ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

佐野隆仁

若松で魚谷香織と南明奈のコラボがあった今日の出来事

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は2連勝ナイトフェスタの開催場企画、南明奈来場イベントが5場目である若松(ミニボートピア北九州メディアドーム開設4周年記念競走3日目)に来場。
 アッキーナイベントのトリになった若松アッキーナイベントはナイトフェスタ全5場で実施されたアッキーナイベントの中でも特に力が入っていて、アッキーナに加えて全国スター魚谷香織も出演。
 最近は福岡ボートオフィシャルペラ坊ブログともコラボしてるぅぉちゃん★ぶろぐにはぅぉちゃんとアッキーナの豪華ツーショットが。
 
 そんなツーショット記事の数時間後には「報告ッッ!!!」というタイトルで福岡95期青木幸太郎と11月5日に入籍して福岡支部に移籍する事を正式発表。

 東スポの結婚報道から約2ヶ月後に正式発表されたわけですが、
 「新聞の方で結婚するとぃぅような報道が出てたみたぃですが…間違った内容も記載されているみたいで少し悲しいです(つд`)
 きちんとした事は…
 自分でブログに載せていきたいと思いますので
 暖かく見守って下さぃ♪♪

 という9月3日の宣言通りきちんとした事を自分でブログに載せたぅぉちゃんの発表と東スポの記事を比較すると東スポの記事は結婚時期が間違ってたようですね。
 それはともかく、ペラ坊ブログの記事によると犬組福岡公演が近々あるみたいなのでぅぉちゃんの結婚式で間違いなく犬組公演が披露されるでしょうね。


 さて、福岡支部移籍後も来月14日に芦屋で美ママモデル桃華絵里と共演予定のイベント、当確の唐津SGチャレンジカップ、12月24日からOA予定のCMと全国スターとして大忙しのぅぉちゃんに憧れてやまとボートレーススクールに入学した1人の109期訓練生を紹介します。

 その訓練生は入学式で代表宣誓を行った山口県出身の芦村幸香訓練生。
 高校時代は県立長府高校軽音楽部に所属して29゙34のベーシストとして情熱を燃やし、卒業後は下関競艇キャンペーンガールEdyナビ読者モデルなどモデルやコンパニオンとして九州や下関を拠点に活動し、日本テレビ系全国ネット番組恋のから騒ぎ出演歴もある一方で下関市消防団としてボランティア活動も行ってきた芦村幸香訓練生はブログ中でも大好きと触れている程のぅぉちゃんファン。
 もちろん目標はぅぉちゃんのように実力と人気を兼ね備えた選手になる事だそうです。

江戸川夕刊フジ杯優勝戦

 ぅぉちゃんと同期で今度からは同支部になる福岡96期4332村上彰一が3号艇でデビュー初優出を決めた優勝戦は1号艇三井所尊春が16トップスタートの速攻で押し切り、普段は積極的なコース取りで知られるミーショが今節は江戸川スタイルに合わせて6コース進入を2回経験しながらもオール3連対の成績でポールポジションを勝ち取った結果、今年4回目・江戸川初・通算14回目の優勝を飾りました。
 後続は差し順走の2号艇柏野幸二が2番手で、捲り差しの4号艇森脇徹と差し続く6号艇渡修平が柏野を追いかける展開でしたが、2M内突いた渡兄を柏野が包んでやや膨れた展開を突いて2艇を行かせた森脇が差しを決め、舳先ねじ込んだ森脇が2周1Mを先行して柏野の差し返しを振り切って逆転2着。

 尚、優勝戦以外の出来事として第8Rで4号艇秋元誠が1周1M差しを狙った際に振り込んでしまい、選手責任沈没を喫しました。

住之江スポニチ杯争奪なにわ賞優勝戦

 126/345の進入から3号艇吉永則雄(大阪)がカド捲りを決め、捲り差しで続いた4号艇松田祐季(福井)とトップ併走になりますが、両者のトップ争いに対し1号艇魚谷智之が青き枠のポストコータロー松田ゆうきにうおっと突進仕掛け、白魚はバランスを崩しながらも先マイ成功。
 一方、突進された松田ゆうきは最後方に下がり、のりおも突進を避けて外へ流れ、替わりに2Mブイ際突いて上がってきたのは1M差して4番手だった6号艇亀本勇樹
 白魚が出口でバタついた分単独先頭に立った亀本ゆうきに対し、白魚は2周1M切り返して先行しますが、差した亀本ゆうきがBS舳先をねじ込んで2周2Mを先行し、ここで白魚を振り切った亀本ゆうきが今年2回目・住之江3回目・通算44回目の優勝
 表彰式では1Mで松田ゆうきに勝たれたと思いましたと振り返りつつ、魚屋のおかげで優勝できましたと振り返りました。
2連勝ナイトフェスタ

