ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

トーキョーベイパイレーツ

トーキョーベイパイレーツシーズン兇披露目イベント

 今日は平和島競艇場トーキョーベイパイレーツシーズン兇披露目イベントを見に行ってきました。イベの内容はリンク先のKYOTEIブログNEWSに詳しく載ってました。
 ベイパ第2期のメンバーは熊谷直樹濱野谷憲吾阿波勝哉作間章中野次郎の第1期残留組と新加入組の長岡茂一三角哲男田中豪村田修次飯山泰福島勇樹の11人。
 このうち、京急電鉄社長杯に出場中のミッスー、ムラッシュ、ゆーき王子の3人を除く8人が今日のお披露目イベントに登場しました。

 で、10時半に起きて2度寝して移動中に昼間開催の優勝戦電投しつつ、12時55分頃現着。6R発売中の一発目は選手紹介でしたが、その最後でSMOKE ON THE PURPLE HAZEが。なんともリッチブラックモアな演出でした。
SMOKE ON THE DEEP PURPLE

 ここでは、8R発売中のトークショー第1部からいくつか。趣味について答える話題ではクマさんが「お茶と花」、モイチタンが「ダーツ」、はまけんがデジカメを落とした話、田中豪がスノボ、新たに東京ベイスターになったやっさんが横浜ベイスター観戦とか。そんな中、一番最初に答えたマーサク選手がゴルフと言ったときに客席から「もっと捲れ!」という声も飛んでましたです。
トークショー第1部-1トークショー第1部-2

 9R発売中は○×形式で質問に答えるという内容。3月の開設54周年記念G1トーキョー・ベイ・カップの優勝小切手プレゼント抽選会もありました。
トークショー第2部-1トークショー第2部-2中野次郎平和島54周年優勝記念小切手プレゼント

 10R発売中は握手会。ステージ向かって右端にベイパの8人が集結しました。
 最後に、選手紹介は立ち見だったのですが、トークショーではSG総理大臣杯最終日の多摩川競艇場でお世話になったかつしかだいこんさん夫婦が席をとってくれたので前列の見やすい席に座れました。そして、今日お会いしたみなさんありがとうございました。すごく楽しかったです。
10R発売中に行われた握手会お披露目イベントエンディング


 ここからは平和島水上に目を移して京急杯準優の話。準優勝戦1つ目、11Rが始まりました。6号艇田中定雄(宮城在住埼玉支部)が派手に動いた6/12/345の進入から田中が12トップスタートも、15スタートの1号艇野澤大二が伸びの違いで軽くひと捲り決めて1着
 残る2席は、差した4号艇森弘行が森と田中の間を突いた5号艇池田雷太東京支部長を振り切り2着。ベイパを卒業した雷太支部長も3着で2007年11月関東日刊紙競艇記者クラブ杯以来の優出です。

 準優勝戦2つ目、12Rが始まりました。枠なり3vs3の進入からシリーズリーダーの1号艇矢後剛が押し切り1着
 残る2席は、差した5号艇三角哲男(新ベイパ)が2M先行して2着に入り、残る1席は1M差し不発も2M差しで浮上した4号艇一瀬明(旧ベイパ)が前を行く2号艇梶野学志を差しきり、3周2Mターン流れるも何とかカジノを振り切り3着。


 6日間の長丁場を勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦の枠番です。

1:矢後剛 2:野澤大二 3:森弘行 4:三角哲男 5:一瀬明 6:池田雷太

 帰りにもつ煮込みライスを食べた大森の名店牛小屋でマスターから聞いた見解は124の3人でイケるとのことです。ちなみに明日は濱野谷憲吾と笹川福娘キャラバン隊長さとう珠緒によるイベントもあります。

 さて、ここからは本日行われた優勝戦ダイジェストを昼間開催の場コード順とナイター開催の場コード順に紹介します。

戸田ウインビーカップ優勝戦

 多摩川でおなじみ野村達也アナが昨日に続いて実況した最終日の戸田競艇。待ったなしの優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志(宮城在住埼玉支部)が押し切り、4月の若松アヤメカップ以来となる今年V3・戸田V6・通算22回目の優勝を菖蒲の季節に達成。4カド16と一番遅いスタートだった4号艇平石和男が、スタート遅れが逆に幸いした格好の遅れ差しで2着。

