ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

センタープール大賞

丸亀G1京極賞は2008年の再戦になって森高一真が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 東日本大震災被災地支援競走の丸亀開設59周年記念G1京極賞特設サイト)が本日最終日。
 まるボー周年京極賞の優勝戦は1325/46の進入からカドの4号艇中島孝平が11トップタイスタートを決めて絞りにかかりますが、中島と同じ11トップタイスタートだった1号艇森高一真(香川)が1M先制して押し切り、媒体訪問も担当した森高一真は今年2回目・丸亀5回目・通算20回目の優勝で2005年11月のG1宮島チャンピオンカップ以来となるG1V2。

 捲り差し狙う中島孝平に対し3号艇山口剛が外を牽制しながらのつけまいで応戦し、2番手は両者の一騎打ちになりますが、2M内から先行体勢の中島孝平に対し外の山口剛が全速ぶん回して突き放し2着。
 中島孝平が3着で、このワンツースリーは山口剛が優勝した2008年の56周年と着順こそ違えど同じ顔ぶれになりました。

多摩川四市組合44周年記念優勝戦

 東京都四市競艇事業組合(小平市・日野市・東村山市・国分寺市)の周年記念は毎年オール平日の4日間開催ながら豪華メンバーで開催され、今年も錚々たるメンバーに。
 レースは枠なり3vs3の進入から2号艇藤岡俊介が01トップスタート踏み込みますが1号艇今垣光太郎も04スタートで、ガッキーが1Mを先行。
 ガッキーは藤岡俊介の差しを振り切り、今年2回目・多摩川2回目・通算78回目の優勝

 2番手は藤岡俊介(兵庫94期4278)、3番手は1M外マイの4号艇川崎公靖(広島94期4271)、4番手は1M捲り差し狙った5号艇峰竜太でしたが、2Mで藤岡俊介のターンが流れて川崎公靖と峰竜太の差しが届き、先に差した川崎公靖が2番手に上がります。
 川崎公靖に対し2周1M峰竜太が内から押っつけ狙いますが川崎公靖はなんとか包みきり、なおも内から迫ってくる峰竜太を2周2M振り切り、3周1Mでは峰竜太に替わって内突いてきた藤岡俊介を包みきり、川崎公靖は2009年6月の前回当地スポーツニッポン賞に続いて優出4号艇2着。
 3周1M差しを狙った峰竜太はターンマークに接触してしまった分藤岡俊介を差しきるまでには至らず、両者ほとんど同体の状態から3周2M外握った藤岡俊介が30cm先着して3着。

尼崎日本モーターボート選手会長杯争奪センタープール大賞優勝戦
 
 尼崎市主催の東日本大震災被災地支援競走センタープール大賞は、宮城県在住埼玉支部の田中定雄51歳が2008年11月戸田一般競走以来の優出を決めた開催。

 また、優出1号艇富山弘幸52歳は節間7戦全勝で前回Vにして完全Vだった昨年10月の唐津西日本スポーツ杯同様に完全V王手と、優勝戦は見所たっぷりの一戦に。

 レースは枠なり3vs3の進入から富山が27とスタート遅れてしまいますが、富山は16スタートの2号艇古賀繁輝に捲られそうになるも伸び返して1M先行体勢。
 しかし富山に対し3号艇・徳島61期3333丸尾義孝日本MB選手会徳島支部長の捲りが襲いかかり、捲られた富山は伸び返して舳先掛けようと必死に追走しますが丸尾君に振り切られ、更に古賀の刺激的な差しも届き、富山は2Mを3番手ターン。
 ですがこれが逆に吉と出て、古賀の差しは先頭の丸尾君に押っつける形になり、丸尾君は包んでかわすも膨れてしまい、富山の差しが届いて先頭逆転。
 富山は2周1M外から締め込もうとする丸尾君を張って先行し、通算28回目の優勝は前回Vの唐津に続く完全V。

 尚、2M出口で後方を航走してた5号艇小羽正作が振り込んでしまい選手責任転覆を喫しました。続きを読む

標準型モーターラストの宮島新鋭リーグ+QBK尼ロックフェスティバル

ブログネタ
競艇 に参加中!
 モーターボート競走のモーターは1992年からヤマト発動機のヤマト300シリーズを使用しており、現行は標準型のヤマト302型(宮島競艇フリークスのモーター解説)と減音型のヤマト301型(尼崎HPの特集ページ)を使用してますが、今年4月の段階で4場残っていた標準型モーターの場は5月に尼崎、6月に江戸川、7月に唐津(従来は唯一の電波障害対策仕様ヤマト304型)が減音型に替わり、最後に残った宮島も遂に次節JLC杯争奪パワーバトルから減音型モーターに。
 今年度からモーターボート競走の通称がKYOTEIからBOATRACEに変わりましたが、ボーターが減音型に統一されたという出来事にもKYOTEIからBOATRACEへの移り変わりを感じますね。

