ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

別府昌樹

オーシャンC準優&西村勝Fで全日本選手権オジャン(⊃ε<)゚:・。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 桐生SGオーシャンカップはフレッシュな顔ぶれが集まった準優勝戦の攻防。1つ目の準優9Rは1号艇別府昌樹がイン10トップスタートからつばめの速攻で押し切り1着、3コースつけ回った3号艇渡邉英児が2Mも果敢な全速戦で2着。艇王植木通彦引退開催鳴門ヤクルト杯競走優勝してスワローキングになった別府が乳酸菌パワーの勢いで一気にSG初優出キタ別府昌樹政権樹立ですね。ちなみに別府を通るのはソニックで、つばめは鹿児島本線側を通ります。

 1号艇丸岡正典、2号艇井口佳典、3号艇田村隆信と85期銀河系軍団が星空の桐生で内枠を固めた準優10Rスタート展示は4156/23だったものの本番では85期トリオが枠を主張し、オールスローの枠なり態勢。ここから先ず6号艇高橋勲が回り直し、次いで5号艇上瀧和則が回り直したので結局展示と全然違う1234/65。
 この進入から勢いよくスリット飛び出した1号艇のマルちゃんが先頭ぶっちぎりましたが、スタート判定の結果無念の+01。勝てば優勝戦1号艇だった予選1位のマルちゃん、写真判定で敗れた2005年の当地G1赤城雷神杯の借りをSG初Vで返したかったところですが、その夢は銀河系の星屑に消えてしまいました。そしてF返還(返還2億9172万3700円残売上1億5539万2400円)が響いて売上の方も26億9260万5200円(節間102億950万7700円)と低迷し目標の170億円は絶望、それどころか150億円割れも現実味を帯びてきました。
 繰り上がりの1着は2コース小回り順走の井口で、捲り差しの4号艇江口晃生が2着と口を揃えたワンツー。地元SG優出に成功したシエロは母校前橋商業甲子園出場に続きました。

 前レース大返還の反動で6億2490万500円と好調な売上だった3つ目の準優11Rは2号艇山本隆幸(兵庫)の2コース捲りが決まりかけるも、イン小回りで残した1号艇魚谷智之(兵庫)がBS伸び返して2Mを先制し1着、王者松井繁の愛弟子である山本は2着でSG初優出です。

 尚、「報知新聞社」感謝レースの最終12Rはポールポシジョンの1号艇齊藤仁がSG5日目最終レース1号艇の重圧に負ける事なくイン17トップスタートの堂々たる速攻劇で押し切り1着。次は蒲郡SGモーターボート記念6日目最終レースで1着になって平和島SG全日本選手権当確に出場して貰いましょう。


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レースでもある優勝戦の枠番です。

1:魚谷智之 2:別府昌樹 3:井口佳典 4:山本隆幸 5:渡邉英児 6:江口晃生

 白魚がG1徳山クラウン争奪戦に続いてぴちぴち跳ねるのか、それとも#ロが赤鬼になるのか、はたまた鳴門で艇王学を学んだ別府が一気に本格化するのか楽しみですね。
 さて、自分も参加してるK-BATTLE行くぜ!ドラちゃん!夏夜の花火を打ち上げろ!も最終日です。自分は優勝戦及び1号艇高橋勲全日本選手権勝負駆けスペシャルの4Rの予想をコメント欄に書く予定です。

【(TεT)ノシ江戸川東京スポーツ杯3日目

 各レーサーによりまして一進一退の攻防が相次いでいます江戸川競艇東京スポーツ杯レースは今日は開催3日目の水面です。満を持していました6選手がピットアウトしてきました第1Rを迎えています。1号艇永田秀二と4号艇萩原知哉の100期コンビが外に出た為に進入は235/614。そんなわけで4カドが手に入った6号艇は99期小林泰が助走距離を目一杯とってのダッシュから一気に捲りきって通算3本目の1着です。

 第2R(5着)を走り終えた後お家の一大事で2号艇前沢丈史が急遽帰郷した為5艇立てになった第9Rが始まりました。5号艇長野壮志郎が4カド捲り差しで1着になりましたが、激しい攻防が相次ぎました2着争いに競り負け5着に敗れた3号艇村上純はレース後私傷病で帰郷しました。

