ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

南明奈

江戸川新指定席MIYABIの内覧会が昨日開催されました

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 BOATRACE江戸川新指定席「MIYABI(旧エグゼ)」が明日から新装オープンしますが、昨日はプレス内覧会があり、市村沙樹(ブログサキマクリ)と、南明奈アッキーナBlog)が出席。

 BOATRACEイメージキャラクターアッキーニャとしてCM出演中のアッキーナと、13日まで当地外向発売所開設1周年記念男女W優勝戦に出場して江戸川連続優出を果たした地元人気選手江戸村沙樹の出席により華やかな雰囲気で開催されたという内覧会は、内覧会だけでなく江戸村沙樹による施設紹介動画がある東京スポーツや料金紹介があるスポーツ報知などの公営競技関係だけでなく、芸能ニュースラウンジ日本テレビなど芸能関係のマスコミも参加して各方面で大々的にPRされました。

 従来のエグゼを約半年かけて全面改装した新指定席MIYABIは、座席数を約半分にして1人あたりのスペースが大幅に広くなっただけでなく、MIYABIのネーミング通りに雅をテーマにしたデザインが特徴。
 また、エントランス等に竹林のオブジェがあしらわれてるだけでなく、着物まで展示されているという女性専用ルームの名称は「kaguyahime」だったりと、インテリアは竹取物語の世界観に包まれてるそうです。

 もちろん舟券購入の利便性もエグゼより大幅に向上しており、真下にある外向発売所BOATRACE365同様昼夜複数場発売に対応してるだけでなく、新たにキャッシュレス投票に対応。
 残念ながら室内の柱はそのままのようですが、従来は2人でブラウン管モニター1台だったのが従来席に相当するレギュラー席で1人1台のタッチパネル液晶モニターになったようです。

 そんなMIYABIの利用料金は座席種別毎に設定されており、従来のエグゼに相当するレギュラー席が2000円で、シングルシートのリクライニング席は2500円、ゆったりソファーのペア席が3000円、4名グループ席が5000円、5名用個室が6000円、10名用個室12000円、カラオケルーム20000円、自由席のベンチシートが1000円で、ナイター時間帯は半額になります。
 尚、競技棟真上にある4000円指定席プレミアムラウンジ遊GOLDに名称変更されて、新たにタッチパネル液晶モニターとキャッシュレス投票機が設置されたそうです。

 ちなみに新ポイントカード「CLUB365」はMIYABIに入場すると自場開催日8P・外向のみ開催日16Pが加算でき、80Pたまると無料入場できます。


浜名湖日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇白石健が押し切り、浜名湖2回目・通算51回目の優勝

 後続は捲り差した6号艇長岡良也が内で粘る5号艇芦澤望を2M捲りきって芦澤望を突き放しますが、今度は1M差し順走の2号艇久田武が2M2艇を差しきって長岡良也に接近。
 これに対し長岡良也は2周1M外握って久田武を包み込み、2周2Mでは一転行かせて捌く硬軟自在のレースで単独2番手を守り、大阪在住兵庫支部しらけんと長岡良也の兵庫支部ワンツー完成。

【SPA!掲載】2013年次もBOATRACEはアッキーニャ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
アッキーニャイエローが裏表紙のSPA! 昨日発売の週刊SPA!12月11日号南明奈が表紙ですが裏表紙はアッキーニャで、表紙をめくるとアッキーニャカレンダーとアッキーニャCMメイキングが掲載されており、裏表紙をめくるとアッキーニャブラックをフィーチャーした大村G1賞金女王決定戦特設サイト)の広告。
 また、CMメイキングは日刊SPA!YouTubeでも見る事が出来ます。
 ということで、2013年次もBOATRACE振興会はアッキーニャをCMに起用する事がSPA!今週号で大々的に紹介されてました。

