ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

アシ夢ダービー

総理杯男の笠原亮が今月のダービー王だ!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ぼくのヒーローカッコよかった いっぱいおうえんした とってもたのしかった 10月のダービー王を決める一戦芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービーも遂に夢いっぱいのファイナル優勝戦スタート展示は234156も、本番は1号艇笠原亮が枠を主張し、3コースに入ろうとした4号艇大嶋一也が笠原を深くしたところで回り直して大外進入。さあ行こう優勝戦!インコースから12/3/564、スタート3秒前、1秒前、スタートを切りました!2&3コースが凹んで壁無しスリットになるも笠原は踏ん張り、カドから仕掛けた5号艇芝田浩治をブロック。
 芝田を退けた笠原は捲り差しから舳先をねじ込んでくる3号艇天野誠にも必死で抵抗し、天野を締めて2M先制。さあ来い、笠原亮。ダービー王だ、競艇日本に生まれて良かった。さあ来いダービー王だ、ゴールラインを突き抜けろ笠原亮。笠原亮ダービー王だ優勝のゴールイン、おめでとう!これで今年はV6、通算では多摩川SG総理大臣杯を始め3つの記念を含む21回目にして芦屋は初V。ダービー王の称号と芦屋初Vと来年の児島SG総理大臣杯出場権を一度に実現させた笠原亮の夢は羽を付けてアシ夢並みにでっかく膨らんでいく事でしょう。
 後続は、1M外マイで3番手だった地元の6号艇原田富士男が2M差しからHS天野を捕らえ、2周1M先制で主導権確保。そして2周2Mを先に回ったフジオは遂に逆転を果たし2着入線。ダービー唯一の地元A1選手として追加斡旋を受けた水上のウルトラマン原田富士男は優出という任務を遂行しただけでなく、不利枠を克服して地元ダービー準優勝も果たす水上の働きマンになりました。

 以上の様に今月のダービー王は笠原亮の頭上に輝きましたが、来月は1日から競輪ダービーことG2ふるさとダービーが松阪で開催されます。果たして競輪界今年3人目(競輪ダービーは4月・8月と11月)となるダービー王の栄冠は誰に輝くのでしょうか。
産地直走。


下関一般競走優勝戦

 古くは赤間関、転じて赤馬関とも書いた事から馬関とも呼ばれる下関。夏の馬関スには馬関祭も行われ、お盆開催もスポーツ報知杯争奪馬関祭大賞。そんな馬関が最も似合うレーサーである阪神の馬袋義則が2号艇で優出した一戦は15/24/36の進入から捲り差しで1号艇別府正幸に馬体を合わせてBSの併せ馬で優位に立ち、2M内から先制して通算24回目の優勝

江戸川報知新聞社杯初日

 江戸川競艇今シリーズは今日から14日の日曜日までの6日間のロングランシリーズです、第32回の報知新聞社杯。第3Rが始まりました。3号艇飯島誠が捲り差しで1着になりましたこのレース、イン戦2番手でした1号艇瀬川公則(山口84期4005)は2M握って攻めようとしたらバランスを崩しまして、波にひっかかるミッスーターンで選手責任の転覆です(動画)。

 今シリーズの有力処と目されるメンバーが一斉にピットを飛び出してきました。初日の好レース、第12R江戸川選抜戦を迎えています。好スタートをきった内枠3艇が上位を独占致しまして、2号艇一瀬明が差しのハンドルで1着平和島SG全日本選手権のトークライブには登場しませんでしたが、Tokyo bay piratesの一瀬は今シリーズ期待できそうです。
 捲った3号艇吉川昭男とイン戦踏ん張る1号艇上平真二による2番手争いは、伸び返して舳先をかけた上平が2Mをコンパクトに回って2番手争いを制しました。

