ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中野次郎

江戸川京葉賞優勝戦は内枠2人がフライングの大波乱

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川の年末年始特別斡旋開催第1弾の京葉賞(優勝賞金100万円)は大晦日の今日最終日を迎えました。

 優勝戦は逃げる1号艇飯山泰と差す2号艇北山康介のマッチレースになり、北山康介が僅かに優勢でしたが、無情にも両者共スタート判定の対象になり、スタート判定の結果両者共に+01のフライング。
 これにより、外マイで3番手の5号艇中野次郎が先頭に繰り上がり、江戸川2回目・昨年4月平和島G1トーキョー・ベイ・カップ以来となる通算23回目の優勝
 1M外張り流れて4番手だった赤身の3号艇進藤侑(群馬)が2着に繰り上がり、施行者大誤算の京葉賞は53決着でした。

 中野次郎は新ペラ制度導入後絶不調で、足負けの分をスタートで補おうとしてF2になる悪循環も重なり来期はA2に降格してしまいますが、F休み明け初戦でF前退き繰り上がりながら久々の優勝を飾った事で復活のきっかけをつかみそうです。
中野次郎ウイニングラン


 さて、京葉賞最終日は6R発売中と10R選抜B戦発売中に江戸川大晦日恒例、的確なタスクで捌いていく鮪解体ショーが行われました。
 壱岐で漁獲したという鮪の解体ショーは10R発売中に見て、鮪丼500円を食べました。

 尚、1月2日からの次節新春金盃では初日開門前の9時30分から江戸川選抜メンバーと選手代表が参加する鏡開きを実施し、振る舞い酒のサービスが行われます。
解体する鮪は壱岐島産解体された鮪マグロドン


戸田ゴールドカップデイリースポーツ杯優勝戦

 6号艇矢後剛(東京)を除く5人が埼玉支部になった優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇大澤大夢がスタート22と後手を踏んだのに対して2号艇金田諭が09トップスタートを踏み込み、一気に捲りきった「金」田さとしが戸田3回目・昨年11月宮島中国醸造杯以来となる通算18回目の優勝で「ゴールド」カップを制しました。

 後続は捲り差した4号艇関口智久が2番手も、差して3番手の3号艇松本浩貴が内から艇を伸ばして2Mを先制し、関口智久は2M外握って応戦しますが、松本浩貴が2周1M内先行で抜け出し2着。

平和島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川尻泰輔が07トップスタートの速攻体勢も大森方面に大きく流れてしまい、先差しの2号艇野澤大二(東京)が先頭に立ち、今年2回目・平和島8回目・通算41回目の優勝

 後続は捲り差した3号艇後藤浩(東京在住埼玉支部)、差した4号艇寺本昇平と5号艇鈴木茂正(今節選手代表)で接戦になり、2Mは内から艇を伸ばすしげしげを後藤浩が全速包み込み、カワ尻の差しも届いて2艇接戦になりますが、2周1Mでしげしげが内に切れ込んでの絶妙な小回りを決めて内から艇を合わせきり逆転2着。

多摩川カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇の地元三角哲男が4号艇の地元乙津康志の捲り差しを振り切り、三角▲の声援を受けまして今年4回目・多摩川12回目・通算66回目の優勝
 2番手の乙津康志に対し、1M外マイで3番手の6号艇桐生順平(埼玉)が2M外全速戦で乙津康志にに並び、2周1Mも外ぶん回した桐生順平は遂に乙津康志を捲りきる豪快なレースで逆転2着。

2012住之江ファイナル競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇東健介が6号艇北中元樹の捲りを受け止めきり、今年2回目・通算10回目・住之江は2006年大晦日2006住之江ファイナル競走以来となる2回目の優勝
 2番手の北中元樹に対し4号艇山本修一の差しが迫りますが、北中元樹は2M山本修一を行かせて捌き2着。

児島オール女子戦クラリスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇平高奈菜が15トップスタートも、20スタートの2号艇平山智加が思い切った強捲りを敢行して見事に決まり、平高奈菜を捲りきって先頭に立った平山智加は児島2回目・昨年大晦日多摩川G3女子リーグ第10戦リップルカップ以来となる通算9回目の優勝
 2番手は1M差した3号艇福島陽子(岡山)が2M→2周1Mと外フルターンで後続の追撃を振り切り2着。
 尚、平高奈菜は4番手航走の2周2Mで振り込んで選手責任転覆を喫してしまいました。

宮島日刊スポーツ栄光楯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田頭実が15トップスタートも5号艇畑和宏(広島)の捲り差しが鮮やかに決まり、先頭突き抜けた畑和宏は昨年7月徳山BOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップ以来となる通算8回目・デビュー初V水面の地元宮島では2回目の優勝
 田頭実に対して2号艇吉川喜継の差しが迫りますが、田頭実は吉川喜継を行かせて捌ききり2着。

桐生ボートピアなんぶ杯優勝戦

 2012年最後の優勝戦は134/625の進入から1号艇中澤和志が桐生イン翔ばずに押し切り、前走地蒲郡師走特別に続く今年5回目・桐生2回目・通算41回目の優勝
 2着は差し順走の3号艇梶野学志で、今日の優勝戦8場で唯一本命決着。

CRモンキーターンとニュースワイドBOAT RACE EXの話題

ブログネタ
競艇 に参加中!
 一昨日は多摩川帰りに三国さん(仮名)に藤本さん(仮名)と生ホッピーが飲める店ぢどり屋中野店、昨日は職場の飲みでPRIVATE DINING風雅と酒席が続いてこの2日間の記事は出勤前の朝に更新してましたが、7月31日に生誕30周年記念日を迎える愛内里菜がライブ会場で引退発表を行った今日は普通に夜中の更新。

 ここから本題。今日は昨日平和島で行われたパチンコ新機種CRモンキーターン発表記者会見の話題から。
 日本モーターボート競走会が全面協力したこの機種は公営競技とパチンコの本格的なコラボレーションとも呼べる機種で、記者会見には現役時代艇王と呼ばれた植木通彦競走会理事、現役選手からはアメブロのぅぉちゃん★ぶろぐでお馴染み全国スター魚谷香織と、アメブロの中野次郎のひまひま日記でお馴染みトーキョーベイパイレーツ中野次郎が出席。
 特に中野次郎は漫画モンキーターンの影響で選手を目指し、デビュー後は主人公波多野憲二のモデルになった濱野谷憲吾と同じグループO2ブランドに所属するなどモンキーターンの影響大。

 ホール登場は9月上旬予定だそうですが、BIGFUN平和島内にあるレイトギャップには確実に導入されるでしょうね。
モンキーターンを起用したかつての平和島ポスター

 上記の記者会見司会は日本レジャーチャンネルグリーンチャンネルでお馴染みの坂田博昭アナでしたが、レジャーチャンネルでは坂田アナをフィーチャーした新番組を8月から開始。
 従来のJLC NEWSと展望Jちゃんねる両方の要素を引き継ぐ新番組はかつてのJLCニュースワイドを想起させる90分番組で、番組名は「ニュースワイドBOATRACE EX」。
 男女ペアによるキャスター陣は以下の出演予定だそうです。

