ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

グランドチャンピオン決定戦

SGグランドチャンピオン決定戦は太田和美が連覇

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 選考期間中のSG優出完走者およびSG予選得点上位者による選出基準のためSG出場経験者しか出られない事から、賞金王決定戦を除くSGでは最もメンバーが豪華なSGグランドチャンピオン決定戦特設サイト)。
 23回目の今年度は皆川浩二MB競走会会長の地元とこなめで開催されました。

 SGウィナー4人と賞金王シリーズウィナー2人による優勝戦は132/456の進入から1号艇太田和美が10トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・グラチャン連覇でSGV6となる通算61回目の優勝
 2着は1M差し順走から2M握った3号艇田村隆信

 それにしても昨年に続いて2年連続でグラチャン優勝戦を生で見たわけですが、昨年2号艇で優勝した太田和美が今年は1号艇ですんなり優勝したのに対し、昨年1号艇で3着だった吉田俊彦は選手紹介で「この常滑にはリベンジやのうてリトライに来ました。今節も最終日最終レースに残って、今度こそは勝って帰りたいと思います。応援よろしくお願いします。」という迷言を残したら初日8R1号艇でスタート時エンストによる選手責任出遅れになり、1号艇でのやらかしをリトライしてしまい太田和美と大きく明暗を分けました。
太田和美と皆川浩二で三沢のヒーロー太田コウジ2年連続で和美とアッキーナMCは実況も担当した山田智彦機長


多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前田将太が3号艇江夏満の攻めをブロックして押し切り、多摩川初・昨年1月芦屋ライジングスター以来となる通算7回目の優勝
 後続は江夏満が攻めをブロックされながらも2番手を航走し、差し順走の2号艇高沖健太を2M行かせて捌き福岡ワンツー。

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇清水敦揮がサキマイを決め、3月の江戸川全国ボートレース専門紙記者クラブ杯に続く今年2回目・鳴門初・通算13回目の優勝は岡山から千葉へ移住後の初V。次節は新たな地元水面になるかもしれないG1江戸川大賞です。
 2着は差し順走の2号艇眞田英二(徳島)。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞が押し切り、福岡の骨付鳥飼眞は今年3回目・丸亀は2006年9月G1京極賞以来となる2回目・通算37回目の優勝
 2着は1M→2Mと握って回った3号艇海野康志郎

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 1235/46の進入から逃げる1号艇仲口博崇と捲り差す3号艇長岡茂一で接戦になり、2Mはモイチが先行しますが仲口博崇が差し返し、2周1M内先行で抜け出した仲口博崇は今年5回目・通算61回目の優勝

芦屋のグランドチャンピオンは大阪支部の太田和美に決定

アシ夢 昨日の下関から関門トンネルをくぐり、今日は福岡県遠賀郡芦屋町の芦屋ボートで現地観戦したSGグランドチャンピオン決定戦最終日特設サイト)。
 豪雨の中、スタンドに入ると入口でアシ夢が出迎えてました。
 ちなみにイベントホールと売場がある多目的ホール夢リアには地上45mの展望ラウンジがありますが、展望台からは自衛隊基地をはじめとする遠賀郡の景色を一望できます。

 さて、グラチャン最終関門の優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇太田和美が1号艇吉田俊彦(兵庫)を差しきり、太田和美はSGV5となる通算56回目の優勝

 2番手の吉田俊彦に対し、1M捲り差して3番手の5号艇山崎智也が2M内から合わせにかかり、合わせられた吉田俊彦は山崎智也を包みきれずに同体に持ち込まれ、2M内から先行した山崎智也が逆転2着。

 ちなみに芦屋でのグラチャンは2008年の第18回以来2回目ですが、4年前の優勝は湯川浩司で、今回も4年前同様大阪支部の優勝で幕を閉じました。
太田和美と南明奈太田和美と内田和男の和コンビ


徳山デイリースポーツ杯争奪クラウンダービー優勝戦

 1235/46の進入から1号艇古賀繁輝が04トップスタートの速攻を決め、今年3回目・通算16回目・徳山は3連続Vとなる3回目の優勝
 後続は差した3号艇松本浩貴が2番手、つけ回った2号艇眞田英二が3番手を航走し、松本が2Mと2周1Mで眞田の外全速戦を受け止めきって2着。

尼崎MBSラジオ1179賞競走優勝戦

 芦屋とは甲子園を挟んで至近距離の尼崎で開催されたMBSラジオ賞の優勝戦は2号艇ながら通算1999勝の西島義則(福岡在住広島支部)が2000勝王手で注目度ナンバーワン。
 そして枠なり3vs3の進入からペリカンは1号艇飯島昌弘を差しきりますが、そこに5号艇石田章央が3号艇赤羽克也を叩きながらの空気を切り裂く2番差しでペリカンを差しきり、2Mを先行。
 ペリカンは2M差し返しを狙うも振り込んで最後方に下がってしまい、抜け出した石田章央は前走地ホテルnanvan浜名湖アタックに続く今年2回目・尼崎初・通算11回目の優勝

 後続は捲り差して3番手の4号艇松本勝也(兵庫)がペリカン振込により若干不利を受け、ズブズブに差されて4番手だった1号艇飯島昌弘が2M外全速握った事で不利を受けずに松本勝也を捲りきって逆転2着。

児島マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 2号艇から4号艇までを87期が占めた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇岡崎恭裕が09トップスタートの速攻で87期トリオを完封し、今年3回目・児島2回目・通算19回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇福島勇樹(87期4083)が2番手も、2番差しの4号艇杉山正樹(87期4084)が2M内から押っつけて艇を合わせに行き、ゆーき王子は外包んでかわすもやや膨れて接戦になり、1M外握った3号艇妹尾忠幸(岡山87期4089)が2M差して迫り、HSでは87期トリオによる2番手争いに。
 その中からHS一番外側のゆーき王子が杉山マーくんを振り切りつつ最内の妹尾忠幸を2周1M全速捲りきって抜け出し2着。

BP習志野で平高奈菜氏のトークショー

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日はボートピア習志野へ2010年次最優秀新人選手の愛媛在住香川支部100期4450平高奈菜のトークショーを見に行って来ました。

 トークショーは2部に渡って行われ、第1部はSG初出場を果たした尼崎SG笹川賞の話がメインで、普段と全く緊張感が違うSGの舞台は非常に勉強になったそうです。
 また、昨年の下関G1企業杯JAL女子王座決定戦に事故率オーバーで出られなかった事は非常に悔しく、非常に落ち込んだとの事。
 その時の悔しさが昨年の活躍につながったのでしょうね。

 第2部はファンからの質問用紙に回答するコーナーと抽選会で、好きなコースは水しぶきを受けないきれいな水面を回れるインコースで、好きな場は地元以外だと蒲郡で、好きな男性のタイプは大柄でワイルドな男性だそうです。

 また、トークショー中に蒲郡SGオーシャンカップ最終日の7月18日に行われる次回トークショーゲストが平高奈菜の同期4444桐生順平と発表されました。
 平高奈菜から見た桐生順平の第1印象は怖かったとの事で、人見知りする性格なのもあって、笹川賞で初めてじっくり話す機会があって打ち解けたそうです。
平高奈菜トークショー第1部平高奈菜トークショー第2部平高奈菜イベントお楽しみ抽選会

 ちなみにBP習志野全国発売競走恒例の開催地ご当地メニュー、今回はタコ塩やきそばでした。
 やきそばに味噌汁とおにぎりが付いて、ボリュームたっぷりでした。
BP習志野児島ご当地メニューのタコ塩やきそば


児島SGグランドチャンピオン決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇平本真之がスタート22と遅れ、そこを見逃さなかった12スタートの2号艇瓜生正義が平本を捲りきって後続の差しも振り切り、2号艇ながら人気の中心だった瓜生はSGV4となる記念V11で通算48回目・今年4回目・児島は今年2月の前回当地G3企業杯シモデンカップに続く3回目の優勝
 3号艇石渡鉄兵と5号艇佐々木康幸と6号艇秋山直之の3艇による差し合戦になった2着争いは外から艇を伸ばしきった江戸川鉄兵が2Mを先行するもマイシロない分もたついてしまい、差しきったアッキーニャングリーンが2着。

 ちなみに瓜生の優勝でオーシャンカップ繰り上がり出場が決まったのは中里英夫ですが、中里は2月のシモデンカップで優出3着でした。


住之江報知杯争奪全国地区選抜戦優勝戦

 今年度の全国地区選は126/345の進入から1号艇川崎智幸(中国地区)が2号艇横澤剛治(東海地区)のつけまいを全く寄せ付けずに押し切り、渋谷区在住岡山支部の川崎が今年3回目・住之江2回目・通算37回目の優勝
 つけまいは届かずも、横澤は節間9戦8勝の強力足を存分に見せつけて後続の差しを振り切り2着。

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 波高10cm南向かい風8m安定板着用で開催された優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇徳増秀樹が差しを決め、通算45回目・唐津は昨年10月の前回当地鏡山特別に続く3回目の優勝
 秀樹に差された1号艇峰竜太は4号艇横西奏恵の2番差しを振り切って2着。

