ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

BR2017.01〜

唐津と鳴門の優勝戦は共に3連単124決着


唐津ミニット開設13周年記念優勝戦

 1236/45の進入から1号艇坪井康晴が11トップスタートの速攻でつボインカ帝国を成立させて今年2回目・唐津5回目・通算59回目の優勝
 ちなみに3連単124は2番人気860円。

鳴門日本トーター杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇後藤翔之が07トップスタートの速攻を決めて、鳴門初・2015年10月津プライドラウンド第2戦アラウンド33選手権以来となる通算10回目の優勝
 ちなみに3連単124は2番人気830円。

常滑と下関の優勝戦


常滑オラレセントレア開設5周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇村上純と捲り差す3号艇高濱芳久で併走になり、2Mは内の高濱芳久が先行しますが村上純が差し返しに成功し、2周1M先行で抜け出したしずる村上純は今年3回目・常滑3回目・通算40回目の優勝

下関トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦最終日

 男子の11R優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇原田篤志(今節選手代表)が捲りを決めて先頭に立ち、下関4回目・通算14回目の優勝
 内うまく粘った1号艇馬袋義則が2Mと2周1Mの混戦に競り勝ち2着。

 女子の12R優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田口節子が3号艇山川美由紀の捲りを張り飛ばして先行するも6号艇富樫麗加の差しが届き、両者握り合う体勢になった2Mで富樫麗加が田口節子を結果的に張り飛ばす形になって抜け出し、飛ばされた田口節子は消波装置に激突する寸前に選手責任落水。
 かくして、東京支部112期4758富樫麗加はデビュー初優出初優勝
 ちなみに1M差して3番手だった5号艇小池礼乃(112期4764)が2M内回って2着に上がり、112期ワンツーで2連単27820円・3連単654はなんと209950円の20万舟でした。

本日は6場で優勝戦


芦屋スカパー!JLCカップ優勝戦

 126/345の進入から1号艇重野哲之が09トップスタートの速攻を決めて、芦屋では2015年6月の前回日本MB選手会会長杯に続く3回目・通算48回目の優勝
 6号艇渡邉英児が1M外マイからの2M差しで2着に入り静岡支部ワンツー。

津日刊スポーツちどり杯争奪戦優勝戦

 1236/45の進入から14トップスタートの4号艇岡村仁(95期4311)に対して1号艇山田哲也(95期4297)が艇を伸ばして1M先行するもやや流れ、岡村仁の捲り差しが決まりかけるも2号艇村田敦が張り飛ばし、その間に逃げの体勢を固めた山田哲也が先頭に立ち今年2回目・津3回目・通算27回目の優勝
 差し順走の形になった村田敦が2着で東京支部ワンツー。

戸田G3オールレディース日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇永井聖美がスタート飛び出し先頭に立つも判定の結果+01のフライング返還欠場。
 これにより、差し順走の2号艇五反田忍が先頭、捲った6号艇深川麻奈美が2番手になり、2M五反田忍のターンがやや流れるも差しを狙った深川麻奈美はターンマークに接触して届かず、五反田忍は今年2回目・戸田2回目・通算10回目の優勝

浜名湖ボートピア岩間13周年記念茨城放送杯優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇佐々木康幸(静岡支部)が押し切り、前走地丸亀報知グリーンカップに続く今年3回目・浜名湖9回目・通算60回目の優勝

住之江ルーキーシリーズ第3戦報知新聞創刊145周年記念ダイナミック敢闘旗優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇羽野直也(114期4831)が押し切り、今年2回目・住之江初・通算3回目の優勝

丸亀日刊スポーツカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇長田頼宗が05トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・丸亀では昨年10月の前回四国新聞社杯に続く4回目・通算23回目の優勝
 5号艇小林泰(妻は永井聖美)が捲り差して2着、2号艇村田修次が差し流れるも3着に入り、3人優出した東京支部が上位独占。

びわこ結核予防事業協賛G2秩父宮妃記念杯

 びわこの名物開催、結核予防事業協賛G2秩父宮妃記念杯特設サイト)。

 優勝戦は直前追加斡旋ながら予選1位の活躍で1号艇になった守田俊介(滋賀支部)が枠なり2vs4のインから先行するも4号艇芝田浩治の捲り差しが入って接戦になり、2Mは守田俊介が芝田浩治を包みきるも両者握り合った結果共に大きく流れ、守田俊介は辛うじて先頭を守るも1M外マイから2M差した3号艇三井所尊春が2番手に。
 そして2周1Mご三井所尊春が守田俊介に突進して最後方に追いやり自らも流れる展開になり、1M外マイ届かず5番手も2M差しで3番手に浮上してた5号艇山本隆幸が2周1M内をくるっと回って先頭に立ち、展開をものにした山本隆幸は今年3回目・びわこ2回目・通算37回目の優勝
 2M後方になった芝田浩治が2周1Mの差しで2号艇吉田拡郎との2番手争いに持ち込み、2周2M内先行した芝田浩治は吉田拡郎の差し返しを振り切って2着になり兵庫支部ワンツー。

徳山・三国・多摩川・若松の優勝戦


徳山BOATBoyカップ優勝戦

 6号艇中嶋誠一郎がインに入った6/1/2345の進入から深インの中嶋誠一郎が03トップスタート踏み込むも2号艇寺田祥(今節選手代表)が3カド捲り差しを決めて先頭に立ち、寺田祥は今年2回目・徳山11回目・通算36回目の優勝

三国トランスワードトロフィー2017優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡崎恭裕が08トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・三国では昨年8月の前回はづき第1戦に続く3回目・通算34回目の優勝

多摩川日刊スポーツ賞優勝戦

 14/2/356の進入から3号艇石田政吾が捲り差しを決めて先頭に立ち、前走地GW三国ボートフェスタに続く今年3回目・多摩川5回目・通算77回目の優勝

若松山口シネマカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇坂元浩仁が02トップスタートもターンマークを大きく外して流れるミスターンを犯してしまい、2号艇江口晃生が差しを決めて先頭に立ち今年5回目・若松3回目・通算92回目の優勝

鳴門と大村の優勝戦


鳴門市市制施行70周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇高濱芳久が押し切り、今年3回目・鳴門初・通算54回目の優勝