月曜〜水曜 堂前英男(JLC NEWS)&高尾晶子(地上波中継)
木曜・金曜 吉原完(JLC NEWS)&前田くみ子(展望Jちゃんねる)
土曜・日曜 坂田博昭(展望Jちゃんねる)&佐山夏子(展望Jちゃんねる)


 現在のJLC NEWSからは戸田ボートとオート実況でお馴染みのオフィス・ケイステーションコンビが続投、展望Jちゃんねるからは3人が出演し、新顔として地上波中継やトゥナイト2で知られる高尾さんが出演します。


 JLCの話題をもうひとつ。
 31日のニコニコBOATRACE@JLCに前出の中野次郎が出演します。
 時間は17時〜21時が「事前無料番組:ニコニコみんなで舟券予想&中野次郎ナイト事前番宣」、23時30分からのオールナイト有料番組が「中野次郎ナイト」です。
 出演は中野次郎の他に永島知洋秋葉ミキ、水着で出演予定のたかさきゆこです。

ゆうき次郎一人イベントの平和島キリンカップ2009準優勝戦

 イベント満載だったG3企業杯キリンカップ5日目の平和島競艇場。1つ目の選手イベントはG1浜名湖ダイヤモンドカップを制した福島勇樹王子の優勝報告会。6R発売中に行われたこのイベント、ベイ吉松永良一アナによるスペシャル実況(録画失敗で途中からになった3gp動画)が熱く、非常に沸いた事をお伝えしておきます。
福島勇樹王子G1初V報告会1福島勇樹王子G1初V報告会2

 2つ目の選手イベントは8R丸亀SGモーターボート記念壮行会で、平和島選出選手のベイパ中野次郎と、5月のびわこG3企業杯キリンカップ優勝とBP習志野トークショーが記憶に新しい香川支部重成一人が出演。
 近況リズムが冴えないとの事でMBでは頭を使って走りたいという中野次郎らもと、3周2M逆転されて優出を逃した若松SGオーシャンカップ5日目10R準優勝戦は昨年2月の平和島内外タイムス杯動画)と同じくらい深く心に刻まれてしまった劇団一人のトークは軽快で、本当なら22日土曜日にやるはずだった壮行会が次郎の都合で急遽今日に前倒しされた事を劇団一人が明かす場面も。
中野次郎&重成一人MB記念壮行会

 次に、当日の平和島DEよしもとゲストを紹介。5R発売中がノンスモーキン、7R発売中がアベコーの穴党専科あべこうじ、9R発売中がCOWCOWでした。日曜日はなかやまきんに君が7R発売中にやるのかい!
ノンスモーキンあべこうじの穴党専科COWCOW


【キリンカップ2009準優勝戦】

 11R準優勝戦は162/345の進入から1号艇白水勝也が堂々押し切り1着。
 以上の様にキリン白水が1着になりましたが、夜はもちろん牛小屋白水のボトルです。ちなみに自分の他にはブログの読者さんと山ちゃんさんが来てまして、自分はこめ焼酎白水で山ちゃんさんはむぎ焼酎白水です。
 後続はメイチ勝負の前付け2コースから差し順走の6号艇長岡茂一(1965年8月8日生まれ)と2番差しの4号艇伊達正利で接戦になり、2M先行した伊達を差したハッピーモイチが2着でモイチ勝負駆け成功。伊達は3号艇川口貴久の追撃を振り切って3着優出。

 12R準優勝戦は6号艇大塚伸行が1963年8月8日生まれで前レースのモイチに続いて6号艇地元選手のバースデーレースでしたが、枠なり3vs3の6コースからハッピー塚ちゃんは差し遅れて6着と、こちらは優出ならず。
 前方に目を転じると、スタート野郎の2号艇堤昇が27と凹むまさかの壁無し展開ながらも堂々逃げ切った1号艇三角哲男が1着っス。
 握った5号艇渡邉睦広と差した4号艇胡本悟志による2着争いは2M外全速フルターンの渡邉睦広がヱビス本を振り切って平和島哲男との地元ワンツー。
 ヱビス本は2周2Mで堤を行かせて捌くも、3周1Mで堤の差しが届いて3着争いは完全にラップ。3周2Mは堤が先行するも、ここでヱビス本渾身の差しが入り、キリンカップでヱビス本が優出。
平和島54周年初日の白水

 優勝戦は以下のメンバーになったとお伝えしておきます。

1:三角哲男 2:白水勝也 3:渡邉睦広 4:長岡茂一 5:伊達正利 6:胡本悟志

 下戸の平和島哲男が前走地戸田サッポロビールカップの借りを返すのか?それとも先月8日の尼崎サッポロビールカップを制したキリン白水がキリン製品を獲得するのか?はたまたヱビス本がキリン製品を獲得するのか?

住之江JLC杯競走優勝戦

 大原由子&落合直子&栃原さやか指定席限定イベントがあったJLC杯競走最終日は1/6/245/3と3号艇松田祐季の単騎ガマシになった進入から、前付け2コースの6号艇室田泰史が捲りを決めて住之江2回目・通算25回目の優勝
 捲り差しで続こうとした2号艇汐崎正則は内の1号艇浦上拓也と接触してしまい先ず浦上が転覆し、汐崎も立て直せず両者転覆。外マイで難を逃れた4号艇須藤隆雄が2着、減速して汐崎のすぐ外を航走した5号艇塩崎優司が3着に入り2連単6140円3連単48790円の大波乱。

ブロードウェイを突き抜けろ!中野次郎平和島G1V【祝新鋭超え】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島競艇開設54周年記念G1トーキョー・ベイ・カップも本日遂に最終日。「さあ、まさに賞金王戦士、トーキョー・ベイ・パイレーツ、銀河系軍団と交わってはいけない禁断のシチュエーションが戦いの時を迎えております(動画)。」とお伝えされた優勝戦は枠なり3vs3の進入スタイルから1号艇中野次郎が3号艇井口佳典の捲りを受け止めきって栄光のブロードウェイを驀進する「はしりびと」と化し、通算14回目の優勝でトレジャーゲット。差し順走の2号艇赤岩善生を2M行かせて差した井口が2着。中野次郎は2006年唐津G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦と2007年多摩川G1関東地区選手権に続く3つ目のG1Vですが、限定戦でない通常のG1は今回が初めてとなり、まさに新鋭チャンプのはしりびとがひとつの壁を乗り越えて突き抜けた形になります。

 ちなみに、「東京で唯一最先端の戦いを知る男、とんでも戦士」とお伝えされた5号艇濱野谷憲吾は1マーク4号艇吉川元浩に張られて流れて6着に敗れ、結局中野頭ではベイパワンツーしか持ってなかった事もあって自分の舟券は外れてしまいましたです。ちなみに今日は職場の三国さん(仮名)と荒物栄治さん(仮名)と指定席観戦で、優勝戦は自分だけ下で観戦しましたが、ウイニングランを見た後、指定席から降りてくる2人と待ち合わせてたら原ちゃん(原理恵子)とばったり。開口一番「外れちゃったよ〜」と、原ちゃんも優勝戦舟券外れちゃったとのこと。ほんの一瞬だけど原ちゃんに会えてうれしかったのです。うれしかったといえば、職場の2人が現着前だった午前中は牛小屋マスターと一緒に「あじじまん」2Fの刺身コーナーでお食事しました。
54周年優出者インタビュー