 更に上記のアッキーニャ特集だけでなく、SPA!誌面ではアッキーナとアッキーニャのインタビューが見開き(10Pアッキーニャ11Pアッキーナ)で掲載され、岡山101期4482守屋美穂のグラビアがボートレーサー魂というお題でグラビアン魂と見開き(12P守屋美穂13P葉加瀬マイ)で掲載されており、94ページから97ページに掲載されている「西原理恵子のボートレースできるかな」では西原理恵子が賞金女王決定戦開催地の大村へグレートマザー日高逸子を取材しに行くという内容で、まさにボート尽くしのSPA!最新号です。

 ちなみにグレートマザーがブログ「「私は あきらめない」モーターボートレーサー日高逸子/福岡地区媒体訪問」でSPA!今週号の記事を紹介してます。


江戸川JLC杯開局20周年記念2日目

 2日目終了時点で得点率トップ3は10.33の田頭実、9.33の地元桑原将光、9.00の山本隆幸

 オープニングの1Rで4号艇赤羽大樹が1M捲りに行こうとして振り込み、そこに6号艇関裕也が避けきれずに突っ込み赤羽大樹が選手責任転覆を喫して始まった2日目。

 最終の12Rでは5号艇野口勝弘が1M手前で振り込んで内側にスピンし、そこに4号艇益田啓司が避けきれずに突っ込み野口勝弘が選手責任転覆を喫して益田啓司がエンスト失格を喫し、野口勝弘は不良航法も適用されました。

 尚、野口勝弘と初日10Rで選手責任転覆を喫した片山竜輔が本日付で負傷帰郷しました。

BOATRACEのCMは来年もアッキーニャ【ソースはSPA!】

ブログネタ
競艇 に参加中!
アッキーナとアッキーニャのW表紙 火曜日に発売された週刊SPA!南明奈が表紙で裏表紙はアッキーニャと、アッキーナとアッキーニャのW表紙。

ボートレースの応援にアッキーニャが再び参戦! ページを開くと表紙の裏にはBOATRACEは2012年次も引き続きアッキーニャを起用するお知らせと、3日間に渡って収録されたCM撮影の様子が掲載されてます。
 新CMではアザラシのていちゃんに代わる新キャラ?アザラシのボーちゃんが登場するとのこと。

 そして、この記事はWEB版日刊SPA!にも掲載されてます。

アッキーニャカレンダー 記事の隣は2012年アッキーニャカレンダー。
 また、本誌の98ページと99ページには「西原理恵子のボートレースできるかな」第3回が掲載されてます。

 尚、WEB版日刊SPA!ではアッキーニャカレンダーの豪華版が100名様に当たるキャンペーンを実施してます。

戸田SG東日本復興支援競走は東北に縁あるはしりびと重野哲之が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日本場に12464人を集めた戸田ボートコースのSG東日本復興支援競走特設サイト)は3月に開催予定も東日本大震災の影響で中止になったSG総理大臣杯の代替として総理杯に出場予定だった選手を集めて開催。

 メンバーは総理杯と同じで好メンバーだったものの、新年度以降に日程を決めた関係で平日優勝戦になった事や、当初G1開催になる可能性もあった事や、日程の関係で場外発売規模が小さかった事もあって売上目標は75億円と全国発売G1競走並みの控えめな数字でしたが、最終的に売上は84億3954万4500円と目標を9億円上回りました。

 優勝戦はスタート展示の126345から本番で4号艇菊地孝平がピット遅れて大外になり、123/564の進入に。
 そして1号艇重野哲之が3号艇池田浩二の攻めを堂々受け止めきって押し切り、6月のG1江戸川大賞当日の記事)でG1V2を飾ったマラソンマン重野は今年5回目・通算32回目にして83期一番乗りのSG初優勝
 後続は池田と差し順走の2号艇長岡茂一と捲り差した6号艇今垣光太郎と2番差しの5号艇篠崎元志でBS4艇ほぼ横並びになりますが、外から2番目にいたガッキーが大胆なフルショットで内側の2艇を一気に捲りきって抜け出し2着。
 3番手は篠崎でしたが、1周BS最後方も2M内小回りで4番手に上がった菊地が3周1M内に潜り込んで篠崎を抜く事に成功し、学生時代を岩手県で過ごした県立不来方高等学校出身の菊地孝平が東北魂で逆転3着。

