ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

三国競艇

石田政吾が今年V8と通算1000勝をWでツモりました。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「不動の人気を集め、またその期待に応え、揺るぎなく1枠で勝ち上がった地元石田政吾。この驚異となった追加選手に、あの手この手、どんな攻防仕掛けるのか(動画)。」と、小林大輔斡旋辞退による追加斡旋の機会を生かして
 「昨日までで通算999勝をマークと大台にリーチ。地元で1000勝を飾る運命に導かれたように絶好のタイミング。そしてリズムで堂々登場です。」と、4日間決戦の2日目8R6号艇2着以外は全て1着とたいへんよくガンバリマシテ優勝と1000勝のWリーチをかけた石川県石川郡野々市町出身の石田政吾が1号艇に陣取ったのは三国しもつき第1戦優勝戦。インから123/465の順で優勝戦のスタートがきられました。石田政吾が2号艇山口浩司(佐賀県)の差しを寄せ付けずにきれいに逃げ切りまして
 「勢いよくVゴールへとまっしぐらです。地元の期待を一身に浴びて1号艇の石田。丸亀に続いての優勝で今年はV戦8勝目。シリーズ7戦6勝。オール2連対と勝ち星量産の白星ハンターはこの通算46度目の優勝ゴールで華々しく区切りの1000勝もつかみそうです。」ということで、前走地丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯に続く今年8回目・通算46回目となる準パーフェクト優勝のゴールインは通算1000勝達成のメモリアルゴールです。72期生として1993年5月のデビューから、2001年尼崎SGオーシャンカップ優勝などたいへんよくガンバリマシタ石田政吾に対してレース後には1000勝達成記念の水神祭が行われました。

 後続ですが、愛知3人を相手に戦った山口浩司は差し伸びてきた5号艇鈴木勝博(常滑地区スター)を2M行かせて捌き、HSでは外握ってきた三国街道代表の4号艇久田敏之(群馬)を牽制しつつ、2周1Mでは内突いてきた6号艇作野恒(愛知)と切り返してきた鈴木勝博を行かせて差しきり2着確保のゴールイン。

若松オロナミンCカップ優勝戦

 終日追い風で11Rまでイン逃げ0本(一覧)というイン受難の水面で1号艇吉川元浩は枠なり3vs3のイン戦も、一番遅い18スタート。ですが、来期適用勝率1位&年間優勝回数1位&賞金王決定戦ほぼ当確の実力はイン受難水面もスタート遅れも問題なし。元気ハツラツに伸び返しての逃げ圧勝で今年は前走地住之江日刊スポーツ杯争奪ブルースターカップゴールデンレースに続くV10・若松は2004年G1全日本覇者決定戦を含むV3・通算35回目の優勝。差し順走の2号艇倉谷和信が2M→2周1Mと元気ハツラツに握って2着確保。

新機新艇、そしてポイントカードも登場の三国競艇今年度初開催。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 また、桜の季節が巡ってきました。新年度の始まりです。朝方の冷たい雨で蕾はギュッと閉じた感じですが、三国プール集結42名のメンバーはパワー全開の時を待っております。今日からのショートシリーズうづき第1戦、このメンバーにご期待下さい。また場外発売はG1びわこ大賞を今日から併用して8日まで行います。あちらもこちらもと忙しさ2倍ですがお楽しみも2倍と夢膨らませてお過ごし下さい。それでは三国競艇うづき第1戦初日予選カードオープニングおはよう特賞第1Rの開始です(動画)。インコースから123/456の順です。スタート3秒前です。1秒前、スタートいたしました。3号艇大塚浩二が08トップスタートを放つも1号艇平岡重典が大塚をブロックして先回り成功。平岡は5号艇鈴木敏裕を叩いて差した6号艇下河誉史に迫られるも締めて2Mを先に回りトップでゴールイン。
 2M平岡に締められた下河みくにで流れ、2M内に潜り込んだ2号艇村外等と2M差した4号艇金子勝利に入られ、HSで2番手は三者三つ巴に。2周1M差した下河が一旦抜け出すも、2周2Mで下河が村外におっつけられてしまい、そこを差した金子が2番手争いに勝利。

 新しいモーターに、新しいボート。手探りで勝ち上がりを目指す戦いは今日から4日間うづき第1戦です。進める予選初日のカード第4Rを迎えました。インコースから162/453の順です。1秒前、スタートしました。1号艇金澤一洋は4号艇三好一の捲りも6号艇関忠志の差しも振りきりトップでゴールイン。そして2M外を回った三好は流れたのに対し内をしっかり回ったセキチューが2着でゴールイン。金澤といえばカレーのチャンピオンが高田馬場に出店しました。高田馬場には王者松井をリスペクトする事でお馴染みゴーゴーカレーが先に出店しており、金澤カレーバトルが勃発しております。

 急に雨が降り出したり、現在は穏やかな陽射しが差し込んだりと予選初日の攻防を進めています。迎えました水上はこれより第5Rの開始です。インから1234/65の順です、スタートしました。おは特の2着争いに勝利した3号艇金子勝利は勢いに乗ってここも捲りを決め、勝利のカーブを描ききって先頭に。金子の内で差しを入れた2号艇今井貴士が2M内を巧く回って金子に並びますが、2周1M内から先回りの今井を差した金子が2周2M先行で今井を振りきりトップでゴールイン。

 うづき第1戦、迎えました初日ラストの水上はシリーズ主力の6選手でこれより三国選抜第12Rです。進入隊形が整いましてインコースから132/456の順です。1秒前、スタートしました。1号艇大嶋一也が逃げ態勢も4号艇野長瀬正孝の差しが届き、のながせトップでゴールイン。大嶋は2番手でしたが、1M差しで3番手航走ので6号艇井口佳典が2周1M大嶋を捲って同体に持ち込み、2周2Mもスピード戦で挑む井口がここで大嶋を捲りきって逆転2着のゴールイン。
 ちなみに三国選抜3号艇は地元齊藤寛人(6着)。そして併用のG1びわこ大賞には「おはようございます。最近日本で物騒な事件が多いんで家庭や会社でみんなでコミュニケーションとっていい日本にしましょう(動画)。」と選手紹介で語った齊藤仁が出場中ですが、Tokyo bay piratesの齊藤仁は今節から福岡県民(支部は東京)になりました。北は北海道から南は福岡まで拡大するベイパの勢力図なのです。


 うづき第1戦に心がうずきます初日はこんな感じで進みましたが、ここで三国競艇本場客向けの新サービス三国競艇ポイントカードの紹介。紹介先のリンクでポイントの照会もできます。場内「1号館案内所」で申し込めるカードは来場毎にポイントが貯まり、ポイントの内訳は場外及び外向前売が1ポイント、○つき第○戦が2ポイント、タイトル戦が3ポイント、G3が5ポイント、G1が10ポイント、SGが20ポイントとなっています。SGポイントが設定されたということは1998年SGオーシャンカップ以来のSG開催立候補を狙ってると見てよさそうですね。更に加算ポイントとして指定席入場の際は入場ポイントに5ポイント、節間皆勤賞として10ポイントが加算されます。江戸川もそうですが、無料ポイントカードは加入の敷居が低いので毎日行ける客層の加入率が高いのです。そしてポイント還元は現金還元に対応しており、100ポイントの500円から1500ポイントの10000円まで7段階の設定があり、グッズ還元も100ポイントのペアシート招待券から設定があります。従来現金還元だった江戸川のポイントカードが2007年度から場内利用券や指定席券になってしまったので、還元に対応してるというのはうらやましいですね。ちなみに三国競艇ポイントカードのポイント有効期限は1年間です。

唐津一般競走3日目

 穏やかな競走水面、登場しました予選特選第11Rのメンバーです。1号艇石渡鉄兵、2号艇荻野裕介、3号艇坂元真一63.9kg、4号艇石川正美、5号艇寺島和典66.3kg、6号艇原豊土、以上6名の対戦です。進入隊形4vs2と分かれました。インコースから1234、アウト65の並びです。スタートまで2秒、1秒、スタートしました第11R。1号艇の石渡が23トップスタートが速攻押し切り人気に応え1着。後続は6号艇の原が36と凹んだ坂元を叩いての差しで2番手、差し順走の2号艇荻野と坂元を叩いて差した4号艇石川正美が原を追いかける展開に。2Mで荻野は切り返して内に潜り込み原の懐飛び込む事に成功したのに対し、ナイスなベテラン石川正美は外果敢に握るも大きく流れ脱落です。そして舳先をねじ込んだ荻野が2周1Mオギノ式の先マイで原を引き離し逆転2着。
 で、本題の寺島と坂元のヘビー級対決ですがスタート凹んだ坂元はダッシュ3艇全てに捲られ最下位。大外進入の寺島は坂元を捲り切って直接対決に勝利するも残りの4艇を差すことはできず5番手。2M愛知のまさ美が流れた内を回っての4着が精一杯でした。ちなみに最近自分の体重が寺島超えを果たしたので、これを機に本日は横浜逓信病院で人間ドックを受診。

 ちなみに昨日まで2勝を挙げていた坂元真一63.9kgは本日前半の3Rで5号艇5コースから捲り差しでダンディ捲りの2号艇坂野泰章に迫り、突き抜けんとする勢いでしたが直後に北東4mのBS向かい風に煽られ転覆(動画)。これが祟って明日の準優進出戦に駒を進める事が出来ませんでした。

【松田祐季初優出】菊の季節に三国かんなづき第2戦は準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 かんなづき第2戦、4日目を迎えました今日の終盤カードには予選を勝ち上がり次なるはファイナルに繋ぐ攻防、準優勝戦が2本組まれています。どうぞご期待くださいませ☆また本日からG1宮島チャンピオンカップの併用発売を行います。お楽しみが膨らむ三国競艇で今日も1日ごゆっくりお楽しみ下さいませ☆それでは三国プールのオープニングカードおはよう特賞第1Rです(動画)。今節V候補に推されて参戦も予選は敗退。1号艇今村暢孝が期待に応えリズムアップを図れるかという事に関心が集まりました一戦はインから132/654の順です、スタートしました。SG常連の今村は15トップスタートを打ってきた2号艇児玉旭の捲りを飛ばしに行った分懐が開き、捲り差して来た6号艇小林基樹に並ばれて2M先行を許してしまい、今村は全速戦で食らいつこうとするも届かず、まさかの2着でゴールイン。トップでゴールインした85期4041小林基樹は来期A2昇級濃厚で9月9日には福岡ペラ坊ショップオープン1周年記念レースで初優勝を飾った山口の銀河系成長株。ここは人気対抗に推されてまして1-6だと2連単2倍前後の大本命オッズでしたが、6-1になって2連単5番人気の1610円です。

 風あり、雨もありましたがコンディション問わずの予選突破者12名を迎えて、これよりかんなづき第2戦準優勝戦の開始です。先ずは1つ目第11R。インコースから1234/56の順です。1秒前、スタートいたしました。08トップスタートを決めた1号艇渡辺浩司はサイドがかからず流れてしまい、2号艇間嶋仁志と4号艇松田祐季の差しを許してしまいます。そして間嶋が渡辺浩司を牽制する間にするするっとEE JUMPな手応えで差し伸びた松田ユウキが2Mを先制してトップでゴールイン。地元98期の松田祐季、工事用金属ケーブルを盗んだ容疑で後藤祐樹(江戸川区東瑞江)がおっととっとサツだぜで逮捕された当日にデビュー初優出を決め、まさに「良いユウキ悪いユウキ」な1日となりました。
 後続は6号艇加藤知弘が1M差しから2M内を突いて先行も、これを行かせた間嶋が捌ききって2着でゴールイン。間嶋に牽制されて2M仕掛け遅れた渡辺浩司は差し届かず2周1M加藤に締められて先行を許し4番手に後退。2周2Mの突っ込みも加藤に捌かれてしまいますが、3周1Mでの突っ込みには成功して加藤とのラップに持ち込みます。しかし、3周2M内の利で先行した加藤を捕らえきれず4着敗退。予選2位の渡辺浩司は準優で消えてしまいました。

 残り3つの席を狙って2つ目の準優勝戦は第12Rです。インコースから123/465の順です、スタートいたしました。堂々の得点トップで1号艇を手にした白石健がここも堂々と逃げトップでゴールイン。
 後続は順走の2号艇赤峰和也が2番手、2番差しの4号艇尾形栄治が3番手。2Mで尾形が赤峰の内に潜り込んで併せにかかりますが、これをうまくふりほどいた赤峰が2着でゴールイン。3番手の尾形は2周1Mで突っ込んできた3号艇都築正治をかわした際に後続との差を詰められ、2周2Mでは6号艇川添英正の突っ込みを差してかわしたものの、3周1Mで内の都築を締めて回ろうとしたら流れてしまい、ここで差してきた川添に舳先を掛けられます。そして3周2Mで尾形は先に回った川添を差し返しに行くも届かず、逆転成功の川添が3着でゴールイン。


 お楽しみの優勝戦枠番です。

1:しらけん 2:松田ユウキ 3:間嶋 4:赤峰 5:川添 6:加藤

 風立ちぬ今は秋色、地元98期松田ユウキがデビュー初優出即初優勝セイコーとなりますでしょうか。しらけんは強力ですが、134526の想定進入でカドを取れればチャンスはあるかなと。

江戸川ナイタイスポーツ杯3日目

 今日もアグレッシブなレースが大いに期待されています水面上、ファンファーレが鳴り渡りました。第2Rの開始であります。02トップスタートの1号艇田中寛は2号艇大塚浩二に差され舳先をねじ込まれるも、強引に締め込んで2Mを先に回り1着となりましたが、捲り差しで3番手を追走した4号艇の70期東京支部坂本徳克(福島)にアクシデント。2Mで坂本は3号艇小島寿人に突っ込まれる形で転覆(動画)。5号艇神山義雄(今シリーズ選手代表)も巻き込まれて、栃木のコジマと神山は完走こそしたものの大きく遅れをとってしまい、事故艇の内を突いて難を逃れた6号艇新名文博が3着となっております。

 多彩な攻め技の応酬が相次いでいます今日の競走水面。ファンファーレが鳴り渡りました。第5Rを迎えております。チルトを+2度に跳ね上げた3号艇青木義一が1号艇大外進入だった2日目第10Rに続いて大外に出て、並びの方は124/563。この隊形から1号艇廣中良一が抜け出し、捲った6号艇別府正幸と捲り差した青木で2番手争い。2Mは内の青木が先制も、なかなか今節はいい走りを見せている別府正幸が青木を差しきって単独2番手に。更に別府正幸は2周1M鋭いコーナーワークで廣中の内に潜り込み、BSぐーっと伸びて2周2Mを先取り。廣中は差してくらいつくも、伸びで勝る別府正幸が廣中を締めて3周1Mを先に回り、粘る廣中を振りきって1着ゴール。

 11Rが始まりました。逃げる1号艇荒金順に対し、2号艇出本正博と3号艇妹尾忠幸が差しで追いかけ、妹尾と荒金の岡山コンビに挟まれた広島の出本は艇を外に持ち出しますが、「お〜っと転覆があります。」ということでバランスを崩し転覆です。
 が、転覆した出本よりも危なっかしかったのは1M外マイで4番手だった4号艇藤田靖弘でして、2M入口でバランスを崩しあわや落水のピンチ(動画)。藤田は何とか立て直しましたという内容でしたが、これにより6号艇廣中が藤田を避けつつ転覆艇の外を回るロスを受け、5号艇福来剛は回り直すロスを受けた為に、藤田はちゃっかり3着に入っています。尚、1着は2M荒金とラップターンも内の利でHS荒金を突き放した妹尾です。

【G1宮島チャンピオンカップ3日目】

 スタート展示は125634だった12R。しかし本番では5号艇西田靖が一気に動いて本人曰く「イヤ〜なオヤジっぷりを発揮して(動画」イン奪取に成功し進入は5/12/346。コース取られたシリーズリーダーの1号艇正木聖賢選手が外をブロックしての外マイ戦法をとった西田は深インをものともせずに捲らせず差させずの逃げで1着。これで予選得点率も正木選手の9.20に次ぐ9.00で第2位につけました。日曜日からは江戸川競艇場での併用場外も始まってますますヒートアップしそうな宮チャンです。

【菊花の如く】

 京都G1菊花賞のキルトクールはG1東京優駿に続いて負債地方王ことフサイチホウオー。今回は前売5番人気と幾らか人気が下がりましたが、母系の血統や気性から明らかに2000mが距離適性の上限と思われるこの馬には5番人気でも過剰人気。よって今回もキルトクール。
 ちなみに自分の◎は2600mでの勝ち星があるデュオトーン、○は古馬相手のG2京都大賞典3着が光るアルナスライン松元茂樹厩舎)、▲は2600mでの勝ち星があるホクトスルタンです。
 さあ、松元茂樹調教師は1日の三国菊花賞準優12Rで予選1位の1号艇ながら4着に敗れて菊花賞制覇を逃した息子松元弥佑紀の無念を晴らせるか!?

