ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

佐藤大介

4月28日は水上の格闘技 THE競艇ナイト2!!

 平和島競艇開設55周年記念G1トーキョー・ベイ・カップは本日予選最終日の4日目でしたが、今節の実況は奇数日の後半レースがヤッターマン田中伸明アナで、偶数日の後半レースがベイ吉松永良一アナ。
 明日の準優勝戦は地元飯山泰が予選1位で12R準優勝戦1号艇、魚谷智之が予選2位で11R準優勝戦、そして豊橋の佐藤大介が予選3位で10R準優勝戦1号艇になってますが、今夜たまたま19時30分過ぎから「総力報道!THE NEWS」を見たらお天気キャスターがなんと佐藤大介でした。


 ここからが本題。ベイ吉アナといえば昨年10月に新宿歌舞伎町のロフト・プラスワンで開催された「BOATBoyプレゼンツ・水上の格闘技・THE競艇ナイト」でのマシンガントークが記憶に新しいところとお伝えしておきますが、4月28日に第2弾の「BOATBoyプレゼンツ 水上の格闘技 THE競艇ナイト2!!」が開催されるとお伝えしておきます。

 場所は前回の歌舞伎町からパレットタウンZEPP TOKYO2FのTOKYO CULTURE CULTUREに替わり、開場18時30分の開演19時30分の終演予定21時30分で前売券1500円・当日券2000円(共に飲食代別途必要・ドリンク\400〜)。前売券は鳴門G1競艇名人戦初日の14日からイープラスで発売されるとお伝えしておきます。
 ここで場所の説明をすると、パレットタウンは常滑青海特別(今年は6月24日〜28日)の青海ではなく江東区青海のゆりかもめ青海駅そばにあり、りんかい線だと東京テレボート駅もとい東京テレポート駅が最寄りになります。ちなみに当日のZEPはSEX MACHINEGUNSツアー「なーるほど☆ザ・ワイルド☆春の祭典スペシャル」があり、1Fではマシンガンズライブ、2Fではマシンガンズトークがあるとお伝えしておきます。

 出演者は黒須田守編集長を始めとするBOATBoy編集部員とベイ吉アナに加え、ベイカップ準優11R5号艇にして同日初回放送の「まるがめ競艇ブルーナイター開幕記念直前PRゴルフ番組」で森下千里と共演した森高一真、それにNeoPan30佐山夏子アナが出演します。ちなみに同日はマクール杯(4月25日〜29日)の4日目で、偶然にもライバル誌のタイトル戦開催中とお伝えしておきます。
前回の競艇ナイト

 ここで私事。今日は午前中人間ドックで午後から通常勤務でしたが、ドックの受診先は飯田橋にあるこころとからだの元氣プラザ。で、食事はプラザ裏にあるうどん屋の無料券を貰ったのですが、うどん屋の名前が大胆にも「うどんの中のうどん 雅楽」でした。そのうどんですが、注文したのは「黒ぶたの肉うどん(サラダとじゃこ飯付き)」。バラバラな太さの手打ちゆでたて麺に甘辛く味付けられたお肉と肉の味が染みただしが絡む味でしたが、うどんの中のうどんと謳うだけあってセルフ店とは一味違うレベルでした。こんな上質のうどんがドックの無料券で食べられるのですから、こころとからだの元氣プラザは凄いですね。

びわこ卯月賞優勝戦

 名人戦ドリーム戦1号艇のゴージャス松野京吾が5号艇で乗艇したびわこ優勝戦。
 進入は松野が2コースまで動いて15/2/346の並びになり、1号艇渡邉睦広が16トップスタートも深インで伸びず、4カド20スタートの3号艇原田秀弥が捲りきります。しかし原田の捲りは2号艇海老澤泰行に抵抗された分膨れ、原田が作った展開に乗って捲り差した4号艇作野恒が通算19回目の優勝。松野と共に名人戦に出場する6号艇沖口幸栄(京都在住大阪支部)が差して2着。尚、松野は25スタートから1M小回りで残そうとするも作野に捲られ幸栄に差されで後方、5着に終わりました。