常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 鋭いピット離れで4号艇都築正治(愛知)が2コースに入った142/356の進入から1号艇仲口博崇が12トップスタートの速攻で押し切り燃えて通算44回目の優勝
 後続は2号艇赤岩善生の捲り差しが引き波を踏んで大きく流れ、差し順走のツヅッキーが2番手、2番差しの3号艇作野恒が3番手。しかし、ツヅッキーが艇を外に持ち出した隙に作野が内に切り返し2Mを先行。ツヅッキーの外全速は届かず、切り返しが功を奏した作野が2着。

津スポーツニッポンパール賞競走優勝戦

 123/465の進入から1号艇井口佳典が11トップスタートぶち込んで押し切り、2月22日の02#ケーブルネット埼玉杯以来の今年2回目にして通算30回目の優勝。4カド26と一番遅いスタートだった4号艇星野太郎が、スタート遅れが逆に幸いした格好の遅れ差しで2着。 

鳴門日本モーターボート選手会会長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田村隆信が09トップスタートの速攻で押し切り当地2月四国地区選手権競走以来となる今年3回目・通算25回目の優勝。順走の2号艇濱村芳宏が2着に入る師弟ワンツー。
 尚、3号艇・61期3333丸尾義孝徳島支部長は1M3コースつけまいから2M差して3着と3づくしな世界の丸尾君に。

徳山tysテレビ山口西京覇者決定戦優勝戦

 1245/63の進入から1号艇林美憲(徳島)が押し切り、アウェーの不利を克服した林は今年4回目・通算38回目にして徳山初優勝。しかもこれで常滑と下関を除く22場目のVです。
 後続は1Mつけ回った4号艇岡本慎治(山陽小野田市)が2番手につけ、1M差しから2M押っつけてきた6号艇高濱芳久(広島)を2M行かせて捌き2着。尚、3周1Mで高濱を差しきった5号艇今村豊(美祢市)が逆転3着。

芦屋スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選レース優勝戦

 125/346の進入から3号艇谷村啓司(福岡85期4046)が13トップスタート決め、デビュー初V目指して絞り捲り敢行もターンが甘くなり、小回りでこらえきった1号艇岩崎正哉が2Mを先行して前走地常滑スプリングカップに続く今年3回目・通算35回目の優勝は芦屋GW特選V4。
 後続は谷村、二段捲りの4号艇・艇王の愛弟子桂林寛(福岡75期3726)、それに差してきた6号艇前川守嗣(福岡91期たけし軍団4195)で接戦になりますが、押っつけてきた前川を外包んだ谷村に対し桂林は差して捌いて2番手争いで優位に立ち、2周1M再び押っつけてきた前川を包みきった桂林に対し、2艇を差そうとした谷村はキャビってしまい勝負あり。初V目指した20代コンビに経験と艇王学を見せた形の桂林でした。


 12日からの芦屋次節はいよいよお待ちかねのG3新鋭リーグ戦競走第5戦。初日ドリーム戦出場予定のGOLDEN BOYSは枠番順に以下の通りです。

1:今井貴士 2:新田雄史 3:篠崎元志 4:海野康志郎 5:川崎公靖 6:西山貴浩

 マンスリーKYOTEIレースガイドpdfに展望とワンポイントチェックが書いてありますが、その中で船橋の星桑島和宏(京急杯出場中本日1着2着)が紹介されてるのはうれしいですね。江戸川地区スターの桑原将光も参戦します。

大村スポニチ杯ゴールデンウィーク特選レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇樋口亮(諫早市)がプロペラに浮遊物が絡んでスピード乗らず責任外出遅れになった一戦は1号艇石橋道友(大村市)が16トップスタートの速攻で押し切り、今年2回目・通算V6となる優勝
 後続は捲り差しの3号艇津留浩一郎(大村市)に対し、実質4コースになった5号艇飯山晃三(佐世保市)の差しが迫りますが、津留は鶴首伸ばすかのように艇を伸ばして石橋に押っつけつつ2M先マイ。対して飯山は内からくるっと運んで津留の内に潜り込み、2周1Mは内の飯山と外の津留でラップターン。BSでも併走続きますが、2周2M内先マイの飯山がここで津留を突き放して勝負あり。

