ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

BR2013.1〜2013.6

SGグランドチャンピオン決定戦は太田和美が連覇

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 選考期間中のSG優出完走者およびSG予選得点上位者による選出基準のためSG出場経験者しか出られない事から、賞金王決定戦を除くSGでは最もメンバーが豪華なSGグランドチャンピオン決定戦特設サイト)。
 23回目の今年度は皆川浩二MB競走会会長の地元とこなめで開催されました。

 SGウィナー4人と賞金王シリーズウィナー2人による優勝戦は132/456の進入から1号艇太田和美が10トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・グラチャン連覇でSGV6となる通算61回目の優勝
 2着は1M差し順走から2M握った3号艇田村隆信

 それにしても昨年に続いて2年連続でグラチャン優勝戦を生で見たわけですが、昨年2号艇で優勝した太田和美が今年は1号艇ですんなり優勝したのに対し、昨年1号艇で3着だった吉田俊彦は選手紹介で「この常滑にはリベンジやのうてリトライに来ました。今節も最終日最終レースに残って、今度こそは勝って帰りたいと思います。応援よろしくお願いします。」という迷言を残したら初日8R1号艇でスタート時エンストによる選手責任出遅れになり、1号艇でのやらかしをリトライしてしまい太田和美と大きく明暗を分けました。
太田和美と皆川浩二で三沢のヒーロー太田コウジ2年連続で和美とアッキーナMCは実況も担当した山田智彦機長


多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前田将太が3号艇江夏満の攻めをブロックして押し切り、多摩川初・昨年1月芦屋ライジングスター以来となる通算7回目の優勝
 後続は江夏満が攻めをブロックされながらも2番手を航走し、差し順走の2号艇高沖健太を2M行かせて捌き福岡ワンツー。

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇清水敦揮がサキマイを決め、3月の江戸川全国ボートレース専門紙記者クラブ杯に続く今年2回目・鳴門初・通算13回目の優勝は岡山から千葉へ移住後の初V。次節は新たな地元水面になるかもしれないG1江戸川大賞です。
 2着は差し順走の2号艇眞田英二(徳島)。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞が押し切り、福岡の骨付鳥飼眞は今年3回目・丸亀は2006年9月G1京極賞以来となる2回目・通算37回目の優勝
 2着は1M→2Mと握って回った3号艇海野康志郎

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 1235/46の進入から逃げる1号艇仲口博崇と捲り差す3号艇長岡茂一で接戦になり、2Mはモイチが先行しますが仲口博崇が差し返し、2周1M内先行で抜け出した仲口博崇は今年5回目・通算61回目の優勝

みっくみくにマクール杯俊すけ優出者バトル

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日最終日を迎えたマクール杯三国優出者バトルは出場選手全員にミクに優出歴がある企画開催。

 優勝戦は1号艇守田俊介・2号艇赤坂俊輔・3号艇藤岡俊介と、内枠3つを俊すけ選手が独占。
 そしてレースは枠なり3vs3の進入から守田俊介が俊敏に逃げの体勢を作りきり、今年3回目・通算69回目の優勝
 俊すけワンツーなるかに注目してた後続は、捲った4号艇佐竹恒彦が差しに構えたW俊すけを捲りきって2番手を航走し、内で伸び返す赤坂俊輔を2M行かせて捌ききり、俊すけワンツーではなく滋賀支部ワンツーが完成しました。

戸田JCN埼玉杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から08トップスタートの1号艇岩瀬裕亮が3号艇浅見昌克(埼玉)の捲りをブロックして1M先行も2号艇山崎昭生に差しきられて2番手。
 岩瀬裕亮は2M外全速握って流れながらも山崎昭生に食らいつき、差し続く4号艇山崎義明(今節選手代表)を振り切り、2周1Mでも外握って山崎昭生に食らいつくも逆転には至らず。
 岩瀬裕亮は2周2M差しに転じて山崎昭生に迫りますがここも届かず、3周1M再度差しを狙いますが、ここで引き波にはまって振り込んでしまい選手責任転覆。
 かくして先頭抜け出した山崎昭生(やまさきあきお)は戸田3回目・通算51回目の優勝
 3番手の山崎義明(やまざきよしあき)が繰り上がって2着に入り、匠世代の山崎ワンツー。

