ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

住之江競艇

(すみ・ω・のえ)

ジャンピーロボ 土曜日曜はややタイトスケジュールながら阪神2場を楽しもうということで、まず土曜日は64期のかすみ草、王者松井繁の地元SuminoeKyotEiに行って来ました。

アクアライブステーション この日のアクアライブステーション解説者は王者の師匠金谷英男元選手。
 王者松井を同期のダイヤモンド、史上最年少SGウィナー服部幸男先生との64期Wエースに育て上げました。

女子リーグ選抜総選挙投票用紙見本 来月の住之江女子リーグ初日ファン選抜は枠番別の選抜総選挙で、各枠番ごとの1位選手が選出されます。
 自分は住之江の6コースで鬼の強さを見せる細川裕子りんを真っ先に6号艇で投票しました。

住之江ポスターカレンダー 住之江の8月開催カレンダー。
 今月は兄・105期4578藤山雅弘と弟・104期4561藤山翔大のフジヤマブラザーズをフィーチャー。

Fボートのペラ坊時計 レース後は深夜まで十三ドマーニへ。
 写真は以前ドマーニに来店した下河誉史(今節江戸川負傷帰郷)が寄贈したFボートのペラ坊時計です。

昨日の住之江遠征、レース以外編。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 昨日の住之江SG賞金王決定戦最終日は序盤3つが大荒れで、その後9Rシリーズ特別選抜A戦までの6つは1号艇の頭で平穏決着。
 しかし王者松井繁が4号艇4カド捲りを決めた10R順位決定戦から捲り3連発で終盤3つは再び万舟3連発。ちなみに自分が当たったのはもちろん中盤の本命サイドだけです。

 そんな昨日は昨日付の2本の記事(1本目2本目)の通り住之江にいたわけですが、出発は22日夜に八重洲串やでホッピーと焼き鳥を飲み食いしてからプレミアムドリーム号で大阪入り。
 到着後はすぐにボートピア梅田そばにあるサウナのメッカ大東洋で、施設内にある天然温泉掛け流し萬の湯で朝風呂。
 ちなみに建物のすぐ隣を大阪環状線が走っていて、サウナ側の窓からは大阪環状線を走る主力103系やニューカマーの201系(もちろんオレンジ色)を見下ろす事が出来ます。

 その後、住之江に到着して公開優出者インタビューを見た後、朝食の焼きそば300円。
 この2M焼きそば、1M側にあるホルモン丼の業者が代わってからは一番人気メニューになったといわれてます。
住之江名物2M焼きそば300円

 この日はもうひとつ用事があって、職場の仮名さん(仮名)と、三国さん(仮名)でミーティング。ちなみに職場は東京都江東区です。
 11時の集合時刻に合わせて天皇誕生日の天王寺に向かい、阿部野橋駅そばにある集合場所のやまちゃんへ。

 たこやきミーティングを終えて仮名さん(仮名)とはここで解散して住之江に戻り、1F遊食館の立ち食い寿司で濱智と鳥飼を食べてから五反田忍トークショーを観覧。
 トークショーはアクアライブステーションYouTubeチャンネルで動画が公開されてます。
 ちなみにアクアライブで五反田忍のトークショーを見たのは2007年10月2009年12月に続いて3回目でした。
五反田忍トークショー縦長五反田忍トークショー横長

 その後、本格的に舟券モードに入り、学生時代からの友人で現在は滋賀県大津市に住む膳所さん(仮名)と合流して1M水面際で観戦。
 オスカードリームそばの住之江競艇場に元オスカープロのアッキーナがやってきた!
 ということで昨日まで新人記者(既にサイト閉鎖)、今日からはネココスプレアッキーニャを演じる南明奈のトークショーがありましたが、人大杉で全然見えなかったので登場部分だけ見て水面に帰還。
 その後エスカレーターで2Fに昇って舟券を買いに行った時にエスカレーターから少し見えましたが、とにかく人大杉でした。2Fで買ったのも1Fの売り場が大混雑だったのが理由なのです。

 そして、アフター賞金王は膳所さん(仮名)と三国さん(仮名)の3人であぶりや曾根崎店で焼肉食べ補題とドリンク飲み放題で締め、三国さん(仮名)とのぞみで帰郷しました。
 ということで今回の0泊2日、寿司以外は焼きとり、焼きそば、たこ焼き、焼き肉と焼きもの中心の食でした。


 ちなみに下の動画は決定戦を制した福井支部中島孝平を表彰式直後にピチピチ浅ちゃんが直撃したインタビューです。

2010年の賞金王は中島孝平に決定!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日はBOATRACE日本一を決めるSG賞金王決定戦を見に住之江競艇場に行ってきました。
 23日付と24日付の前後編で書くと思いますが、23日付の記事ではレースについて書きます。

 結びの一番賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇濱野谷憲吾がスタート26と凹み、17スタートから捲りきった2号艇中島孝平が今年8回目・住之江2回目・通算32回目の優勝でSG初V。
 2008年9月の桐生G1赤城雷神杯でG1完全Vを成し遂げた男が遂にSGタイトルを手に入れましたね。

 後続は3号艇石野貴之の捲り差しがやや流れて、差した4号艇今垣光太郎が2番手につけ、石野は外マイの5号艇湯川浩司と3番手争い。
 ですが、2M石野貴之を差して単独3番手になった湯川浩司が2周2Mでガッキーに押っつけ、ガッキーは包んでかわしきるも流れ、そこを石野がまとめて差しきり逆転2着。三国ワンツー転じて4000番台ワンツーになりました。
中島孝平決定戦優出インタビュー中島孝平決定戦表彰式



賞金王シリーズ戦優勝戦

 今年からセミファイナルに昇格したシリーズ優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇山崎智也が12トップスタートでカド捲りを決め、今月1日に女王横西奏恵と入籍した貴公子山崎智也は前走地丸亀BOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップに続く今年2回目・住之江5回目・通算61回目の優勝でSGV6。
 捲り差しで立て直した3号艇魚谷智之が二段捲りの5号艇勝野竜司を振り切って2着。

 それにしても結婚を機にリズム急上昇の山崎智也、この優勝で過去SGV2を誇る戸田で開催されるSG総理大臣杯の出場権を獲得したのも来年に向けて大きい収穫です。
山崎智也シリーズ優出インタビュー山崎智也シリーズ表彰式

住之江W優勝戦は女子がスミノエ魚ッ香、豪華な男子は魔さかの…。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 メッカ住之江の4日間開催男女ダブル優勝戦森下仁丹杯争奪戦が本日最終日。
 今年の森下仁丹杯はオール平日の4日間開催なのが実にもったいない豪華メンバーで、特に男子の部は当地昨年のSG賞金王決定戦出場選手が4人も出場。
 まずは華のあるメンバーになったセミファイナルの11R優勝戦(女子)

1:向井美鈴 2:長嶋万記 3:魚谷香織 4:鎌倉涼 5:香川素子 6:中里優子

 ここは123/645の進入から07スタートの向井美鈴(山口)が03スタートだった中里優子りんの捲りを受け止めて先頭に立ち、09スタートから捲り差しのぅぉちゃん(山口)が2番手に。
 予選最終日だった併用開催徳山G1競艇名人戦に合わせたかのように山口ワンツーになりましたが、2周2Mでドラマが。
 2周2Mターンミッスーってやや流れた向井美鈴に対し、ミスを見逃さなかったぅぉちゃんの差しが届き、3周1M内から先行したぅぉちゃんが大逆転で先頭に立ち、中四国地区スター兼徳山地元スターで活きのいいぴちぴちぅぉちゃんは今年2回目・通算V3・5度目のスミノエウオッカにして住之江初優出初優勝を達成しました。


 続いて迎えたメインの12R優勝戦(男子)は昨年の賞金王戦士4人が全員優出。

1:赤岩善生 2:菊地孝平 3:田村隆信 4:小畑実成 5:服部幸男 6:北村征嗣

 ここは枠なり4vs2の進入から赤岩がイン速攻で田村のつけまいを振り切り先頭に立ったものの、スタート飛び出しすぎて+02のフライングという魔さかの結果に。
 これにより先頭に繰り上がった田村が前走地丸亀G1京極賞に続く今年2回目・住之江2回目・通算28回目の優勝。順走の菊地が2番差しの小畑を2M行かせて捌き2着。

 ちなみに、気楽に千葉っちマニアさんに優出者インタビューに登場した男女全選手の写真が掲載されてます。
10/04/16 住之江ボート 男女W優勝 インタビュー(競艇)

 住之江次節は明日即前検で18日から22日まで日本モーターボート選手会会長杯争奪2010ダイスポジャンピーカップ
 そして今節のアクアライブブログ、お楽しみのYouTubeチャンネルは「ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナー」がバードアイの茶っきり娘長嶋万記インタビューと鎌倉嬢の同期平高奈菜インタビュー、そしてぴちぴち浅ちゃんが司会の大阪支部選手ふれあいコーナー上條嘉嗣トークショーが公開されてます。
 102期4514上條嘉嗣は49期3006上條信一の息子さんなのです。


 更に住之江情報を続けて、28日から5月3日までのオール大阪2010ラピートカップでは土日の1日と2日に南入場門ステージでミニライブがあります。

 1日
セクシー&美人演歌歌手春奈佑果歌謡ショー 7R&10R発売中

 2日
関西発!阪神タイガースも関西も盛り上げる!JK21ミニライブ 6R&10R準優勝戦発売中
大阪発!なにわを全国にPRするご当地アイドルキャラメルリボン&Pastelミニライブ 4R&8R発売中


 ちなみにJK21の由来は、21人の女子校生(JK)で結成したからだそうです。

戦局がぐるぐるめぐる戦国太閤賞を天下統一したのは坂口周!

ブログネタ
競艇 に参加中!
太閤居城の大阪城 住之江競艇開設53周年記念G1太閤賞競走は予選得点率1位の7.67に4人がひしめき、準優ボーダーも6.17に4人が並んだ戦国模様。
 更に12R準優勝戦では1号艇の王者松井繁が5着に敗れて3連単10万舟が出る下克上も。

 そんな戦国模様めぐるめく太閤走覇を勝ち残った6人による天下統一の優勝戦はスタート展示で2号艇石川真二がインに入った213456も本番では1号艇坂口周(三重83期3984)が枠を主張して枠なり3vs3の進入に。
 そして坂ちゃんが10R準優勝戦の00どっきりスタートに続き優勝戦でも02どっきりスタートで3号艇室田泰史(福井69期3548)のつけまいをブロックして速攻を決め、水面を軽やかにかけめぐり4度目のG1優出にしてG1初優勝
 後続は4号艇田中信一郎(大阪69期3556)が差して2番手を航走。タナちゃんは2M切り返してきた石ちゃんと最内突っ込む5号艇赤岩善生を全速包んでかわし、握った分やや流れて室ちゃんに差されるものの、2周1Mでは再度切り返す石ちゃんを包みつつ室ちゃんを差しきるまいうーな旋回で2着。

 住之江初・通算24度目の優勝にして83期2人目のG1ウィナーになった坂ちゃんは入退場時に司会のうっちーこと内田和男アナの音頭取りによる大音量の「めぐる」コールで送迎され、表彰式序盤ではファンから握手を求められる場面も。
 江戸川前検移動中にスーツケースが壊れて応急修理して江戸川前検入りしたのが記憶に新しい坂ちゃんは85期4024井口佳典と同学年で、2006年の49周年太閤賞でG1初Vを飾ったイグりんに追いついたのがうれしいとのことでした。