 11Rが始まりました。全日本選手権勝負駆け中の2号艇平尾崇典が差しで1着になったこのレース、1号艇尾崎鉄也はカド捲りの4号艇益田啓司との2番手争いになり、2周1M益田に差された尾崎は2周2M切り返しから益田の内を突こうとしますがターンマークに激突(動画)です。避けきれなかった益田と接触した尾崎(不良航法)はスピードが乗らなくなってしまいましたが何とか完走、しかしレース後負傷帰郷致しました。

 さて、本題。本日は第3Rで3コース差しから2番手航走だった艇王の愛弟子桂林寛が+01のFで返還金314万9800円。ちなみに桂林は前走地鳴門ヤクルト杯競走で師匠と同じ斡旋。そこで「選手としては20年で一区切り、今節で辞めるよ。」といきなり明かされたとのことです。桂林は最終日の6R1号艇でシリーズ初の1着を獲ったのですが、その内容は4コースから仕掛けてきた師匠を飛ばしてのイン戦で、まさにはなむけの師弟対決でした。
 その桂林が4号艇で登場した第8Rが始まりました。人気の中心は今シリーズの主役、3号艇西村勝で事実豪快な3コース捲りで先頭独走ぶっちぎりとなったのですが、ピンポンパンポン。「お知らせいたします、フライングが3選手。3番、5番、6番。3番、5番、6番の3選手がフライングによる返還欠場となりました(動画)。」この3艇Fによる返還金額は793万9000円。残売上は172300円でした。
 なんとなんとさいたまのスーパースターまちゃるたん(+06)が5号艇齋藤築夫(+01)、6号艇小黒竜吾(+07)と共にフライングに散って主役の座は過去形「今シリーズの主役…だった西村でしょう。8Rでのフライング、脇役にまわってしまいました(動画」に。
 更に悲惨な事に、既に全日本選手権当確だったまちゃるたんはこのFで全日本選手権がお休みになってしまいました。これにより現時点で関東の全日本選手権当確選手は秋山直之飯島昌弘の2名のみ。勲は4Rで勝てば出場濃厚になってきます。後半11R特別選抜A戦が6号艇なので前半で決めて貰いましょう。
 尚、このレースで1着になったのは1号艇の99期茅原悠紀。5月以降の勝率がなんと6.12という99期の出世頭はデビュー初のイン戦を、まちゃるたんに捲られての2番手追走繰り上がりながら見事白星で飾りました。

艇王引退開催の覇者別府昌樹が艇王来場の桐生で快進撃!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 桐生SGオーシャンカップ3日目の本日、艇王植木通彦元選手の引退セレモニーが行われました桐生競艇場。75針の大けがを負い、そこからの復活劇をきっかけに不死鳥として羽ばたいた縁の深い競艇場なだけに本人にも、現地にいたゲストの皆様にとりましても殊更感慨深かった事でしょう。セレモニーの様子は競艇BBでも見る事が出来ます。

 さて、艇王の引退開催として一躍有名になった鳴門ヤクルト杯競走優勝を飾ったのはオーシャンCに出場中の別府昌樹
 初日ドリーム戦で艇王を負かした勢いそのままに優勝を飾り、ヤクルト杯優勝の勢いをそのまま桐生に持ち込んだ別府は2日目連勝の快進撃。本日は12R2号艇1回乗りでした。
 134/256の進入となったレース本番は4号艇西島義則が捲った展開を突いて2号艇別府が捲り差し。更に大外から差し伸びた6号艇白井英治が2Mを先取りも、白井を差して捌いた別府が1回乗りを1着でクリアー。これで得点率は9.00の単独トップになりました。鳴門で艇王学を学び一皮むけた別府がミルミル本格化の勢いですね。予選最終日の明日は11R5号艇1回乗りです。

 尚、艇王と登録番号10番違いの60期3295濱村芳宏が無念の負傷帰郷。2Rで4カド捲りを狙った4号艇濱村芳宏に対し2コースの2号艇星野政彦が激しく抵抗して、飛ばされた濱村は転覆(動画)。この転覆で無念の負傷帰郷となってしまいました。ちなみに1着は2艇やり合う展開にただ乗りして5コースから捲り差した5号艇平田忠則です。

