ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中村有裕

FボートのMB記念はフライングゲットに始まりフライングゲットで終了

ブログネタ
競艇 に参加中!
 福岡ボートのSGモーターボート記念AKB48の新曲「フライングゲット」のフライングゲット日(フラゲ日売上102万5952枚)だった23日に初日を迎え、初日は4Rで1号艇吉田拡郎と4号艇中島孝平と5号艇川上剛(福岡県遠賀郡芦屋町)の3人がフライングゲット。


 6人全員が九州、うち5人が地元福岡支部というオール九州のお盆特選レースになった優勝戦はAmagasaKiBoatで見ましたが、展示で2号艇藤丸光一福岡支部長がインに入ったものの本番は枠なり3vs3の進入に。
 そして1号艇出畑孝典と3号艇岡崎恭裕と4号艇瓜生正義の3人が際どいスタートを切り、激しいスリット合戦の中からウリ・ボートが強つけまいを決めて先頭に立ち、捲り差した岡崎が2番手。
 しかし判定の結果出畑(+04)と岡崎(+02)がフライングゲット(返還額12億2469万100円・優勝戦残売上1億6002万7600円・最終日残総売上18億3309万5700円・節間残総売上98億260万7200円)してしまったのに対し、ウリ・ボートは00タッチスタート(ちなみにFボート2日目は3611タッチ岩崎良美来場)で生き残り、飯塚市から福岡市早良区に転居して名実共に純福岡ホームになったウリ・ボートは瓜ならマンセーで先頭ゴールインしてSGV5となる記念V11・福岡SGV2となる福岡記念V4・今年5回目・福岡10回目・通算49回目の優勝
 ちなみにギター仙人ウリ・ロートスコーピオンズ在籍時にフライングVの使い手・皇帝ルドルフ・シェンカーとコンビを組んでました。
 そのルドルフ・シェンカーの弟は同じくフライングVの使い手でギターのネ申と呼ばれギタープレイの神曲を多数生み出したマイケル・シェンカーです。

 後続は岡崎離脱で残る3人が2番手を争う形になり、差した5号艇・唯一の遠征選手峰竜太(佐賀)がやや優位に。
 そして峰竜太は差し続いた6号艇篠崎元志を2M行かせて捌き、2M差し返してきた博多藤丸を2周1Mで行かせて捌き2着を取り切り、地元ワンツーを阻止しました。

 それにしてもフライングゲットの余波が世界陸上ウサイン・ボルトにまで及んだのにはびっくりしました。 




江戸川さわやか杯優勝戦

 スカッとさわやかなJLC GOLDEN BOYS 2011キャッチアップGBインタビュアー西山貴浩が江戸川初出場だった今節は5日目の27日土曜日に元キャッチアップGBインタビュアー秋葉ミキ艇の結婚式が行われました。
 そんな福が来た先代GB出演者を祝うかのようにニッシーニャも初江戸川とは思えぬ走りを披露して江戸川初出場初優出を果たし優勝戦は3号艇。

 レースの方は1号艇谷村一哉が15トップスタートの速攻を決め、前走地徳山競艇マクール杯争奪夏男・夏女決定戦に続く今年2回目・江戸川初・通算15回目の優勝

 捲りにいったニッシーニャレッドは2番差しの5号艇岡本慎治と2番手を争い、先差し不発も内に切り返してきた2号艇高橋勲も加わって三つ巴の2番手争いになり、2Mは高橋勲が先行。
 ニッシーニャとオカモトは共に差して応戦しますが、HS内側のニッシーニャが2周1Mでオカモトに突っ張り、オカモトを突き放すものの懐ががら空きになってしまい、その展開を突いた高橋勲が差しきって逆転2着。

丸亀G3新鋭リーグ戦競走第13戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇青木玄太(滋賀100期4448)が1Mで初動を入れようとした時に4号艇沢田昭宏(大阪99期4411)と少し接触したせいもあるのか青木玄太は振り込んでしまい落水。
 
 そんなアクシデントはありましたが13トップスタートの1号艇山田康二(佐賀102期4500)は2号艇茅原悠紀(岡山99期4418)の差しを冷静に振り切り、7度目の優出にしてデビュー初優勝
 後続は1M外マイからBS内に切り返す好判断を見せた5号艇桐生順平(埼玉100期4444)が茅原ゆうきの内に潜り込んで2M先行して2着。


 さて、山田康二は同期4503上野真之介(通算V2)共々峰竜太を師匠に持ち、102期以降の選手が選考対象になる最優秀新人部門において唯一のA1選手である山田康二は勝率と賞金と1着本数で1位でしたが優勝未経験で、前日までの段階では今年V1の同期4504前田将太(通算V3)が最優秀新人最有力候補でした。
 しかし山田康二は優勝を経験した事で前田将太と同じ土俵に立ち、最優秀新人最有力候補に浮上しました。

 ちなみに芦屋新鋭王座特設サイト内コンテンツ「ニッシーニャのCATCH UP!」で山田康二のインタビューを見る事が出来ます。

児島日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 AmagasaKiBoatでも場外発売してたこじま今節。
 優勝戦は123/564の進入から2号艇大嶋一也(前日の11R準優勝戦で通算2000勝達成)が78とスタートドカ凹みしてしまい、1号艇中村有裕は14トップスタートもおおしまドカ遅れによる壁無しできゅうきゅうになってしまい、捲り差した5号艇前本泰和と6号艇井川大作(今節選手代表)に差されてしまいます。
 ですが2M、内突いてくる大作を前本が包み込んだ展開を突いて中村ゆうが差しきり、HS外から合わせてくる前本を2周1Mで振り切った中村有裕は前走地滋賀県知事杯争奪びわこカップに続く今年3回目・こじま3回目・通算33回目の優勝

 ちなみにAmagasaKiBoatで表彰式の映像は流れなかったのですが、こじま本場に行ってたなかやまふうぞ君。さんが表彰式写真を提供してくれました。
 ということで、中村有裕と表彰式プレゼンター中村格(岡山80期3879)のツーショット写真です。
中村有裕と中村格のW中村


津マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇徳増秀樹が07トップスタートを決めるも、3日目以降6連勝だった2号艇大平誉史明が差しきり、2M秀樹の外全速戦を振り切った大平は2009年12月びわこ日本モーターボート選手会会長杯争奪2009年末ファイナル以来となる通算31回目の優勝

宮島SOYSHカップ優勝戦

 大豆炭酸飲料SOYSHのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から2号艇木村光宏が11トップスタートも、16スタートの1号艇田中信一郎が伸び返して1Mを先行し、タナシンは木村光宏の差しを振り切って前走地住之江大阪ダービー摂河泉競走に続く今年4回目・通算53回目の優勝