江戸川サンケイスポーツ杯2日目

 今日は専用場外BP習志野から参戦した江戸川。
 今日はトークショーの司会でトークショーの後JLCBREXに出演のダブルヘッダーだった戸田実況田島美生アナと話す機会があり、実は江戸川が地元水面という話をきけました。

 ある意味今日のメインレースである8Rアートテラー・とに〜記念競走
 「本日はアートテラー・とに〜こと大山敦士さんと共に30人以上の方々が来場され、場内見学、アートツアーにご参加いただいております。これを記念しまして、第8Rはアートテラー・とに〜記念競走というタイトルが付けられております。場内各所に展示されておりますアート作品同様、ただいまより繰り広げられるボートレーサーたちの水面上のアート作品にもどうぞお楽しみ下さい。(動画
 そんな記念競走は人気の中心だった2号艇中島友和が08トップスタートを決めて捲るも出口でややバタついて突き抜けきれず、6号艇川尻泰輔が4号艇鈴木孝之を叩いての差しで突き抜け1着に。

 また、11Rでは1号艇岸本隆が+06のフライングに散って同レース総売上848万3300円中490万6400円が返還になってしまいますが、なんとF返還有りなのに同レースの3連単2-6-5は60760円で2連単が15420円、2連複も10670円のトリプル万舟で、もちろん今日の最高配当。

 さて、今日の若林将は外枠2走を3着2本で乗り切りましたが、今日の平和島東京スポーツ賞2日目2Rで若林将の兄若林友(107期4617)が1236/54の大外から大捲り一発決め、責任外事故3走を除くデビュー58走目でデビュー初1着の水神祭を飾りました。
 ちなみに若林兄弟は昨年10月11日にBP習志野で行われた新人選手紹介で同じステージに立ってます。

多摩川BPクラブの主砲村田修次がBP横浜に登場!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は昨日紹介したボートピア横浜村田修次トークショーを見に行って来ました。

 昨日多摩川神奈川新聞社賞を優勝したムラッシュ凱旋トークショーの司会は4日間ずっとムラッシュのターンを追い続けた多摩川実況野村達也アナ。

 トークショー第1部は多摩川の話がメインで、2007年9月のG1ウェイキーカップ優勝時の話なども。
 また、来月出場する蒲郡SGオーシャンカップへの意気込みも聞けました。

 トークショー第2部はファンの挙手による質問にムラッシュが答えるというもので、プライベートで仲がいい選手は山崎智也という話や、一番のライバルはBPクラブ同門で1期先輩の田中豪という話などを聞けました。

 ちなみに今後のBP横浜ゲストイベントは7月6日水曜日に蒲郡実況高橋貴隆アナが2009年5月9日以来の横浜再登場を果たし、7月16日土曜日には菊地孝平が来場します。
ムラッシュトークショー第1部ムラッシュトークショー第2部

BP横浜すぐ近くの横浜スタジアム


児島SGグランドチャンピオン決定戦5日目

 準優1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から1号艇平本真之が2号艇平尾崇典(今節選手宣誓担当)の差しを振り切って1着。
 児島のプリンス平尾崇典は2周1Mで内の3号艇中島孝平を行かせて捌ききり2着優出。
 以上の様にここは平本平尾の平平ワンツーになりましたが、明日はボートピア習志野平高奈菜(同期は平本真之の妻平本さやか)のトークショーがあります。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から3号艇石渡鉄兵が捲りきって1着。
 捲り差した5号艇秋山直之が2着に入り、ここは江戸川鉄兵とアッキーニャンの関東ワンツー。

 準優3つ目の12Rは枠なり3vs3の進入から差しを決めた2号艇瓜生正義が4号艇佐々木康幸の捲り差しを内でこらえきって1着。佐々木が2着。


 優勝戦は準優1号艇トリオのうち2人が準優敗退した結果、SG17優出V3の瓜生とSG4優出の佐々木以外は2度目のSG優出というフレッシュなメンバーに。

1:平本真之 2:瓜生正義 3:石渡鉄兵 4:平尾崇典 5:佐々木康幸 6:秋山直之

 今節イン受難の児島で、過去イン戦1着率約50%と決してイン戦が得意ではない平本真之が優勝戦1号艇と最後もインが飛びそうな雰囲気たっぷり。
 しかし、準優10Rで完全に入りかけてた平尾の差しを足の違いで振り切った強力パワーなら、スタート遅れなければ少なくとも捲られる確率は低そうです。
 ただ、プレッシャーでターン漏れしたら百戦錬磨の瓜生が差しきる可能性濃厚。

江戸川サンケイスポーツ杯初日

 今節から一般開催におけるレースタイトルが復活した江戸川。
 レースタイトル復活初節の5日間シリーズの1Rは1号艇曾根孝仁が熱い02トップスタート踏み込む豪快なイン速攻劇で開幕しました。

 さて、初日は3人の連勝選手がいて、今節最年長最古参の福岡28期2377倉尾良一61歳と前地元スター若林将と佐賀のA1レーサー中島友和

 内訳は倉尾良一が前半5R2号艇が捲りで、後半10R1号艇が2艇に差されるも2M差し返す逆転勝ち。
 G1江戸川大賞優勝モーター40号機を手に入れた若林将は前半7R2号艇、後半11R4号艇共に捲り勝ち。
 江戸川選抜戦メンバーの中島友和は前半8R5号艇、後半江戸川選抜3号艇共に捲り勝ち。

 中島友和の前回江戸川参戦は2006年5月の東京中日スポーツ杯2日目途中帰郷以来で、今節出場選手中最も江戸川長期不参選手でしたが、前走地びわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞を2日目以降7連勝で優勝した勢いそのままに初日連勝です。

 ちなみに中島友和の2日目は8Rアートテラー・とに〜記念競走2号艇1回乗りですが、冠協賛オーナーのアートテラー・とに〜による江戸川アートツアー体験記が前編後編に渡って掲載されてます。

大村現地観戦のグラチャンはグラチャン王子の江戸川浩司がV3

ブログネタ
競艇 に参加中!
 競艇発祥の地BOATRACE大村で1955年モーターボート記念以来のビッグレース開催になったSGグランドチャンピオン決定戦
 長崎は今日も雨だった梅雨空で雨が降ったりやんだりな天気でしたが、雨がもたらす湿気がナツ、キマリな蒸し暑さを増幅させた気候でした。

 さて、桑野信義による生ファンファーレが流れた優勝戦は126/345の進入から1号艇・グラチャン過去V2の実績を誇るグラチャン王子湯川浩司が02トップタイスタートで押し切り、今年3回目・大村3回目・SGV4と江戸川G1V3を含む記念V9・通算27回目の優勝
 2番差しの6号艇平田忠則が、差し順走で先行する2号艇吉川元浩が艇を外へ持ち出した隙を突いて吉川に並び、2Mを先行したヒラチュウは一気に吉川を突き離し、江戸川浩司にも舳先届きかけた好旋回で2着。

 節間全レースの実況を担当した大場ナツキアナが司会の表彰式には南明奈が登場し、前列を埋め尽くしたアッキーナファンがいなくなった後は前付け成功で好位置をとれた表彰式の最後には息子の昴君も登場しました。
生ファンファーレ演奏の大役を担ったくわまんグラチャン王子江戸川浩司のウイニングランアッキーナとグラチャン王子江戸川浩司ナツキとグラチャン王子江戸川大賞でベンツをもらった江戸川浩司の息子はスバルくん


常滑G3新鋭リーグ第9戦若獅子杯優勝戦

 14/2/365の進入から1号艇金子拓矢が先行するも流れ、2号艇小坂尚哉と3号艇坂元浩仁(愛知)の捲り差し、6号艇今井貴士が4号艇平本真之(愛知)を叩いての差しで金拓を差し切り先頭は3艇接戦。
 そして2M、最内の今井がすんなり先行したのに対してコサカーナと坂元は両者握り合う形になって流れて行き、メンバー中実績一番の今井は今年4回目・常滑初・通算11回目の優勝
 2Mでコサカーナと坂元がやりあう隙を突いた金拓が2艇と5号艇柳生泰二を行かせての差しで一気に浮上し逆転2着。

 尚、丸亀SGオーシャンカップ予備1位だった稲田浩二は5日目11R準優勝戦の1号艇で+03のフライングを切ってしまいましたが既にお盆までの斡旋が入っていたため、グラチャン王子の大阪支部江戸川浩司優勝による繰り上がりで大阪在住兵庫支部稲田浩二のSG初出場が決まりました。

桐生東京スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から12トップスタートの6号艇白井友晴が捲りに行きますが3号艇吉田俊彦が抵抗の先捲り。ですが1号艇進藤侑(群馬)は吉田の捲りを寄せ付けずに押し切り、2M切り返しておっつけてきた吉田を包み切って桐生初・通算2回目の優勝。2着は吉田、3着は白井。