 2009年には24場1500kmマラソンを敢行、今年は東京マラソンに出場した水陸両用のはしりびと重野哲之は父方の実家が山形県で親戚には被災者もいたという事で東日本復興支援競走という今回のレース名に懸ける思い入れは相当のものだったとの事です。
 ちなみに優勝戦で冷静にいく事が出来たのは王者松井繁に「いつも通りいけばいい」とアドバイスされたのも大きかったそうです。
佐山なっちからインタビューされる重野哲之アッキーナから花束をもらう重野哲之小切手を掲げる重野哲之優勝カップを持つ重野哲之ウインビー&ウインクから祝福される重野哲之


児島竜王杯優勝戦

 名人戦と対をなすレース名の竜王杯は男女混合の4日間開催で、優勝戦は1253/46の進入から3号艇山川美由紀が14トップスタートを決めてそのまま捲りきり、みゆきに対し4号艇岡田憲行が5号艇松野京吾を叩いての差しで接近しますがみゆきは振り切り、女子史上最多通算優勝記録保持者のみゆきは自らの記録を更新する今年5回目・通算66回目の優勝
 2着は岡ちゃん、3着は1M差した2号艇石川正美62歳が2Mで松野京吾54歳を差しきって3着を取り切りました。

ドキドキ夏どっきゅんのSGオーシャンカップと他4場の優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ドキドキ夏どっきゅんのSGナイター、蒲郡SGオーシャンカップ特設サイト)はレース名にふさわしく海の日の今日が最終日。

 海王を決める優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇白井英治が16トップスタートを決めて捲りを狙うも1号艇赤岩善生(愛知)が艇を伸ばして先行。
 しかしそこに3号艇佐々木康幸の捲り差しが届き、赤岩を差しきって2Mを先行した佐々木が蒲郡初・通算41回目の優勝にしてSG初Vを達成。
 尚、2周2Mで3番手争いをしてた6号艇湯川浩司が差しを狙った際にターンマークにぶつかってしまい選手責任転覆を喫しました。
佐々木康幸と南明奈ファンと握手する佐々木康幸



多摩川G3企業杯サントリーカップサントリーカップファイナル

 連日ビール日和、モルツ日和の猛暑で開催されたサントリーカップのファイナルは枠なり3vs3の進入から05トップスタートを決めた4号艇榎幸司がカド捲りを決め、あん時の榎は2008年10月大村G3新鋭リーグ第18戦以来となる通算3回目の優勝は地元大村以外での初V。
 イン戦踏ん張って2番手に残し、道中榎をしぶとく追い詰めた1号艇毒島誠が2着。

戸田テレ玉杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山崎義明(今節選手代表)が押し切り、5月の当地ウインビーカップに続く今年2回目・戸田9回目・通算32回目の優勝

 2番手は捲り差した3号艇落合敬一が航走してましたが、2番差しの4号艇桑原悠が艇を伸ばし2M先行体勢。
 落合は桑原と、桑原の直外にいた前本を行かせて捌こうとしますが、落合はなんとターンマークに激突して大きく後退。
 これにより2Mを先行した桑原が2番手に上がり、桑原は猛追する前本を2周2M行かせて捌き、その後も追撃をこらえきって2着。

宮島九スポ杯争奪2代目ヘビー級王決定戦優勝戦

 初代ヘビー級王中村有裕55.1kgがシリーズ直前に追加斡旋され、ヘビー級ドリームの6人を抑えてシリーズの中心になり、優勝戦も1号艇になった2代目ヘビー級王決定戦。