【勲Heat】地元高橋勲、全日本選手権王になる+ダービー準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 全国から勝率上位のドリームキャストが集まった平和島SG全日本選手権。最終日はあいにくの天気で入場13778名、売上42億7283万1700円(優勝戦15億8571万4200円・節間合計152億1509万2300円)と晴天だった前日に比べ伸び悩みましたが、今節唯一の地元選手・シェンムーでお馴染み横須賀市から参戦した孤独なゲリラ高橋勲が湘南乃風を巻き起こし1号艇で優出を果たしたので、本場にやってきたファンのみなさまはまさにイサオヒート。優出した他の5選手は完全にアウェー状態となっておりました。
 「さあ今まさに選手の鼓動と声援が溶け合うリアルライブ。平和島劇場が競艇フリーク達に贈る最終章、第54回全日本選手権優勝戦の開始です(動画)。」と始まりました優勝戦は高橋勲がピット遅れて2号艇田中信一郎が一歩抜け出し場内ざわつくも、地元68期3517高橋勲39歳がイン主張の構えを見せたら大阪69期3556田中信一郎34歳があっさり懐を空けたので、場内一安心。ですがそれも束の間、今度は待機行動中にエンスト。プレッシャーの重圧でスタート遅れる予感がかな〜り場内を覆ったところでさあ行こう優勝戦!進入は123/456、3秒前、1秒前、スタートを切りました!
 待機行動でハラハラさせた高橋勲はしっかり11トップスタートからくるっとイン戦捌ききって独走になり、場内一安心。まさにまさに戦いの魂を引き継ぐ平成の侍とお伝えされた星条旗ヘルメットの高橋勲、競艇日本に生まれて良かった。客席で優勝を祝うバンダナが振り回される中、SG初優勝のゴールインおめでとう!これで賞金ランキングも現時点で6位に入り、福岡SG賞金王決定戦へのドリームパスポートもほぼ手中に収めました。
 後続は伝家の宝刀2コース差し順走を見せた大阪の巨人・田中信一郎が、艇王を超えた皇艇とお伝えされた男・3号艇魚谷智之の捲り差しを振りきって2番手。その後も追撃の手を緩めない魚谷をなんとか抑えきって2着入線。以下、枠なりに入線しております。

 同情するなら記念くれ!ではありませんが、これまで無冠だった高橋勲は通算46回目のVにして初の記念タイトル。ウイニングランでは拳を高く上げてファン共々イサオヒートの頂点に達しました。そして水神祭の後に行われた表彰式(動画)では青の全日本選手権ジャケットを羽織り、「ピット離れはちょっと回転が落ちちゃったんで遅れたんですけど、大分空いてたんで申し訳ないけどちょっと入らせていただきました。」と、あっさり引いてくれたタナシンに感謝の言葉を。表彰式では更に「僕を知っている選手の方々、ファンの方々、ほんとに皆さんにお礼が言いたいです。本当にありがとうございました。」とのコメントを残していますが、高橋勲の選手生活にとって一番影響の大きい選手は60期3303渡辺豊。なんでもデビューのきっかけが高校の同級生である渡辺豊が先にデビューして結構稼いでいたからとのこと。これを知って当時拓殖大学在学中の高橋勲が競艇選手を目指したそうです。
表彰式アシスタントのまおみと記念撮影

 ここで当日のイベントについて。東京ベイ平和島競艇の対岸にある東京ベイTCK大井競馬のビッグレースはG1帝王賞ですが、本日の平和島は艇王ショー。艇王絡みの話題といえば、若松競艇blogの目玉として植木通彦Diaryも始まってます。
 さて、本日自分は2マーク寄りの2000円B指定席にいたんですけど、艇王ショーの時間は下に降りて見物しましたです。ちなみに2000円B指定席の隣のエリア(通常は1000円B指定席)は臨時の記者席になってまして記者陣が詰めておりましたが、10R特別選抜A戦発売中に突如蔭山幸夫MB競走会長がSPを引き連れて指定席にやってきたのにはびっくり。目的は記者席への慰問だったようです。
平和島ていおうしょう


芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー4日目

 夢見るダービー王の座を巡って3つの準優勝戦があった4日目。準優10Rはインの1号艇大嶋一也と2コース差しで舳先をねじ込む2号艇笠原亮のSGウイナーコンビで一騎打ちとなり、2M先制の笠原に大嶋がつけ回ってHSも一騎打ちは続きますが、2周1Mを先に回った笠原がここで大嶋を振りきって1着