 2番手の木村光宏に対し、差し続く6号艇芝田浩治が2M艇を伸ばして先行しますが、木村光宏が行かせて捌き2着確保。

徳山黒神杯争奪真夏の覇者決定戦優勝戦

 1953年8月28日に最初のレースが始まった徳山。
 徳山競艇開設を決断した当時の徳山市長黒神直久遠石八幡宮宮司の功績を称えた開催は開設記念日に優勝戦を迎えました。

 SGウィナーが3人優出したレースは16/2/345の進入から1号艇太田和美が押し切り、今年5回目・徳山2回目・通算55回目の優勝

 後続は5号艇吉川元浩が07トップスタートを決めて捲り差し狙うも6号艇西島義則が壁になって行き場を無くし失速、2番差しの3号艇角浜修が差し続く4号艇飯島昌弘を2M全速包んで捲りきり2番手争いで優位に立ちます。
 HSでは2M差したペリカンさんが角浜の内から迫り2周1Mを先行しますが、角浜が行かせて捌き2番手を守り、広島対決に競り勝ち2着。

笹川賞優勝は23歳の新鋭岡崎恭裕+BP横浜で中村有裕ショー

ブログネタ
競艇 に参加中!
浜名湖の笹川像 1月のG1企業杯新鋭王座決定戦に続いて浜名湖競艇場に南明奈が来たSG笹川賞
 その間わずか4ヶ月ほどの事でありましたが、浜名湖では3月23日に浜名郡新居町が湖西市と吸収合併して湖西市が単独施行から浜名湖競艇企業団に加入して施行が企業団に一本化されたり、それに合わせてかポイントサービス廃止ファンクラブ廃止無料バス岡崎路線廃止が実行されたりと大きな変動もありました。
 ですがレース名である笹川良一先生の銅像は、競艇がBOATRACEになっても健在なので安心です。


 さて、京都府乙訓郡大山崎町で西河経営・労務管理事務所を営む淺田千亜希ファンの西河豊所長が冠協賛スポンサーになった優勝戦競艇レーサーよ永遠に!記念はスタート展示の枠なりから本番では4号艇新田雄史がピット遅れて123/564の進入に。
 この隊形からイン07スタートの1号艇池田浩二がすんなり1M先行したかに見えるも、枠よりひとつ内の5コースになった6号艇岡崎恭裕が2号艇菊地孝平(今節選手代表)と5号艇山口剛との狭い艇間を割る絶妙な捲り差しを見せ、BS伸びて池田と同体に。
 そして2M岡崎は切り返してきた菊地を包んで先頭で回り、菊地を行かせて差した池田をHSで振り切り、今年3回目・浜名湖初・通算14回目にして遂にSG初優勝

 福岡94期4296岡崎恭裕といえばデビュー年度の2005年1月に江戸川一般競走で早くも優出を決め、その次節だった2005年2月7日の戸田日本モーターボート選手会会長賞を今日と同じ6号艇で捲り差しを決め、デビュー約9ヶ月にして18歳1ヶ月弱の若さで衝撃のデビュー初優勝。3号艇加藤峻二御大との45歳差ワンツーも話題になりました。
 その後は2006年12月のG1芦屋ダイヤモンドカップでG1初出場、2007年5月の住之江SG笹川賞でSG初出場、昨年のG1福岡チャンピオンカップでG1初優出を飾るも、一方では事故パンで2009年前期にB2に落ちたり、今年の浜名湖新鋭王座では10R準優勝戦でフライングに散ったり、新婚直後にSG初優出即1号艇だった平和島SG総理大臣杯ではピット遅れて2号艇山口つよしにインを取られたりと苦難の道も。
 しかし、トラウマにもなっていたという総理杯のリベンジを次のSGですぐに果たすあたり、昨日の10R準優勝戦で1着白井英治待機行動違反賞典除外による3着繰り上がりのツキがあったとはいえ、やはりデビュー1年以内に18歳で優勝した大物はモノが違いました。

 ちなみに奥さんの舞さん25歳とは初優勝記念日の2月7日に入籍し、12月に第1子が誕生予定。インを取られて負けた総理杯の帰りにタクシーから電話して励まされたのが今節への起爆剤になったそうです。
CMで共演したアッキーナとツーショットの岡崎恭裕


【横浜ゆうゆうショー】

 今日はボートピア横浜に行ってきました。発売場は笹川賞に加え多摩川スポーツニッポン賞3日目丸亀G3新鋭リーグ第7戦5日目と後述の若松を発売してました。

 BP横浜といえば2007年12月の第1回平和島ボートピア横浜開設記念優勝者が岡崎恭裕だったり、昨年12月のボートピア横浜開設2周年記念トークショーのゲストが岡崎恭裕だったりと、結構岡崎恭裕と縁があるボートピア。

 そのBP横浜に今日はびわこのゆう中村有裕が来場。ちなみに岡崎の初優出だった2005年1月の江戸川には中村ゆうすけも優出してました。
 以下はトークショーの内容を箇条書きしたものです。

バイクで琵琶湖を通ったらモーターボートの音に惹かれて一目惚れしました。
競艇学校は変な宗教団体みたいな感じでした。
びわこでデビュー初優勝(2001年7月G3企業杯キリンラガーカップ)した時に表彰式プレゼンターだったミス大津が嫁さんで、表彰式の後口説かれて今に至ってます。
好きな戦法は5コースからの捲り差し。
優出2着だった蒲郡G1オールジャパン竹島特別でピット遅れたのは予想通り。
師匠は山本光雄で、「麻雀の勝ち方とかを教わってます。」とボケをかます場面も。
自分同様よくピット出が遅れる同期笠原亮のピット離れに、今日の笹川賞8Rでも2号艇4コースになったのを見て「気持ちがわかります」と一言。
仲いいのは同期で同じ斡旋も多い笠原と中島孝平
笠原も中島も仕事の虫で、オフで会ってもほとんど仕事の話。
「亮ちゃんのレースは見てて好き」と、豪快に握って回る笠原亮のレーススタイルに尊敬の一言。


 事故を恐れぬ水の上での荒々しさと、陸の上でのほのぼのとした感じのギャップが中村ゆうすけの魅力ですね。
 ちなみに今日は4F指定席が満席だったので5F指定席に初めて入り、在席投票席に。到着が午後だったので指定席向けサイン色紙整理券はもらえませんでしたが、じゃんけん大会で中村ゆうすけのサインをゲットしました。
中村有裕トークショーinBP横浜


