ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

今泉和則

初夏のSG・総選決戦オールスターボート笹川賞は井口佳典が優勝

総選決戦 「総選決戦」のキャッチコピーの通り、選抜総選挙で選ばれた48名+4名の選手陣によるオールスターボートレース浜名湖SG笹川賞特設サイト)。


 優勝戦紅の酒Saorin Festivalは2号艇渡邉英児(静岡)が回り込んで1号艇井口佳典にプレッシャーを掛けるも三重のテレビ塔いぐっちはえいじから水を貰いながらも枠を主張し、進入は1236/45。
 そしていぐっちは水を貰った影響を見せずにスタート荒ぶる事なく3号艇坪井康晴(静岡)の捲りをブロックしながらのイン戦を決め、今年3回目・浜名湖2回目・SGV4となる記念V9・通算43回目の優勝で笹川賞V2達成。

 選抜総選挙上位5名と総選挙地元選手上位1名の神6による初日メイン12Rドリーム戦京都の藪中さん嫁さん募集中メンバーから唯一準優のステージを勝ち上がり優出した6号艇・イニシャルK2菊地孝平(今節選手代表)が差して2着。


 ところで、今節はドリ戦、準優、優勝戦を始めとして多くの冠協賛レース(一覧pdf)が開催されましたが、最終日の5RSKE48石田安奈生誕記念レースは162/345の進入から2号艇佐々木康幸(静岡)が捲り差しを決めて1着になりました。

 ちなみにレース名の石田安奈は当日16歳の誕生日で、当日はパシフィコ横浜で「アイシテラブル!発売記念全国握手会」に出演してファンから祝福されました。


徳山スポーツ報知杯争奪西京ドリームカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉村正明(山口)が4号艇江本真治(今節選手代表)の捲りを受け止めて押し切り、今年3回目・徳山4回目・通算15回目の優勝

 後続は江本真治(74期3711)と捲り差した5号艇鳥飼眞(74期3703)による2番手争いになり、2M内から先行した鳥飼眞を江本真治が差しきり地元ワンツー完成の2着。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入からイン先制の1号艇市川哲也が4号艇三嶌誠司(香川)の捲り差しを辛くも振り切り、今年3回目・通算79回目の優勝

若松マンスリーBOATRACEカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇萩原秀人が押し切り、今年2回目・若松2回目・通算16回目の優勝

 後続は3号艇室田泰史が捲り差しを2号艇の地元原田富士男2日目8R通算1500勝達成)に張られながらもフジオを捲りきって2番手を航走し、差して追走する4号艇金子龍介を2M行かせて捌き2着をとりきり福井ワンツー完成。

尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田俊彦(兵庫)はスタート23と遅れたものの伸び返して押し切り、尼崎12回目・通算33回目の優勝

 後続は2号艇永井源の差しが引き波を踏んで流れてしまい、差し続いた4号艇前田将太が2番手に。
 そして前田将太は差し続く5号艇今坂勝広を2M行かせて捌き2着。

多摩川神奈川新聞社賞優勝戦

 G1東京優駿が開催された5月27日東京都府中市もうひとつのクライマックスは126/345の進入から1号艇一宮稔弘が先頭独走もフライングゲット。
 これにより差し順走で2番手の2号艇今泉和則が先頭に繰り上がります。
 今泉和則に対し、1M捲り差し体勢の外マイで追走する4号艇の地元山田哲也が2M差しで接近しますが、締めて振り切った今泉和則が2010年9月三国ながつき第2戦以来となる通算12回目・多摩川2回目の優勝
多摩川V2の今泉和則