 さて、自分も参加しているK-BATTLE行くぜ!ドラちゃん!夏夜の花火を打ち上げろ!も明日は予選最終日の4日目です。ルール詳細はこちらです。

【多彩な進入が相次いでおります江戸川東京スポーツ杯初日

 暫くの間お休みを頂いておりました江戸川競艇は今日から東京スポーツ杯レースです。満を持していました6選手、ピットアウトしてきました。第1Rを迎えております。100期新人の2号艇永田秀二が大外に出て134/562、スタートしました。3コース進入になった4号艇増田進(東京70期)が10トップスタートからスルスルッと伸びて捲りを決め1着です。

 地元レーサーの捲り戦で幕を開けました火ぶたを切りました今シリーズの江戸川戦。第2陣が登場してきました第2Rを迎えています。100期新人の1号艇萩原知哉が大外に出て234/561。ここはインの利を取りに行きました2号艇広瀬聖仁がインの利を生かしきって1着です。

 激しい競り合いが始まりました初日の競走水面上、ファンファーレが鳴り渡りました第3Rの開始です。99期新人の2号艇小林泰が大外に出て134/562。ここはチルトを+1.5度に跳ねた6号艇澤大介が07トップスタートから思い切りのいい絞り捲りで1着です。今シリーズ選手代表の1号艇土屋昭はイン小回りで2着に残しました。

 第7Rが始まりました。5号艇の永田秀二が大外に出て、1号艇は外から行こう澤大介も5コース進入。今シリーズ無事故完走で平和島SG全日本選手権当確の6号艇西村勝はラッキーな4カド進入となって234/615。
 しかし勝ったのはまちゃるたんではなく、ダッシュ戦のスペシャリスト澤大介が前半同様に5コースからの絞り捲りを決め、初日連勝となる1着ゴール。5月の東京中日スポーツ杯に続く江戸川参戦で、地元並みの参戦頻度を誇る三重の澤大介。前回果たせなかった優出、そしてデビュー初優勝を叶えることができるでしょうか。
 澤に捲られインの利を生かせなかった黒枠の2号艇小黒竜吾(千葉在住埼玉支部)が2番手で、絞られるも立て直したまちゃるたんは捲り差し届かずの3番手。ですが、2M鋭い差しで小黒を差したまちゃるたんがSGウィナーの底力で逆転2着です。
 尚、小黒は4号艇高塚清一との3着争いを展開中でした3周1Mで転覆です(動画)。高塚が煽りを食った間に内を小さく回った3号艇森下勇が漁夫の利で3着です。

 オール九州男戦、しかも6人の在住県はバラバラな第九Rが始まりました。スタート展示は4号艇の初代名人高山秀則(宮崎)が2コースに入りましたが、本番は枠なり3vs3。 高山名人はカドから絞っての捲り差しで先頭を狙いますが、高山名人が絞った展開を突いて差した6号艇ミセリもとい井芹大志(熊本)に2Mを先制され2着止まり、オール九州戦1着の栄誉は熊本県民の井芹に輝きました。
 以下5号艇益田啓司(大分)、3号艇富永恭史(長崎)、1号艇栩本佑介(福岡)と入り、最下位は1Mもたついた2号艇、佐賀県民の熊本英一でした。

 江戸川選抜戦は1号艇西村勝がインからマチャルターンの方程式を確立させ1着。2コース順走の2号艇大澤普司と3コースからのつけまい届かなかった3号艇平尾崇典で2番手接戦も、外から艇を伸ばした平目が2Mを先に回り、2周1Mは大澤を行かせて差して2番手争いを制しました。平和島SG全日本選手権出場に向けて着を崩せない平目は1つでも上の着順が必要なのです。