 ちなみに坂ちゃんは宇治山田商業高校陸上部出身で、高校の後輩にはアテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずき
 棒高跳びの選手だった坂ちゃんは卒業後JR四日市駅で勤務するも、めぐりめぐって競艇選手を目指すことに。その時にアドバイスを送ってくれたのが高3時の担任だった三浦典和野球部部長(当時)だそうです。
 このエピソードは毎日新聞第80回センバツ高校野球宇治山田商特集記事に掲載されてます。
場内かけめぐるファンと握手した直後の坂口周うっちーに祝福されためぐるガッツポーズ☆でした坂口周

 本日は8R発売中に大阪87期4082濱崎誠のトークショーが、初めて生で見た浜名湖競艇実況工藤浩伸アナの司会で行われました。
 トークショーはボートレーサー募集と連動した内容で、競艇好きな父に子供の頃から選手になるように勧められた話や、本栖競艇学校はとにかく寒かったという話など、濱崎デビューまでのあゆみを主に語りました。
濱ちゃん工藤ちゃんの選手ふれあいコーナー

 尚、岡村仁らによる媒体訪問で今節の目標売上は55億円と公表した太閤賞ですが、2場同時G1開催ながら最終日15億5118万3400円を売り、節間56億5793万2100円で目標をクリア。舟券購入時や餃子焼きそば購入時の長い列といい、高い本場集客力を誇るメッカの底力を実感しました。

 ちなみに太閤賞の後は、三重と大阪を結ぶ近鉄電車のお布施駅近くにある高井田系ラーメンの光洋軒で高井田系ラーメン初体験。
 太くて固い麺と真っ黒な濃い口醤油味は独特の味ですが、醤油ダレは濃厚もスープそのものは清湯なので、スープの飲み心地はドロドロではなくスーッとした感じです。
近畿制圧。太閤走覇。


G1徳山モーターボート大賞-競艇マクール賞-優勝戦

いざ、真剣勝負 左に花、右に真剣を持つ和装の少女徳山捲莉が目印の特設サイトでは、捲莉と前年G1中国地区選手権競走特設サイトの主役だった巫女黒神舞らが活躍するWEB小説「MAKURI †††六つの誓い†††」が無事完結。

 一方、新年度からG2になる為に最後のG1MB大賞としても注目だった水上の方は枠なり3vs3の進入から1号艇平尾崇典が後ろからの追撃を振り切り、嫁さんの実家がある徳山で遂に初優勝。差した4号艇池田浩二が2着。

 以上の様に、岡山イーグル会のプリンス平尾崇典がカナダバンクーバー五輪終了の日にG1V3を決めましたが、これが前走地浜名湖日刊スポーツウインターカップに続く今年2回目・通算44回目の優勝。
 徳山競艇HPムービー集でも見られる表彰式では昨年7月にG1徳山クラウン争奪戦特設サイト主役アマユコットの実写版アコユコットを演じた都築あこから表彰されましたが、なんと都築あこは前走地浜名湖でも表彰式プレゼンターでした。まるで平尾昌晃&畑中葉子ばりのナイスコンビネーションな平尾崇典&都築あこですね。


児島G3新鋭リーグ第2戦瀬戸の若鷲決定戦優勝戦

 岡山鷲会のプリンス平尾がG1V3を飾った今日の児島は新鋭リーグ瀬戸の若鷲決定戦で、4号艇山田佑樹(岡山チームセブンズ95期4323)が3カドを取った12/4563の進入から、デビュー初優出の3号艇上野真之介(佐賀102期4503)が14トップスタート決めて絞りに行きますが、23スタートの山田ゆうが先捲りで抵抗。
 その山田ゆうのつけまいを余裕で振り切った17スタートの1号艇岡崎恭裕(福岡94期4296)が独走体勢に持ち込み、全国スター岡崎は児島初・今年2回目・通算13回目の優勝
 山田ゆうは2M2号艇谷野錬志(浜名湖地元スター96期4342)を行かせて捌き2着。


 さて、カナダバンクーバーで開催された冬季オリンピックも現地時間の日曜日に終了しましたが、2日から始まる下関G1企業杯JAL女子王座決定戦に向けて27日には金田幸子を始めとする岡山支部選手の壮行会が行われました。
 児島競艇ガァ〜コの部屋のピース姫ミサと新年度に異動するデイリースポーツ記者森田新吾コンビの司会による壮行会は寺田千恵&福島陽子出演の第1部金田幸子&田口節子&堀之内紀代子出演の第2部に分けて行われましたが、児島競艇HPでは太っ腹にも壮行会の動画(第1部第2部)を公開中です。

津グランプリシリーズ第9戦最終日

 ISU国際スケート連盟の存在無くして成立しない冬季五輪が終了した日に全9戦の最終日を迎えた2009年度TSUグランプリシリーズ。
 優勝戦は123/645の進入から1号艇前川守嗣が押し切り、通算2回目の優勝
 2号艇ながら一番人気だった安達裕樹(三重)の差しは流れ、3番差しの6号艇落合敬一が優勢になりますが、2番差しの3号艇小野信樹が切り返して2Mを先行し、落合の差しがもたついたのに対して外握った安ちゃんが豪快に小野を包みきり、2周1M押っつけて来た小野を再び外全速包みきり、氷上の3回転ならぬ水上の3周回を強く速く華麗に回る安ちゃんが2着。
 2周1M空振りの小野を落合が小回りで抜いて3着。

 次に、8Rでは4号艇山室展弘(東京在住岡山支部51期3070)が124/562の3コースから捲り差しを決め、
 「デビューから27年3ヶ月。初代新鋭チャンプも今や名人世代となりましたが、水の上でも陸の上でも話題をさらい続けます山室展弘。艇界75人目の通算2000勝達成に乾杯です。」ということで、今節初1着にして通算2000回目の1着ゴール。
 1982年11月13日に児島でデビューしてデビュー戦即1着を飾り、その後1999年戸田SG全日本選手権や1986年の第1回G1新鋭王座決定戦(平和島)などSGV1G1V7という輝かしい実績を残した山室大先生は通算6148走目にして3000番台1番乗りの2000勝達成。
 レース後には古谷津市競艇事業部長と、同じ斡旋だった片山晃岡山支部長から表彰されました。


三国きさらぎ第3戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山地正樹が07トップスタートの速攻で押し切り、三国初・通算15回目の優勝
 順走で2着に入った2号艇萩原秀人(福井)の情報をここで紹介。
 今節25日に三国競艇HPでインタビュー「HIDETO'6」が公開されました。タイトル通り6つの項目について答えてます。

太閤賞で全大阪【餃】王将戦

大阪王将出店ブース G1太閤賞競走最終日の住之江競艇場では入口脇に大阪王将餃子が臨時出店中。
 その名もズバリ全大阪王将戦から始まった大阪王将臨時出店も、今日が最終日です。

餃子と天津麺 餃子と天津麺。
 餃子は箱に、天津麺は蓋に覆われてるので持ち運びしやすいです。

入口の大阪王将看板と横断幕 入口に掲示されてる看板と横断幕。
 ちなみに、住之江競艇のビールはアサヒですが、大阪王将ではサントリーを販売。

住之江G1近畿地区選手権は王者に始まり王者に終わる

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ふくの日に最終日を迎えたG1近畿地区選手権競走はふぐ消費量が全国消費量の約6割というふぐ料理のメッカ大阪府にある競艇のメッカ住之江競艇場で開催。

 第53回大会のオーラス決戦優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇の王者松井繁が05スタートをばっちり決めた危なげない王者の逃走劇で近畿制圧。
 これで地区選は2000年尼崎の第43回以来となるV3、G1はV43、SG含む記念タイトルはV53、住之江は記念V9含むV26、通算では95回目の優勝

 後続は04スタートから差し順走の2号艇・北陸艇王今垣光太郎が5号艇・2010年大阪王将位湯川浩司の03トップスタートからの捲り差しを内でこらえきって2着に入り、2連単230円3連単550円のハイレベルな大本命決着は記念優勝戦における3連単史上最低配当。
 ちなみに王者とガッキーは13日からのびわこ王座決定戦で早くも再戦予定で、王者と江戸川浩司は23日から再び地元住之江のG1太閤賞で再戦予定です。

 さて、今節の王者はSG賞金王決定戦優勝記念として、なんと前検日に賞金王決定戦優勝謝恩トークショーを実施。
 この前検トークショー、メインの王者トークショーだけでなく前検ピット見学会+大原由子&栃原さやか&坂咲友理トークショーもあったという豪華大盛イベントで、イベント終了後には王者から手渡しで賞金王決定戦優勝記念ワイン「Time is Money」を参加者約300人全員に贈呈という超太っ腹な企画。参加できたファンは本当にうらやましいですね。さすがは王者や!
 ということで前検日から断然の主役だった王者は初日ドリーム戦を1号艇で順当に勝った後も成績をまとめて予選トップ通過し、準優と優勝戦もしっかり逃げ切り地区選V3をきっちり成し遂げたのでした。

 そんな地区選総売上は吉永則雄と西村拓也の媒体訪問で公表した目標売上45億円を上回る48億1848万6000円でした。
近畿制圧。太閤走覇。

 今節はレース以外でも充実してたようでして、上記の前検日王者ショーの他にも主なところで初日には大原由子りんトークショー、2日目にはかつて玄品ふぐCMに出演してたDo my best中澤裕子りんトーク&ライブ、4日目には惣流アスカラングレー宮村優子りんのものまねでお馴染み稲垣早希トークショーに加え、女子王座キャンペーン田口節子トークショーと中川杏奈川村あんなW∞アンナトークショーが。

住之江競艇場に大阪王将が特別出店! 次に、よしもとの競艇人間さんを始めとする吉本興業の尽力により正月の全大阪王将戦と夢のコラボが実現した大阪王将が今節も土日に特別出店。
 前回は餃子が毎日1000人前以上、売上は平均30万円越えという盛況で、イートアンド文野直樹社長もブログ「おなかいっぱいの幸せを」で大喜び。


 更に、今回はMBS「麒麟の部屋」と連動した「やきそば-1GP」で優勝した「とろサーモン村田“坦々あんかけサトシ風夜中の2時に食べたくなるjoy”やきそば」が新メニューに加わりパワーアップ。
 引き続き新メニューも食べられる次回の大阪王将特別出店は太閤賞終盤2日間の27日と28日です。ということで遠征予定の28日が楽しみです。

 最後に自分にとって一番のお楽しみ、アクアライブブログアクアライブステーションYouTubeチャンネルで公開される「ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナー」。
 今回は落ち着いた感じの独身貴族古結宏インタビュー、浅ちゃんと同じ8月24日生まれで4人兄弟の吉川喜継インタビュー、うぃっしゅポーズをもじったふぃっしゅポーズは面白かったもののガムくちゃと浅ちゃんへの腹パンチに問題あったか翌日速攻削除された幻の吉永則雄インタビューと来て、真打ちが鎌田義インタビュー

 賞金王シリーズ時に登場した前回のインタビューがアクアライブピットインタビュー最多アクセス数のカマギーが満を持してインタビュー再登場。
 カマギーを深く掘り下げた7分33秒のロングインタビューは前回に続き今回も江戸川浩司がゲスト出演です。


桐生G1関東地区選手権初日

 フードコート真上のセンタープラザ中二階で行われて現地組が見づらそうな選手紹介(特設サイトに動画あり)では東京支部のひかるイン屋西田靖が「おはようございます。えー、とうとう一番になってしまいましたが、いやーな親父になれるように頑張ります。」、現役大学院生江口晃生が「おはようございます。大学院の卒業がほぼ決まり、選手として本気で集中できる事になりましたから今節は精一杯頑張ります。応援してください。」と言った後の熊谷直樹

