ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ムラッシュ

多摩川BPクラブの主砲村田修次がBP横浜に登場!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は昨日紹介したボートピア横浜村田修次トークショーを見に行って来ました。

 昨日多摩川神奈川新聞社賞を優勝したムラッシュ凱旋トークショーの司会は4日間ずっとムラッシュのターンを追い続けた多摩川実況野村達也アナ。

 トークショー第1部は多摩川の話がメインで、2007年9月のG1ウェイキーカップ優勝時の話なども。
 また、来月出場する蒲郡SGオーシャンカップへの意気込みも聞けました。

 トークショー第2部はファンの挙手による質問にムラッシュが答えるというもので、プライベートで仲がいい選手は山崎智也という話や、一番のライバルはBPクラブ同門で1期先輩の田中豪という話などを聞けました。

 ちなみに今後のBP横浜ゲストイベントは7月6日水曜日に蒲郡実況高橋貴隆アナが2009年5月9日以来の横浜再登場を果たし、7月16日土曜日には菊地孝平が来場します。
ムラッシュトークショー第1部ムラッシュトークショー第2部

BP横浜すぐ近くの横浜スタジアム


児島SGグランドチャンピオン決定戦5日目

 準優1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から1号艇平本真之が2号艇平尾崇典(今節選手宣誓担当)の差しを振り切って1着。
 児島のプリンス平尾崇典は2周1Mで内の3号艇中島孝平を行かせて捌ききり2着優出。
 以上の様にここは平本平尾の平平ワンツーになりましたが、明日はボートピア習志野平高奈菜(同期は平本真之の妻平本さやか)のトークショーがあります。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から3号艇石渡鉄兵が捲りきって1着。
 捲り差した5号艇秋山直之が2着に入り、ここは江戸川鉄兵とアッキーニャンの関東ワンツー。

 準優3つ目の12Rは枠なり3vs3の進入から差しを決めた2号艇瓜生正義が4号艇佐々木康幸の捲り差しを内でこらえきって1着。佐々木が2着。


 優勝戦は準優1号艇トリオのうち2人が準優敗退した結果、SG17優出V3の瓜生とSG4優出の佐々木以外は2度目のSG優出というフレッシュなメンバーに。

1:平本真之 2:瓜生正義 3:石渡鉄兵 4:平尾崇典 5:佐々木康幸 6:秋山直之

 今節イン受難の児島で、過去イン戦1着率約50%と決してイン戦が得意ではない平本真之が優勝戦1号艇と最後もインが飛びそうな雰囲気たっぷり。
 しかし、準優10Rで完全に入りかけてた平尾の差しを足の違いで振り切った強力パワーなら、スタート遅れなければ少なくとも捲られる確率は低そうです。
 ただ、プレッシャーでターン漏れしたら百戦錬磨の瓜生が差しきる可能性濃厚。

江戸川サンケイスポーツ杯初日

 今節から一般開催におけるレースタイトルが復活した江戸川。
 レースタイトル復活初節の5日間シリーズの1Rは1号艇曾根孝仁が熱い02トップスタート踏み込む豪快なイン速攻劇で開幕しました。

 さて、初日は3人の連勝選手がいて、今節最年長最古参の福岡28期2377倉尾良一61歳と前地元スター若林将と佐賀のA1レーサー中島友和

 内訳は倉尾良一が前半5R2号艇が捲りで、後半10R1号艇が2艇に差されるも2M差し返す逆転勝ち。
 G1江戸川大賞優勝モーター40号機を手に入れた若林将は前半7R2号艇、後半11R4号艇共に捲り勝ち。
 江戸川選抜戦メンバーの中島友和は前半8R5号艇、後半江戸川選抜3号艇共に捲り勝ち。

 中島友和の前回江戸川参戦は2006年5月の東京中日スポーツ杯2日目途中帰郷以来で、今節出場選手中最も江戸川長期不参選手でしたが、前走地びわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞を2日目以降7連勝で優勝した勢いそのままに初日連勝です。

 ちなみに中島友和の2日目は8Rアートテラー・とに〜記念競走2号艇1回乗りですが、冠協賛オーナーのアートテラー・とに〜による江戸川アートツアー体験記が前編後編に渡って掲載されてます。

明日BP横浜に来るBPクラブの主砲ムラッシュが地元多摩川V8!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川の神奈川新聞社賞は火曜日から始まり金曜日の今日最終日を迎えたオール平日の4日間開催。

 優勝戦は地元多摩川BPクラブの主砲にしてTBPシーズン2のベイスター村田修次が堂々1号艇に陣取り、126/345のイン進入。
 そして3号艇川上剛が絞りに行く展開も2号艇山谷央(今節選手代表)が張りに行き、山谷の先捲りは91期たけし軍団長をドヤしながら是政駅方面に流れてしまったものの、その間に男・村田がムラッシュターンを完成させ、今年2回目・多摩川8回目・通算34回目の優勝
 山谷と91期たけし軍団長がやり合った展開を突いて差した6号艇今村暢孝が2着。


 さて、優勝したムラッシュは明日ボートピア横浜でトークショーに凱旋出演。
 時間は13時半過ぎと14時半過ぎの2回で、JR関内駅が最寄り駅であるBP横浜の場所は横浜ベイスターズのホーム横浜スタジアムとは線路をはさんですぐ近くです。
 司会は今日の優勝戦も実況した多摩川の野村達也アナで、多摩川初日から5日連続でムラッシュを盛り上げ、ずっとムラッシュのターンが続きます。
 ちなみにノムさんは水曜日と木曜日、JLCのSG展望番組「ききみみ」にも出演してまして、同日は多摩川とのダブルヘッダーでした。

