ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

佐々木康幸

ドキドキ夏どっきゅんのSGオーシャンカップと他4場の優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ドキドキ夏どっきゅんのSGナイター、蒲郡SGオーシャンカップ特設サイト)はレース名にふさわしく海の日の今日が最終日。

 海王を決める優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇白井英治が16トップスタートを決めて捲りを狙うも1号艇赤岩善生(愛知)が艇を伸ばして先行。
 しかしそこに3号艇佐々木康幸の捲り差しが届き、赤岩を差しきって2Mを先行した佐々木が蒲郡初・通算41回目の優勝にしてSG初Vを達成。
 尚、2周2Mで3番手争いをしてた6号艇湯川浩司が差しを狙った際にターンマークにぶつかってしまい選手責任転覆を喫しました。
佐々木康幸と南明奈ファンと握手する佐々木康幸



多摩川G3企業杯サントリーカップサントリーカップファイナル

 連日ビール日和、モルツ日和の猛暑で開催されたサントリーカップのファイナルは枠なり3vs3の進入から05トップスタートを決めた4号艇榎幸司がカド捲りを決め、あん時の榎は2008年10月大村G3新鋭リーグ第18戦以来となる通算3回目の優勝は地元大村以外での初V。
 イン戦踏ん張って2番手に残し、道中榎をしぶとく追い詰めた1号艇毒島誠が2着。

戸田テレ玉杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山崎義明(今節選手代表)が押し切り、5月の当地ウインビーカップに続く今年2回目・戸田9回目・通算32回目の優勝

 2番手は捲り差した3号艇落合敬一が航走してましたが、2番差しの4号艇桑原悠が艇を伸ばし2M先行体勢。
 落合は桑原と、桑原の直外にいた前本を行かせて捌こうとしますが、落合はなんとターンマークに激突して大きく後退。
 これにより2Mを先行した桑原が2番手に上がり、桑原は猛追する前本を2周2M行かせて捌き、その後も追撃をこらえきって2着。

宮島九スポ杯争奪2代目ヘビー級王決定戦優勝戦

 初代ヘビー級王中村有裕55.1kgがシリーズ直前に追加斡旋され、ヘビー級ドリームの6人を抑えてシリーズの中心になり、優勝戦も1号艇になった2代目ヘビー級王決定戦。

 内枠3人が全員84期になった優勝戦は枠なり3vs3の進入から中村有裕(滋賀84期4012)がゆうゆう06トップスタートを決めるも2号艇松本博昭54.2kgに差されるきゅうきゅうの展開になりますが、1MつけまいからBS内に切り返した3号艇前野竜一58.7kgが2M先頭で回ろうとする松本博昭(広島84期4000)に突進を敢行し、前野竜一(山口84期4015)によるヘビー級の突進がヒットして松本は消波装置ぎりぎりまで飛ばされてしまい最後方に後退。
 そしてこの展開を突いて中村有裕がゆうゆう差しきり、カットプレーの前野を2着に従えた初代ヘビー級王は宮島2節連続2回目・通算31回目の優勝で王座防衛を果たし、今大会から登場したチャンピオンベルトを獲得。
2代目ヘビー級王決定戦


鳴門G3女子リーグ戦第4戦渦の女王決定戦競走優勝戦

 誰が優勝してもデビュー初Vになる夢の初優勝決定戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田紫乃が16の5番手スタートながら伸び返しての1M先制で押し切り、長崎79期3871池田紫乃は優勝戦26度目のチャレンジで悲願のデビュー初優勝
 3号艇守屋美穂はスタート27と大きく遅れたもののBS差し伸び、捲り戦で先行する6号艇遠藤エミを捕らえ切って2M先行して2着。
2011/07/13 G圭子リーグ第4戦 第27回渦の女王決定戦競走 選手紹介