 びわこ次節は18日から新鋭リーグ戦第4戦G3新鋭戦。今年で44回目を数える伝統の新鋭戦には1月のG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦で優出1号艇も捲られて涙を飲んだ今井貴士を筆頭に、新鋭王座で不完全燃焼だった吉川喜継馬場貴也の地元コンビ、ドリーム戦を始め3度のイン戦全て着外だった篠崎元志といったあたりが新鋭王座の借りを返したいところ。新鋭王座組以外では103期の大型新人深谷知博がリーグ戦初登場なのが個人的に大注目です。

【The Morning Sun】チャレンジカップ準優勝戦【ぶっとばす!!!!!!!!!】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ぶっとばす!!!!!!!!! 「ぶっとばす!!!!!!!!!」をキャッチコピーに昨日まで6人がフライングするなど5億8880万5700円の返還をぶっとばしてる浜名湖SG競艇王チャレンジカップ。本日は準優勝戦のある5日目ですが、バブリちゃん海川ひとみハッスル×浜名湖競艇の強力タッグ記念対談を行った地元横澤剛治は予選得点率5.33の20位タイで準優進出ならず、一般戦の5R新婚生活にチャレンジに1号艇として登場。横澤は1236/45の隊形からイン速攻も、横澤とほぼ同体のスリットから捲り差してきた3号艇笠原亮に差され2番手。おまけに笠原は00で生き残りそのまま1着になったのに対し、横澤は+02のフライングに散ってしまいました。尚、このレースの残売上は2070万5500円でした。

 ということで一般戦の段階から返還があった5日目ですが、準優勝戦はどうだったでしょうか。先ずは毎日野菜を350g摂取しましょうと呼びかける1つ目の準優10Rチャレンジ毎日野菜350は123654の態勢から6号艇西島義則が回り直し、1235/46の進入隊形に。ペリカンさんは全然際どくない+07スタートをやらかしてしまいますが大外なので大勢に影響は無く、内側では賞金王目指して2コース直捲りをもくろむ2号艇原田幸哉を20ドカ遅れの1号艇市川哲也がキャビりながらも強引に原口を飛ばし、両者共倒れとなって服部幸男先生の賞金王が当確(原口の敗退が当確条件)になりました。
 この展開を突いて3コースから差しを決めたプロレスLOVEの3号艇佐藤大介がSG初優出を決める1着ゴール。佐藤大介のSG初優出には手作り雑貨屋コガネムシ(豊橋市南牛川1-14-14で豊橋競輪場の近く)も大喜びでしょうね。2着には捲り差した川崎智幸が入っております。
 捲り差しで3番手だったペリカンさんがFに散ったので、3番手は市川と原口の争いに。2艇激しく競り合う中、3周2M内から先に回った原口が競り勝ち明日の特別選抜A戦CO2削減にチャレンジの蠱翅質1号艇を獲得。1着賞金350万円の特別選抜A戦1号艇になったことで賞金王出場に望みを繋げました。尚、Fに散ったのが6号艇のペリカンさんだったので被害は少なく、残売上は2億5226万5900円でした。ちなみにペリカンさんのモーター9号機は前回競艇王チャレンジカップ前哨戦!遠鉄アタック今村暢孝が(1.1.1.1.1.1.F)と完全優勝目前でFに散っており、9号機は2節連続のフライングとなってしまいました。
プロレスLOVEなウイニングラン

