ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

全日本選手権

福岡SG全日本選手権は丸岡正典が優勝で全日本選手権V2達成

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
59th All Japan Championship 福岡SG全日本選手権特設サイト)が最終日だった本日は強風高波浪の為三国G3女子リーグ第5戦クイーンカップ競走最終日が中止順延になり、その影響で三国と福岡の2場発売予定だった戸田場外が三国のシステムを停止させて複数場外を福岡単独場外に切り替えようとしたところ福岡のシステムも停止させてしまうトラブルが起きて場外発売全面中止になり、戸田では全日本選手権の舟券が発売されなくなってしまいました。



 そんな場外アクシデントがあった全日本選手権の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川北浩貴が12トップスタート決めるも痛恨のターン漏れをしてしまい、そこを見逃さずに差しきった2号艇丸岡正典が先頭に立ち、選手紹介では「ワースト機引いてしまいました、悲しいです。」と2連対率最下位23.1%の42号機にがっかりしてましたが実戦では機勝率と真逆の快速足になった丸岡正典にとって福岡は2008年1月釣船茶屋ざうお杯(完全V)以来となる3回目・今年4回目・SGV2で記念V3となる通算31回目の優勝で、2008年丸亀の第55回以来となる全日本選手権V2。
 惜しくもSG初Vならなかった川北浩貴が2着に入り、今年の全日本選手権は近畿地区ワンツー。





オラレ徳山開設4周年記念瀬戸の海龍決戦優勝戦

 スロー勢がやや深い126/345の進入から1号艇重野哲之(83期3995)が19トップスタートを決めて3号艇長田頼宗の捲りをブロックして押し切り、今年2回目・徳山2回目・通算34回目の優勝5日目7R一般戦5号艇2着以外全て1着の準完全V。
 後続は差し順走の2号艇寺田祥(山口)と捲り差した4号艇坂口周(83期3984)で接戦になり、2M内から先行した寺田♂を差しきった坂口周が2着に入り83期ワンツー完成。

児島日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉が押し切り、昨年8月の蒲郡日刊スポーツ杯争奪納涼しぶきお盆特別選抜戦以来となる通算54回目の優勝
 2着は1M遅れ差しからBS伸びて2Mを先行した6号艇渡辺浩司

エディウィン鳴門開設1周年記念競走優勝戦

 外向発売所エディウィン鳴門開設記念は1236/45の進入から全艇0台の好スタートを決めますが、03スタートの1号艇佐々木和伸(徳島)が3号艇市川哲也のつけまいを受け止めて押し切り、今年3回目・鳴門5回目・通算13回目の優勝
 後続は市川哲也が5号艇谷津幸宏の差しを2M行かせて捌き2着。

桐生SG全日本選手権準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 地上波中継有り、しかもグリーンチャンネル中継と重なる日曜日ということで誰が実況するのか気になってた桐生SG全日本選手権の準優勝戦は九州を拠点にするスポーツアナウンサーで下関・大村の実況も担当する南鉄平アナが実況を担当。

 準優1つ目の9Rが枠なり3vs3の進入から2号艇松井繁が差しを決めて1着。
 1号艇瓜生正義は3号艇中島孝平の捲りを張った分王者に差されて2番手になり、2Mで4号艇濱野谷憲吾を行かせて捌き、2周1M外全速と2周2Mの差しで追い詰めてきた中島を3周1M行かせて捌き2着優出。
インタビューを終えた王者

 準優2つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇寺田祥に対し4号艇今坂勝広の差しが入り、ガッツで舳先ねじ込む今坂が2Mを先行しますが、ここで差し返した寺田♂が1着。ガッツ今坂が2着。
インタビューを終えた寺田♂

 最後の準優11Rは1253/46の進入から1号艇魚谷智之が押し切り1着。
 スタート展示では5号艇江口晃生(今節選手代表)が2コースに入りましたが本番では2号艇森高一真が枠を主張し、その森高が差し順走で2着に入り、森高姓と非常に縁が深い江口姓の選手を直接対決で負かした森高一真がSG初優出。
インタビューを終えた青きシャツのうおちゃん

 優勝戦の枠番です。今年のSGは4000番台と2000番台が優勝してますが、今回は4000番台から森高のみが優出しました。ということで枠は遠いですが本命です。

1:魚谷智之 2:寺田祥 3:松井繁 4:瓜生正義 5:森高一真 6:今坂勝広

森高といえば渡良瀬橋

 ここで私事。今日の自分はまず江戸川で前売を買ってから特急水上(12月から臨時に格下げ)で群馬県に行き、前橋駅前の鉄分豊富な温泉ゆ〜ゆで16時頃まで入浴してから、桐生駅前のホテルパークイン桐生に入ってる「ふる川 暮六つ」(17時開店)で超幅広うどんのひもかわを食べてから桐生駅17時59分発の電車に乗り、準優9R発売中の桐生ボートへ。場内では先週中山競馬場で見た小森純のトークショーもやってました。
 そしてベイ吉松永良一アナも家族で観戦して来てて、場内でばったりお会いしましたとお伝えしておきます。

 帰りは準優11R終了後東武阿左美駅(ホーム内に縄文式文化住居跡あり)まで歩き、東武電車で帰ってきました。
 今まで桐生は車でしか行った事がありませんでしたが、電車だと帰りの時間が慌ただしい替わりに酒を飲めたり、車内で寝られるので体力消耗が少ないメリットがありますね。
桐生ご当地料理ひもかわうどん2週間連続で見た小森純トークショー


江戸川ボートピア習志野開設4周年記念4日目
 

 第1Rの展示を見て前売を買った予選最終日の4日目は昨日まで準完全ペースでトップ独走だった金子龍介が4着2本と崩れ、予選3位タイだった下條雄太郎がまさかの6着2本の大崩れで優出漏れを喫し、明日の優勝戦メンバーは以下の顔ぶれに。

1:鎌田義 2:金子龍介 3:濱崎直矢 4:占部彰二 5:川合理司 6:天野友和

 今日江戸川本場行ってきて見つけたのが東京支部ヘルメットコレクションで、芦澤望乙津康志山田竜一鈴木茂正田中豪福島勇樹のヘルメットが展示されてます。
東京支部選手ヘルメット展示中

劇的尼的準優勝戦のSG全日本選手権

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「府中の2400mよりもセンタープールの1800m。水のターフにダービーの興奮が渦巻きます。(動画
 スタンド屋上からセンプルくんが戦況を見守る阪神尼崎センタープールの劇的尼的頂上決戦SG全日本選手権は体育の日に準優勝戦。
屋上からセンプルが見守るセンタープール劇的尼的頂上決戦。

 1つ目の10Rは地元兵庫支部エースの2号艇吉川元浩が、なんと1号艇今垣光太郎からインを奪って213/456の進入に。
 そして4号艇守田俊介が08トップスタートから絞りに行くも、09スタートの吉川が艇を伸ばし1Mを先行。ターンしっかり掛かった吉川はそのまま押し切って独走に持ち込み1着と前付け大成功。

 優出を懸けた2着争いは捲り差しで先行する守田が2番手、小回りの3号艇赤岩善生が3番手でしたが、機力に勝る赤岩が2M押っつけて先行。
 ここは守田が行かせて捌き2番手死守しますが、赤岩は2周1M外全速から2周2M内に切り返して再び守田に押っつけ敢行。
 ここは守田がなんとか全速包んでかわすもののやや流れ、HSではほとんど同体になって3周1Mは赤岩が先行。
 しかし、守田は俊敏な差しで窮地を捌ききり、SG戦線では機力不足で苦しむ事が多かった守田が2004年若松SGオーシャンカップ以来となるSG優出。
気迫の前付けインを成功させた地元エース吉川元浩

 2つ目の11Rは125/346の進入から1号艇松井繁が王者の逃走劇で順当に1着。
 差し順走の2号艇市川哲也が2着で、2連単1-2が240円で3連単1-2-3が680円の超本命決着で多くのファンに幸せを提供。
自信たっぷりの優勝宣言が出た王者

 ここでちょっと食い物の話に変わりますが、夜は十三の珍牛で、てっちゃんを食べてきました。本当は十三ドマーニとのはしごをしたかったけど、行ってみたらドマーニは休業日。今度は営業日を狙って関西方面に行ってみたいですね。

 ところで、食い物といえば本日行われた元賞金王決定戦P-GIRL熊田曜子トークショー(撮影禁止)でも話題に出た尼崎競艇場グルメの王者多幸焼は行列が凄くて断念。センプルコップのサッポロ生ビールだけ購入。ということで多幸焼の写真は以前食べた時の物。
センプルカップのサッポロ生ビール多幸焼100円

 準優の話題に戻って、ここだけ公開勝利者インタビューが特設ステージになった最後の12Rは、スタート展示が5号艇安田政彦が回り直しての126345だったものの、本番では1256/34になりかけるも6号艇田中信一郎が回り直して125/346の最終隊形に。
 そして2.3コースがやや凹んで1号艇白井英治は壁無しになるものの、3号艇山崎智也の攻めは白井がブロックして先行。山崎智也は2号艇松本勝也(今節選手代表)にも張られてしまい後退。
 かくして白井は1Mを先行しますが外を張った分ターンマークを外してしまい、松本と5号艇安田政彦(兵庫)の間を割った4号艇井口佳典が白井を差しきり1着。中凹みのあやに泣いた形のシリーズリーダー白井は道中の追撃及ばず2着でした。

 かくして、井口真弓嬢の夫井口佳典が今節のクライマックスシリーズ優勝戦に進出。
 「松井!吉川!かかってこい!言ってみてぇ〜!」の名言(ニコニコ動画)を残したタイガースファンの山室展弘(東京在住岡山支部)を4日目7Rに負かして勝負駆けに成功しした真弓夫が優勝戦で松井、吉川に挑戦します。
夕日がまぶしかった特設ステージの井口佳典

 ということで優勝戦の枠番。

1:松井繁 2:吉川元浩 3:井口佳典 4:白井英治 5:市川哲也 6:守田俊介

 白井文市長の尼崎市が主催するSG全日本選手権で白井英治がSG初Vを叶えW白井で壇上に上がるのか?
 はたまた、地元エース吉川が2006年福岡SG全日本選手権優勝戦(2コースから王者を捲って2着)や今年9月G1宮島チャンピオンカップ2日目モミジドリーム(2コースから王者を差して1着)の様に白い王者を負かせるのか?

 で、下の写真は11R発売中に行われたパワーボート展示会。
パワーボートNEW1P展示会


津グランプリシリーズ第5戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芹澤克彦が2号艇上之晃弘の捲りを軽くはねとばした盤石の逃げで独走に持ち込み、今年2回目・通算3回目にして蒲郡以外での初優勝
 優出メンバー中唯一のA1だった4号艇古場輝義がブイ際冷静に差して2着。

 さて、今節はボートピア京都やわたでも場外発売があって、京都に行ってた日曜日は序盤2つをBPやわたで観戦。
 その中で是非紹介したいレースは1Rで、134/526の進入から6号艇加藤峻二御大が1と4を差して3と5と2を捲る隼の捲り差しを決め1着になったレース()。
 5期メン1485の加藤御大67歳の6コース白星はひまひまデータさんによると昨年9月多摩川日刊ゲンダイ杯3日目1R以来で、自らの持つ最年長6コース1着記録を更新しました。

江戸川ラリーズカップ4日目

 第8Rでターン流れて2号艇樋口範政(1着)に差された1号艇重富伸也が+04のF、更に1周1M振り込んだ3号艇小野寺智洋が選手責任沈没を喫する事故があった4日目の競走水面。

 そして火曜の予選最終日を前に、得点率上位は以下の様になってます。

9.83萩原秀人 8.83芝田浩治 8.71村越篤 8.50宮武英司 7.67片山竜輔 7.57金子貴志 7.14眞鍋賢司 7.00豊田訓靖 6.86北山康介本橋克洋

 7月の東京中日スポーツ杯に続き、今節も中川を俊敏に航走する萩原秀人(G1江戸川ダイヤモンドカップも出場予定)の江戸川連覇がかなり有力に。
 また、地元からは103期4535北山康介19歳が得点率上位に。今節は内枠時に6コース進入、外枠時に枠なり進入と、オールダッシュ戦を貫いてます。

山室展弘さん、2007年3月総理杯以来のSG1着ゴール!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 尼崎センタープールの劇的尼的頂上決戦SG全日本選手権は台風18号の影響による中止順延を挟んで本日が2日目。
 今日の目玉はなんと言っても3号艇・東京在住岡山支部の山室展弘さんがシリーズ初1着の第2R
 レース内容は123/546の進入から山室大先生が16トップスタート決めて1号艇湯川浩司を絞りきっての捲り一撃でした。

 以下は内田和男アナによる勝利者インタビュー(ニコニコ動画)。

内田和男アナ(以下:うっちー)「第2Rは若々しい捲りで見事に1着、山室展弘選手の登場です、拍手〜!」
山室大先生(以下:山)「どうも」(と、タイガースTシャツを着た大先生が颯爽と登場)
うっちー「おつかれさまでした。お座り下さい。」
山「こんちわー。いらっしゃーい。
うっちー「ようこそお越し下さいました。」
山「ようこそお越し下さいました。
うっちー「ちょっと今噛みましたね。」
山「インタビュアーじゃないですからね。
うっちー「それでは早速レースを振り返って行きましょう。第2R予選競走です。進入は内から123/546の3vs3でした。あの、1号艇が凄い体を起こしてましたけども、ごらんなりましたか。」
山「すいません。こっち側ですから見えないですよ。そうでしょ?はい。
うっちー「凄かったですね。今日、風強いですか?」
山「たいしたことないです。
うっちー「たいしたことなかったですか。昨日ね、台風通過しても、風は昨日たいしたことなかったですからね。」
山「ぶつかりました、すいません。
うっちー「でも、うまく回ったじゃないですか。」
山「27年走ってますんで。
うっちー「ですわねー。やっぱベテランの味ですかね。」
山「もうこれで、最後でしょうね。
うっちー「いい思い出になります?」
山「いやあ、もう思い出、作ってますんで。
うっちー「そうですか。これが最後でしょうねっていうセリフ、実は私も27年間やってますけれども、山室選手から」
山「27年ですか。
うっちー「27年ですよ。」
山「一緒じゃないですか。
うっちー「4回聞きましたよ。」
山「今回がもうそろそろ潮時ですね。
うっちー「今回、本当ですか。」
山「はい、はい。
うっちー「といいながらさ、名人戦も待ってますし、」
山「いや、まだ…名人戦じゃないですよ、多分。」(実際は来年の徳山名人戦から選出対象)
うっちー「あ、そうですか。あの…ね、山室選手ががんばってもらわなければ阪神タイガースもね、今瀬戸際ですんで。」
山「昨日はね、昨日はちょっとだめでしたねー。
うっちー「今日どうですか?」
山「岩田君がんばって。
うっちー「ね、阪神もがんばります。山室展弘もくっついてがんばります。ですね。」
山「ほどほどですけど。はい。
うっちー「それでは、なぜか大勢お集まりのファンの皆様。」
山「大勢ですか、大勢ですね。かなり盛り上がってますね、今日。
うっちー「かなり大勢ですね。今日、レアなインタビューですからね。はい。皆さん、絶対今日は価値ありますよ。非常に幸運だったと思います。ね。」
山「その割にしゃべらせんじゃないですか。しゃべりすぎやないすか。
うっちー「いや、しゃべらせたらボロが出るから。」
山「あーそうですか。
うっちー「大丈夫?」
山「出ます。
うっちー「でしょ?じゃ、あの、最後に」
山「でもこれ、ビデオなんですよ。録画なんですよ。
うっちー「よくわかってますね。」
山「これ入るんですよ。」(と、ハサミを入れるポーズ)
うっちー「これ入りますかね。では、入らない程度に、もうお時間たっぷりありますんで、どうぞ一言お願いします。」
山「一言ですか?
うっちー「いや二言でも。」
山「今日は日頃気の弱い僕なんで、言えないので酒の力を借りて言います。」(と、ペットボトルの水を飲む)
うっちー「水の力を借ります。」
山「松井ー吉川ーかかってこい!言ってみてぇー!

