ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ゴールデンレース

【タナシン優出】宮島G1競艇名人戦は心技体の準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 宮島競艇、G1第9回競艇名人戦もいよいよ第2関門。これより、心・技・体と銘打った3つの準優勝戦を迎えます。まず第一幕は心の極致第10Rです。予選1位の1号艇富山弘幸(大阪)が記念初優出を目指したここはスタート展示の156423から本番1456/23となり5号艇関忠志が08トップスタート放って捲りに行くものの、4号艇古場輝義(富山在住大阪支部)が激しく抵抗して共倒れ。古場が壁役になった事で富山は先マイできたもののマイシロなく懐開き、ずっぽり空いた懐を突いた2号艇尾崎鉄也が捲り差しで1着。そして差した3号艇若女井正が2M切り返してきた富山を包みきって2着。ということで富山の記念初優出はお預けとなりました。

 匠達の技と技とのぶつかり合い。百戦錬磨の熟練の走りをご覧あれ。第11Rの準優勝戦第二幕は技の極致です。進入インコースから1234/56です、スタートしました。12トップスタートを放った3号艇桑原淳一が捲りに行くも2号艇荘林幸輝(42期2833)に抵抗された分膨れ、小回り残した1号艇村上信二(42期2837)が踏ん張って先頭。後続は差した3艇、4号艇山口博司と5号艇松野京吾と6号艇高山秀則初代名人位で競る態勢になり2Mは内から高山が内から艇を伸ばし先行。松野は山口を牽制して回った分懐が開き、1M艇が浮いて後方だった荘林が山口の進路をカットしつつ内に潜り込み、松野とぶつかりながらも潜り込み成功。そして高山との併走に持ち込んだ荘林は2周1M高山とやり合いながらも内から先行し、大きく膨れながらも単独2番手に浮上し2年連続優出。

 匠達の祭典。G1第9回競艇名人戦もいよいよ最後の準優勝戦。残る2つの席を懸けての争い。第三幕は体の極致第12Rです。富山敗退により勝てば優勝戦1号艇になる地元田中伸二(42期2844)が1号艇のここは1236/45の進入から2号艇瀬尾達也が08トップスタートをぶちこみますが、10スタートのタナシンは伸び返して瀬尾を牽制しながら1Mを先行。結果的に瀬尾を壁にしたタナシンが1Mで独走に持ち込み1着で優勝戦1号艇を獲得し第9代名人位にリーチ。順走の瀬尾も2着で優出です。


 アムラー芸人若井おさむとかげろうお銀由美かおるがやって来る宮島で、とっても春がかおる色っぽい実況の土谷由美アナが盛り上げた名人戦の最後を飾る第9代名人決戦の枠番は以下の通りです。

1:田中伸二 2:村上信二 3:尾崎鉄也 4:荘林幸輝 5:瀬尾達也 6:若女井正

 優出メンバーではタナシンとワカメちゃんに記念初Vツモのチャンス。果たして競艇POGで推している42期しんじが42期しんじを壁にして逃げられるか?ちなみに本日の自分は東京新聞盃3日目の平和島にいた後、大森駅前の雀荘林バナタウン良2さん&かじさん&B1ゆーとぴあさんと対局しました。半荘林2回は共に中間着。

【明日は桐生ゴールデンレースドラキリュウカップ優勝戦

 今年度全国13場で開催されるゴールデンレース第一弾ドラキリュウカップ。優勝賞金64万円に加え選手会から副賞金36万円が贈呈される優勝戦メンバーは以下の通り。

1:吉川元浩 2:川崎智幸 3:濱野谷憲吾 4:作間章 5:吉川昭男 6:長谷川充

 W吉川とTokyo bay piratesと群馬71期と智様が載ってきて非常に楽しみな番組になりましたね。尚、名人戦との併用発売となる当日は江口晃生橋本久和新井亨支部長&土屋千明(父はゴルゴ土屋栄三)と高橋貢浅香潤早川清太郎による桐生伊勢崎コラボレーショントークショーがあります。