 2つ目の準優11R高彰、舟券当てて車を買うチャレンジは枠なりオールスローになりかけるも5号艇西村勝と6号艇上瀧和則が共に回り直して枠なり4vs2。この進入から「い・ん・こ・お・す・の・い・ち・ご・う・て・い瓜生正義までこれもかなり際どいスタート、只今のスタート判定中只今のスタート判定中お手元の投票券大切にお持ち下さいませ。(1番艇欠場!)動画)」ということで先頭の1号艇瓜生正義が+02のフライングに散り、3億7578万8700円が返還となって残売上は7255万100円。この時点で本日の総返還額は驚異の6億3140万7400円となり、工藤浩伸アナに「スリットにマモノがいた」と実況されました。
 これにより、差して2番手の4号艇倉谷和信が繰り上がりの1着、捲り差しで倉谷に続いた5号艇西村勝が2着になっています。

 ちなみに、無我ワールドを電撃退団して全日本プロレスに移籍したミスター無我西村修は昨日の全日本プロレス後楽園ホール大会に出場。世界最強タッグ決定リーグ戦では全日生え抜き渕正信と組んで、デンジャラスK川田利明&埼玉県の久子夫佐々木健介と対戦。川田&久子夫を無我ワールドに引きずり込んで、下馬評を覆す30分ドローに持ち込みました。無我と喧嘩別れした西村に対し場内はものすごい(゚д゚)凸ブーイングだったみたいですが、とりあえずブーイングを跳ね返すだけの試合内容だったようで。

 更にここで今日の東京スポーツ競馬欄トレセン探券隊に掲載された競艇情報。チャレカ&ハッスルコラボプロモーションの一環として関東地区では平石和男(準優11R5着)とTAJIRI媒体訪問を行いましたが、関西地区では倉谷和信とモンスターK川田利明が媒体訪問を行い、大阪スポーツにも訪問したそうです。平石の影に隠れて目立ちませんでしたが、倉谷優出の原動力もハッスルパワーでしたか。
まちゃるKUSHIDA\(^o^)/オワタチエハッスル壮行会

 かなり脱線しましたが、準優12R本場長崎の味にチャレンジは進入枠なり3vs3、スリットも11が最高と前2つとは一転平穏なレースになり1号艇湯川浩司がすんなり1着、2号艇寺田祥がすんなり順走で2着。このレースは6億6419万5700円を売りましたが、マモノの被害を復旧するにはほど遠く、本日の売上は女子王座並みの20億4102万500円でした。いくら歴史が浅い上に実質賞金王トライアルということで格下のSGとはいえ、この売上では近い将来のG1降格を予感させますね。自分の意見としては全国発売G1に格下げして優勝者に賞金王決定戦の優先出走権を付与して賞金低下の埋め合わせをするという意見です。ちなみにキャッチコピーにおける「!」の数は9つで、フライングを切った選手の数も今日で9人になりました。ということで!の数と同じだけFしましたから、もうFの方は無いんじゃないかと。
浜名湖に棲むマモノ

 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦エコライフチャレンジの枠番はこうなりました。優勝戦の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。

1:湯川浩司 2:佐藤大介 3:倉谷和信 4:寺田祥 5:川崎智幸 6:西村勝

 当日は「3・連・単・ダー!」と3連単導入時にイメージキャラを務めたアントニオ猪木が来場するので来そうなのは1-2-3ダー!優出固いと思ってたウリ坊が親猪と対面出来ないのは残念ダー!

若松日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 昨日行ったボートピア岩間でも発売されてた今シリーズ、サタデーナイトの単独ナイターとあって1億円以上売れた優勝戦は1号艇鎌田義がすんなり逃げて今年3回目、通算24回目、若松は2005年11月一般競走以来となる2回目の優勝。2着には2コース順走の2号艇吉村正明が2M全速戦で取り切りました。

江戸川日本財団会長杯5日目

 第3Rは人気の中心2号艇大西源喜が差し戦で1着になりましたが、4番手争いも3周1Mキャビって結局6着だった6号艇松村賢一はこのレースを最後に私傷病の為帰郷。後半第9Rは選手責任欠場となりました。