 ということで今節G3新鋭リーグ第14戦厳島昇龍決戦は長い間使われてきたヤマト302型モーター最後の開催に。
 今年度の新鋭王座開催地という事でも注目だった宮島新鋭リーグの優勝戦は枠なり3vs3の進入に。
 そして3号艇池永太(福岡97期4364)が34のドカ凹みスタートをやらかしてしまい、カドから4号艇水摩敦(福岡99期4413)の捲りが飛んできて、水摩の捲りを受け止めた1号艇麻生慎介(広島94期4292)と水摩が競る間に、池永を叩いて差した5号艇佐藤旭(静岡94期4273)が両者に並んで来て、ノーマルエンジンのエキゾーストノートを轟かせる先頭争いは三つ巴に。
2Mは最内の佐藤旭が先行し、麻生が差し、水摩が6号艇藤岡俊介(兵庫94期4278)を行かせての2番差し。
 水摩は藤岡を行かせた分差し遅れて3番手に下がり、HSは先頭の佐藤に麻生が必死に舳先をねじ込み、2周1Mは麻生が押っつけ気味に先行しますが、ここで水摩の差しが届いて再び3つともえに。
 2周2Mは最内の水摩が艇を伸ばし先行するも麻生が押っつけ気味の差しで抵抗。
 そんな中、両者を外から全速包んで回った佐藤が一気に捲りきって単独先頭に立ち、今年も通算も2回目の優勝
 2周2M麻生の差しを振り切って2番手に上がった水摩は3周1M切り返してきた麻生に押っつけられますが水摩はなんとか行かせて捌ききり、通算V3こそならなかったものの麻生には競り勝ちました。
競艇標準型モーター使い納めレース宮島新鋭リーグ優勝戦


尼崎日本モーターボート選手会長杯争奪センタープール大賞優勝戦

 「今年の夏フェスは尼ロックで決まり!(ニコニコ動画
 のキャッチコピーで開催された6デイズシリーズは枠なり3vs3の進入から1号艇安藤裕貴が1Mを先行するも2号艇・急にボートが来たのでQBK柳沢一が差しきり、QBK柳沢は昨日の12R準優勝戦でシリーズリーダーの1号艇・100V2000W山室展弘にせんせい4カド捲り攻撃を浴びせた勢いそのままに今年2回目・尼崎初・通算19回目の優勝
 2番差しの4号艇・前節楠公杯争奪オール兵庫王座決定戦優勝から尼崎連続ブッキングのARB安田政彦が2着。

児島競艇マクール杯優勝戦

 レース名のマクールとは裏腹に1号艇がA1選手大場敏、それ以外はA2とB1で朝とくガァ〜コ戦みたいなニゲール鉄板番組になった優勝戦。
 そして124/356の進入から4号艇広瀬聖仁が42とスタート遅れ、22スタートの3号艇久富政弘(佐賀67期3508)が絞りに行きますが、ここは大場敏(静岡67期3489)が艇を伸ばして先行し、流れずに押し切った大場は厚みのある強さで今年2回目・通算39回目の優勝
 捲り差しになった久富が2着で同期ワンツー完成。

下関G3企業杯サンデン交通杯優勝戦

 かつて山陽電気軌道を運行してたバス会社サンデン交通の企業杯は枠なり3vs3の進入からスロー3艇がスタート遅れ、カド捲り敢行の4号艇笠原亮を1号艇柏野幸二が飛ばしに行った展開を突いて捲り差しを決めた5号艇汐崎正則が2008年6月津グランプリシリーズ第1戦以来となる通算5回目の優勝
 小回り差しの2号艇桐本康臣が2番手につけ、2M差した柏野がHS内から差を詰め2周1M先行するも、行かせて捌いた桐本が2着。