徳山yab山口朝日放送杯ファイナルグランプリ優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 炎神戦隊ゴーオンジャーでお馴染みテレビ朝日の系列局、ビープくんがマスコットキャラクターなyab山口朝日放送のタイトル戦は優勝賞金70万円の徳山yab山口朝日放送杯ファイナルグランプリ。前半4日間は競艇グランプリ住之江SG賞金王決定戦との併用発売でした。
 そんな徳山グランプリには昨日の準優10Rでレッドカポックを身に纏い、51号エンジンの轟音ジャー!と響かせて3コース捲りを決めた地元3661柳瀬興志)さんが地元唯一の優出。
 3661さんが準優と同じ3号艇になった優勝戦は4号艇上瀧和則(佐賀県)が動いた14/23/56の進入から2号艇三井所尊春(佐賀県)が捲りに行くも、今年V6を狙う1号艇吉田弘文が抵抗して1Mを先制。しかし、やや流れた吉田に対し、yabのデジタルchと同じ数字な5号艇今泉和則の捲り差しが入り、1M差しから2Mつっかけてきた6号艇興津藍も包みきった和則(今泉)が徳山初・通算9回目の優勝だジョー。
 和則(今泉)の今年はザ・プレミアム無濾過な5カド捲り(動画)を決めた4月の蒲郡G3企業杯KIRIN CUP(副賞ビール1年分)以来となる2度目の優勝でしたが、その時は淡麗グリーンラベルな6号艇・今をときめく井口佳典の二段捲りを振りきってのキリンカップVゴールだジョー。
 徳山グランプリの話題に戻り、V6メンバー入りならなかった吉田は2M藍ちゃんを行かせて差しきり2着。3着は2Mでミーショが藍ちゃんを差すも2周1M差し返した藍ちゃんが入線。藍ちゃんはKRY山口放送熱血カップオラレ徳山開設記念表彰式動画)からの徳山連続Vにして山口県域放送局杯連続Vこそなりませんでしたが、ミーショとの3着争いを制して舟券に貢献。
 尚、3661さんはミーショと和則(上瀧)の間を狙うも和則(上瀧)に張られたのが響いて5着でした。スタート劣勢だったのも響いた感じですが、次回斡旋となる大晦日からの年越しレース下関スポーツ報知杯争奪関門大賞では2005年10月大村マクール杯競走以来の優勝を期待なのです。
 そして、3661さんの次々節は1月9日から始まる浜名湖うな二朗のクッキーアタック。その名もずばりうな二朗のクッキーがレース名になりましたが、この開催にはその名もずばり高橋二朗の参戦もあります。

【兵庫県内2つのレース】
 
 ジングルベルよりファンファーレが似合います、今日から始まった株式会社ヤマトのタイトル戦尼崎アクアコンシェルジュ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走。初日メインはその名もずばりアクアコンシェルジュ選抜戦で、ここはアクアコンシェルジュの本場住之江競艇の賞金王シリーズから転戦してきた銀河に輝くセンタープールの流星山本隆幸(尼崎市)が1号艇。そして山本は今年V5に向けレースは最終隊形3vs3の進入から堂々逃げ切り1着

 次に、尼崎センタープールから無料バスで塚口駅に行き、そこから一駅の園田駅から無料バスに乗ると着きます園田競馬場では本日G3兵庫ゴールドトロフィーが行われました(動画)。
 こちらは外枠のコンゴウリキシオーがイン奪取して逃げましたが、人気の黄枠スマートファルコンに捲られて逃げきれずの4着でした。