 142/356の進入になった準優11Rは1号艇花田和明が14トップスタートの速攻で堂々押し切り1着。1M捲り差しの2号艇芝田浩治が2Mから2周1Mと豪快な全速戦で後続を引き離し2着となっています。

 準優12Rはイン15トップスタートの1号艇天野誠が2号艇原田富士男の2コース差しを振りきり先頭。その後も追撃を緩めぬ地元エースのフジオを振りきって1着。予選1位の天野は2003年7月24日宮島一般競走以来となる優勝とダービー王戴冠に近づいたかと思われましたが、天野は前半の一般戦4Rで5着に敗れて得点率を下げていたのでした。


 2007年10月のダービー王を決定する優勝戦の枠番です。

1:笠原 2:花田 3:天野 4:大嶋 5:芝田 6:フジオ

 前半の一般戦5Rも1着だった笠原が優勝戦1号艇となり、ダービー王への最短距離に。

中京広域圏の優勝戦】

 今年度昭和アーケード最終開催で今年度のムーンライトエンジェルも今宵限りだった蒲郡G3女子リーグ戦夜の女王決定戦(最終日売上6億6974万5900円)。来年7月3日に江戸川競艇開設53周年があって自らのホームプール扱いとなる蒲郡、来年度の昭和アーケードと月光天使がどうなるのかも楽しみです。
 夜の女王を決める戦いはスタート展示でインを奪った横西奏恵が本番も鋭発ピット離れでプレッシャーをかけ、結果1号艇永井聖美(83期3993)が枠を主張して枠なり3vs3も永井は深イン。それでも永井は気合いの02トップスタートを決めますが、絶品なる切れ味の差しで永井の脇をすくいこんだ横ちんが永井を差しきり通算26回目の優勝。尚、5号艇茶谷桜(83期3994)が最初の1Mで3号艇向井美鈴に張られた後バランスを崩し転覆を喫しサクラチルとなっています。
 「リーグ最強の凄みと破壊力、熱狂的なファンも多いここ東海地区で夜の女王に輝きます。かなちゃんには本当にかないません。そんな強さで今年V6です。(動画」ということで東海地区での人脈も豊富な横ちんは今年V6で、来年の津G1企業杯JAL女子王座決定戦を待たずに児島SG総理大臣杯出場を内定させました。


 SG期間中の為に山田智彦アナが不在なので、浜名湖の工藤浩伸アナが実況を担当した常滑日本財団会長杯争奪戦競走は1号艇川崎智幸がインから堂々押し切り今年4回目・通算28回目の優勝。ちなみに常滑と蒲郡の専用場外はボートピア川崎です。
 川崎がぶっちぎりだったのに対し後続は激戦で、BSでは2コース順走の2号艇永井源と3コース捲り差しの3号艇烏野賢太と4カド2番差しの4号艇太田和美で3艇併走。そして2Mは和美が先行も、これを永井が差しきり、2周1M突っ込んできた烏野も包んでかわして永井がSGウイナー両名に競り勝つ大健闘。そうなんです。くしくも愛知両場とも愛知の永井が2着だったのです。尚、3着は2周2Mで和美を差しきった烏野。


 津グランプリシリーズ第6戦スタート展示2コースの3号艇間嶋仁志(三重)が本番インを奪って312/546。そして深インもなんのその、07トップスタートを決めた間嶋は1号艇星野太郎(三重)の差し場を塞ぐ見事な旋回でほしのを退け、差して斬り込む5号艇中尾英彦に対しても締め込んで2Mを先制。平和島全日本選手権のタナシンとは対照的なレースを見せた間嶋は通算22回目の優勝。2着は1M捲り差しから2M斬り込んで中尾にアタックした6号艇山本浩次

 ここで間嶋仁志について。平和島表彰式の司会で今夜のJLCニュースにも出演してた松岡俊道アナが番組内で言ってたのですが、現在三重支部ながら元大阪支部の間嶋が三重に来た理由は奥さんが三重県出身だからだそうです。