 「大学も行ってませんが、イヤな親父にはなりたくないです。

 さすがは毒舌クマさんです。ちなみに選手は「くまがい」で、桐生競艇からも比較的近い埼玉北部の市は「くまがや」です。
 他には西村勝が「おはようございます。今日の11R大事な1号艇なんですけど、いやーな親父がいるんで緊張してます。応援よろしくお願いします。」と言ったり、直前の一瀬明168cmにマイクを下げられた鈴木賢一159cmが「一瀬君下げすぎだから。江口さん大学院ご苦労様でした。大学院卒業するらしいですけど、自分は煙草を卒業出来ません。頑張ってやめれるように頑張ります。応援して下さい。」と言ったりしたのが面白かったです。
 ちなみにスズケンは6Rで2341/56のカドから捲り差しを決めて1着になり、3連単66600円の6づくし配当を提供しております。

 最後にドリーム戦は枠なり3vs3の進入から1号艇濱野谷憲吾が逃げ切り1着、捲り差した3号艇山崎智也が2着と、東京と群馬を代表する選手同士でワンツー。

下関「2月9日・ふくの日」記念レース初日

 ぴちぴちのふくが集積されるふくの本場下関で2月9日ふくの日を記念した6日間開催。
 今節は王者の愛弟子山本隆幸が90日のF休み明け初戦で登場しましたが、その山本は8R3号艇がインドカ遅れもあって楽に2コース捲り、12Rが楽にイン逃げと、F休み明けもなんのそので優勝候補筆頭にふさわしい連勝発進でした。

 さて、下関競艇では来月2日からG1企業杯JAL女子王座決定戦が始まり、特設サイトも開設されてますが、ドリーム戦6号艇にも選出された山口支部の中四国地区スター魚谷香織が27日に戸田競艇で女子王座キャンペーントークショーを行います。
 予定時間はW∞アンナが7R発売中でぅぉちゃんが9R発売中です。とれとれぴちぴちのぅぉちゃんが20日からの是政女王決定戦だけで無く戸田でも見られるというのは嬉しいですね。

【全大阪】住之江競艇と大阪王将がコラボ【王将戦】

ブログネタ
競艇 に参加中!
大阪王将名物餃子のオブジェ クリスマスイブの今日から競艇新CMBattle of 6 BOATRACE特設サイトが公開され、2010年はKYOTEIからBOATRACE、競艇選手からボートレーサーにキャッチコピーが移行していく競艇界。

 さて、POWER&SOUL KYOTEIの総決算SG賞金王決定戦を昨日まで開催したメッカ住之江競艇場では息つく間もなく26日から大晦日までスポニチ杯争奪住之江選手権競走ですが、1月2日から7日まで開催される正月開催は恒例のオール大阪開催全大阪王将戦


 その全大阪王将戦節間イベントで、個人的に非常に見逃せないものが以下の出店イベント。

1月2日(土)〜7日(木)
 ■「大阪王将」出店
南入場門特設ブースにおいて開催期間中、「大阪王将」を出店し、餃子、豚まん等を販売します。

餃子の美味しい中華食堂大阪王将

 そうです、【全】大阪王将【戦】に餃子の美味しい中華食堂大阪王将が出店です!
 大阪王将自体は西葛西にもありますが、全大阪王将戦に大阪王将が出店の様子は非常に見たいところであります。ちなみに下の写真は大阪王将の餃子と天津飯。
大阪王将の焼餃子大阪王将の天津飯

 続いては初日12R王将特選出場選手の紹介。ファン投票で選ばれた全大阪王将戦隊ギョーザレンジャー+1は以下の6選手。

1位 3415松井繁 509票
2位 3556田中信一郎 431票
3位 4044湯川浩司 412票
4位 4042丸岡正典 345票
5位 3557太田和美 334票
6位 4168石野貴之 219票

次点 3290倉谷和信 204票

※上記選手が欠場となった場合は、次位から順次繰り上がります。
※枠順は前検日に決定します。


 世の中全ての人に元気になってもらうため、全大阪王将戦の名のもとやってきたギョーザレンジャー。
 あるときはギョーザマシンにまたがり、あるときは手巻きのギョーザレンジャーロボに乗って、人々を苦しめるあらゆる敵をたおす正義がウリのギョーザレンジャー!
全大阪王将戦隊ギョウザレンジャー

モンスター野中和夫引退セレモニーin住之江競艇

ブログネタ
競艇 に参加中!
引退セレモニーで五反田忍から花束をもらうモンスター SG賞金王決定戦公開ボート&モーター抽選会と賞金王シリーズ戦2日目の住之江競艇メインイベントはモンスター・27期2291野中和夫前選手会長の引退式。
 大阪支部を代表して五反田忍が花束を贈呈しました。

野中和夫引退セレモニー 公開抽選会直後に行われた引退セレモニーの後は1回目のトーク。

五反田忍トークショー 6R発売中には五反田忍トークショー。
 トークショーの内容については気楽に千葉っちマニアさんに詳しく載ってます。

佃信雄と共演したアクアライブトークショー 8R発売中には盟友の1795佃信雄元選手をまじえて本日2回目のトークは漫才チックな爆笑トーク。

奥さんにねぎらわれるモンスター 涙を浮かべる奥さんからねぎらわれるモンスター。笑いの後には涙ありの感動シーンでした。

モンスターラストラン 12R発売中にはラストランを披露。

モンスターラストラン2 2周航走した後はスタンドのそばをゆっくり航走してファンの声援に応える場面も。

息子にねぎらわれるモンスター 走り終えた後は大時計前で本日3度目のトーク。


 さて、今回大阪行きの主目的はモンスター引退式だったのですが、もうひとつの主目的はアフター競艇で、十三のホルモンまるたけでホルモン5種盛りとレバ刺に舌鼓を打ち、十三スポーツTEAM十三ブログでおなじみ欧風居酒屋ドマーニで深夜まで過ごしました。時間があっという間に過ぎてった感じでとっても楽しかったです。

江戸川報知新聞社杯4日目

 2日目まで3連勝だった木村浩士12R1号艇で+03のフライングに散った4日目を終え、得点率上位6人は以下の顔ぶれに。

8.67宇佐見淳 8.43野長瀬正孝 8.33横山節明 8.17白井友晴 7.86濱村美鹿子 7.67谷村啓司

 のながせは節間0勝ながら、オール3連対で得点率2位につけています。

賞金王決定戦、モンスター野中和夫引退式は19日土曜日に実施。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 師走初日の今日は浜名湖G1企業杯共同通信杯新鋭王座決定戦(2010年1月19日〜24日)の出場選手が発表されたり、住之江SG賞金王決定戦の節間イベントが住之江競艇HPに発表されたりしました。

 その賞金王決定戦節間選手系イベントは以下の通りで、モンスター野中和夫前選手会長引退セレモニーはシリーズ2日目の19日に組まれました。
 

 18日
■選手紹介&賞金王シリーズドリーム戦出場選手紹介
時間:9時20分
場所:中央ホール


 19日
■賞金王決定戦ボート・モーター抽選会
時間:9時20分
場所:中央ホール

■野中和夫引退セレモニー
時間:抽選会終了後
場所:中央ホール

■野中和夫トークショー
時間:8R終了後
場所:アクアライブステーション

■野中和夫ラストラン
時間:12R発売中
場所:競走水面


 23日
■シリーズ優勝戦&賞金王決定戦出場選手インタビュー
時間:9時30分
場所:中央ホール

■表彰式
・賞金王シリーズ戦優勝者表彰
時間:10R終了後
場所:大時計前

・賞金王決定戦優勝者表彰
時間:12R終了後
場所:中央ホール


 アクアライブステーションでは19日のモンスタートークの他にも、昨年に続いて節間毎日女子選手トークショーがあります。

 18日
高橋淳美6R発売中
若狭奈美子8R発売中

 19日
五反田忍6R発売中

 20日
栃原さやか6R発売中

 21日
坂咲友理6R発売中
横西奏恵8R発売中

 22日
西村歩6R発売中

 23日
鎌倉涼6R発売中


 アクアライブステーションといえば最近はYouTubeチャンネルを開設して、ひと味違った選手インタビューを公開して楽しませてくれますが、今日新たに佐賀100期4454梅崎恵美のインタビューが公開されました。
 梅崎恵美はVIVA!キューティーブログで佐賀県藤津郡太良町大浦竹崎にある竹崎島の出身という事を書いてましたが、今回のインタビューでは、実家であるカニと温泉の宿一福荘の紹介をしてます。

滝澤友恵水神祭記念インタビューも公開された住之江男女W優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2本立て記事でお送りする本日1本目の記事は大礼服の商標でお馴染み森下仁丹のタイトル戦住之江男女ダブル優勝戦森下仁丹杯争奪戦最終日。まずはW優勝戦の紹介から。

 1つ目の11R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇濱村美鹿子が2号艇日高逸子の差しを振り切り、目高さんを従えた鹿さんが住之江初・今年2回目・通算16回目の優勝。3着には外マイの5号艇谷川里江が入りましたが、優出メンバー12人からは唯一ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナーに登場しました。

 結びの12R優勝戦(男子)は124/356の進入から1号艇毒島誠(関東地区スター92期4238)が2号艇平尾崇典と4号艇深川真二を張って逃げきり、ブス島は住之江初・通算12回目の優勝。今年は4回目の優勝でしたが、地元桐生以外では今年初Vです。
 ブス島に張られた平目は振り込んでしまい、3号艇森秋光が接触、6号艇西村拓也(住之江地元スター98期)も回避して不利を受けた結果、外マイの深川があっさり2着。
 3着は深川と平目の間を突いた5号艇都築正治でしたが、来月から月刊ヤングマガジン(毎月第2水曜日発売予定)に掲載誌が移行される「kiss×sis」の主人公住之江圭太の双子義姉は住之江あこ住之江りこです。この漫画、他の登場人物もものすごい名前で、三国美春とか桐生夕月桐生三日月姉妹とかもいます。


 さて、今節のビッグニュースといえば滝澤友恵が2日目1R水神祭を挙げた事ですが、待ちに待ってたぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナーが公開されました。
 11月7日に入籍した夫水摩敦(住之江前節あざやか霜月競走出場)からもらったプロペラと調整メモを生かして、入籍後の初開催で早速水神祭。まさに夫婦愛がなした水神祭ですね。

 ということで滝澤友恵水神祭&新婚記念インタビューは住之江後インフルエンザに掛かりながらも妻の為に尽くした若松地元スター水摩敦の新婚さんいらっしゃ〜いぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナーを見た後に見ると一層楽しめます。ちなみに水摩敦の師匠はパイナップルキング田頭実です。


多摩川東京スポーツ賞優勝戦

 滝澤友恵の師匠角谷健吾も4号艇で優出した東スポ賞は1246/35の進入からカド08スタートの3号艇市橋卓士(徳島)が06スタートの1号艇鈴木博をつけまいに沈めて捲りきりますが、くるっと差した2号艇林美憲(徳島)が市橋を捕まえて2Mを先行し、今年V6・多摩川3回目・通算40回目の優勝
 林に捕まった市橋は2番差しの6号艇白水勝也を2M行かせて捌き徳島鳴門うず潮ワンツーを完成させ、福岡我勝手隊の大うず大将は3着。

住之江競艇アクアライブステーションがYouTube動画を始めました。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今節から昼間開催に戻った住之江競艇の名物開催テレビ大阪杯争奪大阪スーパーレースが本日最終日。
 テレビ大阪杯という事で今年もレディス4略してL4の時間帯に地上波中継があり、出演した小林亜里紗アナのブログには今年も地上波実況に回った市岡学アナの姿も。