蒲郡KIRIN CUPはザ・プレミアム無濾過な5カド捲り強襲の今泉和則

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年はハワイアンな昭和アーケードをお送りするアロハ娘の蒲郡競艇。雨中のG3企業杯KIRIN CUP優勝戦は東追い風6mの荒れ水面。さあ、コース取りから難解です。動く5号艇亀本勇樹、抵抗する3号艇笠原亮、4号艇今泉和則。好枠両者も譲りません。1号艇金子良昭に2号艇高沖健太。ファンは舟券的中でビールで乾杯、あては優勝戦談義。その前に選手がレースで酔わせてくれます。副賞はビール一年分というグレードスリーのKIRIN CUP。動いてきたのが5号艇。コクと味わい深さ、円熟の亀本。しかし抵抗譲りません、当然イン主張。キリンといったら定番はラガーでしょう。この人の定番はイン逃げです、金子良昭。そして準優の再現なるか。強烈な一番搾りは高沖健太。5号艇の亀本が3コース。そして4コース、3号艇。他を凍り付かせるまさに氷結ターンを繰り出しますか笠原亮。奥に2人が下げました。進入、ハンドル、奇抜なザ・プレミアム。地元の今泉和則。最アウト6コース。淡麗、いや鍛錬、冷酷グリーンラベル。さわやか爽快なダッシュ井口佳典。KIRIN CUPの優勝戦、内の4艇深くなりまして1523/46、スタートをきってきましたぁ。どかーんと4番6番好ダッシュゥ!4号艇の今泉和則!マーク6号艇の井口佳典全速旋回二段捲り!しかし4号艇の今泉が振りきるぅ!(動画
 てっきりカドかと思った笠原を含む4艇が進入争いに付き合う中、これに付き合わなかった今泉と井口が上位を形成し、「地元なんで、是非買って下さい。」の意気込み通りに」カド捲り強襲決めた今泉が蒲郡2回目・通算8回目の優勝。06トップスタートぶちこんだ井口が2着でした。
 ちなみにサッカーのKIRIN CUPは5月22日から27日まで。注目のトヨタスタジアム開催は24日でvsコートジボワール戦です。そしてKIRIN CUP最終日翌日の5月28日はチルドビールの新製品、ザ・プレミアム無濾過<リッチテイスト>の発売日です。
ザ・プレミアム無濾過(リッチテイスト)5月28日発売予定


宮島G1競艇名人戦3日目

 シリーズ3日目の攻防も最終カード。第12Rを迎えています。このレースには「おやじがええよのー!」というサブタイトルがつけられています。さあこのカードを勝ってかっこいいおやじになるのは誰でしょうか。さあ競走水面白いモヤがかかって視界が悪くなっています。風は全くありません。進入はインコースから123/456でスタートしました。1号艇荘林幸輝と3号艇山口博司が共に14トップタイスタートも2号艇大西英一が艇を伸ばして山口を張り、大西のターンはそのまま流れる間に荘林が逃げ切り1着。大西が山口を張った展開を突いて差した4号艇古場輝義が2着。4日目12Rは「経験は人生の宝よ!」のサブタイトルです。

丸亀日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 昨年の大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦を制した石野貴之が1号艇、昨年の大村G1競艇名人戦を制した大嶋一也が2号艇と、内2艇は名人戦併用開催にふさわしい対決に。
 レースは123/465の進入から1号艇石野が押し切り今年3回目・通算9回目にして丸亀初優勝。かくして、昨年の名人位と新鋭チャンプの対決は新鋭の圧勝に終わりました。
 2号艇大嶋の差しも3号艇辻栄蔵の捲り差しも流れ、2番差しの4号艇鈴木唯由が2番手に。3番差しの5号艇金子貴志が内から艇を伸ばしてくるも行かせて捌いた鈴木が2着。尚、前年覇者で本来は優先出場にもかかわらず訳ありで名人戦アウトの大嶋は3着争いに競り負け、最終的には6着大敗でした。

桐生ゴールデンレースドラキリュウカップ3日目

 通算999勝の西村勝が2号艇で登場した7R。F2ながらトップタイの17スタートを放ったまちゃるたんは一気の捲りで通算1000回目の1着ゴール。
 ☆(*^ε^)ノシ!1992年5月に戸田でデビューしたその節で即勝利、1993年戸田でデビュー初優出、1996年5月戸田でデビュー初優勝、2003年3月戸田のSG総理大臣杯で記念初優勝、そしてデビュー3296走目の今日、桐生で通算1000勝達成となりました。レース後には水神祭も行われれます。

三国うづき第2戦初日

 4月は出会いの場でもあり、あちらこちらと新鮮ムード漂っております。三国競艇も水上で勝利の女神に出会いたいと43名が集結。うづき第2戦の開始です。フィナーレで誰が出会うのか興味津々のシリーズ。どうぞ初日から目を離さず21日までお楽しみ下さい。
 うづき第2戦、水上は初日のラストを飾るシリーズ主力に推されたメンバー迎えましてこれより三国選抜第12Rの開始です。インから1234/65の順です。1秒前、スタートしました。1号艇倉谷和信は3号艇久田武の捲りを受け止めて逃げ切りトップでゴールイン。差し伸びた6号艇竹村祥司が2着でゴールインして大阪ワンツーとなりました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