 さて、今日は連れが2人いた事と、12R皆勤で特別選抜A戦(しかも裏目の押さえ)しか当たらなかった悲惨な舟券成績もあって今日は表彰式(動画)は見ず。開店1番乗りできた元祖もつ鍋居酒屋「博多屋蒲田店」は醤油味のもつ鍋もおいしく、ガツの酢物もおいしく、ハツのバター炒めもおいしく、サッポロビールもホッピーちゃんも締めのちゃんぽん麺もおいしく、20時までの時間はあっという間に過ぎていきました。ただ、翌日が日勤なので2軒目の月とすっぽん蒲田西口店は体に堪えました。2軒行くと翌日に残るので翌日日勤の時は体力的にきついですね。
博多屋の看板博多屋のもつ鍋

 ここで売上の話。トーキョー・ベイ・カップは最終日本場入場者こそ8031人に留まり節間入場者1万人超えは1日もなかったものの、競合開催戸田東京中日スポーツ杯(単売)がありながらも最終日売上16億1294万6100円、節間売上71億5018万7900円で全国発売競走びわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の節間売上69億9338万8300円を上回りました。関係が悪い?戸田競艇場の競合開催(しかも平和島併用無し)がありながらも地元周年で全国発売競走の売上を上回ったのは、それだけ盛り上がったという事で東京都民としてちょっとうれしいですね。

 最後に悲しいお知らせ。2Rで枠なり3vs3の進入から捲り差しを狙った5号艇吉村正明(山口)がターンマークに衝突して転覆(動画)。乗り上げた6号艇大峯豊(山口)も落水して、両者後半Rを欠場して負傷帰郷。大峯豊1号艇の7Rとまちゃあき海賊団長2号艇の9Rは5艇立てになりました(5艇立てでも自分の舟券は外れ)。
 そして、妨害失格になったまちゃあき海賊団長は事故率が0.77になってしまい、今節を最後にF2で90日休みになることから、東京湾海賊団の地で来期のB2陥落が決定してしまいました。

住之江デイリースポーツ創刊60周年記念サザンカップ優勝戦

 住之江区のマスコットキャラクターはさざんかのさざぴーですが、今年のさざんカップは126/345の進入から捲ってくる6号艇重野哲之が+01のフライングに散り、1号艇濱田隆浩(大阪)が受け止めた展開を突いて差しきった2号艇安達裕樹が通算4回目にして住之江初優出初優勝。2MでF艇に内に入られた事もあって安達を差し返せなかった濱田が2着。

下関JLC杯優勝戦

 枠なりの3vs3の進入から09トップスタートの4号艇西村勝がカド捲り決めるも、内でこらえきって伸び返した1号艇石川真二が2Mを先行し、昨年のG1江戸川大賞IN蒲郡を制した事で有名な石川はオール2連対で今年2回目・通算47回目の優勝

芦屋ポッカ杯争奪戦競走優勝戦

 コーヒーやレモンでお馴染みポッカのタイトル戦は枠なり3vs3の進入からチルトを+0.5度に跳ねた6号艇松元弥佑紀が08トップスタートから捲って来るも、1号艇坂口周がこれを受け止め、2号艇湯川浩司の差しも寄せ付けず、芦屋2回目・今年2回目・通算22回目と枠番以外は2づくしな数字で優勝
 後続は湯川が2番差しの4号艇桂林寛を2M行かせて捌ききり2着。

唐津一般競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から16トップスタートを決めた1号艇・追加斡旋でやって来た超大物田中信一郎が今年2回目・通算46回目の優勝を7戦6勝2着1回の準パーフェクトで達成。4号艇杉山貴博がカドからの捲り差しでタナシンに届かなかったものの2と3を叩ききって2着。

 タナシンのこの強さには携帯マクール唐津競艇コーナーで大好評連載中の「エンタ亭カナエの先走りブログ」でも

「早」
早いなあ
もう3月
早いなあ
もう明日優勝戦
早いなあ
田中信一郎選手のスタートとゴール!!
と、
早い早い言ってたら、
早いってどうしてこんな字
ってなってきました
早・早・早・早・早・早
見れば見る程
変な感じ
あ!?
もしかして
『早』って
『日が十日経つ』から来てるとか!?
まっさか〜
田中信一郎選手、
明日も早いかなあ


 とまあ、季節の移り変わりの早さをタナシンの速さにかけたブログが公開されてました。ちなみに「早」は匙(さじ)の物をすくう部分の形から来ていますが、匙の意味を表すことはないとされています。「早」の読みが,「はやい」の意味を表す音と似ているため、読みだけを引用した「仮借文字」だったりします。

ハッスル中野次郎HGRG+LLPW戸田大会+江戸川MB大賞初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ファンに夢と希望を与え日本を元気にしてきた「競艇」と「プロレス」。しかし、今はファン離れや業界の衰退化が進み、どちらもかつてない危機を迎えている。そんな業界の復興を目指す「浜名湖競艇」と「ハッスル」が最強タッグを組んだ。来たるSG競艇王チャレンジカップハッスル・マニアの成功と業界の復興を目指して。そして、日本中をハッスルさせるために!ということで新宿駅東口ステーションスクエアで14時からと18時からの2回行われたチャレカハッスルコラボイベントI LOVE HUSTLE!!を後述のLLPW戸田大会観戦後見に行ってきました。

 18時ちょい前からバブリちゃんこと海川ひとみアバンギャルド所属)とザ・グレート・サスケ元岩手県会議員によるトークショーが始まり、そこにモンスター軍島田二等兵とMr.300%アン・ジョー司令長官ジャイアント・バボちゃんが乱入。高田総統のはからいで海川&サスケ組vs島田&バボちゃん組を発表したものの、そこでモ軍が突きつけたのは年齢偽装もとい体重偽装疑惑。公称44kgの海川ひとみに対し公開計量を行ったところ1回目の計量で45kgを記録。服を着ているからと釈明する海川ひとみに対し島田二等兵は「なら脱げ」と要求。味方の筈のサスケも「疑惑を晴らすために脱ぎましょう。」と鼻の下を伸ばして脱衣を促したので、水着姿で計量した結果43.8kgと疑惑を晴らす事に成功した公称1984年生まれの海川ひとみでした。
 海川サスケ組退場後はモ軍の紹介で福岡から来たアイドルグループが登場して寒い中3曲を歌いました。寒さが増幅する桃ハッスルポーズを披露しつつ歌い終えて島田二等兵に絶賛されたところで桃は退場し、いよいよレイザーラモンが登場して一気に新宿東口はヒートアップ。
 22日に開催されるハッスル・ハウスVol.31でのボブ・サップ戦が発表されて((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブルとなったRG、ハッスル・マニアでサップと対戦し、ハッスル軍のエースとして意気込むHGとモ軍が暫く絡んで、モ軍退場後にいよいよ大トリの中野次郎登場。レイザーラモンと共に浜名湖を宣伝し、最後はHG仕様の3・2・1ハッスル、ハッスル、フォー!を披露。終わった後は京王線に乗って芦花公園の福寿で炒飯を食べてきました。尚、I LOVE HUSTLE!!は18日にも渋谷109前で行われまして、引き続き中野次郎が出演予定です。
中野次郎とレイザーラモンのコラボ!