 内枠3人が全員84期になった優勝戦は枠なり3vs3の進入から中村有裕(滋賀84期4012)がゆうゆう06トップスタートを決めるも2号艇松本博昭54.2kgに差されるきゅうきゅうの展開になりますが、1MつけまいからBS内に切り返した3号艇前野竜一58.7kgが2M先頭で回ろうとする松本博昭(広島84期4000)に突進を敢行し、前野竜一(山口84期4015)によるヘビー級の突進がヒットして松本は消波装置ぎりぎりまで飛ばされてしまい最後方に後退。
 そしてこの展開を突いて中村有裕がゆうゆう差しきり、カットプレーの前野を2着に従えた初代ヘビー級王は宮島2節連続2回目・通算31回目の優勝で王座防衛を果たし、今大会から登場したチャンピオンベルトを獲得。
2代目ヘビー級王決定戦


鳴門G3女子リーグ戦第4戦渦の女王決定戦競走優勝戦

 誰が優勝してもデビュー初Vになる夢の初優勝決定戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田紫乃が16の5番手スタートながら伸び返しての1M先制で押し切り、長崎79期3871池田紫乃は優勝戦26度目のチャレンジで悲願のデビュー初優勝
 3号艇守屋美穂はスタート27と大きく遅れたもののBS差し伸び、捲り戦で先行する6号艇遠藤エミを捕らえ切って2M先行して2着。
2011/07/13 G圭子リーグ第4戦 第27回渦の女王決定戦競走 選手紹介

尼崎生観戦のSG笹川賞は池田浩二が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ファン投票による総選挙で選ばれた選手陣がAmagasaKiBoatで覇を競うオールスターボートレース、日本モーターボート競走会会長杯争奪SG笹川賞特設サイト)が本日最終日。

 雨足が強くなってきた中で迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が3号艇太田和美のつけまいを受け止めきって先頭に立ち、今年4回目・尼崎2回目・SGV5となる記念V11で通算35回目の優勝を飾り、優出1号艇2着だった昨年のリベンジ成功で笹川賞初V。
 後続は和美と差した4号艇濱野谷憲吾の2番手争いになりますが、2M内先行した濱野谷を行かせて捌いた和美が2着で濱野谷が3着。
千葉ちゃんによる優勝者インタビューアッキーナ出演の表彰式1アッキーナ出演の表彰式2

 さて、今節は2日目に3人の女子選手がSG水神祭を挙げましたが、最終日は2010年次最優秀新人選手の100期4450平高奈菜1RでSG水神祭。
 レースは1236/45の5コースから差して2番手の平高菜々が、先差しで先頭を走る2号艇海野ゆかりを3周1Mで差し捕らえて逆転するという内容でした。

 2日目の女子選手水神祭動画で公開した東京スポーツは平高菜々の水神祭動画も公開してます。


蒲郡BOATBoyCUP優勝戦

 大雨と東追い風7mの強風が吹く中開催された優勝戦は125/634の進入から3号艇西村勝が捲りに行くも風に流されてしまい、その間に逃走態勢を築き上げた1号艇三嶌誠司が先頭に立ち、元日本郵便刈谷支店職員で三河国と縁が深い三嶌誠司は今年2回目・通算48回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇濱村芳宏が2番手、西村勝が3番手でしたが、2Mで濱村のターンが流れたところをまちゃるターンで差しきった西村勝が逆転2着。

 ちなみに今日は職場の競艇仲間三国さん(仮名)と笹川賞の後居酒屋に行ってからボートピア梅田に寄り、三国さんは丸亀日刊スポーツカップ4日目10R終了までBP梅田にいて、三国さんより遅い21時ののぞみだった自分は蒲郡優勝戦の周回展示終了までBP梅田にいました。