 第10Rが始まりました。シリーズリーダーの3号艇芝田浩治が捲り戦で1着になったこのレースは、捲り差しで3番手争いに加わった4号艇大野芳顕は2周1Mを回りきったところで突如バランスを崩しあわや転覆(動画)。なんとか着地に成功しましたが選手責任のエンスト失格になってしまいました。


 優勝戦ベスト6強の登場です。

1:芝田浩治 2:堤昇 3:松浦博人 4:柳田英明 5:川名稔 6:大澤普司

 当地約4年ぶりの芝田がそれを全く感じさせない好内容の走りとモーター15号機(前回G1江戸川モーターボート大賞での使用者柳沢一)の後押しでポールポシジョンを手に入れました。

【倉栗鼠!東京G1ジャパンカップターフキルトクール+α】

 競馬王CCこと阪神G3朝日チャレンジカップの勝ち馬であるインティライミも出走するJCTのキルトクールは世界のアドマイヤムーン。実力は世界トップクラスなものの、それは中距離でのお話。2400mはG1東京優駿7着敗退と結果を残せて無く、この敗戦をきっかけに中距離に専念したほど。世界を制した今でも2400mの距離は克服できないとみてキルトクール。
 余談ですが、インティライミに騎乗してチャレカを制した佐藤哲三が最終日の27日に来場して平尾崇典とトークショーを行う児島競艇場で開催された本日のクラリスカップ2日目12Rで6号艇魚谷香織が6コースから+02のフライング。魚ッ香フライング、JCTのウオッカにとって縁起の悪い結果です。

 ちなみに今日は江戸川競艇場で江戸川分の前売を購入後多摩川競艇場でチャレカと本場開催関東日刊紙競艇記者クラブ杯の前売を買ったところで東京競馬場に行き、府中では最後となるG1ジャパンカップダートを見てきました。川崎と大井を制したヴァーミリアンが4コーナー外目を回って直線力強い末脚を見せて、先に抜け出した府中巧者のフィールドルージュを差しきる強い競馬。特殊コースの府中を克服して、いよいよコース不問の実力を身につけた感が強いですね。で、レース後多摩川に戻る途中に衝撃の準優結果を知り、多摩川に戻ってからチャレカの12Rを買い足したです。

愛知の都築正治竹島弁天杯優勝で通算1000勝おめでとう!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 事実上の競艇界GW最終日である8日は11場で優勝戦。特に注目の蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦は1236/54の進入から、胸ときめくメモリアル1000勝Vへ激しく熱い走りを披露でしょうか1号艇都築正治が6号艇伊藤誠二の攻め込みを激しく熱いインモンキーで抵抗。全速あこターンで回りきった都築は捲り差しに切り替えた伊藤誠二の舳先、更には2号艇今泉和則の舳先を締め込んで振り切り栄光の1000勝Vは今年V4、通算42回目となる優勝のゴルィン、おめでとう!ちなみにデビュー初勝利も1992年の蒲郡でした。
 後続は2Mで4号艇野中義生(静岡)が3艇まとめ差しで2番手浮上も、2周1M窮屈なターンで都築の引き波を踏み、更に今泉に捲られて一気に最後方。2周1M捲った今泉が差した伊藤を押さえて2着のゴルィン。
 尚、G1中日スポーツ杯争奪オールジャパン竹島特別よりも5月13日の草野球に力が入る、というよりそもそも竹島特別に出ないNAZOSHIKO都築正治(愛知)と血縁関係は無いおは養老の滝☆☆NADESHIKO都築あこ(愛知)が応援してた5号艇永井聖美(愛知)は5カド捲り差し狙いで今泉と伊藤の間を割ろうとするも挟まれてしまい最後方、結果は2周1Mで舟研スーパー野中を抜いての5着でした。
嫁の実家がある多摩川での都築たん