大村日本MB選手会会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇金田諭が押し切り、デビュー初V水面での大村では2回目・昨年7月戸田市制施行50周年記念以来となる通算26回目の優勝

【其ノ戦闘力】G1宮島チャンピオンカップ【超G級】

 開設63周年記念G1宮島チャンピオンカップ優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義が11トップスタートの速攻を決めて、宮島3回目・G1V17となる通算74回目の優勝
其ノ戦闘力超G級


蒲郡G3マスターズリーグガマの鉄人決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大嶋一也59歳(愛知支部)のターンが大きく流れた所を2号艇大場敏50歳が差しを決めて先頭に立ち、大場敏は今年4回目・通算58回目の優勝にしてG3マスターズリーグ初代優勝者に。
 ちなみに偶数艇決着の3連単246は59870円。

福岡九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇仲口博崇が押し切り、福岡2回目・通算74回目の優勝

平和島マクール杯ヴィーナスシリーズ第2戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から03トップスタートの1号艇長嶋万記が2号艇遠藤エミの全速つけまいマクールを辛うじてこらえきり、今年4回目・平和島初・通算21回目の優勝

桐生競艇タイムス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇永田秀二が09トップスタートの速攻を決めて、桐生2回目・通算8回目の優勝

常滑BOATBoyカップと児島マクール杯の優勝戦


常滑BOATBoyカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇岡祐臣の捲りに1号艇湯川浩司が激しく抵抗して両者共倒れになった結果3号艇勝野竜司と4号艇吉田慎二郎(愛知支部)の差しが入り、両者の先頭争いは2M内の吉田慎二郎がすんなり先行したのに対し外握った勝野竜司は大きく流れて4番手まで下がり、吉田慎二郎は常滑初・2015年12月江戸川関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯以来となる通算6回目の優勝
 ちなみに2連単46は12420円・3連単465は63300円でした。

児島マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇桐本康臣が4号艇松尾昂明のカドマクールを張り飛ばしながらも流れずに押し切り、児島初・2015年12月津商工会議所杯争奪津市長賞以来となる通算25回目の優勝

戸田と下関の優勝戦は共に福岡支部が優勝


戸田ニコニコのりカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎仁志が5号艇西山貴浩の捲り差しを振り切って先頭に立ち、戸田初・通算28回目の優勝にしてモーター44号機はV8。
 西山貴浩が2着で福岡支部ワンツー。

下関日本財団会長杯争奪準優進出バトル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇江夏満が2号艇伊藤将吉の差しを振り切って先頭に立ち、下関初・通算27回目の優勝

芦屋・尼崎・丸亀の優勝戦


芦屋日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 125/346の進入から1号艇守田俊介が押し切り、今年2回目・通算84回目の優勝

尼崎UCCカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇後藤正宗が14トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・尼崎初・通算31回目の優勝

丸亀報知グリーンカップ優勝戦

 126/354の進入から1号艇佐々木康幸が押し切り、今年2回目・丸亀3回目・通算59回目の優勝

江戸川とびわこの優勝戦


江戸川スポーツニッポン杯優勝戦

 17トップスタートの1号艇土屋智則が4号艇吉田健太郎のカド捲りを受け止めつつ5号艇新藤哲三の捲り差しも退け、江戸川初・通算18回目の優勝

びわこ近江牛カップ優勝戦

 156/234の進入から2号艇田村隆信がカド捲り決めるも小回り残した1号艇山田康二がBS伸びて先頭に立ち、山田康二はびわこ初・昨年4月芦屋山口シネマ杯以来となる通算13回目の優勝

大村・唐津・鳴門・浜名湖・桐生の優勝戦


大村春のスピード王決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇毒島誠が08トップスタートの速攻を決めて、大村初・通算41回目の優勝にして7戦全勝の完全V達成。

唐津領巾振山つつじカップ優勝戦

 領巾振山(ひれふりやま)の名を冠したタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇樋口亮が10トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・唐津初・通算32回目の優勝

鳴門G3オールレディース渦の女王決定戦競走優勝戦

 枠なり3vs3から05トップスタートの1号艇寺田千恵に対し2号艇片岡恵里の差しが届いて舳先掛かるも寺田千恵が2M手前で締めて振り切り、通算61回目の優勝
 片岡恵里は2M深追いした分5号艇細川裕子に差され、細川裕子が逆転2着。

浜名湖日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 枠なり2vs4の進入から17トップスタートの3号艇三井所尊春が3カド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・浜名湖5回目・通算38回目の優勝

桐生日刊スポーツ杯優勝戦

 12635/4の進入から2号艇安達裕樹が捲りを決めて先頭に立ち、桐生5回目・昨年3月G2徳山モーターボート大賞男女ハーフバトル以来となる通算25回目の優勝
 6号艇間嶋仁志が1M差して2着に入り三重支部ワンツー。

GW特別斡旋開催の最後は平和島と三国


平和島京急電鉄社長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石渡鉄兵が押し切り、今年3回目・平和島9回目・通算61回目の優勝にして京急電鉄社長杯連覇。

GW三国ボートフェスタ優勝戦

 三国のGW開催は昨年までの湯の花賞からGW三国ボートフェスタに名称変更。
 GW三国ボートフェスタ初代優勝者を決める一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇石田政吾が押し切り、3月の当地やよい第1戦に続く今年2回目・通算76回目の優勝

GW最後の日曜日は一挙に10場のGW特別斡旋開催優勝戦


戸田ウインビーカップ優勝戦

 12346/5の進入から単騎ガマシ13トップスタートの5号艇佐藤翼が捲りに行くも1号艇黒井達矢がブロックした展開を見逃さなかった2号艇桐生順平が差しを決めて先頭に立ち、桐生順平は今年3回目・戸田では今年1月の前回G1戸田プリムローズに続く10回目・通算29回目の優勝

蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯優勝戦

 145/236の進入から1号艇赤岩善生が押し切り、今年3回目・蒲郡21回目・通算82回目の優勝にして正月に続く蒲郡特別斡旋開催二冠。

常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が09トップスタートの速攻を決めて、常滑14回目・通算58回目の優勝