 ところで、今節は2連勝ナイトフェスタということで27日にアッキーナが来場。
 AmebaIDを取得して読者登録するともれなく5アメGがもらえるSG第25回賞金王決定戦公式ブログではそのステージを見に来た人だかりが掲載されております。

 そして、浅田直子ことアッサーナですと27日のアクアライブステーションで自己紹介したピチピチ浅ちゃんが司会の選手ふれあいコーナーには昨日佐野隆仁が出演。
 競艇神横山やすしの愛弟子として知られる佐野隆仁のトークは聞き応えがあり、寂しい入りだったらしい客席に問いかけて返ってきた3連単がないからつまらないという声に耳を真剣に傾けたり、一方特に否定的な返事が無かったスタート展示中止に対しては歓迎の意向で、自身のように積極的に内を狙う選手や阿波勝哉みたいに外から一撃狙う選手が増えて欲しいなどの意見が聞けます。

バレンタイン翌日のバレンタイン特別は女王横西にたけしの挑戦状。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「各選手が優勝へのラブコール。その思いは誰がカナエるか。蒲郡バレンタイン特別、いよいよ優勝戦を迎えています。1日遅れのチョコレートよりも、あなたの強い走りが見たいとファンは願います。1番人気は横西奏恵です(動画)。

 ということで蒲郡バレンタイン特別優勝戦は「かなちゃんには本当にかないません(動画」「どのカードもハートを熱くする段違いの迫力とパフォーマンスでファンはもうかなちゃんに首ったけぇ!(動画」と、かなちゃん大好き高橋貴隆アナの名フレーズが生まれた夜の女王決定戦連覇の実績を誇る横西奏恵がホワイトチョコレートの1号艇。対するはビートの効いた走りで昨年10月の当地G3新鋭リーグ戦イーバンク銀行杯を制してタイトーして来た川上剛91期たけし軍団長がブラックチョコレートの2号艇で、横ちんに「たけしの挑戦状」をたたきつけます。

 そんな見所たっぷりの一戦は枠なり3vs3の進入から3号艇・「満月」を歌う飯田加一59歳が54と大きくスタート凹み、23スタートの4号艇山口浩司に有利なスリット隊形になりますが、17スタートのたけし軍団長が川上献身の壁になって絞れず、外マイも横ちんにブロックされて優勝争いに加われず。
 先頭は逃げる横ちんと差して来たのたけし軍団長のマッチレースになり、差し届いたたけし軍団長が2Mを先制するも、「1号艇全速差しぃ!1号艇横西ぃ!鋭い角度の斬り込みから横西の艇が差さって来ている。」と差し返しに成功した横ちんが先頭逆転。2周2M先に回った横ちんは艇がややバタつきますが、差すたけし軍団長も少々もたついて先頭変わらず。よって、たけしの挑戦状を受けて立ち、接戦の末退けた横ちんが今年2回目・通算33回目の優勝。ファンのみんなにチョコレートの替わりとして舟券配当(2連単280円3連単600円)を提供です。

 それにしてもブービー機と咳き込む体調のダブルパンチながらもきっちり予選1位の優勝戦1号艇で混合戦優勝を飾るあたり、さすがは蒲郡夜の女王。また、東海地区には横ちんの熱狂的なファンが多いそうですが、今夜の表彰式でもいつもより明らかに大きい歓声といつもより明らかに多いカメラの数、そしてトトまる人形投げ後の即席サイン&写真撮影会と、中継越しでも人気の高さを実感しました。
 尚、下の写真はバレンタイン特別監督のお膝元千葉マリン海浜幕張の隣駅、新習志野にあるボートピア習志野でのものです。
横西奏恵&清水久美子の76期美女コンビ


【今日は駐車場の抽選日】

 O2ブランドの飯山泰G1関東地区選手権を制したバレンタインデーから一夜明けた今日は駐車場の抽選日。ちなみに駐車場の移動日はG1蒲郡ダイヤモンドカップと中京G1高松宮記念の愛知県WG1デーな3月29日です。