【N.I.B.】NIB長崎国際テレビ杯は黒の大賀

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日最終日を迎えた大村競艇の準優3個制4日間シリーズは、BLACK SABBATHの曲名ではなく日テレ系列のテレビ局NIB長崎国際テレビのタイトル戦NIB長崎国際テレビ杯
 準優からは準優10Rを1号艇で制した村越篤以外は外枠ばかりが勝ち上がる大波乱のアイアンマンレース。
 優勝戦もスタート展示の枠なりから一転、本番は黒枠の2号艇大賀広幸がギザスゴス気迫でインを奪い、213/456の進入から鬼神の12トップスタート放つ速攻で押し切り、ギザバトラーと化した前付けタクティクス大賀バトル大成功で今年4回目・通算62回目の優勝
 後続はコース取られて差し順走になった眠れる村越が2番手も、6コースから差し伸びた6号艇鈴木茂正が一気に艇を伸ばして2Mを先に回り、村越の進路をカットする事にも成功したSUZUKIスピード旋回で逆転2着に入り、オジーさんとまではいえない年齢のナイスミドルながら優出メンバー中最古参最年長の年輪を見せました。ご存じの通り、しげしげは娘に女優鈴木理子を持つしげしげ一家の大黒柱。大村の出走表でも「ダンディーなパパ!」と一節間紹介されてました。


浜名湖G3企業杯SUZUKIスピードカップ優勝戦

 船外機も製造するSUZUKIのネームプレートは付いているものの、中身はヤマト発動機製のモーターボートで争われた鈴木選手不在の企業杯は枠なり3vs3から1号艇・浜名湖過激団のリーダー格佐々木康幸が問答無用の先行体勢を築き、地元企業スズキの企業杯でササキ様が通算31回目の優勝。今年は7月の多摩川JLCカップに続く2回目ですが、多摩川の時は4艇Fによる恵まれVだったので、恵まれ無しでは今年初Vです。
 後続は4号艇石川哲秀の捲り差しが入りそうになるも艇が浮いて大きく流れ撤収。その石川に張られる形で外マイになった5号艇芹澤克彦(静岡)が石川を包みきって2番手を航走。そして芹澤は2Mで2艇を捌ききって静岡ワンツー。ちなみにササキ様は81期35歳、芹澤は83期29歳ですが、芹澤は過激団員ではありません。

大阪の巨人がダイヤモンドを駆けめぐり、島のW星野は差され散る

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 翌日から優勝賞金150万円のアサヒビールカップが行われる江戸川競艇場でも6日間場外発売が行われたシティーナイターG1住之江ダイヤモンドカップ競走。自分も勤務終了後飯を食って福岡サマータイムレースを外して電投を空にしてから江戸川に行って平和島帰りの三国さん(仮名)&大和尊さん(仮名)と合流しました。

 一般戦の8Rはインが滅法強いメッカ住之江で大外専科の阿波勝哉がなんと人気の中心。そしてF持ちとは思えない04トップスタートであっさり捲りを決めてシリーズ4本目の1着

 優勝戦直前の11R特別選抜A戦は1号艇市川哲也が人気の中心。しかし2連単1-2、1-3に続く人気はなんと4号艇阿波勝哉からの4-1。この人気を意識して阿波マークの差しを狙ったのか、阿波大好きで今年もお盆斡旋辞退の6号艇烏野賢太(徳島)がなんとスタート展示の時点から枠を主張して本番も早々と大外に入って123/546。しかし5コース進入に戸惑うことなく13トップスタートの阿波勝哉はここでも捲りを決め先頭。イン小回りで残したテチャーンが道中追いかけて来るもこれを振りきりシリーズ5本目の1着で最終日連勝と、今節は阿〜波、阿〜波な住之江アワーズ。2連単配当は8R460円と11R700円でハイリスクローリターンを地でいく低配当でした。ちなみに阿波が好きなあまりに阿波をマークした烏野は差し遅れて5着でした。