江戸川2日目

 現行モーター使い納めとなる男女混合のノンタイトル東日本大震災被災地支援競走。

 2節前のGW開催では山本英志が優出2着、前節荻野裕介が優出1号艇で優勝と、ただいま2節連続優出中の68号機。

 68号機の機歴をさかのぼると、33号機が4節連続優出1号艇になる直前開催だった2月21日の一般競走では一宮稔弘が優勝、その前に使われた1月の関東ボートレース専門紙記者クラブ杯では金子貴志が優勝と、2節連続優勝の実績もあります。

 そんな68号機の最終使用者になったのは地元A1の齊藤仁(福岡在住東京支部)。
 初日連勝だった齊藤仁は本日第9R6号艇1回乗りでしたが、22トップスタートを決めた齊藤仁はそのまま大捲りを決めて無傷の3連勝とし、金メダルに向けて突き進んでます。

南明奈が続投する来年のBOAT RACE CMはアッキーニャ(ΦωΦ=)

ブログネタ
競艇 に参加中!
 アッキーナこと南明奈が記者役で主演する「Battle of 6 BOAT RACE」のCMは現在賞金王決定戦バージョンで、CMの最後は以下の内容。

千原Jr.「来年も、びっしびし行くぞ。」
アッキーナ「はい!」


 そして来年どうなるかというと、以下の通りになりました。

 千原Jr.は降板、残ったアッキーナに来年課せられた任務はネココスプレ

 ということでネココスプレでびっしびしBOAT RACEの宣伝をする事になったアッキーナ改めアッキーニャの全貌は、6色のコスプレがカラフルなアッキーニャWebでクリスマスイヴの24日から本格公開だそうです。
 ちなみに千原Jr.に代わる共演者は北条隆博で、他のバージョンでは魚谷香織が出演するそうです。

 ニャオ、アッキーニャCMは10月20日頃に2連単フェスタG3企業杯サッポロビールカップ開催直前のBR桐生で2日間、スタジオ2日間の計4日間撮影されたそうで、撮影当時のブログには以下の事が書かれてました。

今回のCM、自分でも出来上がりがスゴイ楽しみ
みなさんも楽しみにしててください


 との事で、どんなのになるか楽しみですね。
 ちなみに時事通信によるメイキング動画が公開されてます。
2010賞金王poster1280アッキーニャ

 ところで、CMが撮影された桐生といえば(=ΦωΦ)アッキーニャンこと秋山直之の地元ですね。
 2011年は(=ΦωΦ)秋山ニャオ之と永井聖美にゃんの男女83期ねこコンビからも目が離せないです。
先月江戸川に来た時のアッキーニャン昨年8月桐生でのアッキーニャン
愛知83期3993永井聖美にゃんとトコタンを応援してニャン


江戸川報知新聞社杯4日目

 冬といえばワンカップ大関などの日本酒がおいしい季節ですが、最高気温14℃最低気温11℃だった今日の江戸川。
 日本酒を飲むと体が火照って来ますが、第2Rでは複数艇の熱いスタートがあり、1号艇貫地谷直人が+08のスリットオーバーでフライングに散ってしまいました。
 第2Rはつけ回った2号艇多羅尾達之も際どいスタートでしたが、こちらは00でセーフ。
 ちなみに第2Rの1着は04スタートから差した4号艇山口修路で、Fの貫地谷とサシに持ち込んでの1着でした。


 4日目を終えて、得点率上位は以下の通り。

9.57黒崎竜也 9.29吉田宗弘 8.43竹上真司 8.17山本英志 7.43吉田隆義 7.33桑原将光 7.00高橋英之山来和人 6.67伊藤啓三島田一生 6.57山口修路

 尚、初日江戸川選抜メンバーだった岡祐臣が今日の2走を終えて私傷病の為帰郷しました。

大村現地観戦のグラチャンはグラチャン王子の江戸川浩司がV3

ブログネタ
競艇 に参加中!
 競艇発祥の地BOATRACE大村で1955年モーターボート記念以来のビッグレース開催になったSGグランドチャンピオン決定戦
 長崎は今日も雨だった梅雨空で雨が降ったりやんだりな天気でしたが、雨がもたらす湿気がナツ、キマリな蒸し暑さを増幅させた気候でした。