BR大村のSGグラチャン準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
競艇発祥の地 競艇発祥の地大村では1955年の第1回モーターボート記念以来のビッグレースとなるSGグランドチャンピオン決定戦が本日準優勝戦。


 1つ目の準優勝戦10Rはインでやらかす事多々あれど波高6cm南追い風7mの水面お手の物な艇界屈指の荒水面巧者湯川浩司が1号艇でしたが、江戸川浩司は枠なり3vs3のインから03トップスタートを決めて堂々押し切り1着。
 もう1つの優出枠をめぐる争いは、差し順走の2号艇萩原秀人がやや有利に運び、差し続く6号艇赤岩善生を2M行かせて捌き2着。

 2つ目の準優勝戦11Rは枠なり3vs3の進入から1号艇岡崎恭裕(福岡我勝手隊)が15トップスタートの速攻で1Mを先制しますが、差して来た4号艇吉田弘文(福岡我勝手隊80期3899)が迫り、1-4or4-1の同県同門一騎打ちの体勢になりかけましたが、締めた岡崎と腰を上げたしよくんのパパがクロスしたところでしよくんのパパが追突してしまい、唖然呆然な両者転覆。
 これにより、捲って3番手の3号艇吉川元浩が1着に繰り上がり、捲り差し5番手から2M外全速恐竜ターンで内の2号艇西島義則を捲りきった6号艇平田忠則(福岡げってん会80期3898)が急浮上の2着。
 尚、個人的にはどっちも責任外かと思いましたが、左大腿部および左腰の打撲で負傷帰郷した岡崎が斜行による選手責任で、無事だったしよパパが責任外の裁定でした。
 また、優出争いには関係ありませんでしたが、2周BS事故艇付近でペリカンさんを外から抜いた5号艇秋山直之が3着になった件で、原因はペリカンさんがレス救助艇の引き波に乗って艇が不安定になり減速した為との事で秋山にゃんの追い抜きは問題無しとのこと。

 今日はマイケル・ジャクソンの命日でしたが、最後の準優12Rは予選1位のマイケルレインボーアタッカー松井繁が1号艇。
 しかし枠なり3vs3の進入から3号艇平石和男(22)と6号艇森永淳(38)、そしてマイケルレインボーアタッカー(22)の3人がスタート遅れてしまい、2号艇森高一真の直捲りでマイケルレインボーアタッカー終了。
 この展開に乗って4号艇飯山泰と5号艇白井英治が平石を叩いて差し、2番差しの白井西京が1着。
 飯山やすしは2M森高の全速戦で差を詰められますがしかし、2周1M内から森高に艇を合わせきって2番手死守。
 しかしまだ競り合いが起こるでしかし、2周2M好旋回で飯山やすしの内に潜り込んだ森高が3周1Mに艇を合わせに行き再度接戦に持ち込みますがしかし、何とか包みきった飯山やすしが3周2Mも森高を振り切って2着。
オームラで勝つ!!

 江戸川浩司が白いかもめに、白井西京がレッドエクスプレスになれるかが見所の優勝戦枠番は以下の通り。

1:湯川浩司 2:吉川元浩 3:白井英治 4:萩原秀人 5:飯山泰 6:平田忠則

 ここで本場情報。表彰式プレゼンター南明奈のトークショーは9R発祥地選抜戦発売中です。
 また、送迎バスについてはこちらのpdfファイル、最大5000円のキャッシュバックについてはこちらのpdfファイルに詳細があります。
長嶺豊元選手による優出者インタビュー

優勝戦展望SGグラチャン(マクールVSボートボーイ予想対決)

BR大村のSGが遂に開幕+披露宴を控える郷原章平が蒲郡で前祝いV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 モーターボート競走発祥の地大村では1955年の第1回モーターボート記念以来となる歴史的なビッグレース開催SGグランドチャンピオン決定戦が今日から開幕。

 大村YouTubeチャンネルでは選手紹介動画が3分割(1本目2本目3本目)ながら、YouTube動画なのでPCでも携帯でも視聴できるようになってます。ちなみに松本崇大村市長による開会宣言の後、ブランクが少しあるので選手紹介が始まるのは1本目の4分過ぎからです。

 インがクルクルBOATRACE大村、レースの方は今節最年長の大嶋一也52歳が4R4号艇で2コース捲りを決め1着になった勢いで9R5号艇でも3コース捲りを敢行しましたが、ここは痛恨の勇み足で+02のフライング。とはいえ、初日最もアグレッシブだった選手だと思います。

 ベテランといえば今日はミスター競艇今村豊生誕49周年記念日で、初日は10R1号艇1回乗り。そしてきっちり逃げ切り、バースデーを白星で飾ってます。

 世間はFIFAワールドカップで盛り上がってますが、ボート界の日本代表が集まったドリーム戦は枠なり4vs2の進入から1号艇松井繁が13トップスタートもターン流れ、6号艇岡崎恭裕の捲り差しが入り、2号艇菊地孝平の差しも入って先頭は岡崎と菊地の争いになり、2Mは内の菊地が先行。
 ですが菊地のターンは流れ、行かせて捌いた岡崎がワントップになり、王者松井も2番差しで単独2番手に上がり、岡崎と松井の日本代表コンビが上位に。
 トップはこのまま岡崎で決まりかけそうな流れでしたが、岡崎は2周2Mでターンがバタついてしまい、そこを王者松井が見逃さず、ここで鋭く斬り込んだ王者松井が岡崎と艇を並べ、3周1M先行した王者が逆転1着。
 岡崎松井の日本代表ワンツーは道中と順位が入れ替わり松井岡崎ワンツーになりました。

楽天銀行杯争奪蒲郡トトまるナイト特別優勝戦

 「第12回蒲郡トトまるナイト特別。楽天銀行杯争奪ではありますが、ファンは預けたボート銀行から利子をしっかり付けてお金をおろしたい。(動画
 なトトまるナイト特別。ちなみに今夜は西武ライオンズが5-3のスコアで楽天銀行から預金をおろす事に成功してます。

 レースは15623/4の進入から1号艇郷原章平が09トップスタートの速攻剛腕逃げで押し切り、つけ回った6号艇上平真二を引き連れて先頭快走。
 「長く厳しい時を乗り越えて、また高みを求めて自らの「未来」の為にも章平がんばります。
 ということで、1年半の苦難を乗り越えて来月のG1宮島チャンピオンカップでいよいよ記念戦線に復帰、来月末には結婚式も控える郷原章平が蒲郡に来てた未来夫人の前で今年2回目・蒲郡初・通算10回目の優勝

 そんな郷原章平の苦難と、立ち直るきっかけになった逸話が先日の東京スポーツに掲載されてまして、その記事は前編後編に分かれてWebにも再掲されてます。
艇人ドキュメント「郷原章平


三国みなづき第2戦優勝戦

 昨日6月21日が誕生日だった勝野竜司が1号艇だった一戦は枠なり3vs3の進入から勝野が15トップスタートも、16スタートの2号艇山本寛久が勝野を差しきり、2M勝野の差し返しを振り切った山本は今年5回目・通算24回目の優勝

 ちなみに今節初日の19日に三国競艇場でFIFAワールドカップ日本vsオランダ戦のパブリックビューイングが行われました。
 このパブリックビューイングにはコメンテーターとして元オランダリーグエールディビジGAORA実況中継アナウンサーの小林習之氏が出演したそうです。

江戸川日本写真判定社長杯3日目

 第3Rで先頭の1号艇篠田智昭が+03のフライングを喫した3日目は終盤3個レースが安定板付きながら今節初めてオール3周戦。

 本日最高配当になった波高10cm南西追い風6mの最終12Rは3号艇益田啓司と4号艇寺田千恵のA1コンビが共に握って流れ、2号艇栗原謙治と6号艇大塚信行の差し、1号艇牧宏次の逃げで先頭三つ巴に。
 BSは大塚がやや有利に運ぶ中、栗原が切り返して2M先行しましが、ここを行かせて捌いた大塚が1着。
 ますだてらだが追いかけるも2着に牧宏次、3着に栗原が入り、2連単8690円3連単46990円という配当でした。

 3日目終了時点での得点率上位者です。

8.80大塚信行&大峯豊 8.40飯島昌弘高橋勲 8.20本吉正樹 8.00柳橋宏紀 7.80寺田千恵 7.50桑原将光 7.40杢野誓良入澤友治

月末にグラチャンを控える大村の今日は一二三揃い踏みのマクール杯

ブログネタ
競艇 に参加中!
 月末にSGグランドチャンピオン決定戦を控える大村の携帯マクール杯は昨日の11R準優勝戦で予選1位の1号艇宮武英司が1着になったものの待機行動違反の為に賞典除外。

 これにより優勝戦西田靖が1号艇になり、西田は123/546のインから2号艇石渡鉄兵の捲りを張りながら押し切り、2002年当地G1海の王者決定戦を含む通算62回目の優勝は2008年7月海の日津倉田栄一杯争奪安濃津賞以来のV。
 後続は準優3着繰り上がりで優出した6号艇山口裕二(長崎)の捲り差しと、その内で踏ん張る3号艇山室展弘優出者インタビューにも出演)の差しで接戦になりますが、2M山口が外全速戦で一気に抜け出し二着。

 ちなみに優勝戦のメンバーは4号艇三井所尊春、5号艇西山昇一、6号艇山口裕二と外枠3人が漢数字選手でしたが、前出の通り裕二が名前通りの2着で昇一が3着、三井所が5着でした。
オームラで勝つ!!