 ところで、菊花の如くといえば23日から始まる住之江G1高松宮記念特別競走。今のところは27日住之江、28日府中市と27日府中市、28日住之江のどちらかで考えています。29日の年休が確定したら後者の線が濃くなります。
菊花の如く。第35回高松宮記念特別競走

【水上の侍濱野谷憲吾】MB記念壮行会in平和島【八重歯王子齊藤仁】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明後日から始まる蒲郡SGモーターボート記念の前検前日である今日、8390人を集めた東京ベイ平和島競艇場で歴代東京ダービー王コンビである濱野谷憲吾齊藤仁のMB記念壮行会が。
 昨夜のJLCニュースを見て平和島行きを決めた今日の自分は、11時20分に起きて先ず三国三レース(後述)を電投購入し、次いで江戸川競艇場に車で立ち寄り前売舟券を買って深川丼500円を食べて第1Rを見てという行為を前売専用駐車場制限時間30分の中でこなし、12時20分に江戸川を出発。そして一般道ルートで13時10分に平和島到着。到着して入口で早速まっちゃんさんと会ったのです。なかなかの混雑だったイベント広場ではSPLASHのお2人さんやァチコさんに会ったのです。本日はありがとうございました。
水上の侍

 三部に分かれた壮行会の内容は第一部がMB記念に関するトーク、第二部がプライベートに関するトーク及び寄せ書きにちなんだトーク、第三部が倶楽部☆HEIWAJIMA部員50名及びボール投げ獲得者20名を対象にした握手会でした。ここでトークの中から印象的なものをいくつか羅列。

齊藤仁へのメッセージ「八重歯王子」「差し捲れ」
Tokyo bay piratesの写真に関して齊藤仁の一言「コンピュータグラフィックの力はすごい。」
「ファンのカメラが濱野谷さんばかり向いてるので嫉妬してます。」
MB記念に向けて齊藤仁の意気込み「沈没しそうなくらいお金を持って帰ります。」


 なんにしても水上の侍六人衆のひとりにして2006年蒲郡G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯覇者のカレー王濱野谷、東京支部MB記念出場選手中唯一F無しなので優勝すれば平和島SG全日本選手権の出場権が手に入る齊藤仁は今回出場する東京支部選手の中でも特に期待しています。蒲郡でもじんじんしびれる走りを!
MB記念壮行会第一部MB記念壮行会第二部MB記念壮行会第三部


【ベイ吉アナ不在の平和島夕刊フジ杯最終日

 福井支部にとって特別な日になった本日の優勝戦はイン11トップスタートの1号艇君島秀三が4カド12スタートの4号艇山田竜一を飛ばしに行った展開を冷静に見据えて2コース差しを決めたシリーズリーダーの2号艇中島孝平が人気に応えて平和島初、通算では7月の三国G1モーターボート大賞を含む17回目の優勝。優勝賞金84万2000円の他に夕刊フジから副賞として高級デジタルカメラが贈呈されております。
 5コースから捲り差した5号艇金子貴志と3コース2番差しの3号艇土屋太朗でBS2番手併走も、2Mアウト握った金子がタロウを突き放して福井ワンツー完成。

 福井支部といえば、2Rで6号艇岩口留男がカド受け4コースから見事なつけまい(動画)を決めてあんちゃんに捧げる1着をもぎ取った事が特筆ものです。
 特別な日に1着を獲った岩口留男、後半7Rは3号艇2コースから前半同様に捲り。しかし流れてしまい捲りきれずに2番手追走。そして2周1Mのアウト全速が流れた上に出口でバタついてしまい順位を下げ3着でした。しかし、攻めの姿勢はありがとう"あんちゃん"の心意気を強く感じましたね。

三国日本財団後援九頭龍賞最終日

 5日間決戦のフィナーレを飾る優勝戦は123/465の進入から4号艇森秋光が捲った展開を突いてヒロリンと捲り差しを決めた6号艇須藤博倫が通算24回目の優勝と優勝賞金95万円をパクリンと頂き。1M差した3号艇大場敏が2M→2周1Mと捌ききり2着でゴールイン。
 優勝した須藤は準優11R4着でしたが、2着の柴田光が待機行動違反で賞典除外になったことに伴う繰り上がり優出でした。

 2004年9月10日の鳴門日刊スポーツ杯競走3日目8R妨害失格による左大腿骨粉砕骨折という大怪我から約3年ぶりの復帰を果たすと共に今節限りでの引退を表明した12期1670岩口昭三65歳が3R1号艇で遂にラストレース。ここは逃げの態勢を作りきって通算2492勝目を挙げたいところでしたが、19スタートの岩口昭三に対し5カド18トップスタートの3号艇浜田博(89期4141)が空気を引き裂くつけまい攻撃。トップでゴールインしたのは浜田になってしまいましたが、ラストランの岩口昭三は2M捌いての3着で見せ場を作りました。レース直後にピットでは花束贈呈があり、水上では4R発売中に引退記念の公開水神祭が行われました。齊藤寛人を筆頭に竹腰正樹平瀬城啓の地元勢、それに親交の厚い北川幸典が公開水神祭に参加しています。

 1990年平和島SG総理大臣杯を含む記念V10、現三国競艇場こけらおとし開催を含む通算優勝回数91回を数える岩口昭三のあんちゃんありがとう引退セレモニーは、前半ラストカードの第6R動画)と水上は後半戦に入ります第7R動画)の間に行われ、野中和夫選手会長と武田光史も出席。1968年まで九頭竜川河口にあった旧三国競艇場時代からの選手生活44年8ヶ月、おつかれさまでした。

多摩川東京中日スポーツ賞優勝戦

 2日目4Rで通算1500勝を挙げた桑原淳一TMRリーダーも6号艇で優出した優勝戦は142/356の進入から2号艇平尾崇典が絞り捲りを決めて今年4回目、通算34回目の優勝
 後続は捲り差しで続いた3号艇桐本康臣が2番手で同じく捲り差しの5号艇清水攻二が3番手で、平目に捲られた1号艇吉田俊彦は4番手。2Mで清水が差しで桐本を捕らえ2周1M清水先行態勢も、ここで外全速の吉田が一気の捲りで4番手からの大逆転2着になりました。

宮島立秋賞優勝戦

 スタート展示の134625から本番は136/245の進入になり、4カド09トップスタートを放った2号艇滝沢芳行が一気の捲りを決めて人気に応え通算47回目の優勝。デビュー初優勝ならなかった1号艇齊藤優(93期)ですが、冷静に残して2着に踏ん張りました。
 タッキーが今回引き当てたエース機69号機は前節スポニチ杯広島ダービーでも王者岩井繁が優出6号艇3着の活躍を見せたモーターなのです。

福岡アサヒ飲料十六茶杯優勝戦

 オイシーとヘルシーのグッドバランスな十六茶を飲んで元気になろう。そんな開催の優勝戦は2コース捲りを元気に決めた2号艇大西源喜が福岡2回目、7月31日江戸川東京スポーツ杯以来となる今年3回目、通算では13回目の優勝を通算700勝で飾りました。F休み中も逸子さん、僕が主夫します!競艇のグレートマザーに恋しての宣伝で大忙しだったグレートマザーの4号艇日高逸子がカド受け4コースからの差しで2着に入り、さすがのところを見せています。

桐生群馬テレビ杯争奪G3女子リーグ戦優勝戦

 ピット鋭発の3号艇武藤綾子がインを奪う勢いも、1号艇横西奏恵が強引に回り込んで進入は132/456。で、横ちんが29の逆噴射をやらかす展開にも恵まれたものの、甘えを許さない無糖の2コース先捲りを見せた武藤が2001年7月唐津G3女子リーグ戦以来約6年1ヶ月ぶりとなる通算3回目の優勝
 この優勝戦は4号艇三浦永理がカドから06トップスタートでしたが、その三浦をブロックしての捲り差しを見せた2号艇濱村美鹿子が2着でした。

江戸川日刊スポーツ杯5日目

 11Rが始まりました。優出圏外の3号艇毒島誠がブスっと捲り差しで1着になったレースは前日得点率7位タイ7.17の1号艇鈴木茂高は2番手航走も2周1Mで4号艇遠藤晃司(今シリーズ選手代表)に突進されてずるずるっと4番手まで後退、挙げ句の果てに2周2Mで転覆し優出争いから脱落です。

 明日の優勝戦進出を懸けての最後のレース12Rには前日得点率7位タイ7.17の2号艇須田秀一と前日得点率6位7.50の5号艇坂元真一63.6kgがいましたが、前半第7R4着の須田は3着争いに競り負けここも4着、前半第5R6着の坂元はここも6着に敗れて共に脱落です。


 優勝戦のベスト6強です。

1:遠藤晃司 2:白井友晴 3:汐崎正則 4:森永淳 5:森脇徹 6:柳瀬興志

 坂元・須田・鈴木が脱落した事により、前日得点率6.83で9位だった3661さんが5号艇1回乗りの11Rを3着にまとめて逆転優出を果たしました。

【今年はオール東京】江戸川お盆の風物詩、大江戸賞の斡旋確定

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 8月9日木曜日から8月14日火曜日まで開催される江戸川競艇のお盆レース、第30回目となる大江戸賞の出場予定選手が発表されました。昨年は他支部からの参戦もありましたが、今年は一昨年以来のオール東京支部開催です。
 A1選手は登録番号順に熊谷直樹三角哲男山田竜一野澤大二濱野谷憲吾山谷央石渡鉄兵阿波勝哉飯山泰中野次郎福島勇樹の11人。
 A1以外の主な選手は桑原淳一TMRリーダー&江戸川地区スター桑原将光の親子コンビに、是政の人気者長岡茂一、艇界の牛若丸伯母芳恒池田雷太東京支部長、内山文典前東京支部長、前江戸川地区スター小澤学、アワカツと同じ79期から多羅尾達之尾形栄治松浦博人といった辺りが斡旋されています。

 来年度は開催が無い江戸川競艇、護岸工事前最後の大江戸賞なだけあって昨年を上回る豪華メンバーが斡旋されました。まさにハッピーなサマーですね。ついでに、戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯平和島デイリースポーツサマーカップ(共に8月11日〜16日)と多摩川大郷葉月杯(8月14日〜19日)の斡旋メンバーも発表されています。

三国ふみづき第1戦2日目

 ふみづき第1戦、4日間シリーズは早くも予選ファイナルの水上です。今日2日目の戦いは明日のカニ坊準優12の席目指しての攻防に、どうぞご期待下さいませ。尚、本日もナイターレースG1住之江ダイヤモンドカップ競走と合わせてお楽しみは2倍です。最後まで1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それでは三国プールのオープニングはおはよう特賞第1R動画)。
 早々に1コースに入ったのはスタート展示と同様4号艇の沖本健二(通算56優出0優勝)。人気の1号艇佐竹恒彦はやや離れた2コースから。インから415/236の順でスタートしました。2コース10のトップスタート決めた佐竹が人気対抗格の沖本をあっさり捲ってトップでゴールイン。得点率トップになった佐竹は明日のカニ坊準優12R1号艇になりました。
 捲られた沖本は5着に敗れ、5コースから捲り差した3号艇は98期新鋭森下祐丞が2着に入り、3コースから差した5号艇は艇界のマイトガイ小林旭62歳が3着に入った結果、2連単1060円3連単6420円の穴配当が出ています。

 守りでなく攻めに徹したレースが続きます。予選競走は終盤に入りまして第10Rです。インコースから1236/45の順です。1秒前、スタートいたしました。アウトの2艇が好発進、中でも5カド09トップスタートの4号艇金田大輔が絞り捲りに行くところ、インの1号艇北川幸典が飛びついて両者やり合う展開を突いて大外から松竹大輔が捲り差しで突き抜けトップでゴールイン。
 デビュー通算2勝目を挙げた100期新人松竹はカニ坊準優11R6号艇に滑り込みました。夢は大きく松坂大輔ですね。

 ちなみに、明日の七夕賞桐生日刊スポーツ杯優勝戦には水上浩充福井支部長が4号艇で乗艇。谷川岳と三国峠を望む水上温泉でお馴染み群馬県で谷川里江を打ち破り優出成功です。

三国競艇1ヶ月ぶりの4日間決戦は今村豊が参戦

 久しぶりのモーター音が新鮮。迫力満点の三国競艇は今日から開催です。ふみづき第1戦みなづき第1戦以来約1ヶ月ぶりとなる4日間決戦。水上賑わすは42名の選手陣に期待を寄せてどうぞ目の前迫る三国プールでお楽しみ下さいませ。またナイターの場外レースG1ダイヤモンドカップも併用発売してまいります。三国もおもしろいが住之江も気になると、忙しさは面白さの裏返し。2倍のお楽しみでお過ごし下さい。それでは水上、今日の初日予選はおはよう特賞第1Rです(動画)。
 インコースから134/562の順です。1秒前、スタートいたしました。3コースから4号艇海老原孝志が攻めに行くも、インから1号艇原田秀弥が張り飛ばしてエビちゃんは芦原温泉方面へ。
 エビちゃん(64期3396)捨て身の捲りを突いて5号艇荒金順(64期3420)がカド差し決めて先頭に立ち2Mをトップでクリアーしますが、原田が懐差して逆転。64期のツインアタックを退け1号艇の重責果たした原田がトップでゴールイン。人気はさらなるパワーを生むようです。この後も迫力戦期待しましょう。

 三国の松竹といえば松竹映画釣りバカ日誌のスーさんでお馴染み三國連太郎。そして第2Rには100期新人松竹大輔が三国初登場。水神祭は既に前走の尼崎日刊ゲンダイ杯で飾っております。自信を付けて三国にやってきました。
 インコースから123/456の順です。1秒前、スタートいたしました。インから逃げ態勢作りきった1号艇竹腰正樹トップでゴールイン。捲り差しハンドルの3号艇水長照雄が2番手で、大外からの外マイになった松竹は3番手。しかし、2M水長は引き波にもたつき失速気味。この間に外をぶん回した松竹が2番手浮上。3周1M松竹はややもたついて水長に差を詰められますが2番手を守り、逆転で2着を釣り上げました。

 これから真夏へと向かっていく気分を一層盛り上げる激戦の水上、瞬間沸騰で予選の勝ち上がりを目指す戦いは第4Rを迎えました。インから145/362の順です、スタートしました。前走児島競艇マクール杯でVを飾った勢いそのままにインから逃げる1号艇酒井忠義60歳がトップでゴールイン。2コース順走の4号艇加藤峻二65歳が2着でゴールインと、ここは125歳ワンツーです。