 ちなみに山室大先生のSG1着は2007年3月平和島SG総理大臣杯4日目1R当時の勝利者インタビュー)以来でした。

 選手権主催の尼崎市といえば白井文市長ですが、本日は白井英治が連勝。
 内訳はホワイトシャークの4R1号艇が白井西京の堂々たるイン逃げ。
 6号艇の8Rは152/364の5コース進入で、カドの3号艇原田幸哉が+02のFであやが付いた展開ながら、その原口に5号艇田中信一郎が抵抗の先捲りをし、そのタナシンに1号艇井口佳典(妻は真弓嬢)が激しく抵抗した展開もあり、02スタートの白井西京は2号艇石渡鉄兵を叩いての差しで1着。
 なんだか、尼崎では強さが増しそうな気がするって事で明日以降も好成績を残しそう。

江戸川ラリーズカップ初日

ヤクルト球団40周年 V9王者巨人軍の名外野手として知られる住之江区育ちの高田繁監督率いる東京ヤクルトスワローズが、やまと競艇学校でお馴染み柳川市にある柳川商業を卒業したジョー真弓明信監督率いる阪神タイガースを迎え撃っての神宮直接対決最終戦はスワローズが3-1で勝利し、クライマックスシリーズ初進出。

 ということでスワローズ栄光の歴史に今夜新たなる1ページが書き加えられたわけですが、昨日水入りだった江戸川競艇は1日遅れて今日が初日。ちなみに無料送迎バス発着駅の平井から神宮球場最寄り駅の信濃町までは乗り換え無しで所要時間約25分210円です。

 水面上は岸本隆が初日を2走して私傷病で帰郷する出来事がありましたが、初日チョー気持ちいい連勝を飾ったのは江戸川初参戦の神奈川在住東京支部103期4535北山康介19歳。
 今節オープニングの1走目第1Rは2号艇ながら1345/62の大外進入。
 しかし、06トップスタートの北山康介はチョー気持ちいい大外捲りを決めて内艇を一気に飲み込み、江戸川初戦にして早くも江戸川初白星(動画)。
 続く第8Rは5号艇で、今度は枠なり3vs3の江戸川スタイル。そして、ブイ際差してBSするするっと伸びた北山康介は2M先行して1着と、剛の前半柔の後半を使い分けた走りで連勝(動画)。
 ちなみに北山康介は7月25日の江戸川ピット見学会に来場してエンジンの分解組立を実演してくれた選手の中のひとり。

 最後に江戸川選抜は4号艇吉川昭男の捲りに2号艇宮武英司が抵抗しての先捲り。
 しかし宮武英司の捲りは流れ、1号艇金子貴志(福井)はこらえきって逃げ込み狙いますが、そこに14トップスタートの5号艇萩原秀人(福井)が3号艇芝田浩治を叩いての差しから一気に先頭に。
 中川を俊敏に駆け抜けて初戦白星を福井ワンツーで決めた萩原は前走地四国・九州アイランドリーグ杯競走からの2節連続Vと7月の前回当地東京中日スポーツ杯からの当地連続Vがかかる今節追加斡旋です。

 ちなみに今節の追加斡旋は萩原の他に村越篤と一昨日書いた濱崎誠、斡旋消除は山本浩次石塚久也と一昨日書いた倉谷和信です。

 そして萩原にとって江戸川連覇と2節連続Vへの最大の不安は中止順延がもう1日加わる事で、村越共々15日が大村G1海の王者決定戦前検日の為、もう1日開催が延びると正規斡旋優先で14日を最後に途中帰郷する事になります。

全日本選手権に出場する「あの」選手が東京在住岡山支部に

ブログネタ
競艇 に参加中!
 劇的尼的頂上決戦SG全日本選手権が甲子園から3つ隣の尼崎センタープールで明日から始まりますが、戸田で開催された1999年の第46回で選手権V歴のある岡山支部のタイガースファン山室展弘さんが2007年3月平和島SG総理大臣杯以来のSG出場。
 その山室大先生、現住所と支部が併記されてる尼崎競艇HPのpdf出走表を見ると今節からなんと東京在住岡山支部に。前走地常滑JLC杯争奪戦競走(優出6号艇2着)では岡山在住になってますから、まさに心機一転の選手権ですね。
 あと、山室大先生が4号艇1回乗りの6Rで6号艇に乗艇するトーキョーベイパイレーツ飯山泰ですがしかし、飯山やっさんの最新プロフィール写真が紫のベイパユニフォームになってるのも見逃せないところ。

 で、山室大先生がどんな事を言うかが興味天津もとい興味津々な選手紹介の動画は特設サイトで見られるそうです。
劇的尼的頂上決戦。


戸田日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇下田哲也が04トップスタートも、15スタートの赤い3号艇・レッドウォリアー梶野学志が果敢な強つけまいで下田に強襲。
 このつけまいが見事決まり、独走カジノドライヴになったカジノは2007年6月びわこG3新鋭リーグ第9戦新鋭戦以来となる通算4回目の優勝
 ちなみに真未夫人は昨年4月平和島関東日刊紙競艇記者クラブ杯を最後に産休中でしたが、今月22日からの浜名湖(社)全日本不動産協会静岡杯アタックで復帰予定。そして、登録名も木下真未から梶野真未になります。
 一方、後続は5号艇浦田信義が差して2番手も、捲り差しから内に切り返した4号艇川原正明が2Mを先行。
 ここで浦田信は前を行く川原殿、道をあけられい!と川原を行かせて捌き、内小回りで上がってきた2号艇永井源も2周1M包んでかわし、引き離されまいと外ぶん回して追いかけてくる川原に対しても動ぜずに振り切って東京支部ワンツー完成。


浜名湖ボートピア玉川11周年記念福島民友新聞創刊114周年記念競走優勝戦

 YouTube上で動画ギャラリー玉ちゃんねる。を配信しているボートピア玉川(福島県石川郡玉川村)の開設11周年記念にして福島民友新聞の創刊114周年記念。

 頂上決戦は節間6戦全勝の1号艇秋山広一に自身初の完全Vがかかる一戦でしたが、5号艇新藤哲三(静岡)が回り込んでインを奪い、展示の152346から本番では512/346の進入隊形に。
 13スタートの秋山は18スタートの新藤を捲りに行こうとするも、秋山完全Vだけは意地でも阻止したい気合いが進入からはっきり見てとれる新藤が勝ち負け度外視で激しく抵抗で両者共倒れに。
 これで懐がら空きになって3号艇馬袋義則と4号艇中里英夫の捲り差しが入り、先に仕掛けた馬袋が中里を番手に従える形で今年3回目・通算28回目の優勝を飾り、昨年7月の福島テレビピーチアタックに引き続いて浜名湖競艇場を福島競馬場に。


宮島SOY JOYカップ優勝戦

 大豆粉にフルーツを加えて焼き上げた栄養食品大塚SOYJOYのタイトル戦を締めくくるダイズな一戦(動画)は枠なり4vs2の進入から1号艇森秋光が押し切り、4日目の一般戦8R4号艇4着以外全て1着だった秋光は秋の宮島で今年2回目・通算49回目の優勝。安芸の宮島では昨年8月九スポ杯となる連続Vでした。
 後続はつけ回った3号艇馬場貴也に4号艇古賀繁輝の差しが迫り、2Mは古賀が内の利で先行するも、京都の馬場が古賀を誠に差しきり2着。

大村G3新鋭リーグ第15戦日刊スポーツ杯優勝戦

 136/245の進入から1号艇岡崎恭裕が2号艇山田哲也の捲り差しを引き波にはめ、続いて捲り差してきた4号艇松田祐季の追撃も振り切り、来年の平和島総理杯出場権も射程圏内とする今年5回目・通算11回目の優勝は2日目12Rイケメン選抜戦4号艇2着以外全て1着の準パーフェクトV。

住之江WEB競艇TV杯優勝戦

 住之江FMアクアライブステーションの音声もばっちり聴ける無料ネット中継WebkyoteiTVのタイトル戦は1246/35の進入から1号艇奥田誠が20トップスタートの速攻で逃げ切り図るも4号艇平田忠則の捲り差しが入り、2M奥田の差し返しを振り切った平田は2003年10月G1高松宮記念特別競走以来となる住之江V2にして通算34回目の優勝

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 JR四国ワープのタイトル戦ファイナルは関東4人vs東海2人と、さながらJR東日本びゅう杯かJR東海ツアーズ杯の様相になり、特に鉄道博物館がある埼玉支部からは3人が乗艇。
 そして枠なり3vs3の進入から1号艇川尻泰輔(埼玉)が14トップスタートの速攻で押し切り、今年3月の東西王座決定!W優勝シリーズ蒲郡弥生特別(東日本)で涙の初V決めて一皮むけたカワ尻は今年も通算も3回目の優勝。捲り差した3号艇渡邉英児(静岡)が2着。

 尚、本日の6Rで1号艇深川真二(佐賀71期3623)が11トップスタートの速攻で通算1000勝を達成。1000勝の中には今年6月の佐賀新聞社杯G1唐津モーターボート大賞も含まれてます。

【丸亀に丸岡城建立】白い力もちマルちゃん、遂にSG初V達成!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来年度から始まるナイター開催の名称がブルーナイターに決定した丸亀競艇のSG全日本選手権。スペシャルゲスト和田アキ子(本名:飯塚現子)からの花束贈呈という特典があった優勝戦はG1V2もSG初優出の6号艇木村光宏(香川)が動いて16/2/345の進入に。そしてSG初優出にして記念初Vを狙う1号艇丸岡正典(豊中市出身奈良県在住)がプレッシャーに押しつぶされず14トップスタートを決め1M速攻体勢。
 ですが、4カド15スタートから伸びてきた3号艇瓜生正義(筑豊飯塚ブラックダイヤモンズ)の捲り差しがマルちゃんに届き、2Mを先行。しかしここでマルちゃん渾身の差しが入りほとんど同体。舳先を掛けて2周1M内有利に先行するマルちゃんに対しウリ坊は全速戦で応戦し食らいつき、2周2Mも同じく全速戦のウリ坊に対しマルちゃんは内で踏ん張り、3周1Mもウリ坊は全速戦で挑んで接戦変わらず。そして最後の3周2Mでウリ坊は差しに切り替え届きかけますが抜ききるまでには至らず、0.2秒差でマルちゃんが粘りきり、今年5回目・通算22回目にして悲願のSG初優勝動画)。大阪市出身のゴッド姉ちゃんから祝福を受け、水神祭も行われました。

 今年は1月の福岡釣船茶屋ざうお杯で完全Vを達成して博多ん大将丸ちゃんになったり、7月の真夏の王者決定戦では今年2度目の完全Vを達成して真夏の王者になったりと順風満帆でしたが、SG初制覇に至るまでには山あり谷ありラジバンダリ。
 2005年の桐生G1赤城雷神杯では写真判定の結果2着に敗れたり、2007年には同じく海無し桐生のSGオーシャンカップでは予選1位も準優Fで記念戦線から遠ざかったりと勝負弱い部分があり、今年も7月の海の日記念戸田埼玉新聞社杯で優出1号艇4着に敗れたり、丸岡正典なにわ賞直前インタビューも掲載された8月の住之江スポニチ創刊60周年記念なにわ賞では優出1号艇も同期連番の尼崎競艇ダービー杯王85期4043桐本康臣相手に3着敗退したりと、2度の完全Vがありながらも勝負弱い部分をみせてましたが、今日の大一番ではスタートきっちり踏み込んだりアグレッシブでエキサイティングな攻防戦が相次ぎました道中戦を粘りきったりと、うどんの国丸亀で遂にマルちゃんが出来上がりました。

 丸亀正典を襲名する場面もあったりした表彰式インタビュー(動画)では「こっからだと思うんで。丸岡正典こっからなんで。賞金王もですけど、毎年SG獲れるような選手になります。賞金王行ってみたかったんで、嬉しいです。」と語り、SG制覇により夢に見た地元住之江のSG賞金王決定戦出場権を当確にした喜びと、SG1個だけでは満足しない気合いが伝わってきまして、過去全日本選手権のみという選手も多い中、一発屋で終わらせない頼もしさを感じさせてくれます。ちなみに、マルちゃん優勝に大喜び小林亜里紗アナのblogリポーター小林亜里紗no☆arinkoテケテケ日記☆こちらこちらで紹介されてますマルちゃんパパは現地に行ってまして「とても見られる状態じゃなかったんで、レース中は耳をふさいで目をつむっていました。ゴールした時に目を開けたら3が前に見えたんで、負けたな…と思いましたよ。」と、レース中気が気でなかったそう。そしてレース後大阪に帰郷したマルちゃんパパはたっぷり勝利の美酒に浸りましたようです。
2007年G1江戸川大賞時のマルちゃん