若松マンスリーKYOTEIカップ優勝戦

 1号艇近藤稔也に2000年5月鳴門一般競走以来10年ぶりのVが懸かった一戦は枠なり3vs3の進入から3号艇桐本康臣(三重85期4043)が04トップスタートを決め、近藤は艇を伸ばし1Mを先行するも痛恨のターンミスで流れてしまい10年ぶりのVはお流れに。
 先頭は捲り差す桐本と内でこらえる2号艇高沖健太(三重85期4049)の三重三重銀河系コンビによるマッチレースになりますが、2M内先行した高沖に対し、桐本の方は1M捲り差しから2M切り返してきた6号艇大平誉史明を行かせた分ワンテンポ遅れてしまい、ここで単独先頭に立った高沖が今年2回目・通算13回目・若松は2009年11月の前回JLC CUPに続く3回目の優勝
 2番手は2Mで桐本に対し近藤の2番差しが届いて2周1Mは近藤が先行しますが、ここで桐本が外全速で近藤を捲りきるスピードターンを披露して2着。

下関新東通信杯優勝戦

 笹川賞の表彰式やBP横浜のトークショーでも活躍する新東通信のタイトル戦はスタート展示の236145から本番1236/45の進入になり、展示4コースから本番枠を主張した1号艇長岡茂一が06トップスタートの速攻で、今年3回目・通算74回目の優勝
 差し順走の2号艇峰竜太と2番差しの3号艇古結宏による2番手争いは2Mで峰竜太が古結を全速包みつつモイチに差し迫る絶妙のターンで古結を突き放し、モイチには舳先届かなかったものの2着を取り切りました。

メリークライマックス!中村有裕(栗東)は賞金王決定戦初日2号艇

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 クリスマスイブにクライマックスを迎える住之江SG賞金王決定戦枠番が本日発表されまして、びわこ競艇場(マスコットはビナちゃん)をビナまつりにした栗東市(マスコットはクリちゃん)出身のスーパースター中村有裕は12R2号艇。賞金3位ですから通常なら11R2号艇なのでしょうが、ゆうゆう組の1号艇にして賞金2位が王者松井繁ということでレース順が賞金順と逆になりました。

 ゆうゆうの地元栗東市といえば競馬の聖地栗東トレーニングセンターで有名ですが、建設凍結問題で揺れる新幹線南びわこ駅(仮称)でも有名であります。南びわこ駅(仮称)は草津線草津-手原間に建設予定の駅で、草津線沿線客の利用が見込まれています。
その草津線の終点は三重県にある柘植駅ですが、明日のびわこJLC杯優勝戦に4号艇で登場する柘植政浩は三重県民ではなく滋賀県民です。
 ところで、栗東市の市内移動に便利なのはコミュニティバスくりちゃんバス。全線均一200円というお手頃料金も魅力です。そしてこのpdfファイルをクリっくすると作って楽しいくりちゃんバスペーパークラフトがダウンロードできるよ!

尼崎センタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走優勝戦

 今年で55回と、センタープールのレースで最も伝統ある開催は3節連続Vを目指す1号艇伊藤宏のイン逃げを2コースから2号艇中岡正彦がスパッと差しきり、前節宮島ビクトリーチャンネル杯に続く今年7回目の優勝であります。通算ではV26となる中岡の次節は12日から得意水面の平和島で東京中日スポーツ杯

 優勝戦6号艇、大外から差すもコース遠く5着に敗れた柳瀬興志。優勝はなりませんでしたが阪神沿線のセンタープールで阪神ファンの3661さんは近況の好調そのままに優出を果たしました。新横断幕が登場予定の次節多摩川内外タイムス賞(10日から)で、残り4つに迫った通算500勝と3節連続優出なるかに注目です。以上でございます。

下関日本MB選手会会長杯優勝戦

 Over40限定だった今節の締めを飾る優勝戦は野中和夫日本MB選手会長も臨席し、新兵の落合敬一42歳が1号艇を獲得。そしてイン逃げを狙う落合は2コースの瀬尾達也46歳に舳先を入れられますが、2M気合いの全速つけまいで瀬尾を引き波にはめ単独先頭。通算35回目の優勝を飾りました。
桑原淳一50歳が34と凹んだ展開を突いて4カド捲り差し狙うも舟が浮いて流れた古場輝義46歳は3番手でしたが、2Mで落合のつけまいを貰って大きく流れた瀬尾を差して2着に上がってます。

徳山JLC杯競走優勝戦

 1号艇の格上山本浩次が捲らせず差されずのイン戦で堂々押し切り通算37回目の優勝。昨年6月の下関SGグランドチャンピオン決定戦以来久々の優勝でした。
2コース順走の2号艇秋山直之が2着で2連単は300円。シリーズリーダーだった秋山にゃんですが、準優前の一般戦8Rで振込詐欺(動画)の6着に敗れたことでミスター赤ヘルと枠が入れ替わったのでした。

桐生公営ジャアナル杯優勝戦

 W準優制を採用した今節は桐生競艇2006年度昼間開催第1弾。そんな公じゃ杯は1号艇の間嶋仁志がイン17トップスタートで速攻決め今年初・通算20回目の優勝
5カドから捲った原田秀弥が大外捲り差しの尾崎鉄也を2M差しで捌いて2ゲット。

SG全日本選手権予選1位はゆうゆうよゆうの走りで中村有裕!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG全日本選手権は4日目の競走水面。昨日まで4走33点と得点率4位で上位をゆうゆう快走だった中村有裕
 そんな中村有裕、準優進出へは5着2本とよゆうの立場でしたが、SGレーサーとなり艇界の銘柄選手に成長したゆうゆうですからあくまでもがむしゃらです。まず、1号艇作間章がイン戦決めて1着になった6Rでは4カドから差して2コース順走の菊地孝平と2番手を争い、1周2Mでは外全速の菊地に対して内で慎重に回って引き波を乗り越え応戦。そして2周1Mで内から菊地を牽制することに成功して一気に突き放して2着に入り、確かな捌き技を披露。
 次いで10Rは3コース18トップスタートから絞り捲りを放ち、かかりの効いた鋭角ターンで旋回半径を小さくし、差しを許さない圧巻の走りで1着と、同レース出走メンバー中断然の旋回技術&旋回速度(動画)を披露。 
 10Rの勝利者インタビューでは「(2年前のダービーは)成績もボロボロでしたけど、あれは凄い糧になっていますね。ファンの声援が何より大きな力です。残り2日間精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。」と2年前の屈辱が原動力になってることをコメントしてます。ちなみに指定した相手への通話料が最大30%割引になるゆうゆうコールは月額189円ですが、ゆうゆうへの応援コールと元気玉はプライスレス。