 で、ここからはナイター2場の優勝戦です。

蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦

 全国GW開催中唯一の5日間開催を締めくくる一戦は6号艇柳沢一が動いた164/345の進入から1号艇大嶋一也が06トップスタートの速攻で他艇をシャットアウトし、前走地三国ビクトリーチャンネル杯に続く今年2回目・通算68回目の優勝。昼の常滑と夜の蒲郡で愛知2場は師弟Vでした。
 後続は3号艇原田幸哉の捲り差しを柳沢がブロックし、その展開を突いて差した2号艇石川真二が2着。


 12日からの蒲郡次節はG1オールジャパン竹島特別ですが、今節優出メンバーからも大嶋、石川、柳沢、原田の4人が出場予定。それに先立ち、9日土曜日にボートピア横浜で実況の高橋貴隆アナがトークショーを行います。

丸亀安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞優勝戦

 まるがめブルーナイター2節連続斡旋の森高一真。前節まるがめブルーナイターオープン記念レースでは初日1走目でいきなり妨害失格になるブルーな結果でしたが、28日にお台場で開催された「BOATBoy Presents 水上の格闘技 THE 競艇ナイト2」を挟んで再びまるがめッシュナイトに臨んだ今節は前節のリベンジナイトに成功し、優勝戦1号艇。
 そして、124/356の進入から森高は06トップスタートの速攻で堂々押し切り、丸亀2回目・通算15回目の優勝。副賞のまじんくん人形を獲得し、競艇ナイトでも香川の重鎮として盛んに名前が出てた大魔神安岐真人元選手からのありがたいお言葉も頂いてます。
 後続は3号艇山崎昭生香川支部長と2号艇秋山広一の間を割る捲り差しを見せた5号艇山地正樹(岡山)に対して山崎支部長が内から伸び返し、2Mを先行。やまじは2M→2周1Mと全速戦で食らいつきますが、これを振り切った山崎支部長が2着。

【平和島deよしもとやすし】ベイパ新入部員発表日の平和島優勝戦

 6日間シリーズ平和島東京新聞盃最終日。本日発表された注目の第2期ベイパ部員発表は後述するとして、今節未勝利だった村田瑞穂が1号艇で登場した2Rで124/563の進入から逃げたムラミーは4号艇糸數由里に差されそうになるも糸數は+02のフライング。競ってきた選手がいなくなって先頭独走になり、お待たせしましたシリーズ初のムラミースマイルです。

 いよいよファイナル優勝戦が始まりました。125/346の進入からチルト+3度の6号艇澤大介が05トップスタートも、07スタートの4号艇久田武が受け止めて先捲り。しかしチルト0度の久田では1号艇坪井康晴を捲りきれず、「つボイがインから押し切ったか。展開まで思うつぼか。(動画」ということで、貫禄のつボイン戦で一人旅になったつボイは200「3」年「3」月「3」日の一般競走以来となる平和島「3」回目・今年「3」回目・通算31回目の優勝
 後続は1Mで2号艇寺本重宣と5号艇前本泰和の狭い艇間を割りきった「3」号艇荘林幸輝が2着。


 さて、今年度の平和島競艇は「平和島deよしもと」として吉本興業とのコラボレーションが起こるでしかし、本日の優勝者インタビュアー(動画)は平和島deよしもとにもっともふさわしい?吉本靖アナが平和島勝利者インタビューに新年度初登場。なんといっても吉本のやすしですからね。
 ですがしかし吉本のやっさんは土日がグリーンチャンネルとラジオ日本の競馬中継に出演なので「平和島deよしもとやすし」は基本平日限定とお伝えしておきます。ちなみに写真は吉本のやっさんが司会だった正月の東京ダービー表彰式。
ミッスーと吉本のやっさんっス


 お待たせしました、トーキョー・ベイ・パイレーツ・シーズン競ラブメンバー発表です!