コウセイの雄叫びが開設55周年記念の平和島初日に。

 今日から始まった平和島競艇新年度一発目の開催は開設55周年記念G1トーキョー・ベイ・カップだったわけですが、初日の実況は前半がベイ吉アナで後半が「飛ばせ江口、上越あさひエクスプレス。渋川まで響けコウセイの雄叫び、ヤッター!ヤッター!初優勝だSG初優勝だエグチコウセイ。」な1998年平和島SG競艇王チャレンジカップの実況(動画)で後世まで伝えられる存在になったヤッターマンアナ。ちなみにメインのダイヤモンドレーサー決定戦は1346/52の進入からファン投票1位の1号艇濱野谷憲吾がファン投票4位の4号艇山崎智也の捲り攻勢をこらえきって平和島通算150回目の1着、山崎智也が2着という内容でした。
DR決定戦1号艇濱野谷憲吾DR決定戦2号艇阿波勝哉DR決定戦3号艇松井繁DR決定戦4号艇山崎智也DR決定戦5号艇魚谷智之DR決定戦6号艇今村豊

 そんな今日はヤッターマンのボヤッキーがなぜ「全国の女子校生のみなさぁ〜ん」とぼやくのかと考えたり、三浦半島の県立三浦臨海高等学校私立三浦学苑高等学校の学生、略して三浦高生の話題を考えたりではなく、考え抜いた末に本日のブログ構成は平成生まれな競馬界のGOLDEN BOY三浦皇成19歳のトークショー。
 グリーンチャンネル中央競馬中継EAST日曜午前の部司会でもお馴染みMasa.Itoこと伊藤政昭アナの司会だったトークショーは19歳なので舟券を買えない話や、我がPOG馬アドバンスヘイローに跨る中山G2ニュージーランドトロフィーの話や、DJ.マサ・イトーが準優と重なるのでNZTは前売か電投でよろしくと言った話や、ボートに跨ったりとか競艇好きの代表格として佐藤哲三の名前が出てきたりとかの話で結構興味深い話でした。で、誤字があったら校正します。
三浦皇成トークショー三浦皇成、ボートに跨る。

 で、写真がふんだんにあることで分かるように本日は福利厚生の一環として新年度最初の計年。今年度も競艇どっぷりな生活から更正できなさそうですね。ちなみに下の写真は前年度覇者中野次郎による選手宣誓ですが、今日は川崎G3桜花賞典・海老澤清杯競輪ともろバッティングしながらも好天の甲斐あって本場入場6711人と、荒天だった昨年度初日の入場5269人を上回ってました。選手紹介(特設サイトに動画あり)を見る位置が昨年度より悪かった事からも人の多さを実感しましたね。だけど、個人的には昨年度の選手紹介の方が華やかで楽しかったです。
前年度覇者中野次郎選手宣誓選手宣誓担当中野次郎と選手代表熊谷直樹に花束贈呈


尼崎日本モーターボート選手会長杯争奪センタープール大賞優勝戦

 7日間の長きに渡りセンタープール大将の座を懸けて争ったシリーズは枠なり3vs3の進入からイン21スタートの1号艇向所浩二(兵庫)に対し、10トップスタート決めた6号艇川上昇平の捲り差しが迫りますが、地元の意地でこれをなんとか振りきった向所が尼崎4回目・通算22回目の優勝を前走地びわこ日本トーター杯からの2節連続今年V2で飾りました。

【茨城ワンツー】江戸川MB大将飯島昌弘がセンタープール大将に!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「どうなることやらわからない、減税話を待つよりも、舟券当たれば景気回復です。日本モーターボート選手会会長杯争奪の第2回センタープール大賞。皆様の景気回復の起爆剤と成りうる6人が相対します。頂上決戦です、第12R優勝戦を迎えます(動画)。」ということで千葉誠一アナによる景気付けの口上もございました尼崎センタープールの6日間シリーズ日本モーターボート選手会会長杯争奪センタープール大賞は本日最終日。ちなみに昨年の第1回阿波勝哉がアワカツならぬアマカツと化した大外捲り一撃で初代センタープール大将に。

 さて、あんたが大将、おれが大将。第2代センタープール大将を決める優勝戦には「心優しくとも、この水面では鬼と化します」茨城在住埼玉支部の飯島昌弘が1号艇、「連続Vの喜びを是非ブログに記したい」茨城在住東京支部の福島勇樹王子が5号艇と、茨城から2名が優出。
 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇のプーさんこと飯島昌弘が08スタートを放ち2号艇07トップスタートのタツマッチこと立間充宏の差しを航跡にはめ、3号艇のデバッチこと出畑孝典のつけまいも軽くあしらい、「これぞ、まさしく尼崎巧者であります。舟足を仕上げて、流れも引き寄せまして、最後は威風堂々のイン速攻となりました1号艇の飯島。」と威風堂々たるイン逃げで今年4回目・通算では2006年G1江戸川モーターボート大賞を含む26回目にして尼崎は4回目の優勝。自他ともに認めるセンタープール巧者の名の通りにセンタープール大将を襲名です。
 早実出身の福島ゆーき王子が4号艇のアカカツこと赤羽克也(埼玉)を叩いての差しで2着に入り、甲子園近くのセンタープールで茨城ワンツー完成であります。ちなみに茨城といえば鹿島アントラーズですが、昨日の前半レースを担当した鹿島俊昭アナは本日不在でした。