住之江2017ラピートカップ優勝戦

 優勝賞金200万円を懸けたオール大阪支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎(今節選手代表69期3556)が押し切り、前走地蒲郡G3企業杯KIRIN CUPに続く今年4回目・住之江28回目・通算84回目の優勝
 3号艇太田和美(69期3557)が1M外マイからの2M差しで2着に入り69期ワンツー。

尼崎報知新聞創刊145周年記念報知金杯争奪六甲賞競走優勝戦

 124/356の進入から1号艇吉田俊彦が押し切り、今年2回目・尼崎15回目・通算48回目の優勝

児島鷲羽杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇平尾崇典が押し切り、児島20回目・通算71回目の優勝

宮島サンケイスポーツ若葉賞優勝戦

 1236/45の進入から1号艇上平真二が押し切り、宮島3回目・通算52回目の優勝

徳山トライアングルカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今村豊が押し切り、津と芦屋に続く3節連続となる今年3回目・徳山31回目・通算137回目の優勝にして徳山GW開催連覇。

若松スポーツニッポン杯GW特選競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡崎恭裕が13トップスタートも4号艇田頭実の捲り差しが届き、2M内先行した田頭実が岡崎恭裕の追走を振り切って今年2回目・若松14回目・通算63回目の優勝

福岡どんたく特選レース優勝戦

 枠なり5vs1の進入から2号艇平田忠則が捲りを決めて先頭に立ち、今年3回目・福岡9回目・通算65回目の優勝

津スポニチパール賞優勝戦は3連単630円の1番人気決着

 津のGW特別斡旋開催を締めくくるスポーツニッポンパール賞競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇東本勝利が押し切り、今年2回目・津8回目・通算23回目の優勝

 ちなみに優勝戦の3連単はお題通り124で630円の1番人気決着でしたが、昨日の準優勝戦は11Rが3連単634で151060円、12Rが3連単265で237630円と、10万舟が2本出ました。
 但し東本勝利が1着だった10Rだけは3連単123で1番人気330円でした。

多摩川と丸亀のオール地元支部開催優勝戦


多摩川さつき杯優勝戦

 オール東京支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇濱野谷憲吾が押し切り、今年3回目・多摩川14回目・通算77回目の優勝にしてさつき杯連覇。

丸亀安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞優勝戦

 オール香川支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇森高一真が3号艇片岡雅裕の捲りを受け止めてターン膨れてしまい2号艇重成一人に舳先ねじ込まれるも辛うじて振り切り、2M深追いして後退した重成一人に変わって浮上した片岡雅裕の差しも退け、森高一真は今年2回目・丸亀11回目・通算32回目の優勝

びわこ・下関・芦屋のGW特別斡旋開催+1の4場で優勝戦


びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇川北浩貴がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年3回目・通算63回目の優勝にして、1月の当地新春滋賀県知事杯争奪戦に続く滋賀県知事杯二冠達成。

下関日本MB選手会会長杯GW特選優勝戦

 「泰輔、いつもお仕事お疲れ様です」の冠協賛タイトルがついた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇白井英治が03トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・下関13回目・通算76回目の優勝

芦屋スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選優勝戦

 枠なり3vs3の進入から5号艇羽野直也が4号艇江夏満を叩いての差しで1号艇瓜生正義を捕らえ、2Mで2号艇前田将太が切り返して押っつけてきたのを羽野直也は行かせて捌いたのに対し瓜生正義は外握った所をまともに突進されて後退し、羽野直也は昨年7月の当地BP高城オープン18周年記念以来となる通算2回目の優勝を前回と同じ5号艇で達成。
 尚、2周2M2番手の前田将太は江夏満の押っつけに前をカットされて後退し、前田将太と瓜生正義との3着争いになった結果同タイムでゴールも3周2M外握った瓜生正義が判定の結果3着に。

大村G3オールレディース蛭子能収杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田口節子が04トップスタートの速攻を決めて、大村2回目・昨年7月鳴門アペックス杯競走以来となる通算48回目の優勝
 4号艇金田幸子が1M捲り差して2着に入り、岡山支部ワンツー。
 尚、3周2M入口で5番手にいた5号艇竹井奈美が振り込み選手責任転覆。

浜名湖オール静岡支部開催は82期ワンツー

 浜名湖GWオール静岡支部開催のファイナル浜松市長杯争奪戦やらまいかカップ優勝戦は09トップスタートの1号艇菊地孝平(82期3960)がややターン膨れながらも2号艇坪井康晴(82期3959)の差しを振り切って先頭に立ち、今年3回目・浜名湖では2月の前回開設63周年記念G1浜名湖賞に続く15回目・通算52回目の優勝

鳴門と桐生のGW特別斡旋開催優勝戦


鳴門日本モーターボート選手会会長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09トップスタートの4号艇渡邊雄一郎(大阪支部)がカド捲りを決めて先頭に立ち、前走地若松西部ボートレース記者クラブ杯に続く今年4回目・鳴門初・通算13回目の優勝
 イン戦残した1号艇小野寺智洋(香川支部)が2着に入って遠征選手ワンツー。

桐生上毛新聞社杯GWレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇久田敏之が押し切り、1月の当地スポーツニッポン杯群馬ダービーに続く今年2回目・桐生8回目・通算18回目の優勝

4月最後は唐津GW特別斡旋開催を筆頭に6場で優勝戦


唐津日本財団会長杯GW特選優勝戦

 先行2場(大村・江戸川)のGW特別斡旋開催はGW期間(4月29日〜5月7日)にかからない前倒し開催だったため、実質的には今年度最初のGW特別斡旋開催になる唐津。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太が押し切り、今年2回目・唐津9回目・通算44回目の優勝

平和島スポーツニッポンゴールデンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇間嶋仁志が差しを決めて先頭に立つも、差し続く6号艇田上晋六(東京支部)が2M内から艇を伸ばして押っつけ、間嶋仁志が田上晋六を包んでかわしきるも流れる展開に。
 そしてこの展開を突いた1号艇矢後剛(東京支部)が差し返しに成功して逆転先頭に立ち、平和島5回目・2014年8月の当地デイリースポーツサマーカップ以来となる通算42回目の優勝