残留組
濱野谷憲吾 作間章 中野次郎 熊谷直樹 阿波勝哉 

新加入組
飯山泰 三角哲男 田中豪 長岡茂一 村田修次 福島勇樹


 4月3日の平和島deよしもと記者発表会ではまけん、飯山やすし、アワカツ、中野次郎の4人が事実上発表済みでしたが、本日残りの7人も発表されました。
 TBPクラブシーズン兇らの新入部員は前出のやっさんを始め俺たちの誇りミッスー、モイチタン、ゆーき王子、快速特急田中さん豪、そして東京ベイスターのホームラン王ムラッシュです。
 お披露目イベントは京急電鉄社長杯5日目の5月6日ですが、このうちミッスーとムラッシュとゆーき王子は京急杯出場予定です。

芦屋プラスミック杯争奪戦優勝戦

 新年度からチルト+3度が解禁された芦屋競艇場。チルト3度期間限定メニューとしていか焼き卵サンドや、ぶた焼き卵サンドなどを販売し、チルト3択クイズといった本場キャンペーンでチルトアゲアゲ、ムードもアゲアゲに持って行ってるようですが、解禁2節目のプラスミック杯は目玉商品として阿波勝哉が参戦。
 3度にこだわる世界のアワカツが施行者の期待以上?の活躍で4日目7R2着以外全て1着の快進撃でもちろん優勝戦1号艇、だけどもちろん6コースになった優勝戦は南西追い風6m波高6cmのコンディションで、235/461の進入から19スタートのアワカツがチルトサンドの強烈な伸びで一気に絞り込んで捲りきるも、G2競艇祭選手紹介で同期3906飯山晃三に「え〜テレビの前のしよくん。見てますか?吉田パパの同期の飯山おじちゃんです。しよくんの為にがんばりま〜す。」と言われた2号艇吉田弘文(福岡80期3899)がイン11トップスタート踏み込んで阿波に一泡吹かせようと抵抗した分阿波のターンが膨れ、内から伸び返した「3」号艇の鳥居塚孝博が2Mトップターン。阿波の外全速は3鳥居塚に届かず、逆に1M2番差しの5号艇平野勇志に2M小回りで並ばれ、2周1M平野への差し届かず3着に敗れました。
 2コース15と阿波より早いスタートながら抵抗せず差しに徹したのが功を奏した格好の3鳥居塚は芦屋2回目・通算8回目の優勝でプラスミック杯のBOSSになりましたが、芦屋競艇場で売ってるビールはサントリー塚ではなくアサヒです。

宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から23トップスタート決めた3号艇堤健一が一気に捲りきって2005年4月住之江G3企業杯アサヒビールカップ以来となる通算27回目の優勝
 独走の堤健一と対照的に後続は大激戦で、捲り差し流れた4号艇繁野谷圭介に5号艇安田政彦が1号艇滝沢芳行と2号艇中野次郎の間を割って迫り、F2持ちながらも優出した6号艇深川真二も外マイから繁野谷の外にピタリつけます。
 2Mは安田が先行しようとするもここでタッキーが内から押っつけて来て、安田は包みきったものの流れてしまい、差したシゲノヤ、更にはBS最後方だったTBP中野が小回りで浮上し、2番手争いはシゲノヤと中野の争いに。2周1M中野の差しはかわしきったシゲノヤでしたが、2周2M内からあわせて来た中野をシゲノヤは包みきれず、遂に2番手逆転。尚、3周2Mターン膨れた繁野谷に安田の小回りが迫り、写真判定の結果安田が逆転3着に。

【り・エコ】緑のパワーで開催。トーキョー・ベイ・パイレーツ感謝祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 土曜日は前日の予告通り平和島競艇場に行ってきました。全国各地から駆けつけたベイパファンを始め4421人を集めた場内では「トーキョー・ベイ・パイレーツ感謝祭」が。KYOTEIブログNEWS〜競艇王CC壮行会レポート@平和島競艇場に詳しいレポートが掲載されてます。
 参加したTBPクラブ員は池田雷太山田竜一濱野谷憲吾阿波勝哉作間章齊藤仁中野次郎で、司会は昨年5月のTokyo bay pirates結成イベントと同じ佐山夏子アナでした。