キリンラガーC2005覇者前本が同2着飯山を返り討ちにして6連続V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6場所連続優勝を狙う前本泰和が下馬評に応えて優出したびわこ一般競走優勝戦。でも前本は2号艇で1号艇は飯山泰。2005年の当地G3企業杯キリンラガーカップは1号艇の前本が優勝、3号艇の飯山が2着でしたが今回は飯山がポールポシジョンになって2年前の雪辱を狙います。
 さて本番、インの飯山は逃げ込み狙うも2コースから鋭く差し込んできた前本が舳先を入れきって2Mを先に回り、2年前の雪辱狙った飯山を泰然自若に返り討ち。今年8回目、通算41回目の優勝は史上4人目の6場所連続優勝です。ひまひまデータさんによると過去の3人は初代艇王彦坂郁雄とモンスター野中和夫選手会長の両巨頭、それに昨年3月で引退した福岡の小林一生元選手。最後の達成者である小林一生が達成したのは1977年12月から1978年2月にかけてであり、前本の記録は実に約29年5ヶ月ぶりの偉業であります。前本は24日からの多摩川ダブル優勝tvkカップで7場所連続優勝にチャレンジです。
 後続ですが、4カド2番差し3番手追走から2周2Mがむしゃらにインサイドを突いた中村裕将が飯山に急接近。そして3周2Mがむしゃらに内を突いたゆうしょうと外を回した飯山の争いはキンコン!キンコン!キンコン!とゴール判定に持ち込まれ、びわこのゆうが大逆転を果たしました。
この写真は4場所目のオロナミンCカップ


江戸川アサヒビールカップ優勝戦

 6日間(+中止順延2日間)の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。優勝賞金150万円とアサヒビールカップを懸けた大一番は北東向かい風4m波高5cmの競走水面、各メンバーが必勝を期してレースコースに進入です。スタートしました。向かい風大好きな1号艇向達哉が03のトップスタートでするするっと伸びてイン速攻を決め通算13回目、今年2回目の優勝です。
 150万円とアサヒビールカップを獲得した向達哉の次回斡旋は20日からびわこG3企業杯キリンラガーカップ。GWの滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップで優出2着を果たした好相性の水面でビールカップ連続優勝を狙います。
 準優勝争いは順走の2号艇伊藤将吉が2番手、2番差しの5号艇畑和宏が3番手で、長期に渡りまして連続A1をキープする凄腕(動画)の4号艇小野信樹はアグレッシブなカド捲り届かず4番手。しかし2周1Mインサイドをくるりと運んだ小野信樹が一気に前2艇に追いつき、2周2M内を突いてきた畑を捌く凄腕の逆転技で準優勝ゴール。5月の戸田内外タイムス杯で1号艇湯川浩司を得意の斧爆弾捲りで粉砕した凄腕をここの2着争いでも魅せた小野信樹の次回斡旋は、20日から向達哉と共にびわこキリンラガーカップです。
 3周1M畑に差された伊藤はちょっと疲れてしまったか4番手に後退です。4着に終わった悔しさは5着の3号艇村越篤、6着の6号艇落合敬一共々次回斡旋びわこキリンラガーカップで晴らしましょう。ということで優出メンバー中では3着の畑のみが近江琵琶湖のキリンラガーカップに出ません。畑の次回斡旋は20日から遠江浜名湖の公営レーシングプレスアタックです。

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 スリットを彩る3コース03トップスタートから捲り差した2号艇別府昌樹と4カドから同じく捲り差しの3号艇山崎昭生でトップを争いますが、2M山崎をバズーカ砲の威力で差した別府がトップに立って、ヤクルト杯は広島からきた別府が通算22回目の優勝。ちなみに鳴門を彩った別府昌樹の奥様は喜久子夫人です。

 尚、ツバメ杯の今節未勝利で優出ならなかったカワセミの艇王植木通彦は通算4500走目となった1号艇の10Rうずしお選抜でイン戦決めて最後の最後でシリーズ初にして通算1562回目となる1着を飾りました。

津倉田栄一杯争奪「安濃津賞」優勝戦

 競艇の神様倉田栄一元選手を記念した安濃津賞は3号艇井川正人が捲り差しで突き抜け、2005年2月の下関豊関地区合併記念JLCチャレンジ以来となる通算26回目の優勝。井川正人にとってあの夏の安濃津賞として想い出になっていくのではないでしょうか。
 大外差しの6号艇田中博が2着に入り、2艇に差された1号艇今村豊は3着に敗れたので2連単11200円の波乱。

浜名湖海の日スペシャル!オーシャンアタック優勝戦

 1号艇倉谷和信が12トップスタートからのイン速攻で押し切り、今節をクラさんスペシャルオーシャンカップへアタック(動画)に染め上げ通算32回目の優勝。2コース順走の2号艇福田雅一が2Mでやや膨れるも2周1M捌いて立て直し2着。