 そんな今日は江戸川競艇場に行ってきました。昼間開催SG最終日でしかも祝日とあって5月以降の江戸川では一番混んでた感じです。イベントも行われてまして、「選手vsお客様ガチンコ対決イベント」として自転車ゲーム対決(ダウンヒルバイカーズ)、ハヤシライス早食い対決、エアロバイクを使った素人脚自慢スピード対決が行われましたが、寝坊した自分が見られたのは最後の脚自慢対決のみ。
 選手からは尾形栄治吉田宗弘石井裕美の3人が参加してましたが、このうち葛西から小岩方面に飲みに行く際自転車で移動するという尾形栄治が圧倒的な脚力で優勝したのに対し、最近落車して自転車恐怖症の吉田宗弘は一般客も含めた最下位になってしまいました。ですが、景品を余分に持参していた吉田宗弘はゲーム終了後にじゃんけん大会を行うという大盤振る舞いを見せてくれました。
 その後は氷雨でお馴染み日野美歌の歌謡ショー(撮影禁止)があり、氷雨の他に2曲歌ってました。氷雨どころか秋晴れの今日でしたが、氷雨は江戸川の客層とぴったり合致して多くのリスナーが集まってました。ちなみに、江戸川場内大屋根スタンドの大型ビジョンで見た全日本選手権優勝戦は原原土器土器でマルちゃんがゴールした瞬間ピークに達したのですが、大きく離れた3着に6号艇木村光宏ではなく4号艇石田政吾が入ってしまった時、一気にドッキドキが収まってしまいました。6の3着はあっても4の3着は無いということです。
選手vsお客様ガチンコ対決イベント


桐生G3企業杯サッポロビールカップ争奪戦競走優勝戦

 サッポロビールの企業杯は枠なり3vs3の進入から1号艇西村勝が13トップスタートの速攻で圧勝して今年2回目・通算32回目の優勝。後続は差した4号艇吉田俊彦が、1M捲り差し不発から2M切り返してきた3号艇齋藤勇を行かせて捌き、2周1Mでまた切り返してきた勇を再度行かせて捌きつつ、5号艇今村暢孝の突っ込みも包みきって2着。
 さて、まちゃるたんは3日目7Rで6号艇2コースから顔面蒼白ブルーナイターな48スタートをやらかし5着に敗れた以外は全て1着の快進撃。「サッポロビール最高。」の一言で締めてくれた表彰式中継によると賞金200万円の他にドラフトワン(その他の醸造酒(発泡性))1年分を獲得しましたが、新ジャンルはいらないとばかりに「サッポロビール、副賞で貰えるんですよね?」とアピール。ビール杯優勝者だけあってビールの味にもこだわるまちゃるたんです。ちなみに新ジャンルのパイオニア・ドラフトワンの初代CMキャラクターは吉田俊彦もとい吉田秀彦です。
キリンビール売りだった時のまちゃる一家


常滑ゴールデンレース優勝戦

 江戸川代替のゴールデンレースということで、もちろん江戸川競艇場で6日間場外発売されたシリーズの頂点を争う一戦は2号艇平石和男(2003年G1江戸川モーターボート大賞初日ゴールデンレーサー賞乗艇選手)の起こし位置がやや深めな枠なり3vs3の並びから3号艇徳増秀樹(静岡)が12トップスタートを放ち仕掛けますが、18スタートの1号艇大場敏が秀樹を受け止め1Mを先行、「残ったぁ〜リードは2艇身(動画)。」となりましたが、やや流れた分HS締め切れなかった大場に対し平石の差しが届き、舳先をねじ込んだ平石が大場を振り解いて2Mを先行。しかし、「アウトを全速フルプレーから3号艇徳増!」と秀樹の熱い全速旋回が平石に届いてHS急接近。ですが、内の利で2周1Mを先行したゴールデンレーサー平石が秀樹を振りきり通算36回目の優勝

 さて、三国コカ・コーラのお膝元桶川市のお隣上尾市に住むドリームハウス平石の今後ですが、三国G1北陸艇王決戦を挟みまして戸田オール女子戦サッポロビールカップ最終日の10月26日に戸田競艇場でサッポロビールを販売します。戸田が江戸川より優れている部分のひとつが、アサヒオンリーの江戸川に対して戸田はサッポロも販売してるということです。ちなみに今夜のサッポロビールカップを制したまちゃるたんは若松Citta Cupに出場するためビール売りには参加しません。

蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 今節オール6コースでオールチルト+3度の4号艇滝沢芳行(2001年常滑SG全日本選手権優勝者)に対し、6号艇松浦博人がマーク策に出て並びは123/546。
 そしてスリットは1号艇星野政彦が05トップスタート踏み込み、2号艇天野晶夫のつけまいを寄せ付けない速攻戦で先頭独走。「引いた瞬間、「やっても〜た〜。」とオーシャンで苦しんだ同じモーター。しかし今回はきっちり仕上げて他の戦う相手にやっかいな仕上げにも対応。熱い壁を築いてゆきました。兵庫支部元祖星の王子様が闇夜にまたシリーズの頂点にきらめきます。あ〜最高やでぇ!星野政彦鮮やかなイン速攻でした!(動画」ということで7月のSGオーシャンカップと同じ20号機(2連対率23.1%)を引いてしまい、心が青息吐息のブルーナイターになってしまうも今回は仕上げきって今年3回目・通算51回目の優勝。2006年9月の大村G1海の王者決定戦で記念初Vを果たした秋男の星野が今年も菊花の季節に優勝です。
 後続は天野あきおがつけ回って、3号艇平本真之も5号艇岡祐臣のカド戦に抵抗してのまくり戦。懐がら空きの所にタッキーの差しが飛び込みまして2番手に。ですが、2番差しの松浦ありゃりゃと伸びて2Mを先行。タッキーは行かせて捌きますが天野あきおの2番差しが鋭く、2艇まとめて差しきった天野あきおが2周1M切り返してきた松浦を包みつつタッキーの差し返しも振りきって2着に入り、ほしのとあきおのワンツー。

鳴門サントリーモルツカップ競走優勝戦

 昼のビール杯サントリーモルツカップは枠なり3vs3から3号艇谷勝幸が09トップスタートを決めて捲りに行くも1号艇志道吉和が受け止めきって不発。しかし、逃げ込み態勢の志道に対し2号艇角谷健吾Tokyo bay pirates)の差しが入り、2M外握り込む志道を振りきったベイパのケンゴが昨年大晦日平和島日本モーターボート選手会会長賞以来となる通算32回目の優勝。2M全速戦も流れた志道ですが、2周1Mで谷を行かせて捌ききって2着を守りました。
 ちなみにサントリーホールは東京都港区赤坂にありますが、ビール色の5号艇で優出した赤坂俊輔は5コースからの差し届かず4着でした。

めざせ日本一!全日本選手権壮行会in平和島

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 8日から丸亀競艇場でSG全日本選手権が開催されますが、本日は平和島競艇場で行われた「まるがめダービーめざせ日本一!壮行会トークショー」を見てきました。
 出演は平和島ムテキング濱野谷憲吾G1福岡チャンピオンカップで記念初Vを果たした飯山泰、そして競艇日本に生まれて良かった前年の平和島SG全日本選手権優勝者高橋勲の3人。それに、1995年丸亀SG全日本選手権優勝の実績を誇る瀬戸の大魔神安岐真人元選手がスペシャルゲストとして出演。司会は16期1864安岐真人元選手の同県同期、16期1860黒石旦明元選手の娘さんであり、全日本選手権期間中はピットレポートを務めます黒石加恵キャスターでした。ちなみに、青森県黒石市に建設中の平和島競艇場外ミニボートピア黒石は順調にいけば来年2月頃舟券がカエるようになります。
 構成は平和島日刊スポーツ旗5日目8R発売中と同9R発売中が壮行会トークショー、同10Rが瀬戸の大魔神アキさんによるドリーム戦予想トークショーでした。
高橋勲選手・濱野谷憲吾選手・飯山泰選手壮行会トークショー瀬戸の大魔神全日本選手権予想会トークショー祝JLC NEWSキャスター復帰!黒石加恵さん

 本日はユキチャンのがんばれ!馬券を買いにウインズ汐留に寄った後、平和島には5R発売中に現着。ユキチャンが出走する阪神G3シリウスステークスの中継を見るために1000円指定席に入り、トークショーの直前にBIG FUN平和島内に新しくオープンした広州市場で肉ワンタンと海老ワンタンが両方入った両入雲呑麺を食べたところでイベント会場に。会場でまっちゃんさんに会って隣に座ってイベントを見ましたです。まっちゃんさんのレポートには高画質のイベント写真とトークショー内容が掲載されてるのでおすすめです。
 夜は大森の名店牛小屋でモツ煮をつまみに白水勝也大村G1海の王者決定戦優勝を祝って白水こめ焼酎を飲み、マスターと井芹大志の足が抜群とかな平和島競艇の話をしつつ18時頃までいて、その後は友人の井上利明さん(仮名)から斡旋を受けていたので大山の肴菜yaへ。中村二三男さん(仮名)やマサ菊池さん(仮名)と盛り上がりましたです。
和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【星の秋中山G1スプリンターズステークスキルトクール】

 住之江G1高松宮記念特別競走終了から2日経ちましたが、中京G1高松宮記念優勝馬ファイングレイン、今回と同コース同距離な海の王者決定戦G3夕刊フジ賞オーシャンステークス優勝馬プレミアムボックスも出走するスプリンターズステークスのキルトクールは中山2戦2勝のキンシャサノキセキ。中山2戦2勝も新馬戦と2戦目の話で古馬になってからは経験が無く、中山とコース形態が似ている阪神を苦手にしている事から最後の坂で止まると予想。

【勲Heat】地元高橋勲、全日本選手権王になる+ダービー準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 全国から勝率上位のドリームキャストが集まった平和島SG全日本選手権。最終日はあいにくの天気で入場13778名、売上42億7283万1700円(優勝戦15億8571万4200円・節間合計152億1509万2300円)と晴天だった前日に比べ伸び悩みましたが、今節唯一の地元選手・シェンムーでお馴染み横須賀市から参戦した孤独なゲリラ高橋勲が湘南乃風を巻き起こし1号艇で優出を果たしたので、本場にやってきたファンのみなさまはまさにイサオヒート。優出した他の5選手は完全にアウェー状態となっておりました。
 「さあ今まさに選手の鼓動と声援が溶け合うリアルライブ。平和島劇場が競艇フリーク達に贈る最終章、第54回全日本選手権優勝戦の開始です(動画)。」と始まりました優勝戦は高橋勲がピット遅れて2号艇田中信一郎が一歩抜け出し場内ざわつくも、地元68期3517高橋勲39歳がイン主張の構えを見せたら大阪69期3556田中信一郎34歳があっさり懐を空けたので、場内一安心。ですがそれも束の間、今度は待機行動中にエンスト。プレッシャーの重圧でスタート遅れる予感がかな〜り場内を覆ったところでさあ行こう優勝戦!進入は123/456、3秒前、1秒前、スタートを切りました!
 待機行動でハラハラさせた高橋勲はしっかり11トップスタートからくるっとイン戦捌ききって独走になり、場内一安心。まさにまさに戦いの魂を引き継ぐ平成の侍とお伝えされた星条旗ヘルメットの高橋勲、競艇日本に生まれて良かった。客席で優勝を祝うバンダナが振り回される中、SG初優勝のゴールインおめでとう!これで賞金ランキングも現時点で6位に入り、福岡SG賞金王決定戦へのドリームパスポートもほぼ手中に収めました。
 後続は伝家の宝刀2コース差し順走を見せた大阪の巨人・田中信一郎が、艇王を超えた皇艇とお伝えされた男・3号艇魚谷智之の捲り差しを振りきって2番手。その後も追撃の手を緩めない魚谷をなんとか抑えきって2着入線。以下、枠なりに入線しております。

 同情するなら記念くれ!ではありませんが、これまで無冠だった高橋勲は通算46回目のVにして初の記念タイトル。ウイニングランでは拳を高く上げてファン共々イサオヒートの頂点に達しました。そして水神祭の後に行われた表彰式(動画)では青の全日本選手権ジャケットを羽織り、「ピット離れはちょっと回転が落ちちゃったんで遅れたんですけど、大分空いてたんで申し訳ないけどちょっと入らせていただきました。」と、あっさり引いてくれたタナシンに感謝の言葉を。表彰式では更に「僕を知っている選手の方々、ファンの方々、ほんとに皆さんにお礼が言いたいです。本当にありがとうございました。」とのコメントを残していますが、高橋勲の選手生活にとって一番影響の大きい選手は60期3303渡辺豊。なんでもデビューのきっかけが高校の同級生である渡辺豊が先にデビューして結構稼いでいたからとのこと。これを知って当時拓殖大学在学中の高橋勲が競艇選手を目指したそうです。
表彰式アシスタントのまおみと記念撮影

 ここで当日のイベントについて。東京ベイ平和島競艇の対岸にある東京ベイTCK大井競馬のビッグレースはG1帝王賞ですが、本日の平和島は艇王ショー。艇王絡みの話題といえば、若松競艇blogの目玉として植木通彦Diaryも始まってます。
 さて、本日自分は2マーク寄りの2000円B指定席にいたんですけど、艇王ショーの時間は下に降りて見物しましたです。ちなみに2000円B指定席の隣のエリア(通常は1000円B指定席)は臨時の記者席になってまして記者陣が詰めておりましたが、10R特別選抜A戦発売中に突如蔭山幸夫MB競走会長がSPを引き連れて指定席にやってきたのにはびっくり。目的は記者席への慰問だったようです。
平和島ていおうしょう


芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー4日目

 夢見るダービー王の座を巡って3つの準優勝戦があった4日目。準優10Rはインの1号艇大嶋一也と2コース差しで舳先をねじ込む2号艇笠原亮のSGウイナーコンビで一騎打ちとなり、2M先制の笠原に大嶋がつけ回ってHSも一騎打ちは続きますが、2周1Mを先に回った笠原がここで大嶋を振りきって1着

 142/356の進入になった準優11Rは1号艇花田和明が14トップスタートの速攻で堂々押し切り1着。1M捲り差しの2号艇芝田浩治が2Mから2周1Mと豪快な全速戦で後続を引き離し2着となっています。

 準優12Rはイン15トップスタートの1号艇天野誠が2号艇原田富士男の2コース差しを振りきり先頭。その後も追撃を緩めぬ地元エースのフジオを振りきって1着。予選1位の天野は2003年7月24日宮島一般競走以来となる優勝とダービー王戴冠に近づいたかと思われましたが、天野は前半の一般戦4Rで5着に敗れて得点率を下げていたのでした。


