ブログネタ
競艇 に参加中!
 ボートビートプレス福岡の5日間シリーズスカパー!杯スカパー!380chで二元中継された本日が最終日。
 優勝戦は1号艇青木義一(山口83期3980)にデビュー初Vが懸かる一戦になり、青木は枠なり4vs2のインから08トップスタートを決め、3号艇鈴木賢一の捲り差しと6号艇柳瀬興志山口支部長のつけまいを振り切るものの、2号艇天野晶夫に差しが届いてBSは両者併走。
 大勢は天野有利な状況ながら2M青木は渾身の外全速ターンで天野を捲りきってややリード。
 2周1M天野を締めて先行した青木はなおも天野に粘られますが、2周2M内から押っつけてきた天野と接触しながらも包みきった青木に対し、天野は接触した勢いでバランスを崩して落水寸前になり勝負あり。
 これで青木は先頭独走になり、スズケン(埼玉73期3664)と3番手を争ってた柳瀬支部長(73期3661)が2周2Mで天野を避けたスズケンを包んで2番手に上がり、青木のデビュー初優勝はチーム今村の同門ワンツーに。

 通算15度目の優出で遂に初優勝をかなえた青木義一は1998年11月の下関一般競走でデビューして、デビュー2節目の同年12月福岡日刊スポーツ杯争奪戦初日1Rで初1着。
 それから11年4ヶ月強の月日が過ぎ、初1着水神祭の地で初優勝水神祭をかなえたわけですが、水神祭にはなんと師匠のミスター競艇今村豊が駆けつけました!

 感動の水神祭があったチーム今村については昨秋に放送されたJLC番組「ペラ小屋探訪紹介動画)」で詳しく紹介されてます。
 また、同門ワンツーで花を添えた柳瀬支部長の「☆3661☆柳瀬興志の競艇選手ブログ」には番組の裏話も。
チーム今村の理論派レーサー青木義一

 そんな感動で幕を閉じた福岡ボートの次節は30日から5月5日こどもの日までどんたく特選レース。5月以降は記念レース並みに連日豪華ゲストが来場します。

1日 ツートン青木
2日 棚橋弘至獣神サンダー・ライガー
3日 髭男爵
4日 蒼井そら
5日 さくらまや

 他にも、3日は全レース終了後に福岡支部若手選手による「ペラ坊どんたく隊」が博多どんたく港まつりのパレードに参加します。

桐生下野新聞社杯優勝戦

 当時与党だった自由民主党を下野してみんなの党を結党した渡辺喜美衆議院議員の地元栃木県の最新情報をお伝えする下野新聞のタイトル戦。

 村上祐次は予選落ちでゆうじこうじ揃い踏みならずも柏野幸二は優出1号艇を獲得。
 そしてスタート展示の145623から本番142/356の進入になり、10トップスタート決めたこうじが3号艇飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)のつけまいをブロックしての速攻で押し切り、今年3回目・通算43回目の優勝
 差し順走から2Mぶん回した4号艇石川真二が2着。

浜名湖中日新聞東海本社杯優勝戦

 桐生ボートは旧群馬県新田郡笠懸町(現みどり市)にありますが、桐生ボートと昨夏G1コラボレーションを展開した浜名湖の今節優勝戦は5号艇新田雄史(三重)以外全員関東地区所属の選手に。
 そして132/456の進入から3号艇江口晃生(群馬)の差しが入るも、捲り差しからシエロさんの内に入った新田がシエロさんに押っつけ、包もうとしたシエロさんは大きく流れて後退。
 この展開を突いたのが1M2艇に差された1号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)で、2Mで2艇まとめて差し返す柔の技で金メダルに輝いた齊藤仁は今年2回目・通算18回目の優勝

 後続は1M捲り差し流れるも2M4艇まとめて差した2号艇桐生順平(埼玉100期4444)が新田と艇を並べての2番手に浮上。
 2周1Mでは桐生ボートの重鎮シエロさんが内に潜り込むも桐生が包んでかわし、新田はシエロさんと6号艇秋山直之(群馬)の桐生ボートコンビの間を割って桐生のボートに食らいつき桐生の内に潜り込もうとしますが、2周2M桐生は新田を全速包んでかわし2着を取り切りました。

津グランプリシリーズ第2戦優勝戦

 今日4月26日はシルエット・ロマンスをヒットさせた歌手大橋純子の誕生日にして、2001年に小泉純一郎が第87代日本国首相に就任した日。
 そんな日に優勝戦を迎えたTSUグランプリシリーズ第2戦は213/456の進入から06トップスタートを決めて捲った1号艇大橋純一郎が4号艇武田光史の捲り差しを振り切って今年も通算も2回目の優勝
 尚、大橋純一郎と武田光史に叩かれた2号艇大嶋一也は振り込んで選手責任落水を喫してしまいました。

江戸川東京中日スポーツ杯3日目

 1号艇の頭が第4R2M差しの吉川喜継第6R一応逃げ切りの渡辺千草(今節選手代表)しか無かった波乱の3日目。

 本日は配当以外でも波乱で、第6Rでは渡辺千草を捲りきって先頭になりかけた2号艇新田芳美が出口で振り込み選手責任転覆、第7Rでは先頭の1号艇佐竹友樹(+05)と4号艇有賀達也(+01)の埼玉コンビがフライングに。

 そして、2号艇の第3Rは小回り差しで2着だった松下直也は1号艇の第8Rで3号艇道見数成(今月2度目再開後6度目の江戸川参戦)に捲られ、捲り差しの6号艇君島秀三に叩かれて4着に敗れたのを最後に私傷病帰郷してしまいました…。