 ここでちょっと話題を変えて、昨日まで予選1位だった重野哲之12R6号艇1回乗りと非常に苦しい番組に組まれましたが、大外から差した重野は3着ゴールと試練を手堅くクリア。しかし予選1位通過を果たす為には2着以上が必要で、重野は僅かの差で予選2位に陥落。激しい得点率争いを制したのはドリーム戦3着の9点が最後の最後で効いた中村有裕でした。

 ここで10R勝利者インタビューからの話題に戻りますが、エース機宝の持ち腐れにした2年前の当地SG全日本選手権以降、屈辱をバネにがむしゃらな活躍で1回りも2回りも強くなり、G1江戸川モーターボート大賞桐生SGモーターボート記念を獲得して艇界を代表するSGレーサーとなって福岡ダービーに帰ってきた中村有裕。そして力をつけた分がそのまま今回の成績となって反映されてますね。しかも予選1位に全く違和感が無いという辺りに超一流SGレーサーならではの風格を感じます。ということで準優12R1号艇のゆうゆうは優勝への最短距離にいます。おそらく準優でゆうゆうを捲れる選手は誰もいないでしょうからターン漏れさえ気を付ければ優勝戦1号艇が待ってるのです。

 ところで、コメント欄で気軽に参加できるK-BATTLEの「競艇ダービー ○○さんに全部」、ルール詳細はこちらです。奮って参加しましょう。

桐生三栄書房杯優勝戦

 競艇マクールニューモデル速報で知られる三栄書房のタイトル戦は埼玉の新鋭濱崎直矢が1号艇でデビュー初優勝を狙いましたが、戸田巧者の鎌田義が2コース04トップスタートからカマギーの握ってナンボ!ということで捲りを放って濱崎の夢を打ち砕き、通算16回目の優勝。3コースから捲り差しで続いた安田政彦が2M捌いて抜け出し2着を取りきり、第1回三栄書房杯は兵庫ワンツーになりました。

蒲郡ヤクルト杯蒲郡菊花ナイト特別3日目

 グリーンホール無料化、中継カメラアングルの変更等いろいろな変わり目となった今節、1号艇川北浩貴が逃げて1着になり準優勝負駆けを成功させた7Rに続く8Rで、準優進出へは1着条件だった深井利寿が2コース15トップスタートから冷静に引いて差して回り、イン山田豊の舳先へ送り込まれて差しが届いた深井は山田を差しきり1着となり、爽快に勝負駆け成功と共に愉快痛快な同支部ワンツーも成功させています。

 ところで、明日の準優11R1号艇で予選得点率1位の市川哲也と6号艇で18位滑り込みの志道吉和が共に出走した今日の一般特賞10R
4カドの志道が絞っていき、インのテチャーンが抵抗したところテチャーンが派手に振り込み(動画)。テチャーンはあわや転覆という状態になり、志道も煽りを受けましたがこのレースは一般レースの為、予選得点率の対象外。両名共に救われた格好になりました。

【武蔵野吸わんステークスキルトクール】

 Winnyを始めとするニッポンハム商品を食べると的中に近づきそうなG3東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスのキルトクールはタイキエニグマ。この馬のベストは府中の場合1400mと思われるので今回の1600mは苦しいとみてキルトクール。
ところで、初ダートのフサイチリシャールは自身の名前を冠した川崎G1フサイチネットJBCマイルではなく弱メンのこっちに出てきましたね。飛ぶか来るか両極端な結果になることでしょうが、少なくとも砂を恐がる気性でダート適性0が明らかだったアエローザよりは上でしょう。

 京都G2毎日放送賞スワンステークスのキルトクールはタガノバスティーユ。1200mがベストの馬で、1400mは苦しいとみてキルトクール。

【SGリレーナイター】

 今日は出張引受で朝から新習志野のティーエルロジコムで運送記を発行してましたよ。で、新習志野といえばピンとくる人もいるでしょうが、新習志野といえば先月27日にオープンしたボートピア習志野の最寄り駅ですよ。出先はBPから徒歩15分くらいのところにあるので17時半に全便出し終わったら、もちろんBPに直行しましたよ。
 着いた時には桐生と蒲郡のナイターを発売中で、蒲郡7Rから参戦しました。場内は前回行った時より明らかに人が多く、朝からいたと思われる客層に加えて、ナイター目当ての背広姿もちらほらいました。
そして前回より入ってると一番実感したのが、在席投票席茜倶楽部の個室が完売!倶楽部内はオープンルームのソファーが残ってただけでした。ということでお目当てのシングルに入れなかったので今回は一般席で。今月一杯無料開放の2Fあかねビジョンを主なポジションにして最終までいました。で、感想としては2Fは無料だったら机と簡易リクライニング椅子があっていいけど、800円払うとなると椅子がビジネスライクな作りでモニターも無く、足元も窮屈なので割高感があります。2Fは500円以下の価格なら払っていいかなという設備ですね。3Fの指定席とは大差があります。ちなみに1Fは椅子がしょぼいのと大型モニターを見上げる形になって目が疲れるので長時間の滞在には辛いという欠点があります。習志野の大型モニターは見上げるより見下ろす方が断然見やすいです。ということで改めてBP習志野のお薦めは3F茜倶楽部のシングル席(2人の時はペア席)ですね。17時以降の1500円は文句なしにお得ですし、通しの4000円でも払う価値はありです。

 ところで、今日は東京支部7選手サイン会が14時からあったようで、自分は仕事中なので行けませんでしたが中野次郎を始め、池田雷太支部長、福島勇樹王子様、野澤大二吉田宗弘福来剛梶野学志が出場予定となってました。都合による変更が無ければこの7人が来場したものと思われます。
 ちなみに土日のイベントはお母ちゃんありがとうキャンペーンです。土曜は15時から、日曜は17時から先着500名様に生活雑貨がプレゼントされます。

ゆうゆう悠々SG初ゆうしょう!

みどり市長と小切手を持ち合うゆうゆうです! 桐生SGモーターボート記念優勝戦はがむしゃらを身上とする中村有裕が運勢上昇きりゅうの流れに乗りチュウせんのめぐみで手に入れたSG初優出即1号艇の重圧に負けず、しっかり逃げてSG初優勝を果たしたのです!

ゆうゆうゆうしょう!