 さて、桑野信義による生ファンファーレが流れた優勝戦は126/345の進入から1号艇・グラチャン過去V2の実績を誇るグラチャン王子湯川浩司が02トップタイスタートで押し切り、今年3回目・大村3回目・SGV4と江戸川G1V3を含む記念V9・通算27回目の優勝
 2番差しの6号艇平田忠則が、差し順走で先行する2号艇吉川元浩が艇を外へ持ち出した隙を突いて吉川に並び、2Mを先行したヒラチュウは一気に吉川を突き離し、江戸川浩司にも舳先届きかけた好旋回で2着。

 節間全レースの実況を担当した大場ナツキアナが司会の表彰式には南明奈が登場し、前列を埋め尽くしたアッキーナファンがいなくなった後は前付け成功で好位置をとれた表彰式の最後には息子の昴君も登場しました。
生ファンファーレ演奏の大役を担ったくわまんグラチャン王子江戸川浩司のウイニングランアッキーナとグラチャン王子江戸川浩司ナツキとグラチャン王子江戸川大賞でベンツをもらった江戸川浩司の息子はスバルくん


常滑G3新鋭リーグ第9戦若獅子杯優勝戦

 14/2/365の進入から1号艇金子拓矢が先行するも流れ、2号艇小坂尚哉と3号艇坂元浩仁(愛知)の捲り差し、6号艇今井貴士が4号艇平本真之(愛知)を叩いての差しで金拓を差し切り先頭は3艇接戦。
 そして2M、最内の今井がすんなり先行したのに対してコサカーナと坂元は両者握り合う形になって流れて行き、メンバー中実績一番の今井は今年4回目・常滑初・通算11回目の優勝
 2Mでコサカーナと坂元がやりあう隙を突いた金拓が2艇と5号艇柳生泰二を行かせての差しで一気に浮上し逆転2着。

 尚、丸亀SGオーシャンカップ予備1位だった稲田浩二は5日目11R準優勝戦の1号艇で+03のフライングを切ってしまいましたが既にお盆までの斡旋が入っていたため、グラチャン王子の大阪支部江戸川浩司優勝による繰り上がりで大阪在住兵庫支部稲田浩二のSG初出場が決まりました。

桐生東京スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から12トップスタートの6号艇白井友晴が捲りに行きますが3号艇吉田俊彦が抵抗の先捲り。ですが1号艇進藤侑(群馬)は吉田の捲りを寄せ付けずに押し切り、2M切り返しておっつけてきた吉田を包み切って桐生初・通算2回目の優勝。2着は吉田、3着は白井。

【千原Jr】来年の競艇CMはBattle of 6/BOAT RACE【アッキーナ】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 競艇振興会のCMに千原ジュニアと南明奈を起用、CMソングには2008年に再結成したDo As Infinityの新曲「Everything will be all right」を使用することが今日東京国際フォーラムで発表されました。 

 ということで2008年児島SG総理大臣杯の表彰式プレゼンター南明奈が2010ボートレースCMの顔に。
 ちなみにアッキーナは神奈川県出身で、2001年の夏休みに原宿で母親と買い物をしているところをオスカープロモーションにスカウトされたのがきっかけで芸能界入り。
 その後、雑誌「Hana★chu→」のモデルとしてデビュー、CX「めざましテレビ」の早耳トレンドNo.1で人気者になり、その後オスカーから独立して2007年にフリースタイルカンパニーへ移籍しますが人気は変わらず現在に至ります。

 CMは浜名湖競艇場で10月に撮影され、選手からは岡崎恭裕篠崎元志の全国スターコンビに加え、佐々木裕美鎌倉涼が出演。
 そして、「JLC NEWS」でOAされたCM発表会(アッキーナ写真付きの日刊スポーツ記事2人の写真付きのオリコン記事)にはボートレーサー代表として岡崎恭裕が出席しました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