島田・アンジョーと絡む海川ひとみ・サスケ公開計量の為に服を脱ぐ海川ひとみモンスター軍推薦アイドルグループ「桃」のミニライブRGの素顔
会場で配られたコラボカイロ「ぬくっ子」


LLPW女子プロレス・エイズ予防チャリティーイベント

 ファンに夢と希望を与え日本を元気にしてきた「競艇」と「プロレス」。しかし、今はファン離れや業界の衰退化が進み、どちらもかつてない危機を迎えている。そんな業界の復興を目指す「戸田競艇」と「LLPW」が最強タッグを組んだ。エイズ予防を啓蒙する為に。ということでピュアアイ協賛のエイズ予防グッズも配布されたチャリティーイベントとして本日と日曜日に5試合が行われます。入りこそ5772名でイベントホールから遠い5階は確かにすいてましたが、イベントホールは立ち見多数の盛況でございました。個人的にはお目当ての井上貴子が負傷でテーピングをしてて、動きが完全でなかったのが気になりましたです。結果は以下の通りでした。ちなみにレフェリーのTommyは1966年11月10日生まれ、つまり本日が誕生日でした。

第1試合 ○遠藤美月vs●フランソワーズ☆
第2試合 ●おばっち飯塚vs○sawaco中の人
第3試合 神取忍&○ハーレー斉藤vs●アイガー&沖野小百合
第4試合 ○米山香織vs●大木アスカ
第5試合 井上貴子&●森居知子vs○立野記代&小林華子


 リング上の格闘技は以上の結果でしたが、水上の格闘技関東日刊紙競艇記者クラブ杯初日倉谷和信が初日連勝。内容は6号艇の8Rが2コース捲り、1号艇の戸田選抜戦がイン逃げでした。
LLPW戸田大会神取&ハーレーLLPW戸田大会立野、後ろ姿は井上貴子
オカモト製ではなく中西製のエイズ予防グッズbyゆうこりんCMでお馴染みPure-i

 ちなみに江戸川を選手紹介と第1Rだけ見た後、戸田へ行く前に西武新宿線都立家政駅の麺や 七彩(東京一週間ラーメンオブザイヤー最優秀新人賞)で醤油ラーメンを食べてきたので貼っておきます。駅名の由来は駅近くにある都立鷺宮高校の旧校名が都立中野高等家政女学校だったからなのです。喜多方ラーメン風の麺に無化調スープが合わさった上品なラーメンですが、メンマが入っておらず替わりにイモガラが入っているのが大きな特徴ですね。
都立家政婦は見た!麺や 七彩


G1江戸川モーターボート大賞初日

 2008年2月3日の日本モーターボート選手会会長賞を最後に競走水面護岸工事の為開催を休止する江戸川競艇の今シリーズはG1です。G1江戸川モーターボート大賞。今日から15日までの6日間のロングランシリーズです。開幕予選の第1Rが始まりました。11レース、1レーススタートしました(動画)。選手紹介で「一走一勝」を誓った1号艇福来剛(選手宣誓も担当)が公約実現の1着になりましたが、1M握り込もうとした3号艇深井利寿は転覆してしまいました。これにより4号艇奥平拓也と5号艇伊藤雄二が不利を受ける不快なレースになってしまいました。ちなみにこのレースは123箱と125箱で購入していたので深井の転覆は不快な舟券に直結してしまいました。更に言えばその後の前売購入レースも井口拡連複流しを除き全滅でした。
「一走一勝」公約実現・開幕レース勝者福来剛

 雨も小康状態になりました江戸川競艇場、これから迎えますのは後半最初のレースにしてアグレッシブアナの後任である平山あなが担当した本日最初のレース第7Rです。1号艇君島秀三が11トップスタートで速攻態勢も、まさかの選手責任転覆(動画)です。結果的に捲り差しの形になった3号艇村越篤1着となっております。尚、この転覆による負傷で君島は後半を欠場、帰郷しております。

 開催の初日、メインレースを迎えました。第12Rはゴールデンレーサー賞です。今年は腰痛とそれに伴う体重増に苦しんでいる中村有裕が腰痛悪化の為に欠場、群馬の秋山直之が繰り上がってGR賞唯一の関東選手として選ばれたこの一戦は、1号艇今垣光太郎が28と大きく凹んでしまい、2号艇湯川浩司が先捲りで1着。2段捲りの5号艇井口佳典が2番手、捲り差しの6号艇秋山にゃんが3番手でしたが、2周1M内をコンパクトに回った秋山にゃんが逆転、3周2Mで井口が内を突いて来るもこれを行かせて差した秋山にゃんが2着になっています。
 湯川は5号艇の第6Rも捲り差しで突き抜けており、G1江戸川大賞覇者の貫禄を見せつけております。

 ここで、選手紹介で面白かったものを紹介。面白い発言を期待されていた80期3887鎌田義が「おはようございます。最後まで一生懸命走ります。」とありきたりな事を言って終わった次に登場した80期3906飯山晃三です。「え〜、鎌田の後でやりづらいと思ったんですけどやりやすかったです。助かりました。」と言って場内を沸かせ、最後はマイクの向きを逆にするいたずらで締めてくれました。ということで今回の私的開会式大賞は飯山晃三です。
江戸川MB大賞選手紹介しげしげ江戸川MB大賞選手紹介飯山晃三江戸川MB大賞モンスター野中MB選手会長あいさつ江戸川MB大賞福来剛選手宣誓江戸川MB大賞選手代表ムラッシュと選手宣誓福来に花束贈呈江戸川MB大賞GR賞インタビュー井口江戸川MB大賞GR賞インタビュー秋山


児島G1競艇キングカップ初日

 千葉県茂原市にあるこりん星からピュアアイのCMでお馴染み小倉優子(アバンギャルド所属)が児島競艇場やって来た記念の冠レース7Rこりん星カップは3コースまで入った6号艇三嶌誠司が06トップスタートを放っての捲りを決め、SG含む記念V6を誇る格の違いをまざまざと見せつけた1着ゴール。2着には4カド捲り差しで続いた3号艇吉田拡郎が入っております。ちなみに拡連複の申し子吉田拡郎絡みの拡連複は3-6が280円で2-3が450円でした。
 尚、ゆうこりん来場に関して選手紹介では烏野賢太が「優勝目指して、がんばりんこ。」、鈴木賢一が「ゆうこりんに会いに来ました。がんばりんこ。」とゆうこりんを歓迎する選手紹介をしています。
こりん星カップ