 尚、惜しくもデビュー初Vを逃した106期4604岩瀬裕亮は104期以降が選考対象だった2012年次最優秀新人選考で勝率・1着本数・獲得賞金の3部門で1位も年間4優出0優勝と準優以上での勝負弱さがたたってしまい、一方で優勝経験有りの選手陣はそれ以外の要素が岩瀬裕亮に足りず、最優秀新人は該当選手無しに。
 そして本日は11度目の優勝戦でしたが選手責任転覆に終わり、出場当確だった桐生G1新鋭王座決定戦が事故率オーバーで選出除外になりました。

【秦卒業】住之江で新鋭リーグ今シーズン最終戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 2012-2013シーズンの新鋭リーグ最終戦は、BS11全国無料中継も放送されたメッカ住之江のG3新鋭リーグ第22戦サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走東西新鋭対抗戦で、東西対抗戦は近畿地区以西の西軍が関東・東海の東軍に勝利。

 そして個人の優勝戦は卒業期の100期・101期が3人優出して内枠を独占し、特に3号艇秦英悟(大阪100期4427)は地元で有終の優出。
 レースは123/465の進入から1号艇篠崎仁志(福岡101期4477)が押し切り、今年2回目・住之江は2011年12月の前回住之江ウィンターレースに続く2回目・通算9回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇片岡雅裕(香川101期4459)と捲った秦英悟で接戦になり、2M内から先行した片岡雅裕が秦英悟の差しを退け2着。
 秦英悟は3着に入り、今シーズン新鋭リーグ最終戦は卒業期の西軍が上位を独占しました。

 尚、2013-2014新鋭リーグ戦第1戦は、9月18日から23日まで桐生で開催されるG1新鋭王座決定戦終了直後の9月27日から浜名湖で開催されます。

江戸川女王決定戦優勝戦はスタート合戦から1号艇Fの波乱

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 とこなめでSGグランドチャンピオン決定戦特設サイト)が初日を迎えた今日、江戸川女王決定戦特設サイト)は初日予定だった19日の中止順延により当初より1日遅れで本日最終日を迎えました。

 優勝賞金100万円を懸けた優勝戦は1号艇鈴木成美がイン速攻で先頭もスタート判定の結果+01のフライング返還欠場。
 これにより、02スタートから差して2番手の2号艇浜田亜理沙(埼玉104期4546)が先頭に繰り上がり、江戸川初・昨年2月児島G3女子リーグ第3戦瀬戸の女王決定戦以来となる通算2回目の優勝は、同期4547中田竜太と結婚して広島支部から埼玉支部へ移籍後の初V。
 後続は03スタートから捲った3号艇長嶋万記が2Mも握って後続を振り切り2着。

下関日本トーター杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇魚谷智之が04トップスタートも4号艇長尾章平(山口)の捲りをブロックした際に流れてしまい、差しきった2号艇一瀬明が先頭に立ちかけますが、6号艇松江秀徳が3号艇佐藤翼を叩いての差しで一瀬明を差しきって先頭に。
 そして松江秀徳は2M一瀬明の差し返しを振り切り、今年2回目・下関初・通算14回目の優勝

本日は6場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は6場が最終日を迎えました。

浜名湖場内予想ナンバー1決定戦アタック優勝戦

 場内予想台ナンバー1決定戦と連動して開催された4日間開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から09スタートの4号艇芹澤克彦(静岡)が絞り捲りに出ようとするも2号艇倉谷和信が抵抗し、その倉谷和信を08トップスタートの1号艇松田祐季が張ってそのまま押し切り、松田ゆうきは浜名湖初・昨年2月江戸川関東ボートレース専門紙記者クラブ杯以来となる通算10回目の優勝
 2着は捲り差した6号艇作間章