 オークション入札方法の説明があったらしい神奈川新聞社賞3R発売中に現着も、オークションに参加するつもりは無かったのでここは舟券に専念。ついでに閉鎖された1Mも見てきました。水面際と階段スタンドには入れますが、売場までは遠いので直前買いのファンにはつらい立地に。
閉鎖中の1Mスタンド

 4R発売中に行われた浜名湖SG競艇王チャレンジカップ壮行会にはベイパメンバーの濱野谷&さくまあきらと共にチャレカ広報担当飯山泰も出場。それにしても見た目も年齢的にもベストな飯山やすしがベイパだったら活動がもっと盛り上がったんじゃないかと。
飯山やすしも登場したチャレカ壮行会

 佐世保の山口博司がベイ吉アナに「これが走る軍艦島です(動画)。」とお伝えされ、これを受けた勝利者インタビュー(動画)で走る空母への命名変更を希望した6R終了後に行われたトークショー。オークションの中間入札価格も発表され、福岡在住東京支部の齊藤仁はこの時点で1000円でした。
7R発売中のトークショー

 神奈川新聞車掌ことノッポアナの実況に変わった7R終了後に行われたイベントは選手とファンがチームを組んで戦った黒ひげ危機一発ゲーム。濱野谷&マーサク選手のチャレカ出場チーム、中野次郎&齊藤仁のJJチーム、阿波&雷太の江戸川チーム、山竜の1人チームの4チームにファン2名ずつが付き、中野次郎がリセットボタンを押す裏技も使ったかいあってJJチームが優勝。阿波&雷太チームにはJLCでお馴染み原理恵子も参加してまして、選手も原ちゃんもじっくり見られて個人的には一粒で二倍おいしいイベントでした。ちなみに生の原ちゃんにあえたのは7月のG1江戸川大賞IN蒲郡最終日以来でした。
原ちゃんも参加したゲーム大会

 我らが都築正治(愛知)が6号艇5コースからの必殺あこターンで差しきった9R終了後は「どーなる!?2009トーキョーベイパイレーツ」として、今後の活動方針を。内容は前日にオフィシャルWebで発表されたものと同一でした。

 【選出方法】
 過去の勝率や優勝回数、優出回数、ファン投票票数をポイント換算し合計ポイント上位選手や選考委員会推薦選手で構成する。

 【選出基準】
(1)平和島競艇場での過去2年間の勝率
(2)全国競艇場での過去2年間の優勝回数、優勝戦出場回数
(3)倶楽部☆HEIWAJIMA会員による投票
(4)トーキョー・ベイ・パイレーツ選考委員会推薦

 上記の結果をポイント計算し、新たなメンバーを決定します。

2009年のベイパ活動方針発表

 イベント最後のオークション落札者発表も終わり、都築さん連勝ゴールの12Rも終わった後は良2さん&かじさんと牛小屋へ。久々に炭火ホルモン焼きを堪能しました。で、帰宅後はJLC NEWSの録画だけして22時には寝て、翌朝10時に起床。ここんとこ5時間睡眠が続いてたので寝過ぎちゃいましたね。
オークションも無事終了

 ここで、日曜日の京都G1マイルチャンピオンシップターフをキルトクール。10月の盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯は馬6-14、枠4-8で決まったので青い4枠のブルーメンブラット、8枠のカンパニースーパーホーネットエイシンドーバーは絶対に外せません。よって軸はこの4頭ですね。
 対してキルトクールは前売3番人気の1枠1番ローレルゲレイロ。イン受難が予想される展開な上に、適性距離も1400mまでと見ているのでここはキルトクール。