三国うづき第2戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇作野恒がスタートやや後手を踏みながらも伸び返して押し切り、2014年8月蒲郡名鉄バス杯争奪戦以来となる通算27回目の優勝

住之江サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇村田修次がターン流れながらも押し切り、住之江2回目・通算45回目の優勝

尼崎デイリースポーツ杯争奪ささはら賞競走優勝戦
 枠なり3vs3の進入から1号艇西村拓也が押し切り、尼崎2回目・昨年5月常滑オラレセントレア開設4周年記念競走以来となる通算19回目の優勝

若松ナッセ杯優勝戦

 Nasseのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇村上純が3号艇守屋美穂の捲りを受け止めて先頭に立ち、前走地平和島日本財団会長杯に続く今年2回目・若松2回目・通算39回目の優勝
 守屋美穂が4号艇片山竜輔に競り勝ち2着、片山竜輔が3着で3人優出の岡山支部が上位独占。

本日の優勝戦2場は共に103期が優勝


宮島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から07トップスタートの4号艇古澤光紀(103期4522)が捲り差しを決めて先頭に立ち、2015年12月丸亀年末ファン感謝ゴールデンカップ以来となる通算2回目の優勝

常滑さざなみ賞優勝戦

 124/356から2号艇黒井達矢(埼玉支部103期4528)が10トップスタートだったのに対して1号艇秋元哲(埼玉支部103期4532)は一番遅い21スタートで後手を踏んでしまいますが、スリット後伸び返した秋元哲が1M先行して黒井達矢の差しを振り切り、常滑初・昨年2月大村市長杯以来となる通算11回目の優勝
 尚、黒井達矢が2周2M引き波を踏んでもたついた内側に3号艇松崎祐太郎が潜り込み、埼玉支部同期ワンツーを阻止する逆転2着。

江戸川ゴールデンカップはGW前倒しのプレミアムフライデー決戦


江戸川ゴールデンカップ優勝戦

 江戸川のGW前倒し特別斡旋開催はGW前日のプレミアムフライデーに最終日を迎え、1号艇永井彪也がイン戦押し切って2014年12月戸田太田胃散カップ以来となる通算2回目の優勝

福岡日本トーター杯優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇吉田拡郎が09トップスタートの速攻を決めて、福岡2回目・通算36回目の優勝にして通算1000勝目の1着ゴール。
 3号艇寺田千恵が1M捲り差しで2着に入り岡山支部ワンツー。

大村のGW前倒し特別斡旋開催優勝戦


大村スポーツ報知杯優勝戦

 今年度GW特別斡旋開催第1弾は枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉が押し切り、今年4回目・大村では今月の前回G1ダイヤモンドカップに続く7回目・通算75回目の優勝

 ちなみに大村のGW特別斡旋開催が前倒しになった理由は、29日から次節G3オールレディース競走蛭子能収杯を開催するためです。

中日スポーツ津ボート大賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から14トップスタートの4号艇田中和也がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・津2回目・通算8回目の優勝
 ちなみに1号艇辻栄蔵が4着に敗れて3連単463になった結果110520円の配当が出ました。

児島スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山一鉄也が押し切り、今年3回目・通算45回目の優勝にして児島では昨年12月の前回児島2016ファイナル競走に続く連続V。

徳山日刊スポーツ杯争奪戦優勝戦

 12346/5の進入から1号艇山本隆幸が09トップスタートの速攻を決めて、前走地宮島BOATBoyカップに続く今年2回目・徳山初・通算36回目の優勝

山口県下関と広島支部山口選手が優勝した2場の計3場で優勝戦


下関アプスシステム杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇飯山泰が押し切り、下関2回目・通算41回目の優勝

丸亀スポーツニッポンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉川元浩が4号艇中辻博訓の捲りをブロックした展開を突いて2号艇山口剛と5号艇中村晃朋(香川支部)の差しが入り、山口剛が吉川元浩に舳先掛けつつ中村晃朋を締め切っての2M先行で抜け出し、広島支部91期4205山口剛は今年2回目・丸亀4回目・通算36回目の優勝

多摩川東京中日スポーツ賞優勝戦

 枠なりオールスローの進入から1号艇山口裕太が08トップスタートの速攻を決めて、広島支部95期4316山口裕太は多摩川初・2015年12月下関川棚温泉青龍杯以来となる通算3回目の優勝

戸田と浜名湖の優勝戦


J:COM川口・戸田杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇益田啓司が捲りきって先頭に立つも内で粘る1号艇今村暢孝が2M激しく抵抗して福岡支部同士が大競り合いになり益田啓司が今村のぶたかを包みきるも流れた結果、1M差し順走3番手だった2号艇村越篤が2M差しで逆転先頭に立ち、村越篤は戸田初・通算8回目の優勝
 益田啓司が2着、4号艇中島真二が3着、今村のぶたかが4着で3人優出の福岡支部が2〜4着。

浜名湖G3オールレディース井伊直虎カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇浜田亜里砂が絞り込んだのに先捲りで応戦した2号艇細川裕子が捲りきった展開に乗って5号艇池田浩美(静岡支部)が差しを決めて先頭に立ち、81期池田浩は浜名湖3回目・昨年1月の当地G3オールレディース浜名湖ビューティーカップ以来となる通算11回目の優勝
 ちなみに2連単52は27250円、3連単523は175420円でした。

 尚、2Mで1号艇長嶋万記(静岡支部)が最後方から突進して6号艇川野芽唯を転覆させ、更に4号艇三浦永理(静岡支部)にも不利を与えた結果長嶋万記は妨害失格を適用されました。

今村豊芦屋初優勝で全24場V+田中信一郎も蒲郡初優勝で23場V


芦屋MBP嘉麻オープン5周年記念優勝戦

 1246/35の進入から1号艇今村豊が押し切り、前走地津G1名人戦に続く今年2回目・通算136回目・そして芦屋初優勝にして史上18人目の全24場V達成。
 ちなみに今村豊はG1以上全場Vへも残りは芦屋・住之江の2場だけとなっております。

蒲郡G3企業杯KIRIN CUP優勝戦

 126/345の進入から1号艇田中信一郎が押し切り、今年3回目・通算83回目・そして意外にも今回が初優出の蒲郡では初優勝
 これで田中信一郎は福岡を除く23場Vとなり、来月のオールスター福岡SG笹川賞で今村豊に続く19人目の全場Vに挑戦します。

(;`ω´)三国開設64周年記念G1北陸艇王決戦の優勝者は?