 表彰式も終わりさあこれでめでたしめでたし大団円…ではなく、司会の田中早織キャスターが「この後新人選手紹介が続きますので帰らないで下さ〜い!」と呼びかけ、都築の続きで愛知支部100期新人紹介が始まりました。紹介されたのは東海地区の服部No.1を目指してベストを尽くします4435服部達哉と艇界の松○大輔を目指す4442松竹大輔(マツタケだいすけ)、そして登録番号善臣大先生こと4453永田郁弥マサハルの都築はフミヤだったんですね。

 ここで情報。蒲郡は昨年に引き都築、G3新鋭リーグ戦初日の5月26日〜G3女子リーグ戦最終日の10月8日まで昭和アーケード。2004年のGガール、昨年のメイドに都築、今年はビア・エンジェルとしてmana様が蒲郡3度目の登場予定です。

宮島サンケイスポーツ若葉賞優勝戦

 1号艇市川哲也がインから押し切り宮島15回目にして通算55回目の優勝。尼崎でも鳴門でもなく宮島を走っていた3号艇鎌田義が3コース捲り戦で2着。
 そしてこのレースの主役、八重歯が素敵な一昨年のMVP辻栄蔵は2号艇で登場なのれす。息子永祥君が大好きそうなウルトラマンコスモス春野ムサシ隊員こと杉浦太陽みたいにカッコイイところを見せたかった辻ちゃんでしたが、2コースに入った辻ちゃんは差し狙うもテチャーンの引き波を踏んでのぞみ消え4着に終わってしまったのれす(´`;)

平和島京浜急行社長杯優勝戦

 4号艇西田靖が豪快に前付け。これに1号艇佐藤大介(愛知)が激しく抵抗しますが、進入が縦に並んだところで佐藤がエンジンをかけ直して2コース進入。これで412/356となり、コース取られた佐藤が09トップスタートで西田靖を叩いて捲ります。更に3コースから長岡茂一が2段捲り一発決めようとしますが、これを振り切った佐藤があとは快特級の航走で平和島初、今年3回目、通算24回目の優勝。毎回ウイニングランで楽しませてくれるプロレスファンの佐藤大介、今回のウイニングラン(動画)は1M端で立ち上がり永田裕志ばりの敬礼をしたとお伝えしておきます。
 後続ですが、4カド捲り差し狙いも神風モイチタンに張られ3番手の福島勇樹(早実)は2周2Mの差しで神風モイチタンを追い詰めますが、舳先をかけるまでには至らずゆーき王子は3番手まで。白と赤の京浜急行ワンツーなりませんでした。
 その京急、3月に登場した新1000形が京急史上初のステンレスボディになったことで物議を醸しているとお伝えしておきます。

 ここで平和島に関する競艇BBの情報。Tokyo bay pirates結成記念式の動画が見られます。当日行けなかった方で夜のJLCニュースも見られなかった方や、もう一度見たいという方は見てみては。

津スポーツニッポンパール賞競走優勝戦

 1号艇本部真吾が逃げて先頭に立つもアーッ!と+04のF。これにより2コース順走の2号艇安達裕樹が先頭に繰り上がり、3コース2番差しの間嶋仁志が2番手に繰り上がりました。
 恵まれとはいえ、92期4224安達裕樹はこれがデビュー初優勝。安達について詳しくは2006年2月24日のエントリーを見て貰うとして、ムラミーこと三重の大御所村田瑞穂の愛弟子が遂にやりましたね!
 ちなみに安達は津前節日本財団会長杯争奪戦に4日目から追加参戦で5戦4勝2着1回の好成績を残しA1勝負駆け成功、師弟で新期A1となりました。

下関九州スポーツ杯争奪競艇の日大賞優勝戦

 3号艇木村光宏(香川)が3コース捲り差しでインから逃げる1号艇今村豊(美祢)を捕らえきって通算26回目の優勝、見事競艇の日大賞を受賞しました。
 表彰式(動画)では「(今年のリズムを聞かれて)まあ、もう毎日が暗い思いやね、つらい思いばっかりしてきたんで。」「(それはレースで勝ってる時もそうなんですか?)まあ…あの、いろいろあると思うんで。はい。ただまあ、あの、前向きにね一生懸命あきらめずにね、はい。」と、苦労人のみっちぃらしい重みのあるコメントを残しました。