蒲郡日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 1236/45の進入から1号艇吉川元浩が押し切り、今年V6・蒲郡初・通算57回目の優勝
 2着は差した5号艇岡村仁

宮島JLC杯争奪パワーバトル優勝戦

 1236/45の進入から1号艇馬場貴也がスタート劣勢ながら艇を伸ばしてパワー全開のインモンキーで押し切り、今年2回目・宮島2回目・通算14回目の優勝
 後続は差した6号艇濱村芳宏が2番手を航走し、差し続く5号艇中嶋誠一郎(ヤマトペラ)を2M行かせて捌き2着。

若松アサヒワンダカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇伊藤宏(今節選手代表)と4号艇徳増秀樹の差し合戦になり、2M内先行した徳増秀樹が抜け出し4節連続となる今年5回目・昨年11月の当地前回ていゆうニュース杯アダムスキーカップに続く若松3回目・通算56回目の優勝11R準優勝戦1号艇2着以外全て1着の準完全V。
 伊藤宏は3号艇奈須啓太(福岡)を張りながらの差しになった分秀樹に差しきられましたが、1号艇長溝一生の切り返しを2M行かせて捌き2着。

大村スポーツ報知杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇福来剛と差す2号艇谷村一哉の接戦になりますが、福来剛が谷村一哉の差しを1Mと2Mで共に振り切り、大村初・通算8回目の優勝

芦屋男女W優勝戦スポーツ応援グローバルアリーナカップ最終日

 多目的スポーツ施設グローバルアリーナのタイトル戦は男女W優勝戦。

 11R優勝戦男子は12346/5の進入から1号艇里岡右貴が先頭もYuki.Sは+03のフライング返還欠場。
 これにより、差して2番手の4号艇山下和彦(広島)が先頭に繰り上がり、平和島→若松→江戸川→芦屋と東京福岡間を行き来する斡旋だった山下和彦は4節連続となる今年4回目・当地G1Vを含む通算54回目の優勝
 後続は混戦でしたが先差しの2号艇幸田智裕が3号艇山口裕二の捲りをこらえつつ6号艇中村真(福岡)の差しを2M全速包んで振り切り2着。
 ちなみに中村真は優出3着条件の9R準優勝戦で6号艇5着でしたが、2着と4着が待機行動違反で賞典除外になった為繰り上がりで優出しました。

 12R優勝戦女子は枠なり3vs3の進入から1号艇鎌倉涼が13トップスタートの速攻を決め、芦屋2回目・通算3回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇福島陽子が2番手を航走し、差し続く6号艇佐々木裕美を2M行かせて捌き2着。

江戸川女王決定戦5日目

 2個準優制6日間シリーズのエドジョは本日準優勝戦。

 1つ目の11Rは4号艇鈴木成美が09トップスタートを決めて捲りきり1着。
 後続は差した6号艇大瀧明日香が2番手、先差しの2号艇岩崎芳美が3番手も1号艇栢場優子(栃木在住東京支部)が2M切り返し、大瀧明日香は2M握って栢場優子を包みきるも岩崎芳美が栢場優子を行かせての差しで大瀧明日香を捕らえきり逆転2着。

 2つ目の12Rは4号艇浜田亜理沙が13トップスタートを決めて捲りきり1着。
 後続はイン残した1号艇長嶋万記(静岡91期4190)が2番手を航走し、差し続く6号艇堀之内紀代子を2M行かせて捌き2着、アウト変わりから二段捲りに出た2号艇三浦永理(静岡91期4208)がBS3番手の位置から2Mじっくりためて最後方から3艇を差しきり3着。


 ここで準優以外の出来事。
 5Rは3号艇の地元中澤宏奈が捲って2番手も+05のフライング返還欠場。

 7Rは1号艇糸數由里(今節選手代表)が4号艇喜多那由夏の捲り差しを内から張った際に喜多那由夏がバランスを崩し転覆、不良航法を適用された糸數由里も選手責任沈没失格になり、2人共レース後負傷帰郷しました。