 三国開設64周年記念G1北陸艇王決戦特設サイト)は予選1位の松井繁が昨日の12R準優勝戦1号艇で1着になるも待機行動違反で賞典除外になる波乱。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇坪井康晴がつボインカ帝国を成立させて先頭に立ち、2周1Mで3号艇石田政吾(福井支部)が2号艇池田浩二に突進して玉突き式に池田浩二と坪井康晴が接触する危ない場面はありましたが坪井康晴は先頭を守り切り、三国4回目・昨年4月中日スポーツ津ボート大賞以来となる通算58回目の優勝にしてG1V10。

常滑中京スポーツ杯争奪全日本ファイターキング決定戦優勝戦

 静岡支部4人と愛知支部2人による優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇大場敏(静岡支部)が捲り差しを決めて先頭に立ち、今年3回目・通算57回目の優勝
 1M先行した1号艇星栄爾(静岡支部)が2着、1M外マイから2M差した5号艇谷野錬志(静岡支部)が3着、1M差した6号艇徳増秀樹(静岡支部)が4着で静岡支部上位独占。

 ちなみに静岡県内の中京スポーツ販売エリアは浜名湖がある遠江エリアだけで、駿河エリアと伊豆エリアは東京スポーツになります。

桐生マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前沢丈史が15トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・桐生3回目・通算7回目の優勝

唐津と若松の優勝戦


唐津スプリングモーニングバトル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から16トップスタートの1号艇金子龍介が3号艇土屋智則のつけまいをこらえきって先頭に立ち、唐津初・通算49回目の優勝

若松西部ボートレース記者クラブ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邊雄一郎が押し切り、今年3回目・若松初・通算12回目の優勝

平和島・びわこ・鳴門の優勝戦


平和島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇村上純が4号艇須藤博倫の捲り差しを辛くも振り切って先頭に立ちますが、2周1Mで須藤博倫の差しが届いて同体に。
 そして2周2Mは須藤博倫が内から先行しますが村上純が差し返しに成功し、3周1M内先行で再度先頭にたったしずる村上純は平和島初・通算38回目の優勝

びわこボートピア京都やわた開設10周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇杉山裕也が押し切り、前走地浜名湖地区対抗第1戦!東海vs関東中日新聞東海本社杯に続く今年2回目・びわこ初・通算12回目の優勝

鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山本浩次が04トップスタートの速攻を決めて、2015年6月下関山口シネマ杯以来となる通算64回目の優勝

大荒れ水面の江戸川日刊ゲンダイ杯は6号艇平見真彦初優勝

 江戸川今節日刊ゲンダイ杯は4日間開催でしたが2日間中止順延になり本日最終日。

 優勝戦は前レースの波高5cm北西向かい風7m下げ潮から一転、波高15cm北西向かい風8m下げ潮の荒水面になりましたが、水面悪化が発走直前のため2周戦にならず安定板着用の3周戦。
 そして16トップスタートの3号艇赤岩善生が全24場制覇目指して捲りに行くも振り込んでしまい、6号艇平見真彦が捲り差しを決めて先頭に立った内側では4号艇野添貴裕も振り込んで失速。
 更に平見真彦が先頭、1M差し流れながらも踏ん張った2号艇山口剛が2番手を航走する展開から2M山口剛のターンが流れて1号艇上野真之介が2番手、1M差しから2M小回りの5号艇渡辺浩司が3番手に浮上。
 しかし上野真之介が2周1M振り込んで責任外落水し、避けきれなかった渡辺浩司も責任外エンスト失格になってしまい、外を回った山口剛が再び2番手になり、離れた5番手にいた赤岩善生が3番手に浮上して隊列確定。
 そんな大荒れ水面を制した愛知支部102期4509平見真彦は14度目の優出にしてデビュー初優勝

 ちなみに今節は2日目8R(波高20cm南西追い風7m2周戦)で1号艇高橋真吾(東京出身東京在住埼玉支部)が+01のフライング返還欠場も6号艇山口剛の追い上げを辛うじて振り切り先頭でゴールインして失格・欠場艇表示見落としにより即刻帰郷になる出来事がありました。


児島ガァ〜コカップ優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇湯川浩司が押し切り、児島2回目・通算43回目の優勝

マクール杯争奪G3徳山オールレディース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇遠藤エミが16トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・徳山初・通算17回目の優勝

福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 123/465の進入から1号艇後藤正宗が06トップスタートの速攻を決めて、福岡初・2015年12月常滑ボートレースチケットショップミニボートピア栄オープン記念クリスマス特別以来となる通算30回目の優勝

大村MBP長崎五島開設11周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から10トップスタートの1号艇間嶋仁志が2号艇松崎祐太郎の捲りを張り飛ばした展開を突いた3号艇杉山正樹が差しを決めて先頭に立ち、杉山正樹は前走地尼崎ミニボートピア鳥取開設6周年記念鳥取市長杯に続く今年2回目・大村初・通算24回目の優勝
 巻き返し狙った間嶋仁志は2M握った際にターン流れて万事休すも、2M差しで追い上げてきた松崎祐太郎を2周1M包んで振り切り2着は確保。

広島の宮島優勝戦で山本ワンツー

 宮島BOATBoyカップ優勝戦は昨日5日目9R以降中止打ち切りにより当初の3個準優制から得点率制に変更になったメンバーで争い、枠なり3vs3の進入から1号艇山本隆幸が04トップスタートの速攻を決めて宮島では昨年10月の前回ポカリスエットカップに続く3回目・それ以来となる通算35回目の優勝
 4号艇山本英志(広島出身東京支部)が1M差して2着に入り、山本ワンツー。

浜名湖・蒲郡・常滑・住之江・丸亀の優勝戦


浜名湖日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇丸岡正典が押し切り、浜名湖4回目・通算43回目の優勝