 レースですが、抽選で外れクジを引いた3号艇山崎智也がピット出いいも、「桐生は日本で何番目かに好きじゃないレース場」と公言する2号艇上瀧和則が地元スーパースター山崎をブロック。これにより進入はすんなりとした枠なりに。そして1Mは桐生嫌いの上瀧がスーパースター山崎を牽制したのもあったのか、山崎は捲り差しでは無くつけまいに。
そしてイン29ドカ遅れ5着大敗の2日目2Rの屈辱をバネに一層がむしゃらになった中村有裕が踏み込んでの11スタートから山崎のつけまいをゆうゆうとブロックし、上瀧の差し場もゆうゆうと塞いで先頭に立ち、今年V7にして通算22回目のVゴールがSG初優勝のゆめじつげん、そして滋賀支部としては1958年江戸川全日本選手権(江戸川SGはこれ1回きり)で競艇の神様倉田栄一を2着に従えて優勝した登録番号13番三津川要以来2人目のSG優勝を阿左美沼で実現したのです!
昨年はG1江戸川モーターボート大賞できっちりイン戦決めて山崎智也を3着に従えての記念初優勝をゆうゆう成し遂げた中村有裕、次の目標はびわこ新春滋賀県知事杯争奪戦表彰式での年頭公約通りG1をイン以外で勝つこと。先ずは平和島G1トーキョー・ベイ・カップでイン以外での優勝を狙います。ゆうゆうがむしゃらにがんばって!
涙のウイニングランを経て、競艇実況は下手だけど場を繋ぐフリートークは上手い松岡俊道アナ司会だった涙と笑顔とゆうゆうコールに包まれた表彰式の最後ではお約束の「理恵、やったぞ〜!」も飛び出し、ゲストサービス旺盛なところも見せました。

 後続ですが、大外06トップスタートから捲り差した菊地孝平が2着に入り、山崎智也が2Mぶん回しで上瀧に旋回能力の差を見せつけて3着に入り、2着3着はくしくも昨年若松SGモーターボート記念の1着2着コンビでした。
 尚、節間売上が171億9850万1300円と今年のSGで初めて170億を突破、並びに今年のSGで初めて目標額(今回は165億)を突破しました。


 自分のこの日一日ですが、草津市のとなり栗東市出身のゆうゆうにちなんだのと上州の湯は伊香保どにということで今日は車でまず伊香保温泉に行き、次いで長野原町大津交差点を通過し、ザスパ草津温泉(白旗の湯と地蔵の湯に入浴・お地蔵ターンの上瀧は戦う前から白旗)に入浴、そしてゆうゆうゲストとしては縁起を担ぐために是非寄らねばならぬと思い、前橋駅前温泉ゆ〜ゆ〜と3つの温泉に入って上州の湯〜湯〜満喫してから、湯疲れどっぷりモードで桐生競艇場にやって来ました。
前橋駅前温泉ゆ〜ゆ〜

 トルニージョさんから貰った無料券で入場した桐生では八戸からやってきたnariさんと感動の初対面、そしてmixi仲間のちるとれーどさん、職場の同僚三国さん(仮名)とご一緒しましたです。電車組(nariさんは伊勢崎、ちるとれーどさんは足利健康ランドとのことでした)とは表彰式終了後に別れて、自分は出待ち柳しましたです。
選手や関係者が車で退場する中、ゆうゆうが水神祭(滋賀支部の守田俊介を始め山崎智也や選手代表本橋克洋等群馬支部のみなさんが参加)終了後の22時頃ゲストの前にいきなり顔を出したのにはびっくりしました。当然ゆうゆうは取り囲まれまして、ゆうゆう窓口状態となりサインやら記念撮影やらで大忙しでした。優勝したゆうゆう目当てのゲストが結構いたのですが、ゲストサービス精神旺盛なゆうゆうに感動なのです。
それと、山崎智也の車が出てきた時に大トモヤコールとともに徐行運転のトモヤ車をゲストが黄色い叫びと共に追いかけたのにはびっくりしました。
出待ち写真がピンボケだったので古い写真で代用なのです。
多摩川ゅぅゅぅ記念撮影ファンの生ゆうゆうコールに応えるの図


【多摩川ダブル優勝tvkカップ】

 11R優勝戦(男子)は9月1日に35歳の誕生日を迎えたイン09トップスタートの松本勝也が逃げ切って通算20回目の優勝。イン戦失敗4着だった当地正月新春特別かどまつ賞の借りを返しました。
2着には緩急自在に2コース順走の山本寛久が入り、3着には3コース握った中尾誠が入った結果3連単123は710円。

 12R優勝戦(女子)は豪快な回り込みで5号艇鵜飼菜穂子がインに入ります。が、インが鬼門の1号艇寺田千恵にはむしろ幸いか2コース13スタートのテラッチはイン10トップスタートのウカイナホーコにアグレッシブなつけまいトップターンで先頭に立ち優勝
3コースから差した山川美由紀が2着に入り、5コース差した角ひとみが3着で3連単124は860円。

G3女子リーグみやじまレディースカップ優勝戦

 3コース11トップスタートから捲り差しを決めた岸恵子が4月の桐生G3女子リーグ群馬テレビ杯以来通算2回目の優勝
イン速攻狙いも岸恵子に差された1号艇池千夏に、大外差しの6号艇淺田千亜希が2Mで突進。これで淺田千が2番手、池が3番手でしたが、3周2Mで池がイケイケドーン!派手な突進を決めて大逆転の2着になってます。

丸亀優勝戦

 江戸川大江戸賞優出コンビ、4号艇作間章がインに入り、1号艇小坂尚哉が4カドになった一戦はさくまが小坂の捲りをブロックして逃げ切り通算13回目の優勝。3コース捲り差しから2Mぶん回しの松本浩貴が2着に入り、大江戸賞組のワンツーになっててます。

江戸川2日目

 11Rが始まりました。3号艇折下寛法が1M果敢にフルターン仕掛けようとしますが振り込みエンストの末、避けきれなかった4号艇松野京吾に接触して選手責任沈没。
 尚、1着になりましたのは逃げる長田頼宗を2コースから差しきった向達哉です。

【MB記念準優】ゆうゆう上昇きりゅう、初ゆうしゅつ即1号艇!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 みどりに囲まれた上州みどり市桐生競艇場で開催されてるSGモーターボート記念はいよいよ白熱の準優勝戦。本日は今年のSG準優日では最も多い35億2276万4700円を売り上げました。3つの準優では人機一体となった18人の精鋭陣が明日に行われる優勝戦目指して火花を散らします。まずは準優のメンバーを紹介。