 今節の目玉商品今村豊が6号艇で登場の第7R。枠番不利も回り込んで来ました今村がインに入り、612/345の順です。全艇スピードアップ図って来ます、1秒前、スタートいたしました。カドから11トップスタートの3号艇大橋純一郎が伸びて来るも、21スタートながら伸び返した今村豊が逃げの態勢作ってトップクリアー。大橋の捲り差しを振りきってシリーズ初戦はトップでゴールイン。

 ふみづき第1戦、水上は初日のメインカード。シリーズの主力に推された6メンバーを迎えまして攻防は三国選抜第12Rです(動画)。進入はインから1354/26の順です、スタートしました。2コースの3号艇渡邊伸太郎が09のトップスタートでインの1号艇今村豊にプレッシャーを与え、今村は艇を伸ばしてトップクリアーもターンが膨れます。そして4コース2番差しの4号艇佐竹恒彦がBS伸びて2Mトップクリアーを果たしトップでゴールイン。今村豊は2艇に差され3番手でしたが、2M渡邊伸太郎を捲って逆転2着です。

 最後に、初日の連勝選手は川上聡介。1号艇の第6Rがイン戦、5号艇の第10Rは4コース捲り差し3番手から2M的確な差しを決めての逆転勝ちです。

平和島サントリーカップ初日

 平和島競艇施行者である府中市に位置するサントリー武蔵野工場。そんなサントリーのタイトル戦はチルト+3度サントリーアワーズな6日間。後半3日間はG1浜名湖賞との併用発売もあります。

 今節の目玉はなんといっても艇王植木通彦。約17億円の返還と1年間のSG選出除外となった平和島SG総理大臣杯優勝戦フライングによる30日のF休みは先月中旬に明けていたにもかかわらず、復帰戦はここ。まるで幸せの青いフェニックスとしてここを狙ったかのような斡旋ですね。
 そんなウェイキーくんの1走目は9R6号艇。3コースに入ったウェイキーくんは捲り差しに出るも、直外4コースの3号艇宮内由紀英(今節選手代表)に差されてしまい2着。
 ちなみに1着となった選手代表宮内は前半3R3コースから捲り一発決めており初日連勝です。

 ウェイキーくんの後半平和島選抜戦は1号艇でイン戦も、09鋭発を決めた2号艇山崎昭生の2コース捲りを貰い、更には5コースの5号艇星野太郎と大外の6号艇山田哲也(平和島地区スター)に差されて4番手。しかし、ウェイキーくんは3周1Mの差しで山田を捕らえ、3周2M内から先に回って山田をなんとか逆転。イン戦失敗ながら舟券にはなんとか絡みました。
 ちなみに1着となったのは、捲った山崎を差した星野。M78星のタロウは前半6R2コースから差しを決めており初日連勝。白星太郎(動画)の名前は伊達じゃありません。

【江戸川大賞中止順延】みくにみなづき第1戦は2日目の水上

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1江戸川大賞が強風高波浪で中止順延、最終日は13日の水曜日になりました。これに伴い自分の年休も火曜日から水曜日に順延です。また、中央競馬中継EAST/WESTとの兼ね合いで勝利者インタビュアーのスケジュールも変更となっています。
 さて、ボートピア梅田では江戸川大賞との併用発売になる予定だった三国みなづき第1戦は2日目。江戸川中止により昼間単独発売となった事で利用14189名、売上1億1103万1300円を記録。BP梅田が江戸川との併用だった前日の7327万1200円から大幅増です。

 それではオープニングのおはよう特賞第1Rです。インから1246/35の順です。1秒前、スタートいたしました。トップの13と、いいスタートから逃げ態勢作る1号艇間嶋仁志トップでゴールイン。2コース順走の2号艇松井賢治が2着、3コースから外マイの4号艇岩津英人が3着でゴールインして大人気の組み合わせは2連単210円3連単350円。9万舟のびっくり配当が飛び出した昨日のおはよう特賞から一転、大本命配当が飛び出した今日のおはよう特賞でした。

 今日は上空曇り空。はっきりしませんが勝ち負けはっきりするのが水上。今日も厳しい戦いが始まっております。続く予選は第3R動画)。ここは昨日のおは特で9万舟を提供したと同時に通算999勝を達成した地元村外等が1号艇で1000勝を狙いまます。インから124/356の順です。1秒前!スタートいたしました。インから1000勝目指して逃げを狙う村外でしたが、3コースから仕掛ける4号艇松田和久にオカマを掘られてキャビってしまい、その間に5号艇須藤隆雄の捲り差しを許してしまい2着まで。
 尚、トップでゴールインした須藤は2号艇の後半第9Rを2コース順走3番手からの2周1M差しで逆転の2着に入り準優11R1号艇となっています。

 みなづき第1戦、曇り空のもと戦う水上は予選のファイナル。迎えました攻防は第4Rです。第4R進入隊形が整いましてインから124/653の順です。1秒前、スタートしました。内2艇が74&63と大きく遅れ、眞田無視できない人気の6号艇眞田英二が楽に4カド捲りを決めトップでゴールイン。そして3コースの4号艇織田猛が眞田に捲られてから艇を外に持ち出しての捲られ捲りを成功させ2着でゴールイン。

 予報通りの雨模様になった水上は予選ファイナルの攻防。終盤戦の特選第11Rです。インから2365/14の順です、スタートしました。3号艇東健介の2コース差しを振りきり逃げた2号艇松野京吾トップでゴールイン。松野はゴージャスに予選4戦全勝でトップクリアー、準優12R1号艇です。尚、4コース差し3番手から上位を狙って2M飛び込んだ村外は空振りに終わり5着に後退。1000勝はお預けになりました。

 ちなみに、ただいまお休み中の水上浩充福井支部長は7月3日から始まる桐生日刊スポーツ杯で復帰します。以上でございました。

江戸川Gカップ初日&みくに準優勝戦のGW2日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ザ・ゴールデン・カップス結成から40年が過ぎた今年、江戸川競艇今シリーズからサマータイムレースという時間で始まりました2007年度ハッピーサマーレース第1弾、今シリーズは第11回のゴールデンカップ競走です。トップレース第1Rが始まりました。捲りに行くも大きく流れまして最後方の3号艇寺島和典63.1kgが2M差しで巻き返そうとしたところバランスを崩して選手責任の転覆動画)です。尚、1M捲り差し不発で5番手の4号艇桑島和宏は2Mスピンしてしまいましたが完走しています。

 第4Rが始まりました。4号艇入澤友治がカド戦もタイミングを逸しまして45スタート。もちろん後方でしたが、インから逃げて先頭の1号艇山崎善庸とつけまい2番手航走の3号艇宮内由紀英が2M揃って波に引っ掛かってしまう珍しいアクシデント(動画)。この展開利で入澤は3着に入っています。
 が、前半でスタートタイミング逸した入澤は後半第8Rでもスタートタイミングを逸しまして、3コースから+02のタイミングでフライング返還欠場に散っています。

 後半からにわかに風が強くなり、南寄りの風が7m程吹いています第10R(南西追い風7m波高15cm)からは安定板着用。そのレース1着になったのは5コースから捲り差した本吉正樹
 本吉は南西追い風5m波高6cmと比較的穏やかだった前半第5Rも2コース差しで取っており初日ただひとりの連勝選手となりました。その第5Rでは4号艇菅沼佳昭が捲り差し狙いも出口でウイリー(動画)を披露してしまい5着に敗れております。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第11Rを迎えています。南西追い風8m波高15cmとなったこのレースから2周戦となり、今シリーズ選手代表の3号艇桑原淳一が果敢なスリット攻撃で捲りを決め先頭に立ちましたが、+03で痛恨のFコール。イン19スタートながら小回りで立て直した宇佐見淳が繰り上がりの1着です。ちなみに返還額は1389万3100円でした。

 今シリーズの有力処と目される面々が一斉にピットを飛び出して来ました。第12R江戸川選抜戦(南追い風8m波高20cm)の開始です。江戸川巧者の6号艇横澤剛治が大外から18トップスタートで波高20cmをものともせず果敢に捲りを打ちますが、これを振り切った1号艇田中豪1着です。2番手の横澤に対し、1Mターンマークをかすりながらも差してきて3番手の4号艇飯山泰が2周1M内からボートを合わせてきて激しくチャージ。両者大競りとなり、小回りで旋回した3号艇山来和人が漁夫の利で2着に浮上です。
 尚、1Mターンマークに当たって外に飛ばされ他艇と接触、更に二度三度とジャンプして最後方に下がってしまいました2号艇本橋克洋は大きなダメージを負い、ふらふらとゴールした後は周回せずにショートカットで帰還(動画)。そのまま帰郷しました。


 昨日は多摩川競艇場行く前にTMRサポーターR/Callさんもいた江戸川競艇場で2節連続の入り待ちを敢行。折下寛法と横澤がその時の写真です。優勝者当てクイズは横澤か田中豪か迷いましたが、地元ということと田中豪ルデンカップということで田中豪に。
ファンのこどもと記念撮影する折下今年2度目の江戸川で初優勝を誓う横澤


三国うづき第2戦3日目

 ゴールデンウィークも始まって賑わう中、開催しておりますみくに競艇はうづき第2戦です。得点トップで勝ち進んだ森竜也を始め、地元の雄寺島雄が食い込んだ12名の対決。2本の準優勝戦は今日一番の見所。どうぞお見逃し無いようお楽しみ下さいませ。それではシリーズ3日目おはよう特賞第1Rです(動画)。インコースから152/463の順です、今日最初の大時計まもなく5秒前です。スタート3秒前です。1秒前、スタートをいたしました!2号艇市川美宏の3コース捲りを難なくはじき飛ばした1号艇本部真吾トップでゴールイン。昨日の第9R1着条件の勝負駆けを見事成功させポイント11位で臨む準優勝戦に向けて好リズムにのりました。

 手にしたチャンスをつないでいく戦い。水上はファイナル進出を懸けてこれより2本の準優勝戦です。まずは1本目準優勝戦第11Rです。インから124/536の順です、スタートしました。おは特制して勢いに乗る本部真吾(三重本部)が捲り差しで1号艇片山竜輔を捕らえますが、2M先制の本部を差し返した片山が以降も追撃する本部を振り切り、逃げ切って先頭でのゴールイン。本部が2着、2コース順走の重野哲之が3着でゴールイン。

 先の11Rからは片山・本部・重野の3選手が先ずはファイナルチケットを手にしています。優出へと残る3つの席を巡ってラストカード準優勝戦第12Rです。インから1236/54の順です、スタートしました。3コースから捲り差す山崎哲司とインから逃げる森竜也で接戦となり、2M差しで舳先をかけた山崎が2周1Mを先行して一度は先頭に立ちますが、2周2Mで迫る森を意識し過ぎたかターン流れた山崎を抜き返した森が3周1M先に回り、差しに構えた山崎が流れます。ここでぐんとリードを広げた森がトップでゴールイン。山崎2着でゴールイン。大外差した岡祐臣が3番手も、山崎に捲られ2コース戦失敗後方5番手の高沖健太が2M差しで岡に並びかけ三重本部同士の3着争いになります。そして、2周2M岡を差した高沖がA1レーサーの貫禄で逆転に成功しています。


 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:森(三重) 2:片山 3:山崎 4:本部(三重) 5:重野 6:高沖(三重)

 三重本部から三人が優出、三重攻撃で三国を三重国としてしまうのかが注目ですね。万が一実現したら見得を切って三重に帰れ、地元で来月三日から始まるブルーダイヤな金・銀・パール賞に向けて見え見えな好リズムですね。果たしてパール賞で待つ矢橋成介三重本部長にいい結果を報告できるでしょうか。

浜名湖スワッキーアタック優勝戦

 1246/35の進入から1号艇金子良昭がイン08トップスタートの速攻戦で圧勝、完全優勝だった戸田東京スポーツ杯以来の今年V3、通算56回目の優勝。2コース順走の西村勝と4コース捲り差しの江口晃生による2着争いは2周1M鋭く差したまちゃるたんが2周2M先制で競り勝ちました。
 そして今シリーズ私的最大注目選手の5号艇後藤正宗は大外進入となり、誠に残念ながら直内の3号艇飯島誠に張られたのが響き捲り差しの仕掛けが遅れて結局5着。

 尚、後藤正宗と同時斡旋だった新美愛は今節最後の7Rで4カド2段のつけまいを打って3着に入りました。そしてレース後には引退記念の水神祭が行われました。約8年半の選手生活お疲れ様でした。

桐生大間々カントリー倶楽部杯優勝戦

 ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースでもあった、ままカンこと大間々カントリー倶楽部のタイトル戦は2コース17トップスタートからナイスショットの早差しで1号艇の初代上毛風神杯覇者佐藤大介を差しきった2号艇矢後剛が通算30回目の優勝

 ちなみに矢後ちゃんは東京で佐藤大介は愛知ですが、2人の今後は平和島京浜急行社長杯住之江新緑きらめき競走と一緒の斡旋がもう2節続きます。

丸亀W準優シリーズ春の陣優勝戦

 男女別に2日間の予選と3日目のW準優を争い、勝ち上がった男女3人ずつで争った優勝戦は123/546の進入から1号艇宮地秀祈(福岡)が通算11回目の優勝。今シリーズの看板選手である1502勝レーサーの2号艇山川美由紀(香川)を3コース2番差しで捕らえた富田章(福岡)が2着。2M富田につけ回ろうとしたみゆきはキャビり、その間に内をくるりと運んだ渋田治代(福岡)が3着に入って福岡3人が上位独占。ちなみに残る4号艇別府正幸(福岡)は1M直内の谷川里江に張られたのが響いて6着と福岡上位4艇独占とまではいかず。

多摩川さつき杯2日目

 3つのドリームトライアル戦(展開は昨日のエントリーも参照)で2着以内に入った6選手が登場したドリーム戦は東都の大エースの貫禄でファン投票1位・人気ひとり占めの1号艇濱野谷憲吾が21と一番遅いスタートながら、ワースト機とは思えぬ超抜足であっさり伸び返しトップターン。そのまま押し切り1着。モーター相場一変か、はたまたペラとモーターの相性が抜群なのか、とにかく他と足が違います。
 後続は2コース順走の2号艇鈴木博が2着、4カド捲り差しはブスッと間を割れず3番手も2Mブスッと捌いた毒島誠が3着です。

【うおっ!?か】三国三日目三R人気の三号艇飛んでイケで三十三万舟

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 4日間決戦は早くも折り返しの3日目の攻防。うづき第1戦男女混合で戦う水上は第3Rを迎えました(動画)。内枠の新鋭両名がアウトに回り、人気の中心はインに入りました3号艇池千夏(A1)。進入隊形はインコースから356/421の順です。1秒前、スタートしました。5コースから差した97期新鋭大野芳顕と4カドから差した古賀千晶、それにイン戦踏ん張る池千夏の3艇で接戦となりますが、内の利で2M先行して回った大野がここで単独先頭。古賀千晶がこれに続きますが、外側の池千夏は千の夏になって大きく流れ圏外へ。ここでちなつとちあきの明暗が一時的に分かれる格好となりました。ちなつに変わって3番手に浮上したのは5号艇松本英夫
 2周1M先行する大野を差そうとしたちあきの艇が大きく浮き、その内側を回った松本が2番手に浮上しちあきは3番手に後退。更に2周2Mちあきは千のあきになって艇が暴れ外へ流れ、そこを人気対抗格の6号艇永井源(A1)とちなつが差します。3艇三つ巴状態となった3周1Mはちなつが先行も、まさみ男の意地で愛知の永井が差し、3番手争いの主導権を握ります。結果大野がトップでゴールインし、松本が2番手でゴールイン。そして3周2Mで人気のちなつと人気薄のちあきを振り切った愛知の永井が3着でゴールインと男子が上位を独占し、人気薄のちあきが4着に消えたにもかかわらず3連単2-5-6は331450円のブービー人気超高配当。ひまひまデータさんによると最低人気は順当にちあきの頭で4-2-6だったそうです。不思議な現象ですね。