 ここで飯島昌弘情報。あさって日曜日のオール女子戦サッポロビールカップ最終日に、サッポロビール売りとして戸田競艇場に登場します。ビールを買うとガラポン抽選会も受けられます。プーさんの他には平石和男濱崎直矢向後龍一が来場予定です。埼玉支部選手によるサッポロビール売りは土曜日も実施されまして、土曜日は山崎義明埼玉支部長と滝沢芳行須藤博倫秋田健太郎の予定です。ちなみに自分は魚谷香織が予選を通過したから土曜日は開門ダッシュ戦で戸田に行きますが、日曜日はぅぉちゃんの優出次第であります。
650万の小切手を高々と掲げる飯島昌弘ヽ(゚∀゚)ノ

よっ、あんたがセンタープール大将!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 7日から始まりました尼崎競艇今シリーズは今回が第1回目ということになりまして、できたてほやほやのブランニューシリーズであります。日本モーターボート選手会長杯争奪センタープール大賞。名手、個性派、更にはビッグネームと揃いました6日間の戦いでありましたが、今日がその戦いの最終日であります。

 競走水面で迎える水面は第8Rの一般戦となります。1号艇でも6コースを狙います小川晃司。一方、6号艇でもインコースにこだわります西島洋一。生き様、スタイル、全く正反対の2人がここは揃い踏みとなりました。互いに無いものを持ち合わせます。夫婦になったら上手くいきそうな2人でありますが、レースで1Mで折り合うかどうか、こればかりは謎であります(動画)。
 結果、5号艇松元弥佑紀も回り込んで6523/41の進入となりまして、西島が31と凹みます。このスリット隊形から松元が先制の捲りを決めて通算500本目の1着、差し伸びた小川が2着であります。対照的な個性派コンビを相手に初日メイン記者選抜戦を含むシリーズ5勝目を挙げた松元ですが、返す返すも2日目4Rのフライング(+03)が悔やまれるところであります。

 真新しいシリーズのキャンパスに、果たして誰が初代チャンプの名前を刻んでくるんでしょうか。個性派、役者が揃いました第12R優勝戦の幕開けです。今日もぐぐっと伸びて飛んで来るんでしょうか。常識を超えた6コースの弾丸、4号艇阿波勝哉はピット離れから艇団と大きく離れてもちろん6コース。最終隊形は3vs3、内から123/564です。スタートしました。他を圧倒する09のトップスタートを決めたのはなんとF2本持ちの安房勝山。ぐ〜っと伸びて弾丸の捲りを決めたアワカツが他艇に泡噴かせて今年3回目、通算11回目、そして尼崎では初の優勝であります。2着は小回りで踏ん張った2号艇藤井泰治であります。
 F2持ちで、しかも休み明けでありながら怖い者知らずの節間トップスタートを連発して野中和夫日本MB選手会長から表彰された初代センプル大将・Tokyo bay piratesの阿波は優勝賞金100万円の他に副賞として田辺ボーグ株式会社からグローブが進呈されております。

 センタープール次節は18日から22日まで、尼崎市に本社があるムラカミかまぼこ協賛のムラカミかまぼこ杯争奪メイドインアマガサキであります。

三国かんなづき第1戦2日目

 かんなづき第1戦、2日目を迎えました今日の水上は早くも予選ファイナルの攻防です。昨日連勝で得点トップに立ったのは石田豪選手。一方ボーダー上は6選手が名を連ね、今日は更に白熱のポイント争奪戦となりそうです。どうぞご期待下さいまして今日も1日ごゆっくりとお楽しみ下さいませ。それではオープニングカードです、おはよう特賞第1R動画)。インから123/456、スタートしました。逃げる1号艇佐々木和伸(徳島)を差した2号艇青木孝司(元東京支部現滋賀支部)が先頭に立ち、2M差し返しを図る佐々木を振りきってトップでゴールイン。佐々木和伸、おは特Vをかなえることができませんでした。