蒲郡市長杯争奪蒲郡ムーンライトレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇古賀繁輝が捲りを決め、斜行した際に1号艇山下和彦がよろける危ない場面があったものの3-1体勢で決まり、古賀繁輝は今年2回目・蒲郡初・通算34回目の優勝

常滑スプリングカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡田憲行が押し切り、常滑初・2014年11月宮島デイリースポーツ杯争奪男女W優勝戦以来となる通算16回目の優勝

住之江スポニチ杯争奪なにわ賞優勝戦

 枠なりオールスローの進入から6号艇山崎哲司が捲り差しを決めて先頭に立ち、住之江初・通算24回目の優勝

丸亀四国アイランドリーグplus杯優勝戦

 枠なり2vs4の進入から3号艇下出卓矢が3カド捲りも大きく流れて自滅した展開に乗って4号艇樋口亮(長崎支部76期3777)が捲り差しを決めて先頭に立ち、樋口亮は丸亀2回目・昨年6月ウィンボとこなめ開設7周年記念競走以来となる通算31回目の優勝
 1号艇原田幸哉(長崎支部76期3779)がBS4番手も2M小回りで2番手に浮上して長崎支部76期ワンツー。

津G1名人戦

 全国公認第1号の場でもある津では初開催となるG1名人戦特設サイト)。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇今村豊55歳が11トップスタートの速攻を決めて、G1V48・昨年5月徳山日本トーター杯争奪戦以来となる通算135回目の優勝にして名人戦V3。

芦屋町長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉川元浩が06トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・芦屋初・通算70回目の優勝にして史上17人目の全24場制覇達成。

若松G3企業杯ビートル杯優勝戦

 16/23/45の進入から1号艇松村敏(熊本出身福岡支部)が押し切り、今年2回目・若松3回目・通算26回目の優勝
 6号艇今村暢孝52歳(福岡支部)が1M差し順走からの2M差しで2着に入り福岡支部ワンツー。

戸田ルーキーシリーズ第2戦日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇仲谷颯仁(115期4848)が押し切り、今年2回目・戸田初・通算2回目の優勝

桐生・尼崎・鳴門の優勝戦


ドラキリュウカップ・ナイター施行20周年優勝戦

 ナイター開催6場支部ペア対抗戦のサブタイトルがついた今節は桐生・蒲郡ペアと住之江・丸亀ペアと下関・若松ペアによる3チーム対抗戦で、予選得点率による対抗戦は下関・若松ペアが優勝、住之江・丸亀ペアが2位。

 しかし予選1位の水摩敦(福岡支部)が準優敗退した結果優勝戦は下関・若松ペアが2号艇吉村正明(山口支部)のみ、桐生・蒲郡ペアが外枠3人、住之江・丸亀ペアが大阪支部2人優出という顔ぶれになり、1号艇北村征嗣(大阪支部)が枠なり3vs3のインから11トップスタートの速攻を決めて桐生初・昨年5月宮島日本財団会長杯以来となる通算14回目の優勝
 下関・若松ペアから唯一優出した吉村正明が1M差し順走からの2M差しで2着。

尼崎ミニボートピア鳥取開設6周年記念鳥取市長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇谷川祐一が11トップスタートも艇が浮いて流れてしまい、2号艇桑原将光と3号艇杉山正樹に差し切られる展開に。
 そして2M内先行した杉山正樹が桑原将光の外全速戦をこらえきって先頭に立ち、尼崎初・通算23回目の優勝

鳴門市長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉川昭男が06トップスタートの速攻を決めて、鳴門初・通算42回目の優勝

唐津ヴィーナスシリーズは福岡支部ワンツースリー

 唐津ヴィーナスシリーズ第1戦さよ姫特別優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇渡邉優美が16トップスタートの速攻を決めて、唐津初・昨年2月ヴィーナスシリーズ第11戦常滑シンデレラカップ以来となる通算3回目の優勝
 福岡支部ながら今節選手代表を務めた3号艇大橋栄里佳が1M外マイから6号艇川野芽唯の差しを2M外全速戦で振り切って2番手航走するも2周2Mで川野芽唯の差しが届き、川野芽唯が逆転2着で大橋栄里佳が3着の福岡支部ワンツースリー。

 ちなみに地元佐賀支部の女子選手は3人しかおらず、しかもヴィーナスシリーズに出場可能な登録16年未満の選手は118期4938小芦るり華1人だけです。
 その小芦るり華は現在F3の150日休み+事故率8項の6ヶ月斡旋停止で出場停止中のため、今節佐賀支部選手の出場は0人でした。

江戸川で松尾祭デビュー初優勝まつり

 7日金曜日の3日目が中止順延になり不幸中の幸い?で昨日の優勝戦ラッシュとずれて単独最終日になった新モーター・新ボート開催江戸川外向発売所開設5周年記念富士通フロンテック杯

 優勝戦は節間5戦4勝2着1回の3号艇荒井輝年が捲りきるも1号艇石倉洋行に抵抗された分やや流れ、その展開を突いて捲り差した4号艇松尾祭が荒井輝年をBSで捕らえきり、2M先行で抜け出した香川支部100期4452松尾祭は10度目の優出にしてデビュー初優勝

丸亀G1京極賞は4月10日生まれの中田竜太がG1初V

 丸亀開設65周年記念競走G1京極賞特設サイト

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中田竜太(1988年4月10日生まれ)が12トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・丸亀では今年2月の前回大阪スポーツカップに続く2回目・通算15回目の優勝にしてG1初V。

浜名湖地区対抗第1戦!東海vs関東中日新聞東海本社杯優勝戦

 124/356の進入から1号艇杉山裕也が11トップスタートの速攻を決めて、浜名湖初・通算11回目の優勝

びわこスポーツニッポン新聞社杯争奪八景賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から5号艇高倉和士が気合いのスタートで捲りに行き判定の結果+01のフライングに散るも1号艇岡部貴司がブロックして1Mを先行。
 しかし岡部貴司はF艇の捲りを止めに行った分流れてしまい、4号艇表憲一が差しを決めて先頭に。
 そして岡部貴司は2M差し返し図るも届かず、HSで艇を外に持ち出した時に波高5cm東左横風6mの引き波にはまってバランスを崩して責任外転覆。
 これにより先頭独走になった表憲一はびわこ初・2009年6月三国みなづき第2戦以来となる通算4回目の優勝