住之江G3企業杯アサヒビールカップ初日

 6号艇板谷茂樹が2コースに入った2R、板谷は3号艇前野竜一59.2kgの絞り捲りとインの竹村明に挟まれてしまい一回転(動画)。すわ、住之江でまた惨事?ともなりそうな大回転でしたが奇跡的に板谷は着地。無事完走いたしました。生前の坂谷真史選手とよく名字を間違えられた板谷選手なだけに余計気になる大回転でした。それだけに完走できたのはほっとしましたね。尚、1着になった前野竜一は不良航法を適用されています。

【酒と魚と茶と桜】

 スミノフウォッカよりスミノエウオッカ。ということでウオッカを謳歌する海老澤清杯桜花賞(ウオッカはオレンジ枠のスクリュードライバー)を前日に控える今日は魚ッカと桜を見にG3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー開催中の多摩川競艇場に行って来ましたよ。水面の方には全然桜ないけど北門の方にはそこそこ桜が咲いてるんですよ。

多摩川への途中五行@西麻布で焦がし味噌麺とハートランドビールを飲食

多摩川到着時にやってた準優11R出場者インタビューをスルーしBOATBoy券で特観入場

荷物預けて席に上がりワンドリンク飲んだところで魚ッカレースの準優12R出場者インタビュー見るために降りる
惜しくもLダービー優出ならなかった魚ッカ


 まさに大和NADESHIKOスカーレットオハラな魚ッカの初々しいインタビュー等の過程を経て桜を見る時間になりました。一般戦の8Rです。5号艇の茶谷桜は5コースから捲って行くも全くサイドが掛からずに大きく流れて4着。どうやら桜満開は前半の3Rだったようで、8Rの時間には既に萎れてたようです。
 ちなみに卯月に桜満開だった3Rは、11トップスタートを放った宇野弥生の4カド捲りに3コース23スタートの桜が抵抗の桜咲き捲り。捲った桜は捲り差しに切り替えた卯月弥生を振り切ってシリーズ2本目の1着

 その後オール女子戦G2サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの中継を見る為に再び降り、安岐奈緒子が勝った準優10R勝利者インタビューを見ながらレース観戦したり、降りたついでに併用場外若松G1全日本覇者決定戦の準優前売を買ったりして迎えた魚ッカレース。
オール女子戦阪神牝馬S最中に行われた安岐奈緒子インタビュー


 ダービー女王目指してレモンテイストな5号艇魚谷香織は5コースに入りますが、スタート決めての捲り戦が持ち味なはずの魚ッカがなんと21と一番遅いスタート。これでは持ち味が出ず、後手を踏んだ末の慣れない差しは力なく、枠番と同じ5着に終わってしまいました。よって下へは降りずに特観残留。結局多摩川はF2の内田貴士が88200円を出した若松6Rで後にしたです。
 その若松6Rで3着だった松江秀徳と友紀夫人の間に4月4日、2人目となる子供にして初めての長男が生まれました。おめでとうございます。〒132-0025江戸川区松江系レーサーの出産ということで自分はご祝儀舟券買ったけど内田が頭じゃだめぽ。

 ちなみに日曜日は職場のPOG仲間と船橋市古作1-1-1で桜の花見なので、Lダービーは電投なのです。ということで多摩川には行けませんがNADESHIKO都築あこが無事退院してほっとしてます。(次項に続く)

【来週火曜からG1びわこ大賞ですが】

 がむしゃらをモットーにがんばる中村有裕近江宮に君臨する吉田弘文天皇を初め強力遠征陣を相手にびわこ大将として迎え撃つびわこ大賞。
 そんなびわこ大賞を前に、多摩川の帰りは幡ヶ谷で途中下車して我武者羅の鯛だし豚骨醤油ラーメンを食べてきました。もちもちした平打ち麺が魚介の隠し味が効いた豚骨醤油味と合っておいしく頂けたのですが、このスープがまたごはん(無料サービス)と実に合うのです。食後に提供される薬味入りご飯にラーメンスープをかけて茶漬け風に食べるというスタイルですが、実にイケてました。中村有裕ばりに若い夫婦が切り盛りしているこのお店、食べた事ない方も京王新線に乗った際に寄ってみてはいかがでしょう。

 さて、ラーメンを食べてる時間に発走した若松G1の準優9R3号艇にはびわこ大賞にも出場する東都の次期エース中野次郎が。東京支部3人が登場したこのレース、最低1人は優出してもらいたいところでしたが3コースの中野は2号艇2コース石渡鉄兵と4号艇4カド作間章の房総師弟コンビに挾まれる形となり、てっぺーちゃんに張られたじろちゃんがさくまあきらを張った結果1Mにしてじろちゃんさくまが圏外に。そしてこの展開を突いて5コースから差した横澤剛治にてっぺーちゃんが差されてまさかまさかの東京支部共倒れ。ということで中野次郎は4着でした。
 優出こそなりませんでしたが中野次郎は11R特別選抜A戦(19:49締切)に登場。そしてレース翌日はびわこの前検です。小倉駅発新大阪行き新幹線の最終電車が21:32発。これにじろちゃんが乗るのかどうか、それとも翌朝移動なのか。いずれにしてもG1はしごの大移動がうまくいくかがびわこ大賞注目点のひとつです。

阪神G1桜花賞キルトクール】

 キルトクールは前売4番人気の1番枠ショウナンタレント。ウオッカを取り巻く三強ムードで大きく離れた4番人気、しかも関東馬、しかも柴田善臣大先生ですからポールポシジョンの1枠でも買えません。枠を利してのイン戦も捲られ差されで終わりでしょう。

 さて、今週から再びギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会が始まります。対象レースは桜花賞とLダービー優勝戦…ではなく桜花賞と全日本覇者決定戦優勝戦です。若松さんは平田忠則が優勝して齊藤仁が2着になったら最高ですね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

武豊と活躍を誓い合った中野次郎が高松宮記念翌日に三国で優勝

 手にした切符をつないでいく戦い。強風により2日間合計21Rの予選開催となった4日間決戦三国やよい第1戦は心配された能登沖地震の影響も無く昨日2本の準優勝戦が行われ、枠なり3vs3の準優11Rは2コースから差した矢野素也トップでゴールイン。
 後続はイン粘る金森史吉と4カド差す伊藤誠二でBS2番手を争い、3コース捲りの石田章央がこれに続くも、2M伊藤を包みきった金森が抜け出し単独2番手となり石田が伊藤を差して3番手に。更に地元のファイナルに是非とも名乗りを上げたい6号艇信濃由行は大外からの差しで5番手も2M突っ込んで伊藤との4番手争いとなり、2周2Mも突っ込み気味のターンで石田の進路をカット。これにより、信濃を行かせた分旋回が甘くなった石田の内から小回りで並んできた伊藤がHS同体に。そして3周1M金森に突進した伊藤は不発に終わり失速(動画)。そこに石田が突っ込んで伊藤と石田はここで脱落。伊藤を避けきった金森も大回りとなり、この間隙を突いて差しを入れた信濃が一気に金森との2番手争いに持ち込み、3周2M内の利で先マイした信濃が逆転で2着のゴールインです。

 優出への残る3つの席巡って行われた準優12Rは2コースから差した3号艇は61期3312新美進司トップでゴールイン。イン戦も新美に差された1号艇は61期3322山口浩司が2着でゴールイン。そして20日に武豊トークショーを行った東京支部次期エース中野次郎は6号艇大外進入ながら鋭い差しで3着に食い込み、優勝候補筆頭としての最低ノルマである優出に成功しました。


 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:矢野 2:新美 3:山口 4:信濃 5:中野 6:金森

 強風の一撃ありましたやよい第1戦。風に向かって波を乗り越えて、そして運を掴んでと勝ち上がった6名でこれより優勝戦の開始です。スタート隊形はインコースから123/456の順です。1秒前、スタートを致しました!4カド絞る信濃に2コースの新美が抵抗。しかし信濃を止めた新美は先捲りもできずに芦原温泉方向へ大きく流れ、その間にインの矢野が先マイ態勢を固めますが、5コースから鋭く差したスーパースター中野次郎が矢野を差しきって通算10回目となる優勝のゴールイン。中野に差された矢野ですが、内の中野島と外の矢野口に挟まれた稲田堤…もとい3コース差し3番手の山口が矢野と2番手接戦に持ち込み、2M外全速の矢野が競り勝ちました。
 これで三国初優勝を飾り、今年は多摩川G1関東地区選手権など早くもV3となった東京支部次期エース中野次郎。トークショーで活躍を誓い合った武豊が中京G1高松宮記念を勝った翌日に中野次郎が優勝と、トークショーで得たものは双方共に大きかったようですね。
水上のヒーロー中野次郎とターフのヒーロー武豊


江戸川日本モーターボート選手会会長賞3日目

 明後日に行われます優勝戦を視野に入れまして各レーサーがエキサイティングなレースを展開します今日の水面です。このレースから2周戦とややスペシャル仕立ての水面となった第8R(波高15cm南追い風7m)に5号艇で登場した池田浩二は手堅い差し戦でこの水面をこなしきってシリーズ3連勝となる1着

 1着と2着が交互に続く岡瀬正人が4号艇で登場した2周戦の第11R(波高10cm南追い風5m)は岡瀬が的確な捲り差しで1着となり、予選得点率10.00でトップとなっています。

 3周戦に戻った第12R(波高10cm南追い風5m)に2号艇で登場した81期3941池田浩二は1号艇の81期3944山口裕二の逃げに差しで続いて同期ワンツーの2着ゴール。池田は予選得点率9.60の第2位で3日目を終えています。そして明日の第11Rでは岡瀬との直接対決があります。

 尚、森永淳が負傷の為帰郷、第9Rは5艇立てになりました。

水の上での真剣勝負。今月最初で最後の三国4日間決戦初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 日本は東京、氷の上では世界最高の緊張の勝負が展開されておりますがこちらも負けません。北陸は三国、水の上での真剣勝負が始まりました。やよい第1戦は今日からの4日間決戦です。誰が脚光浴びてくのか、どうぞシリーズ通して三国競艇でお楽しみくださいませ。それでは予選初日のオープニングです。おはよう特賞第1R動画)。インコースから123/564の順です、スタートをいたしました!2&3コースが凹んでシード選手の1号艇妹尾忠幸には苦しい展開となりましたが、4カドから絶好の展開で捲り差してきた三重支部長矢橋成介64.8kgを引き波にはめて逃げ切りトップでゴールイン。きっちりシード選手としての責任を果たしました。

 今シリーズは男女混合戦。8名の女子レーサーが花を添えております。初日早々の注目はオール女子戦となりました予選は第2Rです。インコースから1235/64の順です。1秒前、スタートをいたしました。人気の中心1号艇新田芳美が3号艇茶谷桜の捲りを振り切りトップでゴールイン。幸せの青い鳥新田芳美が女の対決を制しました。そして桜の季節が迫るこの時期に茶谷桜が1回乗り2着と上々の滑り出し。

 水上は初日のラストカード。やよい第1戦主力に推された6メンバーの登場でこれより三国選抜第12Rです。進入隊形インコースから123/456の順です。1秒前、スタートしました。6選手ほぼ揃ったスタートで1周1Mの攻防に向かっていきます。この攻防を制してトップでゴールイン☆したのは1号艇の山口浩司。前半7Rも制してシリーズ連勝発進です。尚、中野次郎&武豊トークショーで東京ベイ平和島を大いに沸かせた2号艇の中野次郎は2コース順走で2着でゴールイン。以上でございました。

 自分にとって今月唯一の三国注目開催。今節は選抜メンバー以外にも水の上のかなめ・ミスターモンキンターン水野要を始め、第11Rでそろい踏みしたクマ王者久間繁に王者岩井繁のコンビもいましたがこれらの選手陣は初日不振。早くも予選最終日となる明日の巻き返しが期待されますね。

そうだね、ピザだね。

 季節はもうすぐ花より団子、そんな季節に道明寺駅から最も近い競艇場で開催されてる住之江ダイスポジャンピーカップに出走中の艇界の大河原滋こと98期4400加藤奈月54.4kgが昨日の1Rで遂にやってくれました。デビュー100走目となるこのレースで大外から重量感ある豪快なつけまいを決め遂にデビュー初1着。3号艇寺島和典63.6kgや5号艇広瀬聖仁(愛知A2)といった男子相手に堂々の金星です。尚、このレースで3コース72スタートをやらかした広瀬は寺島と最下位を争った末に3周2Mでターンマークにぶつかり転覆(動画)。

 そして一夜明けて54.3kgになった今日の5Rでも大外から17トップスタートを決めての捲り一撃で4号艇大平誉史明(大阪A1)らを捲りきって通算2勝目となる1着。デビュー100走目で挙げた1つの勝利が坂井市春江町に錦を飾るBeauty BeautyRoadへと進みそうな予感。

【土日競馬まとめてキルトクール】

 まずは土曜日。中山G2日経賞のキルトクールは4枠5番のマツリダゴッホ。あまり折り合いの付く馬でなさそうなので2500mの距離はマイナスなんじゃないかと。ちなみに◎は4枠6番に入った超良血馬ブラックタイド。初めての2500mで一変のよ・か・ん。

 阪神G3毎日杯のキルトクールはタスカータソルテ。粘りとか伸びとかの走りとは無縁の平坦専用馬でしょう。


 次いで日曜日。中京G1高松宮記念特別競走のキルトクールをオレハマッテルゼ。前出の平和島トークショーで武豊が言っていた様にこの高松宮記念は格や実績より調子。よって実績最上位でも近況落ち目のこの馬は真っ先にキルトクール対象。ちなみに武豊騎乗のスズカフェニックスは青の4枠8番。青い不死鳥ウェイキーくんなのです。

 中山G3マーチステークスのキルトクールはトラストジュゲム。天敵ワイルドワンダーに何度やっても勝てなかったように自分より弱い馬には勝つ反面、自分より強い馬にはきっちり負けるタイプ。よって初重賞では通用しないとみてキルトクール。

G1近畿地区選手権準優は吉川トリオが消え兵庫トリオが上位独占

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 びわこG1近畿地区選手権5日目、3つの準優勝戦はいずれも兵庫支部及び兵庫支部に絶大な影響力を持つ大阪の選手が1号艇。そして最初の準優10Rは淡路島出身の1号艇鎌田義がイン04の踏み込みで圧勝を飾り1着。後続は2コース08スタート守田俊介のつけまいが流れ、そこに3コース04スタート山田豊の差しと大外13スタート安田政彦(兵庫)の遅れ差しが入り、BSは山田と安田がやや優勢で併走。守田も外から差なく続き、カマ田の後続は田の付くトリオで混戦でしたが、2Mで大サーカス突進をしてきた安田に守田が飛ばされしゅんとなり、その安田をかわして差した山田がびわこ天皇の貫禄で2着に入りました。

 2つ目の準優11Rは兵庫支部に絶大な影響力を持つ王者松井繁が1号艇でインでしたが、王者の愛弟子山本隆幸(兵庫)が04スタートからの豪快な5カド捲りで師匠を捲りきって1着。そして大外二段捲りの松元弥佑紀はキンコン!キンコン!キンコン!と+01のFに散り、残った艇での2着争いは吉川元浩(兵庫)の2コース差しと吉川昭男の3コース差しが入りましたが、2Mで王者は吉川元を包みつつ吉川昭を差して2着を取り切り、師弟ワンツー完成。残念ながら吉川イケメン義兄弟は義兄の元浩が3着、義弟の昭男が4着でした。