準優10R
1:上瀧和則 2:今村豊 3:辻栄蔵 4:植木通彦 5:濱野谷憲吾 6:太田和美

準優11R
1:江口晃生 2:松井繁 3:市川哲也 4:中村有裕 5:田村隆信 6:白水勝也

準優12R
1:山崎智也 2:池田浩二 3:吉川元浩 4:川崎智幸 5:菊地孝平 6:秋山直之



 ではここから準優ダイジェスト。勝てば2号艇、2着で4号艇の準優10Rは16/2/345。イン上瀧のターンが流れ、2コース02トップスタート太田和美議員の差しと4カド辻ちゃんの捲り差しが入ります。BS辻ちゃんがややリードしてましたが2Mで内側の和美ちゃんが辻ちゃんにおっつけていき辻ちゃんは流れ、そこを上瀧がまとめて差し切り逆転の1着だじょー。
2番手争いですが、2周1Mは和美ちゃんが先マイしますが和美ちゃんは上瀧の引き波を踏んでバタつき、そこを辻ちゃんが差し、辻ちゃんが2着になっています。
ちなみに艇王植木は5コースからの差しが届かず4着に終わり、今年もグランドスラムはおあずけ。

 抽選のめぐみで勝てばなんと1号艇、2着で5号艇の準優11Rは枠なり3vs3。そして中村有裕気合の4カド07トップスタート!渾身の絞り捲り一閃で内3艇を飲み込み見事1着。ゆうゆうSGはつゆうしゅつはつゆうしょうにリーチがかかったのです!

ゆうゆうまくってゆうゆうまつり!

ヽ(*´∀`)ノ上州の湯〜湯〜といえばTHE SPA草津温泉、そしてゆうゆうは草津市の隣栗東市の出身。草津よいとこ一度はおいでのとなりなのです。ちなみに前橋駅前の温泉ゆ〜ゆは県庁所在地とは思えぬ程鉄分豊富な名ゆ〜ゆ〜なのです。もうこれは本場まで行ってゆうゆうコールして元気玉を与えるのです。ということで桐生へ行ってきます。
 尚、2着には大外から2コース松井と3コース市川の狭い艇間を捲り差した白水が入ってます。

 勝てば3号艇、2着で6号艇と外れクジな準優12Rは126/345。大外の菊地が08トップスタートを決めますがコース遠く、上州のみならず全国競艇ファンの圧倒的な支持を集めた邑楽力漂う聖戦士山崎智也がインから余裕で伸び返し、4カド吉川元浩の攻撃も軽くブロック、差し勢も寄せ付けない圧勝で1着
ペラ微調整して、最後はムラッシュにアドバイスもらって、今日が一番いいんじゃないですかね。特訓少し乗ったくらいですね。もうちょっと足りないなと思って、ムラッシュにアドバイス聞きました。村田君いつも一緒のときは色々教えてくれるんで、ありがたいです。」と、村田修次のアドバイスも得て足も仕上がった感じですね。
しかし2番手は大混戦。吉川に捲られる形で失速した2コースの池田以外は4艇併走。僅かに大外差しからBS最内の菊地が優勢でしたが、2Mで菊地と5コース差しからBS菊地の直外にいた川崎が握り合い、3コースイン替わり差しの秋山にゃんはこれについていけず脱落。そしてHSは外に菊地と川崎、BS外側から2M差した吉川の3艇で併走。この状態が2周BSまで続くも2周2Mで差しに構えた吉川は、5番手に上がっていた池田に突っ込まれる形で脱落。菊地と川崎の争いに絞られます。戸田SG笹川賞準優12Rに続いて○崎智○ワンツーになるのか、それとも前年覇者菊地がV2へ望みを繋げるのか。
そして2艇の争いは3周1M内から先マイの川崎がBS僅かに優勢でしたが最終3周2M。内から先マイの川崎に対して菊地は切れ味鋭く外全速つけまい。これが見事に決まり、菊地が2着争いを制しています。


 優勝戦はごらんの6選手。がむしゃらなはしりでゆうゆうゆうしょうなるか、それとも上州の貴公子邑楽バトラー山崎智也様がセンターから自在に捌くのか。目が離せません。機力上位の上瀧は旋回技術で劣るから1M圧勝の形に持ち込まない限り前付けしても頭は苦しいでしょう。他3人もあくまで脇役だから2着まででしょう。

1:ゆうゆう 2:上瀧 3:山崎智也 4:辻ちゃん 5:白水 6:菊地

 予想はK-BATTLEに投稿してます。

【併用開催の江戸川初日

 今シリーズは5日間のノンタイトルシリーズ。先制の勝ち星を狙う各メンバーがアグレッシブな走りを展開しています初日の競走は売上1億848万4400円、利用13366人ながら、見た感じ入場者数は前節大江戸賞(最終日売上2億8352万8800円、利用23792人)よりも多く見えた今日の江戸川競艇場です。ということで場内なかなかの混雑ぶりでした。

 まずは南よりの風が緩やかに吹いています第2R富田章が果敢なスリット攻撃で2コース捲りを決め先頭に立ちましたが+01のFで返還欠場。インからくるりと小回りで運んだ稲毛正剛が繰り上がりの1着となっております。

 第10Rにおいて積極的なレース運びで4カド捲りから勝利のカーブを描いて1着になった東本勝利
しかし東本は前半第6Rで3コース捲りからインの金田諭と併走も、差しに構えた2Mで2号艇中村二三男と接触(動画)し、無念の転覆を喫しています。尚、二三男及び転覆艇の上を滑るように乗り上げて外へ大きく流れた坂上毅鉄工所員(岡山在住兵庫支部)は無事完走しています。

 初日メイン江戸川選抜が始まりました。レースは1号艇荘林幸輝が逃げを決めて1着となっております。
後続ですが、05トップスタートで飛び出しての3コース捲り差しも入りきれなかった小畑実成、それに2コースの松野京吾と接触しながらも5コースから差し伸びた地元折下寛法でBS接戦も2M先マイの折下が小畑を突き放して2着。
小畑が3番手だったのですが、4号艇の金子龍介が3周目に入って猛烈な追い上げを見せて3周2Mで金龍の差しが入り、同タイムながら逆転で3着になっています。

 ちなみに自分が今シリーズ優勝者当てクイズで投票したのは1回乗りの11Rでイン07トップスタート松江秀徳相手に13スタートから果敢な4カド捲りを見せ、結果届かず2着もアグレッシブな走りが目立ったクロサギこと7点勝率B2黒崎竜也です。