江戸川4日目はアワカツが5コースになったり選手代表が帰ったり

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは第8回日本写真判定社長杯(優勝賞金100万円)。6日間のロングランシリーズの開催4日目を迎えました。トップレース第1Rが始まりました。4号艇三瀬譲の捲りに抵抗した1号艇森久保亨(今シリーズ選手代表)はバタついてしまい選手責任転覆(動画)。昨日の第1Rに続いて転覆失格になってしまいました。
 ブイ際小回りが功を奏して難を逃れた3号艇古里良一1着となった第1Rを終え、森久保のボディアタックで張られた三瀬は1回乗りのこのレースを終えてふるさと長崎へ帰郷、そして森久保自身も後半第8R(4着)を走った後ふるさと東京へ帰郷しました。これにより選手代表は秋山基裕に変更となっています。

 各レーサーにより一進一退の攻防が相次いでいます競走水面です。第7R5号艇の阿波勝哉に対し6号艇古里「良一」59歳が枠を主張し進入は枠なり。5コース進入となったアワカツは差し戦からBS伸びて2着でした。
 ちなみに後半第11R2号艇のアワカツ(79期3857)はマイポシジョンの大外進入。豪快なアウト速攻で1度は捲りきりますがターンが膨らみ、2コースから差した3号艇山本寛久(79期3874)に内から伸びられ前半と同じ2着でした。


 予選最終日を前に4日目までの得点率上位6名は以下のようになっています。

今坂勝広9.33 山本寛久9.00 野添貴裕8.67 アワカツ&山本隆幸8.43 松本博昭7.83

 併用発売中の津G1つつじ賞王座決定戦に出場中である弟今坂晃広は得点率2.83で予選落ちに終わってしまいましたが、ガッツ今坂はG1江戸川大賞優勝の実績を持つ江戸川で得点率1位を快走中です。

戸田関東競艇専門紙記者クラブ杯優勝戦

 146/235の進入から1号艇飯島誠が6号艇林貢の捲りを飛ばしきる堂々たるイン戦で通算3度目にして地元初優勝。埼玉支部の飯島は誠にいい選手ですね。後続は3号艇吉本正昭が差し戦で2番手も、捲り差し不発で4番手だった2号艇飯山晃三が2周1Mの差しで一気に2艇を抜いて以降も吉本の反撃を抑えきって逆転2着。

 戸田の次節はいよいよSGグランドチャンピオン決定戦白亜右月デザインのグラチャンビーナスから祝福を受けるのは一体どの選手か?埼玉支部の飯島が2節連続優勝なるか?といった辺りが私的な見所かと。

浜名湖中日スポーツシルバーカップ優勝戦

 5カドから捲り差しの4号艇森永淳が2コース早差しの岩崎正哉を差しきって通算8度目の優勝。1号艇の広島爆走族亀本勇樹はイン戦も2艇に差されて3着でした。

蒲郡トトまるナイト特別優勝戦

 枠なり3vs3の一戦は1号艇重野哲之が09トップスタートから他艇をシャットアウトの逃走劇で今年5回目、通算15回目の優勝
 後続は3コースから捲り差した3号艇西川新太郎が2番手も、4カド差しで3番手の4号艇飯島昌弘が2M2番手浮上狙って潜り込んでのアタック敢行。しかし飯島は流れ、飯島を行かせて差した西川と2M2番差しの2号艇村越篤による2番手争いに。そしてじわじわと差を詰めた村越が2周2Mの差しで西川を遂に逆転して2着のゴルィン。

徳山一般競走優勝戦

 1号艇山本浩次がインから他艇を全く寄せ付けずにあっさりと今年3回目、通算41回目の優勝を達成しました赤ヘル軍団の総大将は徳山V4と好相性。 
 2コース順走の5号艇菊地孝平と3コースからつけまう2号艇花田和明による2番手争いは、機力優位の花田がBS伸びるも内の利で菊地が2Mを先制。しかし余裕を持って菊地を差した花田が2着争いを制しています。

福岡携帯サイトオープン記念競艇マクール杯優勝戦

 2コースからの差しを成功させた2号艇別府昌樹が通算21回目の優勝。広島から来た別府に差され地元イン戦失敗に終わり福岡初優勝ならなかった1号艇の濱田和弘我勝手隊長は2M捌ききっての2着で意地を見せました。

 尚、新モーター2節目の今節を終えて携帯マクール内福岡携帯サイトの総括でおすすめモーターに挙げられていたのは乙津康志の80号機と鈴木唯由の37号機です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