 準優12Rはシリーズリーダーの白鯰魚谷智之(兵庫)がインから押し切り1着。2号艇山本光雄が2コース順走で2番手も、3コース捲り差しで3番手だった3号艇倉谷和信が2Mでミツオを差しきり逆転の2着。
そして残念なことに注目の吉川喜継は4カド差すも出口でバタつき、2Mは内突っ込むも不発に終わって5着。優出ならなかったばかりか特別選抜A戦での吉川さん兄弟共演のゆめもびわこのもずくに沈んでしまいました。


 優勝戦の枠番はこうなりました。兵庫のビナちゃんが1号艇です。

1:白鯰 2:カマギー 3:王者の弟子 4:山本の師匠 5:ナニワ金融道 6:ナイスミドル

 尚、最終日にはライセンスに絶大な影響力を持つちゃらんぽらん冨好兵庫支部長が来場し、内枠の兵庫トリオを応援しに来ます。そして翌日には筋肉カッチカチ峰竜太出演のアッコにおまかせ!ザ・ちゃらんぽらん改名披露があります。

三国きさらぎ第2戦初日

 きさらぎ第2戦、4日間シリーズの初日を迎えましたみくにプールは今日併用発売。セミファイナルを迎えたG1近畿地区選手権とのWでお楽しみの水上です。気持ち新たに挑む攻防とファイナル進出を懸ける戦い。どちらも目の離せない1日。どうぞごゆっくりお過ごし下さいませ。(動画)。それでは先ずオープニングカードおはよう特賞第1R、進入体形が整いました。インコースから1236/45の順です。1秒前、スタートしました。25〜39と全体に遅れ気味のスタートになりましたが、シード選手の貫禄で1号艇イン33スタート吉田健太郎が先マイ圧勝の1着。3コースから差した3号艇大野俊明が2着となっています。

 きさらぎ第1戦初日の攻防はメインの三国選抜第12Rを迎えました。インから12563/4の順でスタートいたしました。イン06トップスタートを決めた富永正人ですが流れてしまい、2コースから差した山田竜一1着でゴールイン。富永は4コース差しから2M内を突いてきた吉田健太郎を差しつつ吉田の進路をカットしましたが、吉田を飛ばした隙に5号艇鈴木賢一に差されてしまい、三国コカコーラエリアから選抜された両名の攻防は鈴木に軍配が上がりました。以上でございました。

【土曜競馬キルトクール】

 G2京都記念のキルトクールはトウカイワイルド。キルトクールした同じ京都の前走G2日経新春杯では1着になってしまい無念のドンガバチョとなりましたが、今回は距離短縮&相手強化&斤量増加&騎手変更と消し要素満載。今度こそ鼎任發蕕い泙靴腓Α

 是政の女子リーグ戦東京G3デイリー杯クイーンカップのキルトクールはハロースピード。平坦専用&1400mが限界の距離適性と見て前走G1阪神ジュベナイルフィリーズ(7着)に引き続きキルトクール。

Ψシンらを抑えてウリ年にウリ坊江戸川初優勝Ψ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 人機一体となりました各レーサーがアグレッシブなレースを展開しています江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯最終日の水面上は連日の激戦を勝ち抜いてきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。優勝戦の開始です。
1号艇にはウリ年の今年に2003年11月のG1モーターボート大賞以来の江戸川参戦となったSG常連のG1ウイナー瓜生正義が乗っています。
熱い視線が注がれますウリ坊はイン16トップスタート速攻戦と行きたかったのですが、大村G1競艇名人戦出場を決めたSGウイナー新良一規が4カド捲り差しでぐいぐい伸びてウリ坊に迫り2Mを先マイ。
ですが、すかさずウリ坊が差しのハンドルを入れて新良の内に斬り込み単独先頭。
1号艇の瓜生正義、今節は大いに期待されました。その期待通りの戦いを見せましたのがこの人1号艇瓜生正義です。SGの常連として活躍が続いている1号艇の瓜生。久々の当地参加ではありますが確実なハンドルワーク、そして卓越したレースセンスを見せまして一気にリードを取りました。1Mからバックストレート。完全に独走体勢1号艇の瓜生正義です。白い勝負服が先頭をキープ。いよいよラストのターンマークを迎えるところ。1号艇瓜生先頭、2番手を確保4号艇の新良。ベテランらしいしぶとい走りを見せてくれました4号艇新良は2番手。ラストのターンマークを折り返しました。優勝は新…らを抑えました瓜生正義。先頭で1番の瓜生、今優勝のゴールイン。(動画
 ということで優勝は1M新良に差されるも2M差し返したウリ坊でした。通算では25回目の優勝ですが江戸川は初。2着には新良、3着には1979年2月1日生まれの原田秀弥が入線しています。

 さて、ウリ年に江戸川初優勝を飾ったウリ坊ですが、日曜のエントリーで書いたとおりウリ坊は2001年7月の当地東京スポーツ杯で優勝戦1号艇だったのですが、7月11日が第2Rで打ち切り、翌7月12日が中止。そして7月13日も中止で遂に開催打ち切りという悲惨な出来事がありました。
この件に関しては「前回は中止になっちゃいましたからね。」とのコメントが東京スポーツ紙上に掲載される程気にしていたようで、約5年半に渡る積年の鬱憤を遂に晴らした形になりました。

 最後に、最終日の利用が27492名、売上が3億2262万7300円を数えました事と山梨99期小林泰が今シリーズオール6コースだった事を書いておきます。

三国きさらぎ第1戦初日

 今日から2月。立春、節分と春に向けて時は流れておりますが現実は寒さ厳しい中始まりましたきさらぎ第1戦。42名が三国プールに集結しております。盛り上げムードにホットな話題と期待を寄せてどうぞシリーズ通してお楽しみ下さいませ(動画)。それでは初日の攻防です。おはよう特賞第1R。人気は一番人気に推されました。この人気の上にFマークが付いてプレッシャーとの戦いともなった1号艇宮地秀祈にとっては外からスタート一撃が出ない事を祈るばかり。1秒前、スタート致しました!4カドからトップスタートの秋山基裕が捲って参りますがスタートは24で、イン26の宮地には許容範囲のスタート一撃。ならば人気に応えて貰いましょうということで捲りをこらえきって1着のゴールイン。

 気を抜かず、手を抜かず。緊張感一杯で進める初日の攻防。終盤戦は特選第11Rを迎えています。1号艇の阿波勝哉、大きく旋回の輪を描きまして戦いの場所6コースへと向かって行きます。スタートしました。最アウトからトップスタート(01)決めております阿波(F2)が4カド09スタート枝尾賢第7Rで通算200勝達成)の先捲りを使っての捲り差しで先頭。
阿波は鳴門の四国地区選手権(主な出場選手:エビちゃんもびっくりのネコ耳ファッションリーダー池千夏)開催初日に阿波がドッキリスタートで1着のゴールイン。

 きさらぎ第1戦、予選初日の戦いはラストカード。水上はメインの三国選抜第12Rです(動画)。6号艇の宮地が回り込んで来ますが1号艇水上浩充福井支部長が枠を主張してインコースから16234/5の順です。スタートしました。3コースから効果絶大04トップスタートを放った江夏満が捲りで内2艇を潰しますが、この展開を突いて4コースから捲り差しを決めた峰竜太1着でゴールイン。2着に江夏、3着に森永淳でここは大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦出場組が上位を独占しています。以上でございました。

芦屋ボートピア勝山オープン13周年記念優勝戦

 優勝の行方をリング3本に賭けた3号艇松江秀徳が3コースから捲るも1号艇白水勝也には全く届かず、白水が堂々押し切るイン逃走劇を披露しまして芦屋2回目・通算19回目の優勝となりました。
2コース順走はエースモーターパワーギンギン芝田浩治の内を6コースから捲り差した後藤博が2番手でしたが、2Mで後藤浩を差した芝田博治もとい後藤博を差した芝田浩治がHS舳先をねじ込み2周1M先マイで逆転2着となっています。そして後藤は2周2Mで松江にも抜かれて4着。

 ちなみにボートピア勝山福岡県京都郡みやこ町勝山松田にあるボートピアです。

三国むつき第2戦はおは特制した勢いそのままに金田諭のVゴール

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年の初優勝へロックオン。むつき第2戦はフィナーレ優勝戦第12Rを迎えています(動画)。ゆっくりと外から襲いかかるタイミングを窺っています6号艇の小川晃司が大きく旋回の輪を描いて最アウト指定席へと向かっていき、並びはインから123/456の順でスタートしました。
 初日おはよう特賞を制した勢いそのまま、三国選抜4着以外全て1着の1号艇金田諭がVゴールまっしぐらでイン戦決めトップ力走、今年早々幸先良くV発進はここ三国から。三国初・通算9回目となる優勝のゴールイン。むつき第2戦は金田で始まり金田で終わりました。
三国は来る度優出中、近況も年明けから優出中。相性ばっちり調子もOK、意欲はますます膨らむ2号艇横澤政彦動画)もとい横澤剛治が大外16トップスタートから捲り差し狙った小川をブロックしての差し順走、最後は金田に迫っての2着ゴール。横澤は昨年のむつき第1戦に続いて今年も2号艇で2着でした。そして新年は浜名湖静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup江戸川新春金盃に続いて3節連続優出2着です。
1M横澤が壁になって後方、しかし2M差しで単独4番手に上がった小川晃司が2周1Mで前を行く4号艇高橋正男に突進気味の先マイ。これが見事に決まって逆転3着です。以上でございました。

平和島報知杯優勝戦

 1号艇のミスター平和島野澤大二がここはイン逃げを決め、2005年11月のボートピア呉徳山開設13周年記念競走以来通算32回目の優勝
後続は2コース順走の石田政吾が2番手、3コース外マイの重野哲之が3番手という隊形も2M切り返しから先マイの重野が接戦に持ち込み、激しい2着争いは3周2Mぶ〜んと回った重野が内の石田を引き波に嵌めて決着。
野澤大二


江戸川日刊ゲンダイ杯2日目

 ショートシリーズとなります今回の江戸川競艇は各レーサーいずれも1ポイントでも0.5ポイントでもプラスしたいポイント争いであります。白熱したレースが期待されます水面上は第4Rを迎えています。動きが注目される4号艇には初日連勝の菊地孝平が乗っています。 そして11トップスタートを決めての鮮やかなカド捲りで勝利のカーブを描いて1着と無傷の3連勝。
 菊地は後半12Rも2コース差しからの2M先マイで4連勝。明日の5号艇1回乗り11Rを勝てば完全優勝にリーチです。

 第3Rにおいて4カドから差しを狙った深澤勉が2号艇青山登に追突して艇が煽られスプラッシュしエンスト。
そして青山はHSで内の3号艇待鳥雄紀と2番手を併走、事故艇付近内側艇優先で本来なら待鳥が2着になるところですが、2周1Mアグレッシブに待鳥を締め込んでシャープに先マイした青山が2着となっています。ですが代償として青山は競技規程23条関連(優先艇保護違反)で賞典除外となりました。

【津な3度】津グランプリ第10戦はチルト+3度の矢後ちゃん祭り

 優勝者には副賞として津エアポートラインから中部国際空港行き高速船乗船券(片道1890円)が貰える津グランプリシリーズ第10戦。ちなみに中部国際空港セントレア常滑競艇場の近くです。
 さて、シリーズ全10戦の締めくくりなだけあってメンバーの頭数が揃った今シリーズは新企画が登場。初日、2日目にドリーム戦トライアルを行い3日目にドリーム決戦。トライアルとドリ戦の得点は以下の様になってます。表を見ればわかる様に勝てば勝つ程有利な状況が生まれます。
津グランプリシリーズ第10戦得減点表

 初日は前検タイム1位の矢後剛がチルト+3度大外進入、そして一気の捲りで5Rドリーム戦TRを連勝してシリーズをリード。そしてトライアルからは矢後ちゃんの他に向所浩二木村光宏がドリ戦進出を決めています。


 そして本題の今日2日目。昨日同様チルト+3度大外進入となった矢後ちゃんの前半8Rは例によって絞るもインの滝沢芳行が逃げの体勢を固めてしまい捲り差しに。そして矢後ちゃんの捲り差しもタッキーの逃げも甘く、2コース差しの青木幸太郎1着で人気コンビの矢後ちゃん3着・タッキー4着となった結果2連単20370円3連単132600円の大波乱。

 矢後ちゃんの後半11Rは同じくチルト+3度にしてきたミッチィとのチルト+3度合戦。大外が矢後ちゃんで5コースがミッチィとなりましたが、両者共にスリット先制できずにミッチィが外マイで4番手グループ、矢後ちゃんが捲り差し2番手で、快心の12トップスタートを決めた橋本開新が快心の2コース差しで先頭に立ちました。
で、ミッチィが1号艇柾田敏行を抜いて4号艇上之晃弘との3着争いを制して3着に上がる間に開新との差を詰めていた矢後ちゃんが3周2Mで開新を差して一気に捕まえ同体に。写真判定の結果両者同着となる珍しい事例になりました。

 前半6Rの3着競り3周2Mで転覆し、優出が苦しくなった61期3333丸尾義孝が3号艇で乗艇したドリーム戦TRは人気の2号艇徳増秀樹がインから逃げの体勢を作ろうとする1号艇木山和幸に斬り込んでいき、2M先制で1着。木山が2着で、4カド捲り差しの5号艇新井敏司が3着になったのですが、5コース16トップスタートだった6号艇のタッキーは新井敏司が壁になっての力無い外マイ。そして2Mで転覆し優出が苦しくなりました。


 2日間のトライアルを勝ち抜いた6名によって争われる明日のドリーム決戦はこんな枠順に。明後日に行われる優勝戦の前哨戦ともいえそうなメンバーです。

1:矢後ちゃん 2:徳増 3:木山 4:向所 5:ミッチィ 6:敏爺

三国むつき第2戦初日

 1月早くも中旬を過ぎまして今日から4日間決戦はむつき第2戦です。予選準優と勝ち上がり目指し気持ち新たに挑む42名の選手陣にどうぞご期待下さいまして先ずは予選初日の攻防。どうぞ1日ごゆっくりとお楽しみ下さいませ☆(動画

 寒さを忘れて瞬間沸騰で挑む初日の攻防、戦いの場は第2Rを迎えています。三国で今垣のイン戦といえば絶大な人気を集めますが、そのガキさんを大外から豪快に捲って1着になったのは前沢丈史。前沢に捲られた今垣武志ですが、2着に残してたけしワンツーとなっています。

 前半レース自在に捌いた腕自慢のメンバー迎えまして今日のメインレース三国選抜は第12Rを迎えております。1秒前、スタートを致しました。インから逃げの体勢を作る三好一が2コースから斬り込む高濱芳久を振り切り一着、高濱が2着です。
尚、おはよう特賞で人気に応えた金田諭は三国選抜5コースからの捲り差しから2Mも2周1Mも全速戦で3番手を航走していましたが、3周2Mで4号艇横澤剛治におっつけられてまさかの4着後退です。以上でございました。 

真冬の大村でグッさん上位独占、むつきの三国で愛ちゃん独占失敗

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 走る軍艦島山口博司を始め、山口哲治山口裕二の地元大村で行われたスポーツ報知杯争奪真冬の王者決定戦
 優勝戦は当地勝率10.11の岡本慎治(山口)が初日発祥地選抜4着だった以外はオール2連対で順当に1号艇。そしてイン22トップスタートで速攻堂々押し切り真冬の王者に決定、通算55回目の優勝。大村では昨年3月に完全Vを達成した長崎県MB競走会会長杯争奪戦競走に続く連続優勝です。
 後続は岡山の村上純が3コース強攻策も流れ、2コース順走の大賀広幸(山口)と5コース差しの吉本正昭(山口)がBS2番手を争います。そして2Mでは吉本を締めてぶん回した大賀が流れながらも吉本を沈めきって2着となっています。
大賀に捲られた吉本は村上に差されて4番手に後退、しかし村上が3周1Mでもたついたところを吉本が差して逆転。吉本が3着になったことで真冬の王者決定戦は山口のワンツースリーです。これで大村優勝戦は同県のワンツースリーが昨年末の長崎文化放送NCC杯争奪戦(佐賀県)、正月の九州スポーツ杯争奪新春特選レース(もちろん長崎県)と3節続いたことになります。 果たして次節G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦でも同県の上位独占となるでしょうか。