【原ちゃん最新情報】

 原ちゃんが日曜のJLC NEWSに出演予定なことから、平和島ふしぎ発見!ベイパ感謝祭のパラダイスレポートはおそらく日曜にOAされると思いますが、ここで原ちゃんの最新情報を見つけたので紹介。情報源はこちらのBBSです。
 ブロードバンド情報サイトRBB TODAYでヘルスケア向けタブレット型モバイルPCPanasonic TOUGHBOOK CF-H1を紹介した2本のレポート記事が公開されています。ちなみにTOUGHBOOK CF-H1は看護用PCですが、本日司会の佐山夏子アナは元看護婦さんです。

【TOUGHBOOKレポート(Vol.1)】パナソニック、医療現場での使用に徹底的にこだわった「TOUGHBOOK CF-H1」を発表

【TOUGHBOOKレポート(ビデオニュース2)】開発責任者に直撃インタビュー!


 PC用限定ですが、下の動画は上の2つの記事にあります動画がブログパーツ化されたものです。

 さらにさらに。チャレカ最終日の30日は吉野希里と「賞金王に行きたい!SG第11回競艇王チャレンジカップ特別対決」という原ちゃんvsキリキリまいな企画が浜名湖で実施され、負けた方が自腹でクリスマスプレゼントを抽選で選ばれた視聴者1名様へプレゼントするそうです。逆に勝った方は12月23日に住之江競艇場現地レポートへ行く事になりそうですね。負けたら自腹という辺り、まさに原希里勝負。
賞金王に行きたい!チャレカ最終日予想対決
続きを読む

Tokyo bay pirates大暴れのG1びわこ大賞2日目だっちゅーの

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ミニボートピア洲本オープン初日でもあるG1びわこ大賞2日目は全国の水面を制覇するため動き出したTokyo bay piratesの2人が大暴れ。

 ここでTokyo bay piratesについて説明すると、「従来の広告展開にあったようなレースや競艇色を全面にアピールするのではなく、これまで伝え切れなかった選手の魅力に焦点をあて、例えばポスターなどのビジュアル展開については、ファッション誌のようなスタイリングで、これまでに見たことのなかった選手像に仕立てます。これらのことで競艇ファンはもちろんのこと、一般の方からも「カッコいい!」と思われる広告展開を今後実施してきます。」と、東京ベイ平和島競艇が新年度に結成したユニット。メンバーはびわこ大賞出場中の濱野谷憲吾中野次郎を筆頭に、蜷川哲平阿波勝哉熊谷直樹池田雷太角谷健吾作間章齊藤仁一瀬明山田竜一の11人。結成記念イベントが京浜急行社長杯(メンバーからは池田雷太と齊藤仁がレースに出場予定)4日目の5月6日に実施予定との事。

 ここからTokyo bay pirates大暴れの話題に入りますが、びわこ1人目の濱野谷が先ず5Rに6号艇で登場し、5号艇の同期前本泰和の5カド捲りに乗っての捲り差しでシリーズ初1着となれば、2人目の中野次郎が5号艇1回乗りの7Rで鋭い5コース差しを決めてシリーズ初1着
 そして濱野谷が1号艇で登場した最終12R。5号艇の同期木村光宏と6号艇のイーグル会長小畑実成が回り込んで156/234とスロー3艇がやや深い進入となるものの、波高6cm北東追い風4mの水面は濱野谷にとってはお手の物。ということで難なく先マイを果たした濱野谷が本日連勝となる1着ゴール。これで濱野谷は予選得点率10.00で王者松井繁と共に得点率トップ。若松G1全日本覇者決定戦からの連戦となる中野次郎も得点率6.67の10位まで押し上げ、若松に続く予選突破が見えてきたっちゅーの。

 最後に、3日目はいよいよびわこ専用場外ボートピア京都やわたイズミヤ八幡店そば)開設初日。国道1号線近くで駅からは遠いですが、淀駅の隣八幡市駅から無料バスが出てますので公共交通機関でも安心して行ける…と思います。八幡市駅は待ち兼ね石清水八幡宮がある男の中の男山最寄り駅なのです。開設に合わせてお茶と桜満開、春でもナツコのオープン記念イベントも行われ、白石親子や茶谷桜を始めとする面々がやって来ます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