ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

全日本プロレス

全日本プロレス杯初代チャンピオンは市橋卓士!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日の東京スポーツ見出しは「新日・全日・ノア オールスター戦 1.4ドーム大会合体」と、昨日に続いて一面に全日本プロレス社長武藤敬司が登場。そんなプロレスLOVE武藤敬司が本日18時30分からあった久留米リサーチパーク大会の試合前に来場した福岡競艇場全日本プロレス杯最終日

 さて、IWGPV3防衛中でもある武藤敬司から優勝カップとサイン入り武藤ベアーTシャツが貰える優勝戦は今年3月の当地燃える闘魂!アントニオ猪木杯チャンピオンの島川光男が今年V6と当地連続Vとプロレス杯二冠を狙って黒師無双の2号艇で乗艇。
 そして6号艇宮地秀祈(今節選手代表)が動いて1263/45になった進入から1号艇柏野幸二が15トップスタートを決めるも柏野は宮地を張りに行った分流れて、ミツオと3号艇市橋卓士の差しが。2Mは一番外の柏野がミツオを締めて先行体勢も最内の市橋が柏野を張って飛ばしきり、内から迫るミツオも振りきった市橋が2003年7月スポーツ報知杯争奪戦においてデビュー初Vを飾った思い出の福岡で約5年ぶり2回目にして今年3回目・通算12回目の優勝。市橋卓士が猪木杯チャンピオンを従えて栄えある初代全日本プロレス杯チャンピオンに輝きました。

 27日から始まる福岡次節は全日杯チャンプが初優勝を飾った思い出のレーススポーツ報知杯争奪戦。28日には85期4024井口佳典の銀河系トークショーがありますが、井口は前日にボートピア習志野でもトークショーを行う人気ぶりです。

常滑G1マーメイドグランプリ優勝戦

 中日スポーツ金杯争奪常滑競艇開設55周年記念競走G1まあメイドグランプリ優勝戦は4号艇市川哲也(広島)以外は全員東海地区で中日金杯にふさわしい顔ぶれに。
 レースは6号艇赤岩善生(愛知82期3946)が動く構えを見せるも回り直して1235/46の並びになり、1号艇坪井康晴(静岡82期3959)が1M先行して先頭リードは3艇身と単独抜け出し2006年7月G1徳山クラウン争奪戦以来4つ目の記念Vにして今年4回目・通算27回目の優勝。副賞で中日金杯の他に、そのものずばりな常滑焼のツボも獲得したつボイはこのVで年間獲得賞金も7000万円近い数字になり、住之江SG賞金王決定戦も当確。まさに愛知はええよやっとかめ。
 後続は順走の2号艇新美恵一(愛知)がややリードも、捲り差し不発から切り返した3号艇菊地孝平(静岡82期3960)と2番差しの市川が迫り、2Mは孝平が艇を伸ばし先行。しかし、孝平と市川の間を割ったけいいちくんが孝平を差しきり、2周1Mではぶん回した孝平が大きく流れてけいいちくんが2番手をキープ。同期連番ワンツーを阻止しました。
つボイ、ツボをもらう。


芦屋競艇マクール杯争奪戦優勝戦

 初日6R2着以外は9戦全勝の1号艇横澤剛治(静岡82期3956)が枠なり3vs3の進入からイン戦押し切り、通算100優出目を通算22回目の優勝で飾り、静岡82期三羽烏つボイと同日優勝。
 2着には前走地桐生G1赤城雷神杯で完全優勝を達成した2号艇中島孝平が1M若干もたつきながらもダッシュ勢をブロックした順走で2着に入り、孝平の勢いは今節も持続。
 尚、11R順位決定戦に3号艇で登場した菊池峰晴は1M差し遅れた上にキャビってしまい6着。そして、約1時間後の常滑に出走した孝平(菊地)の着順は孝平(中島)と同じ着順では無く、道中競り負け菊池峰晴と同じ着順でした。