三国むつき第1戦優勝戦

 おとといおはよう特賞は45万舟のビッグな配当が飛び出したむつき第1戦は強風の影響で1日順延となっての開催。自然界には太刀打ちできないがライバルには真っ向勝負と勝ち上がってきました。内枠3人を愛知勢が独占し愛知勢のがんばり合戦とも言えそうな一戦の並びはインから1234/65の順です、スタートをいたしました。
賞金王決定戦目指してがんばる年男の1号艇都築正治(愛知)に、2号艇・当地は水神祭に初優出のハッピープール、ならばもうひとつ初優勝と行きましょう菅沼佳昭(愛知)が初優勝狙って一か八かの捲りに行きます。菅沼の捲りは都築に張られて終了しますが、張った都築の内側から捲り差してきた4号艇の年男竹村祥司(大阪)が突き抜け優勝のゴールイン。今年の目標に向け三国からV発進した竹村は通算12回目のVゴールでした。
 5カドから差した渡邉英児(静岡)が2番手に付けますが渡邉英児は2M全速ぶん回しの際に流れ、都築に差されてしまいます。しかし、2周1Mも2周2Mも都築を行かせて差した渡邉英児が2着を取りきって愛知勢3人を相手に他府県勢のワンツーです。
尚、失意の愛知は都築が3着、菅沼が6着でしたが残る三号艇河合三弘は1M差しを狙うも竹村に捲られて4着に終わりました。

芦屋スポニチ金杯新春特選レース優勝戦

 新春には欠かせない淀の名物ハンデ戦G3スポーツニッポン賞金杯は6枠のマイネルスケルツィが前付けインで押し切りましたが、こちらの6枠立間充宏は5コースに入るのがやっと。ということで枠番通りのイン戦となった1号艇木村光宏が23トップスタートで誰も寄せ付けず、しっかりと堂々とイン戦を披露し芦屋初・通算25回目の優勝。京都のスポニチ金杯も芦屋のスポニチ金杯も決まり手は「逃げ」となりました。
 捲り差しのタツマッチ、4コース小回り差しの山口裕二、2コース強攻の新良一規で2番手3艇混戦となり、2周1Mで2艇を差したタツマッチが有利な状態となるも3周1Mでタツマッチを差した山口が逆転。3周2Mでタツマッチの差しを振り切った4枠の山口が2着です。ちなみに京都のスポニチ金杯も2着は4枠エイシンドーバーでした。

鳴門FM徳島杯競走優勝戦

 FM徳島のタイトル戦は1号艇の山崎哲司が13トップスタートの速攻劇圧勝で優勝。王者松井繁を負かした2005年11月のスポーツニッポン杯競走以来鳴門V2、通算ではV6です。
3コースから握った中島孝平が2着、2コース順走の宮武英司が3着です。

常滑睦月特別優勝戦

 シリーズ6戦全勝の佐々木康幸が2号艇新美恵一選手が仕掛けた強烈な2コース差しを退け、インから見事に逃げ切り自身初の完全優勝達成。G1初優勝(東海地区選手権だにゃん)、SG初優出(笹川賞だふにゃン)という、とても相性のいい常滑でもうひとつの初となるパーフェクトVで通算23回目の優勝を飾りました。記念品贈呈式では爽やかに「とこなめ大好きです。

江戸川新春金盃4日目

 第1Rが始まりました。愛知の川上聡介と高知の川上清人が再び相まみえました。昨日の第2Rでは高知の川上が勝ちましたが、今日は4カド16トップスタートからいいダッシュを付けた愛知の川上が捲り戦で1着となり、今年の初勝利を飾っています。
6号艇だった高知の川上は間を割れず4着に終わり、3号艇関道が捲り差しで2番手。これを2コース51ドカ凹みスタートも小回りで立て直した黒枠伴将典が追いかけます。そして2周1Mで関道を差した伴将典が2周2M先マイで逆転、ここあ黒い伴法典もとい伴将典が2着となっています。

 今日も多彩な攻め技の応酬が相次いでいます水面上です。ポイント上位の対戦となりました第12Rを迎えています。1号艇石田章央がインの利を生かし切って1着となり、2号艇の山本寛久は2コース順走で2番手も2M出口で大きくスピンしてしまいエンスト模様(動画)です。差し技で3番手だった5号艇中辻博訓も山本に乗り上げてしまいました。これにより山本はエンスト失格になりましたが中辻はエンジンをかけ直し、スピードが乗らないながらも何とか完走です。

三国むつき第1戦のおはよう特賞は2つのビッグなびっくり

 むつき第1戦、今日は2日目を迎え予選は早くもファイナルです。先ずは準優枠目指しスパート駆ける今日予選最終日の攻防にどうぞご期待下さいまして1日ごゆっくりとお楽しみ下さいませ☆(動画
それではオープニングはおはよう特賞第1Rです。進入隊形はインコースから1635/42の順です。1秒前、スタートしました☆
アウト2艇好スタート、トップスタート(04)は4号艇高橋真吾(東京在住埼玉支部)となっています。1周1Mの攻防に向かいます。高橋に抵抗した3号艇小澤和也(埼玉)の先捲りは流れ、捲り差しのハンドルを入れた高橋が突き抜け狙います。しかし高橋はBS伸びず、高橋の内を突いて捲り差した2号艇伊藤喜智に差され、更には捲り差し小回り旋回の5号艇山下和彦(香川の方)にも内から伸びられ3番手。そして高橋は2Mで山下和彦(偽)を差し返して2番手に上がり、伊藤を追い詰めますが届かず2着まで。
 大阪の98期4389伊藤喜智がトップでゴールイン☆して朝一番からビッグ配当、2連単17880円2連複31420円(!)そして3連単は三国歴代ナンバーワン、全国史上2位の458650円と目の覚める超びっくり配当で幕開けとなりました2日目の水上です。更に伊藤はこれがデビュー初勝利の水神祭。気温4℃水温5℃の水面に投げ込まれ45万円の笑顔を見せました。
 ちなみに人気で飛んだ1号艇は地元の寺嶋雄、史上最高配当は福井のアイドル三上陽子が勝った2003年12月10日若松中間市行橋市競艇組合周年記念5Rの3連単537990円だようちん。以上でございました。

蒲郡ビクトリーチャンネル杯優勝戦

 昨日の8Rでシリーズ不動のムテキングを襲名(動画)させられ、完全優勝ミスターパーフェクトを義務づけられた1号艇赤岩善生
 しかし簡単には優勝させじと黒ダコ枠2号艇の森岡満郎が大胆に回り込んで、赤岩はインを守ったものの両者ともに深い起こしに。おまけに赤岩は一番遅い17スタートで森満は06トップスタート。しかし強さに靱性を加えて強靱へと進化した赤岩行き足軽快に伸びていくぅ!伸び返した赤岩が難なく逃走態勢を築く圧勝劇で通算33回目の優勝は2004年11月丸亀G3新鋭リーグ以来2度目の完全優勝。完全優勝を達成して凄いわ赤いわの表彰式コメントでは6日制だった丸亀より4日制だった今回の方が緊張せずに走れたとのこと。
 4カド差しで2番手につけた金子良昭に3コース外マイ3番手の後藤浩が2M全速フルターンで金子に並び、更には森満も小回りで最内に入り込んでHS2番手争い混戦に。でも混戦は長続きせず、2周1M先マイの森満を行かせて差した金子が2着を取りきったのに対し、外マイの後藤は森満の艇尾にごっちんこ。3着争いもここで蹴りが付きました。

【てる白井最強徳山最終日

 最近額が白井てるの傾向を見せつつあるホワイトシャーク白井英治ですが、レースも白井照るの傾向で今年に入ってから元旦の下関日刊スポーツ杯争奪関門大賞7R6号艇で2着になった以外はすべて1着。そこから10連勝で迎えた優勝戦はもちろん1号艇。
そしてインから28のトップスタートを決めた白井ですが、2&3コースが54&48と凹む壁無し状態。これで4カド30スタートの鳥飼眞に展開が向きますが、機力も気力も図抜けている今節の白井はまさに白井最強。鳥飼のつけまいを軽く弾いた白井は瞬く間に独走となって通算30回目にして見事自身初の完全優勝達成です。そして前節に続く2節連続優勝で2007年始まって9日にして地元2場を完全制圧、山口県の白井最強です。
 2コース54スタートの上平真二が小回りで順走しちゃっかり2着に入り、5コース捲り差しの能見稔miruさんの次節は胸高鳴る多摩川優木まおみ杯)が3着に入りました。

 尚、9R4着を最後に今節選手代表の42期2836弘中清司51歳が引退。お疲れ様でした。

浜名湖日本トーター杯アタック優勝戦

 4日間の短期決戦ながら2日目と3日目は尼崎と実況を交換した異色の開催は浜松オートの救世主日本トーター杯アタック。でも最終日の実況は工藤浩伸アナに戻ってました。なんでも工藤ちゃんが魚谷智之優勝祝賀会の司会を務める為とのこと。
 頂上決戦優勝戦は6号艇の地元重野哲之が4カドから差しを入れてインの戸田天皇池上裕次を捕らえ、2Mで内から戸田天皇を張って回った重野が独走となり、前節桐生ファイナルレースに続く2節連続通算11回目にして浜名湖初優勝です。2コース順走3番手の馬袋義則(兵庫)が2M小回りで戸田天皇と併せ馬に持ち込み、2周1M先マイで逆転。3周1Mでもたつき再び戸田天皇との併せ馬になりましたが3周2M外抱きマイで振り切り、千葉ちゃん実況シリーズで2着になっております。

 尚、前半最後のカード6Rは4号艇大外進入となったF明けの森岡真希が大捲り敢行。6号艇インコースはチルト-0.5の杉山正樹には逃げ切られたものの得意のダッシュ捲り戦で堂々2着となってます。

尼崎日本財団会長杯争奪ニューイヤ−カップオール女子優勝戦

 4日目と5日目は浜名湖と実況を交換した異色の開催ではありますが、最終日の実況はきっちり千葉誠一アナに戻ってました。
 福男よりも先に福を呼ぶ女流勝負師、福娘ならぬ福女選びのスタートダッシュ、優勝戦は最短距離のインコースから2番目に若い寺田千恵下関G1競帝王決定戦優出1号艇)が08トップスタートを決めますが、3コースから最年少の横西奏恵平和島SG総理大臣杯優出2号艇)が鋭い捲り差しを入れBS両者大接戦。2M強引にテラッチが締め込み先マイを果たしますが流れ、HS再び大接戦。2周1Mでは舳先を入れた横ちんが突っ込んで行くも、これを力業で包みきったテラッチが振り切り昨年記念戦線を沸かせた両名のマッチレースに決着。
 レースは辛口、声質は甘口。そんな二面性が魅力のテラッチが「インコースは自信無いんですぅ〜☆」と言いながらも強気な道中戦で通算26回目の優勝であります。200人以上詰めかけたと映像で見受けられる表彰式では笹川賞ファン投票を呼びかけたら満場一致の拍手が。さすがは人気と実力を兼ね備えたテラッチです。

江戸川新春金盃2日目

 ラストのファンファーレが鳴り渡りました第12Rはここで好走して上昇のターニングポイントにしたい4号艇中里昌志がカドから絞り捲りを敢行しますが、インの横澤剛治が抵抗した分突き抜けきれず、直外5コースから展開を読み切るかのようにシャープな捲り差しを決めた西山昇一江戸川選抜4着の汚名を返上しシリーズ3つ目の1着であります。1991年新春京都G3スポーツニッポン賞金杯ニシヤマショウ八着でしたが、一か八かのアグレッシブな走りが期待されます西山昇一は2007年新春金盃で優勝まで進撃を続けるでしょうか。
上々のエンジンパワーで大外から差した石田章央と中里が2番手併走、2M外を回った中里が2周1M強気に締め込んできてこれが功を奏して石田をややリード。そして2周2Mの出口で石田の艇が浮いて勝負あり。しかし今度は横澤が差し伸びてきて中里に迫り、3周2Mで横澤の差しが遂に中里を捕らえます。もう1周あったら恐らく逆転となったでしょうがタイム差無しの接戦は僅かに中里が先着し2着を守りました。ちなみにこのレースの配当は2連単が10490円でしたが3連単は2連単の1.5倍以下の14300円に留まりました。

【チルドの寒波】恐怖の強風で3場中止、1場おは特で打ち切り。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は全国的な強風高波浪で常滑・津・丸亀・三国が中止順延、うち三国むつき第1戦はおはよう特賞の1Rのみを開催して打ち切り順延となりました。
 その三国おは特は北風10m波高10cmの2周戦で行われ、結果は6号艇野末昌男1着だったのですが、これは動画を見る事を非常にお薦めします。
 レースの大まかな流れは5カドの5号艇中石勝也が捲りきって先頭、2コースからくるりと運んだ2号艇三野勝重が2番手で、野末は4コースカド受け54ドカ凹みスタートからスリット後切り返すイン変わりで、1号艇イン山地正樹(19トップスタートももたついて中石に捲られる)につっかけていき3番手。
2周1Mで野末は失速しますが、小回りだったのが幸いし立て直し、極度に内伸びする水面でBS先行2艇を一気に抜き去る逆転勝ちでした。ちなみにおは特の売上は353万6300円で利用は2551名でした。

【都区内と多摩地区でチルト+3度が明暗】

 西風2m波高2cmと落ち着きを見せた平和島東京ダービー準優11Rで指定席の大外から捲っていったチルト+3度の阿波勝哉ですが、捲り一発決めて先頭に立ったものの2艇早いタイミング。ということで+08のフライングに散った阿波は+01のフライングに散った5号艇高橋勲と共に返還欠場となり、阿波の舟券は泡になってしまいました。ちなみに高橋勲は2004年7月のG3企業杯キリンカップ(2艇F)、同年お盆のデイリースポーツサマーカップ(5艇Fで生き残ったのはアワカツ)と平和島の優勝戦で年間2回のフライングをしたキャリアの持ち主であります。更に言えば同年3月の福岡SG総理大臣杯でも優勝戦Fをしております。

 西風6m波高5cmと静水面ではなかった多摩川新春特別かどまつ賞準優11Rで1号艇ながらチルト+3度に跳ね上げ大外進入となった杉山貴博。そして1艇図抜けた06トップスタートを放った杉山は向かい風で威力を増したチルト+3度のノビを生かし絞って総捲り!見事1着となりチルト+3度の男は初優勝を射程圏に入れました。

住之江全大阪王将戦王将位決定戦

 全国的な強風高波浪の中、天候は晴れ&北東追い風2m波高1cmと落ち着いた王将位決定戦は1号艇田中信一郎が住之江12回目・通算では36回目・全大阪王将戦は昨年に続く2回目でオール大阪は4回目の優勝。今年も大阪王将はタナシンです。
3号艇倉谷和信が3コースから握って2着、5号艇湯川浩司が捲り差しのハンドルで3着に入り、135の奇数艇トリオで決着。
尚、タナシンは湯川のアドバイスを受けて足が向上したと表彰式で語り、お礼にビールを1杯だけごちそうするとの事。チッチキチーでんな〜。
大阪王将戦隊ギョウザレンジャー