 明日の優勝戦メンバーです。

1:鈴木成美 2:浜田亜理沙 3:長嶋万記 4:岩崎芳美 5:三浦永理 6:大瀧明日香

 4月の外向発売所開設1周年記念男女W優勝戦を制した岩崎芳美を除く5人に江戸川初Vが懸かります。

本日の優勝戦3場は97期と60期が優勝

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日の優勝戦3場は60期と97期の活躍が目立った1日でした。

平和島府中市長杯優勝戦

 東京都議会品川区選挙区の自民党公認田中豪候補が当選した今日、ダッシュ島グランプリを過去2度開催した府中市主催大田区平和島では田中豪(東京)がTokyo Afternoon Race府中市長杯優勝戦2号艇。

 その田中豪を抑えて1号艇になったミスター鉄腕DASH島山口達也(97期4370)を筆頭に97期が3人優出した優勝戦は枠なり3vs3の進入から山口達也が12トップスタートの速攻を決めてTokio Afternoon Raceを制し、今年4回目・通算13回目にして東都平和島初優勝
 5号艇前沢丈史(東京97期4366)が田中豪を叩いての捲り差しで2着に入り同期ワンツー。

匠シリーズ第1戦津GP第3戦倉田栄一杯争奪安濃津賞優勝戦

 1932年2月15日に生まれ、今年2月26日に81歳の生涯を閉じた競艇の神様倉田栄一元選手の功績を称えた倉田栄一杯争奪安濃津賞。
 今回は45歳以上の選手が出場する新設レースシリーズ「匠シリーズ」の栄えある第一戦として開催されました。

 優勝戦は12435/6の進入から20トップスタートの1号艇烏野賢太(60期3304)が2号艇小野信樹(60期3305)の差しを締めて振り切り、2月26日の浜名湖日本トーター杯アタックに続く今年3回目・通算82回目の優勝
 小野信樹は2M握って後続を振り切り、同期連番ワンツー。


福岡九州プロレス杯優勝戦

 筑前りょう太率いる九州プロレスのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池永太(福岡97期4364)が06トップスタートの速攻を決め、今年3回目・福岡初・通算9回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇熊谷直樹が2番手を航走し、差し続く6号艇松本勝也を2M行かせて捌き2着。

江戸川女王決定戦4日目

 2個準優制のエドジョは予選4日間を終えて準優メンバー12人が決まりました。

 11R
1:栢場優子 2:岩崎芳美 3:中里優子 4:鈴木成美 5:片岡恵里 6:大瀧明日香
 12R
1:長嶋万記 2:三浦永理 3:柳澤千春 4:浜田亜理沙 5:松瀬弘美 6:堀之内紀代子


 11Rは関東のW優子が紅白枠に、12Rは静岡の91期コンビが内枠2つに入りました。

江戸川女王決定戦3日目

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川女王決定戦特設サイト)は3日目を終え、予選得点率9点以上は9.50栢場優子(栃木在住東京支部)と9.40長嶋万記の2人。


 本日は7Rで、捲った2号艇の地元市村沙樹と内粘る1号艇加藤奈月の先頭争い接戦から2M手前で市村沙樹が突如バランスを崩して振り込みエンスト。
 市村沙樹は航走を再開してゴールインしたものの時間切れによる不完走失格となり、後続艇に不利を与えた件で今節2度目の不良航法も適用されてしまい賞典除外に。
 そして、市村沙樹は12Rに4号艇で出場した後、自らが出演したTBS系ジョブチューンのOAを待たずに負傷帰郷しました。

江戸川女王決定戦2日目

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川女王決定戦2日目特設サイト)は強風で中止順延になった一昨日とは打って変わり、雨こそ降ったものの微風のベタ水面で開催。

 本日は5Rで3号艇池田明美が捲って先頭も+04のフライング。
 しかし池田明美はF直後の後半11R5号艇でも17トップスタートでスリット飛び出し、そのまま捲りきって今節2勝目。
 池田明美は昨年の江戸川女王決定戦でも3戦2勝の好調モードからフライング(5艇Fの中の1人)を切っており、2年連続でもったいない結果になってしまいました。