 ポイント争いが激化する水上は予選競走第5Rを迎えました。インコースから12345/6の順です。1秒前、スタートいたしました。スロー5艇が28〜49と立ち遅れる中、13トップスタートで大外単騎の効果倍増となった6号艇長岡茂一が一気のカミカゼ捲りを決めてトップでゴールイン。このレースだけでなくシリーズの主導権をも完全に握り、激化するポイント争いに終止符を打ちました。ちなみに3号艇三好一が2着に入って「一」ワンツー。
 モイチタンは1号艇で必勝を期した第10Rでイン28と立ち遅れてしまいますがすんなり伸び返し、3号艇立山一馬の3コース捲りをあっさり振りきり、前半に続く「一」ワンツーのおまけもついてトップでゴールイン。予選トップクリアーを決めました。

 かんなづき第1戦予選2日目は3連単3本の万舟券(一覧)が登場。時折風も出ましたが、闘志が波乱ムード巻き起こしたようです。レースは最終戦、記者選抜第12Rを迎えました。インから123/456の順です、スタートいたしました。1号艇田中豪は3号艇齊藤仁の強つけまいを振りきりますが、4号艇石田豪が捲り差しからBS伸びきって田中豪を捕らえ、2M先取りで抜け出しトップでゴールイン。田中豪は2Mで齊藤仁に差されそうになるも、2周1M締め切って齊藤仁を振りきり2着でゴールイン。豪華絢爛石田中豪ワンツーを完成させました。この結果、カニ坊準優11Rでも石田中豪対決となります。

江戸川報知新聞社杯4日目

 第3Rが始まりました。1号艇広次修が人気に応え1着となりましたが、後方では2周1Mで6号艇中井俊祐がターンマークにぶつかり、玉突き式に2号艇藤井定美がぶつかって藤井は転覆です(動画)。

 第5Rが始まりました。人気の中心1号艇谷村一哉が瀬川サターンで捲り差してきた3号艇瀬川公則を振りきって1着になりましたが、瀬川の上を捲り差そうとした4号艇吉川昭男はバランスを崩して選手責任の転覆、それに乗り上げた6号艇武田光史も転覆です(動画)。これにより吉川は不良航法を適用され、武田は負傷の為後半第11Rを待たずに帰郷しました。


 ここでポイント上位6人の紹介です。

一瀬明9.00 石橋道友8.71 上平真二8.33 西川新太郎8.00 久田武&谷村一哉7.83

 ベイパイ部員の一瀬が地元の貫禄でポイントリーダーとなっております。尚、初日連勝だった芹澤克彦飯島誠と共に7.14で7位タイです。

大村G1海の王者決定戦初日

 王者松井繁を始め、湯川浩司石野貴之三嶌誠司守田俊介が欠場、更には清水攻二が体調不良による前検不合格で合計6人が欠場してしまい、追加で平尾崇典(全日本選手権出場)と芝田浩治(ダービー優出)が呼ばれた王者抜きの王者決定戦初日。10Rでは6号艇の平目が大外から捲り差しで1着、2号艇の芝田が2コース差しで2着と追配同士のワンツーで2連単16770円の最低人気決着というおまけがつきました。

 初日メイン発祥地ドリーム戦は124/563の進入から1号艇上瀧和則が先マイも、4号艇吉川元浩の捲り差しが入り、上瀧を差しきった吉川が1着に。
 尚、F2持ちながら06トップスタートを決めて差し伸び3番手だった菊地孝平は2周2M振り込んでしまい転覆。5号艇太田和美が巻き込まれて落水してしまい菊地は妨害失格となりましたが、和美はなんと這い上がり再乗艇、無事完走致しました(動画)。

【土曜競馬キルトクール】

 松元茂樹厩舎のマリエンベルクが5枠6番で出走する京都G2デイリー杯2歳ステークスのキルトクールは小倉2歳チャンプマルブツイースター。小倉3戦での内容と、父がサクラバクシンオーであることから純然たるスプリンターの予感。よってキルトクール。

 東京開催の方は、11Rがダート1400mの1600万以下条件ブラジルカップ。ブラジルといえば面積の少なさで定評があるブラジルビキニで有名ですが、ブラジルカップの8枠15番はフレンチビキニ。これはいけない想像を駆り立てる番組ですね。
 それはさておき、府中のメインは9RのJ・G3東京オータムジャンプ。ベイパイ部員の濱野谷憲尚は3枠4番で登場です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