【新参者の祭典】

 京都G3日刊スポーツ賞シンザン記念のキルトクールはエイシンイッキ。最長経験距離が1400mというのはやはりマイナス材料なのでキルトクール。
 ちなみにシンザンの馬主はシンザンホール。そのシンザンホールの関連会社である名古屋港開発はボートピア名古屋の施設所有者。

【やまとの諸君】三国しわす第2戦は予選ファイナル2日目の攻防

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 三国競艇しわす第2戦は2日目を迎えました水上です。今日は予選のファイナル。それぞれがポイントの上積みに追って追われて更に熱くなる水上戦です。どうぞご期待下さいまして1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。
 1Rおはよう特賞から安定板使用での戦いが続いています2日目の水上ですが、少しずつ風は弱まってきてる様子です。現在は追い風6m、波高5cmの状況。迎えましたのは第3Rです。進入隊形は12356/4の順です。1秒前、スタートしました。2コースから2号艇田中浩之が捲り、3コースからは寺嶋雄が差しで両者によるトップ争いとなっています。2M先ず回っていったのは寺嶋ですが大きくターンが膨らみまして、そこを差した田中が1着でゴールイン。
5コース2番差しで3番手につけていました茂垣達也58.3kgが3周1M小回りでドーンと寺嶋に併せに行って逆転の2着ゴールイン。寺嶋は3着に終わり2連単18950円、3連単は91110円の高配当です。

 先のレース、3連単は9万円台の高配当。シリーズ一番の数字となるのかどうか。この後も熱戦が続きそうです。迎えたレースは第4R(安定板不着用)。インコースから52346/1の順です。1秒前、スタートをいたしました!全艇スタート致しましたがこのレース、スタートは審議中でございます。3コース04でやや遅れた佐竹友樹が小回り差しで先頭、5コース01から差した毒島誠が2番手でしたが、
1番、4番、5番、欠場〜。
先行2艇は無事でしたが4番加藤翔(+02)、1番石間徹(+04)、5番重成達郎(+03)の3艇がフライングに散り、2コース00タッチスタートから捲るも重成に抵抗され後方5番手だった寺島和典61.8kgが3番手に繰り上がり、追いかける毒島を最後まで抜かせなかった佐竹が1着となった結果2連単250円、3連単320円の低配当です。ところで、茂垣達也公称62kgと寺島和典公称64kgが児島第1回ヘビー級王座決定戦に斡旋されなかったのは残念です。以上でございました。

【やまとドーム】

 日々体重調整に励む訓練生達の為にやまと競艇学校の浴室、略してやまとの湯には勿論サウナがありますが、今夜自分はやまとの湯大宮店(トロが美味しい?土呂駅近く)に行って来ました。西葛西からわざわざ大宮の循環単純アルカリ温泉まで行ってきた理由は今月末まで有効の無料券を持ってたのが最大の理由ですが、それなら大宮より近いやまとの湯蕨店(黒湯で泉質は大宮より上)でもいい訳で、大宮にした理由は蕨には無い岩盤浴やまと洞夢。50分たっぷり汗をかいてきました。
関西を中心に全国展開しているやまとの湯には大津店もあり、温泉こそ湧出してないものの競艇場と競輪場の真ん中にある便利な立地です。
 ちなみにボートピア呉のそばにあるのは大和ドームでなく大和ミュージアムです。いざイスカンダル。

阪神G3鳴尾記念キルトクール】

 キルトクールは3歳牡馬サクラメガワンダー。昨年12月に同じ阪神のG3ラジオたんぱ杯2歳ステークスを勝って以降は一度も馬券に絡めず、2歳完結の匂いがぷんぷん。完全に終わった馬であるにもかかわらず今回は2歳Sと同舞台ということでそこそこ人気になりそう。だから自信のキルトクール。

 ところで、土曜の濱野谷憲尚オトコノユウジョウに騎乗し11時50分頃に男の友情を背中で語ってくれます。そして濱野谷憲吾が1号艇で登場するG1芦屋ダイヤモンドカップドリームレースギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースです。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

まるがめスマイル!チャレカ壮行会東京支部編

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
頭がキラリ☆亀のスマイル君 本日は丸亀SG競艇王チャレンジカップ壮行会が日本トーターカップ3日目開催中の平和島競艇場で行われたので、東都のエース濱野谷憲吾&桃太郎伝説作間章副支部長&東都のほんのりいい男中野次郎を見に平和島まで行ってきました。
 12:45頃に大森海岸駅に着いたら第一京浜は人・人・人。沿道は東京国際女子マラソンのギャラリーでびっしりでした。で、競艇場に向かって歩いている途中に旗を配ってる人もいたので自分も旗とパンフレットをもらっちゃいました。ということでせっかくだから先頭集団が平和島の折り返し地点を通過するまでそんなに待たなそうだった事もあるし、旗持って通過を待つことに。
そして平和島口交差点のところで先頭集団の3人が通過し、折り返しでもう1回通過するのを見たところで平和島競艇場へ。自分の後ろからも平和島競艇場に向かって歩く人がぞろぞろいたのがなんか楽しかったです。

 平和島競艇場に着いた時は篠田和之アナによる6Rの無修正・ノーカット・モザイク無しな勝利者インタビュー中で、場内を突き進んでイベント広場に着いた時に丁度良くトークショー第1部が始まりました。濱野谷と中野が控えめに「準優に乗れるようにがんばります。」、さくまが「江戸川(G1江戸川モーターボート大賞3日目5R)で丁度よくFきったので、優勝しかなくなったから狙っていきます。」というトークショーの詳細はSports@nifty競艇特集:チャレンジカップ壮行会―東京支部の3スター登場!に詳しく載ってるのです。尚、今日のインタビュアーは回転と機転がキラリ☆と光る丸亀出身の黒石加恵ちゃん。24日には瀬戸の大魔神安岐真人元選手とタッグを組んで丸亀競艇場からJLC381ch舟券学園生中継予定です。

 私的に本日最も目に付いたのは、昨日のさいたま支部壮行会では丸亀最高後藤浩のみがスーツであとの2人はカジュアルな私服だったのに対し、今日の東京支部壮行会では終了後丸亀に直行(北門に車が停まってたのです)するということもあって3スターともびしっとスーツ。そんな白い歯キラリ☆東京支部サンスターがボール投げをした時には前日比大幅増のファン数が群がり、一部では椅子が倒れる程の熱狂ぶりでした。今日欠席の石渡鉄兵も仮に出席してたらスーツだったのか気になるところです。

 昨日は全く知ってる顔がいませんでしたが、今日はmixiつながりな皆さんが多数来場していて、12R終了後にはジャンピーさん&ちるとれーどさん&ふにゃ蔵さん&よしのぶさん&まっちゃんさんの6人で庄や大森駅前店で19時まで飲み。
そして、解散後に先週てるきちさんに会った時から今日はここに行くと決めていた名店牛小屋に行ってきました!マスターから明日の平和島や南関東競馬の攻略等、為になってしかも面白い話が聞けましたですが、今日食べたもつ煮ライスは非常に美味い!ごはんがさくさく進むから迷わずおかわりしちゃいました。焼肉だけでなく煮込みも美味しい牛小屋とお伝えしておきます。次回平和島レディースカップ初日(12月2日土曜日)にも牛小屋訪問したいところです。但し12月2日ですが、早起きできたら選手紹介目当てに急いで平和島直行も早起きできなかったら江戸川ラリーズカップ(主な出場選手:カマギー)初日経由でゆっくり平和島です。
がんばれ東京!!ヽ(*´∀`*)ノチャレカ壮行会


日本トーターカップ開催中とお伝えしておきます】

 8Rで人気の中心鎌田義が4カドから捲り一発決まって1着とし、後半を待たずして当確は勿論の事優出1号艇をも12R3着条件でほぼ手中にしました。
 ちなみに12Rは5カドから行くも6号艇4コースの一色雅昭に張られ、捲り差しに切り替えるも及ばず3着でしたが優出1号艇はしっかり獲得。尚、カマギーのオール2連対をストップさせた三河一色はそのままつけまい敢行、つけまい一発決まって1着、1着条件の優出勝負駆けを成功させました。

 10Rで4カド捲り一発決まったぁ!で1着となってイン戦の前半4Rに続く連勝とし優出も決まった海老澤泰行、明日の優勝戦に向けて気合充分とお伝えしておきます(動画)。


 優勝戦の枠番をお伝えしておきます。カマギーはここを勝てば今年V5、前走丸亀スポーツニッポンカップに続く2節連続優勝ともお伝えしておきます。

1:カマギー 2:エビちゃん 3:玄馬徹 4:稲田浩二 5:三河一色 6:打越晶

 兵庫の94期イナダが平和島初優出を決めましたが、意外な事に地元のエビちゃんも平和島初優出。優勝して師匠の西村勝に吉報をお届けできますでしょうか。

三国しもつき第2戦優勝戦

 水上はしもつき第2戦、ラストステージはいよいよ優勝戦第12Rです。シリーズの頂点へとファイナルチケットを手にしたメンバーの中から、スタート展示と同様に1コースまで回り込んできました6号艇の栃木県民館野友良58歳。約6年ぶりとなる優勝を大ベテランのオーラ発して6枠から奪いに来ました。そして2コースは5号艇の石川県民水上浩充福井支部長、昨日の準優12Rでの執念の3着追い上げゴールイン(動画)は素晴らしかったです(*´∀`*)。是非とも地元2連覇を期待します☆(動画
インから6番5番4番…65123/4の順でスタートしています。インから逃げる館野を2コースから水上が差しきって地元の水上で優勝のゴールイン。三国プール、お盆レースで水上が優勝して以来地元のV覇者はいません。ならばもう一度水上浩充。ということでお盆開催しぶき賞に続いて地元2連覇はそれ以来の地元選手優勝、通算33度目の優勝です。おめでとう!

下関G3企業杯サンデン交通杯優勝戦

 ずっと好調なblog嗚呼! 競艇 俺ってプロ?に加え、レースでも好調で近況2節連続優出中のmiruさんこと地元能見稔は2号艇で優出し、3節連続優出となりましたが2コースのmiruさんは残念なことに32とスタート遅れてしまい、3コース18トップスタートの村田瑞穂を張り飛ばしての4着に終わりました。
 前方に目を移すと、インから逃げて先頭の1号艇丸尾義孝が2周2Mで大きく流れるターンミスを犯し、大外差しで2番手の6号艇宮迫暢彦が内に入って一気に逆転。しかし3周2Mで丸尾君は一発逆転の突進!ズバリ、不良航法でしょう!だったわけですが、これが見事に決まり宮迫は消波装置スレスレまで飛ばされて行き、再逆転に成功した丸尾君が昨年2月平和島日本財団会長杯以来久々となる通算32回目の優勝。ズバリ、もう1回優勝すれば3333丸尾君はV33でしょう!

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 1号艇山口裕二がイン11トップスタートを決めたものの流れ、2コースから2号艇滝沢芳行の差しが入ります。そして2Mを先取りしたタッキーが翼をすっきり広げたかのように以降は快走し、通算45度目の優勝
 ダービー王タッキー、この優勝を手みやげに23日は戸田競艇場で同じくダービー王の戸田天皇池上裕次とトークショーです。

世界遺産を目の前に百戦百競、G1宮島チャンピオンカップ2日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 世界ブランド厳島百競の中でも、「夢一路」見果てぬ夢が駆け巡る。破顔一勝、安芸の宮島夢舞台として特に一競のG1宮島チャンピオンカップは2日目の攻防。
 2日目メイン百競ドリームは初日連勝の1号艇原田幸哉がイン05トップスタートの速攻でぶっちぎって本日の一番時計1.45.4をマークする1着、これで原口は予選3連勝。海上自衛隊第1術科学校出身で元広島県民の原口、準地元で勢いが止まりません。
3コースから握った市川哲也が2番手、大外捲り差しの森高一真が3番手でしたが2Mで森高がテチャーンに突進成功して着順は入れ替わり森高が2着、テチャーンが3着になっています。

 また、本日は女子選手3人が全員勝ち星を挙げておりまして、1Rでは国語の神様小林朝夫に憧れる1号艇海野ゆかり(夢はバルパンサー)がイン戦、7Rでも1号艇日高逸子(夢は菓子職人)がイン戦で2人ともシリーズ初の勝ち星を挙げています。
 そして圧巻だったのは2R5号艇の寺田千恵(夢は演歌歌手)。大外単騎から1艇飛び抜けた14トップスタートを放ち、スタート一撃絞り捲りの快勝で1着動画)。
おはようございま〜す。前節せっかく優出したのにぃ〜。ゴールできませんでした。今度は全部ゴールして帰りま〜す☆(動画」な下関G1競帝王決定戦優出1号艇落水のテラッチですが、2日目の予選得点率3走6.00と無事故完走だけでなく、前節に続く予選突破も期待できそうです。

 そんな厳島百競でしたが本日3名が脱落。特に初日メイン厳島ドリームを大外捲り差しで制した白井英治が2日目で事実上脱落したのは想定外。
 その白井脱落レースは5R。2コース小回りで3番手を走っていた白井は2周2Mで大きくキャビテーション(動画)。そしてキャビった白井に最後方を走っていた山下和彦が突っ込み白井はひっくり返って転覆。これにより負傷した山下は後半10Rを欠場、帰郷しています。
白井は明日以降も出走しますが責任失格+不良航法で-12点となり、ドリ戦の得点を差し引いて丁度0点。残り全勝ペースで可能性は残ってるとはいえ予選突破はかなり苦しくなりました。

 他では岩崎正哉が2Rで待機行動違反を適用されて初日5Rに続く節間2度の待機行動違反で賞典除外になっています。

江戸川報知新聞社杯4日目

 連日激しいレースが続いています江戸川競艇は今日開催4日目に進んでおります。6隻のモーターボートが筋書きのないドラマを展開しました第6Rは2号艇石間徹が差し技で待望のシリーズ初1着となりましたが、捲り差し狙うも1号艇尾崎明男のオカマを掘ってずるずる流れて後方5番手だった3号艇豊田光紀は2Mで波に引っ掛かったところへ4号艇内田圭に突っ込まれて転覆しております。

 目を離せぬ激しい競り合いが続きました第3Rでは6号艇山口裕二がアウト強襲の果敢なつけまい攻撃で一気にリードをとり、カポックを濡らさぬ快心の走りで1着となりましたが、3番手を走る3号艇野中義生が2Mキャビテーション気味に回ったところに4番手の2号艇小野勇作が突っ込み小野はターンマークにぶつかってエンスト失格となっています。

 シリーズ上位が顔を揃えた12Rは2号艇野末昌男59歳が捲り戦でシリーズ5本目の1着となり、大外から差し込んできた6号艇室田泰史を2着に従えた結果、トップ室田の9.14に対して野末は9.00と予選得点率でも僅差につけました。前節まで今年7勝しかしていなかった野末が今シリーズだけで5勝を挙げてるのはまさに快挙。文句なしに今シリーズの超抜足でしょう。
これに対してレース前まで得点率トップだった5号艇吉田弘文は捲り差し狙うも1号艇森林太に追突して失速。まさかの最下位に敗れ8.57の3位に後退です。

三国かんなづき第1戦3日目

 明日へと希望を繋いでいく戦い。水上はファイナル進出懸けこれより2本の準優勝戦です。先ずは1本目準優勝戦第11Rです。
6号艇白石桂三がインに入り、進入は612/345の順です。1秒前、スタートしました☆
4カド08トップスタートの萬正嗣が捲りに行きますが、2コースの中村亮太が抵抗して両者芦原温泉方面へ。
この展開で三コースの三角哲男が差しを決めてトップでゴールインし、シリーズ三つ目の1着。5コース2番差しの原田順一が2着でゴールイン。そして逃げる佳江パパと大外捲り差しから追いかける伯母芳恒の3着争いは、2Mで差した牛若丸が佳江パパをリードし、2周1Mで牛若丸が切り返して先に回った佳江パパを交差旋回で差して突き放しファイナルチケットを手にしました。