 尚、9Rは08トップスタートの5号艇定野久恵が捲って先頭に立ち、差して2番手の2号艇藤堂里香に道中差を詰められるも振り切り1着。
 その9Rは3番手争いが4号艇後藤美翼と3号艇中澤宏奈と1号艇市村沙樹の地元トリオでBS接戦になってましたが、BS外側にいた市村沙樹が内に切れ込んで中澤宏奈に押っつけて飛ばしながら前方の後藤ミクを差しきり3着。
 しかし中澤宏奈を飛ばした件で不良航法を適用されてしまいました。

多摩川JLCカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二が08トップスタートの速攻を決め、今年3回目・多摩川3回目・通算67回目の優勝
 2号艇の地元山田哲也が差し順走で2着。

桐生G1赤城雷神杯優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 アカギの夜がざわ…ざわ…となる桐生開設57周年記念G1赤城雷神杯特設サイト)は本日最終日を迎えました。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎元志(96期4350)が09トップスタートの速攻を決め、今年3回目・桐生3回目・記念V5となる通算24回目の優勝
 2着は差した4号艇平本真之(96期4337)が、大方の予想通り捲った2号艇山崎智也(群馬)と二段捲りに行こうとした3号艇辻栄蔵の両者共に流れてブイ際がら空きになった展開にも恵まれて96期ワンツー。

徳山中日スポーツ杯争奪戦優勝戦

 愛知、岐阜、三重、福井、石川、富山、静岡(駿河地区と伊豆地区は東京中日スポーツと併売)、長野、滋賀を販売エリアとする中日スポーツのタイトル戦を山口県周南市の徳山で初開催。

 初代徳山中スポ杯チャンピオンを決める優勝戦は1235/46の進入から1号艇今村豊(今節選手代表)が押し切り、ソフトバンクホークスのユニフォームを着用してレースに臨んだ今村豊は今年2回目・通算125回目の優勝
 今村豊の次節は中日スポーツのお膝元愛知県の常滑で開催されるSGグランドチャンピオン決定戦です。

 後続はつけ回った3号艇木村光宏と差した6号艇小林泰で2番手接戦になり、2M内先行する小林やすしを木村光宏が差しきり2着。

びわこサンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深井利寿(滋賀)が19トップスタートも4号艇松田憲幸がカド一撃で深井利寿を捲りきった結果、この展開を突いて捲り差した5号艇宮武英司と小回り差しの2号艇松本博昭による先頭争いに。
 一方、デビュー初V狙う松田憲幸は2M手前で内に切り返して先頭争いに加わり、松本博昭が外握って包んだのに対し宮武英司は行かせての差しで応戦。
 2M先行した松本博昭は宮武英司の差しに迫られるものの振り切って2周1Mを先行したのに対し、宮武英司は再度松田憲幸の切り返しを行かせて捌く形になって先頭との差が開き、先頭抜け出した松本博昭はびわこ初・通算10回目の優勝

尼崎OBCラジオ大阪杯優勝戦

 1235/46の進入から4号艇向所浩二(兵庫)の捲りを1号艇坂口周が飛ばしに行って両者共倒れになった展開を突いて捲り差しを決めた6号艇川崎智幸が先頭。
 川崎智幸に対し内小回りの2号艇桐本康臣が艇を伸ばして2Mを先行しますが川崎智幸は行かせて捌ききり、今年3回目・通算46回目の優勝

江戸川女王決定戦初日

 JLC制作による特設サイトが開設され、フォトギャラリーや選手紹介動画なども見られるエドジョは昨日の初日が強風で1日順延になり、今日が初日。

 メインの江戸川選抜戦は6号艇長嶋万記がアグレッシブに大外捲りを決めて1着。

 尚、3R6号艇鈴木祐美子(+03)と8R1号艇喜多那由夏(+01)がフライング返還欠場。
 ちなみに8Rは00タッチスタートの4号艇栢場優子(栃木在住東京支部)がF艇を捲りきって1着になりました。