 駐車場の抽選時間は14時だったので、今日は午前中だけ平和島競艇場に。府中市長杯初日三国G1近畿地区選手権を併用発売だった平和島には時間の関係で車で行き、BIGFUN平和島臨時駐車場に駐車して2008年度G1トーキョー・ベイ・カップ最終日の前売指定席券を買って、笹川賞ファン投票をしてペラ棒貰って、平和島版おは特の3Rをやり終わって三国準優の前売買って、はまかぜの牛もつ煮込みライスを食べたところで帰宅。
 ちなみにファン投票のお手伝いにはデビューの経緯を綴ったVIVA!キューティーブログと多摩川競艇HPスペシャルインタビュー「大ケガから復活!102期生 滝澤友恵選手ついにデビュー!」が大きな反響を呼んだ102期4493滝澤友恵(昨日まで尼崎マンスリーKYOTEI杯参戦)が来てましたです。
大ケガから復活して無事選手になった滝澤友恵


芦屋ボートピア勝山オープン15周年記念レース優勝戦

 福岡県京都郡みやこ町にあるボートピア勝山の開設記念は枠なり3vs3の進入から1号艇佐野隆仁が02トップスタート起こすでしかし、2号艇木下陽介が05スタートからいい角度の差し。しかし振りきった佐野が芦屋3回目・通算25回目の優勝

 昨日は飯山やすしがカンチクで優勝、そして今日は横山やすし神の愛弟子佐野隆仁が優勝。昨年9月の芦屋前回参戦にして自分も現地参戦したマリンテラスあしやカップでは正味の話節間未勝利といいところありませんでしたがしかし、今節は11戦9勝オール3連対と9月の借りを返す事に成功。
佐野たかじんのはちまき写真もあるマリンテラスあしやカップ出走表


常滑中日スポーツ銀杯争奪戦優勝戦

 6日間シリーズ銀杯の頂上決戦は枠なり3vs3の並びから1号艇菊地孝平が12トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年V3・通算28回目の優勝。孝平には届かずも3艇を叩ききるスピード感たっぷりの捲り差しを見せた5号艇芦澤望が2着。

 ちなみに今節は当初瓜生正義が斡旋予定も2月8日に斡旋消除。ウリ坊の替わりは地元黒柳浩孝でした。次に、香川友尚(香川)が今節前検日の2月9日に斡旋消除。香川の替わりがなんと、前日まで津G1東海地区選手権を走ってた菊地孝平。津から休み無しの追加斡旋でしたが、見事優勝で飾って銀杯で乾杯!

鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦

 鳴門商工会議所(会頭:勘川一三)のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇花田和明が14トップスタートの速攻でぶっちぎり2007年5月丸亀日刊スポーツカップ以来となる通算27回目にして2007年10月結婚式後の初優勝
 後続は順走の2号艇大庭元明が2着に入り、つけ回った4号艇池本輝明が3着に入って3人優出してた「明」選手が上位独占。

児島スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から11トップスタートの3号艇吉岡政浩が捲り差しで先頭に立ち、逃げる1号艇烏野賢太10R準優勝戦で通算1500勝達成)と差す4号艇瀬尾達也で2番手争いの格好に。2Mは内押っつける瀬尾を吉岡が包んでかわし、ずばっと差した烏野が吉岡に急接近も、辛うじて振りきった吉岡が先頭死守。
 2周1M吉岡が先行して3-1隊形でほぼ出来上がりますが、2周2M懐を空け気味に回った吉岡に対して烏野が押っつけ気味に斬り込み、一気に差しきった烏野が大逆転で通算68回目の優勝。ちなみに前回Vは昨年12月23日のアフター賞金王蒲郡ファイナルカップ(最終日売上6億7364万5900円)でしたが、今年の12月23日は住之江12Rを走りたいところですね。

大村公営レーシングプレス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志が07トップスタートの速攻で押し切り、通算20回目にして大村初優勝。17の5番手スタートながら果敢につけ回った5号艇打越晶が2着。
 F2に泣いて現在A2も、11月以降の勝率は8.29と今日時点で全国3位の好成績。そして2007年7月児島倉敷市議会議長杯争奪戦以来の優勝で、優勝戦連敗も16でストップです。