 そんなわけで昨年動画)に続いて大阪スーパーアナウンサー(仮名)が実況した優勝戦動画)は12346/5の進入から1号艇・浜名湖の獅子堤昇が、初代スタート野郎の名に恥じぬ04トップスタートの速攻で押し切り燃えて、住之江4回目・通算では2007年11月桐生アオケイ杯以来となる23回目の優勝で第28代大阪スーパーレーサーになり優勝賞金100万円を獲得。
 後続は差し順走の2号艇吉田俊彦が2番手につけ、1M捲り差しから2M内突いてきた5号艇森竜也を行かせて捌き2着確保。

 ここから今回の本題。今節前検日3日付けのアクアライブブログに書かれてましたが、今節から住之江公開FMアクアライブステーションのぴちぴちとれとれYouTube動画チャンネルが始まりました。
 レース展望やピットでの選手インタビューが配信されてるこのチャンネル、三重のカリスマ支部長・ミスターホルモン矢橋成介インタビューも配信されてるのが特に見逃せないところですが、このチャンネル開設で名物ピットレポーターぴちぴちあさちゃんのフルネームが「浅田直子」だった事を知りましたです。


浜名湖富士テレネットスプラッシュアタック優勝戦

 10月30日に情熱の若獅子が頂点を競う新鋭王座決定戦特設サイトが開設された浜名湖競艇の今節はテレしずグループ富士テレネットの男女混合戦。
 頂上決戦は枠なり3vs3の進入から2号艇鈴木博が16トップスタートも、20スタートの1号艇伊藤宏が差させず捲らせずの旋回で鈴木博をシャットアウト。
 そのまま押し切った伊藤宏は3月の当地年度末謝恩アタック以来となる今年4回目・通算24回目の優勝

 後続は順走になった鈴木博が2着に入るひろしワンツーで、優出紅一点の3号艇細川裕子が果敢なつけまいで3着入線。

常滑テレボートカップ優勝戦

 初日ドリーム戦メンバーからドリ戦責任転覆だった地元大嶋一也が抜け、替わりに伊達正利が6号艇で優出した4日制のテレボートカップ。

 そして優勝戦は123/546の進入から1号艇萩原秀人が16トップスタートの速攻で押し切り今年5回目・通算9回目の優勝。捲り差した3号艇上平真二が2着。

 この優勝で今年V5となった萩原は来年の平和島SG総理大臣杯出場も視野に入って来ましたが、その前に24日からの当地SG競艇王チャレンジカップでSG初出場。今日のVはチャレカへのいい景気づけになりましたね。

江戸川と桐生G1最終日の8月4日は砂町の荒川で江東花火大会

 先週22日に両A面シングル「STORY/SUMMER LIGHT」を発売した愛内里菜が29歳の誕生日を迎えた今日は優勝戦2つと1号艇濱野谷憲吾雷神ドリームを制した桐生G1赤城雷神杯2日目(3日目以降江戸川場外開始)を含む3つの場がナイター開催。

 ナイターといえば先週25日土曜日は江戸川競艇場から隅田川花火大会を見ることが出来ましたが、明日は江戸川沿いにある篠崎公園で江戸川区花火大会が開催されます。総武線や都営新宿線沿線なら見に行ける場所ですが、西葛西と篠崎は凄く離れてるので今年も見に行く予定は無し。
 一方、荒川沿いにある砂町水辺公園で開催される江東花火大会は西葛西側からもよく見えるので毎年見てます。特に今年は赤城雷神杯最終日の4日火曜日に開催されるので、江戸川競艇場で桐生場外を買いつつアサヒビール片手に花火も見る事が可能。という事で4日の夜は江戸川競艇場で競艇と花火をWで楽しみます。

 ということで江戸川アサヒビールカップ2日目に出場中の今節選手代表荒川昭はどうだっかというと、5号艇の前半第5Rは1M差して3番手も2Mやや窮屈な旋回になったところを内から2艇に合わせられて5着。
 3号艇の後半12Rは40スタートからの小回り差しで3番手も、2Mで2番手の1号艇小林昌敏に押っつけて飛ばした間に2艇に抜かれて4着と、本日の2走は舟券に絡めず。

 ここで残念なお知らせ。本日の第2R3号艇で1M捲り差しから2Mで2艇を俊敏に差しきって2着に入った岡山イーグル会のベースボールファイター・母校倉敷商業も甲子園出場を決めた中西長松第8Rを走ってから負傷帰郷しました。

住之江うきうき文月競走優勝戦

 江戸川に出場中の廣瀬将亨(兵庫85期4040)の父広瀬政憲(兵庫在住大阪支部)のトークショーもあったうきうき文月競走最終日。
 今節の公開FMアクアライブステーションは、すっかりアクアライブMCに定着した競艇リポーターちいちゃんの成長DIARYに写真が掲載されてますように福岡3場の実況でお馴染み荒田美希アナがMCで出演。27日のちいちゃんブログによると結婚後は大阪に住んでるようなのです。ちなみに自分は初日と3日目にアクアライブステーションを聴きましたが、初日にちいちゃんのMC、3日目にあらたんのMCを聴けました。

 さて、優勝戦は16/2/345の進入から1号艇安田政彦が深インを克服して逃げ切り、住之江V3となる今年2回目・通算44回目の優勝
 あらたんはさしずめ大阪在住福岡支部といったところでしょうが、福岡在住東京支部の4号艇齊藤仁は1M捲り差しから2Mで2艇を行かせて捌き2着と、節間オール3連対の安定感を優勝戦でも披露。


丸亀大阪スポーツカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇勝野竜司と捲る4号艇嶋田貴支(香川)の一騎打ちになり、2M外全速戦で勝野を捲った嶋田が勝野を振り切って2周1Mを先行し、今年2回目・通算17回目にして丸亀初優勝

【もうすぐ4年…】

 2005年11月6日に本田美奈子がこの世を去ってからもうすぐ4年になりますが、今夜河村和奈オフィシャルブログ『かずなろ白書』を読んで7月31日が本田美奈子の誕生日ということに気づきました。
 生で歌唱を聴いたのは1994年12月25日G1有馬記念終了後の中山競馬場パドックにて「Oneway Generation」などの曲を歌ったミニライブ1回だけだったのですが、孤高のアイリッシュギタリストゲイリー・ムーアが作曲とギターで参加した「the Cross -愛の十字架-」を聴いてムーアの泣きじゃくるギターにそそられ、後にthe Crossのセルフカバーバージョン「Crying in the Shadows」を収録したムーアのアルバム「Wild Frontier」を聴くきっかけになりました。

【大きな古時計】住之江大阪スーパー不成立レース【Readyス4】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 テレビ東京系列の大阪府域放送局、スーパー王者たこるくんがマスコットなテレビ大阪のタイトル戦、優勝賞金100万円のテレビ大阪杯争奪大阪スーパーレースが本日最終日。
 「ファンの皆様、本日のご来場誠にありがとうございます。住之江競艇の第27回大阪スーパーレースは本日が最終日。優勝戦の日を迎え、昨日の準優では1号艇トリオがまさかのオール2着で波乱もあり、これで優勝戦は久々に一筋縄ではおさまりそうにないメンバー構成の伯仲ムードの漂う攻防戦となっています。どうぞご期待下さいまして本日も最終最後までごゆっくり観戦お楽しみ下さい。さあ最終日の第1Rの一般戦(動画)。
 と、オープニングで準優1号艇トリオのオール2着を伝えました市岡学アナは本日、大阪スーパーレース恒例のテレビ大阪地上波中継(小林亜里紗アナも久々の競艇番組出演)の専用実況を担当する為、前半6Rまでの担当。後半7R以降は大阪スーパーレース名物代打実況の登場です。ちなみにテレビ大阪の番組表を見ると16時00分〜16時30分までの放映時間になっており、通常はレディス4、略してL4(出遅れ4本じゃないよ)の時間帯であります。
 ここでL4の個人的な思い出を書いちゃいますが、学生時代の夏休みとかに見てて高崎一郎キャスターの存在感と、CMだけでなく番組自体が三越の企業宣伝になってたのと、全体的に醸し出されるテレ東テイストで、年数回程度の視聴回数ながら結構印象深いものがあります。

 スーパー脱線したところでお待たせしました本題の優勝戦。通算20度目の優出にして初Vを目指す88期チャンプ松下直也に1号艇が転がり込んだ一戦は「さあいよいよ第12R優勝戦、ハゲ…し、はげ、しく外から動いてきています。」と幾分ごちゃつき気味な1346/25の進入からシリーズリーダーの4号艇重野哲之と6号艇石川真二(優出メンバー中唯一当地賞金王シリーズ戦当確)が特に早い飛び出しを見せますが、
お知らせいたします。ただ、ただいまの第12Rのスタートにおきましてフライング欠場艇があるかもわかりません。舟券は大切にお持ち下さい。(1番艇、2番艇、3番艇、4番艇、5番艇、6番艇、フライング、欠場!)お知らせいたします。ただいまの第12R、スタートにおきまして全艇がフライングいたしました。第12Rは不成立となります。フアンの皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。ご了承下さい。舟券は全て返還されますので大変に…大切にお持ち下さい。
 ということで、捲りきって先頭の重野(+32)も捲り差しで2番手ながらいち早く減速し真っ先にピットに帰った石川(+38)も初Vがもくずに消えた松下(+20)も、5号艇後藤浩(+34)も、いち早く減速した3号艇冨成謙児(+11)も、松下と冨成の間を割ったらハンドル切り間違えてターンマークにぶつかりエンストした2号艇吉田宗弘(+29)もみんなフライングでレース不成立(返還8015万7100円)です。
 大阪府民以外は市岡アナの渋い美声が優勝戦で聴けずに毎年スーパー寂しい大阪スーパーレースですが、今年は不成立後に「い、い、言いました。OKです。2回言いました、ハイ。もっかい?」な放送事故もあるなど、レースそのものもスーパーにとんでもない結果になってしまいましたね。

 ですが、数時間後に以下のスーパーサプライズな発表があり、全艇Fの原因が大時計の故障による秒針の遅れと判明しました。これにより、レースは不成立から中止の扱いに変わり、レースそのものが無かった事になりました。

本日優勝戦の全艇フライングについて調査の結果、大時計の故障が判明しましたので『中止』の取り扱いとなります。ファンの皆様には多大なご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。今後このような事がおこらないように、徹底した調査を行い、再発防止に努めてまいります。

 舟券買った側には全返還で変わりませんが、出場選手側にとってはFがノーカウントになったのはせめてのも救いでしょう。尚、唐草軍団の後輩松下直也の応援&お迎えで来場してた魚谷智之がオフィシャルブログ「No Boat No Life」でピットの模様を書いてます。


【明日は3場で優勝戦】

 夕方は住之江の不成立にびっくり仰天し、夜は秋葉原の未来にキャッチアップした本日ですが、明日は地元の筑豊ブラックダイヤモンズ瓜生正義がポールポシジョンを獲得して全日本覇者の称号に王手を掛けた若松G1全日本覇者決定戦、今年V10の吉川元浩が完全Vに王手を掛けた多摩川内外タイムス杯準優11Rのカワカミプリンス対決に先着して2着優出した川上昇平が5号艇で乗艇する浜名湖中京スポーツもみじ杯と、3つの優勝戦があります。

 ところで、多摩川には本家カドのえーちゃん(by工藤浩伸アナ)こと渡邉英児が今日も12RW準優勝戦後半で3カド進入からの捲り差しで一度は吉川に舳先を掛けて2Mを先行する場面があり、2M差し返されたものの武蔵の地で吉川えいじワンツーを決めましたが、若松では白井英治が4カド差しから2Mも差し捌いて2着優出と、こちらもカドのえーちゃん。
 そんな白井英治ですが、今月29日土曜日にボートピア習志野で13時35分頃からトークショー&ツーショットポラロイド撮影会を行います。