 大阪の巨人ファンとして君臨する断然人気の1号艇田中信一郎(大阪)を取り巻く優勝戦は2コースの2号艇白井英治が28と凹んでインのタナシンは壁無し状態になるも、地元のイン戦でGIANTS PRIDEに懸けても負けられない立場のタナシンはすんなり伸び返し、1Mを先制して独走となり今年は6回目、地元住之江は14回目、記念はSG4つを含む13回目、通算では41回目の優勝。4カドからつけまいを打った4号艇井口佳典が2Mもシャープな外全速戦で2着を取り切りました。そして1M井口に直で捲られ最後方だった3号艇3コースの魚谷智之は2Mの差しで3番手争いに顔を出し、HS艇を外に持ち出しての2周1M全速戦で先行する5号艇山崎智也を捲りきって3着に入ってます。 

【島の1号艇で優勝がほし〜の】

 平和島サントリーカップ優勝戦1号艇は星野太郎。星野太郎は平和島初Vの白星太郎目指してインから先に回りますが、2コース17と一番遅いスタートだった2号艇金田諭に差されてしまい2番手。星野太郎は2M差し返しを狙うも、1M3コース小回りから2M内を突いてきた3号艇植木通彦に前をカットされる形になり4番手に後退。1M5コース捲り差し4番手から艇王ウェイキーくんと星野太郎を差した5号艇島川光男が一気に浮上し2着ゲット。星野太郎は4着に終わりました。
 星野太郎を差しきって優勝した金田は今年2回目、通算10回目の優勝。かねだとカナダの違いはあれど、平和島では前節平和島レディースカップに続いて金田選手の連続優勝です。

 児島スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦1号艇は星野政彦。星野政彦は昨秋大村G1海の王者決定戦以来の優勝を目指し、星野は秋だけでないところを見せようとインから先に回りますが、2コースの2号艇浦上拓也に差されてしまい2番手。星野政彦は2M浦上に牽制されてる間に、1M5コース2番差しから2M内を突いてきた5号艇飯島誠に抜かれてしまい3着に終わりました。
 星野政彦を差しきって優勝した浦上は三国斡旋拒否等が響いてB1級ながら3日目以降自身初の7連勝で通算3度目の優勝を飾りました。

【しずおかしずおかしずおかしずおか!】

 自動車部品の納入・出荷を請け負う智安有限会社協賛のG1浜名湖賞優勝戦TOMOYASU CUP IN 浜名湖は6艇中4艇が静岡。そんな流れに喧嘩を売るかの如く6号艇杉山正樹(愛知)が内2艇よりも深い起こしの3コースに入り進入は126/345。そして内が不快な起こしになった展開を突いて4カド05スタートの3号艇中尾英彦(静岡)もとい中尾誠(佐賀)が強引な絞り捲り。この展開を突いて直外5コースから4号艇佐々木康幸(静岡)が捲り差しで中尾を内から張りながらも突き抜け先頭。ベイサイドブルーのカポックを身に纏い、2002年常滑G1東海地区選手権以来2つ目となる記念タイトルを獲得した静岡の大魔神は通算25回目の優勝。レース後、佐々木の師匠である服部幸男先生はレースを作った中尾(佐賀)に「ありがと(笑)」とのねぎらいの声をかけたそうです。
 佐々木が中尾を張った事で小回り2番手に踏ん張れた1号艇金子良昭(静岡)ですが、2周1Mでターン膨れ懐を開けた隙に2号艇坪井康晴(静岡)に内を回られ逆転を許し3着。4着は5号艇横澤剛治(静岡)で、配当は3連単6090円の中波乱でも静岡上位独占には変わりありません。

芦屋西スポ杯争奪七夕特選レース優勝戦

 2コース11スタートの白石健がイン23ヘマッチスタートの寺田千恵を捲りきった展開を突いて5コースから捲り差した5号艇中島孝平が通算15回目の優勝。芦屋で三国の選手が優勝を飾りました。
 高級住宅地芦屋でお馴染み兵庫支部から出場の3号艇勝野竜司がしらけんが捲った展開を突いての3コース差しで2着に入り、デビュー初優出を果たしたセンタープールの申し子魚谷香織が6号艇大外差しで3番手も2周2Mもたつき、レースを作った大阪在住兵庫支部のしらけんが2周2Mの捲りから3周1M魚谷を牽制して突き放し逆転の3着。

