ブログネタ
競艇 に参加中!
 越前三国の日本財団後援九頭龍賞は優勝賞金95万円の5日間シリーズですが、今節は通算優勝回数99回の山室展弘(東京在住岡山支部51期3070)が初日龍翔選抜など節間8戦7勝の快進撃で通算V100に王手。

 そして山室大先生が1号艇に陣取った優勝戦は枠なり3vs3の進入から山室大先生が01タッチスタートの踏み込みを見せ、2号艇中辻博訓(福井)のつけまいも3号艇中越博紀の差しも問題にしない速攻劇でぶっちぎり、
 「今節は9戦8勝と怒濤のピンラッシュ。そして積み重ねた優勝回数は実にこれで100。通算2000勝を達成した今年、優勝回数も大台へと乗せました。(動画
 と、今年2回目・三国4回目・通算100回目の優勝を達成。ちなみにデビュー初Vは1984年12月の平和島です。
 2着は中越が2M切り返してきた中辻を包みきり、2008年8月(はづき第2戦)にデビュー初Vを飾った思い出の越前三国で香川の中越が2着。

 それにしても今年2月(津グランプリシリーズ第9戦最終日8R)の通算2000勝達成レース(動画)も実況した佐竹亮アナは普段津で実況してますが、今節は三国の小林習之アナが高校野球千葉県大会の実況の為に佐竹アナが三国を実況。
 そんな巡り合わせが山室大先生の2000勝達成レースと優勝回数100回達成レースの両方を実況するという偶然を生みました。
 ちなみに「松井ー吉川ーかかってこい!言ってみてぇー!」と山室大先生に言われた事でお馴染み王者松井繁の優勝回数は96回です。
尼崎全日本選手権2日目2R山室先生勝利者インタビュー2008年11月多摩川の山室大先生

 (30日追記)100Vゴールと百戦錬磨の活躍を見せた山室大先生のウイニングラン付き優勝戦ニコニコ動画が公開されてたので貼り付けます。


津グランプリシリーズ第5戦優勝戦

 TSUグランプリシリーズ第5戦は前半2日間が伊東温泉競輪の鈴木佳文アナ、後半2日間がいわき平競輪と江戸川の平山信一アナが実況。

 「真夏の短期決戦、津グランプリシリーズ第5戦。混戦のポイント争いを勝ち抜いた6強が登場してきました。優勝戦12Rです。(動画
 ということでボートレー津初登場の平山アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇東本勝利(三重)が08トップスタートの速攻で勝利のカーブを描ききり、5月のテレボートカップに続く津3回目・今年3回目・通算8回目の優勝で土用の丑の日に副賞の新玉亭炭焼きうなぎを獲得。

 後続は2番差しの3号艇富山弘幸が2号艇富永正人を捕らえて2Mを先行し、2M包み込む体勢から差しに転じた富永を2周1M締め込んだ富山は2周2Mで再度富永を締め込み2着。

 尚、この優勝戦には都築あこ秋葉ミキが来場してたそうです。

か・らっキーカップ第3戦優勝戦

 初日ドリーム戦相当の番組を実施しなかった3個準優制4日間シリーズは、優勝戦がオールA1で、まるで今節の主力選手を紹介するエンドロールみたいな番組に。

 そんなドリーム戦のような主力集結番組は配当がドリームになり、07スタートの3号艇白石健が14スタートの1号艇島川光男を捲り、しらけんがミツオに抵抗されて流れた所に2号艇金子龍介と6号艇小野信樹による差しと、5号艇上之晃弘の捲り差しが入って先頭は3艇接戦に。
 そして斧の武器が2M内の利で先行しようとする所に金龍のゴールデンアックスボンバー捲りが決まって、斧爆弾にやられた斧の武器は後退。
 しかし金龍のターンもやや流れ、2艇を差した上之が先頭に立ち、2周1Mで金龍を振り切った上之は今年3回目・通算V6・唐津初優勝
 金龍が2着、2周2Mで斧の武器を差したしらけんが3着で2連単12480円3連単53870円のドリーム配当です。

 以上、上之晃弘が愛弟子の真庭明志が22日にデビュー初Vを大村日刊スポーツ杯で飾った直後に自らも優勝したわけですが、石川香奈恵アナ歌手デビュー記念日(詳細は1本目の記事)だった七夕2日後の9日から始まったか・らっキーカップは途中でモーターの減音化がありましたが、29日からの第4戦で一段落です。

浜名湖食堂グルメアタック優勝戦

 枠なり3vs3の進入から15トップスタートの2号艇立間充宏が1号艇中澤和志を差しきり、タツマッチは2M外全速の中澤を張りながら突き放し、通算20回目の優勝

 2M外全速も張られた中澤は、共に1M差しから2M小回りの5号艇藤田靖弘(静岡)と6号艇星野政彦に迫られるものの、藤田を振り切った中澤は2周1Mで星野を行かせて差しきり2着。

 ちなみにタツマッチといえばおしどり夫婦としても有名ですが、今月21日に開催されたモーターボート競走平成22年度永年功労者祝賀会には妻の寺田千恵が20年表彰を受け、東スポ@YouTubeチャンネルでは寺田千恵&江口晃生インタビュー動画が公開されてます。


江戸川さわやか杯4日目

 第2Rは3号艇庄司泰久がアジャスト間に合わず+11の大フライングも、放り気味の捲りは先捲りの2号艇荒田泰明に張られ、先頭は逃げた1号艇塚本太二郎
 しかし太麺二郎が2M若干キャビったところに5号艇飯田加一(今節選手代表)が突っこみ、太麺二郎は飛ばされ後退。
 この間にあらたんが2艇を差しきってシリーズ初1着になり、あらたんは1号艇の第9Rでも1着になり4日目にして連勝。

 日曜日はG1ウェイキーカップ3日目だった多摩川にWコロンが来場して、人気のねづっちが「整いました」と客をそうかとうならせる謎かけで沸かせたようですが、江戸川ではねづっち似のゴージャス松野京吾が出場中。

 昨日の松野は第10R2号艇1回乗り5着と駄目でしたが、今日は第6R5号艇が果敢な三段大捲りからBSでは差した6号艇須藤隆雄と2番手併走。そして2Mで須藤をゴージャスに差しきり2着。
 続く12R3号艇は捲り差し届かず5号艇尾崎鉄也に差されて3番手でしたが、最終3周2Mで尾崎を差しきる大逆転劇で2着と2着2本で優出圏内に踏みとどまりました。
2008年11月多摩川のねづっち松野京吾昨日第10R展示航走のゴージャス松野京吾

 明日の予選最終日を控え、得点率上位者を紹介します。

9.67上平真二 8.43前川守嗣 8.29村越篤 8.17須藤隆雄 7.86渡邉英児 7.43安田政彦 7.33松本浩貴 7.00松野京吾&郷原章平

 明日の松野は第10R3号艇1回乗りです。