【アシ夢】遂にダービー開幕+全日本選手権3日目【W原田】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ぼくのヒーローカッコよかった いっぱいおうえんした とってもたのしかった 秋風が心地よく感じる季節になりました。芦屋競艇にさわやかな風を運ぶのはSGタイトルホルダー原田幸哉山室展弘さん、大嶋一也笠原亮を含む豪華なメンバー。スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービーは本日から10月9日までの5日間に渡り激戦を繰り広げます。また、シリーズ4日目の10月8日にはオヨネーズ歌謡ショーがありましてアシ夢ダービー準優勝戦を盛り上げます。

 世にダービーと名の付くレースは東京ベイ勝島運河の二大名物競走平和島東京ダービー大井東京ダービーを筆頭に、大井G1ジャパンダートダービー、年3回の競輪ダービーことG2ふるさとダービー平塚G3湘南ダービー桐生スポニチ杯群馬ダービー住之江大阪ダービー摂河泉、宮島のニューイヤーカップ競走広島ダービースポニチ杯広島ダービー盛岡ダービーグランプリ帯広ばんえいダービー中山G3ダービー卿チャレンジトロフィー、更に地方競馬のダービーWeek佐賀九州ダービー栄城賞園田兵庫ダービー名古屋東海ダービー盛岡めんこいテレビ杯岩手ダービーダイヤモンドカップ、うっかり忘れてましたので追記します尼崎競艇ダービー杯、もうひとつ忘れてました競艇版優駿牝馬こと多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー等ありますが、10月のアシ夢ダービーも上記正式名称ダービーのラインナップに加わりました。

 さあ、長い前置きを書いたところでオープニングの1R特賞モーニングV戦はシード選手の1号艇古賀繁輝が13トップスタートからの刺激的なイン戦で1着ときっちり人気に応え、3コースからつけ回った3号艇今村賢二郎が二着で2連単270円の1番人気。ということで今村のダービー初戦は1回乗り2着発進。

 追加斡旋ながら、地元のエースとして強力遠征勢を迎え撃つのは原田富士男。追加斡旋ということでダービードリームに選ばれませんでしたが、そのかわり2Rで地元の主役早くも登場と午前中から本命党を喜ばせます。
 さて、5号艇のフジオはスタート展示こそ124563の4コースも、本番は一気にインを奪って54612/3。そしてフジオは4号艇天野誠の直つけまいを軽く振りきる貫禄の逃げで1着発進。天野がそのまま2着に入り2連単330円の1番人気。ちなみにフジオの後半9Rは枠番通りの2コースから順走で2着と無難にまとめています。

 スタート展示の枠なりから一転、135/246の進入になった5Rは人気の中心2号艇笠原亮が展示と違う4カドになるも、格の違いを見せつけるカド捲りを決め1着発進。2着は小回り差しで踏ん張った3号艇濱田隆浩で2連単330円の1番人気。尚、このレース5号艇で登場したF休み明けの今坂晃広は捲り差しに行くも、いささか機力不足なのか引き波を越えられずダービー初戦は4着敗退。

 スタート展示は156234の進入だった6R。ですが、本番は5号艇大嶋一也がインを奪って5126/34の進入に。1号艇淺香登や6号艇小松昇司といった猛者相手にイン奪取成功したKAZUYA.Oは結果も1着でした。

 今回のダービーで最有力候補と目されるのは第49回平和島SG全日本選手権優勝の実績を誇る原田幸哉。初戦8Rは6号艇で進入も大外となりましたが、他を圧倒する12トップスタートから貫禄の大外捲りを決め1着。F休み明けとコースの不利をものともせず、さんまがうまいあきにまさしく原口本領発揮でダービー初戦白星発進。