本日は2場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 桐生開設57周年記念G1赤城雷神杯特設サイト)が準優勝戦だった今日は2場が最終日を迎えました。

鳴門サンケイスポーツ杯競走優勝戦

 146/235の進入から13トップスタートの2号艇渡邉英児がカド捲りを決めて先頭に立ち、前走地戸田一般競走に続く今年4回目・通算43回目の優勝

 後続は差した5号艇鈴木茂高が2番手を航走し、1号艇鶴本崇文は3号艇関口智久の捲り差しを内で張りながらこらえて3番手。
 しかし、BS内から艇を伸ばした4号艇西島義則が2M鈴木茂高に押っつけ、鈴木茂は包んでかわすもののペリカンを行かせた鶴の差しが届いて両者同体になり、2周1Mは鶴が先行。
 差した鈴木茂は鶴に締め切られながらも2周2Mで内から艇を伸ばして先行しますが、鶴が行かせて捌ききり2着。

児島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇茅原悠紀が押し切り、今年2回目・児島2回目・通算9回目の優勝
 2着は差した4号艇大賀広幸

本日は4場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は4つの場が最終日を迎えました。

戸田日刊ゲンダイ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇重成一人が11トップスタートを決めて絞りに行くも1号艇平石和男(今節選手代表)が艇を伸ばして1Mを先行し、捲り差しに切り替えた重成一人を引き波にはめて突き放した平石和男は今年3回目・先月の前回当地ウインビーカップに続く戸田10回目・通算48回目の優勝
 後続は3号艇益田啓司が重成一人に絞られてからアウト変わりで強捲りを打って2番手を航走し、内で粘る2号艇眞田英二と捲り差しから最内に切り返してきた5号艇市川哲也を2M行かせて捌き2着。

浜名湖BOATBoycup優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇渡辺浩司と捲り差す3号艇富永正人の接戦になりますが、渡辺浩司が締めて2Mを先行したのに対して富永正人は差し続く4号艇今坂勝広(静岡)を2M行かせて捌く形になり、抜け出して単独先頭に立った渡辺浩司が前走地鳴門徳島綜合警備保障杯競走に続く今年4回目・浜名湖初・通算11回目の優勝

 ちなみに今節はBOATBoycupですが、11R選抜戦は冠協賛レース「マクール編集部、上杉雄太を祝い倒すレース」でした。
 尚、レースは枠なり3vs3の進入から2号艇三瀬譲がサシキールで1着。

下関G3新鋭リーグ戦競走第21戦COME ON! FM CUP優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邉和将(岡山103期4537)が押し切り、今年2回目・下関初・通算2回目の優勝
 後続は捲った3号艇和田兼輔(兵庫100期4446)が2番手を航走し、差し続く6号艇小山勉(埼玉102期4488)を2M行かせて捌き2着。

唐津RKBラジオ杯さよ姫特別オール女子戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇宇野弥生が差しを決めて先頭に立ち、捲って3番手の位置から内に切り返して2M先行体勢の5号艇遠藤エミを包んで振り切った宇野弥生は優勝

 BS2番手の1号艇山川美由紀は2M遠藤エミを差して2周1M先行体勢もエミが外握って捲りきり、エミが2番手。
 しかし2周2Mみゆきの差しが届き、3周1M内から先行したみゆきがエミの追撃を振り切って逆転2着。

本日は2場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は2場が最終日でした。

常滑黒松特別わく枠レース〜シニアVSヤング戦〜優勝戦

 1264/35の進入から1号艇磯部誠(愛知105期4586)が08トップスタートの速攻を決めて今年2回目・常滑初・通算2回目の優勝
 2着には差し順走の2号艇岩瀬裕亮(愛知106期4604)が入り、地元ヤングワンツー。