 26日から始まる芦屋次節はマリンテラスあしやカップ。国民宿舎マリンテラスあしやのタイトル戦です。

多摩川東京中日スポーツ賞優勝戦

 日本一の静水面、是政夢劇場の東京中日スポーツ賞優勝戦は1号艇渡邉英児に3号艇服部幸男先生に6号艇松下一也と東海静岡から3人が乗艇。更に2号艇武田光史も中日エリアの福井県で、5号艇石塚久也はトーチュウエリアの埼玉県。
 ですが、レースは枠なり3vs3の進入からドラゴンズカラーながら中日とは最も縁が薄い佐賀県民の4号艇森永淳が一気の4カド絞り捲りを決め、今年は7月のG1下関モーターボート大賞に続く2回目・通算10回目、多摩川は3度目の参戦にして初優勝。二段捲りの石塚が2着、外マイのPanasonicが3着に入りまして、森永にパックンチョされたえいじと服部先生の静岡A1コンビは下位を独占してしまいました。

 さて、予選4勝2着3回の森永は本来優出1号艇ペースの成績でしたが、昨日の7R6号艇で1362/45の3コースから捲りに行くも1号艇高橋淳美に張られて最後方。ですが、2周1Mで森永は高橋淳美に突進して高橋淳美は転覆(動画)。転覆艇に乗り上げた2号艇笠雅雄も転覆し、森永はエンストしましたが再始動に成功して何とか完走。突進で事故原因を作った森永、ココは妨害失格こそ免れたものの不良航法で7点減点され4号艇での優出になったのです。
森永ジュンチャン


丸亀デイリースポーツカップ優勝戦

 まるがめポイントクラブ略してまるポクラブ発足記念開催は125/346の進入から1号艇平石和男がイン戦押し切り、ドリームハウス平石は今年2月平和島G1関東地区選手権以来となる通算35回目にして丸亀初優勝
 後続は捲り差した4号艇山田豊に対し、内で伸び返した5号艇吉田隆義が2Mを先行するも、これを差して捌いた山田が2着。

 尚、4カドつけまい届かず4着に終わった3号艇鎌田義(兵庫)ですが、SG全日本選手権で再び丸亀に登場。こないだの桐生競艇場でも売ってたオレンジサンシャインなチャリティーTシャツをデザインして地元選手並みにSGを盛り上げています。そんなカマギーは10月4日に尼崎競艇場で壮行会トークショーに出演予定。

宮島長月賞優勝戦

 スタート展示の142356から一転、134/256になった進入から2号艇眞田英二がカド捲りを決め通算14回目にして宮島初優勝のゴールイン。展示3コースから本番4カドに引いたのが大正解でした。
 後続は捲り差した6号艇坂口周が、内で踏ん張る4号艇小畑実成を2M行かせて差しきり、1M外マイから2Mめぐるの内に入って来た5号艇山川美由紀の追撃も振りきり2着。

徳山カシオペアリーグ桐ゾ\

 おとめ座とてんびん座とやぎ座の選手で争われた5日間シリーズのファイナルは山羊座が4人を占め、枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇角谷健吾(山羊座)と12トップスタートから差した2号艇北川幸典(山羊座)、それに2番差しの5号艇中岡正彦(天秤座)による争いになり、2M内の中岡を包みきったゆっきぃ北川が抜け出し今年3回目・通算54回目・徳山4回目の優勝。2M中岡を差したケンゴが2着。

唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯3日目

 本日は85期4044湯川浩司の銀河系トークショー。ピリッとウィットに富んだ湯川のチッチキトークは携帯マクール唐津コーナーで連載中の「エンタ亭カナエの先走りブログ」に愛くるしい笑顔の写真と共に掲載されてましたが、本日は85期4052興津藍と85期4027松江秀徳の銀河系2人が全勝。 
 先ず、4R3号艇1回乗りの松江は234/561の2コース差しから、2番差しで併走する5号艇金子勝利を行かせて差しきり今節初勝利。
 次に、藍ちゃんの前半5Rは枠なり3vs3の4号艇4カドから差しきり今節3勝目。2号艇で登場の後半9Rは枠なり4vs2の2コースから差して先頭。しかし2Mで膨れ、捲り差しで追走する5号艇三品隆浩に差されてしまいますが、2周1Mで三品を差し返し連勝。と、銀河系が3戦全勝でした。