 現在こそA2の為にダービードリームからは漏れてしまいましたが第46回戸田SG全日本選手権優勝の実績を誇るのは山室展弘さん。初日はセミファイナル11R3号艇1回乗りで枠番通りの3コースから果敢に捲って全日本選手権王の存在感を発揮。美恵子問題に揺れるジャニーズ系のイケメン・1号艇花田和明にインから抵抗された分、4カド進入の5号艇石田章央の捲り差しを許し2着でしたが、人気を集めた花田に勝ち2連単3680円3連単45270円を提供と、ミステリアスな存在感を配当でも発揮。
 さて、ダービー2戦目の今坂は枠番通りの2コース戦も、山室さんに捲られ4番手。2Mで花田に差され5番手に後退と前半に続いてアシ無な所を見せてしまいましたが、ツイてなかったのは2周1Mでターンマークにぶつかり稽古した花田にぶつかってしまった事(動画)。これが響き6着に終わった今坂はダービー初日ガッツ実らずゴンロクに終わってしまいました。

 栄えあるダービーのドリームレースは123/465の進入から1号艇の原口が14トップスタートを放ち、3号艇芝田浩治のつけまいをがっちり受け止め、2号艇KAZUYA.Oの差しを引き波にはめる貫禄のイン戦を披露しての1着ゴール。さすがは全日本選手権王、ダービー初日ただひとり連勝です。
 後続は、KAZUYA.Oと2番差しの4号艇正木聖賢選手でBS接戦も、2M正木選手が内からしっかり回ったのに対し、外ぶん回したKAZUYA.Oは大きく流れて後方に下がり勝負あり。栄えあるダービードリームメンバーに選ばれた正木選手、この大舞台で冷静な走りを見せてくれました。

 さて、今月はダービーで盛り上がる芦屋競艇。来月1日からはG1芦屋モーターボート大賞が始まりますが、芦屋競艇では今月14日までWドリームレースファン投票を実施しております。

平和島SG全日本選手権3日目

 本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第2弾として熊谷直樹トークマライブ熊谷直樹with槙原寛己&宮本和知トークライブがあった国土交通大臣旗争奪全日本選手権3日目。そういえば、先週の金曜日に自分はくまが屋で皿麺という名の焼きちゃんぽんを食べてましたね。そして今週の火曜日はくまが屋の経営母体蒙古タンメン中本に新店舗亀戸店がオープンしたので、開店初日早々蒙古タンメンと3/4蒙古丼を。

 それでは、予選3日目の水面は第1Rの開始です。大外から09トップスタートの6号艇都築正治(チルト-0.5)、さあ捲り一発行ったか決まった先頭!捲り一発あこターンを決めた都築はシリーズ初1着
 都築は1号艇の後半7Rもイン逃げ圧勝、初日の6着2本地獄から脱却して連勝天国とお伝えしておきます。
 
 水面上は予選第6Rの開始です。6号艇高橋勲が動いて行きます。昨日8Rは捲り差しで白星をマーク。追い込まれた東京支部の希望であります6号艇の高橋勲(動画)。地元、そしてこのレースメンバー最年長、6号艇だからといっておとなしく大外という訳には参りませんで3コースまで潜入。
 その高橋、ずっぽり捲り差し入って先頭!ベイエリアで孤独な戦いを強いられている唯一の地元選手高橋勲、まさにまさにゲリラでありますが昨日に続いての連勝で圧勝の1着ゴールとお伝えしておきます。
 次いで1号艇の後半12R。ここはぁ〜大きな期待が懸かりましたが、5号艇上瀧和則(今節選手代表)の前付け2コース進入をものともせずに高橋はきっちり逃げてシリーズ3連勝となる1着ゴール。
 これで総得点36、得点率9.00として予選1位。選手代表も選手宣誓もTokyo bay pirates加入も全て断って?レースに集中した結果、地元最後の砦から大きな城になりつつある湘南サーファー高橋勲。過去に第45回福岡SG全日本選手権、第50回戸田SG全日本選手権と優出2着と惜しいところまで来てますが、大輪の花を咲かせるまであとは明日の9R3号艇、準優、優勝戦と3回先頭で走るだけです。

 最後に、自分はK-BATTLE『競艇予想選手権 頂点を掴め!』参加中とお伝えしておきます。予想はK-BATTLEのコメント欄に書きます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