【夏だ!祭りだ!江戸川Night!!】

 今日の江戸川併用場外イベント夏だ!祭りだ!江戸川Night!!は水辺のポップミュージックで涼しく!ということで桐生7R&準優10R発売中に夜の女神NOCHE DITAショー。インターネットラジオもするKAHORIとHARUの女性二人組NOCHE DITAは昨年12月24日に「I WANNA FLY(動画)」をリリース、今日はこの曲に加え、ピンクレディーのカバー「UFO」と、第二部限定でアニソン調の新曲「七色の空」を歌っています。客層と音楽性が全く噛み合ってなかったとはいえなかなかの人数が集まりました。
 明日はお笑い界の湯川浩司こと大木こだま・ひびきショー、チッチキチーでんな!
NOCHE DITAショー第一部NOCHE DITAショー第二部

 ところで、Sports@nifty競艇特集によると桐生本場では安田大サーカスショーが開催されたとのこと。写真の感じだとクロちゃんこと黒須田守BOATBoy編集長もステージで張り切ってたようですね。

 最後に私事ですが、今日は石丸電気で日本が誇る漢のHMバンドANTHEMの約2年ぶりとなる新作「IMMORTAL」を買った後、江戸川の指定席エグゼで併用発売を楽しんできました。
 ANIMETAL坂本英三兄貴やファンタスティポでMr.Traveling Manなジャニーズ系ヒットメーカー清水昭男を擁するANTHEMの新作ですが、個性の強いメンバーをまとめあげ、自らの色に染める柴田直人の統率力は今回も光っています。

【2歳重賞キルトクール】

 G3新潟2歳ステークスのキルトクールはゴールドアグリ。直訳すると黄金農業になるこの馬ですが、新馬戦の内容や血統から父タニノギムレット産駒の真打ちとは思えず、タニノギムレット産駒の重賞制覇は時期尚早とみてキルトクール。

 G3小倉2歳ステークスのキルトクールはスーザンライダーザンス。この時期の小倉はインが弱いので1枠1番の(スーザンライダー=スーザンライダー)を切ってみるザンス。

G2秩父宮妃記念はしゅんすけなかむらでゆめの地元ワンツー!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 光り輝く煌めく水面に近江びわこのツートップ、1号艇中村有裕と4号艇守田俊介を含む6名の戦士が颯爽と飛び出して参りました。節目の第50回びわこG2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯優勝戦は枠なり3vs3。3号艇・遠江はまなこの菊地孝平が10トップスタートを決め、同期の昨年覇者坪井康晴に続けとばかりに仕掛けますが、イン17スタートの中村有裕ゆうゆう抵抗で菊地の野望はゆめのもずくに。そして両者がやりあう隙を4カドから俊敏にまくり差したのが守田俊介でしゅん(^^)。
そして「ここはオレの庭じゃ!ヨソのモンには好き勝手させへんで!どっからでもかかってこんかい!」ということで中村有裕もゆうゆう2番手を確保し地元ワンツー体勢をがっちり固め、2周1Mでは豪快に外全速つけ回った中村有裕が一気に同体、感動と興奮のマッチレースに!3連単145でも2連単41でもOKだからどっちでもいいのですが気分も舟券もとにかくヽ(*´∀`*)ノ
そして、2周2M今度は差しに構えた中村有裕がターンマークに接触してマッチレースが終わり、G2秩父宮妃記念2年連続2着の中村有裕をゆうゆう従えた守田俊介がうれしいG2秩父宮妃記念初、通算では35回目となる優勝のゴールイン。

 昨年のG2秩父宮妃記念初日に行われた蝶野正洋トークショーで「面構えがいい」と、優勝候補筆頭に指名され、初日メインドリーム戦を制しながらも準優でしゅん(;_;)と涙を飲んだ守田俊介。
しかし1年前の屈辱、そしてしんしゅんにしゅん、しゅ〜ん(;_;)な新春滋賀県知事杯争奪戦初日9R先頭走ってゴール寸前しゅん、しゃん、どぼん!で転覆の屈辱、そして秩父宮妃記念がG1開設周年記念を名乗っていた1997年度山田豊に競り負けた過去の悔しさをバネに「覚醒」目覚めた覇者!
昨年と新春のリヴェンジを果たした上に地元ツートップShunsukeNakamuraフィニッシュの大団円、蝶野にマークんされた重責を1年越しでしゃんと果たしたのでしゅん(^^)
昨年秩父宮妃記念でのしゅんしゅん


徳山G3企業杯スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 昨日の売上が7833万3400円、5日目までの総売上が3億843万9800万円と、G2秩父宮妃記念との併用開催とはいえG3にしては売上が少なすぎる今節。でも開催そのものはG3にふさわしいメンバー構成で、優勝戦は白魚と黒鳥の対決となりました。魚と鳥、どっちが美味しい結果を残しますか。
そして1号艇魚谷智之がイン、2号艇鳥飼眞が2コースとなりまして、この両名が共に08スタートで他艇をリード。イン先マイから黒鳥をちぎった白魚が今年4回目、通算では34回目の優勝となり、どっちの料理ショーは魚に軍配があがりました。
魚に敗れた鳥ですが、2コース順走から2M捌いて手堅く2着を獲得、魚と鳥の美味しいワンツーとなっています。

ゆうゆうイン速攻ゆうゆう独走でセンタープール初ゆうしょう!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 山室展弘さんこそ優出なりませんでしたが、なかなか濃厚なメンバーになりました尼崎JLC杯争奪戦競走優勝戦は人気の中心1号艇中村有裕ががっちりインを取りきります。
勝負根性はとにかく満点であります。そして最も得意とするイン戦、ユースケの辞書にスタート遅れという単語はありません(動画)。そしてイン14トップスタートびしっと決めてしっかり押し切りました中村がゆうゆう独走で今年5回目にして通算20回目、そして記念すべきセンタープール初優勝であります。ゆうゆうセンプル初ゆうしょうおめでとう!
 そしてこの人の辞書にもスタート遅れの文字はないんです、恐るべきヒューマンSKS瀬尾達也が2コース22と自慢のヒューマンSKSが若干狂ったものの順走で2番手でしたが、3コースに入りました5号艇西島義則が1Mでは「じっくりと仕上げたモーター7号機、そのパワーは台風7号にも負けません。狙うはデビュー初優勝」な3号艇4コース寺嶋雄を張っての外マイで3番手につけ、2Mでは瀬尾(記念V11もSG未勝利)を差しきり逆転の2着、勝ち味に遅いですがSGV7含む記念21Vの存在感を見せました。以上でございます。

大村蛭子能収杯優勝戦

 エビちゃんのレースに備えて髪を丸めた落合敬一が安定した成績で1号艇。そしてインの落合は4カド09トップスタートから鋭く差してきた赤坂俊輔を振り切って通算34回目の優勝
赤坂俊輔ですが、5コース2番差しから2M突っ込んできた上之晃弘を行かせて2着を確保でしゅん。
表彰式では優出メンバー中最年長の自負からか、自身のことよりも桐生SGモーターボート記念大村代表赤坂俊輔のことを気に掛けてました。