徳山デイリースポーツ杯争奪花と緑のふるさとレース優勝戦

 イン01タッチスタートの別府昌樹に対し3コース04スタートの2号艇吉村正明が伸びの違いで一気の絞り捲りを決め通算4度目の優勝。Kasado bay piratesまちゃあき海賊団長が地元笠戸湾を遂に制しました。表彰式や優出者インタビューは海賊団員sahorenrinさんが写真付きで詳しく掲載してくれてます。
 まちゃあき海賊団長の引き波に呑まれた別府は転覆(動画)。そして転覆艇の内を2コースからうまくすり抜けた4号艇柏野幸二が2着に入ってます。

常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 ドリーム戦と全く同じメンバーになった優勝戦は進入が乱れ、2〜4コースが極端に深い1345/26の進入から2号艇池田浩二の捲りが飛んできますが、残したぁ〜リードは5艇身。1号艇原田幸哉がいわゆるひとつの準パーフェクトで通算41回目の優勝。池田が2着で、進入は波乱でも配当は平穏な2連単180円。
 ちなみに10戦9勝2着1回で優勝した原口が唯一敗れたレースは3日目7R。4カド捲り差しも、3コース先捲りの1号艇垣内清美を捕まえられなかったという内容でした。

大村スポニチ杯GW特選優勝戦

 5コース11トップスタートから捲り差しの5号艇石橋道友とインから逃げる1号艇山口博司でトップ接戦となり、2Mは山口が先制。しかし山口の大村咲マイは流れ、石橋を叩いて慎重に回った石橋がここで山口をリードし単独先頭。2周1Mでは山口が全速戦で追いかけますが届かず、1周2M後方では3号艇中嶋誠一郎が転覆していたこともありここで決着が付きました。
 優勝した石橋は正月当地九州スポーツ杯争奪新春特選レースに続く今年V2で通算V4なのですが、実はV4全て大村な石橋です。

鳴門日本MB選手会会長杯優勝戦

 1号艇烏野賢太がイン23トップスタートの速攻戦で独走、通算64回目の優勝を飾りました。ウノケンは正月の松竹杯競走(オール徳島じゃないので松竹大輔くんの斡旋が楽しみ)に続く鳴門連続Vにして今年もV2です。
 後続は大外捲り差しの6号艇石川哲秀が3周1M内からチャージをかけて追撃する3号艇濱村芳宏(日本MB選手会理事)を振りきって2着。

児島鷲羽杯争奪戦優勝戦

 4号艇平尾崇典の4カド捲り差しをインからガッチリ受け止めた1号艇川崎智幸が今年3回目、通算27回目の優勝昨年に続く鷲羽杯連覇達成。
 後続ですが、平目は川崎の引き波を踏んでしまい、2コース順走の2号艇山本浩次が2M捌いて抜け出し2着です。

三国湯の花賞優勝戦

 インから逃げの態勢を作っていった1号艇今垣光太郎が今年V3となる通算61回目の優勝。5コースから差しで斬り込んだ萩原秀人が2着。

江戸川日本写真判定社長杯順延、そして下関原弘産カップは…

 江戸川日本写真判定社長杯最終日は強風高波浪の為中止順延。朝中川を渡った時には大して強風高波浪ではありませんでしたが、夕方頃から南寄りの強い風が吹き、帰りに中川を渡った時には波も荒だってました。なんでも亥年の春一番だそうです。
 デビュー初優勝を目指す優勝戦1号艇の大峯豊にとって最大の敵はW山崎よりもじれったいじれったい中止順延の末に打ち切りという恐怖でしょうか。無事開催されて、トワイライトに大峯優勝の夕暮れ便りが届く事を期待します。
 尚、第1R3号艇1回乗りでした増田進が次回斡旋三国きさらぎ第2戦前検に参加の為帰郷、替わりに選手代表井坂友則第1R3号艇となっています。