 さて、グラチャンに向け特設サイトも開設された大村では太っ腹なマイルクラブ大村24SGグランドチャンピオン決定戦電話投票キャンペーンを実施しており、未加入者が今月加入した際に現金1000円を進呈、既加入者に対しては節間500万円以上の電投購入者全員に現金10万円を進呈する大口購入者向け現金還元を始め、マイル2倍、3倍、5倍キャンペーンを実施するポイントの大盤振る舞いを実施。
 ちなみに優勝戦が5倍、4日目までの12Rと準優3個レースが3倍、それ以外のレースが2倍になってます。
 ということでマイルクラブ大村24加入者なら、本場や場外にいても購入は携帯からというのがいいかもです。

 明日の予告ですが、必ず書くのは正真正銘の旧ファンファーレ最終開催となる唐津あじさい特別最終日と、減音モーター導入初節となる江戸川KTCカップ初日です。

 ここで追記。大村YouTubeチャンネルでなんと過去のグラチャン全優勝戦がYouTube動画として公開されました。
 もちろん初代優勝者西田靖の勇姿もばっちりYouTube動画になっています。

だいこんおろし氏と小田桐嬢の対面が実現!

だいこんおろし氏と小田桐嬢 日本一有名な冠協賛競走『だいこんおろし』の彼女募集記念レースでお馴染みだいこんおろしさんと、そのレースでスタジオキャスターだった小田桐奈緒美嬢が、白黒つけるSGグランドチャンピオン決定戦5日目の戸田競艇場で遂に対面を果たしました!
 世界の山ちゃん新宿靖国通り店で席待ち中につき、ひとまず速報を更新して、深夜以降に準優ダイジェストと動画と写真を追記します。



【バッサタレースダイジェスト】

 追記分は日曜11時から書き始めてるのですが、サタデーナイトはだいこんおろしさんが交際してる彼女の話とかで23時頃まで盛り上がりました。ちなみに彼女は21時過ぎに福居を出て新宿に向かい、深夜にだいこんおろしさんと合流して日曜は一緒に戸田競艇場へ行くそうです。
 さて、今節の実況は奇数日後半が堂前英男アナ、偶数日後半が二宮淳一アナの担当で、12538人の本場入場を集めた準優勝戦の実況は堂前アナが担当。

 「鬱陶しい季節でも水面上の快感度は100%。いよいよ勝負の準優を迎えました。水面上は第10Rです。
 1つ目の準優10Rは枠なり3vs3の進入から15トップスタートの2号艇菊地孝平が3号艇湯川浩司を張って湯川グラチャン3連覇を打ち砕きつつ、1号艇・「数々の伝説を築いた有名戦士」ことビアン今村豊を捲りきって波乱を演出。
 そして、ブイ際鋭く差した6号艇・「何事もクールで現実主義。しかし本気になると手がつけられない程アツい性格。」のヴェル寺田祥が菊地を差しきり1着
 寺田ショーを演出した菊地は2Mで4号艇川崎智幸を行かせて捌き2着。2連単2-6は10200円、3連単2-6-4は69170円の大波乱でした。
グリーンヴェル寺田ショー

 2つ目のセミファイナル11R準優勝戦は2号艇服部幸男が1号艇・今節唯一の地元平石和男(今節選手代表)を差しきり1着
 服部先生と平石の間を割ろうとした3号艇・服部先生の愛弟子佐々木康幸は切り返して平石の内に入りますが、佐々木を全速で包んだ平石は内の佐々木が4号艇辻栄蔵に押っつけられて後退した展開もあり、一気に振り切って2着優出と、ここは白黒つける2-1決着。
優勝戦ポールポシジョンの服部先生戸田競艇特設屋台の浜松餃子

 マイケル・音楽戦線異状ありの金曜日から1日経ち、「何とか踏ん張ってる。」走りで予選18位に滑り込んだ6号艇・マイケルレインボーアタッカー松井繁が早々と艇を向けマイケル・競艇戦線異状ありを演出した12R準優勝戦
 SG準優2連続1着後賞典除外と不運が続く1号艇今垣光太郎は後付け待機行動違反一歩手前でインをなんとか取り切り、16/2/345の進入隊形から2号艇坪井康晴の捲り差しを内でこらえきったマイケルが1着
 「(盟友・服部幸男選手もいますが?)そやね、あいつ1号艇やね。本当にいいライバルだと思っているんで、一生懸命お互いに頑張っていくつもりです。」ということでマイケルは同期服部先生とW優出を決めました。
 後続ですが、マイケルを叩ききれなかったつボイは2Mで3号艇飯山泰を行かせての差しでマイケルを追いかけるも届かず、逆に2M2番差しのガッキーに舳先を掛けられ、2周1Mはガッキーが先行。
 しかしガッキーのターンはややもたつき、つボイと飯山やすしの差しが入り、BSつボイに舳先ねじ込んだ飯山やすしが2周2M内から回りますが、両者やり合う形で懐がら空きになったところをガッキーが2艇まとめて差しきり逆転2着。3度目の正直で今年のSG初優出です。

 だいこんおろし彼女募集記念の実況でおなじみ二宮アナが実況予定の優勝戦です。

1:服部幸男 2:寺田祥 3:松井繁 4:今垣光太郎 5:平石和男 6:菊地孝平

 白黒つける。黒いカリスマ蝶野正洋が来場するBlack Or Whiteの戸田ちゃんって事で蝶野ように1Mを先マイする白い服部先生と蜂のように差す黒い寺田ショーのマッチレースと予想。

白黒つける。2年ぶりの戸田グラチャン本日開幕。

 SG出場経験者しか出られない真のSG、SGグランドチャンピオン決定戦が本日10655人の入場者を集めた戸田競艇場で開幕。年休取ってたので本当は9時15分開始予定だった選手紹介(特設サイトに動画あり)から見に行きたかったのですが、2時30分に寝たら起きたのは8時30分。西葛西から戸田公園まで45分じゃ着かないので選手紹介はJLCで見ることに。飯山泰による選手宣誓まで見たところで移動の準備に入りまして、4R発走直前に現着。
 非常に暑かった現地では職場の競艇仲間三国さん(仮名)に日本武尊さん(仮名)と見ていて、レース後は戸田市内の天然温泉七福の湯戸田店で温泉とサウナと水風呂に入って暑さを吹っ飛ばしてきました。
蝶野仕様の入場門

 それはさておき、今回の戸田ちゃんは黒いカリスマ蝶野正洋を起用した「白黒つける。」がキャッチコピーという事で初日は白い選手に注目。ちなみに白枠は5勝、黒枠は1勝、白黒決着は3本でした。(一覧
 今回の白い選手は白水勝也白井英治の2人ですが、5R4号艇1回乗りの白水は枠なりオールスローの4コースから差して白星。6R3号艇1回乗りの白井は152/346進入からの4カド捲りで白星と、黒石加恵アナが司会の公開勝利者インタビューに2人共登場しました。ちなみに公開勝利者インタビュー会場はスタンド1F2M側端のコーヒーブラジル前です。
白うずたんと黒いしさん白いさんと黒いしさん


唐津一般競走優勝戦

 髪の毛が生えるように芝が生えるhairLaboの「ヤスユキ」が唐津デスクに仲間入りした事が携帯マクール唐津競艇コーナーで大人気連載中「エンタ亭カナエの先走りブログ」(唐津競艇携帯サイトからも携帯で行けます)で紹介された準優制4日間シリーズ。
 優勝戦は雨に憂ういい男6人衆が集い、枠なり4vs2の進入から1号艇丸尾義孝徳島支部長が09トップスタートの速攻で堂々押し切り、2007年6月おおむら菖蒲祭り競走以来となる通算34回目にして唐津初優勝を3日目8R4号艇2着以外全て1着の準完全Vで達成。差し順走の2号艇間嶋仁志が2着でした。

日刊ゲンダイ杯争奪蒲郡あじさい特別優勝戦

 過激な記事でおなじみ日刊ゲンダイのタイトル戦は125/346の進入から2.3コースがスタート遅れたのに対しダッシュ3艇が揃って03鋭発スタート。その中から3号艇・岡山29期2430林貢がドカーンと爆発力あるカド捲りを打ちますが、この展開に乗っかった4号艇東本勝利が捲り差しで勝利のカーブを描き、今年2回目・通算4回目の優勝