【女子王座決定戦キルトクール】

 ボートピア京都やわたからほど近い京都競馬場で行われる女子王座決定戦G1エリザベス女王杯のキルトクールはアサヒライジング。今年よりメンバーが弱かった昨年で4着と馬券に絡めなかったのですから、今年も馬券に絡めないと考えます。

【齊藤仁】全日本選手権4日目+ダービー2日目【中野次郎】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本場入場客こそ8460人ながら、3連休初日とあって売上の方は23億872万9000円と急上昇JUMP↑だった平和島SG全日本選手権4日目。本日は職場仲間の三国さん(仮名)と尾形栄治さん(仮名)と共にA指定席で観戦。舟券で一喜一憂したり、レース後にはKitchen Stadium月とすっぽん蒲田西口店で白魚を始めとする旬の魚と酒を飲み食いしたりしました。
 平和島の指定席は席数が多くて財布の事情や観戦スポットに応じていろんな座席を選べるのですが、そんな平和島競艇場の指定席で行われたイベントは4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第3弾齊藤仁&中野次郎トークライブ。長期休暇中の中野次郎のおなかをとぼけた口調でつまむ齊藤仁に今回も笑わせてもらいました。個人的に平和島一番の観戦スポットは断然指定席ですが、それにだめ押しするイベントでしたね。
 とはいっても、平和島で指定席をお薦めする最大の理由は一般スタンドが夏暑くて冬寒い上に水面際だと実況がほとんど聞こえないという相対的な理由ですが。ということなので5日目(S指定席)と6日目(B指定席)も指定席に入ります。5日目の指定席イベントは4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第4弾の濱野谷憲吾角谷健吾のWケンゴショーです。

 話は変わりますが、予選4日間を終えたK-BATTLE『競艇予想選手権 頂点を掴め!』における自分の持ち点は8000。この8000ポイントを振り分けてコメント欄に準優勝戦の予想を公開します。個人的には予選を1位でクリアした唯一の地元高橋勲があと2回1着になってくれれば。
齊藤仁&中野次郎トークライブ

 では本日のピックアップレース。3Rはのん太こと1号艇辻栄蔵がイン戦決めて準優勝負駆けも決めた1着ゴールとなったれすが、大外進入の6号艇鎌田義は1M捲り差しを入れようとしたところ振り込んで選手責任転覆(動画)です。

 さて、今節の女子選手はタッチスターター岩崎よしみと若松巧者のみゆき南ちゃんボイスの日高さんがいますが、6R1号艇だった日高逸子は見事逃げ切りシリーズ初1着で準優勝負駆けと逸子さん、僕が主夫します!日高邦博著)の宣伝(動画)に成功。ちなみにのり子さんより1つ上のいつ子さんは準優日の10月7日が誕生日です。
 尚、最初の1Mで2コース差し狙うも目高さんの引き波で艇が浮いて最後方だった2号艇山口剛が3周1Mで選手責任の転覆を喫しています。

 最後に触れておきますが、1号艇の2Rでイン戦失敗ズブズブに差されるも2M全速ターンで3着に入った田村隆信が私傷病で帰郷しております。

芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー2日目

 1号艇山室展弘さんと2号艇原田幸哉の歴代全日本選手権覇者コンビと地元代表の4号艇原田富士男が一堂に会した10R。枠なり3vs3の進入から山室さんは差し狙った2号艇原口を引き波に沈める堂々たる逃げで1着と全日本選手権王の貫禄を見せましたが、後続は激戦。
 その後続は握ったフジオと捲り差しの5号艇柳田英明で接戦となり、2M差してHS内に入ったフジオに対し2周1Mで柳田が全速戦でフジオを捲って勝負あり。情勢は2周2Mで原口がフジオに差しを入れて原田同士の3着争いに。3周1Mでフジオが原口を差し返し一旦はリードするも、3周2M握って回った原口がフジオを捲りきる豪快なターンで今節最初の原田対決に白黒付けました。 

【日曜競馬キルトクール】

 セイコー舟券教室立山一馬江戸川ボートピア習志野開設1周年記念最終日選抜戦11Rで落水して、無事に11日からの三国かんなづき第1戦に出てくるのかが気になるところでありますが、ファストタテヤマで家をタテヤマの引退レースとなるのはG2京都大賞典。そのキルトクールは引退レースのタテヤマではなく、世界のG1馬デルタブルース。もともと開幕週の馬場が合わなそうな上にフレグモーネで順調さを欠いての参戦。よってここはキルトクール。

 東京G2毎日王冠のキルトクールは8歳馬カンファーベスト。東京(0.0.0.5)の成績が全て。

大江戸賞5日目はW準優勝戦の攻防

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズはW準優勝制の大江戸賞。6日間ロングランシリーズの5日目を迎えた本日は、明日に行われます優勝戦進出を目指します12人の精鋭陣によるW準優勝戦の攻防。前後半が同じメンバーで枠を入れ替えて争い、後半の3着以内が優出する仕組みになっております。但し、優出に関係ない前半も優勝戦の枠順に影響するので大敗は禁物です。

 W準優勝戦前半の第6Rが始まりました。ここは人気の中心1号艇中野次郎(O2ブランド)が好枠の利を生かし切って1着。大外から差した6号艇飯山泰(O2ブランド)が2着。尚、5号艇濱野谷憲吾(O2ブランド)は2号艇秋山昌宏との3着争いに敗れて4着です。

 W準優勝戦前半の第2陣、第7Rを迎えております。ここは2号艇野澤大二が素早くシャープな差しで突き抜け1着
 一方2着争いは目を離せぬ攻防戦が相次ぎました大混戦で、BSは内から1M差しの6号艇熊谷直樹、同じく差しの5号艇石渡鉄兵、捲り差しの4号艇桑原淳一、1号艇河相秀行、捲り戦の3号艇福島勇樹と、5艇がほぼ横並び。2Mはクマを締め込んで先に回ろうとする江戸川鉄兵に対しクマがおっつけに行き、先ずはてっぺーちゃんが脱落し、仕掛け遅れた河相も脱落。そしてHSはクマに加え、2M差した桑原シニアとゆーき王子で3艇横並びに。2周1Mでは捲りのクマと差しの桑原シニアが抜け出しゆーき王子は一歩後退。次いで2周2Mではクマが差しで一歩抜け出すも、3周1Mユーキ王子を行かせて差したクマのインサイドに潜り込んだ桑原シニアが再びクマに並びまして3周2Mを先に回りますが、鋭い差し技を見せたクマが激しい2着競りをものにし、得点率1位のクマも2位の飯山も不利枠の前半で共に2着と、優出1号艇を懸けた関門をクリアしました。