 最後に、4戦全勝の5号艇下田哲也が5号艇1回乗りで登場した10Rは123/564の進入から3号艇濱田和弘福岡支部長が下田の壁になり、仕掛け遅れた下田は外マイから2M差しての4番手。先捲りの2号艇小野信樹1着となり、下田の連勝は4でストップ。
 ですが、捲り差しで2番手の濱田に対し1号艇堤健一が迫り、3周2Mで外の堤が濱田の内に入ろうとして艇が浮いたところを一気に内へ切れ込んできた下田が最後の最後で3着に上がり、4連勝が伊達でないところを見せています。

【FLASHING TOUR 2008】全日本プロレス杯福岡競艇場大会開幕!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡競艇場で20日から始まった4日間の短期バトル全日本プロレス杯。今年3月燃える闘魂!アントニオ猪木杯チャンピオン島川光男も当地連続優勝とプロレスタイトル二冠を狙って参戦。

 1Rは企画レースで「ベテラン・若手対決」。枠なり3vs3の進入から1号艇西島洋一59歳が先行体勢も、4号艇水摩敦22歳が捲り体勢。水摩の捲りはやや流れ、2号艇西和則51歳の差しも振りきったY.Nishijimaが踏ん張りきるも、2Mで水摩敦が果敢な全速ラリアート旋回でY.Nishijimaを捲りきってフォール成功の逆転1着ゴール。

 太宰府市ほさか様選出のファン選抜は3号艇岡田憲行が動いて132/456の進入になり、岡田と1号艇宮地秀祈(今節選手代表)がスタートやや後手。そして21スタートの2号艇鈴木賢一が29スタートの宮地を捲りに行き、その展開を突いた4号艇・猪木杯チャンピオン島川光男が宮地と岡田の間を割る捲り差しで突き抜け1着。2M突っ込んできた宮地を行かせて捌いたスズケンが2着。
 猪木杯チャンピオン島川光男は3号艇の前半7Rは3コースから1M→2Mと連続で外をぶん回す豪快なレースで2着。モーター46号機は前回G1福岡チャンピオンカップでスーパーストロングマシン平田忠則が優出2着したモーターと足の方もばっちりです。


<開催中イベント>
○9月21日(日) 全日本プロレス Wチャンピオントークショー
出演:第37代ヘビー級チャンピオン諏訪魔
第26代世界ジュニアヘビー級チャンピオン土方隆司
MC:大串理彩
時間:第5レース終了後12:30頃  第8レース終了後14:00頃

○9月23日(火・祝) プロレスLOVEトークショー&表彰式
出演:全日本プロレスリング株式会社 代表取締役武藤敬司
MC:前田くみ子
時間:《トークショー》第5レース終了後12:30頃 第8レース終了後14:00頃
   《表彰式》優勝戦終了後16:20頃 

○9月20日(土)〜23(火・祝) 全日本プロレス展示会
全日本プロレス杯開催期間中、福岡競艇場内で全日本プロレスに関する展示会を実施しております。三冠ヘビー級チャンピオンベルト(レプリカ)やグレート・ムタのコスチューム、マスク、各種写真パネルなどファン必見のアイテムが並びます!

<開催中大会>
○9月20日博多スターレーン大会(終了済)

○9月23日久留米リサーチパーク大会(18:30開始予定)


 最終日の武藤社長は表彰式出席後久留米リサーチパークに移動。出場は第5試合の予定なので多少渋滞しても間に合いそうですね。


 サタデーナイトは帰京中の師匠にして競艇POG仲間でもある田中信一郎さん(仮名)と競艇POG仲間の菊池峰晴さん(仮名)、それに競馬POG仲間な中村二三男さん(仮名)で競馬POG仲間の肴菜ya@大山で飲み会。帰ってすぐ寝たのでこれ書いてるのはサンデーモーニングな訳ですが、せっかくなので競艇POGの途中経過を貼っておきます。
競艇POG2008(9月20日現在)
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