江戸川サンケイスポーツ杯4日目

 4日目が終わって、得点率上位選手は以下の通りです。

大平誉史明8.67 牧宏次広瀬聖仁石塚久也泥谷一毅8.00 鈴木茂正7.67 鈴木賢一7.57 堀本裕也7.50 高橋英之7.43

 過去10年で優出無しと、江戸川との相性は決して良くなかった大阪の大平誉史明がなんと1位です。そして唯一のオール3連対は大阪支部の泥谷Jr.です。

グラチャン準優日のBP習志野は田村隆信と淺田千亜希のイベント

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日の江戸川競艇場外ボートピア習志野では阿波姫淺田千亜希と阿波男児田村隆信のうずしおトークショー&3ショットポラロイド撮影会を実施。芦屋SGグランドチャンピオン決定戦の場外イベントとして行われましたが、グラチャンではチルト0度の阿波エクスプレス濱村芳宏も追加斡旋ながら予選4位と奮闘したのでなかなかタイムリーな企画でしたね。
 イベントは先ず14時に顔見せを行った後、芦屋9R発売中に3ショットポラロイド撮影会。2人とも実物の方が美男美女でした。トークショーは芦屋10R発売中に行われ、羽を勉強するがテーマになったトークはボートピア習志野競艇大學教授の2357羽尾勉元選手も参加。羽根の傾向としては、F休み中にイギリスまで3913瀬戸の魔女安岐奈緒子元選手に会いに行った淺田千は「乗りやすさ」を第一に挙げ、ディズニーリゾート以外で千葉県に来たのは初めてと語った田村は「伸び」を第一に挙げてました。また、ボートはA級ライセンスの2人が好調のバロメーターとして挙げたのは淺田千が「乗りやすい時」、田村が「タイムがいい時」と挙げてます。
 トークショーの最後には田村のSGジャンパーを始めとする選手グッズが当たるボール投げが行われ、それまでオッズモニターとにらめっこしてた習志野常連客の皆さんがまるでチャッピーの魔法にかかったかのごとくステージに集まり、選手周辺はボールを求めるファンでドンちゃん騒ぎに。尚、芦屋11R発売中にはミスター麻雀小島武夫九段と羽尾教授の予想トークが行われ、芦屋のイン優位傾向として小島名人が「田村君に聞いたら水が硬いからインが強いんだよ。」という話を公開。

 ここで次回習志野イベントのお知らせ。蒲郡SGオーシャンカップ期間中のゲストは辻栄蔵が予定されてます。
羽を勉強した淺田千たむらむらトークショー小島武夫&羽尾勉予想トークショー淺田千とたむらむら


【スピードの頂点へ。グラチャン準優3番勝負】

 連日福岡3場所属の女子アナが日替わりで実況を担当して全国にさわやかな風を届けているSGの中のSG、芦屋を舞台に全国に発信の第18回グランドチャンピオン決定戦。本日の実況は清家美和&荒田美希のコンビでお送りされ、1R〜3Rと7.8.11Rが清家アナで4R〜6Rと9.10.12Rが荒田アナでした。
 いよいよ準優3番勝負、鎬を削る男と男による熱戦の火ぶたがきって落とされました。今年のグラチャンファイナリストの座を懸けてまずは第10R。枠なり3vs3からディフェンディンググランドチャンピオンの1号艇湯川浩司が押し切り、昨年に続く連覇の可能性がぐっと高まる1着ゴール。後続は3号艇魚谷智之の捲り差しは2号艇濱村芳宏に張られ、その展開を突いて差した4号艇原田幸哉が2着。原口も昨年のG1モーターボート大賞に続く芦屋記念連覇の可能性を繋げました。

 第11Rは枠なり3vs3から2号艇松井繁が1号艇寺田祥を懐充分に差しきり1着。4号艇上瀧和則(今節選手代表)が動かず枠なりになったことで寺田俄然有利と思われた一戦でしたが、微妙にターンマークを外したところを王者に差された格好になってしまいましたね。

 第12Rは枠なり3vs3から2号艇吉川元浩が1号艇坪井康晴を懐充分に差しきり1着。予選1位のつボイは11Rの寺田以上にターンマークを外して懐が開いたところを吉川に差されて2着でした。


 誰が実況するのかが非常に気になる優勝戦の枠番です。個人的には馬場加奈子アナだったら一番うれしいなと。予想はK-BATTLEのコメント欄に書く予定です。

1:湯川浩司 2:松井繁 3:吉川元浩 4:坪井康晴 5:寺田祥 6:原田幸哉

 「あ〜湯川君すごいね〜、はい。素晴らしいと思うね、はい。」という結果になると見て湯川から。ちなみに湯川は東京スポーツ紙上でグラチャン日記「再び湯川です」を連載中。果たして月曜の東スポでよい報告ができるでしょうか。ちなみに写真のグラチャンファイターは赤いくみと黄色いちづるの2人ですが、実際は白赤黄の奇数艇トリオです。
芦屋グラチャンキャンペーンガール「グラチャンファイター」


倶楽部平和島杯優勝戦

 BP習志野でも発売された倶楽部☆HEIWAJIMA杯。本日は倶楽部☆HEIWAJIMAファンの集いがレース終了約2時間後の18時30分からあったそうですが、そんな倶楽部☆HEIWAJIMA杯のファイナルは枠なり3vs3の進入から3号艇出畑孝典が早い飛び出しから絞り捲りを敢行。拡連複の申し子みたいな名前ながら節間7連勝+5着1本の成績な1号艇吉田拡郎は小回りで立て直し図りますが、よしだかくろうと2号艇宮迫暢彦の間を割って突き抜けたのは紅一点の4号艇田口節子!そして出畑は+02のFに消え、よしだかくろうが2M全速で2番手、出畑とよしだかくろうの間を行った5号艇柳沢一が2M宮迫を捌き3番手につけ田口を追走。
 2M全速戦で単独2番手を取り切ったよしだかくろうは2周1Mも全速戦で挑み、ここで田口に並び両者同体。節間7勝の機力を披露したところで2周2Mも外全速戦。しかしここに落とし穴があり、「お〜っと1号艇!振り込んで転覆だあ!(動画」とよしだかくろうは振り込んで落水しながら選手責任転覆をやらかしBP習志野も騒然。岡山4000番台コンビの攻防戦はよしだかくろうの自爆で決着し、柳沢が2番手に繰り上がりました。
 節間田中節男との直接対決こそ無かったものの、今年V5で通算17回目の優勝を飾った田口節子は副賞の紅茶セットも獲得。ちなみに平和島では2004年2月1日の一般競走でも男子5人を相手に3コース捲りで優勝を飾ってる女傑田口節子です。その日は午前中平和島に行った後大森のゴールドジムで女子総合格闘技SMACK GIRL「Next Cinderella Tournament&SG-F6」(リングアナ吉野希里)を見て、水上の格闘技もリング上の格闘技も女子選手が熱い一日だったので田口の混合戦Vには強烈な印象が。

徳山日本財団会長杯ゴールデンレース5日目

 江戸川競艇場で場外発売されてる会長杯ゴールデンレースも本日準優勝戦。最初の準優勝戦10Rは枠なり3vs3から1号艇畑和宏が01タッチスタートの速攻で押し切り1着。後続は差した5号艇長野道臣と1Mも2Mも握った3号艇山地正樹の争いになり、2周1M外全速戦で長野を捲った山地が2周2Mでも長野を全速で捲りきって競り勝ちました。

 2つ目の準優勝戦11Rは枠なり3vs3から1号艇飯山泰が先行するも流れ、捲り差しが入った3号艇吉永則雄1着。後続はのりおに捲り差しで続いた5号艇岡崎恭裕が飯山やすしを捕らえて2Mを先行。そして2周1M内突いてきたやっさんを行かせて2着を取りきり優出。

 シリーズリーダーの1号艇瓜生正義を取り巻く一戦となった12Rは1236/45の進入からウリ坊が07トップスタートの速攻劇で貫禄の1着。4コースから差した6号艇吉田隆義が2着に入りました。


 優勝戦は以下の枠番に。ここまでは電投参戦でしたが、最終日は江戸川で実券参戦の予定。

1:瓜生正義 2:畑和宏 3:吉永則雄 4:山地正樹 5:岡崎恭裕 6:吉田隆義

 吉田が準優以上にハゲしく動くかが注目ですね。もし動いたら大外になる岡崎は苦しくなりそう。

阪神G1宝塚記念キルトクール】

 宝塚歌劇団は女子限定、しかし今年の宝塚記念は男子と元男子限定。そんなグランドチャンピオン決定戦宝塚記念の本命はポールポシジョンの1枠を手に入れたインティライミのイン戦。インが本命ですからキルトクールは外枠勢から選択してアサクサキングス。外枠勢で一番売れてるからというのが最大の理由ですが、枠が悪いので好位に取り付くまでに足を使わされるはず。また、雨馬場は2走してともに大敗なのも減点材料。よってキルトクール。

