ワンツー完成。


 芦屋オールジャパンフラワーカップは4カド捲り差した山川美由紀と5コースから差した角ひとみで併走になりますが、2周1M内から先マイの山川を差そうとした角がターンマークに激突(動画)!落水こそ免れたものの足がピョコンと浮いてカエルみたいになってしまった角は最後方まで下がり、以降は山川が独走となり優勝のゴール、通算では49回目となる勝利の花を咲かせました。
2コース捲りの寺田千恵と3コース差しの宮本紀美がテラッチややリードの状態で3番手を争い、2周1M角の後退により2番手争いに繰り上がり、3周1Mで宮本を包みきったテラッチがここで宮本を突き放して2着をものにしています。


 公営競技を活気づかせる総合情報誌公営ジャアナルのタイトルが懸かりました福岡公営ジャアナルカップはインから逃げた原田富士男が通算33回目にして福岡3回目、今年4回目の優勝を飾りました。2着には2コース順走の今村暢孝が入り、福岡支部ワンツー完成。
今年2月の大村公営ジャアナル杯で完全優勝を飾った山下和彦は公営ジャアナル社杯連続優勝を狙って3号艇で参戦しましたが捲り届かず、BSは5コース差しの3661さんこと柳瀬興志と併走の3番手まで。結局連覇の夢破れた山下は2Mで柳瀬を差しての3着でした。尚、この優勝戦には3661さんの同期連番73期3660長谷川親王殿下もいましたが、大外からの遅れ差し不発で出番が無く6着でした。


 名古屋タイムズ杯争奪蒲郡スピード王座決定戦はイン16トップスタートの金子良昭が速攻押し切り、通算50回目となる優勝のゴルィン、今年V6となりました。
 物腰同様ハンドルも柔らか、2コースから俊敏に順走の大場敏が2番手で静岡ワンツー濃厚だったのですが、4コース外マイで3番手集団の一角だった愛知の久田武が2M差しで斬り込んでターボチャージの猛パワーでぐぐぐぐぅ〜っと伸び、内側に入り込んだ大場をフルターンで呑み込みあとは出る出る出る。かくして久田が逆転の2着に入り、静岡ワンツーを阻止。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