平和島楽天銀行杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇安達裕樹と差す2号艇山崎義明と、捲り差しから内に切り返した5号艇吉村正明の三つ巴になり、2Mは内から艇を伸ばした吉村正明と外握った安達ゆうきが併走でターンし、山崎義明は内の4号艇枝尾賢を包みながらの差しで応戦するも届かず3番手。
 そして2周1Mは吉村正明がすんなり先行したのに対し、安達ゆうきは内突いてきた枝尾賢に押っつけられてしまい、吉村正明は平和島初・通算18回目の優勝
 2着は2周1Mで枝尾賢を行かせて捌いた山崎義明、枝尾賢に合わせられた安達ゆうきは2周2Mで枝尾賢を捲りきって抜け出し3着。

三国G1北陸艇王決戦優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 三国開設60周年記念G1北陸艇王決戦特設サイト)は本日最終日を迎えました。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎が押し切り、今年2回目・SGV5含む記念V18となる通算62回目の優勝
 2着には4号艇新田雄史が入りました。

 ちなみにタナシンは地元大阪住之江で毎年開催されてるG1高松宮記念特別競走でV2の実績がありますが、本日大阪岸和田で開催されたG1高松宮記念杯競輪では新田祐大が2着に入り、今日開催されたG1は2つ共新田選手が2着でした。

蒲郡日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 123/645の進入から07スタートの3号艇村田修次が絞りに行くも17スタートの2号艇今村暢孝が先捲りで激しく抵抗して両者共倒れに。

 この展開により先頭争いは差した6号艇三嶌誠司と5号艇木田峰由季による併走になり、2Mは内の木田峰ゆきが先行しますが三嶌誠司が差し返して内外入れ替えて両者併走に。
 そして2周1M内先行した三嶌誠司に対し、デビュー初優出初Vを狙う木田峰ゆきは内突いてきた4号艇尾崎鉄也を行かせての差しになって三嶌誠司に離されてしまい、ここで抜け出した元愛知県民の三嶌誠司は今年2回目・通算52回目の優勝

若松九州スポーツ杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇藤岡俊介(94期4278)が押し切り、若松初・2011年3月平和島日本財団会長杯以来となる通算4回目の優勝

 後続は捲り差した3号艇岡本大(93期4248)が2番手を航走し、6号艇伴将典(佐賀在住愛知支部94期4285)が2号艇西田靖を叩いての差しで3番手を航走。
 伴将典は2M小回りで差を詰めて2周1Mを内から先行しますが、岡本大は行かせて捌き2着を取り切りました。

東京109期楮葵和子がデビュー初1着

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は唐津RKBラジオ杯さよ姫特別オール女子戦3日目2Rで東京109期4673楮葵和子が2011年11月のデビューから197走目にして待望の初1着をかなえました。

 レース内容は初1着とは思えぬ爽快かつアグレッシブな強捲りで、枠なり3vs3のカドから4号艇楮葵和子はスタート22と遅れましたが、そこから思い切った強捲りを敢行して1号艇矢野真梨菜を一気に捲りきって先頭に。
 道中は差して2番手の2号艇平山智加尼崎G1近松賞優勝者)に猛追されますが0.4秒差振り切り、見事水神祭を飾りました。

 尚、からつHPのからつ@予想コーナーには「平山さんに抜かれるかと思って焦りました。勝つまで長かったです。」というコメントが掲載されてました。


丸亀報知グリーンカップ優勝戦

 1236/45の進入から1号艇長田頼宗が08トップスタートの速攻を決め、今年4回目・丸亀2回目・通算11回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇打越晶が差し続く5号艇江夏満を2M行かせて捌き2着。

江戸川ボートレース研究ファン感謝祭優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川の4日間開催ボートレース研究ファン感謝祭は本日最終日。
 