 W準優勝戦は後半の第1陣、第11Rを迎えております。ここはポイント2位、1号艇の飯山が南寄りの熱風を背に受け軽快に1Mを先制して1着。順走の2号艇濱野谷が2着でしたが、捲り戦で3番手を航走してた4号艇山田竜一がじわじわと6号艇中野次郎に差を詰められ、3周1M内に潜り込んだ中野はBS遂に山田を捕まえて3周2Mを先制、F2のハンデをしぶとい走りで克服しての逆転3着で見事優出を決めました。

 W準優勝戦は後半の第2陣、第12Rを迎えております。ここはポイント1位、1号艇の白クマがF2持ちとは思えぬ13トップスタートからのイン戦で悠々押し切り1着
 一方後続は熱戦に次ぐ熱戦が相次ぎ、順走の2号艇江戸川鉄兵と捲り差しの3号艇桑原シニアが2番手を争い、その直後では外マイの4号艇ゆーき王子と5号艇のミスター平和島野澤大二(一応多摩川BPクラブ、略してTbp)が虎視眈々。そして2周1Mインサイドに潜り込んだゆーき王子をてっぺーちゃんは行かせて差したのに対し、桑原シニアは王子様を捌けず4番手に後退。しかしゆーき王子は2周2M波に揉まれて大きく後退してっぺーちゃんがここで2着を確保。王子様脱落で桑原シニア再浮上のチャンスでしたが、ここで桑原シニアをスパッと差しきった野澤が逆転3番手に。3周1M切り返してきた桑原シニアを締めて包んで振りきった野澤が大二な一戦をものにして逆転3着です。


 果敢なコーナー戦が相次ぎましたW準優をクリアしてきました優勝戦の6精鋭です。

1:熊谷直樹 2:飯山泰 3:野澤大二 4:中野次郎 5:濱野谷憲吾 6:石渡鉄兵

 負けない事投げ出さない事逃げ出さない事信じぬく事。駄目になりそうな時、それが一番大二と説きますダイジマンが2003年G1江戸川大賞(4日目途中帰郷)以来というブランクを克服、W準優後半では激しい3着競りをものにして3号艇、F2の試練をクリアして新たな次郎物語を今シリーズで紡ぎ出した中野次郎がW準優後半の激しい3着競りをものにして4号艇と、W準優前半の勢いを後半につなげたコンビは優勝戦でも舟券に絡んでくれそうですね。

オラレ呼子開設1周年記念唐津市長杯争奪お盆特選優勝戦

 地元自治体が運営主体となり売り上げの一部を地元の街づくりに活用する地域還元型場外舟券施設オラレ呼子の開設1周年記念は熱く焦がれた2007年夏の陣。佐賀と長崎3人ずつが優出し、1号艇上瀧和則(佐賀県)がすんなりイン戦を決めて通算72回目、唐津20回目の優勝昨年に続くお盆レース連覇達成。
 2コース順走狙った2号艇深川真二(佐賀県)は上瀧の引き波を踏んで大きくバウンド、3コースから捲った3号艇上之晃弘(長崎)が2着に入り佐賀県ワンツーを阻止しました。 

若松日刊スポーツ杯争奪お盆特選優勝戦

 優出メンバー中唯一の遠征陣である3号艇山本修一(岡山)が4カド09トップスタートから捲り戦も、小回り先捲りの形になった2号艇3コースの川上剛(遠賀郡芦屋町)が先頭に立つも、2M差した山本が逆転で先頭に。ですが、2周2M差した川上が舳先をかけきって3周1Mを先制。そして山本の差し返しを振りきって通算5回目の優勝ウルトラファミリーのカワカミプリンスは嬉しい若松初優勝です。

武豊と活躍を誓い合った中野次郎が高松宮記念翌日に三国で優勝

 手にした切符をつないでいく戦い。強風により2日間合計21Rの予選開催となった4日間決戦三国やよい第1戦は心配された能登沖地震の影響も無く昨日2本の準優勝戦が行われ、枠なり3vs3の準優11Rは2コースから差した矢野素也トップでゴールイン。
 後続はイン粘る金森史吉と4カド差す伊藤誠二でBS2番手を争い、3コース捲りの石田章央がこれに続くも、2M伊藤を包みきった金森が抜け出し単独2番手となり石田が伊藤を差して3番手に。更に地元のファイナルに是非とも名乗りを上げたい6号艇信濃由行は大外からの差しで5番手も2M突っ込んで伊藤との4番手争いとなり、2周2Mも突っ込み気味のターンで石田の進路をカット。これにより、信濃を行かせた分旋回が甘くなった石田の内から小回りで並んできた伊藤がHS同体に。そして3周1M金森に突進した伊藤は不発に終わり失速(動画)。そこに石田が突っ込んで伊藤と石田はここで脱落。伊藤を避けきった金森も大回りとなり、この間隙を突いて差しを入れた信濃が一気に金森との2番手争いに持ち込み、3周2M内の利で先マイした信濃が逆転で2着のゴールインです。

 優出への残る3つの席巡って行われた準優12Rは2コースから差した3号艇は61期3312新美進司トップでゴールイン。イン戦も新美に差された1号艇は61期3322山口浩司が2着でゴールイン。そして20日に武豊トークショーを行った東京支部次期エース中野次郎は6号艇大外進入ながら鋭い差しで3着に食い込み、優勝候補筆頭としての最低ノルマである優出に成功しました。


 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:矢野 2:新美 3:山口 4:信濃 5:中野 6:金森

 強風の一撃ありましたやよい第1戦。風に向かって波を乗り越えて、そして運を掴んでと勝ち上がった6名でこれより優勝戦の開始です。スタート隊形はインコースから123/456の順です。1秒前、スタートを致しました!4カド絞る信濃に2コースの新美が抵抗。しかし信濃を止めた新美は先捲りもできずに芦原温泉方向へ大きく流れ、その間にインの矢野が先マイ態勢を固めますが、5コースから鋭く差したスーパースター中野次郎が矢野を差しきって通算10回目となる優勝のゴールイン。中野に差された矢野ですが、内の中野島と外の矢野口に挟まれた稲田堤…もとい3コース差し3番手の山口が矢野と2番手接戦に持ち込み、2M外全速の矢野が競り勝ちました。
 これで三国初優勝を飾り、今年は多摩川G1関東地区選手権など早くもV3となった東京支部次期エース中野次郎。トークショーで活躍を誓い合った武豊が中京G1高松宮記念を勝った翌日に中野次郎が優勝と、トークショーで得たものは双方共に大きかったようですね。
水上のヒーロー中野次郎とターフのヒーロー武豊


江戸川日本モーターボート選手会会長賞3日目

 明後日に行われます優勝戦を視野に入れまして各レーサーがエキサイティングなレースを展開します今日の水面です。このレースから2周戦とややスペシャル仕立ての水面となった第8R(波高15cm南追い風7m)に5号艇で登場した池田浩二は手堅い差し戦でこの水面をこなしきってシリーズ3連勝となる1着

 1着と2着が交互に続く岡瀬正人が4号艇で登場した2周戦の第11R(波高10cm南追い風5m)は岡瀬が的確な捲り差しで1着となり、予選得点率10.00でトップとなっています。