福岡西日本スポーツ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇東本勝利が押し切り、福岡2回目・昨年7月宮島デイリースポーツ杯争奪男女W優勝戦以来となる通算22回目の優勝

G1大村ダイヤモンドCは3艇Fで長崎支部原田幸哉が優勝

新スタンドに夢チュー G1大村ダイヤモンドカップ特設サイト)は2017年度最初のG1開催。
 ちなみに2016年度最後のG1開催蒲郡G1オールジャパン竹島特別に愛知支部として出場した76期3779原田幸哉が今節から長崎支部として出場しており、2節連続地元G1出場となりました。

 その原田幸哉を含め76期が3人優出した優勝戦は136/245の進入から1号艇湯川浩司が3号艇樋口亮(長崎支部76期3777)の捲りを受け止めきって先頭に立つも、判定の結果湯川浩司は樋口亮・6号艇瓜生正義(76期3783)と3人揃って+01のフライング返還欠場。
 この3艇Fにより、01スタートから差し順走2番手争いだった2号艇原田幸哉が先頭に繰り上がり、今年3回目・大村V6・G1V13となる通算74回目の優勝にして支部移籍初戦でいきなりV。


児島倉敷市長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇角谷健吾と差す2号艇寺本重宣の東京支部コンビによる先頭争いは寺本重宣が2M内先行したのに対し、角谷健吾は差し返し狙うも4号艇坂元浩仁に内から合わせられて3番手に後退し、単独先頭に立った寺本重宣は前走地津ぎょうざ小学校大運動会に続く今年2回目・児島2回目・通算8回目の優勝

三国うづき第1戦優勝戦

 1235/64の進入から09トップスタートの6号艇北中元樹が捲りに行くも流れて1号艇篠崎元志がこらえるも同じく流れた展開になり、その展開から5号艇西川昌希が3号艇山口達也を叩いての差しを決め、西川昌希は4号艇竹村祥司の捲り差しを内でこらえきって先頭に立ち三国2回目・昨年1月の当地むつき第3戦以来となる通算8回目の優勝

平和島ボートピア河辺開設22周年記念優勝戦

 123/465の進入から1号艇田中豪が押し切り、平和島V6・昨年3月三国きさらぎ第1戦以来となる通算46回目の優勝

下関初ナイター開催と宮島・尼崎の優勝戦


下関海響ドリームナイターオープン記念スカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇谷村一哉(山口支部)が押し切り、下関8回目・昨年5月唐津虹の松原カップ以来となる通算30回目の優勝にして下関海響ドリームナイター初代優勝者に。

宮島ルーキーシリーズ第1戦楽天銀行クリスタルカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松田大志郎(104期4544)が押し切り、宮島初・昨年9月常滑G1ヤングダービー以来となる通算11回目の優勝

尼崎「B面の神戸」ええとこええとこボートピア新開地杯優勝戦

 126/354の進入から1号艇江口晃生が11トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・尼崎3回目・通算91回目の優勝

芦屋G3オールレディースマクール杯優勝戦

 芦屋G3オールレディースマクール杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から4カドマクールを決めた4号艇五反田忍が5号艇山川美由紀の二段マクールをこらえきって先頭に立ち、芦屋初・2012年8月丸亀RNC杯争奪男女W優勝戦以来となる通算9回目の優勝

常滑と津の優勝戦


津マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石野貴之が押し切り、津初・通算45回目の優勝

常滑マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇高濱芳久が09トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・常滑では昨年11月の前回中日スポーツ銀杯争奪戦に続くV6・通算53回目の優勝

新年度開催最初の優勝戦は戸田と住之江


戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中村裕将(埼玉支部)が13トップスタートの速攻を決めて、戸田8回目・通算48回目の優勝にして通算2001勝目の1着ゴール。
 4号艇加藤高史(埼玉支部)が1M捲り差しから2M外全速戦で2着に入って埼玉支部ワンツー。

 ちなみに中村裕将の通算2000勝目は昨日の5R6号艇6コースでの豪快な大外捲りでした。

日本財団会長旗争奪住之江王冠競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡村慶太が押し切り、住之江では2015年3月の前回ルーキーシリーズ第10戦ダイナミック敢闘旗に続く2回目・通算10回目の優勝

浜名湖ミニボートピア富士おやま2周年記念【下野小山じゃないよ】

 駿河小山にあるミニボートピア富士おやまのタイトル戦にして2016年度最後の年度またぎ開催になった浜名湖ミニボートピア富士おやま2周年記念優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇大場敏(静岡支部)が押し切り、昨日の12R準優勝戦HKT48下野由貴誕生日記念を制して優出ポールポジションを獲得した大場敏(旧姓:渥美敏)は節間4連勝で前走地びわこ巧者集結!報知新聞社杯争奪びわこ王座決定戦に続く今年2回目・通算56回目の優勝

 ちなみに昨日は下野由貴の誕生日でしたが今日はAKB48の9期生にして現SKE48チームK2リーダー大場美奈の誕生日で、大場美奈の誕生日に大場敏が優勝しました。
HKT48下野由貴誕生日記念

今日は三国と丸亀の年度またぎ開催が優勝戦


三国やよい第2戦優勝戦

 162/345の進入から1号艇松田祐季(福井支部)が3号艇三好勇人の捲り差しを振り切って先頭に立ち、今年2回目・三国11回目・通算23回目の優勝

丸亀ジャパンネット銀行杯優勝戦

 146/235の進入から3号艇村田友也が差しを決めて先頭に立ち、2012年3月児島ガァ〜コカップ以来となる通算2回目の優勝

年度またぎ開催おおむら桜祭り競走優勝戦

 新年度明けましておめでとうございます。
 4日間開催で最終日だけ2017年度開催になるおおむら桜祭り競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉田一郎(長崎支部)が16トップスタートの速攻を決めて、大村11回目・通算40回目の優勝

年度末は4場で優勝戦


平和島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 枠なり2vs4の進入からスロー2艇がスタート優勢も3号艇篠崎元志が3カド強捲りを敢行し、内の抵抗をものともせず見事に決まり、平和島2回目・通算38回目の優勝