 かくして江戸川は中止順延になりましたが他の開催は予定通り行われました。その中でも特に激しかったのが大峯兄妹の地元水面下関原弘産カップ3日目。信頼と安心の住宅を提供する原弘産カップは江戸川同様新モーター&新ボートの開催。
 8R(波高9cm南西向かい風9m)ではインの金田大輔が60、10R(波高11cm南西向かい風11m)では3コースの秋田健太郎が83とドカ遅れを喫し、11R(波高12cm西向かい風12m)からは2周戦に。
 2周戦の11Rは5コースに入った関口智久がスリット前に向かい風に煽られ転覆(動画)。関口は責任外の出遅れ扱いとなり残った5艇でレースが争われますが、大外18トップスタートから捲った佐藤旭の捲りは流れ、イン37スタートの塩崎優司が小回りで粘り、44スタートだった品川賢次の3コース捲りをこらえきって僅かに先頭。そして2Mで品川を張って回った塩崎が1着となっています。張られた品川は、2コース68スタートながら小回りでBS最内を突いた須藤博倫に小回りで抜かれて3番手に後退。尚、2M後方では外を回った佐藤が大きく流れ、出口で風に煽られ責任外の転覆を喫しています。
そんな中、江戸川鉄兵の異名と共に波巧者と言われている(今日の実況も言ってる)石渡鉄兵は4カド捲りで佐藤の内、品川の外になりますがBSで艇が浮いて後退。2Mでは流れた佐藤とは対照的に小さく回りますが小回り大正解だった須藤のようにはいかず4番手のままでした。で、この11Rを最後にレースは打ち切りとなりました。

 ハンカチを手放せない興奮の競走水面で4R(5コース捲り差し)と11Rを制した塩崎と共に連勝だったのは先月イケメン選抜戦にも選ばれたハンカチ王子福島勇樹5Rが3コースから、波高10cm西向かい風10mの9Rが4カドから、共に捲り差しを決めています。特に9Rは狭い艇間を突いてのもので波巧者ぶりが際だってます。

【第1回桐生上毛風神杯優勝戦

 G1赤城雷神杯V2の実力者後藤浩こそ準優10R3着で消えましたが、残る優勝候補は順当に駒を進めた優勝戦。中でも近況から1号艇横澤剛治と5号艇佐藤大介現地観戦の初日から注目をしてましたが、レースはインの横澤が逃げ切り、2コースに入った佐藤が順走で2番手。
でしたが、2周1Mで横澤を差しきった佐藤が2周2Mを先マイ。差し返した横澤ですが、舳先を入れようとするも佐藤に締め込まれ3周1M先制できず。それでもBS必死に食らいついた横澤ですが3周2Mで振り込んで万事休す。逆転でマッチレースを制した佐藤は通算22回目の優勝。初代上毛風神杯覇者になったプロレスLOVEの佐藤は前回優勝の昨年12月江戸川一般競走同様にウイニングランで武藤敬司の物まねを披露しました。対照的に横澤は今年の5節全て優出ながらこれで4度目の2着。今年初優勝は次回にお預けになりました。
 4カド差しの松村敏が5コース差しの重成一人を2M包みきって3番手でしたが、3周2Mで4号艇の差しが入り逆転の3着。終わってみれば初日桐生特選組のワンツースリーになりました。
これは江戸川優勝時のウイニングランこっちが上毛風神杯のウイニングラン