【森下仁丹杯】吉田弘文すみーのえ競艇2ヶ月連続優勝達成

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 百年人生を応援し、4月には日本初!60歳以上女性限定のいきいきシニアクイーンコンテストを開催した森下仁丹株式会社の5日間タイトル戦は住之江森下仁丹杯争奪戦
 優勝戦は住之江4連続優出中にして6月しぶき杯競走からの住之江連続Vを狙う4号艇山本光雄が動いて内3艇が窮屈な124/3/56の並びになり、スタートもダッシュ勢が優勢でしたが、11スタートの5号艇岩崎正哉(福岡)が打った捲りを22スタートの1号艇吉田弘文(福岡)が受け止めきり、28スタートだった2号艇宮地秀祈(福岡)の差しも振りきった吉田弘文が先月25日WEB競艇TV杯からの住之江連続Vにして住之江V3・今年はV5・自己通算では27回目の優勝。舳先かかりきらなかった宮地に対し6号艇新田智彰の2番差しが届きますが、2M押っつけ気味に先行した新田を宮地は差して捌ききり2着に来て宮地。

 吉田弘文にとって住之江競艇は真紀子夫人(現役時は地上波TV出演歴もあり、結婚引退後も士陽君出産まではピットレポート等で活躍した76期3756住井真紀子元選手)の地元ということで特別な思い入れがあり、地元並みに気合いが入るとのこと。そんな吉田弘文住井之江競艇連続優勝記念真紀子インタビューでは結婚式の司会も担当した表彰式司会の女性アナから4歳になったよしだしよくんの事をきかれ、その時はすっかりしよパパの顔になってのろけた吉田弘文です。

 さて、住之江競艇ネット中継ではご存じの通り公開FMアクアライブステーションの音声が流されてまして、本日の司会はMC浜の工藤浩伸アナで解説は1Fが1962井上利明元選手で2F放送席が2815泥谷重次元選手。工藤ちゃん関連では千葉っちマニアさんに優勝戦出場者インタビューの写真が工藤ちゃんを含めた全員分掲載されております。
 また、JLC番組「麺食い倶楽部〜ラーメン・水面・ボクしらけん」にも出演してたピットレポーターちいちゃんこと濱野智紗都のブログ競艇リポーターちいちゃんの成長DIARYには、MCを担当する保田直美と「ぴちぴち浅ちゃんのとれとれ情報コーナー」でお馴染み浅ちゃんの写真が掲載されてます。ひとつが前節の浅ちゃん&泥谷パパで、もうひとつが今節の保田さん&浅ちゃんです。

 最後に、住之江シティーナイター次節にして今年最後のシティーナイターは25日からブルースターカップゴールデンレース吉川元浩が4月桐生ゴールデンレースドラキリュウカップに続くナイターゴールデンレース連覇を狙う一戦ですが、工事中の為に売らなかった桐生GR同様に江戸川競艇場での場外発売はありません。ですが、江戸川場外ボートピア習志野ではもちろん全日程発売されます。

唐津一般競走優勝戦

 スタート展示の125634から本番枠なり4vs2の進入になり、節間オール2連対の1号艇勝野竜司と節間オール3連対の2号艇吉田一郎が16トップタイスタートでスリット抜け出し、勝野が一郎にも3号艇馬袋義則にも馬体を合わせることなく1M押し切り、勝野が勝つのは今年3回目・通算29回目・唐津3回目の優勝
 後続は5号艇泥谷一毅が差して2番手も、2周1M切り返しから一郎が半ば強引に先行。反応が遅れた泥谷の差しは中途半端なものになり、一郎が逆転2着。2周2Mのおっつけ不発に終わった泥谷は馬袋にも馬体を合わせられてしまい、3周2M内の利で先行した馬袋が逆転3着。

 ところで、自由民主党の幹事長、総務会長、政務調査会長の党三役全てに就任しているのは森喜朗と故安倍晋太郎の歴代清和会長だけですが、初日3Rでは福岡の102期4495森晋太郎が大外差しを決めデビュー初勝利。2日目以降は大平選手との対戦こそ無かったものの小泉選手や鈴木選手、それに小澤選手に一郎選手らの胸を借りて真っ向挑んだ結果舟券絡みは果たせませんでしたが、清く和やかな名前に似合った活躍を今後も期待ですね。
 また、長崎の102期4497桑原悠は水神祭の願いこそ叶えられなかったものの、予選3日間オール3連対で、昨日はデビュー初準優入り(9R3号艇)を果たしました。

【女子戦キルトクール】

 女子リーグ戦京都プリンセスカーニバルG1秋華賞のキルトクールは東京レディスダービーG1優駿牝馬の勝ち馬にして新鋭女子王座決定戦G1阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬トールポピー。優駿牝馬は実力勝ちではなく降着すれすれのラフプレーによるものだったので、実質の重賞勝ちは阪神JFKのみ。対して本命はRedgateに入った3枠6番レッドアゲート。同枠のエフティマイアも実質優駿牝馬勝ち馬なだけに有力です。
 ちなみに、昨年まで競艇イメージガールを務め、府中市多摩川競艇で優木まおみ杯も2回開催された程の優木まおみが秋華賞のプレゼンターを担当します。


 府中市東京競馬の1800mオール女子戦G3府中牝馬ステークスのキルトクールはベッラレイア。本来瞬発力自慢だった馬が、中団で脚をためながらレースの上がりよりも遅い34.2秒の脚で7着に敗れた当地5月の是政女王決定戦G1ヴィクトリアマイルの内容からいまいち買いづらいところ。いつの間にか馬主が変わってたのも買いたくない理由。

箕面市長選挙で全国最年少34歳の倉田哲郎候補当選

ブログネタ
地方 に参加中!
 本日最初の話題は、全国最年少市長が誕生した箕面市市長選挙の話題。以下は毎日Jp.ニュースからの引用を含んでおります。

 任期満了に伴う箕面市長選と同市議選(定数25)は24日投票、即日開票された。無所属3氏が争った市長選は新人の倉田哲郎候補34歳(自民、民主、公明、国民新推薦)が、現職の藤沢純一候補60歳と新人で前市議の小林ひとみ候補60歳(共産推薦)を破り、初当選した。1974年6月7日生まれの倉田氏は27日の就任時に34歳2カ月で、全国最年少市長となる。また市議選も当選者が決まった。投票率は市長選が50.75%(04年は49.93%)、市議選は50.73%(同49.92%)。当日有権者数は10万247人(男4万7490人、女5万2757人)。
 事務所で支持者の拍手に迎えられた倉田氏は「第二のふるさとで市長の仕事をさせてもらえ、本当にうれしく思っている。自分に投票した人もほかの候補に投票した人も納得できるような市政を目指し、全力で仕事をしたい」と抱負を語った。


 静岡市清水区出身で衆議院議員倉田雅年総務副大臣を父に持つ倉田新市長は1993年に開成高校を卒業、1997年に東京大学法学部を卒業後総務省(旧郵政省)に入省、情報通信政策局総合政策課長補佐を歴任後、2003年に市政策総括監兼市長公室専任理事として箕面市に出向して市の運営に貢献。そして、現職市長と対立していた市議会多数派各党の全面バックアップを受け、総務省を辞職して臨んだ出陣式では市議選立候補者の半数以上となる17人が支持を表明したほか、各党の国会議員や府議が顔を並べ、有権者に安定感を与えた。さらに橋下徹知事の来援を仰ぎ、唯一の弱点だった知名度不足も解消。青年市長の誕生で箕面市の今後は期待大ですね。自分としても一番市長になって欲しい人が当選してくれて嬉しいです。

 江戸川区民の自分がなぜ箕面市長選挙に関心を持っていたかという理由は、選挙期間中に行われた以下の公開討論会

 住之江競艇場で箕面市主催開催を継続すべきか否かについて

現職の藤沢純一市長は「今すぐはできないが、赤字になる前に撤退
新人で元総務省職員の倉田哲郎氏は「市民病院の赤字二つ分を解消できるほどの貴重な財源
新人で市議の小林ひとみ氏は「公営ギャンブルの制度自体は財政が厳しい中で生まれた。今は廃止すべきだ

 と、倉田新市長が最も競艇に肯定的で、在任中はシティーナイター導入に尽力するなど競艇事業に貢献したものの前回の選挙では「射幸心をあおる公営ギャンブルが赤字転落する前に撤退」という公約を掲げており、本質は撤退派というのがわかる公約の藤沢現市長、名前だけなら思わず残暑ときめいてしまうけど、いかにも競艇に反対する共産党的公約の小林ひとみ候補が当選しなくてほっとしました。
 ちなみに住之江で開催される今年のSG賞金王決定戦主催は箕面市。倉田新市長の晴れ姿を多くの競艇ファンが目にすることでしょうね。選手陣と同世代の新市長なだけに、優勝選手が市長より年上か年下かも気になるところですね。

まるがめ競艇ニュース】

 来年春からナイター開催を実施するまるがめ競艇では、今月23日から来月17日までナイターレースの愛称を募集しています。応募の詳細はこちらです。スマイルナイターとかぶっかけナイターとかかめナイターとかタートルナイターとかいろんな愛称が思いつきますが、最優秀賞は10万円なので真面目に愛称を考えます。

 次に、悪いお知らせ。本日のまるがめ競艇はRNC西日本放送のタイトル戦RNCカップ3日目を開催中でしたが、産経ニュースからこんな話題が飛び込んできました。

バスなど3台玉突き、11人軽傷

 25日10時15分ごろ、香川県綾歌郡宇多津町の新宇多津橋で、大型トレーラーが前のバスに衝突、さらに前にいた乗用車を巻き込んで、バスの乗客と乗用車の運転手計11人が打撲などの軽傷を負った。坂出署は自動車運転過失致傷の現行犯で大型トレーラーの運転手、黒川智弘容疑者54歳(香川県三豊市)を逮捕した。

 調べでは、現場は片側2車線の直線道路。バスは岡山県笠岡市から香川県丸亀市富士見町の丸亀競艇場へ向かう送迎バスだった。同署が詳しい原因を調べている


 事故にあった送迎バスは井原・福山・笠岡線で、起点の井原バスセンターを7時45分、福山駅8時40分、笠岡駅9時20分と経由して、まるがめ競艇には10時30分に到着する路線です。なんにしても、重傷者がいなかったのが救いですね。

 以上、昨日から今日にかけてのニュースを最初に書きましたが、ここから下は通常通り本日行われた5つの優勝戦です。

住之江残暑ときめき競走優勝戦

 今節は市内滝道に孝子の像も建立されてる箕面名誉市民笹川良一氏の出身地である箕面市主催ではなく大阪府都市競艇組合主催の4日間開催。
 げんげん元気な月曜日に好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰なのかしら気になる残暑ときめく優勝戦は、136/245の進入から2号艇原田正己が03トップスタートを踏み込み、2&3コースの大阪コンビが23.24とスタート凹んだ展開もあって2000年12月丸亀一般競走以来のV目指して一気に捲ろうとしますが、18スタートの1号艇秋山直之が伸び返して原田正己に抵抗。強引に艇を伸ばして1Mを先行した秋山はもちろん流れますが、鬼足の秋山は4号艇佐々木康幸の捲り差しを振りきり、3場所連続今年4回目・住之江では2回目・自己通算では27回目の優勝。節間6戦5勝2着1本の準パーフェクトというおまけつきです。
 展開ずっぽしの捲り差しも、出口で若干ばたついた事と秋山との足の差もあって差しきれなかった佐々木は2Mで内を突いてきた3号艇原田秀弥を行かせて捌き2着は確保。終わってみれば記念ウィナー同士のワンツーでした。

スポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞優勝戦

 マツケンこと松村賢一59.2kgが準優11Rで+01のフライングを切り、DMC松村ケンイチが今期2本目のFを抱えるアクシデントがあったり、準優10Rで地元101期神田達也が3周目BSで選手責任転覆を喫したりするアクシデントはあったものの、そんなアクシデントをくぐり抜けて優出したメンバーによって争われたボート大賞は4号艇松野京吾が動いて、内2艇がやや深い14/2/356の進入。
 そして松野が28と凹んだのに対し、07トップスタートを決めた2号艇古澤信二が捲り差しを決め先頭。2番手は1号艇新田雄史と新田と古澤の間に入ろうとした3号艇吉田俊彦で接戦に。捲り差し届かずも内に潜り込んだ吉田が2M古澤の次に回りますが、これを行かせて差しきった新田が単独2番手に。新田は2周1Mず〜っぼっっとぉ〜!差して古澤との差を詰め、勝負所の2周2Mへ。
 ここで強引に舳先を掛けた新田は鋭く突進して古澤の進路をカットし、自身消波装置すれすれまで流れながらも古澤を抜き去り逆転成功(動画)。新田にカットされた古澤はここで吉田にも差されて3着まで後退。
 2周2Mの大逆転で昨年9月浜名湖G3新鋭リーグ戦若鮎杯以来となる通算2回目の優勝を飾った新田ですが、不良航法を適用されたとあって神妙な表情で表彰式に登場。開口一番「古澤さんに悪いことしてしまいました。汚いレースしてすいませんでした。」と謝罪しました。

びわこマンスリーKYOTEI杯優勝戦

「よしもとの競艇人間」@うめだ花月 9月5日には吉川喜継馬場貴也川島圭司も出演する「よしもとの競艇人間」@うめだ花月も控え、準優日の昨日はお笑い新鋭王座決定戦第1回予選があった今節マンスリーKYOTEI杯を締めくくるファイナルは、オレたちひょうきん族横澤彪もとい82期静岡三羽烏横澤剛治が1号艇。

 そして124/356の進入から横澤が逃げ態勢も4号艇石川真二の差しが入り、先頭両者併走。外マイの3号艇伊達正利が3番手につけ、2号艇の地元深井利寿は03トップスタートも差し流れる不快な旋回で6号艇小野信樹にも差され5番手。
 2Mは切り返した伊達が最初に回り、続いて石川、横澤の順で小野は流れ脱落。しかしここで深井の痛快な差しが入り、4艇まとめて差して一気に先頭集団に取りついた深井はHS内から強烈に伸びて2周1M先取りに成功し、2006年11月若松日本MB選手会会長杯争奪戦以来となる通算3回目にして地元初優勝。デビュー開催だった1997年11月の当地一般競走でデビュー即優出の偉業から11年弱、13回目の優出にして悲願の地元初Vです。
 2周1Mで深井に遅れをとった3艇のうち2番手は外を回った伊達がやや優位も、内から横澤を張った石川も差無く続き、2周2M内から鋭く回った石川が伊達を逆転し、2周2M差して内に潜り込んだ横澤を3周1M行かせて捌いた石川がG1江戸川大賞IN蒲郡覇者の底力を披露。

三国はづき第3戦優勝戦

 はづき第3戦、短期集中決戦は最終日を迎えまして今日はラストにシリーズ結びの大一番優勝戦が組まれています。混戦かいくぐり、たくましく勝ち上がったファイナリストが見せるとびきり素敵なときめきの瞬間にどうぞご期待下さいまして、ナイターレースの残暑ときめき競走とあわせ1日ごゆっくりお楽しみ下さいませ(動画)。ということで風をきって波を乗り越え、ライバルかき分けて登場。まさにこの言葉がふさわしいはづき第3戦優勝戦第12R、インコースから123/465の順です。1秒前、スタートいたしました。1号艇田中豪が2号艇山地正樹の差しを振りきり今年3回目・通算35回目にして三国は今年5月さつき第2戦から連続となる優勝のゴールイン。
 尚、1周1Mで4号艇川添英正が6号艇芹澤克彦を張った際に大きくバランスを崩し、あわや転覆の状態で3号艇池上裕次とも接触し、あわや落水の状態になりながらも何とかしがみついて完走を果たしてます(動画)。

浜名湖G3新鋭リーグ戦若鮎杯優勝戦

 今年は浜崎あゆみ歌手デビュー10周年ですが、今年の若鮎杯は枠なり4vs2の進入から1号艇吉田拡郎が01、2号艇進藤侑(群馬)が00、3号艇萬正嗣が01と、3人タッチスタート。そして捲り差しを決めた萬が2007年1月びわこ一般競走以来となる通算3回目の優勝。よしだかくろうを差しきった進藤がスタート判定でもセーフとなって2着。
続きを読む

2002年度住之江王冠覇者山崎智也が約5年ぶりの住之江優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 春たけなわの住之江で春たけなわ競走優勝戦。豪華メンバーが揃った4日間の短期決戦を勝ち抜いた中でも1号艇になったのは艇界の貴公子山崎智也。人気の中心山崎智也を取り巻く一戦は2号艇、SG賞金王決定戦V2を含む住之江V5の艇王植木通彦が2コースでにらみを利かせ、打倒山崎に炎を燃やす5号艇深川真二が内枠2艇に主張されながらも3コースまで入り込み進入は125/346。
 しかしそんな包囲網をものともせずに智様はすんなりイン戦圧勝。2002年6月9日の住之江王冠競走となる住之江V3、通算56回目の優勝となりました。2着には4カド捲りを智様にブロックされながらも人気対抗格のウェイキーくんを捲りきった伏兵木山誠一が入り、智様の頭にしては高い1240円の好配当。ちなみに自分は「木山?格下。」ということで木山絡みを全く持ってませんでした。

 ここで5年前にさかのぼり智様の住之江王冠について触れますと、優勝した事はもちろんですが、2001年12月24日のSG賞金王決定戦で優勝戦Fをやらかし18億5882万8200円の返還被害を住之江に与えながらも、半年後にまた住之江を走っていたことに驚いたのでした。
 2007年に戻りますが、汚名返上のみそぎ優勝といえた住之江王冠とは違い、今回の優勝は1ヶ月後のメッカたけなわSG笹川賞に弾みをつける優勝ですね。今回戦った中で笹川賞に出られない艇王ウェイキーくんやライバル深川の分まで結果を残してくれるでしょう。

唐津優勝戦

 大村G1競艇名人戦から間を置かずに行われた5日間シリーズ。携帯マクール唐津競艇コーナーで開催時好評連載中の「エンタ亭カナエの先走りブログ」で「それにしても、名人戦のおじ様パワーは凄かったですね。輝いてる方は、年齢問わずカッコイイですね☆」と、後半3日間を担当した名人戦実況で名人パワーを貰った石川香奈恵アナも名人戦から間を置かずに唐津実況を担当。5名のA1+地元選手のベストメンバーと言わしめた優勝戦も担当しました。
 レースは、このレースでやっと事故点の呪縛から解放される1号艇坪井康晴(静岡)がSGウィナーの格を見せつけるイン戦ぶっちぎりで唐津3回目、通算22回目の優勝。2コース順走の2号艇今坂勝広(静岡)が2着に入り、内枠の静岡コンビがワンツー。おとといの芦屋日本モーターボート選手会会長杯争奪戦に続く静岡祭となりました。

三国うづき第2戦初日

 今日から始まりましたうづき第2戦。初日の今日はお天気良好。今節はゴールデンウィークもかかるとあって盛り上がってきそうです。心地よい春風に舞う熱い水しぶき。どうぞシリーズ通してお楽しみ下さいませ。それでは初日の攻防です。おはよう特賞第1R動画)。インコースから1345/62の順です。1秒前、スタートを致しました!シード選手の1号艇吉永泰弘が09のトップスタートで逃げるも流れ、3号艇岡祐臣の2コース差しと5号艇秋元誠の4コース捲り差しが入って吉永は3着まで。三国前節G3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦に続いて1号艇の吉永選手が足かけ2走連続で人気を裏切りました。

 新緑の芽吹く季節と写り。さわやかな青空の広がるみくにプールはうづき第2戦初日の攻防、ラストカードの水上は三国選抜第12Rを迎えています☆進入はインから124/563の順です。1秒前、スタートしました。5号艇重野哲之が4カド捲り差しでインから逃げる森竜也を捕らえトップでゴールイン。以上でございました。

【28日は東京都府中市が熱い!】

 府中の杜が新緑の青葉に包まれるこの時期に行われるG2テレビ東京杯青葉賞。同日は多摩川さつき杯初日なのでたぶん自分は競馬場に行かず武豊の盟友中野次郎が近くにいるイーストスクエア「風」で青葉賞を見ている事でしょうが、キルトクールは武豊が乗る海猿ことオーシャンエイプス。前2走の内容から重賞級には足りないと思われる上に父マヤノトップガンの産駒は平坦巧者多し。府中も合わないでしょう。

 ちなみに武豊とトークショーで共演した中野次郎はファン投票2位になったので11Rドリームトライアル1号艇で登場します。今夜は縁起担ぎにラーメン二郎環七一之江店で食べてきました。
 この11R2号艇は千葉の作間章ですが、さくまあきらと縁の深い桃太郎電鉄20周年記念の新作桃太郎電鉄DSが26日に発売され、これに合わせて千葉の銚子電鉄桃太郎電鉄ラッピング電車(元銀座線2000形)が走ります。銚子電鉄救済も兼ねたこのラッピング電車は3年間走るとのこと。桃鉄DS発売日の26日に出発式が行われ、もちろんさくまあきらも出席しました。

■王者松井繁が命を懸けて太閤賞V3、その裏で。・゚・(ノД`)・゚・。■

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 銀河系軍団と言われる花の85期生としてデビュー。以降事故率に悩まされながらも福井支部次代のエース候補として活躍し、2002年に年間V5を達成して翌年の戸田SG総理大臣杯でSG初出場。しかしF2で事故パンだった当時、ほぼ6コースでベタ降りという屈辱を味わい、以降は事故率の足かせでB級になるなど苦渋をなめてきましたが、2004年11月3日佐々木裕美夫人との結婚に関する記事を書いて以降は直後の11月22日に若松かっぱ杯争奪戦競走優勝、挙式、A1復帰、凱君誕生、江戸川日刊スポーツ賞でF前退きながら結婚式後初優勝、地元GW開催三国湯の花賞優勝と順調な歩みで福井支部次期エースの座をほぼ確実なものにし、昨年9月の三国JLCカップ3日目5Rにおける5艇航走指示違反で三国斡旋拒否を受けるアクシデントはありましたが、今年は唐津G1全日本王者決定戦で記念初優出を果たし、いよいよ近い時期に今垣光太郎に替わる福井支部新エース襲名を予感させ、続く下関日本財団会長杯スマイルカップレースで今年の初優勝(通算14回目)を飾り表彰式(動画)では嫁の地元で勝てて喜んでいる感じとスマイルが動画越しにも伝わってきました。

 ということで福井支部の看板選手として堂々乗り込んだ今節住之江G1太閤賞では予選得点率5位で通過を果たして昨日の準優11Rでは3コースから果敢に握って2着を争い、握った2Mあわや消波装置に激突しそうになる程に流れたのが響いて3着でした。たらればは禁物ですが、ここで2着に入ってれば今日の2.26事件は起きなかったのかもと悔やむことしきり。