 最後に、中山G1皐月賞については昨日のエントリーに書いてありますが、キルトクールはブラックシェルです。

【アクアンnight開幕戦】桐生新鋭リーグ優勝戦は三つ巴の大激戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 桐生アクアンnight2008開幕戦、優勝賞金120万円の東京中日スポーツ杯争奪G3新鋭リーグ戦は5日から始まった5日間シリーズで本日が最終日。
 優勝戦は1/42/356の進入となり、4号艇毒島誠がブスッと35スタートのドカ凹みをやらかして直外の2号艇松村康太が捲りを打ち、デビュー初V目指す3号艇佐藤旭は捲り差しで松村に舳先を掛けトップ2艇併走。そして松村と佐藤に捲られたイケメンの1号艇篠崎元志もブスを張って振り込ませての小回りで3番手につけ、デビュー初優出の6号艇鈴木裕隆が捲り差しから篠崎を追いかける展開に。
 2Mは佐藤が先行も、松村が差して同体になり、2周1M内有利に回ろうとする松村に対し佐藤が外全速で挑み、これに松村が抵抗して両者大競り。3番手争いの方も先行する篠崎を鈴木が差して接戦になりますが、こちらは篠崎が締めきって2周1Mを先に旋回して勝負あり。そして松村と佐藤が大競りする間に篠崎が一気に並び、BSは内の篠崎と外の松村で同体。両者の外にいた佐藤も切り返しで迫り、内に艇を伸ばして2周2Mを先行。ですが佐藤の旋回は空振りに終わり、差しきった篠崎がここで一歩リード。今度は内の松村と外の佐藤で2番手接戦になりますが、打倒イケメンの意地で内から篠崎に押っつけにいった松村が篠崎に包まれて空振りに終わったところを差しきった佐藤が2番手争い一歩リードで、3周2M松村の全速戦を振りきって松村に競り勝ちました。
 さて、松村の突っ込みを振りきり独走になった篠崎は昨年メーデーの若松スポーツニッポン杯争奪GW特選以来となる通算2回目の優勝。優出メンバー中最年少かつ最も新鋭の96期4350篠崎元志22歳はご存じの通り101期やまとチャンプ篠崎仁志の兄。弟は今月2日の西スポ杯大村桜祭り競走初日2Rで待望の水神祭を挙げましたが、それから1週間後に兄は大激戦(動画)の末に逆転Vと、この1週間は篠崎兄弟にとってうれしいことずくめでしたね。レース後にはJLC初出演の秋葉ミキからGBインタビューを受けたイケメンゴールデンボーイ篠崎元志でした。


 桐生次節は15日から20日まで桐生ゴールデンレースドラキリュウカップ江戸川ゴールデンカップを連想させる名称にして、実際江戸川代替開催の意味も含んでいるゴールデンレースとは江戸川休止中の今年4月から来年3月までの間、24場中13場がそれぞれ1回ずつ開催します。一般レースとして開催しますが斡旋選手については、1ランク上のG3企業杯と同程度の斡旋になります。そのゴールデンレースは15日からの桐生が第一弾となるのですが、3589西村勝と3590濱野谷憲吾が連番で斡旋されたり、3582吉川昭男と3854吉川元浩がセットで斡旋されたり、群馬71期3622こそいないものの群馬71期3619長谷川充と71期3623深川真二が斡旋されてたりします。他にも川崎智幸新美恵一渡邉英児伊藤宏金子龍介作間章中島孝平山崎裕司らが斡旋されています。

【桐生といえば不死鳥伝説】

 二代目艇王植木通彦元選手は1989年1月16日、桐生競艇場でのレース中に転覆した際、後続艇のペラで顔面を切り刻まれ、全治5ヶ月、傷の縫合に75針を要する重傷を負うも、半年後にその桐生で復帰を果たしたことをきっかけに不死鳥伝説が始まりましたが、今年度から日本モーターボート競走会やまと競艇学校担当理事に就任して艇王学を伝授。
 そんな青い不死鳥ウェイキーくんが理事就任直前の3月26日から3月31日にかけてB&G小笠原体験クルーズに行ってきたのは記憶に新しいところ。小中学生の海洋教育事業として実施された体験クルーズの模様はB&G財団特設ページで詳しく紹介されれますが、青い不死鳥ウェイキーくんは27日と30日に船内で講演を行い、「私が再起できたのは、周囲の人のおかげでした。人間、人の出会いが大切です。皆さんも、クルーズで知り合った仲間との友情を大切にしてください。」と桐生での出来事も語っています。
 そして今回使われたのは、ピカイチの豪華客船ふじ丸。このふじ丸ピカ一は全長約170m、幅24mの超大型豪華チャータークルーズ船で、今回参加した小中学生の参加費用は通常16万円のところ競艇公益資金の助成で8万円のお値段でした。ちなみにふじ丸ピカ一で日本一周ツアーをすると288000円〜648000円のお値段となっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