蒲郡バレンタイン特別優勝戦

 チョコレートよりも優勝が欲しい。V争奪バトルは甘さを捨てビターなバトルの応酬です(動画)。優勝戦は節間8戦7勝2着1回の快進撃でより速くより華麗に、そして競艇愛をアピールした圧倒的なV本命原田幸哉が1号艇でインにどっかり座り、バチッとサイドを掛けて寄せ付けずの逃走で独走。ファンの事を誰よりも想い、レースでメッセージを告げる原口が通算40回目の優勝であります。3コース捲り差しの4号艇赤岩善生が2着に入って2連単210円3連単680円の本命チョコならぬ本命配当です。

戸田ケーブルネット埼玉杯優勝戦

 戸田及び川口南部をカバーするCATV局ケーブルネット埼玉のタイトル戦は4連続優勝を狙う1号艇西島義則がイン戦押し切るかに見えましたが、2コースから差し伸びた4号艇藤丸光一が舳先を掛けて2Mを先マイし先頭に。ペリカンさんのV4を阻止した藤丸は通算42回目の優勝、これでチョコレートの数も倍増するでしょうか(動画)。少なくとも藤田美代犬童千秋からは確実にチョコを貰えそうな博多のマルちゃんです。

江戸川一般競走優勝戦はプロレスLOVEの佐藤大介が優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ファンファーレが鳴り渡りました競走水面上には短期決戦を制すべく今シリーズのベスト6が登場してきました。江戸川競艇の優勝戦第12Rの開始です(動画)。1号艇には佐藤大介が乗っています。当地3回目の優勝を狙いますのは1号艇の佐藤です。6精鋭がレースコースに進入してきました、雨を突いての優勝戦1800mスタートしました!
キーポイントの1M、白い勝負服の1号艇佐藤が先に動いていき勝利のカーブを描ききって見事当地3回目の優勝。雨を突いての軽快なハンドルワークで悠々独走となった愛知のA1レーサー佐藤は通算21回目、更には今年5回目の優勝となるはず。雨中のウイニングランではアグレッシブにもボートの上に立ち上がって武藤敬司のものまねと、最高にごきげんな様子をうかがわせた佐藤です。ちなみに前節JLC杯の優勝は鈴木唯由で、江戸川競艇は鈴木くんと佐藤くん祭りとなっております。
 後続は「選手はアーティストだ!」と言わんばかりに外から全速ぐーんと伸びてきた5号艇金子貴志が2コース順走から2M突っ込んできた川上昇平を軽快に捌ききって2着のゴール。
 尚、75回目の優勝戦チャレンジとなった4号艇渡辺千草はキ〜ッ!ポイントの1Mで振り込み、煽りを食った初優出の6号艇篠崎元志もターンマークに接触し、両者は後方の走りとなってしまいました。
プロレスLOVEなウイニングラン


 第5Rが始まりました。最初のターンマークで3号艇の池田浩美がターンマークにぶつかり転覆。それに6号艇小川時光が乗り上げ、巻き込まれた影響から小川はちょっとスピードが乗ってきませんで不完走失格です。
 ところで、転覆した池田浩美のオフィシャル写真も女子選手写真一斉更新に合わせて更新されましたが、ツンとすましてるオレンジの服が池田浩美で笑ってる赤い服が池田明美です。

津グランプリシリーズ第8戦優勝戦

 1号艇は71期3621天野晶夫が雨模様の水面で逃げの体勢を作りきって通算25回目の優勝
5カド捲り差しの3号艇は地元桐本康臣が2着。2コース差し狙いも艇がバタついて後方となった杉山正樹が2周2Mで見事な斬り込みを見せ3着。

 日付は2日戻って住之江SG賞金王決定戦との併用だった24日。グランプリの3R1号艇には王者岩井繁が。その王者、4コースから斬り込んできた中辻崇人を振り切り、逃げの体勢を完成させたかに思えましたが2Mであっさり中辻に斬り込まれてしまい、HSで艇をねじ込まれた王者は2周1M中辻の先マイを許し、弘法も筆の誤りなまさかの2着で結局選抜戦にも乗れませんでした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