 そして運命の3R5号艇。インから逃げた1号艇濱村芳宏、5コースから捲り差した4号艇福島勇樹に大外差しで続き3番手を航走。このまま145体勢で決まるかと思われましたが2周1Mで4番手にいた6号艇2コース山田豊に突っ込まれて転覆。不幸だったのは転覆したところへ3号艇中澤和志が避けきれずに巻き添え転覆したこと。転覆したところにもってきて轢かれたせいか意識不明の重体となり、すぐ大阪市立総合医療センターに運ばれましたが脳幹裂傷と頭蓋骨骨折による頭部外傷等で既に心肺停止状態。集中治療が行われたものの残念ながらレースから約1時間後の12時54分に死去11R特別選抜A戦は悲しい5艇立てとなってしまいました。
 天国で「来るな、まだ早い」と言ってそうな4029中島康孝選手に続く同期2人目の不幸となってしまった85期4048坂谷真史選手のご冥福をお祈りします。また、徳山G1企業杯JAL女子王座決定戦に出場予定でした裕美夫人は悲しい家事都合の為に前検で急遽帰郷しました。
 ちなみに生涯最後となった394回目の1着は4日目9Rで、5コースから捲り差しの坂谷選手は4カド捲りの同期丸岡正典と併走。2Mを先マイした坂谷選手に対しマルちゃんは差しで応戦。そして2日後に運命の地となる2周1Mでマルちゃんを差しきって同期対決を制したのでした。このレースはボートピア習志野観戦してたので感慨深いですね。

 坂谷選手は太閤賞の後、4日から江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯に出場予定でして前検の3日は女子王座場外発売日と絶好の入り待ち日和でしたが、かなわなくなってしまいました…。他にも新地雅洋作間章等が出場予定でしたので、はじめての入り待ちをしようかなと考えていた矢先の出来事でした…。もし凱君(NADESHIKO三国編に登場)が大きくなって父の無念を晴らすべく選手を目指したら競艇学校からずっと応援していきたいですね。


 ここから通常モードで行きます。7Rで1号艇山田豊がイン09トップスタートを決めて1着。事故のショックと動揺を心の内にしまって踏ん張った激走でした。そして2着は2コース順走の85期4044湯川浩司が悲しみに耐えて入りました。

 大阪勢が内枠3つを独占した優勝戦。堂々1号艇仁王立ちの王者松井繁が15トップスタートの堂々たる王者の逃げで得意のイン戦大成功。住之江21回目、SGV6を含む記念39回目、通算76回目の優勝は太閤賞V3の栄冠となりました。そして王者の涙目がうっすら浮かんだ表彰式では「競艇選手は命をかけて一生懸命走ってます。」との謹言があり、追悼の気持ちと坂谷選手亡き後も危険を恐れぬ走りで競艇界を支え続ける気持ちに裏付けされた発言は大いに感動を与えました。
 2着は2コース順走の大阪次期エース最有力候補石野貴之、3番手は4カド捲りの岩崎正哉が航走も魔の2周1Mで2番手浮上狙っての全速旋回が裏目に出て、6号艇池田浩二の差しが入り池田が逆転3着となりました。

江戸川2日目

 第9Rが始まりました。昨日の江戸川選抜を制した水上浩充福井支部長はここ4号艇1回乗り。4カド差しの水上は差し伸びて2コース差しの大古場貴と併走し内の利で水上福井支部長が2Mを先制。大古場が差し返してHSも併走が続きますが、2周1Mを全速で回った水上福井支部長が大古場を捲りきって1着
水上の格闘技KYOTEIを体現するアグレッシブな2周1Mの捲りで明日の予選最終日を前に優出圏内の得点率4位タイ8.00につけましたが、水上福井支部長はこのレースを最後に本人辞退の為急遽帰郷。支部長として坂谷選手の訃報にいてもたってもいられなかった気持ちが察せられます。

 ところで、水上福井支部長と江戸川の縁で自分が思い出すのが2005年9月の日刊スポーツ賞。優勝戦1号艇の水上支部長はイン逃げで先頭に立ちますが+03のフライング。4カド差しで2番手の坂谷選手が繰り上がりで結婚式後初優勝となったのでした。

G1浜名湖ダイヤモンドカップ優勝戦進之助・亜季結婚記念レース

 安芸の国からやってきた1号艇辻栄蔵がインから押し切りSGV2を含む記念7回目、通算34回目の優勝。2コース順走の今村豊が2着で、地元渡邉英児が3コース捲り差し間割れずも3着。

 尚、浜名湖DC最終日の売上は9億8365万100円。メッカ住之江の太閤賞(最終日売上12億7106万8400円)と完全並行開催だったことを考えたら健闘といえるのではないのでしょうか。

宮島JLC杯優勝戦

 格の違いで順当に1号艇となった山崎智也が華麗なインモンキーで逃げ切り、通算55回目にして宮島初優勝。2コース順走の山本光雄が2M捌いて2着に入ってます。そしてW山崎のもう一方山崎哲司は1Mで智様にブロックされたのが響き、4着に終わりました。

福岡JLC杯優勝戦

 4号艇新地雅洋が4カド捲りを敢行し決まったかと思わせたところで転覆。転覆艇に乗り上げた林恵祐はエンスト失格となり、新地には妨害失格が適用されました。
 そんなこんなで一度は新地に捲られるも持ち直した1号艇深川真二が逃げ切り福岡4回目・通算39回目の優勝。2コース小回りの小菅文隆が2着で佐賀県民のワンツーです。
 それにしても、宮島のJLC杯は71期3622の智様で福岡のJLC杯は71期3623の深川と、同期連番永遠のライバルはやっぱり深い縁でつながってますね。

多摩川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 内寄り2艇が38&40と凹んだ展開にも恵まれた白水勝也が3コース捲りで多摩川初・通算20回目の優勝。白水に捲られ後方5番手になった1号艇イン中村亮太ですが、2M差しで一気に3艇を抜いての2番手浮上に成功。そして2周1M全速戦で2着を取り切りました。2コース40スタートも残した金子龍介は2番手でしたが、2Mで中村亮太に差されて3着です。

津フェニックス賞最終日

 福井支部の室田泰史が1号艇になった優勝戦は、その室田がイン06トップスタートで押し切り坂谷選手に捧げる通算21回目の優勝。常に死と隣り合わせの水上の格闘技ですが、アグレッシブな走りの末に事故っても不死鳥フェニックスのご加護でみなさんご無事であることを祈ります。
 後続は2号艇日高逸子が5コースから捲り差しに行く地元東本勝利を張っての2コース順走で2番手も、2Mで目高さんを差した東本が急接近。そして2周1M全速戦の東本が目高さんを捲りきって逆転。しかし2周2M目高さんの差しハンドルが入って再逆転。目高さんが年の功で2着争いに勝利しました。

 尚、2Rを最後に埼玉支部のイン基地細田昌弘が引退。3号艇の細田はここもインに入って節間オールインを達成し、5カド平山智加と4コース橋爪由紀が張り合い、張られた平山が落水するアクシデントがある中、細田は深インをものともせず軽快に逃げ切り最後のレースを1着で飾り水神祭の祝福を受けました。通算優勝回数は0回ですが、イン基地として大いに存在をアピールした埼玉支部の個性派レーサーでした。無事に引退できたのが何よりですね。

大阪名物全大阪王将・黄金王者松井繁

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 最終日利用409888名・売上77億3237万1700円、6日間合計225億9278万1100円を売った2006年の1億円バトル、頂上決戦の住之江SG賞金王決定戦ファイナルは人気を背負って大注目の王者松井繁が1号艇。大方の予想通りゆったりとした枠なり3vs3の進入となり、5コースの中村有裕が05と踏み込んでのトップスタートで絞りに行くも、直内の瓜生正義(SG0勝の格下)が激しく抵抗。ウリ坊が2&3コースを絞り、その間に逃げの体勢をがっちり固めた王者が余裕の先マイ圧勝で1999年以来2度目の賞金王決定戦優勝。黄金のカポックを纏ってのウイニングランでは1M辺りでマツイコールも!さすが大阪王将の王者や!
 悪役ウリ坊の酷い自作自演が目立った後方は中村を完全にブロックしてきゅうきゅうにさせたウリ坊が捲り差しの2番手で、中村の先攻めで展開が向いた6号艇坪井康晴が捲り差しで3番手。しかし2Mでウリ坊はファイナリスト中唯一SG0勝の格下ならではの下手な旋回。先マイ可能な体勢だったのに締め込まずつボイを先に行かせ、更には1M後手を踏んで後方だった3号艇山崎智也の旋回をも待ってのチンタラ差しで、この間につボイが2番手の体勢を固めてキルトクール艇のつボイが逆転2着、キ〜ッ!
一体ウリ坊は何がしたかったのかと。来年の干支はウリ年で賞金王もなぜか福岡だけどこりゃだめでしょう。荘林幸輝二世への道を着々と歩んでます。
尚、レース後のコメントは「1Mは迷ってしまった。2Mも山崎さんが来るとは思わなかった。」と急に山崎が来たからと言っております。

 SG6回目、記念トータル38回目で通算75回目の優勝となった王者、昨年の決定戦当日はびわこ滋賀県モーターボート競走会会長杯争奪年末ファイナルの前検で昨年のイブはその初日。賞金王決定戦に出場できなかったばかりか年末ファイナルでも優勝戦3着に終わった屈辱の昨年から一転戌年ええワン!な結果でしたね。
今年も福岡SG全日本選手権優勝戦でイン36王者スタートから凹者の舞いをやったりG1江戸川モーターボート大賞2日目11Rで1M振り込み
お〜っと、1号艇の松井なんとなんとなんと振り込んでしまった。1号艇の松井功を焦りましたかイン戦大失敗であります。大きく大きくちぎれてしまいました1号艇の松井です。なんとしたことか1号艇の松井、得意のイン戦大失敗となりました。
とやったりしたけど、最後締めるところはやっぱり王者や!そんな王者の次節はもちろん住之江正月レース全大阪王将戦です。
全大阪王将戦開催地から最も近い大阪王将は玉出店

 メリークライマックス!なポーズを嬉々としてとったりとご満悦だった表彰式(イメージガール兼アシスタントの優木まおみはなんとポスターと同じ衣装の大サービス)は前年比大幅増の大入りで、インタビュー
どうもありがとうございます。僕には一生懸命レースを盛り上げていくことぐらいしかできないので、最後の最後にこのように盛り上げることが出来て本当に嬉しく思います。(前検日)乗った感触としては足は本当に良かったんですけども、乗り心地が悪かったのでちょっと不安でした。毎日試運転ばっかりして、調整して整備して、今日はディープインパクトにも負けないような素晴らしい足に仕上がってました。思い切ったいいスタートが切れたと思います(コンマ10)。ほぼ全速でいけたと思います。1マークは少し中村君が見えたんですけども、引っかかってたので先に回ることだけを考えて回りました。本当に今日はディープ並の足になってたので、楽勝で逃げ切りました。ここにくる直前にプロペラのメーカーを変えてきたんで不安はいっぱいあったんですけども、優勝するためにはメーカーを変えるしかないなと判断して思い切って、今節は新ペラ3枚で来ていました。今年また一回り大きくなれたと思うので、来年はもうひとつ上を目指して。年間SG3勝を目指して頑張りたいと思います。みなさんの声援のおかげで優勝できたと思います。これからも一生懸命頑張ります。応援してください。
 と、親友の武豊にピットで激励されアベック優勝成功、シリーズ戦表彰式最中に行われて北スタンド裏広場の街頭テレビに広場を埋め尽くし階段や北スタンド通路を含め約1000人くらいの大観衆を集め、ドープの捲り戦圧勝で大いに盛り上がった中山G1有馬記念(待機室の王者もシリーズ戦そっちのけで熱心に観戦したとのこと)以上に住之江が沸いた王者のウイニングランと表彰式でした。これで1-2345-9な3連単が当たってくれれば…ウリ坊め。
写真取られ捲りでご満悦な王者白い歯爽やか、王者の笑み