 残り3つの席を巡る水上はラストカード準優勝戦第12Rです。進入は枠なり4vs2、スタートしました。ここを逃げ切れば明日もポールポシジョンが待っています1号艇西田靖がイン10トップスタートの速攻戦からトップでゴールインし1着、2コース順走の益田啓司が2着、3コース握った地元の信濃由行が3着でゴールイン。


 かんなづき第1戦の優勝戦は以下の6選手。

1:西田 2:ミッスー 3:益田 4:原田 5:信濃 6:牛若丸

東京支部だけど東京都民じゃない3人が乗艇しました。

桐生G1赤城雷神杯初日

 不動の主役山崎智也が1号艇のドリーム戦スタート展示は3号艇江口晃生が動いて312456でしたが本番では132/465。そしてイン08トップスタートを放った山崎がすんなり速攻で1着。3コース24と遅れながらも2コースの江口と4カドの菊地孝平がやり合う展開にも恵まれて差し場が出来た濱野谷憲吾が2Mぶん回しで抜け出し2着に入ってます。

児島日本モーターボート選手会会長杯争奪戦3日目

 日本モーターボート選手会前会長のお膝元で起きた事件は1Rでの事でした。2651/43の進入で、イン戦2番手の2号艇中村二三男が+07、2コース差しで先頭に立った6号艇難波雄三が+06、4コース握って3番手の1号艇松下哲也が+03、4号艇花本夏樹が+02、3号艇山本章博が+10と、スタート審議の結果5艇フライングでレース不成立に。かくして3コース02スタートで小回り追走4番手だった1艇のみが生き残ったのですが、生き残ったのはなんと競艇ヘビー級王者田中雅文65.2kg。矢橋成介64.7kgのライバルとしても有名な田中雅文公称69kgには完走手当?として3万円が贈られます。

【集荷商キャンペーン】

 18日からのG3女子リーグびわこプリンセスカーニバルに先行して始まる女子リーグよどプリンセスカーニバル京都G1秋華賞、18頭のNADESHIKO達が芝内回り2000mで覇を競います。
さて、今回のキルトクールも春の二冠と同じくフサイチパンドラ。展開の利で東京G1優駿牝馬2着に入ってますが、着外に敗れたレースの内容からも力不足は明らか。それなのに世界のアサヒライジングより人気なのはまさに人気先行馬の証明。人気先行馬はキルトクールの為に存在するといっても過言ではないので自信をもってキルトクール。
 ちなみにJLCのパンドラBBで競艇フサイチパンドラBOXの顔建部和美や競艇錬金術師桧村賢一と共に出演してる田中工業大サーカス団長は競艇blog集団競艇サポーターズリーダー、いつも元気なクロちゃんです!!こといつも元気な黒須田守BOATBoy編集長です!!

 12月2日からの府中市営平和島レディースカップオール女子戦に先行して始まる府中市レディースカップオール女子戦東京G3府中牝馬ステークスのキルトクールはヤマニンシュクル。東京(0.0.0.2)の実績からコース適性が無いとみてキルトクール。実力で見せ場を作っても四位まででしょう。

 さて、秋華賞はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースでもあります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★

三国5Rが5艇航走指示違反で不成立&原田幸哉連続完全V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ポイント争奪にスパートをかける三国JLCカップ3日目は予選ファイナルの攻防です。迎えました水上はオール近畿の5Rです。進入はインから234/651の順です。1秒前、スタートしました。
6号艇浦上拓也が4カド捲り差しで先頭に立ち、2番手は3コース差しの4号艇、地元坂谷真史(11月のG1三国モーターボート大賞出場予定)と大外差しの1号艇鶴本崇文が競ります。
そして2M、5コースから間を割ろうとするも割れずに4番手だった5号艇田中覚が切り返して内から突っ込みますが、差しの坂谷に対し、外を包んで握った98期やまとチャンプの鶴本は大きく振り込み失速、そこに2コース握るも流れて後方だった3号艇小坂尚哉が突っ込み、鶴本は外に飛ばされスタンド際の辺りで落水(動画)。
これにより浦上→坂谷→田中で着は固まりましたが2周2M。ここで先頭の浦上を迷うことなく内を回ったのを皮切りに後続もきょろきょろする素振りを見せつつ全艇が事故艇の内側を回ります。
しかしこの場面、事故艇は画面に映らない程外側にいて、外側を航走することで別の接触事故が起きそうな程危険な幅にもかかわらず外側航走の指示が出ていたため全艇が航走指示違反の為失格、レース不成立になったのでした。事故艇の位置から勝手に内側指示と解釈して航走指示を見逃したと思われる浦上も悪いですが、それ以上に悪いのはひと昔前なら騒擾事件になってもおかしくない指示ミス(敢えて浦上よりも指示側の非が大きいと断言)ですね。

 これにより、5人が即刻帰郷、鶴本が公傷帰郷した為に1回乗りの田中と浦上以外がいた9R10R11R12Rは5艇立てになってます。この返還が響いたかCS中継有りのJLCカップにもかかわらず売上は7012万4200円(利用7570名)と低迷。

びわこスポーツニッポン新聞社杯争奪八景賞優勝戦

 当たるも八景、当たらぬも八景の八景レイクパラダイス。しかし今節は愛知のSGレーサー原田幸哉(当地G1新鋭王座決定戦優勝)の頭から全通り買えば必ず当たる(3ケタも多々あれど2日目9Rでは6270円を記録)開催でした。
前節常滑青海特別で9戦全勝の完全優勝を成し遂げた原口は今節もここまで9戦全勝。19連勝で2節連続の完全優勝なるかに大きな注目が集まりましたが、1号艇原口はイン進入からびしっと逃げてあっさり完全優勝を達成したのでした。2着には5コース捲り差しの小野勇作水口由紀似)が2コース小回りの倉谷和信昨年当レース優出2着)を振り切って入線しています。
 通算38回目、今年4回目の優勝となった原口ですが、前回2節連続完全優勝を達成したのは昨年1月に常滑初夢競走蒲郡愛・地球博協賛競走で達成した吉田徳夫(愛知)、前回びわこで完全優勝を達成したのは1996年11月に女子リーグ戦での鵜飼菜穂子(愛知)、そして現役最多連勝記録は1998年4月に仲口博崇(愛知)が達成した18連勝(G1大村モーターボート大賞2日目5Rまで、原口も次は大村G1海の王者決定戦なのでヒロタカマンと同じく大村G1)だったのですが、今回19連勝の原口は愛知の先輩が持つ記録に肩を並べ、追い越したのです。

 どうでもいいことですが秋はさんまの季節、1975年生まれの原口と言えば明石家さんまのものまね、そして原口が2節連続完全優勝を達成した今日の札幌競馬メインはアカシヤ特別(1000万以下条件)。ちなみに明石家特別は明石に家を持つ松本さんが所有する1番人気メイショウトウコン(単勝230円)が勝ってます。

 ところで、今日からうどんの国で始まった丸亀G1京極賞、うどんの国を舞台にした映画UDONの主演はユースケ・サンタマリア(本名中山裕介)ですが、残念な事に今月23日にびわこ競艇場でSG優勝報告会を行う中村有裕はF休みの為今回はいません。

江戸川日刊スポーツ杯4日目

 アグレッシブなレースが展開されています今日は開催4日目の競走水面です。最後のファンファーレが鳴り渡りました第12Rの開始です。予選2位でエンジンパワーは上々です角ひとみが2号艇、シリーズ4勝で予選トップを快走中の小野信樹が5号艇で、シリーズのトップ2が直接対決です。
レースは角が2コース捲りで1着となり、イン残したボートレーサー土屋智則が2番手、そして5コース24トップスタートから二段で捲ろうとした小野は3番手でした。
しかし2Mで2番手浮上を狙って切り返し、インサイドをくるりと運ぼうとした小野のターンは流れ、小野は6号艇雨宮昌一に差されてまさかの4着、3連対からシリーズ2強の一角が消える波乱(2連単760円に対し3連単は6170円)となりました。それでも予選得点率は斧の武器8.86、角8.43と依然斧の武器がトップを守っています。

【日曜競馬キルトクール】

 中山G2ラジオ日本賞セントライト記念のキルトクールはマツリダゴッホ。いつも人気になる馬ですが、全く通用しなかった過去のオープン&重賞成績から相手関係的にも距離的にもここでは苦しいでしょう。自分より強い馬には先着できない条件戦大将とみました。

 今年は東海テレビの放送エリアである中京で行われるG2関西テレビ放送賞ローズステークスのキルトクールはニシノフジムスメ。前走東京G1優駿牝馬で瞬発力不足を露呈し、道中ほぼ同じ位置にいながらフジ娘の1馬身前でゴールしたアドマイヤキッスとの力差は歴然。キッスを負かしにいって惨敗する姿が浮かびます。
続きを読む

G1うずまきナルト大渦大賞は準優勝戦だってばよ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ナルシストのなるちゃん 今日は鳴門G1大渦大賞を買いに併用発売中の江戸川競艇場へ行ってきました。寝坊かまして起きたのが14時だったので江戸川競艇に着いた時には既に敗者戦終了。トリプルメイン準優3個レースの時間でした。だからラリーズクラブのポイント加算に間に合わず(;_;)
では鳴門準優レースダイジェスト。ちなみに鳴門競艇場のマスコットはヒレでピースサインを出し、鏡を見てうっとりする桜鯛のなるちゃんなのです。


 ではここから準優ダイジェスト。準優10Rは準地元水面で奮起して予選1位の白魚魚谷智之(兵庫)がイン03トップスタートからの速攻決めて1着。1号艇での優出に成功し、記念2勝目の大チャンス。
 2番手は2コース順走の富永正人と4カド差し市川哲也で大接戦。2Mは3コース外マイから4番手の川崎智幸が強引にインサイドに入り込むもテチャーンが川崎をうまく行かせ、富永も冷静に差します。そして2周1Mでは5番手から切り返して先マイ図る秋山直之を包むのに手こずった富永がやや流れ、川崎を牽制して脱落させつつ富永と秋山を差したテチャーンがやや先行。そして2周2Mで秋山をうまく包んだテチャーンに対して富永の差しはワンテンポ遅れ、テチャーンが激しい2着争いをものにしました。

 準優11Rは6号艇倉谷和信が2コースに入り、進入は1623/45。そして三コース06スタートの三嶌誠司(昨日が38歳の誕生日)が捲って内2艇を潰して、5カド01タッチスタートの田村隆信が捲り差し。BSは内田村、外三嶌となりましたが2Mを先マイした地元田村が1着、三嶌が2着となり、ここは四国ワンツーとなっています。

 準優12Rは進入枠なり3vs3、スタート順も枠なり、着順も枠なり、と究極の枠なりレースでした。
 ということでイン速攻決めた地元烏野賢太1着、2コース順走の平尾崇典が2着、3コースつけ回った赤ヘル軍団総大将山本浩次が3着です。


 優勝戦は以下の通りだってばよ。

1:白魚 2:黒烏 3:田村 4:平目 5:三嶌 6:テチャーン

 鳴門は桜鯛のなるちゃんということで白魚と平目の組み合わせが本線かなと。但し強風高波浪だと波風巧者の三嶌&テチャーン(地元の黒烏は波乗りケンタの看板に偽り有りで実は波下手だから注意)も切れません。尚、優勝戦はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会対象レースです。皆さん奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


江戸川内外タイムス杯4日目

お母ちゃんありがとうキャンペーン雨天中止 楽しみにしてたお母ちゃんありがとうキャンペーンが雨天中止になってしまいました、残念です。
 それはともかく、昨日の第8Rでは人気の中心2号艇山下和彦が差して先頭に立つも、2M手前で3コース2番差し4番手の酒井忠義がイン残して3番手の櫻井誠に突っ込み(責任外)、突っ込まれた櫻井が山下に突っ込み(責任外)、玉突き式に突っ込まれた山下は2Mであぼ〜ん。この2Mのごちゃつきのおかげで、5コース握って2番手だった人気薄池田真治七夕棚ぼたで1着になる波乱。更にはこの2Mで池田に続いて差してきた4号艇伸澤進が櫻井と併走に持ち込み、2周2Mで内から櫻井を飛ばして2着争いに競り勝ち2連単27290円。3着には酒井が入り、3連単は191410円と腰が抜けるような配当に。

 と、昨日の話で始まりましたが突進で19万舟の元凶となった善通寺のプリンス酒井が今日は一転クリーンな匠の技を披露。1号艇受難の競走水面(一覧)で、第10Rにおいて今日唯一のイン逃げを決めてシリーズ初の1着になっています。

 ここまで好調でした山本光雄に暗雲が立ちこめたのが12R。インの山本は田中和也の2コース捲りを貰って3番手。しかし山本は2Mで田中に全速で突っ込んでいき田中を飛ばし、5コース差し4番手から2Mでいい小回りを見せた西川新太郎にこそ抜かれたものの、山本は4カド捲り差し2番手だった吉本正昭の2M差しが遅れたこともあり2着に入ってます。で、これがなんで暗雲かといいますと田中への突進が不良航法認定されてしまいました。前日の酒井がやった突進の方が悪質に見えるのですが。これで優出1号艇ペースから6位に陥落、しかも明日は12R6号艇1回乗りと窮地に立たされてしまいました。

常滑サマーカップ優勝戦

 愛知の貴公子抱いてセニョリータ山田智彦アナの美声に導かれて香川の貴公子山崎昭生がイン17トップスタートから速攻押し切り、2月のボートピア川崎開設記念に続いてとこなめは連続、通算では43回目の優勝。そして山崎昭生はこれで今年V6となり、来年の平和島SG総理大臣杯出場をほぼ当確にしました。
 2着には2コース順走の白水勝也が2Mで他を捌ききって入りましたが、白うずは5月の鳴門うずしおカップ覇者。鳴門競艇は白うずを大うず大賞に呼んで欲しかったです…。
当時の優出メンバーで残りのA1選手(林美憲原田富士男)は呼ばれてるのに優勝した白うずだけが呼ばれてないのです…。

三国ふみづき第1戦優勝戦

 ふみづき第1戦はフィナーレ。鎬を削り合い勝ち進んできたシリーズのりっ6強対決。水上は優勝戦第12Rを迎えました(動画)。対戦メンバーは6戦4勝3連対キープでV最短距離、1号艇で登場は新地雅洋。2号艇、予選は中間着目立ってもポイントを押さえての勝ち上がり。追い風吹いてる山崎聖司、デビュー初V狙いです。そしてワースト機は整備力でカバー。地元の利と意地見せる最高の舞台は三号艇の三好一。4号艇は準優11Rではトップスタートから見せ場を作り、2号艇の山崎と共に夢の配当(2連単42170円&3連単172040円)を提供しました竹田広樹。5号艇はリズム良く4月以降優出重ねている渡邊伸太郎。6号艇は今年の優勝戦2勝目を狙って本吉正樹。以上の6名です。

 進入はインから1256/34の順です。1秒前、スタートしました☆アウト2艇好スタートから5カドの三好が捲り差しを決めて先頭に立ち優勝のゴールイン☆
枠は三号艇、コースは5カドの三好でしたが一着でゴールインを果たし、Vゴールは今年初、ホームプールでは1年半ぶり6度目の通算23度目の優勝でした。
 三好に差されるも先マイは果たした江戸川代表の新地が2M捌いて2着ゴールイン、江戸川をホームとする山崎が2コース小回りで新地を苦しめるも主導権は奪えず3着ゴールインという結果でした。以上でございました☆

 いや〜やっぱり三国競艇は女性実況に限りますね〜
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