馬場ちゃん実況キタ━(゚∀゚)━ !!芦屋SGグラチャン2日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡県遠賀郡芦屋町の芦屋競艇場で昨日から始まったSGグランドチャンピオン決定戦。芦屋前回の全国発売競走だった2005年SG競艇王チャレンジカップ(優勝戦実況高石順成アナ)も、その前の2003年G1企業杯JAL女子王座決定戦(優勝戦実況坂田博昭アナ)もトシヴォイスから男性実況を呼んでましたが、今回は普段通りに2人の女性アナが担当。2日目の分担は1〜3Rと7.8.11Rがベテランの安河内美記アナで、4〜6Rと9.10.12Rが若手の馬場加奈子アナでした。
 さて、北九州市出身の地元山本高広がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!本日最大の見所は、ここまで5着2本と冴えない王者松井繁が1号艇の12R。超高速バトルが連続した2日目の最後を飾る予選第12R、インコースから124/356の並び、スタートしました。2号艇池田浩二が16スタートだった以外は全員が0台スタートとなり、4号艇濱村芳宏が捲りに行きますがこれを受け止めた王者が逃げ切り。「先頭は王者のイン逃げキタ━(゚∀゚)━ !!(動画」と、馬場ちゃん節も炸裂した一戦でシリーズ初1着を飾りました。ちなみに山本高広は昨日のエントリー「G1江戸川大賞IN蒲郡、江戸川競艇場外イベント発表!」にも書いたとおり、7月5日江戸川競艇場にやって来ます。
 後続は捲り差した3号艇横澤剛治が2番手につけ、差し伸びてきた6号艇中島孝平を2M行かせて捌き2番手確保。この2Mでは、1M横澤に張られ差し遅れた5号艇重成一人と濱村が共に内に潜り込んで浮上しHSでは3番手4艇接戦。そして2周1Mは最内の濱村が先に回り、重成が差し。中島は重成の上を回るも濱村のカマを掘ってしまい、池田は重成に張られ、ここで2艇が脱落。2周2Mはややリードする内の重成が先に回りますがやや流れ、濱村のバンビターンが炸裂して差しきり逆転。ですが3周1M重成が外全速戦で再び濱村に並び、3周2M内の濱村が重成にバン・ビターン!とおっつけ激しく競り合うもつれ合う!展開になり重成を飛ばした濱村が激戦の3着争いを制しました。

 さて、SG恒例の予想大会K-BATTLE。今回は『予想の頂点へ』というテーマで、ルールはこちらです。
芦屋グラチャンファイター


浜名湖公営レーシングプレスアタック優勝戦

 初日1走目の8R6号艇2着以外は8戦全勝の1号艇川北浩貴が09トップスタートから捲らせず差させずの速攻で圧勝を飾り、今年4回目・通算39回目の優勝。自身の攻撃は川北にブロックされるもきっちり外を止めての旋回を決めた2号艇益田啓司が2着。

 浜名湖次節は7月1日から6日まで福島テレビピーチアタック山室展弘さんも登場予定な6日間シリーズ、7月5日には地元選手トークショーとペアボート試乗会があります。ペアボート乗艇予定者は新藤哲三横澤剛治内田貴士重野哲之木村沙友希鈴木峻佑となっております。 

徳山日本財団会長杯ゴールデンレース2日目

 江戸川競艇場で場外発売中の徳山ゴールデンレース。ピックアップの12Rは12346/5の進入から1号艇岡崎恭裕が11トップスタートを放つも、一番遅い27スタートだった3号艇原田富士男が強つけまい。これが見事にはまり、つけまい一発決まった富士オはシリーズ2本目の1着。かなりの強力足で、明日以降も富士オの動きから目が離せないところですね。
 後続は差した4号艇二橋学が2番手で、チルト+2度にしてきた5号艇飯山泰は外マイ不発で2号艇柳瀬興志と3番手争い。しかし2Mで前の二橋が3661さんにおっつけられ失速した事もあり、外ぶん回した飯山が一気に抜け出し逆転2着。尚、6号艇万谷章第7代名人位は5コース16スタートも二橋が壁になって差し遅れたのが響き、最後は3着争いに競り負け5着でしたが、それまでは1号艇の本日前半5Rを含む2コース捲り3連発で3連勝の活躍です。
 ちなみに本日はインが強い傾向も終盤2つはインが崩れ、イン受難も終盤2つはイン逃げだった初日と正反対の水面傾向でした。

【白湯スープ】G1江戸川大賞を制した湯川が勢いに乗ってSG初制覇

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
グラチャンビーナスとまおみに囲まれて両手に花やでチッチキチー 本日25231名の入場を集めた戸田競艇場で行われたSGグランドチャンピオン決定戦のファイナルにして現モーター&現ボートのファイナルでもある優勝戦スタート展示は枠なりでしたが、本番では2号艇山崎智也がピット遅れて場内ざわ…ざわ…
 進入は135462になりかけるも、結局5号艇鳥飼眞が3コースを取り切れずにダッシュへ引き、智様は回り直しての大外進入で1346/52。この隊形から3コースの4号艇平石和男(今節選手代表)が起こしで鳴いて33と大きく凹み、あげくの果てにターンマークに当たりそうになる失態をやらかし、応援ヨロシクの声に応えたファンを大きく裏切る形に。
 そして大外進入になって場内をざわめかせた智様は09のスタートをびしっと決めて絞りにかかり見せ場を作るも、2コースの3号艇松井繁(大阪)が壁になって窮屈な態勢での捲りになり、イン07スタートの白いお湯は1号艇湯川浩司(大阪)に軽く弾かれて終了。
 かくして、智様の捲りをブロックした湯川が先頭独走となり、通算14回目にして初めてのSG優勝。ちなみに湯川は桐生SGオーシャンカップの出場権を既に持っているため、大賀広幸が補欠で繰り上がります。
 中澤和志が一世一代の大駆けで優勝した昨年の平和島SG総理大臣杯で優出1号艇もスタート遅れて大魚を逃した湯川ですがその悔しさをバネにし、G1江戸川大賞当日のエントリー)優勝の勢いに乗って遂に完全沸騰ですね。表彰式で早坂英子キャスターが「85期の先陣を切りましたよね!」とミスをやらかしましたが、すぐさま湯川が「田村君が一番初めに取ってるんで「湯川ちゃんやったらいける」って言われて、そんでそのまま帰って行きました。」と返したように、85期では本栖チャンプ田村隆信に続くSG優勝です。
 2コースから湯川と同じ07スタートだった王者は「隣で先輩にナイスガードしていただきまして」と湯川に感謝される程の張り差し順走で2着に入り、大阪ワンツーを達成。そんな王者は優出インタビュー(場内VTRで見ました)で「モーターにはまだ気になるところがありますが、僕の技量でなんとかします。悔しい思いをした笹川賞?それはもう。リベンジ?1回くらいで思いは晴れませんので、これから勝負の鬼になって10回優勝しますから!それと、人気があまりないようなので、クオカード持ってきました。」との饒舌ぶりで王者の王者たる所以を見せつけるエンターテイナーぶりを披露しております。そして4コースから捲り差した6号艇西村勝(さいたま市)が3着に入り、10月の初子誕生を前に1050万円を獲得しました。

 最後に、グラチャンの最終日売上は51億1940万9000円で節間合計売上は167億166万9700円。目標の165億をクリアしました。
早坂英子キャスターのインタビューを受けるでチッチキチー優勝カップが重くて疲れたでチッチキチー


江戸川さわやか杯4日目

 戸田競艇から荒川さんと綾瀬川さん、そして中川さんと下ったところにある江戸川競艇場でスカッとさわやかに併用開催中のさわやか杯。3人の追加斡旋がありました本日は売上こそ1億8925万3700円でしたが、利用は25085名となかなかの数字。自分は第4R(2号艇都築正治がさわやかなあこターンで差しきり勝ち)終了後戸田に移動しましたが、前半レースながら場内は前日比でかなりの混雑だったのです。なにせトイレが全然空かないくらいですから。

 第7Rが始まりました。「3着を5本並べている寺本。ここまでは3のコレクターになっていますがどうでしょうか。(動画」と5戦オール3着な6号艇寺本昇平は大外からの差し不発で最後方も、2周1Mで5番手に上がった寺本兄は3周2Mの小回りで一気の追い上げを見せ、1号艇柘植政浩に飛ばされ2着争いに敗れた3号艇村上功祐(大阪支部85期)を捕らえて逆転3着。これで連続3着記録を6に伸ばしてグラチャンの坪井康晴(5連続3着)を超えました。
 ちなみに今日から追加斡旋の2号艇長畑友輔第2Rの00タッチスタートに続く恐れ知らずな08トップスタートからのスカッとさわやかな早差しで1着となり、人気の4号艇伊藤宏は接戦に競り負けての5着に消え、2連単4020円3連単34750円の高配当になりました。

 グラチャン優勝戦とほぼ同時刻の第10Rは1号艇妹尾忠幸が逃げて1着になり3号艇長谷川充(群馬支部71期)が差して2着になった結果2連単260円3連単630円の本日最低配当が飛び出しました。