 2007年10月のダービー王を決定する優勝戦の枠番です。

1:笠原 2:花田 3:天野 4:大嶋 5:芝田 6:フジオ

 前半の一般戦5Rも1着だった笠原が優勝戦1号艇となり、ダービー王への最短距離に。

中京広域圏の優勝戦】

 今年度昭和アーケード最終開催で今年度のムーンライトエンジェルも今宵限りだった蒲郡G3女子リーグ戦夜の女王決定戦(最終日売上6億6974万5900円)。来年7月3日に江戸川競艇開設53周年があって自らのホームプール扱いとなる蒲郡、来年度の昭和アーケードと月光天使がどうなるのかも楽しみです。
 夜の女王を決める戦いはスタート展示でインを奪った横西奏恵が本番も鋭発ピット離れでプレッシャーをかけ、結果1号艇永井聖美(83期3993)が枠を主張して枠なり3vs3も永井は深イン。それでも永井は気合いの02トップスタートを決めますが、絶品なる切れ味の差しで永井の脇をすくいこんだ横ちんが永井を差しきり通算26回目の優勝。尚、5号艇茶谷桜(83期3994)が最初の1Mで3号艇向井美鈴に張られた後バランスを崩し転覆を喫しサクラチルとなっています。
 「リーグ最強の凄みと破壊力、熱狂的なファンも多いここ東海地区で夜の女王に輝きます。かなちゃんには本当にかないません。そんな強さで今年V6です。(動画」ということで東海地区での人脈も豊富な横ちんは今年V6で、来年の津G1企業杯JAL女子王座決定戦を待たずに児島SG総理大臣杯出場を内定させました。


 SG期間中の為に山田智彦アナが不在なので、浜名湖の工藤浩伸アナが実況を担当した常滑日本財団会長杯争奪戦競走は1号艇川崎智幸がインから堂々押し切り今年4回目・通算28回目の優勝。ちなみに常滑と蒲郡の専用場外はボートピア川崎です。
 川崎がぶっちぎりだったのに対し後続は激戦で、BSでは2コース順走の2号艇永井源と3コース捲り差しの3号艇烏野賢太と4カド2番差しの4号艇太田和美で3艇併走。そして2Mは和美が先行も、これを永井が差しきり、2周1M突っ込んできた烏野も包んでかわして永井がSGウイナー両名に競り勝つ大健闘。そうなんです。くしくも愛知両場とも愛知の永井が2着だったのです。尚、3着は2周2Mで和美を差しきった烏野。


 津グランプリシリーズ第6戦スタート展示2コースの3号艇間嶋仁志(三重)が本番インを奪って312/546。そして深インもなんのその、07トップスタートを決めた間嶋は1号艇星野太郎(三重)の差し場を塞ぐ見事な旋回でほしのを退け、差して斬り込む5号艇中尾英彦に対しても締め込んで2Mを先制。平和島全日本選手権のタナシンとは対照的なレースを見せた間嶋は通算22回目の優勝。2着は1M捲り差しから2M斬り込んで中尾にアタックした6号艇山本浩次

 ここで間嶋仁志について。平和島表彰式の司会で今夜のJLCニュースにも出演してた松岡俊道アナが番組内で言ってたのですが、現在三重支部ながら元大阪支部の間嶋が三重に来た理由は奥さんが三重県出身だからだそうです。

【Wけんご】全日本選手権準優+ダービーで原田幸哉F2【濱野谷角谷】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本場入場客12743名を集め、3億3667万6500円のF返還がありながらも30億4211万700円の売上を記録して5日間累計109億4226万600円と、目標の155億円到達に目処を立てた平和島SG全日本選手権は準優勝戦の5日目。本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第4弾として濱野谷憲吾&角谷健吾トークライブがありましたので、まずはこちらから。O2ブランドの仲間同士でもある70期3590濱野谷憲吾33歳と71期3613角谷健吾34歳、待望のWケンゴショーということで指定席の通路はものすごい混雑に。一般席の方も立ち見多数の大盛況でした。

 以下は、指定席とイベント広場で行われたトークショーの内容を順不同で抜粋。Wケンゴとの掛け合いがいい感じだった司会は先週のボートピア習志野開設1周年記念濱野谷憲吾&菊地孝平トークショーと同じ前田くみ子キャスターでした。

まえくみ「(パイレーツの)活動秘話については?」角谷「別に。(場内大爆笑)」
デビューを目指したきっかけについて、濱野谷憲吾の中学時代に兄・濱野谷憲尚が競馬学校に入学した事がきっかけで艇界デビューを目指したと有名なエピソードを言った後に、高校卒業時に艇界入りを意識した角谷は「これも有名なエピソードなんですけど、僕の父はタクシーの運転手で競艇好きだったから、競艇選手を目指しました。」
上記の角谷エピソードの後にまえくみ「皆さんこの事知ってました?(場内沈黙。知ってる人はほとんどいなかったようで。)」
ケンちゃんハマちゃんと呼び合う仲良し。
まえくみ、パイレーツと言うつもりが噛んでしまいパイパン発言。
O2ブランドの後輩飯山泰が加入を希望してるらしい。
ヒップホッパーとして音楽だけでなくファッションにもこだわる角谷のパイレーツファッションは自前。だけどサングラスだけは借り物。
ショーの最後はケンゴーゴー!

…別に。Wケンゴショー指定席の部Wケンゴショー一般席の部

 本日は場内でSPLASHヨロズさんとカッパスキーさん、ふにゃ蔵さんと会いましたです。そして三国さん(仮名)、日本武尊さん(仮名)と最終レースを見て終了後大森駅方面まで歩き、大森銀座の出口で帰途についた2人と離れ自分は牛小屋へ。
 そしたら以前牛小屋で会ったカッキーさんとその同僚さんがいて一緒に焼き肉食べる事になりましたので、本日はマスターお任せコースをたっぷり堪能いたしました。途中、別の店で歌って飲んでた山ちゃんさんも牛小屋に顔を出しにきましたですよ。
和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【全日本選手権5日目レースダイジェスト】

 一般戦の7Rは枠なり4vs2。F2持ちの1号艇大神康司は15でスタート踏ん張るも、2号艇鎌田義が23で3号艇吉田弘文が27の中凹み。ということで壁無しになった大神は05スタートを放った4号艇今村豊に絞られ、抵抗及ばず捲られてしまい5日目で唯一舟券から消えた1号艇選手に。
 そして今村の捲りも大神に抵抗された分やや流れ、先頭は捲り差しの吉田弘文と小回りのカマギーでラップ。2Mはカマギーが先制も少々ターンが膨らんで、そこを吉田弘文が差して先頭に。2周1Mは吉田弘文が先マイ態勢も、
おぉーっと、3号艇。どわーっ、なーにやってんだ3号艇。(動画
 と場内怒号が飛び交った大顰蹙のキャビテーションをやらかし、あわてて避けたカマギーは内を回った今村豊に抜かれてしまい、今村豊は恵まれに近い抜きで1着に。人気を集めてたカマギーはアンラッキーな2着になってしまいました。ですが、もっとかわいそうだったのは4番手航走から吉田弘文を避けきれず接触した6号艇安田政彦で、回り直しを余儀なくされたら吉田弘文よりも下の6着。振込詐欺をやらかした吉田弘文はもちろん不良航法を適用されたとお伝えしておきます。
 前日の5Rでも3周1Mでキャビテーションを起こし3着から5着に下がる失態を起こした吉田弘文、こんな失態を2度続けては平和島SG総理大臣杯優出2着も色褪せますね。

 ここから準優。スロー3艇が深めな146/235の進入になった準優10Rは前年度福岡SG全日本選手権覇者の1号艇魚谷智之(兵庫)がびしっと09トップスタートを決めて起こしの不利を克服しての1着ゴール。差した3号艇吉川元浩(兵庫)が2着に入り前年優勝戦と同じ兵庫ワンツー。

 準優11Rは12456/3の進入になりかけるも、6号艇服部幸男先生が回り直して1245/36。ここはぁ早い飛び出しで2号艇菊地孝平が+02のはみ出しをするも、菊地の差しは流れて壁役になって終わり。 菊地を壁にして逃げた1号艇田中信一郎が菊地を包みきってのつけまいとなった3号艇寺田祥を振りきっての1着ゴールでした。
 3億円以上のフライング返還を提供した菊地は来年の平和島SG笹川賞まで選出除外に。G1は11月10日からの児島G1競艇キングカップを最後に、来年5月中旬以降まで選出除外となります。

 枠なり3vs3の準優12Rは3号艇山崎哲司が07トップスタートも、2号艇瓜生正義が飛ばして両者共倒れに。ウリ坊が身を張って壁役に徹した間に1号艇高橋勲が逃げの態勢を完成させて大きな拍手と共に1着ゴール。予選を1位で通過した今節唯一の地元が遂に記念初優勝の大チャンス。2着は1M4カド差しから2M外全速戦で抜け出した4号艇金子良昭。今節最多出場だった静岡支部から唯一優出を決めました。
 尚、本日が誕生日だった5号艇日高逸子は2番差し届きませんで優出なりませんでしたが、3着に入り3連単7520円を提供してます。


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦の枠番は以下の様に。

1:高橋勲 2:田中信一郎 3:魚谷智之 4:寺田祥 5:吉川元浩 6:金子良昭

 今節唯一の地元選手だった高橋勲、「イベントとか苦手だからさ。」と選手代表も選手宣誓もTokyo bay pirates加入も全て断りレースに集中した成果が遂に実を結ぶ時がやってきましたね。緊張でスタート遅れたり、2004年平和島のG3企業杯キリンカップデイリースポーツサマーカップの再現にならなければ勲に大輪の花が咲くでしょう。優勝戦予想はK-BATTLEのコメント欄に書く予定です。

芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー3日目

 黒瀬三幸が家事都合で急遽帰郷した為5R9Rが5艇立てになったダービーの3日目。その5艇立てになった9Rは1号艇天野誠が薄氷の00タッチスタートで生き残り1着になりまして4日目準優12R1号艇を獲得しましたが、2コースつけまいから2番手だった5号艇濱田隆浩は+01でアウトと紙一重で明暗くっきり。

 そして、なにわのDT濱田を遙かに上回る深い衝撃だった本日最大の悲劇は、芦屋基地航空祭と同日だった事から「水上と空のスピードバトル」と銘打たれました7Rに。空を自由自在に飛行するのはブルーインパルスなのに対し、水上でブルーのカポックを纏うのは自衛隊出身のスピード戦士が最もふさわしいという事で、ここの4号艇はもちろん原田幸哉でした。
 レースは124/356の進入から1号艇金子貴志が逃げて先頭、原口は捲り差し届かず二号艇今村賢二郎との2番手争いでしたが、スタート判定の結果+02の金子と+01の原口は無念のフライング返還欠場。全日本選手権同様に今村がアクシデントによる前退きでダービー初の1着になりました。ちなみにFが2艇出て売上のほとんどが返還になったにもかかわらず、2連単8320円3連単5630円の高配当が飛び出してます。
 このFで原口はF2になってしまいましたが、11月29日から始まるG1常滑ダイヤモンドカップの斡旋が既に入っているので、11月20日から始まる浜名湖SG競艇王チャレンジカップがF休みになる事は免れました。

【マイルCSダートキルトクール】

 いわゆるひとつの平和島指定席喫煙所内TVで見た東京G2毎日王冠は巨人ファン大感激なミスターチョウサン祭になりましたが、祝日の月曜日も競馬は開催されます。とは言ってもメインレースはJRA開催ではなく、平和島競艇から徒歩圏内の大井競馬や多摩川競艇から徒歩圏内の東京競馬でも場外発売される盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯。今回のキルトクールは休養明けのカフェオリンポスで。JRA勢は今回5頭出走しますが、上位3頭(ブルーコンコルドサンライズバッカスワイルドワンダー)の牙城を崩すのは容易では無さそう。

【齊藤仁】全日本選手権4日目+ダービー2日目【中野次郎】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本場入場客こそ8460人ながら、3連休初日とあって売上の方は23億872万9000円と急上昇JUMP↑だった平和島SG全日本選手権4日目。本日は職場仲間の三国さん(仮名)と尾形栄治さん(仮名)と共にA指定席で観戦。舟券で一喜一憂したり、レース後にはKitchen Stadium月とすっぽん蒲田西口店で白魚を始めとする旬の魚と酒を飲み食いしたりしました。
 平和島の指定席は席数が多くて財布の事情や観戦スポットに応じていろんな座席を選べるのですが、そんな平和島競艇場の指定席で行われたイベントは4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第3弾齊藤仁&中野次郎トークライブ。長期休暇中の中野次郎のおなかをとぼけた口調でつまむ齊藤仁に今回も笑わせてもらいました。個人的に平和島一番の観戦スポットは断然指定席ですが、それにだめ押しするイベントでしたね。
 とはいっても、平和島で指定席をお薦めする最大の理由は一般スタンドが夏暑くて冬寒い上に水面際だと実況がほとんど聞こえないという相対的な理由ですが。ということなので5日目(S指定席)と6日目(B指定席)も指定席に入ります。5日目の指定席イベントは4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第4弾の濱野谷憲吾角谷健吾のWケンゴショーです。

 話は変わりますが、予選4日間を終えたK-BATTLE『競艇予想選手権 頂点を掴め!』における自分の持ち点は8000。この8000ポイントを振り分けてコメント欄に準優勝戦の予想を公開します。個人的には予選を1位でクリアした唯一の地元高橋勲があと2回1着になってくれれば。
齊藤仁&中野次郎トークライブ

 では本日のピックアップレース。3Rはのん太こと1号艇辻栄蔵がイン戦決めて準優勝負駆けも決めた1着ゴールとなったれすが、大外進入の6号艇鎌田義は1M捲り差しを入れようとしたところ振り込んで選手責任転覆(動画)です。

 さて、今節の女子選手はタッチスターター岩崎よしみと若松巧者のみゆき南ちゃんボイスの日高さんがいますが、6R1号艇だった日高逸子は見事逃げ切りシリーズ初1着で準優勝負駆けと逸子さん、僕が主夫します!日高邦博著)の宣伝(動画)に成功。ちなみにのり子さんより1つ上のいつ子さんは準優日の10月7日が誕生日です。
 尚、最初の1Mで2コース差し狙うも目高さんの引き波で艇が浮いて最後方だった2号艇山口剛が3周1Mで選手責任の転覆を喫しています。

