ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ふみづき第1戦

【今年はオール東京】江戸川お盆の風物詩、大江戸賞の斡旋確定

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 8月9日木曜日から8月14日火曜日まで開催される江戸川競艇のお盆レース、第30回目となる大江戸賞の出場予定選手が発表されました。昨年は他支部からの参戦もありましたが、今年は一昨年以来のオール東京支部開催です。
 A1選手は登録番号順に熊谷直樹三角哲男山田竜一野澤大二濱野谷憲吾山谷央石渡鉄兵阿波勝哉飯山泰中野次郎福島勇樹の11人。
 A1以外の主な選手は桑原淳一TMRリーダー&江戸川地区スター桑原将光の親子コンビに、是政の人気者長岡茂一、艇界の牛若丸伯母芳恒池田雷太東京支部長、内山文典前東京支部長、前江戸川地区スター小澤学、アワカツと同じ79期から多羅尾達之尾形栄治松浦博人といった辺りが斡旋されています。

 来年度は開催が無い江戸川競艇、護岸工事前最後の大江戸賞なだけあって昨年を上回る豪華メンバーが斡旋されました。まさにハッピーなサマーですね。ついでに、戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯平和島デイリースポーツサマーカップ(共に8月11日〜16日)と多摩川大郷葉月杯(8月14日〜19日)の斡旋メンバーも発表されています。

三国ふみづき第1戦2日目

 ふみづき第1戦、4日間シリーズは早くも予選ファイナルの水上です。今日2日目の戦いは明日のカニ坊準優12の席目指しての攻防に、どうぞご期待下さいませ。尚、本日もナイターレースG1住之江ダイヤモンドカップ競走と合わせてお楽しみは2倍です。最後まで1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それでは三国プールのオープニングはおはよう特賞第1R動画)。
 早々に1コースに入ったのはスタート展示と同様4号艇の沖本健二(通算56優出0優勝)。人気の1号艇佐竹恒彦はやや離れた2コースから。インから415/236の順でスタートしました。2コース10のトップスタート決めた佐竹が人気対抗格の沖本をあっさり捲ってトップでゴールイン。得点率トップになった佐竹は明日のカニ坊準優12R1号艇になりました。
 捲られた沖本は5着に敗れ、5コースから捲り差した3号艇は98期新鋭森下祐丞が2着に入り、3コースから差した5号艇は艇界のマイトガイ小林旭62歳が3着に入った結果、2連単1060円3連単6420円の穴配当が出ています。

 守りでなく攻めに徹したレースが続きます。予選競走は終盤に入りまして第10Rです。インコースから1236/45の順です。1秒前、スタートいたしました。アウトの2艇が好発進、中でも5カド09トップスタートの4号艇金田大輔が絞り捲りに行くところ、インの1号艇北川幸典が飛びついて両者やり合う展開を突いて大外から松竹大輔が捲り差しで突き抜けトップでゴールイン。
 デビュー通算2勝目を挙げた100期新人松竹はカニ坊準優11R6号艇に滑り込みました。夢は大きく松坂大輔ですね。

 ちなみに、明日の七夕賞桐生日刊スポーツ杯優勝戦には水上浩充福井支部長が4号艇で乗艇。谷川岳と三国峠を望む水上温泉でお馴染み群馬県で谷川里江を打ち破り優出成功です。

三国競艇1ヶ月ぶりの4日間決戦は今村豊が参戦

 久しぶりのモーター音が新鮮。迫力満点の三国競艇は今日から開催です。ふみづき第1戦みなづき第1戦以来約1ヶ月ぶりとなる4日間決戦。水上賑わすは42名の選手陣に期待を寄せてどうぞ目の前迫る三国プールでお楽しみ下さいませ。またナイターの場外レースG1ダイヤモンドカップも併用発売してまいります。三国もおもしろいが住之江も気になると、忙しさは面白さの裏返し。2倍のお楽しみでお過ごし下さい。それでは水上、今日の初日予選はおはよう特賞第1Rです(動画)。
 インコースから134/562の順です。1秒前、スタートいたしました。3コースから4号艇海老原孝志が攻めに行くも、インから1号艇原田秀弥が張り飛ばしてエビちゃんは芦原温泉方面へ。
 エビちゃん(64期3396)捨て身の捲りを突いて5号艇荒金順(64期3420)がカド差し決めて先頭に立ち2Mをトップでクリアーしますが、原田が懐差して逆転。64期のツインアタックを退け1号艇の重責果たした原田がトップでゴールイン。人気はさらなるパワーを生むようです。この後も迫力戦期待しましょう。