 3周戦に戻った第12R(波高10cm南追い風5m)に2号艇で登場した81期3941池田浩二は1号艇の81期3944山口裕二の逃げに差しで続いて同期ワンツーの2着ゴール。池田は予選得点率9.60の第2位で3日目を終えています。そして明日の第11Rでは岡瀬との直接対決があります。

 尚、森永淳が負傷の為帰郷、第9Rは5艇立てになりました。

平和島総理杯5日目のメインイベントは中野次郎&武豊ショー!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 3つの準優勝戦が行われた平和島SG総理大臣杯5日目。16日から21日までの平和島スペシャルウイーク目玉イベントとして本日行われたのは「中野次郎選手&武豊騎手」スペシャルトークショー
 美浦のじろちゃんこと小野次郎こそ不在なものの東京支部次代のスーパースター中野次郎(記念V2)と競馬界のスーパースター武豊が華麗なる共演となったこのイベント、となれば司会進行役はきっとこの人でしょうということで自分の予想通り、司会進行役は競艇(JLC)と競馬(GC)をまたにかける松岡俊道アナでした。以下はトークショーで取り上げられた話題です。

中野次郎がデビュー前に尊敬する人だったのは武豊
馬好きな中野次郎、グラスワンダー(主戦的場均)が特に好き。そして牧場で見たナリタブライアン(主戦南井克巳)に感動。
中野次郎、母の父は北海道出身
セレクトセールに行ったこともある中野次郎
競馬ゲームも好きな中野次郎
ドバイに行った中野次郎
怪我でB2に落ちた時はいい勉強になったと語る中野次郎
武豊のホームプールはびわこ競艇場(1人でも行くほど)
親友松井繁祝勝会に出た武豊
武豊騎乗で先週のG2阪神大賞典を制したアイポッパーの話題
濱野谷憲尚の話題(兄弟で顔が似てると語りつつも濱野谷弟とは面識なしの武豊)
(松岡指令で中京G1高松宮記念を語る)騎乗予定の不死鳥スズカフェニックスは左回りがいい。
強敵は安藤勝己プリサイスマシーン騎乗予定)と中京巧者シーイズトウショウ
大井の騎手もトークショーを見に何人か駆けつける
G1びわこ大賞で中野次郎と再会できるのが楽しみと語る武豊
控え室では宿舎の話題で盛り上がった両者、中野次郎は同部屋の選手と同じレースはいやとの事。


 両者の今後の斡旋ですが、クロフネの主戦騎手でもあった武豊は翌日の高知G3黒船賞メイショウバトラー騎乗)に出場。そして中野次郎は23日から三国やよい第1戦、次いで4月3日から若松G1全日本覇者決定戦、4月10日から前出のG1びわこ大賞となっております。ちなみに若松最終日(ナイター)の翌日がびわこの前検となっております。
武豊中野ショーの座り位置はこのへん水上のヒーロー中野次郎とターフのヒーロー武豊


【総理杯準優ダイジェスト+α】

 北向かい風7mと強めの風が吹いているとお伝えされた一般戦の1Rは昨年の当地SG総理大臣杯と同じ4号艇4カドからトップスタート決まった中澤和志が、讃岐の貴公子山崎昭生のイン抵抗先マイをものともしない捲り差しが決まって待望の今節初1着。あの悲しい出来事からやっと立ち直れそうな節目の1着です。

 赤岩善生が負傷の為欠場、4R8Rが5艇立てになった一般戦が終わりいよいよ本番。125/346の進入となった準優10Rは1号艇の福岡80期3899吉田弘文がインから気合いの踏み込み09トップスタート速攻戦で1着。真紀子・士陽感激のSG初優出を達成です。
 後続は魚谷智之(兵庫)の2コースつけまいが流れ、BSは4カド差しの鎌田義(兵庫)と大外捲り差しの福岡80期3898平田忠則で併走。そして3コースに入った三嶌誠司は1M魚谷が壁になって5番手。そしてBS最内のカマギーがBS最外から2M全速態勢の魚谷に対し2M激しくおっつけていき魚谷をぎょっ!とさせる事に成功もカマギーは7mの向かい風に煽られて流れ、同じく2Mで兵庫勢がやり合った内側では、漁夫の利狙うヒラチュウに対しミシマさんがそうはさせじと激しくおっつけていきヒラチュウを飛ばす事に成功。5番手から一気に2番手に上がったミシマさんが2周2Mカマギー捨て身の突進もかわしきって2着ゴール。

 12346/5の進入となった準優11Rは1号艇石川真二がイン09トップスタートで速攻も、市川哲也の3コースつけまいをブロックした分自慢のロケット☆モンキーに隙ができ、平和島では有言実行と書いて濱野谷憲吾と読むムテキングが2コースから石川を差しきり2年連続優出となる1着
 差された石川は2M濱野谷を差し返そうとしますが、4コース差しから3番手の井口佳典を行かせた分ロスになって突き放されてしまいまして、2周1M石川がもたつく間を突いて内に切れ込んできた井口を差そうとした石川はここでおっと!
4番手争いをしていた6号艇安田政彦とテチャーン、安田が2周1M安田大サーカス突進でテチャーンにぶつかり、玉突き式に石川もぶつけられてしまいまして石川が転覆寸前のアクシデント(動画)。石川は立て直しましたが井口に2着を奪われて3着に終わり、SG初優出の切符も井口に奪われてしまいました。

 準優12Rは予選1位の1号艇植木通彦(福岡)が艇王ウエキングの貫禄で1着。そして2コース順走の2号艇瓜生正義(福岡)が2着に入り、2年連続優出達成。尚、武豊の親友である王者松井繁は4カドから1M差しに行くも振り込んでしまい、ピットで武豊に激励された甲斐無く大差の最下位。


 今シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。さあ始まる水上の格闘技。ということで枠番です。

1:ウエキング(福岡) 2:吉田(福岡) 3:ムテキング 4:うり坊(福岡) 5:井口 6:ミシマさん

 3日目12Rでムテキングを跪かせたウエキングがここもムテキングを退けるのか、はたまた等身大フィギュアまで製作されてしまう平和島メインビジュアルの名にかけてムテキングがリベンジするのか、それとも記念真紀子の吉田がSG初優出初優勝となるのか、はたまたうり年にうり坊SG初優勝なのか、いやいやSGは津優出は津優勝狙う井口が#な捲り一発を決めるのか、ミシマさんが京極賞さんの目の前でSGV2を飾るのか注目ですね。個人的にはポスターの色が白赤青なのが気になってます。
枠のサインは白赤青濱野谷憲吾等身大フィギュア


【スペシャルウイークにおけるスペシャルイベントのあった1日】

 100年目の新ビールキリン・ザ・ゴールド発売日でもある本日は冒頭のスペシャルイベントがありましたので、当然のように年休を取ってイレブンフーズ@新馬場(8時から営業)経由で平和島競艇場に行ってきました。ちなみにのんきにラーメン食ってたら着いたのは12時半過ぎ。丁度いい機会と思って今まで食べたことなかったイレブンフーズにも行ってみたかったのです。
イレブンフーズのラーメン