SG賞金王シリーズ戦優勝戦

 王者の盟友服部幸男先生の2コース差しが入るも、SG初優出初優勝を狙う1号艇のイン赤岩善生が2M差し返し逆転。住之江2回目、通算32回目の優勝にして記念初優勝がSG初優勝です。鹿児島出身愛知支部の赤岩ですが、大阪と薩摩の結びつきで連想するのは薩摩っ子ラーメンですね。
 過去シリーズ戦がSG初優勝だった選手には小畑実成(赤岩同様記念初優勝)と吉田隆義(赤岩同様愛知支部)の57期コンビがいますが、赤岩は新たなニューヒーローとして優勝後低迷した先達2名の轍を踏まないことが求められます。

【ロード・オブ・ザ・スミノエ】

 今日は王者の舞いを堪能しに住之江競艇場に行ってきましたが、プレミアムドリーム号で大阪入りし道頓堀名物金龍ラーメン(シリーズ戦出場の金子龍介2R1回乗り4着)で腹を満たし千日前AMZAでくつろぎ、ネットカフェでもろもろの投票をしたところで、いざ住之江!ではなくパチンコの聖地玉出で途中下車。
 王者の舞いを祈願し、玉出では会津屋本店の王者焼きを食べて縁起を担ぎ12時過ぎにやっと住之江。でもホルモン丼の行列で体力を使い果たしたので着いてしばらくは遊食館ゆう遊村でバタンキュー。体力回復したところで職場の仲間三国さん(仮名)、良2さんに念願の初対面が実現した京極賞さん、それにかっちゃんさんに大時計前の番人竜鯱まくり差しさんらmixiの仲間達とご対面しました。レース後は三国さんと三国さんの元同僚2名で西梅田駅から近い大阪駅桜橋口地下フロートコートの臼臼で一杯やってからのぞみで帰宅しました。
玉出名物会津屋の王者焼き玉出大変


江戸川2日目

 売上こそ1億6875万1400円ながら25125名の利用があり、本場入場は相当数いたと思われます2日目の競走水面。第1Rが始まりました。人気の中心になりました1号艇松本秀樹が逃げての1着で、3号艇松本晶恵が捲っての2着と松本ワンツーでした。

 第4Rが始まりました。6号艇西川新太郎が捲りに行きますが1号艇松浦博人に抵抗され、次の瞬間艇が浮いて転覆動画)。これに巻き込まれた4号艇松村康太は大きく遅れをとってスピードが乗ってこず不完走失格です。尚、西川は負傷により後半第8Rを欠場、帰郷しました。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面。第11Rの2号艇、王者と同期連番の64期3414・群馬の貴公子加瀬智宏は差して2番手でしたが2Mで内突っ込んできた5号艇松村康太に追突してごちゃつく展開に巻き込まれ後退(動画)、5着に終わりまして負傷帰郷しました。

 そういえば、昨日ピックアップと書いた第6Rは1-2-4で本日の3連単最低配当460円でした。
逆に本日の最高配当は熱い視線が注がれた1号艇花田和明がイン戦流れ、5号艇金子貴志が「間を割れない!動画)」で共に鼎第10Rの3連単88550円です。

【あざやか霜月】住之江V2に俺たちの誇り三角の瞳あざやか

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 角のたった選手が複数名集まった4日間シリーズ住之江あざやか霜月競走角井義則大阪支部長こそ予選落ちしたものの三角哲男角ひとみが優出成功ッス。

 1号艇のミッスーを取り巻く優勝戦スタート展示では3コースだった5号艇古川誠之が意表を突くイン取り。断然人気のミッスーは2コースになったッス。
でも2コースのミッスーは10トップスタートで深インの古川をあざやかに捲りきり、ミスミス逃したインを2コース捲りで挽回し、住之江は2回目、通算では43回目の優勝を達成ッス。2着には3コースからの外マイで続いた貞兼淳二が入ってます。尚、6号艇の角は枠番通りの大外進入で差し不発の6着に敗れていまッス。
 住之江V2を果たしたミッスーの前回住之江Vは12年前の7月4日。そのVこそ千葉のミッスーを俺たちの誇りたらしめているSGグランドチャンピオン決定戦ッス。なかなかスミにおけないミッスーは今後もLOVESONG探して千葉で幸福の白いタオルを振り回ッス。

 ところで、住之江競艇オフィシャルサイトでは本日SG賞金王決定戦特設サイトが開設されました。目玉は王者松井繁のムービーインタビュー。7つのパートに分かれた大作で見応え充分。さすがは王者や!

びわこ優勝戦

 びわこの裕といえば中村、ということで主役の意地でなんとか優出した中村裕将でしたが、大外から捲り差しを狙った中村裕将は3コースの山来和人に接触して行き場をなくし最後方。ゆうしょうゆうしょうなりませんでした。
 さて、前方に目を移すと4カド09トップスタートの今泉和則(愛知)が捲りに行ってインの花田和明(愛知)と2コースの山崎哲司(愛知)を完膚なまでに叩きのめします。
この展開を突いて直外5コースから捲り差した92期の出世頭毒島誠22歳が今泉を捕らえきって2Mを先制。つけまいで応戦しようとした今泉は大きく振り込んでしまい最後方に後退(動画)。これで独走になった毒島が9月の鳴門市長杯競走以来通算2回目の優勝。カド受け3コースであっさり今泉の軍門に下った山来が小回りで立て直し2Mを3番手で回ったら恵まれ2着でした。

G1浜名湖賞初日

 5日目6日目は住之江・芦屋・唐津・大村以外の20場で発売されるSG並みの広域開催が今日から開幕。「ファンから☆選手へ!一問一答」というファンの質問に答えるコーナー付きでものすごく長い選手紹介(約26分の動画)では倉谷和信が「吉川昭男くんにレースで何回も負けたらヒゲそろうかなと思ってます。」と、パシリの吉川に負けたら自慢のヒゲを剃ると宣言したビッグサプライズ。ヒゲのない倉谷が見たいから直接対決ではなんとしても吉川昭男にがんばってもらいたいです。

 1号艇の予定だったびわこの裕中村有裕が体調不良により前検日に急遽欠場、1つずつ枠が繰り上がり空いた6号艇には補欠の烏野賢太が入ったドリーム戦大衆割烹"五十鈴"開店17周年記念は枠なり3vs3の3コースから辻栄蔵(座右の銘は「棚からぼた餅」)が捲りに行くもインの坪井康晴が抵抗。
つボイが抵抗して出来た差し場に2コースの魚谷智之と4カドの菊地孝平がやってきて、BS3艇ラップ。そして菊地が2M先制し1着、つボイが魚谷を包んで2着となりここは静岡82期ワンツー。
ちなみにドリーム戦の1着賞金は25万円ですが、選手宣誓担当の菊地にとってはこの1着賞金がもう50万円ほどあったら決定戦メンバーになれただけにそれが悔やまれます。

戸田ボートピア岡部カップ開設5周年記念3日目

 注目の岡部大輔8R12Rの2回乗り。
 前半8Rは6号艇でしたが、大外から1艇飛び抜けた10の快ショットで内5ハイを一気に飲み込む豪快な捲りを放つ圧巻のレースで1着
 1号艇の後半12Rは02のドッキリショットから華麗に弧を描いて人気に応え1着と、3日目は連勝のゴール。2日目8Rから3連勝となり、不動の優勝候補が勝ち星量産モードに突入しました。

【南海特急はサザン】住之江さざんかップ優勝戦【桑田もサザン】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 さざんかの花が中国、四国、九州といった山地で咲き始める季節にメッカ住之江で行われた6日間の混戦シリーズを戦い抜いた6強によるファイナル決戦デイリースポーツ杯争奪サザンカップ優勝戦は1号艇山地正樹(岡山)がインから堂々押し切り圧勝、住之江初優勝にして通算ではV5。表彰式では特別な競艇場で勝てたという事に大喜び。次節は15日から唐津西日本スポーツ杯です。
 そして2着には大外から華麗な弧を描いて捲り差したmiruさんこと能見稔(山口)が入り中国地区ワンツーとなりました。miruさんの次節は14日から地元下関G3企業杯サンデン交通杯で、牛若丸伯母芳恒と激突です。

 ところで、サザンカップの街大阪市住之江区の区花はさざんかでマスコットはシャア専用の赤いさざぴーさんです。

丸亀SG競艇王チャレンジカップ関連】

 下関G1競帝王決定戦を制して今年の競てい王に決定した兵庫支部金子龍介も出場し、競てい王金龍に直でチャレンジできる競てい王チャレンジカップ。昨日競艇サポーターズからチャレカのクオカが届いたですが、そんなチャレカで出場選手変更の発表が。
 先の福岡SG全日本選手権3日目8Rで転覆し負傷帰郷した村田修次が負傷癒えず公傷で欠場し、繰り上がりで大阪在住兵庫支部の星野政彦が出場です。
 そして場内イベントでは兵庫支部関連のイベントが。祝日の23日に池乃めだか吉田ヒロらの吉本新喜劇メンバーを率いて、勢いに乗る兵庫支部のまとめ役冨好和幸支部長の弟ちゃらんぽらん冨好がちゅ〜と半端やなぁとは言わせんレース展望をいわしちゃるけんの〜。
一皮剥けて頭ピカピカ、亀のスマイル君

【海苔眉毛】住之江シティーナイター初代チャンプは吉田徳夫

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 住之江シティーナイター初代チャンプを決めるスポニチ杯争奪なにわ賞優勝戦は抽選で1号艇を手に入れた吉田徳夫が、枠なり3vs3の進入から3コースにいた深川真二の攻めをブロックしつつ2コースにいた白石健の差しも振り切り、眉毛がスカットさわやかな愛知の海苔オは通算53回目にして、メッカ住之江3度目の優出で住之江初優勝。2着にはシラケンが入り、3着には2Mを差して捌いた深川が入りました。
 最終日6億5390万3600円、6日間トータル31億7369万2500円を売り上げ大盛況だった第1回シティーナイター。今年の夏はシティーナイターとツイてる音頭mp3ファイル)で盛り上がろう?ということで海苔オは抽選のツキにも恵まれツイてるねノッてるねシティーナイター初代チャンプとして競艇史上にその名を残す事になったのでした。

 シティーナイター初代チャンプに輝いた海苔オの次回斡旋ですが、なにわが生んだ奇才ローリーを記念した(ウソ)浜名湖ローリーアタックに20日から出走予定。すかんちは乳酸菌のにおいがするのです。
 そして同じく20日からは次回シティーナイター住之江王冠です。シティーナイター初代チャンプは吉○ノリオでしたが、二代目チャンプも吉○ノリオにまかせなさい!ということでなにわから勇躍吉永則雄が参戦、のりおちゃん、ポーン! きっとええ仕事しますから見なはれ見なはれ。

多摩川G1ウェイキーカップ2日目

 2日目のメイン是政ドリーム戦は読売ファンの2号艇田中信一郎が26と最近のジャイアンツ同様にスタート凹み、3コースにいた76期3783瓜生正義が捲りに行きます。これで4カドにいた76期3779原田幸哉に展開が向き、差し伸びた原口が2Mトップターンで抜け出し1着
捲ったウリ、イン艇の今垣光太郎、大外差しの中澤和志、2M小回りで立て直したタナシンでHSは大混戦も2周1Mでガキさんとウリがやり合う内を差した中澤が2着Get。2周1Mで中澤に差されるもガキさんとウリは差したタナシンが3番手でしたが3周2Mでタナシンがバタついた外を回したガキさんが同タイム5cm差ながら逆転に成功し3着となっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