 三国の松竹といえば松竹映画釣りバカ日誌のスーさんでお馴染み三國連太郎。そして第2Rには100期新人松竹大輔が三国初登場。水神祭は既に前走の尼崎日刊ゲンダイ杯で飾っております。自信を付けて三国にやってきました。
 インコースから123/456の順です。1秒前、スタートいたしました。インから逃げ態勢作りきった1号艇竹腰正樹トップでゴールイン。捲り差しハンドルの3号艇水長照雄が2番手で、大外からの外マイになった松竹は3番手。しかし、2M水長は引き波にもたつき失速気味。この間に外をぶん回した松竹が2番手浮上。3周1M松竹はややもたついて水長に差を詰められますが2番手を守り、逆転で2着を釣り上げました。

 これから真夏へと向かっていく気分を一層盛り上げる激戦の水上、瞬間沸騰で予選の勝ち上がりを目指す戦いは第4Rを迎えました。インから145/362の順です、スタートしました。前走児島競艇マクール杯でVを飾った勢いそのままにインから逃げる1号艇酒井忠義60歳がトップでゴールイン。2コース順走の4号艇加藤峻二65歳が2着でゴールインと、ここは125歳ワンツーです。

 今節の目玉商品今村豊が6号艇で登場の第7R。枠番不利も回り込んで来ました今村がインに入り、612/345の順です。全艇スピードアップ図って来ます、1秒前、スタートいたしました。カドから11トップスタートの3号艇大橋純一郎が伸びて来るも、21スタートながら伸び返した今村豊が逃げの態勢作ってトップクリアー。大橋の捲り差しを振りきってシリーズ初戦はトップでゴールイン。

 ふみづき第1戦、水上は初日のメインカード。シリーズの主力に推された6メンバーを迎えまして攻防は三国選抜第12Rです(動画)。進入はインから1354/26の順です、スタートしました。2コースの3号艇渡邊伸太郎が09のトップスタートでインの1号艇今村豊にプレッシャーを与え、今村は艇を伸ばしてトップクリアーもターンが膨れます。そして4コース2番差しの4号艇佐竹恒彦がBS伸びて2Mトップクリアーを果たしトップでゴールイン。今村豊は2艇に差され3番手でしたが、2M渡邊伸太郎を捲って逆転2着です。

 最後に、初日の連勝選手は川上聡介。1号艇の第6Rがイン戦、5号艇の第10Rは4コース捲り差し3番手から2M的確な差しを決めての逆転勝ちです。

平和島サントリーカップ初日

 平和島競艇施行者である府中市に位置するサントリー武蔵野工場。そんなサントリーのタイトル戦はチルト+3度サントリーアワーズな6日間。後半3日間はG1浜名湖賞との併用発売もあります。

 今節の目玉はなんといっても艇王植木通彦。約17億円の返還と1年間のSG選出除外となった平和島SG総理大臣杯優勝戦フライングによる30日のF休みは先月中旬に明けていたにもかかわらず、復帰戦はここ。まるで幸せの青いフェニックスとしてここを狙ったかのような斡旋ですね。
 そんなウェイキーくんの1走目は9R6号艇。3コースに入ったウェイキーくんは捲り差しに出るも、直外4コースの3号艇宮内由紀英(今節選手代表)に差されてしまい2着。
 ちなみに1着となった選手代表宮内は前半3R3コースから捲り一発決めており初日連勝です。

 ウェイキーくんの後半平和島選抜戦は1号艇でイン戦も、09鋭発を決めた2号艇山崎昭生の2コース捲りを貰い、更には5コースの5号艇星野太郎と大外の6号艇山田哲也(平和島地区スター)に差されて4番手。しかし、ウェイキーくんは3周1Mの差しで山田を捕らえ、3周2M内から先に回って山田をなんとか逆転。イン戦失敗ながら舟券にはなんとか絡みました。
 ちなみに1着となったのは、捲った山崎を差した星野。M78星のタロウは前半6R2コースから差しを決めており初日連勝。白星太郎(動画)の名前は伊達じゃありません。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