福岡県内選手選抜戦優勝戦

 24場で最も早いお盆開催というのは嘘(正しくは8月11日からのお盆特選レース)ですが、優勝賞金80万円でオール福岡支部と、盆正月開催並みの開催というのは本当です。
 そんな今節は夕方チャンスのサマータイムレースで開催され、優勝戦の時間は18:40頃。レースはカマシの達人である1号艇岩崎正哉(嘉麻市)がインから04トップスタートをぶちカマシて逃げ切り、今年4回目にして通算30回目、そして当地は4月のスカイパーフェクTV!杯に続く2連続優勝です。2着には3コース09スタートからつけ回った3号艇山一鉄也(福岡市西区)が入ってます。
 ちなみに岩崎正哉の現住所嘉麻市はかつての山田市と嘉穂郡が2006年3月27日に合併して生まれた市です。合併前の山田市は石炭と上山田線があった事で知られてます。

鳴門市議会議長杯競走優勝戦

 1号艇を手にした地元林美憲がイン18トップスタートの速攻戦で押し切り独走。今年4回目、通算31回目の優勝を飾りました。5コースから捲り差した3号艇星栄爾(静岡)が2M→2周1Mの全速戦で2着を取り切り、オロナミンCのお膝元で巨人の星が元気ハツラツなところを大いにアピールしました。

 小さな巨人オロナミンCのお膝元である鳴門ですが、次節は14日からヤクルト杯競走。男が大地の花と咲くヤクルト杯は10:30からドリーム戦出場選手によるウェルカムキャンペーンが行われ、目玉として艇界の燕ならぬ艇界のカワセミ植木通彦が登場します。

大井G1ジャパンダートダービーキルトクール】

 ファンの心を鷲巣かみにする東京ベイの日本ダートダービー。勝島運河のダービー王目指して今年はJRAからロングプライドがポールポシジョンの1番枠で登場。そんなダービーのキルトクールはJRA馬キングスデライト。名手内田博幸騎乗で前売4番人気ですが、明らかにこの中では能力が一枚落ちる感じ。よってキルトクール。少なくともひろゆきの元お手馬フリオーソには負けるでしょう。

真冬の大村でグッさん上位独占、むつきの三国で愛ちゃん独占失敗

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 走る軍艦島山口博司を始め、山口哲治山口裕二の地元大村で行われたスポーツ報知杯争奪真冬の王者決定戦
 優勝戦は当地勝率10.11の岡本慎治(山口)が初日発祥地選抜4着だった以外はオール2連対で順当に1号艇。そしてイン22トップスタートで速攻堂々押し切り真冬の王者に決定、通算55回目の優勝。大村では昨年3月に完全Vを達成した長崎県MB競走会会長杯争奪戦競走に続く連続優勝です。
 後続は岡山の村上純が3コース強攻策も流れ、2コース順走の大賀広幸(山口)と5コース差しの吉本正昭(山口)がBS2番手を争います。そして2Mでは吉本を締めてぶん回した大賀が流れながらも吉本を沈めきって2着となっています。
大賀に捲られた吉本は村上に差されて4番手に後退、しかし村上が3周1Mでもたついたところを吉本が差して逆転。吉本が3着になったことで真冬の王者決定戦は山口のワンツースリーです。これで大村優勝戦は同県のワンツースリーが昨年末の長崎文化放送NCC杯争奪戦(佐賀県)、正月の九州スポーツ杯争奪新春特選レース(もちろん長崎県)と3節続いたことになります。 果たして次節G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦でも同県の上位独占となるでしょうか。