 そして大森海岸で降りてバスに乗って平和島に着いたらいきなり、ピットに向かう善さんこと中道善博元選手とすれ違い、前日の大魔神安岐真人元選手に続いて四国歴代二強を見かける事に成功したなと思いつつ正門をくぐったら今度はいきなり正門前の番人竜鯱まくり差し!!さんが待ち構えてましたがスルーされ、気づいてない正門前の番人さんを呼び止めたらマイミクシィのうしぼしさんが自分の後ろから歩いて来てましたというオチ。

 それから冒頭のトークショーとなるのですが、武豊じろちゃんショー2発目を見た後にはきれいな前検写真とかがあるSPLASHさんのご両名に、マイミクのゆたさんとお会いしました。山々ワンツーの7R的中おめでとうございますなのです。

 さて、春は立川談春ということで本日から2Mの端では地上波中継の公開スタジオが設置されており、ピーター・ガブリエルを好んで聴きそうな有森裕子やラッツなスター桑野信義が出演してました。そしたら下方には2マークの番人竜鯱さんとうしぼしさん、更にはカミカゼもいちさんがいました。今日お会いしたみなさんどうもありがとうございましたなのです。
地上波公開中継中(スペシャルゲストゆうこりん)オープン懸賞の賞品はホンダのバイク

G1関東地区選手権は東都の新エースがV&吉川完全優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 群雄割拠の多摩川G1関東地区選手権優勝戦は1号艇中野次郎がイン戦押し切り優勝。通算9回目、多摩川は正月の新春特別かどまつ賞に続く2節連続3回目、記念は昨年の唐津G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦以来2度目となります。表彰式では先月の優木まおみ杯以来の多摩川登場となった優木まおみから勝利の花束を貰った中野次郎でした。新鋭王座に続くタイトルを獲得したことで、歴代新鋭チャンプの中では蜷川哲平伊藤誠二平池仁志の実績を超えた事になります。
 3コースから握って攻めた山崎義明埼玉支部長が2着に入り、東京と埼玉が3vs3に分かれた対抗戦にふさわしく、東京と埼玉でワンツーを分けあいました。
さて、大外から差した高橋勲が3番手で2コース順走の齊藤仁は4番手でしたが、2周2M齊藤仁が外全速で一気に逆転。3周1M内から先マイで再逆転狙った勲でしたがターンマークに接触して万事休す。じんじん痺れる2周2Mの全速旋回でした。

若松優勝戦

 日曜日の三国きさらぎ第1戦では吉川昭男が優勝しましたが、三国と3日間開催が被った先週金曜日からの7日間シリーズでは昨日まで吉川元浩がなんと11戦全勝。そして優勝戦もインからあっさり押し切り12戦全勝の完全優勝。区切りの通算V20となった吉川元浩は自身2度目の完全優勝です。2着に2コース順走の山口博司、3着に5捲り差しの繁野谷圭介が入った結果3連単490円の激安配当となりました。

 ところで、当blogが本日234567hitを達成しました。これもひとえに皆様のおかげです。そして仕事から帰ってきたらサイコム注文したPCも届いてました。Wのおめでたでヽ(゚∀゚)ノさいこむさいこむさいこむ〜!山崎義明はヽ(゚∀゚)ノさいたまさいたまさいたま〜!

【中野】江戸川さわやか杯はじろちゃん受難の競走水面【高橋】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日のレースは3人のレーサー(しかも3人とも地元でしかも1号艇)がFコールと波乱含みでスタートしました江戸川さわやか杯は2日目の競走水面。
 第5Rではロマンスグレーが渋い魅力を放ちます嵐のマッチョマン、今節選手代表高橋二朗がスカッとさわやかコカコーラ色の3コースから果敢にスリット攻撃を仕掛けての捲り差しで先頭争いに加わりますが、+03のフライング。選手代表自らフライングをきってしまいました。しかもこれでF2のL1になってまさに満身創痍、もう浦和までは帰れない〜高橋二朗(千葉)♪

 第7Rが始まりました。スカッとさわやかな中野次郎は昨日の第8RでFを切ってしまい賞典除外ですが泣きっ面に蜂とはまさにこのこと。3コースから捲り差しを狙うも間を割れず3番手グループだった中野は1周2Mで差しを狙うも内田亜希子に接触して中野は転覆。ちなみに艇は一回転して着水したので記録上は落水です。でも艇は元通りになりましたが中野は負傷帰郷、下馬評では主役のひとりと目されました中野がまさかの事態になってしまいました。次節ソウル・ドラキリュウ、桐生のドラキリュウSGモーターボート記念に影響が出なければいいのですが。

 最終12Rでは前半第4Rイン戦失敗でBS4番手も2Mアグレッシブな旋回で2番手に上がり、激しい競り合いの末3周1Mくるりと運び大逆転成功の1着として2戦全勝の6号艇吉田稔のプロペラに浮遊物が絡まり、スピードを乗せる事が出来ずに吉田稔は責任外の出遅れとなっています。ちなみにこのレースで1着になりました伯母芳恒が3戦2勝2着1回で今のところ得点率トップです。

 ところで、明日8月8日フジテレビの日は江戸川さわやか杯3日目の競走水面ですが、同日夜の桐生さわやか杯優勝戦では、MB記念江戸川代表の齊藤仁がさいたま5人ヽ(゚∀゚)ノを従えて堂々の1号艇です。MB記念と同じ競走水面のここを勝ってMB記念に弾みをつけたいところです。

浜名湖テレしずサマーカップ優勝戦

 京都G1菊花賞の裏番組として有名な東京テレビ静岡賞と共にテレしずの冠レースとして知られるテレしずサマーカップ。1236/5/4と内4艇が深い進入になりますが外2艇は主導権奪えず、エンジンは出まくり&スタートは決まりまくりでイン10トップスタートの飯島昌弘がすんなり速攻を決め、昨年5着の2号艇柏野幸二が外を止めてのターンに出たので飯島は1Mで早くも独走となり、ボートピア岩間代表の茨城県民飯島が通算17回目の優勝
対してBS2番手混戦で、昨年5着の柏野に加えておととし3着の天野晶夫、それに5コースから差した長谷川充も加えて3艇併走。でも併走は2Mで終わり、内から回る群馬の71期3619長谷川を全速で包み込んだ71期3621天野が単独2番手になり、長谷川を差した柏野が3番手に。この結果、天野はおととしより1つ着順を上げ、柏野は昨年より2つ着順を上げました。

津ボート大賞優勝戦で津】

 津といえば緑の森、ということで森秋光も6号艇でなんとかゆうしゅ津。その森、3コースに入りつけまいをおみまいしますが自身17に対して内2艇が11と13では届かず、大外から差した室田泰史にも競り負け4着止まりでした。
 上位の動向ですが、艇界屈指の江戸川巧者作野恒の逃げを2コースから差しきった新美進司優勝し、作野が2着で愛知ワン津ー。新美進司は通算34回目の優勝でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