多摩川巧者決定戦澤乃井カップ澤乃井優勝戦

 枠なり3vs3の進入から07トップスタートの4号艇佐藤隆太郎(東京支部115期4847)がカド捲りを決めて先頭に立ち、2度目の優出にしてデビュー初優勝

徳山すなっちスプリングカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇江夏満が5号艇藤田靖弘の捲り差しを振り切って先頭に立ち、徳山では昨年9月の前回発刊50周年記念九州スポーツ杯争奪戦に続く3回目・通算26回目の優勝

唐津スカパー!JLC杯〜ほぼ女子戦〜優勝戦

 枠なり3vs3の進入から白一点の1号艇大久保信一郎(佐賀支部)が女子5人相手に1号艇のプレッシャーに負けず11トップスタートの速攻を決めて、唐津2回目・2014年3月三国やよい第1戦以来となる通算11回目の優勝

蒲郡開設61周年記念競走G1オールジャパン竹島特別

 蒲郡開設61周年記念競走G1オールジャパン竹島特別特設サイト)は2016年度最後のG1開催。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇森高一真が押し切り、蒲郡2回目・昨年4月尼崎ミニボートピア鳥取開設5周年記念鳥取市長杯以来となる通算31回目の優勝にしてG1V3。

尼崎ボートレースチケットショップミニボートピア京丹後開設1周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎が押し切り、今年2回目・尼崎3回目・通算82回目の優勝

匠シリーズ第10戦児島テレポイント倶楽部杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇浅見昌克47歳が押し切り、今年2回目・通算38回目の優勝

【ヤッターマン】G1江戸川ダイヤモンドC優勝はサムライブルー岡崎

江戸川からダイヤモンド級の輝きをお届けします。 G1江戸川ダイヤモンドカップ特設サイト)は強風高波浪になりやすい年度末開催だったものの4日目10R以降が打ち切りになった以外は無事日程通り開催。

 優勝戦は11トップスタートのブルーカポック4号艇岡崎恭裕がカド捲りを決めて先頭に立ち、江戸川初・SGV1を含む通算33回目の優勝にして、当時18歳だった2005年1月にデビュー初優出(一般競走)を飾った地江戸川でG1初V。
 2号艇石渡鉄兵(東京支部)が差して2番手も、1M捲られ最後方だったはずの1号艇湯川浩司が2M外全速戦で一気に3番手になり、2周1M江戸川鉄兵がターン膨れた隙を突いて内に潜り込み大逆転2着と湯川浩司が江戸川G1V3の底力を見せました。
岡崎恭裕記念撮影1岡崎恭裕記念撮影2岡崎恭裕・永島知洋

 さて、優勝戦のゴールで実況の田島美生アナが「ヤッタ、優勝ゴールイン☆」と実況(動画)しましたが、今日の江戸川は7R以降が田島美生アナで2〜6Rが平山信一アナでしたが、オープニングの1Rがなんとヤッターマン田中伸明アナ。
 2008年2月の護岸工事による開催休止前最終開催日本モーターボート選手会会長賞動画)を最後に江戸川実況を退き、1号艇だった岡崎恭裕が2号艇山口剛にインとられて負けた2010年3月平和島SG総理大臣杯動画)を最後に実況アナウンサーを退き競走会業務に専念していたヤッターマンが1R限定で江戸川実況を担当した裏には、平山信一アナが江戸川公式Facebookで寄稿し、田島美生アナがブログで寄稿してまして、ヤッターマンは年度末の今節を最後に江戸川から戸田に異動するとの事。
 という計らいもあって、「Let it goにごきげんようとお伝えしておきます」という実況を残して江戸川を去るヤッターマンが約7年ぶり、江戸川では約9年ぶりに実況する事になったようです。


うねり王福岡決戦!週刊実話杯優勝戦

 162/345の進入から1号艇益田啓司(福岡支部)が押し切り、今年2回目・福岡3回目・通算19回目の優勝
 ということで、江戸川も福岡も福岡支部選手の優勝でした。

常滑春のマーゴの湯競走優勝戦

 常滑春のマーゴの湯競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇野澤大二が押し切り、常滑初・通算49回目の優勝

 ちなみに常滑温泉マーゴの湯はイオンモール常滑の敷地内最北端にあり、とこなめボート西入場口からも徒歩10分前後。
 温泉成分で泉質を再現した人工温泉の露天風呂があります。

若松と鳴門の優勝戦


若松東龍軒カップ優勝戦

 4号艇西島義則がインに入った4/125/36の進入から1号艇中辻崇人(今節選手代表)が捲りを決めて先頭に立ち、中辻崇人は今年3回目・若松では今年1月の前回北九州市長杯に続く5回目・通算49回目の優勝
 3号艇水摩敦(福岡支部)が1M捲り差し不発も2Mと2周1Mの差しで三つ巴の2着争いに競り勝ち、残る2艇による3着争いも6号艇小林遼太(福岡支部)が2号艇三浦洋次朗に競り勝ち、福岡支部ワンツースリー。

鳴門ヴィーナスシリーズ第12戦優勝戦

 昨日爆破予告の脅迫電話で5R以降中止順延になり家事都合で5人帰郷した結果、優出メンバーを含む全選手が2回乗りに。
 ちなみに優出メンバーの2回乗りは2012年10月常滑オータムカップ以来ですが常滑の時は外枠2人だけが2回乗りで、優出全選手の2回乗りは今世紀初です。

 水面の方も北西追い風6m波高6cmと波乱ムードで迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇赤井睦が1号艇川野芽唯を捲るも追い風で大きく流れて共倒れになり、2号艇平高奈菜が差しを決めて先頭、5号艇細川裕子が捲り差して2番手。
 しかし先頭の平高奈菜が2周1Mターンもたついて流れて行き、そこを見逃さなかった細川裕子が内から平高奈菜を抜いて逆転先頭に立ち鳴門初・2015年12月若松ヴィーナスシリーズ第9戦マクール杯ナイトプリンセスカップ以来となる通算7回目の優勝

 尚、優出6選手の前半レースは優出1号艇の川野芽唯だけが2号艇で残る5人が1号艇でしたが、細川裕子と優出6号艇真子奈津実の2人が2着で残る4人は1着でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