 そしてBP横浜ベイでは7月のゲストイベントも既に発表されてて、7月5日火曜日(当初の7月6日から訂正)のナイター時間に蒲郡の高橋貴隆アナが2009年5月9日以来となる横浜再登場。
 また、7月16日土曜日には菊地孝平が来場します。


 ここでムラッシュが出演した東スポ動画付き記事を紹介。
 府中市が安田記念日だった6月5日に行われた多摩川ペアボート試乗会に安田忠夫の娘AYAMIがペアボートに乗艇した動画で艇載カメラのスピード感が抜群の動画ですが、動画の前半部分でムラッシュが後藤翔之と共に講師として出演してペアボートの乗り方を丁寧にレクチャーしてます。


桐生G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦ヱビス競走

 蛭子能収ではなくヱビスビールの名を冠した優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇角谷健吾と捲り差す3号艇山田雄太で併走になるもケンゴは+03のフライングに散り、浜名レイクの山田ゆう太が今年2回目・通算V6・桐生初優勝

【富士はみずほ】平和島夕刊フジ杯にムッシュムラムラっしゅみ〜

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島夕刊フジ杯最終日、昨日のW準優勝戦後半11Rはムラッシュこと村田修次1着になったものの、3番手を走っていたムラミーこと村田瑞穂が2周BSで松下一也に追突(動画)し4着に下がり優出を逃したことでW村田の揃い踏みはなりませんでしたが、ムラミーでおなじみの村田瑞穂は選抜戦第11Rに今シリーズを盛り上げたひとりとして人気の中心1号艇で登場し、堂々たる逃げでシリーズ最後を1着で締めています。ちなみに保守的な産業記事と豊富な三行広告で有名な夕刊フジピンクフジというサイトにも関わってますが、11Rの2着は3コースからギュっと握った池田明美平和島レディースカップ覇者)でした。

 ムラミー優出漏れで興味50%減だった優勝戦は枠なり3vs3。1号艇西村勝がイン18トップスタートも伸びが足りず、流れ気味の先マイ。これにつけこんだ4号艇大嶋一也が鋭い捲り差しのハンドルを入れてまちゃるたんを捕らえます。更に5コースからヒゲダンディの上を捲り差したムラッシュもまちゃるたんを捕らえますが、内のヒゲダンディを捕らえるまでには至らず2番手。尚、1Mでムラッシュに張られた6号艇のパナソニッ君が転覆。
実質ラストの1周2Mはヒゲダンディ、ムラッシュの順で回りますが、3番手のまちゃるたんが大きく膨らんで後退。内を回った2号艇橋本久和が3番手に上がったところで着順確定。
 修羅場をくぐった経験にものを言わせベイの水面を駆け抜けたヒゲダンディは前走地びわこ日刊スポーツ新聞社杯争奪荒法師賞に続く通算58回目の優勝浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦3日目5Rエステのレイジアスピード完全脱毛杯覇者のまちゃるたんを負かしたのはヒゲダンディハウス大嶋一也とお伝えしておきます。

尼崎スポニチ杯争奪伊丹市施行53周年記念競走優勝戦

 巧さと若さの真っ向対決となりました伊丹市周年記念は若手初優勝への野望もがっちり受け止めきった1号艇森竜也がキャリアと経験値の違いを見せて通算46回目の優勝であります。
努力を重ねて走り続け、地元水面で遂にデビュー初優出となりました唐草ベンツ樋口喜彦は3号艇3コース15トップスタートから捲り差しを狙うも若さのせいか流れたのに対し、5号艇5コースの角浜修38歳が巧さ光る鋭い捲り差しで樋口の内を割って2着。デビュー初優出の2号艇齊藤優が順走で3着。以上でございます。

蒲郡三河湾グランプリ優勝戦

 常滑G1マーメイドグランプリと共に愛知二大グランプリを形成する三河湾グランプリ、略してM1グランプリ(by篠田和之アナ)は1号艇今坂勝広がガッツ溢れる15トップスタート快速攻でインから逃走劇を演じて通算26回目の優勝Murata-1三河湾グランプリを獲得しました。2着は5カドからじょそうを取ってのムーブアイで捲り差した3号艇興津藍ちゃんです。

江戸川東京スポーツ杯3日目

 前日得点率7.33で優出へは1着2着が欲しい作野恒(2005年12月当地一般競走完全優勝)でしたが、3号艇の前半第5Rで捲り届かずの3着と前半にして望み薄となってしまいました。
 そして1着を獲れば得点率7.60となり、相手待ちで優出の可能性が出てくる2号艇の第9Rでしたが、差し遅れたのが響いて4着と万事休す。今シリーズは優出なりませんでした。

 尚、前日得点率1位で優出当確の宮武英司は5号艇1回乗りの第10Rで16トップスタートも行き場無く5着に敗れましたがポイントトップを守りました。


 4日間のショートシリーズを勝ち抜きました優勝戦ベスト6強です。

1:宮武英司 2:高山秀雄 3:横山節明 4:林美憲 5:森岡満郎 6:青木義一

 寒い時期にこそコシの効いた冷たいうどんですね。ぅどんなもんだい。

鳴門優勝戦

 1号艇森秋光がイン10トップスタートの速攻で圧勝。通算41回目の優勝は淡路島を挟んで森竜也との同日アベック優勝です。6号艇ながら伸び足最強と一目置かれる地元岡部浩が4コースカド受けで25と凹みながらもBS差し伸びて2着。

唐津JLC杯優勝戦

 1号艇吉田徳夫がインから押し切り今年も唐津も4回目、通算では57回目の優勝。4カド捲り差しの6号艇大場敏が2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