三国むつき第1戦優勝戦

 おとといおはよう特賞は45万舟のビッグな配当が飛び出したむつき第1戦は強風の影響で1日順延となっての開催。自然界には太刀打ちできないがライバルには真っ向勝負と勝ち上がってきました。内枠3人を愛知勢が独占し愛知勢のがんばり合戦とも言えそうな一戦の並びはインから1234/65の順です、スタートをいたしました。
賞金王決定戦目指してがんばる年男の1号艇都築正治(愛知)に、2号艇・当地は水神祭に初優出のハッピープール、ならばもうひとつ初優勝と行きましょう菅沼佳昭(愛知)が初優勝狙って一か八かの捲りに行きます。菅沼の捲りは都築に張られて終了しますが、張った都築の内側から捲り差してきた4号艇の年男竹村祥司(大阪)が突き抜け優勝のゴールイン。今年の目標に向け三国からV発進した竹村は通算12回目のVゴールでした。
 5カドから差した渡邉英児(静岡)が2番手に付けますが渡邉英児は2M全速ぶん回しの際に流れ、都築に差されてしまいます。しかし、2周1Mも2周2Mも都築を行かせて差した渡邉英児が2着を取りきって愛知勢3人を相手に他府県勢のワンツーです。
尚、失意の愛知は都築が3着、菅沼が6着でしたが残る三号艇河合三弘は1M差しを狙うも竹村に捲られて4着に終わりました。

芦屋スポニチ金杯新春特選レース優勝戦

 新春には欠かせない淀の名物ハンデ戦G3スポーツニッポン賞金杯は6枠のマイネルスケルツィが前付けインで押し切りましたが、こちらの6枠立間充宏は5コースに入るのがやっと。ということで枠番通りのイン戦となった1号艇木村光宏が23トップスタートで誰も寄せ付けず、しっかりと堂々とイン戦を披露し芦屋初・通算25回目の優勝。京都のスポニチ金杯も芦屋のスポニチ金杯も決まり手は「逃げ」となりました。
 捲り差しのタツマッチ、4コース小回り差しの山口裕二、2コース強攻の新良一規で2番手3艇混戦となり、2周1Mで2艇を差したタツマッチが有利な状態となるも3周1Mでタツマッチを差した山口が逆転。3周2Mでタツマッチの差しを振り切った4枠の山口が2着です。ちなみに京都のスポニチ金杯も2着は4枠エイシンドーバーでした。

鳴門FM徳島杯競走優勝戦

 FM徳島のタイトル戦は1号艇の山崎哲司が13トップスタートの速攻劇圧勝で優勝。王者松井繁を負かした2005年11月のスポーツニッポン杯競走以来鳴門V2、通算ではV6です。
3コースから握った中島孝平が2着、2コース順走の宮武英司が3着です。

常滑睦月特別優勝戦

 シリーズ6戦全勝の佐々木康幸が2号艇新美恵一選手が仕掛けた強烈な2コース差しを退け、インから見事に逃げ切り自身初の完全優勝達成。G1初優勝(東海地区選手権だにゃん)、SG初優出(笹川賞だふにゃン)という、とても相性のいい常滑でもうひとつの初となるパーフェクトVで通算23回目の優勝を飾りました。記念品贈呈式では爽やかに「とこなめ大好きです。

江戸川新春金盃4日目

 第1Rが始まりました。愛知の川上聡介と高知の川上清人が再び相まみえました。昨日の第2Rでは高知の川上が勝ちましたが、今日は4カド16トップスタートからいいダッシュを付けた愛知の川上が捲り戦で1着となり、今年の初勝利を飾っています。
6号艇だった高知の川上は間を割れず4着に終わり、3号艇関道が捲り差しで2番手。これを2コース51ドカ凹みスタートも小回りで立て直した黒枠伴将典が追いかけます。そして2周1Mで関道を差した伴将典が2周2M先マイで逆転、ここあ黒い伴法典もとい伴将典が2着となっています。

 今日も多彩な攻め技の応酬が相次いでいます水面上です。ポイント上位の対戦となりました第12Rを迎えています。1号艇石田章央がインの利を生かし切って1着となり、2号艇の山本寛久は2コース順走で2番手も2M出口で大きくスピンしてしまいエンスト模様(動画)です。差し技で3番手だった5号艇中辻博訓も山本に乗り上げてしまいました。これにより山本はエンスト失格になりましたが中辻はエンジンをかけ直し、スピードが乗らないながらも何とか完走です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