 最後に触れておきますが、1号艇の2Rでイン戦失敗ズブズブに差されるも2M全速ターンで3着に入った田村隆信が私傷病で帰郷しております。

芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー2日目

 1号艇山室展弘さんと2号艇原田幸哉の歴代全日本選手権覇者コンビと地元代表の4号艇原田富士男が一堂に会した10R。枠なり3vs3の進入から山室さんは差し狙った2号艇原口を引き波に沈める堂々たる逃げで1着と全日本選手権王の貫禄を見せましたが、後続は激戦。
 その後続は握ったフジオと捲り差しの5号艇柳田英明で接戦となり、2M差してHS内に入ったフジオに対し2周1Mで柳田が全速戦でフジオを捲って勝負あり。情勢は2周2Mで原口がフジオに差しを入れて原田同士の3着争いに。3周1Mでフジオが原口を差し返し一旦はリードするも、3周2M握って回った原口がフジオを捲りきる豪快なターンで今節最初の原田対決に白黒付けました。 

【日曜競馬キルトクール】

 セイコー舟券教室立山一馬江戸川ボートピア習志野開設1周年記念最終日選抜戦11Rで落水して、無事に11日からの三国かんなづき第1戦に出てくるのかが気になるところでありますが、ファストタテヤマで家をタテヤマの引退レースとなるのはG2京都大賞典。そのキルトクールは引退レースのタテヤマではなく、世界のG1馬デルタブルース。もともと開幕週の馬場が合わなそうな上にフレグモーネで順調さを欠いての参戦。よってここはキルトクール。

 東京G2毎日王冠のキルトクールは8歳馬カンファーベスト。東京(0.0.0.5)の成績が全て。

【アシ夢】遂にダービー開幕+全日本選手権3日目【W原田】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ぼくのヒーローカッコよかった いっぱいおうえんした とってもたのしかった 秋風が心地よく感じる季節になりました。芦屋競艇にさわやかな風を運ぶのはSGタイトルホルダー原田幸哉山室展弘さん、大嶋一也笠原亮を含む豪華なメンバー。スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービーは本日から10月9日までの5日間に渡り激戦を繰り広げます。また、シリーズ4日目の10月8日にはオヨネーズ歌謡ショーがありましてアシ夢ダービー準優勝戦を盛り上げます。

 世にダービーと名の付くレースは東京ベイ勝島運河の二大名物競走平和島東京ダービー大井東京ダービーを筆頭に、大井G1ジャパンダートダービー、年3回の競輪ダービーことG2ふるさとダービー平塚G3湘南ダービー桐生スポニチ杯群馬ダービー住之江大阪ダービー摂河泉、宮島のニューイヤーカップ競走広島ダービースポニチ杯広島ダービー盛岡ダービーグランプリ帯広ばんえいダービー中山G3ダービー卿チャレンジトロフィー、更に地方競馬のダービーWeek佐賀九州ダービー栄城賞園田兵庫ダービー名古屋東海ダービー盛岡めんこいテレビ杯岩手ダービーダイヤモンドカップ、うっかり忘れてましたので追記します尼崎競艇ダービー杯、もうひとつ忘れてました競艇版優駿牝馬こと多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー等ありますが、10月のアシ夢ダービーも上記正式名称ダービーのラインナップに加わりました。

 さあ、長い前置きを書いたところでオープニングの1R特賞モーニングV戦はシード選手の1号艇古賀繁輝が13トップスタートからの刺激的なイン戦で1着ときっちり人気に応え、3コースからつけ回った3号艇今村賢二郎が二着で2連単270円の1番人気。ということで今村のダービー初戦は1回乗り2着発進。

 追加斡旋ながら、地元のエースとして強力遠征勢を迎え撃つのは原田富士男。追加斡旋ということでダービードリームに選ばれませんでしたが、そのかわり2Rで地元の主役早くも登場と午前中から本命党を喜ばせます。
 さて、5号艇のフジオはスタート展示こそ124563の4コースも、本番は一気にインを奪って54612/3。そしてフジオは4号艇天野誠の直つけまいを軽く振りきる貫禄の逃げで1着発進。天野がそのまま2着に入り2連単330円の1番人気。ちなみにフジオの後半9Rは枠番通りの2コースから順走で2着と無難にまとめています。

 スタート展示の枠なりから一転、135/246の進入になった5Rは人気の中心2号艇笠原亮が展示と違う4カドになるも、格の違いを見せつけるカド捲りを決め1着発進。2着は小回り差しで踏ん張った3号艇濱田隆浩で2連単330円の1番人気。尚、このレース5号艇で登場したF休み明けの今坂晃広は捲り差しに行くも、いささか機力不足なのか引き波を越えられずダービー初戦は4着敗退。

 スタート展示は156234の進入だった6R。ですが、本番は5号艇大嶋一也がインを奪って5126/34の進入に。1号艇淺香登や6号艇小松昇司といった猛者相手にイン奪取成功したKAZUYA.Oは結果も1着でした。

 今回のダービーで最有力候補と目されるのは第49回平和島SG全日本選手権優勝の実績を誇る原田幸哉。初戦8Rは6号艇で進入も大外となりましたが、他を圧倒する12トップスタートから貫禄の大外捲りを決め1着。F休み明けとコースの不利をものともせず、さんまがうまいあきにまさしく原口本領発揮でダービー初戦白星発進。

 現在こそA2の為にダービードリームからは漏れてしまいましたが第46回戸田SG全日本選手権優勝の実績を誇るのは山室展弘さん。初日はセミファイナル11R3号艇1回乗りで枠番通りの3コースから果敢に捲って全日本選手権王の存在感を発揮。美恵子問題に揺れるジャニーズ系のイケメン・1号艇花田和明にインから抵抗された分、4カド進入の5号艇石田章央の捲り差しを許し2着でしたが、人気を集めた花田に勝ち2連単3680円3連単45270円を提供と、ミステリアスな存在感を配当でも発揮。
 さて、ダービー2戦目の今坂は枠番通りの2コース戦も、山室さんに捲られ4番手。2Mで花田に差され5番手に後退と前半に続いてアシ無な所を見せてしまいましたが、ツイてなかったのは2周1Mでターンマークにぶつかり稽古した花田にぶつかってしまった事(動画)。これが響き6着に終わった今坂はダービー初日ガッツ実らずゴンロクに終わってしまいました。

 栄えあるダービーのドリームレースは123/465の進入から1号艇の原口が14トップスタートを放ち、3号艇芝田浩治のつけまいをがっちり受け止め、2号艇KAZUYA.Oの差しを引き波にはめる貫禄のイン戦を披露しての1着ゴール。さすがは全日本選手権王、ダービー初日ただひとり連勝です。
 後続は、KAZUYA.Oと2番差しの4号艇正木聖賢選手でBS接戦も、2M正木選手が内からしっかり回ったのに対し、外ぶん回したKAZUYA.Oは大きく流れて後方に下がり勝負あり。栄えあるダービードリームメンバーに選ばれた正木選手、この大舞台で冷静な走りを見せてくれました。

 さて、今月はダービーで盛り上がる芦屋競艇。来月1日からはG1芦屋モーターボート大賞が始まりますが、芦屋競艇では今月14日までWドリームレースファン投票を実施しております。

平和島SG全日本選手権3日目

 本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第2弾として熊谷直樹トークマライブ熊谷直樹with槙原寛己&宮本和知トークライブがあった国土交通大臣旗争奪全日本選手権3日目。そういえば、先週の金曜日に自分はくまが屋で皿麺という名の焼きちゃんぽんを食べてましたね。そして今週の火曜日はくまが屋の経営母体蒙古タンメン中本に新店舗亀戸店がオープンしたので、開店初日早々蒙古タンメンと3/4蒙古丼を。

 それでは、予選3日目の水面は第1Rの開始です。大外から09トップスタートの6号艇都築正治(チルト-0.5)、さあ捲り一発行ったか決まった先頭!捲り一発あこターンを決めた都築はシリーズ初1着
 都築は1号艇の後半7Rもイン逃げ圧勝、初日の6着2本地獄から脱却して連勝天国とお伝えしておきます。
 
 水面上は予選第6Rの開始です。6号艇高橋勲が動いて行きます。昨日8Rは捲り差しで白星をマーク。追い込まれた東京支部の希望であります6号艇の高橋勲(動画)。地元、そしてこのレースメンバー最年長、6号艇だからといっておとなしく大外という訳には参りませんで3コースまで潜入。
 その高橋、ずっぽり捲り差し入って先頭!ベイエリアで孤独な戦いを強いられている唯一の地元選手高橋勲、まさにまさにゲリラでありますが昨日に続いての連勝で圧勝の1着ゴールとお伝えしておきます。
 次いで1号艇の後半12R。ここはぁ〜大きな期待が懸かりましたが、5号艇上瀧和則(今節選手代表)の前付け2コース進入をものともせずに高橋はきっちり逃げてシリーズ3連勝となる1着ゴール。
 これで総得点36、得点率9.00として予選1位。選手代表も選手宣誓もTokyo bay pirates加入も全て断って?レースに集中した結果、地元最後の砦から大きな城になりつつある湘南サーファー高橋勲。過去に第45回福岡SG全日本選手権、第50回戸田SG全日本選手権と優出2着と惜しいところまで来てますが、大輪の花を咲かせるまであとは明日の9R3号艇、準優、優勝戦と3回先頭で走るだけです。

 最後に、自分はK-BATTLE『競艇予想選手権 頂点を掴め!』参加中とお伝えしておきます。予想はK-BATTLEのコメント欄に書きます。

【吉川元浩3着2本】平和島SG全日本選手権2日目【タッチ連発】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第1弾として池田雷太&阿波勝哉with青木宣篤&青木治親トークライブがあった平和島SG全日本選手権2日目。ちなみに青木兄弟を合体させた名前の青木宣親は青木兄弟と無関係です。

 競走水面、予選第3Rを開始します。ここわぁ〜枠なりオールスローの進入から1号艇山口剛がシリーズ2本目の1着を挙げ、捲り差しから2M捌いた5号艇深川真二が2着。
 ですがこのレースにはアクシデントがあり、順走も2M深川に捌かれ3番手だった2号艇三嶌誠司が2周1Mで3着を争う4号艇渡邉英児に対して差しを入れようとしたところ、後方から内を突いてきた3号艇中村有裕とぶつかって負傷し大きく後退(動画)。何とか完走はしたもののこのレースを最後に帰郷、後半10Rを欠場する事になってしまいました。

 水面上は予選第9Rの開始です。123/564の進入から2号艇菊地孝平が1号艇今村豊をつけまいに沈めて1着
 差した3号艇鎌田義が2番手でしたが、1M差して4番手の5号艇田村隆信が2M内を突こうとしたところターンが掛からず艇が浮いて流れ気味にカマギーに突進!制御を失った田村の艇に突進されたカマギーは転覆、田村は妨害失格となってしまいました(動画)。この事故により、最後方だった今村は差しを入れて急浮上。実質最終の2周1Mで差してきた4号艇杉山正樹を振りきって逆転2着とお伝えしておきます。

 尚、この日戦力外通告を受けて渦中の人になった兵庫の巨人吉川元浩は3着2本でしたが、8Rが5コースで00、12Rが3コースで01と、解雇当日は艇界一のタッチスターター岩崎芳美が見てる前で2本共かなり際どいスタートだったとお伝えしておきます。

 最後に、自分はK-BATTLE『競艇予想選手権 頂点を掴め!』参加中とお伝えしておきます。予想はK-BATTLEのコメント欄に書きます。

尼崎G3報知新聞社杯争奪モーターボート大賞トライアル競走優勝戦

 2ヶ月先のモーターボート大賞へアタックチャンス。上位3艇に11月29日からのG1尼崎モーターボート大賞出走権が与えられる優勝戦は1253/46の進入から1号艇赤坂俊輔が1M先制で先頭、順走の2号艇石川吉鎬が2番手となり、3番手は小回りの5号艇占部彰二と捲り差しの3号艇木内敏幸で接戦。
 2Mは赤坂がトップで旋回し、続いて回ったのは内の利で占部。鎬は占部を抱いて回ろうとするも包みきれずに一歩後退。1M捲り差し不発で5番手も2M巧みな差しで浮上した6号艇齊藤仁との3番手争いに。
 しかし、2周1Mで先頭の赤坂が振り込んでしまい、赤坂自身は問題無かったものの赤坂を避けた占部と齊藤仁が不利を受け、内を回った鎬と木内が浮上(動画)。そしてBS占部を捕まえきった勢いで鎬にもつっかけようとした木内を全速で包んでかわした鎬が2着、木内が3着に。ですが木内はF休みの為MB大賞の出場権が無く、2着の鎬と優勝(通算V4)の赤坂がMB大賞の権利を獲得。

若松西日本スポーツ杯争奪戦優勝戦

 インの1号艇平石和男は2コース09トップスタートを決めた2号艇白石健の早差しを貰いそうになるも、平石の引き波を踏んだしらけんは艇が浮いて大きく失速。3号艇中辻崇人の3コースつけまいは平石を脅かすまでには至らず、中辻をヒモに従えた平石が今年は2回目、通算では記念7つを含む33回目の優勝。だけど若松は初めてだからそこんとこ、応援ヨロシク。
そこんとこ、応援ヨロシク。

木更津の桃太郎が地元開設記念V&藤田竜弘戸田で初優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 秋雨前線の影響を受けまして今シリーズの江戸川競艇は雲の多い陽気となりましたが、水面の方は連日アグレッシブな攻防戦が続いています。今日は早くもボートピア習志野開設1周年記念最終日の水面上。
 多彩な攻め技の応酬が相次いでいます今日の競走水面、ファンファーレが鳴りました。第5Rの開始です。06トップスタートの3号艇宮嵜隆太郎が鋭い伸び足で一気に捲りきり先頭に立ちますが、捲り差しで2Mインサイドを鋭く突いてきた6号艇富田章がHS宮嵜の内に潜り込んで逆転に成功。そして2周1Mでは1Mを2段で捲ろうとしたら大きく振り込んでそのまま転覆(動画)してしまいました5号艇木山誠一の転覆艇がいたためここで確定。まさに年の功といえます粘っこい走りで31期2500富田章57歳が逆転1着ゴールとなりました。

 選抜戦の11Rが始まりました。3号艇篠原俊夫がつけまいで1着となったこのレース、捲り差しで3番手の6号艇立山一馬は2Mで内側にいた4号艇西重次を差し、切り返しで突っ込んできた1号艇清水敦揮を抱いてかわそうとしましたが清水に接触してしまい、更に避けきれなかった5号艇浦田晃嗣に轢かれてしまい落水(動画)です。セイコー舟券教室立山一馬で家をタテヤマの次走は11日から三国かんなづき第1戦。怪我無く無事に出てくる事を願います。

 4日間の短期シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。インから逃げていく1号艇森高一真を2号艇作間章がサクマ式の差しで捕らえるものの、2M全速でぶん回した森高が食らいつきほとんど同体。ですが、2周1Mを内側の利で先行したさくまがここで森高を突き放し今年3回目、通算16回目の優勝。木更津の桃太郎にしてTokyo bay piratesの一員でもあるさくまあきらは、ボートピア習志野の開設周年記念を獲得して地元開設周年ウイナーの仲間入りです!
 一方、無念の2着に終わった森高ですが14日に戸田競艇場で同期井口佳典と銀河系トークショーをする事が発表されました!