 第8Rで痛恨の勇み足(+02で返還額は1490万6000円)を犯してしまった嶋田貴支は後半12R、4カド33安全スタートから差して3番手争いも、2Mのもつれ合い(動画)に巻き込まれてしまい6着。Fで手負いとなった嶋田はこのレースで正真正銘の手負いになってしまい、グラチャン最終日でもあるこの日を最後に負傷帰郷です。これで今シリーズの帰郷者は5人目となりました。
 ちなみにこの12R、最低人気の6号艇村上功祐(大阪支部85期)が5号艇進藤侑が捲る展開を突いての捲り差しで先頭に立ち、戸田に続いて江戸川でも大阪支部85期生が最終レースに1着となり、秋田在住東京支部の3号艇高橋直哉が差しで2着。そして捲りは1号艇中嶋誠一郎に飛ばされて最後方も2Mのもつれ合いを差しで逃れた進藤が3着になった結果、3連単は腰が抜けそうな187590円。2連単も15770円の大波乱です。

 最後に写真の通り、G1住之江ダイヤモンドカップの場外発売がある来週の7日8日はペアボートがあります。
7月7日、8日は江戸川ペアボート


【愛知2場昼夜のサマーカップグランプリ優勝戦】

 豪華メンバーの常滑サマーカップは13425/6からインコース踏み込んだ1号艇深川真二(71期3623)が05トップスタートも、4コースから絞ってきた2号艇今垣光太郎を過剰意識しての先マイは大きく流れて終了。そして先に捲り差したガキさんの上を捲り差した5号艇笠原亮が突き抜けて今年3度目、通算18度目の優勝。ガキさんが2着でした。

 蒲郡サマーグランプリはヘアーをスポーツマン仕様、いつでもフェアープレイ、頭を丸めて勝利に悟りを開いた(動画)1番人気の1号艇は地元冨田秀幸がファインプレイのイン戦で通算8度目の優勝。2コースからのガッツ溢れる差し惜しくも届かなかった2号艇今坂勝広は2着でしたが、最後まであきらめず3周2Mも内に飛び込んで差を詰めるガッツを見せました。

さわやかにグランドチャンピオン決定戦は準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
公開勝利者インタビューにも登場したグラチャンビーナス斯波すみれ 戸田SGグランドチャンピオン決定戦は5日目を迎えいよいよ準優勝戦3つの攻防。先ず1つ目の準優10Rは賞金アップへ全身全霊の1号艇山崎智也がインから王道の逃げ体制で1着世界バリバリ☆バリューに出演して山崎方也との共演を果たした邑楽漂う艇界のスーパースターがSGV2の実績を持つ戸田ボートコースでいよいよ全開宣言です。
 大外16トップスタートを決めてぐいぐい伸びた6号艇井口佳典の捲りは智様にブロックされ3番手まで。2コース28と凹みながらも小回り順走を果たした2号艇鳥飼眞が2M切り返してきた井口を全速包んでかわし2着です。

 準優11Rはイン13トップスタートからの速攻戦で圧勝した1号艇湯川浩司1着G1江戸川大賞を勝って波に乗る湯川が自称1億3000万人のファンの声援を受けて沸騰寸前の勢いです。
 後続は3コース差しの3号艇西村勝(さいたま市)が5コース捲り差しの5号艇田村隆信をBS牽制してる間に大外2番差しの6号艇吉田弘文がまちゃるたんを捕らえ、更に2コースつけまい不発で5番手の2号艇吉川元浩が切り返しで2Mを襲撃。2M先制の吉川を行かせた吉田がここで単独2番手に。しかし2周2Mで吉川が吉田に突進!これで2艇を差したまちゃるたんが逆転2番手に。そして3周1M、3周2Mでよしだ優出しよと突っ込んできた吉田を冷静に行かせたまちゃるたんが2着に入り、自身3度目のSG優出(全て戸田)を果たしました。昨年の当地SG笹川賞では地元が誰も優出できませんでしたが、今回は目出度く地元優出がかなって目出度しです。

 3つ目の準優12Rは昨日の連勝で勢いに乗る2号艇松井繁が11凸者スタートからチルト+0.5の伸びで一気に2コース直捲り。昨日に続いてオーラ漂う王者の捲りで見事1着になりました。
 後続は3コース捲り差しの3号艇石川真二とイン小回りで踏ん張る1号艇は今節選手代表平石和男(上尾市)の2番手争いとなり、2M内から先制の平石をロケット☆モンキーターンで差した石川が単独2番手に。しかし、2周2M内から飛来してきた平石が石川との差を詰め、3周1M内小回りでついに同体に。そして3周2M内の利で先に回った平石が遂に逆転。前哨戦戸田ウインビーカップ覇者の平石が戸田でのSG初優出を決めました。


 グラチャンのトリである優勝戦の枠番はこうなりました。

1:湯川浩司 2:山崎智也 3:松井繁 4:平石和男 5:鳥飼眞 6:西村勝

 内寄りの大阪コンビと外寄りのさいたまコンビに対し、群馬と福岡が割って入る構図に。そんな優勝戦はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースです。そしてK-BATTLEの方もいよいよ佳境であります。ちなみに今回のキャッチコピーは「眞の勇者に、女神は微笑む。」です。

江戸川さわやか杯3日目

 阿波の国と想い出の神戸の街から今朝帰郷して、仮眠したら13時半。午前中に起きられたらボートピア習志野まで三角哲男足立かなえ小島武雄名人のトークショーを見に行こうと思いましたが断念して昨日のエントリーを加筆後15:20頃に江戸川競艇場入り。

 目を離せないさわやかな攻防戦をお楽しみ頂いています江戸川競艇、昨日まで3戦オール3着と粘っこいレースが続いている寺本昇平は先ず第5R5号艇で登場です。5コースから行き場無く最後方だった寺本は2周1M巧みな小回りで4番手に浮上。そして3周2M渾身の差しで4戦オール3着。ちなみに2コース捲りで1着になった2号艇伊藤宏は5号艇の後半12Rも捲り戦で1着になり、初日2着2本の後、2日目からは4連勝。シリーズを引っ張る存在になっています。明日は第7R4号艇1回乗りです。

 寺本の後半11Rは1号艇。3着続く寺本、果たして3着よりも上なのか下なのか。で、蓋を開けてみたら2艇に差されてまたも3着。これで5走連続3着となり、グラチャンで5走連続3着(準優は4着)だった坪井康晴に並びました。明日は伊藤宏と同じく第7Rで6号艇1回乗りです。

 本日は江戸川に最終までいた後、都営新宿線直通で行けるカミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で平和島ペアボ帰りのはなちゃんさん&初対面のGEORGIAさんと合流。はなちゃんさんから平和島でのいろんなお話を聞かせて貰いました。

 最後に、第10Rの1周2Mで波に引っ掛かった信濃由行がこの日で負傷帰郷。これで今シリーズの帰郷者は4人目になりまして、日曜日からは行谷吉範川口貴久長畑友輔が追加斡旋でさわやかに江戸川参戦です。

【日曜競馬キルトクール】

 G3函館スプリントステークスのキルトクールはブラックバースピン。これまで左回り中心に使われていた馬が急に右回り対応しろといってもきついでしょう。よってキルトクール。

 3歳限定のハンデ戦福島G3ラジオNIKKEI賞のキルトクールはハイソサエティー。正直、ローソサエティーなこのレースにハイソサエティーなこの馬は似合いません。というのはともかく、1600m専門で使われてきた馬が小回りとはいえ初めての1800m戦に出てきたのが消し材料。

【BAッキュン!】グランドチャンピオン決定戦&伊藤雄二休養明け初V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日まで首都圏唯一の開催である戸田SGグランドチャンピオン決定戦は2日目。7Rは1号艇吉田弘文が逃げて1着になったのですが、勝った後の吉田がこの一言。「今日は息子(士陽くん)の誕生日なのでなんとしてもここに来たかったんです。」というわけで自分も、よしだしよくんおたんじょうびおめでとう!と記念真紀子。

 11Rスタート展示の125346から本番は5号艇上瀧和則が「湯川ちゃんマーク」で一転枠なり3vs3。この隊形から初日連勝の4号艇湯川浩司がカド捲りで突き抜け1着。よしだしよくんの誕生日に燃える6号艇吉田弘文は窮屈な捲り差しで4番手も、2Mで内側の1号艇坪井康晴と2号艇秋山直之がやり合う展開を突いての差しを決めて2着。
 そして2周1M手前で後方にアクシデント(動画)。3番手浮上狙う上瀧が内にいる3号艇西島義則を締め込もうとしたところペリカンさんの舳先が上瀧の艇尾に接触して上瀧転覆、ペリカンさんはエンスト。更に最後方に落ちていた秋山にゃんが上瀧に追突して落水。これにより上瀧ではなくペリカンさんが妨害失格になり、上瀧は頭部打撲の為帰郷となりました。
 上瀧の容態ですが、頭部外傷ということで精密検査の為病院に運ばれたとSports@nifty競艇特集に書いてありましたが、コルセットこそ巻かれたものの意識はしっかりしており、自足歩行もしていたことから大事には至らなかったようです。