桐生さわやか杯優勝戦

 当地MB記念に江戸川代表として出場するスカッとさわやかな83期3978齊藤仁がさいたま支部5人を従えて堂々1号艇だったのですが、2号艇・83期3983須藤博倫のピット出が良く、埼玉発イケメン須藤博倫がインを奪取。
1号艇でコース取られてインに入らないと結果1着でも負けと同じ」と尼崎ダイスポカップの表彰式で齊藤仁は言ってたのに。゚(゚´Д`゚)゚。
 ということで齊藤仁は2コースでいいところなく、須藤を差しきるどころか流れてしまったへなちょこ差しで結局4着。MB記念に優勝で弾みをつけるはずが大いなる不安を抱かせる事になってしまいました。
 優勝したさいたまの元気でさわやかなイケメン須藤博倫はこれで通算20V。さいたま支部の層の厚さもあってMB記念には推薦されませんでしたが、須藤元気なイケメンなので戸田SG笹川賞ファン投票8位の実績があるさいたまの人気者。尚、2着には大外からさわやかに差した一柳和孝が入っています。

戸田日本財団会長賞優勝戦

 桐生さわやか杯は齊藤仁を除く5人が埼玉支部でまさにさいたまつりでしたが、こちら戸田は4人が東京支部。そしてゴールデンスポットの1号艇高橋勲(神奈川在住東京支部)がイン戦押し切り、整備規定違反で欠場した尼崎一般競走の汚名を返上する通算44回目の優勝、今年2度目で戸田も2度目のVです。
 3コース矢後剛(東京)と4カド松本浩貴(埼玉)が喧嘩する展開を突いて唯一の東海人今泉和則が5コースから差して2番手につけましたが、2Mで今泉は大外差しで追いかけてきた6号艇山崎聖司(千葉在住東京支部)の突進を貰い、2コース順走から2M外を回した山田竜一(東京)に逆転されてしまいました。そして今泉は追い上げてきた矢後ちゃんに迫られ、遂に今泉は3周1Mでキャビり力尽き、矢後ちゃんと山崎に競り負け5着敗退。これにより上位4艇全て東京支部となりました。

児島ボートピア松江開設6周年記念競走優勝戦

 ボートピア松江の開設周年記念を優勝したのは1999年蒲郡SG笹川賞を含む記念11Vの実績を誇る1号艇濱村芳宏。イン19トップスタートからの速攻戦で堂々の横綱相撲でした。これで濱村♂は通算49V、区切りの50Vまであとひとつです。
 2コース順走の川北浩貴と3コース握った沖島広和で2着争いは激しくなりまして、2Mでは沖島が差しで優勢になりますが2周1Mではカーキタしゃんが差し返して一転カーキタしゃん優勢に。そして2周2Mでカーキタしゃんが内から先制して勝負を付けました。

江戸川さわやか杯3日目

 桐生の同名開催は今夜で終わりましたが、エキサイティングなレースをお楽しみ頂いております江戸川競艇の6日間シリーズは折り返し点となる3日目。本日は手堅いハンドルワークで初日江戸川選抜を制した一瀬明がなかなかいいところを見せました。1号艇の前半第5Rは順当にイン逃げで1着でしたが、圧巻だったのは6号艇の第9R。大外19スタートの一瀬はイン16スタート山本兼士に果敢な強つけまい。これが見事決まって本日連勝となる1着ゴールです。
 第5Rの話に戻りますが、「まさにカナダ産メイプルシロップ。美味しい配当も提供しております(動画金田幸子は第5R3コース差し不発5着、4カドの11Rでは伯母芳恒の5コース捲りに抵抗しますが捲られて6着とゴンロク、甘くない結果に終わりました。

 ところで、高橋勲と共に整備規定違反(お互いのプロペラを交換して試運転)で尼崎最終日を欠場した多羅尾達之、本日は第8Rが4カド、12Rが3コース、共に捲り差しの構えからBPクラブのA1選手相手に2着2本となかなかの走りでしたが、シリーズオール3連対なものの1着がまだありません。早くシリーズ初1着を獲得して戸田で優勝した高橋勲に触発されて欲しいところです。

多摩川日本財団会長賞を制した捲り差しの名手にアクシデント

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 日本一の静水面で連日一進一退の攻防が相次いでいます海の日記念多摩川G1ウェイキーカップは開催の折り返しとなる3日目。
 4月の多摩川日本財団会長賞を豪快な大外01タッチスタートからの捲り差しで制し、今シリーズも主役のひとりと目されております艇界のネオ・ヒーロー中村有裕、2日目の6Rではこの日本財団会長杯を彷彿させる大外捲り差しを放ち、5コース捲りで展開を作った中村獅童似の赤岩善生を引き連れてシリーズ初の1着になり、当地連覇に向けて確かな足がかりを掴みました。
 そんなゆうゆう、今日は7Rに登場し、4号艇5コースから10のトップスタートを放ち狭い艇間を割っての鮮やかな捲り差しでゆうゆう突き抜け1着と昨日に続いての捲り差しで連勝。そしてゆうゆうコールとモンスターコールが聞こえる公開勝利者インタビュー(動画)では同席した野中和夫選手会長から祝福の言葉(おめでとう、ピンピンですね。まあ、有裕くんはびわこ走ったらこういうレース上手なんでね、なかなかびわこゆうレース場は難しいですけども、ここやったら簡単でしょ。今のレースは。)を貰い、捲り差しの技術も絶賛されたのですが今日は7R1回乗りではなく11Rにも乗艇してたゆうゆう。
 3号艇のゆうゆうは蒲郡G1オールジャパン竹島特別準優10Rでイン戦でのヘタレぶりを印象づけた1号艇イン原田幸哉をちょっと早いタイミングで3コースから鮮烈に捲りきり、4カド2段捲りの辻栄蔵を引き連れて先頭に立ちましたがここでお知らせです。+03のFで返還欠場になり戦列を離れてしまいました。4月みたいにスタート判定中をタッチスタートで免れるわけにはいかなかったです(;_;)。

 れんしょうでみえかけていたゆうゆうたまがわれんぞくゆうしょうはまぼろしになってしまいました。17にちはしたのしゃしんみたいになるはずだったんですけどゆめのもずくにしずんでしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。
ゅぅゅぅに抱きつくウェイキーくん多摩川ゅぅゅぅ記念撮影
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