戸田G3新鋭リーグ戦優勝戦

 今節のプレイベントとして交流会フットサル大会が先月23日に開催され大成功に終わった戸田競艇。
 レースはどうだったかといいますと、枠なり3vs3から05トップスタートを決めた2号艇濱崎直矢(戸田地区スター)が捲りを打つもやや流れ、カドから差した4号艇藤田竜弘(静岡)が濱崎を捕らえて2Mを先行しデビュー初優勝。他地区の為にイベント参加選手では無かったものの、ニュースターが生まれた新鋭リーグらしいエンディングとなりました。

 8度目の優出にして初優勝となった藤田竜弘ですが、彼の奥さんは愛車ナルを駆る浜松のドラゴン鈴木辰己の次女。鈴木辰己の娘といえばもうひとり鈴木成美がおり、鈴木成美の旦那さんは山田雄太。即ち、藤田竜弘は鈴木成美&山田雄太と義理の縁戚関係なのです。

浜名湖スポーツニッポン菊花杯優勝戦

 静岡4人vs三国2人の対決になった優勝戦はスタート展示で4号艇後藤正宗(静岡)が1号艇徳増秀樹(静岡)からインを奪い415326の不穏な進入。そして本番でも4123/56と後藤正宗が展示同様にインを奪ったものの蓋を開けたら30とスタート遅れ、2コースから後藤正宗を叩いて捲り圧勝の徳増がガマ・アマ・ハマの秀樹感激自信復活3節連続となる通算36回目の優勝
 後続はカド遅れ差しで伸びた三国71期3620の5号艇信濃由行と大外進入からイン変わり気味に差した6号艇の舟研スーパーマン野中義生(静岡)で2番手争い。一角崩しを狙う信濃は2Mを先に回ろうとするも、383系しなのと違い振り子式機構の付いていない71期信濃由行のターンはマイシロ不足で流れ、信濃の懐をあっさり差しきった舟研スーパー野中が2着。でも文恵の印に義生は無し…。
 アウェーの信濃は静岡71期3591の5号艇後藤孝義にも差されて同期同士の3着争いとなり、内の利とホームの利で後藤孝義が主導権を握って2周2Mで完全に突き放し3着。71期静岡支部の後藤孝義は4月27日蒲郡スプリングカップ初日11R落水による骨盤粉砕で全治3ヶ月の重傷を負い、今節が復帰初戦でしたが復帰戦で即優出を果たしただけでなく、舟券にも絡む健闘を見せました。その一方、信濃は2周2M差しに構えようとしたところ後藤正宗に前をカットされて5番手に後退。信濃がアウェーの悲哀で周回毎に順位を下げた結果、上位4艇を地元静岡が独占しました。

三国日本モーターボート選手会会長杯菊花賞優勝戦

 三国の1800m戦はデビュー初優勝目指して3号艇松村康太が捲りを打つもやや流れ、松村が捲った展開を突いてカドから捲り差した4号艇西山昇一が先頭に。そしてイン戦粘った1号艇星野太郎は松村に舳先をかけて抵抗する中、2Mは西山が先に回って松村がこれを差す展開になりましたが、ほしのを包もうとした松村は包みきれずほしのに接触してバランスを崩し落水。そこに6号艇竹田辰也も突っ込んでしまい竹田も落水(動画)。
 このアクシデントにより上位は西山とほしので固まり、菊の季節に強いほしのを堂々従えた西山が通算30回目の優勝にして第15代菊花賞男に。西山と菊花賞の絡みといえば1998年のセイウンスカイ(西山牧場)ですね。

桐生日本トーター杯優勝戦

 4号艇角浜修が4カドから絞りに行くも、インから艇を伸ばして先に回った1号艇安達裕樹が角浜の捲り差しを振りきって通算2回目の優勝。今年、地元津のGW開催スポーツニッポンパール賞競走で初優勝を飾ったもののF前退き恵まれVだった安達裕樹、今度は正真正銘恵まれ無しの自力優勝です。安達裕樹についての詳細はこちらのエントリーを。

【明日から平和島SG全日本選手権

 てっきり地元の高橋勲が選手代表をするのかと思いきや、なぜか上瀧和則が選手代表を務めるSG全日本選手権。ギャンブル王争奪!競艇予想大会BEGINNER'S BOAT CAMPにリニューアルしましたが競艇予想大会は健在で、今回はドリーム戦が予想対象レースです。
 SGといえば、SG恒例の予想大会であるK-BATTLE。今回の大会は「競艇予想選手権 頂点を掴め!」。詳しいルールはこちらですが、今回の特徴は予想する側も選手同様5回走りか6回走りということ。30000ポイントを限られたレース数でいかに運用する事と、勝負レースの見極めが重要ですね。

【まるでSG浜名湖賞】平和島SG全日本選手権ドリーム戦メンバー決定

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 10月3日から8日まで開催される平和島SG全日本選手権ドリーム戦メンバーがやっと発表されました。メンバーは以下の6人です。

1:魚谷智之(兵庫)
2:服部幸男(静岡)
3:渡邉英児(静岡)
4:菊地孝平(静岡)
5:金子良昭(静岡)
6:瓜生正義(福岡)


 なかなか発表されなかったので勝率基準で選出されるのか不安でしたが、結果は内枠5人が勝率上位で6号艇が施行者推薦という例年の全日本選手権と同じ選出基準。静岡祭りを恐れるあまり変に地域性を重視して成績を無視した選出にならずほっとしました。ただ、住所を見ると白魚だけ岡が付かない県民というのが気になりますね。

 ちなみに今夜は東武百貨店池袋店にオープンしたニューウェーブ九州ラーメン龍の家に行ってきました。一見競艇と何の関係も無いようですが、実は開店を知ったきっかけがKYOTEIブログ〜理彩日和「只今お江戸4日目」でのお店紹介だったのです。

尼崎デイリースポーツ杯争奪琴浦賞競走優勝戦

 ごくごく自然体な当たり前の走りがプライスレスな感動をもたらします。永遠不滅の競艇スタンダード1号艇の今村豊が2コース2号艇西田靖の気負った捲りを軽くあしらい、9戦8勝2着1回の準パーフェクト。今年3回目、尼崎では約15年ぶり、そして通算では何と110回目の優勝であります。「あまりにも期待が大きすぎて、心臓が破裂しそうでした。」という緊張からかスタートは20とやや遅めでありましたが、15トップスタートの西田が中途半端な捲りを打ったのに対し、伸び返しから冷静に頼もしく回った今村豊のプリンスロードはさすがV110の貫禄です。
 秋は星野の季節ですが、星野はセンタープールで星を量産する苗字であります。ということで4カドから差し込んだ4号艇星野太郎が2着であります。

三国ながつき第3戦初日

 ながつき第3戦。4日間決戦で挑む攻防は初日を迎えています。先ずは予選突破を狙い瞬間沸騰の水上戦にどうぞご期待くださいませ☆また今節はG1競帝王決定戦の併用発売も行っております。お楽しみがあっちこっち倍増の三国競艇で1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それでは三国プールのオープニングはおはよう特賞第1Rです(動画)。インから162/453の順です。1秒前、スタートしました。逃げる1号艇今井貴士に対し、大外から捲り差した3号艇濱本優一が舳先を掛けて併走へと持ち込みまして、2Mを先に回った濱本が先頭。ですが、シード選手の意地で食らいつく今井が2周2Mでつけまいを決め遂に逆転。そして3周1Mでダメ押しのつけまいで濱本を突き放しトップでゴールイン。G3芦屋モーターボート大賞トライアル1R特賞モーニングV戦でFを切った借りを抜きでの辛勝とはいえ返しました。
 艇界の翼くんである今井貴士は94期生ですが、昨年9月の児島G3企業杯下電カップでライバルにして最大の相棒でもある1号艇滝沢芳行を負かしてのデビュー初優勝を飾り、現在ではA1級となっております。

G3江戸川モーターボート大賞トライアル2日目

 11Rが始まりました。1号艇中辻博訓が3号艇平本真之の捲りをこらえきり、2M全速ぶん回した平本が大きく流れて勝負有りの1着となりましたが、捲りが流れて大きく後退した平本は最後にこっそり選手責任の転覆です。

 比較的淡々としてた2日目ですが、3日目第3Rで1号艇松井賢治と5号艇岩井繁の王者対決。これには(0゜・∀・)ワクワクテカテカですね。

【ザ・魚】魚谷がダービー釣り上げ46年ぶりにセンタープール沸騰↑

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 兵庫・静岡から2名ずつ優出、残るも大阪と滋賀でさながら関西vs静岡or阪神vs○○湖と化した福岡SG全日本選手権優勝戦(優勝戦売上16億4635万3200円)はスタート展示こそ123564だったものの本番は枠なり3vs3と阪神vs○○湖の図式そのままに分かれ、艇界のロードオブザキング・1号艇でインにどっかり座った王者松井繁36歳(大阪)が年下5人相手に36王者スタートで凹者の舞い。起こし遅れでファンに申し訳なかったと釈明した36歳王者スタートを受けて、阪神大震災で社会人から競艇選手へ決意の転身を遂げた男・2号艇吉川元浩(兵庫)が捲りに行き王者を叩いたところを、唐草がシンボルトレードマークです・3号艇魚谷智之(兵庫)がミラクルレインボーなびわこのエース・4号艇中村有裕(滋賀)をブロックしての捲り差しで突き抜け、自身初のSG優勝(通算V35)を飾り、新調なったブルーのダービージャケットを手にすると共に、兵庫支部に1960年平和島モーターボート記念井上一二郎以来46年ぶりのSGをもたらしました。
この喜びにゴール手前で魚谷は両手を離してのガッツポーズでゴールイン。この時きっと浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦尼崎G1近松賞といった山あり谷ありの出来事が走馬燈となって頭の中を駆け巡ったのではないでしょうか。そしてウイニングランを終え、おさかな天国の状態でピットに帰還した魚谷は真っ先に吉川に抱きつかれたのが印象的でしたね。レース後は水神祭もあり、天神で水神になってます。
 後続は同県魚谷をアシストする格好になった吉川を始め、史上最強のダービーチャレンジャーと化した5号艇重野哲之(静岡)が捲りで、実績に貫禄が備わった遠州三羽烏坪井康晴(静岡)が差しで2番手争いに加わり、2M全速でつぼイを包んだ吉川が一度は抜け出し、重野が単独3番手になりますが2周2Mで重野が吉川に突進。飛ばされた吉川は辛うじて2番手を死守しましたが、この突進劇に乗してつぼイが重野を差しきって3番手浮上。この結果吉川が2着となり、兵庫支部46年ぶりのSG優勝に花を添える兵庫ワンツーとなりました。
 ところで、競艇場近くの見て楽しい釣って楽しい釣船茶屋ざうお天神店で祝杯を挙げた現地のファンはどのくらいいるのかちょっと気になるですね。
魚谷ウイニングラン


【SGはラーメンからうどんへ】

 ところで今日自分は福岡競艇ダービーにちなんで博多長浜ラーメンぼたん高田馬場店で昼を食べてからSG併用場外多摩川競艇場G1天皇賞(秋)開催場の東京競馬場に行ってきました。高田馬場から多摩川へは新宿乗り換え京王線多磨霊園駅下車が300円と、他のルートを圧倒する安さです。
 ぼたん高田馬場店は自分の一押し、博多長浜ラーメンぼたん大塚店の支店で今夏オープン。札幌ラーメンの名店純連高田馬場店のそばという日本屈指のラーメン激戦地高田馬場ならではの立地となっています。北海道と福岡の極上ラーメンが隣接なんて、高田馬場は贅沢なところですね。ちなみに駅から店への道中にはラーメン二郎高田馬場店もあるという激戦区ぶり。

 高田馬場の話題だけでなく福岡本場の話題も。自分が以前福岡競艇場へ行った時、朝一に食べに行ったのは24時間営業の元祖長浜屋。食後ラーメン屋から10〜15分程歩いて競艇場へ行ったのです。ちなみにこの日福岡は午前中だけで午後は芦屋競艇場でした。
競艇場に行ったのは2003年3月ですが、1993年に初めて福岡に行った時に元祖長浜屋の麺の固さに衝撃を受けて以降、福岡ラーメンの啓蒙を受けました。

 多摩川も天皇賞も、そして多摩川→府中とはしごして再び多摩川に戻っての競艇ダービーも不的中でダメジャ〜、と逆パーを達成した帰り道は、SG引き継ぎ式ということで讃岐はなまるうどん新宿西口店。食べたのはしょうゆうどんです。
ところで、今回の福岡競艇ダービーは大穴続出の特殊水面が2004年の当地2つのSG同様に嫌われたのか残念ながら6日間トータルで150億円割れの149億3450万6600円と今世紀のSGで最低の売上になり、来年の当地SG賞金王決定戦の売上が非常に不安となる結果になってしまいましたが、次回SG競艇王チャレンジカップ会場の丸亀競艇場の水面は特殊水面の福岡と比べると普通ですから、本場入場こそ都市型競艇場の福岡より少ないとしても場外&電投の上積みで今回よりは売れるでしょう。

常滑オータムカップ優勝戦

 インコースから盤石の取り口を見せました1号艇田中信一郎が通算35回目の優勝。2コース順走の赤岩善生がタナシンの引き波を踏んで外へ流れたところを4コースから差しきった平石和男が2着となっております。対抗人気の赤岩が3着に敗れたことで3連単は3番人気の910円となっております。

 ところで、優出2着の平石は今節2日目の5Rで2コース順走からイン島田一生の2番手も、3周1Mで島田の内側に入り込んでの急旋回を成功させ、「キタ〜!並んだ〜!捕らえた〜!(動画」末に3周2Mを先制して通算1000回目の1着となり、応援ヨロシクされた仲間達によって水神祭の祝福を受けています。