今年のお盆を締めくくる大阪ダービー摂河泉優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年3度目のオール大阪にして全国お盆開催の大トリを飾る住之江大阪ダービー摂河泉競走。メッカ住之江競艇を走ると競艇オフィシャルの選手プロフィール写真が新しくなるのですが、佐野隆仁の顔写真は必見の出来に仕上がってます。レースは予選落ちでしたが、顔写真に大阪ダービー王の称号をあげたいです。
 それはさておき、大阪ダービー王を決する一戦優勝戦(賞金150万円)は124/356の進入から1号艇太田和美(奈良在住大阪支部)がインからすんなり押し切り今年2回目、住之江は16回目、オール大阪7回目、摂河泉V3となる通算43回目の優勝達成で今夏の大阪ダービー王に決定。
 後続はカドから10トップスタートの3号艇石野貴之が2番差しで伸びきり2着。昨日の11R準優勝戦で1号艇の王者松井繁相手に2コース差しを決めた差し足は伊達ではありませんでした。その王者は優勝戦4号艇でしたが、1M捲り差しから石野の外につけて3番手の王者は2Mで石野に牽制され、その間に2号艇田中信一郎が王者を差して並び、2周1Mを先行して逆転3着。

 これで競艇界のお盆も終わりましたが、住之江次回開催は早くも明後日から残暑ときめき競走。地元からは繁野谷圭介原田秀弥のA級選手が登場する開催は25日までの4日間短期シリーズです。
 また、残暑ときめき競走最終日の25日17時まで中秋の名勝負G1高松宮記念特別競走(9月27日〜10月2日)のドリーム戦ファン投票を実施してます。

 最後に明日の予告。明日は衆議院議員太田和美の出身県である千葉県のボートピア市原に関する話題をお送りします。 

唐津G1全日本王者決定戦準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 光輝の先へ。唐津競艇開設54周年記念G1全日本王者決定戦は本日準優勝戦の5日目。1つ目の10R準優勝戦は126/345の進入となり、2コース11王者スタートながらしっかり差した我らが全日本王者の2号艇松井繁とイン戦の1号艇白井英治で先頭争い。そして2M先制した全日本王者を差しきった白井が1着。尚、1Mで捲り態勢も3号艇山下和彦に張られて出口でキャビった4号艇飯島昌弘(+02)と、3番手航走も2Mで山下和彦に突進されて落水した5号艇淺田千亜希(+01)はフライング返還欠場です(動画)。飯島は3月の平和島G1トーキョー・ベイ・カップ出場以降、淺田千は3月の児島SG総理大臣杯出場以降F休みとなり、F明け後3ヶ月G1選出除外になります。

 11R準優勝戦は枠なり4vs2の進入から12トップスタートを決めた1号艇江口晃生が3号艇市川哲也の捲りを振りきって1着。差し伸びてきた4号艇深川真二(佐賀71期3623)を2M全速戦であっさり突き放したテチャーンが2着。ちなみに深川は周回毎に順位を下げ、最後は2号艇上瀧和則(今節選手代表)と接戦でゴールして師匠に競り負け6着でした。

 12R準優勝戦1号艇は3日目12Rで12月9日津グランプリシリーズ第7戦3日目5R以来となる久々のイン逃げを決めた山崎智也(71期3622)。枠なり3vs3、インコースから123/456の並びです。スタート、第12Rスタートいたしました。山崎は1Mを先に回りましたが艇が浮いてターンマークを外してしまい、イン逃げできない☆病が再発。先に差した2号艇中村有裕と2番差しの4号艇平石和男による先頭争いとなり、内から2Mを先制した平石(ちなみに本日の唐津競艇場イベントゲストヒライ氏)が1着。今節初日の15日が大切なカミさんの誕生日だった平石、上尾市のドリームハウスで待つ都夫人と3人の子供に唐津みやげをお持ち帰りできますでしょうか。


 全日本王者を決定する優勝戦の枠番はこうなりました。但し松井繁は勝敗に関係なく永世全日本王者です。

1:江口晃生 2:白井英治 3:平石和男 4:松井繁 5:中村有裕 6:市川哲也

 意外な事に全日本王者松井繁は未だ唐津の記念優勝無し。ちなみに他の記念未制覇場は桐生・江戸川・平和島・蒲郡・徳山です。

若松あやめカップ優勝戦

 2008年最初にして2007年度最初の若松デイレースは124/563の進入から3号艇茅原悠紀(99期4418)が他を圧倒する09トップスタートで捲りを打ち、通算3度目の優出にして初優勝を目指しましたがしかし、5号艇山本英志に抵抗された分内を絞りきれず、茅原に加えインの1号艇佐野隆仁と小回り差しの2号艇中村守成が残っての3艇併走。そしてBS伸びて中村の差しを振りきり、茅原に対しても伸び返した佐野が2Mを先制して若松V2、通算では2006年4月大村一般競走以来となる24回目の優勝。惜しくも初優勝ならなかった茅原は2M全速戦で中村を捲りきっての2着。明後日21日は佐野の師匠横山やすしの13回忌命日で、師匠にお供えのVとなりましたね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