 さて、予想大会K-BATTLE今回大会はグランドチャンピオン決定戦 女神の微笑は誰に。ルールはこちらです。多くの人が参加すると盛り上がりもより大きくなるのです。


 昼はボートのグランドチャンピオン決定戦、そして夜はダートのグランドチャンピオン決定戦大井G1帝王賞が行われました。結果は直線内を突いた元大井所属のJRA馬ボンネビルレコードが元主戦の的場文男を背に見事BAッキュン!と突き抜けて古巣に錦を飾るビッグレース初優勝を果たしてます。
 ちなみに、かつて大井には実際にグランドチャンピオン2000という南関東馬限定競走がありまして、JBCクラシックと統合される様な形で消滅しましたが、歴代の勝ち馬には王者アブクマポーロがいたり、優勝賞金も1998年には5600万円だったりとグランドチャンピオン決定戦にふさわしいレースだったのです。

桐生下野新聞社杯優勝杯

 毎朝栃木の「今」をお届け、鬼のどっとこちゃんがマスコットな下野新聞社のタイトル戦は1号艇伊藤雄二師がインから逃げ切り通算16回目の優勝。2コースからの差しで初優勝狙った2号艇竹田辰也(伊藤雄二師の義弟大峯豊と同じ山口支部92期生)は差し届かず順走に終わっての2着でした。
 伊藤雄二師、昨年4月びわこ一般競走での故障放牧でB2に下野してから初の優勝は2003年11月平和島秋田さきがけスポーツ杯以来となる久々の優勝です。

尼崎ダイスポカップ優勝戦

 夏の始まりに熱く燃えて吠えます。ワイルドペガサスクリス・ベノワの無理心中?に紙面が揺れておりますダイスポカップ2007。しかし重苦しい紙面とは裏腹にレースの方は軽快で、1号艇竹村祥司がイン戦堂々押し切り通算14回目の優勝、2着も2コース順走の2号艇高山秀雄とすんなりであります。尚、大外から1M差し狙った6号艇友永明夫は派手にスピンいたしましたが無事完走しております。

 センタープール次節は中1日で29日から伊丹選手権競走。29日は午前中多幸焼を食べてから午後はオロナミンCを飲んで元気ハツラツになってきます。

上瀧も出場するグランドチャンピオン決定戦が始まったジョー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
グラチャンビーナス斯波すみれ 過去1年間にSG出場経験が無いと出られない、よってSG未経験選手が物理的に出場できない故にKing of SGとの異名を持つSGグランドチャンピオン決定戦戸田競艇場で今日から開幕。初日ということでもちろん選手紹介ドリーム戦出場選手インタビューがありましたが、今回は特設サイトで51分40秒のノーカット動画が用意されてるので、珍しく仕事を休まなかった自分でもドリ戦インタビューが見られました。
 その中からドリ戦インタビューにおける1号艇上瀧和則早坂英子キャスターの質疑が非常に楽しかったのでここに紹介。()内が早坂キャスターの部分です。

「(おはようございます。)おはようございます。」
「(このグラチャンの舞台、ドリーム戦に乗るという気持ちをお聞かせ下さい)ま、そうですね。まあSGだけはいつも、4倍の力を出そうと思ってるんで。」
「(上瀧選手はまるがめからの転戦となるんですが、この間に気分的にはリフレッシュできましたか?)いやぜんぜん。はい。」
「(あの〜前夜祭で狙っている44号機という話がちょっと出たと思うのですが、同期の烏野選手がひかれましたね。)あ、そうですね、はい。」
「(あの上瀧選手が手にした54号機複勝率30.5%ということなんですが前検での感触いかがでしたか?)ま、人並みです。」
「(あの〜5日目6日目に向けて本体の作業なんかは考えていますか?)多分、やります。」
「(あの今日のドリーム戦までの間にその整備は考えてますか?)はい。」
「(あのプロペラの方なんですが今大会に向けてなにか特別に準備はされていたりしましたか?)いや。何もしてないっす。」
「(昨日は何枚試されましたか?)1枚です。」
「(その1枚に絞ると)わかんないです。」
「(他にも使えそうなプロペラが?)わかんないです。(わかりました。)」
「(ドリーム戦までの間、今日はどんなふうに過ごされますか?)整備します。」
「(ドリーム戦は1号艇です。前夜祭ではもう枠は決まっているといっていました。白いカポックもちろんコースは1コースですね)わかんないです。」
「(ちなみに昨日の特訓の感じピット離れはいかがでしたか?)ピット離れ?はて?やってないからわかんないですよ。」
「(戸田の1コースからの戦いのイメージ、上瀧選手はどうお持ちですか?)あの…ファンの皆さんが思っている通り難しいです。」
「(それでは今大会に向けての意気込みをファンの皆様に向けてお願いします。)一生懸命走って優勝狙います。応援よろしく!」


 と、非常に楽しい問答なのです。ちなみに前検日では「班では一緒ぐらい。起こしの感じは悪くなかった。ペラは使えるの2枚。スタートはインから3本練習した感じ普通。ピット離れは多分いいと思いますよ。」と答えてる上瀧でした。

 ですがレース本番、結局上瀧はインに入って枠なり3vs3。上瀧は18スタートで2コースの松井繁(進入は)上瀧さんがわからないと言うてるからボクもわかりません。」が13トップスタートと王者を壁にしての逃げが期待されましたが、3コースの江口晃生(進入は)ジョーも松井君もわからないと言ってるのでボクもわかりません。」が32と凹んで17スタートの4号艇濱野谷憲吾がインタビュー通りの4カドから想定外の捲り。上瀧は抵抗及ばず空振りに終わり5着でした。
 日頃は差しと捲り差しを多用する濱野谷がらしい優等生問答だったインタビューから一転、らしくない捲りで1着になったドリーム戦の後続は大外から差した平石和男(今節選手代表)が2番手で5コースから捲り差しの山崎智也が3番手と、関東勢が上位を形成。そして2Mで山崎が平石を差して一度は2番手入れ替わりますが平石が2周1M差し返して再逆転、2着争いに競り勝ちました。以下山崎が3着、シエロが4着と関東勢が上位を独占。

 今回の選手宣誓は今節出場の埼玉支部で一番見た目が若い飯島昌弘が初々しく行いました。埼玉支部で今最も乗れてる選手のひとりなだけに走りの方でも期待できますが、6号艇の前半7Rは大外01タッチスタートから果敢な大捲り。届かず3番手だったものの2M全速戦で1号艇西島義則に並び、一進一退の2着争いに。そして2周2M差しに転じた飯島はここで逆転し、3周2Mペリカンさんに差されて0.1秒差まで追い詰められるもリードを守り、不利枠で見事2着に。
 1号艇の後半11Rはインから他艇を捲らせず、4号艇井口佳典の4カド差しも振りきってシリーズ初1着。2戦2連対発進と2日目以降も期待できる滑り出しですね。

 ところで、埼玉支部の明るい話題といえば西村勝と産休中である久子夫人の間に子供が生まれる予定であることを選手紹介で遂に公表。「10月に子どもが生まれるんで、ここでいっぱい稼いで帰りたいと思います。」と気合いが入るまちゃるたんは3号艇1回乗りの10Rで3コース捲り差しから2着に入り、先ずは14万7000円を稼ぎました。

浜名湖SUZUKIスピードカップ優勝戦

 2号艇室田泰史(福井)が2コース捲りでぶっちぎり、福井支部には忘れられない2月26日の津フェニックス賞以来となる通算22回目の優勝
 4号艇はこれがデビュー初優出となる内房一家の96期新鋭若林将が5カド差しから2番手につける健闘を見せましたが、大外から差し続いて3番手の5号艇坂元真一62.9kgが2M突進。51.1kgの若林は重量級の突進になすすべなく4番手に下がり、イン戦失敗4番手も坂元の突進を利して2M差しを決めた1号艇北村征嗣が逆転2着。

若松九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 1号艇三宅爾士(福井)が4号艇後藤正宗の4カド捲り差しを振りきって逃げ切り通算30回目の優勝。2003年6月の三国一般競走で29回目の優勝を挙げてから約4年の足踏みでしたが、ここに区切りのV30達成です。

 若松次節は29日から女子リーグ戦ですが、なんとレース名がG3女子リーグ戦JALカップ。JAL女子王座決定戦と同じくJALの企業杯で一気にタイトルの重みが増しています。但し枠番発表済みのドリーム戦メンバーはかなりしょぼく、内枠2艇の阿波姫コンビを除いて現状の実力はトップレベルには足りないでおじゃるね。

1:淺田千亜希 2:岩崎芳美 3:西村めぐみ 4:濱村美鹿子 5:五反田忍 6:平山智加

 以上がドリメン6人衆でした。しかしスターフライヤーでお馴染み北九州市にある競艇場がJALのタイトル戦とはちょっと意外。

大井G1帝王賞キルトクール】

 ダートの上半期グランドチャンピオン決定戦、帝王賞はいよいよ明日。キルトクールは前売4番人気のフジノウェーブ。前々走まで10連勝の破壊力から人気になってますが、戦績から1200m〜1600m向きと思われる上に前走浦和G3さきたま杯が初重賞挑戦とはいえ4着完敗。JRAの牙城を崩すまでには至らないでしょう。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