住之江全国地区選抜戦優勝戦

 3日目7Rで史上2位の3連単413790円が飛び出した波乱の予選道中でしたが、優勝戦の進入も波乱。チャレカ勝負駆けの6号艇岩崎正哉が一発逆転目指してスタート展示同様インに入り、進入は6123/45。しかし岩崎は1号艇白井友晴に2コースから捲られて終了。チャレカ出場の夢も終了となりました。これによりチャレカ最後の1枠は江戸川ナイタイスポーツ杯1号艇で優出も2着に終わり、1度は苦しいかと思われた渡邉英児が濃厚になりました。
 ちなみにレースは3号艇石川真二が4コースから差しを決めて抜け出し、今年8回目・住之江では約6年ぶり2回目・通算では36回目の優勝、岩崎を捲った白井が2M差しで混戦を捌いて2着になっています。

ヤクルト杯蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 ダービーのあとは菊花賞、敗者復活に挑みたい多不満なファンはまさにそんな気分でございましょうが、ヤクルトの栄養ドリンクといえばタフマン。ファイナルを飾る水上のタフマンは誰か。
そして早業凄腕で魅了の舵っぷりだった節間成績で1号艇を獲得し、タフマン最有力候補に推された市川哲也がグリップしながら誰も寄せ付けない圧勝劇ぃ!でインから押し切り、
モーターがある程度仕上がればうなるテクニック・魅了のハンドルワークでVへと駆け上がります。これぞ家具格の違いです。賞金王を睨んで一歩前進。来月当地のG1ダイヤモンドカップG1モーターボート大賞にも弾みを付ける市川哲也、今最終コーナーをカレーに舞う!(動画
と通算54回目となる優勝のゴルィン。賞金の他に副賞としてタフマンも獲得しました。
ピット鋭発から3コースを奪い、消音苦手も勝負強く蒲郡も得意な5号艇川北浩貴が握りマイに出て、インのテチャーンから主導権を奪うことこそできませんでしたが、2着でゴルィン。
尚、来期A1に向けて3着以上が欲しかった4号艇野田貴博は5カドから差しを狙うも1M思いっきりふにゃってしまい6着。来期A2が濃厚になりました。ちなみに自分の敗者復活はA1勝負駆けの野田め買うた〜びれ本線で逆パー脱出ならずでした。

【明日は多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 本日2つずつ行われた2つの点増しレース、ファーストチャレンジ&ファイナルチャレンジに出場した12名の中から予選得点率上位6人が優出を果たしました。メンバーはこちら。

1:関口智久 2:吉田徳夫 3:君島秀三 4:織田猛 5:加木郁 6:井川正人

 昨年5月の一般競走に続いて関口が当地連続Vを飾ることができるかが最大の焦点でしょう。

福岡SG全日本選手権準優勝戦は全て6コース頭の珍事

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG全日本選手権は5日目の競走水面。ファイナリスト6人の座を巡って3つの準優勝戦が行われました。ボート界の精鋭陣が一進一退のエキサイティングな攻防を展開致しました。
 福岡支部のエース・艇王植木通彦が1号艇で、3連単4億910万6200円2連単5777万900円を売り上げた準優勝戦最初のカード準優10Rは、植木は5号艇のアタック敏ちゃん大場敏の前付け2コースによる深インをものともせずイン02トップスタートを決めましたが、2号艇3コース・遠州三羽烏の武闘派坪井康晴の捲り差しを貰って僅差ながら2番手。
1M後方では大場か振り込んだ影響で差し構えだった3号艇4コース井口佳典と4号艇5コース藤丸光一選手代表が不利を受けており、大外単騎の捲り差しからもつれ合い現場の上を通って難を逃れた6号艇魚谷智之が3番手につけています。
2Mで植木は差しを入れてつぼイに舳先を入れようとしますが、つぼイは締め込み2周1M先マイ体勢。しかしここで植木は強引につぼイに舳先を入れて突進の先マイ(動画)。そして両者大競りとなって流れたところを魚谷がごっつぁんで〜すと2艇まとめて差しきり大どんでん返しの1着。魚谷だけに魚夫の利とはこれいかに。
優出よりも1着を優先して冷静さを欠いた植木にドーンとやられたつぼイは3番手に落ちましたが、つぼイもラフ戦法はお手の物。やられたらやり返せの心意気で2周2Mで植木にドーンと突進して植木を抜き返し2番手浮上。結果兵庫の魚谷と静岡のつぼイが優出であります。

 3連単4億488万6600円2連単5196万5400円と10Rより少ない売上だった準優11Rは1246/35の進入から3号艇・銀河系軍団の優等生田村隆信が5カド15トップスタートを放ち絞り捲りに行き、見事捲りきり先頭に立ちますが絞った際に4コースの仲口博崇が落水(動画)であります。
田村の捲りに大外捲り差しで続いた5号艇・ミスターヘラクレス吉川元浩が2番手につけ、インからくるりと運んで粘る1号艇重野哲之を2M全速で振り切って単独2番手を確保したところで、先頭の田村にヒロタカマン落水の責任を取らされ妨害失格の宣告が出て吉川がめぐ麻Re:で1着。重野が2着に入った結果ここも兵庫と静岡が優出であります。そして地元九州勢はここで全滅であります。

 豪華メンバーで3連単5億4558万6400円2連単6903万2800円を売り上げた準優12Rは6号艇三嶌誠司が前付けして126/345となり、2コース作間章と3コースの三嶌が凹む展開を利して3号艇・笑いのツボより展開のツボを捕らえたい湯川浩司が4カド捲りに行きますがイン11トップスタートの中村有裕はこれをゆうゆう受け止め湯川の華はここで終わりであります。ところで、天神でゆうゆう窓口といったら福岡中央郵便局で、湯川の華といったら競艇場近くの天神ゆの華ですね。
でも中村ゆうゆう逃げ切りとまでは行かず、同県の湯川が捲った展開を利してキルトクール艇だった5号艇6コース・エンジン納得の急上昇、ここは貫禄発揮であります王者松井繁が大外から狙い澄ました捲り差しで突き抜ける王者の舞いで1着。ゆうゆう逃げ切りとならなかった中村有裕は2着でした。この結果、準優3つ全て6コース艇が1着となりました。
福岡ダービー2連単7020円



 関西vs静岡にして阪神vs○○湖になった優勝戦はこんな枠順に。誰が勝っても初めてのダービージャケットです。

1:王者 2:ゲンコー 3:魚民 4:ゅぅゅぅ 5:重野 6:つぼイ

 準優で全て大外が勝った結果、準優5号艇ながら幸運にも1号艇を手に入れた王者が年下5人を相手に年の功を見せつつ、捲られ飛んだ9月の当地G1福岡チャンピオンカップ準優12Rのリベンジを果たすのか、準優で王者に差されるもインコース以外でSGを取る大チャンス(年頭目標はインコース以外でG1を取ること)が巡ってきて、むしろ「インコース以外でSGを獲れるチャンスが巡ってきたので、めちゃくちゃ楽しみです」とがむしゃら度が増した中村有裕が4カド戦でゆうゆう勝利を収めるのか、それとも兵庫と静岡がこの両者を負かしてダービー王の座を勝ち取るのか、見所沢山ですね。

 ところで、今夜のJLCでOAされたSG全日本選手権展望番組にゲスト出演した広島のハンカチ王子亀本勇樹によると、海外旅行が趣味の山室展弘さんはタイへよく行くとのこと。山室さんといえばもうひとつ意外な顔があってプロゴルファーすし石垣キャディを務めたことがあります。

 ここで宣伝。SG全日本選手権優勝戦は東京G1天皇賞(秋)と共にギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースであります。
そしてSG全日本選手権最終日K-BATTLEの対象レース、天皇賞は★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースでもあります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★


徳山4日目

 昨日の8Rで2号艇野長瀬正孝がイン42スタートと後手を踏み、4号艇杉江浩明の4カド捲りを貰いながらも2M差しで杉江を逆転、のながせ通算1000回目の1着という明るい話題がありましたが今日は別の話題。
 7Rで2コースから飛び出していった2号艇田上晋六、捲って先頭に立ったところで今期3本目のフライング(+06)は、直外の西和則(+01)を巻き添えにしてのフライングです。
 F3田上はここ5年で2度目のF3キャリアで、前回は2003年前期(2002年5月1日〜2002年10月31日)。4年ぶりにF3をやらかしてしまいました。

【悠仁親王御誕生慶祝キルトクール&紀子・ルーレイロさま】

 悠仁親王御誕生慶祝G1天皇賞(秋)のキルトクールはアドマイヤムーン。父こそ違えどアドマイヤキッスとキャラクターが被る馬で、印象は典型的なトライアルホース。
実際、同距離の中山G1皐月賞では完敗の4着と大舞台での甘さを既に見せている。よってキルトクール。

 話変わって、悠仁親王御誕生慶祝といえば流麗なギタリストキコ・ルーレイロさまを擁するブラジルのNo.1バンドANGRAが今週水曜に新作AURORA CONSURGENSを発売しました。今回は紀子さまのギターが前面に出たギターオリエンテッドな作風になっていて紀子さまファンは悶絶必至。自分もこのアルバムは現時点で今年の最優秀HR/HM作品です。
 そんな訳で、今日は江戸川競艇場に行ってきた後、YODOBASHI AKIBAで紀子さまに加え、イタリアの至宝RHAPSODY OF FIRE/TRIUMPH OR AGONYASIAの至宝WETTON・DOWNES/ICON-RUBICONも購入してきました。
悠仁親王御誕生慶祝「ANGRA/AURORA CONSURGENS」

SG全日本選手権予選1位はゆうゆうよゆうの走りで中村有裕!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG全日本選手権は4日目の競走水面。昨日まで4走33点と得点率4位で上位をゆうゆう快走だった中村有裕
 そんな中村有裕、準優進出へは5着2本とよゆうの立場でしたが、SGレーサーとなり艇界の銘柄選手に成長したゆうゆうですからあくまでもがむしゃらです。まず、1号艇作間章がイン戦決めて1着になった6Rでは4カドから差して2コース順走の菊地孝平と2番手を争い、1周2Mでは外全速の菊地に対して内で慎重に回って引き波を乗り越え応戦。そして2周1Mで内から菊地を牽制することに成功して一気に突き放して2着に入り、確かな捌き技を披露。
 次いで10Rは3コース18トップスタートから絞り捲りを放ち、かかりの効いた鋭角ターンで旋回半径を小さくし、差しを許さない圧巻の走りで1着と、同レース出走メンバー中断然の旋回技術&旋回速度(動画)を披露。 
 10Rの勝利者インタビューでは「(2年前のダービーは)成績もボロボロでしたけど、あれは凄い糧になっていますね。ファンの声援が何より大きな力です。残り2日間精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。」と2年前の屈辱が原動力になってることをコメントしてます。ちなみに指定した相手への通話料が最大30%割引になるゆうゆうコールは月額189円ですが、ゆうゆうへの応援コールと元気玉はプライスレス。

 ここでちょっと話題を変えて、昨日まで予選1位だった重野哲之12R6号艇1回乗りと非常に苦しい番組に組まれましたが、大外から差した重野は3着ゴールと試練を手堅くクリア。しかし予選1位通過を果たす為には2着以上が必要で、重野は僅かの差で予選2位に陥落。激しい得点率争いを制したのはドリーム戦3着の9点が最後の最後で効いた中村有裕でした。

 ここで10R勝利者インタビューからの話題に戻りますが、エース機宝の持ち腐れにした2年前の当地SG全日本選手権以降、屈辱をバネにがむしゃらな活躍で1回りも2回りも強くなり、G1江戸川モーターボート大賞桐生SGモーターボート記念を獲得して艇界を代表するSGレーサーとなって福岡ダービーに帰ってきた中村有裕。そして力をつけた分がそのまま今回の成績となって反映されてますね。しかも予選1位に全く違和感が無いという辺りに超一流SGレーサーならではの風格を感じます。ということで準優12R1号艇のゆうゆうは優勝への最短距離にいます。おそらく準優でゆうゆうを捲れる選手は誰もいないでしょうからターン漏れさえ気を付ければ優勝戦1号艇が待ってるのです。

 ところで、コメント欄で気軽に参加できるK-BATTLEの「競艇ダービー ○○さんに全部」、ルール詳細はこちらです。奮って参加しましょう。

桐生三栄書房杯優勝戦

 競艇マクールニューモデル速報で知られる三栄書房のタイトル戦は埼玉の新鋭濱崎直矢が1号艇でデビュー初優勝を狙いましたが、戸田巧者の鎌田義が2コース04トップスタートからカマギーの握ってナンボ!ということで捲りを放って濱崎の夢を打ち砕き、通算16回目の優勝。3コースから捲り差しで続いた安田政彦が2M捌いて抜け出し2着を取りきり、第1回三栄書房杯は兵庫ワンツーになりました。

蒲郡ヤクルト杯蒲郡菊花ナイト特別3日目

 グリーンホール無料化、中継カメラアングルの変更等いろいろな変わり目となった今節、1号艇川北浩貴が逃げて1着になり準優勝負駆けを成功させた7Rに続く8Rで、準優進出へは1着条件だった深井利寿が2コース15トップスタートから冷静に引いて差して回り、イン山田豊の舳先へ送り込まれて差しが届いた深井は山田を差しきり1着となり、爽快に勝負駆け成功と共に愉快痛快な同支部ワンツーも成功させています。

 ところで、明日の準優11R1号艇で予選得点率1位の市川哲也と6号艇で18位滑り込みの志道吉和が共に出走した今日の一般特賞10R
4カドの志道が絞っていき、インのテチャーンが抵抗したところテチャーンが派手に振り込み(動画)。テチャーンはあわや転覆という状態になり、志道も煽りを受けましたがこのレースは一般レースの為、予選得点率の対象外。両名共に救われた格好になりました。

【武蔵野吸わんステークスキルトクール】

 Winnyを始めとするニッポンハム商品を食べると的中に近づきそうなG3東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスのキルトクールはタイキエニグマ。この馬のベストは府中の場合1400mと思われるので今回の1600mは苦しいとみてキルトクール。
ところで、初ダートのフサイチリシャールは自身の名前を冠した川崎G1フサイチネットJBCマイルではなく弱メンのこっちに出てきましたね。飛ぶか来るか両極端な結果になることでしょうが、少なくとも砂を恐がる気性でダート適性0が明らかだったアエローザよりは上でしょう。

 京都G2毎日放送賞スワンステークスのキルトクールはタガノバスティーユ。1200mがベストの馬で、1400mは苦しいとみてキルトクール。

【SGリレーナイター】

 今日は出張引受で朝から新習志野のティーエルロジコムで運送記を発行してましたよ。で、新習志野といえばピンとくる人もいるでしょうが、新習志野といえば先月27日にオープンしたボートピア習志野の最寄り駅ですよ。出先はBPから徒歩15分くらいのところにあるので17時半に全便出し終わったら、もちろんBPに直行しましたよ。
 着いた時には桐生と蒲郡のナイターを発売中で、蒲郡7Rから参戦しました。場内は前回行った時より明らかに人が多く、朝からいたと思われる客層に加えて、ナイター目当ての背広姿もちらほらいました。
そして前回より入ってると一番実感したのが、在席投票席茜倶楽部の個室が完売!倶楽部内はオープンルームのソファーが残ってただけでした。ということでお目当てのシングルに入れなかったので今回は一般席で。今月一杯無料開放の2Fあかねビジョンを主なポジションにして最終までいました。で、感想としては2Fは無料だったら机と簡易リクライニング椅子があっていいけど、800円払うとなると椅子がビジネスライクな作りでモニターも無く、足元も窮屈なので割高感があります。2Fは500円以下の価格なら払っていいかなという設備ですね。3Fの指定席とは大差があります。ちなみに1Fは椅子がしょぼいのと大型モニターを見上げる形になって目が疲れるので長時間の滞在には辛いという欠点があります。習志野の大型モニターは見上げるより見下ろす方が断然見やすいです。ということで改めてBP習志野のお薦めは3F茜倶楽部のシングル席(2人の時はペア席)ですね。17時以降の1500円は文句なしにお得ですし、通しの4000円でも払う価値はありです。

 ところで、今日は東京支部7選手サイン会が14時からあったようで、自分は仕事中なので行けませんでしたが中野次郎を始め、池田雷太支部長、福島勇樹王子様、野澤大二吉田宗弘福来剛梶野学志が出場予定となってました。都合による変更が無ければこの7人が来場したものと思われます。
 ちなみに土日のイベントはお母ちゃんありがとうキャンペーンです。土曜は15時から、日曜は17時から先着500名様に生活雑貨がプレゼントされます。

【福岡SG全日本選手権】天神で水神!淺田千亜希がSG水神祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 人機一体となったボート界の精鋭陣がアグレッシブな走りを展開しています福岡SG全日本選手権は3日目の競走水面。2Rでは2004年の江戸川ナイタイスポーツ杯優出2着(優勝は1号艇阿波勝哉)と、中川でブイブイ言わせた阿波姫淺田千亜希がF2とは思えぬ2コース鋭発08スタートからイン07トップスタートの池田浩二を差しきって水上に勝利のカーブを描き1着ゴール。中洲から近い那の津の秋の朝、2コースからズボッと差しを入れて池田浩をひぃひぃ鳴かす淺田千魔王の舞いを魅せた淺田千が天神の近くでSG水神祭を飾ってます。
2003年1月に江戸川スポーツニッポン杯を制している阿波姫横西奏恵が3コースから淺田千と池田浩の間を割ろうとするも届かず3番手。でも横ちんは2Mで外の池田浩を牽制する全速旋回で池田浩を逆転、内の4号艇今村豊をも突き放して2着ゴール、中川に実績のある淺田千横ちんが那珂川で阿波姫ワンツーを飾ってます。

 その他の話題としては、5R動画)はギャグは外してもターンマークは外しません湯川浩司1着となり、勝利者インタビューで「これからはターンマークを外していきます。」と、ターンマークは外してもギャグは外しません宣言をしたでチッチキチ〜。

 また、本日は負傷帰郷が2名。初日2RでFを切って賞典除外第1号になった選手宣誓担当吉田弘文が6号艇の9Rで大外から間を割ろうとしたところ1M振り込み選手責任転覆。1つ前の8Rでは1号艇石渡鉄兵が逃げて江戸川鉄兵シリーズ初1着となり、千葉県民の鉄兵ちゃんが千葉ちゃんの勝利者インタビューを受けましたが、同支部の村田修次は5コースから1M初動を効かせようとしたところ振り込み選手責任転覆。4カドにいた岡本慎治が転覆艇に乗り上げ大きく置かれ、大外の淺田千も減速を余儀なくされた事でムラッシュは不良航法も取られてしまいました。
 でもムラッシュは帰郷前にこんな置きみやげを。「(プロペラについて)ムラッシュに「絶対合ってないよ」って言われたんで、全然違う形に変えてみました。もう着順に現れてると思います。このペラをもうちょっと乗りやすくしたいですね。」と、11Rで鮮やかな3コース捲り差しを決めてシリーズ初1着を獲得した親友山崎智也の舟足向上に大きく貢献してます。しかしその智様、レース後にムラッシュ帰郷の一報を聞いて「えっ、マジッ…」と絶句したとのこと。

 ところで、コメント欄で気軽に参加できるK-BATTLEの「競艇ダービー ○○さんに全部」、ルール詳細はこちらです。奮って参加しましょう。

江戸川ナイタイスポーツ杯優勝戦
 
 4号艇中辻崇人がスロー起こしとなり進入は枠なり4vs2。夕暮れ迫る競走水面上、さあ各メンバーが必勝を期してレースコースに進入してきました。盛り場のトップナビゲーターナイタイスポーツ杯を懸けての3周レース1800mです。が、そんな穏やかな夕暮れ時に静寂を打ち破る2号艇伊藤宏(元光通信時給90円)の果敢なつけまい一発。想定外の一撃に1号艇渡邉英児も為す術無く、盤石と思われた渡邉英児は2番手に残すのが精一杯。4月のスポーツニッポン杯に続いてイン戦捲られ2着でした。
優勝した伊藤宏は昨年3月の唐津JLC杯争奪戦以来久々の優勝で通算V7です。ちなみにナイスポは200円なので時給90円だと3時間働かないとナイスポが買えません。
 ところで、優出者には副賞としてナイタイスポーツ社賞が送られたのですが、何が送られたのか結構気になるです。もしかして無料券でしょうか。

 最後に、5Rで伊藤宏と同じ福岡の柴田大輔が欠場。返還額は39300円でした。

下関優勝戦

 6号艇服部幸男先生がピット先制でイン取りに成功も、イン譲った1号艇山口裕二が深インの服部先生を伸びで圧倒して捲り先制。2003年8月の桐生サルビア杯以来久々の優勝を飾った山口は通算V3です。
大外から差した清水攻二が二着に入り、「二」なワン二ー。

【全日本選手権】山室展弘さんSG復帰即白星で中洲を沸かす!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日から競艇ダービー福岡SG全日本選手権が始まりましたが、2年前の当地第51回全日本選手権以来の福岡水面、昨年の多摩川SG総理大臣杯以来のSG出場となる山室展弘さんが遂にSG復帰です。
 前検では山室さんに関するこんなエピソードがあったそうです。Sports@nifty競艇特集の取材でピットにいる黒須田守団長の顔を見るなり

山室さん「クロちゃんがいるかと思った
クロちゃん「よく言われます!
山室さん「ふーん、よく言われるんだ

 オチはSports@nifty競艇特集:ご機嫌――前検のピットで確認してみて下さい。


 ここから当日の話題ですが、注目の選手紹介動画)はこんな感じ。

内田和男アナ「艇界屈指の個性派スターの登場でダービーはいやがおうにもに盛り上がる、必殺の桃太郎侍山室展弘!
山室さん「あっ、みなさんようこそ〜。
うっち〜「ありがとうございました。ボケましたね。

 そして「特訓でも分からず。」とのコメントを残して出走した1回乗りの11R(北東向かい風7m波高6cm)は歴代全日本選手権覇者対決で、4号艇の山室さんは4カド21トップスタートから見事捲りきって1着。2着には5コース捲り差しの濱野谷憲吾が内側で粘る1号艇上瀧和則を2Mで差しきり入線。レース後に「この水面危なくて。」とのコメントを残しながらも那珂川のうねりを恐れないアグレッシブな旋回でダービー王対決を制しましたね。


 千葉誠一アナによる勝利者インタビューでは(以下要約)

山室さん「ふ〜っ、ども。
千葉ちゃん「スタートなんですけどいかがでございましたでしょうか?
山室さん「スタートはゾーンに入ると思って行ったんです(コンマ21)。
千葉ちゃん「1M、思いきって行きましたがこの辺りは?
山室さん「今日はこの水面なんで、無事故完走だけで、怪我だけしないようにと思いまして。
千葉ちゃん「朝から凄いうねりでしたが、今の状況は朝と比べると?
山室さん「朝試運転してないんでね、朝は人のレースを見ると大変だったみたいですね。明日は我が身ですわ。
千葉ちゃん「朝からいろいろ調整しているように見受けられましたが?
山室さん「整備好きなんでね、いつもやってます。
千葉ちゃん「整備の手応えは?
山室さん「モーター的には分かんないですね。ビデオ見ていただいて、判断していただければ。まあ生で直接見たほうが分かると思います。
千葉ちゃん「直接生で見たほうがいいといえば、山室選手を応援しているファンもたくさんいます。
山室さん「ぼくは見なくていいんで、期待されたらやる気なくす方なんで、泳がしていただきたいです。
千葉ちゃん「最後にひとこと、お願いします。
山室さん「無事故完走だけで一杯一杯です。

 という楽しい勝利者インタビューですが、明日の山室さんは4R1回乗り。文字で乗るのは後半レースだけなので明日は勝ってもオフィの勝利者インタビューには乗らないから注意。


 ここからは山室さん以外の話題。選手宣誓した吉田弘文が1走目の2Rで2号艇2コースの早い飛び出しから捲りに出て三号艇三コース三嶌誠司の捲り差しを誘発し、吉田は三嶌に差されて2番手追走もいきなり+02のフライングに散り、見送りにきた真紀子夫人と息子さんが悲しむ内容になりましたが、その吉田もいた7R(北東向かい風8m波高7cm)では守田俊介4コースカド受け捲り決まったぁ!と見せかけて那珂川のうねりにやられて振り込み失速6着
那珂川しゅん(;_;)すけな内容になっちゃいました。

 北東向かい風10m波高8cmの競走水面で行われたドリーム戦は4号艇3コースの西島義則が見事なつけまいで1着
イン戦もペリカンさんに捲られた山崎智也は更に4カドの艇王植木通彦と2コースの王者松井繁、計2艇に差されて4番手も、2Mでは大外差し5番手から艇を伸ばして先マイしてきた中村有裕(長男誕生おめでとう)を行かせての差しで3艇まとめて差しきる華麗な捌きを見せ、2周1Mでも切り返しで先マイしてきた中村有裕を先に行かせてゆうゆう差しきり2着と、艇界ナンバーワンの実力者は波風もソツなくこなしています。3着には艇界のネオ・ヒーロー中村有裕が艇王の追撃を振り切って入線し、世代交代をアピールです。
 そんな中、選手紹介で「おはようございます。ここに来る前友人に、「お前は人数合わせだから、みんなの邪魔をしないように走れ」と言われました。俺はオマケじゃない!」と自虐ネタを披露した5号艇5コース徳増秀樹はスタートこそ07でトップでしたが、行き場無くみんなの邪魔をしないように引き波を避けての外マイで6着。SGウィナー5人に混じってドリメン唯一の記念未勝利選手でしたが、人数合わせやらオマケやら言われても仕方ない内容だったのは残念。
 ペリカンさんの話題に戻りますが、動画では分かりませんでしたが、インタビューでは「1等でゴールしたら山室が「ガッツポーズせい」って。ちょっとガッツポーズしたんですけどね、二度とこんなことはないと思います。」とカミングアウトしてます。こんなところにも山室さんの名前が(笑)

第9R以降2周戦江戸川ナイタイスポーツ杯4日目

ナイスポ号外第6回ナイタイスポーツ杯特集 第1R(北西向かい風8m波高10cm)が始まりました。今日から追加参戦の3号艇2コース井坂友則が1Mでターンマークにぶつかり転覆、2号艇6コース岸本雄貴もターンマークの内側をかすめてエンスト失格です。

 第3R(北向かい風8m波高10cm)が始まりました。人気の中心2号艇木下陽介が1号艇早川清一を捲ろうとしたところで振り込み転覆。それに早川と5号艇角浜修がぶつかってしまいました。しめて3選手が転覆です。
木下は4カド握って1M波に引っ掛かった2日目第2Rに続いてシリーズ2度目の転覆です。

 今日は王者岩井繁が一変。第4R(北西向かい風7m波高10cm)では5コースから捲り差しで突き抜け1着、北寄りの風が8mと強めに吹きまして波高が15cmの後半第8Rではインから14トップスタートを決めての逃げで1着と、4日目にして王者連勝のゴールです。この連勝で予選得点率を7.14とし、優出圏外から一気に優出圏内の第8位に押し上げました。

 本日一番の頭鉄板レース第7R(北寄りの向かい風7m波高10cm)は大本命の1号艇渡邉英児が他を圧倒する12トップスタートから余裕のイン速攻、1Mで早くも独走に持ち込む手を付けられぬ強さで1着、2着には4カド34スタートの5号艇横山節明が入り、2コース順走の西原明生が3着でゴールインした結果、2連単&2連複&3連複が220円で3連単が470円と本日の最低配当を記録しました。
尚、このレースは3号艇6コースにF2で今シリーズベタ降りの岸本雄貴がいて実質5艇立てだったのが低配当化を加速しました。
 
 北寄りの強風が吹き抜け、雨も降り出し、競走水面上に投光器の明かりが降り注いだ本日一番の荒天レース第12Rは2周戦で北向かい風8m波高25cmの競走水面。アグレッシブなレースが展開され、1号艇濱崎誠が21トップスタートでイン速攻を決め、人気の渡邉英児は4カド32スタートから捲り差しを狙うも2号艇田上直樹に張られた結果外マイとなり、濱崎・田上に続く3番手。尚、大外47スタートだった牧宏次は1M握って外マイで5番手。
2Mでは濱崎が若あゆのごとく軽快に先頭を回る中、渡邉英児は内の田上に張られながらもつけ回り、腕と足の違いで2番手浮上。尚、牧宏次はここで差しを入れて4番手に浮上。
そして2周1Mで渡邉英児がフルターンで田上を完全に落とし、その展開を突いて牧宏次が田上を差して3番手に浮上。
更に最終2周2M、先頭の濱崎が波にもたついてるところをインサイドからドーンと飛ばした渡邉英児が遂に先頭に立ち、1M3番手かエキサイティングな走りで大逆転の1着ゴールイン。突進された濱崎は牧宏次に差を詰められるも振り切り2着、牧が3着でゴールインした結果2連複170円、2連単&3連複330円、3連単790円とここも堅い配当に。

 荒れ水面で更に強くなる渡邉英児は今日も連勝、これで予選得点率10.29。7.86で2位の鈴木博に大差を付けており、仮に明日3号艇1回乗りの第10Rで責任外失格になっても得点率9.00。優出当確は勿論、優勝戦1号艇も既に当確です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