 優勝戦は1号艇山下和彦が3号艇石田章央の捲りを受け止めて先行しますが2号艇濱村芳宏の差しが届き、先頭争いは内枠両者のマッチレースに。
 そして2Mは濱村芳宏が先行しますが山下和彦の差しが届き、差し返しに成功して2周1Mを先行した山下和彦が濱村芳宏の差しを振り切り、前々走地平和島ミニボートピア黒石開設4周年記念・前走地若松マンスリーBOATRACEカップに続く3節連続となる今年3回目・江戸川4回目・通算53回目の優勝
 2着に濱村芳宏、3着に石田章央が入り、初日メイン江戸川選抜戦の上位3人が優勝戦も同じ着順で上位を独占しました。

大村スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇後藤孝義が3号艇高橋勲の捲りを受け止めて先行しますが2号艇岡本慎治の差しが届き、2Mはオカモトが先行体勢。
 しかし思い切って握り込んだ後藤孝義がオカモトを捲りきり、その展開を突いた高橋勲が2艇まとめて差しきり先頭に。
 後藤孝義は2周1M差し返し狙うも及ばず、高橋勲は大村2回目・昨年4月常滑スプリングカップ以来となる通算55回目の優勝

江戸川ボートレース研究ファン感謝祭3日目

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川の4日間開催ボートレース研究ファン感謝祭は本日予選最終日の3日目。

 6月13日生まれの地元福来剛は前日得点率4位の8.67で、本日4R4号艇と10R5号艇の二回乗り。
 バースデーに福来たる優出勝負駆けの福来剛は4R4号艇では他5艇が0台スタートの中でカド17スタートと凹んだものの、そこからアグレッシブに強捲りを決めて1着となり、後半3着以内で自力優出決定。
 しかし前半の凹みスタートと打って変わり、4号艇細川明人と共にスタート飛び出しすぎた福来剛は細川明人が捲った展開に乗っての捲り差しで先頭に立ちますが、福来剛は+05、2番手の細川明人も+02のフライング返還欠場。


 明日の優勝戦は以下のメンバーになりました。

1:山下和彦 2:濱村芳宏 3:石田章央 4:加藤知弘 5:吉川昭男 6:泉啓文

 初日メイン江戸川選抜戦の上位3人が江戸川選抜の着順と同じ順で内枠を占める事になりました。

尼崎UCCカップ優勝戦

 126/345の進入から3号艇松本勝也(兵庫)が絞りに行くも6号艇高濱芳久が抵抗し、その高濱芳久に対し1号艇山口裕二が艇を伸ばしますが4号艇野澤大二が山口裕二を一気に捲りきり、先頭争いは野澤大二と捲り差しに切り替えた高濱芳久と高濱芳久の上を捲り差した5号艇川口貴久の三つ巴に。
 そして2M内先行した高濱芳久と差した川口貴久によるマッチレースになり、2周1Mは川口貴久が先行して高濱芳久が差し返す展開になり、舳先が届く寸前で川口貴久が振り切って2周2Mを先行。
 高濱芳久は再度差しを狙って今度も舳先が届きかけて舳先をねじ込もうとしますが、川口貴久が締めて振り切り、尼崎初・通算5回目の優勝

本日は3場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は3場が最終日を迎えました。

びわこ近江牛カップ優勝戦

 「近江牛」生産・流通推進協議会協賛の第1回近江牛カップは新モーター新ボートの5日間シリーズ。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇上平真二(75期3737)が20トップスタートの速攻を決め、今年2回目・びわこ初・通算35回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇宮地秀祈(75期3742)と外握った3号艇の地元馬場貴也で接戦になり、馬場貴也が2Mで宮地秀祈を差しきり2着。

 ちなみに上平真二は自分の競艇場初観戦開催だった1999年7月10日の当地一般競走3日目に出場しており、上平真二は2日後の優勝戦で2号艇4着。
 それから約14年の月日が経過し、遂にびわこ初Vを飾りました。

津日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇徳増秀樹(75期3744)が押し切り、前々走地住之江G3企業杯アサヒビールカップ・前走地G1尼崎センプルカップに続く3節連続となる今年4回目・津4回目・通算55回目の優勝
 後続は差した5号艇金子貴志が2番手を航走し、差し続く6号艇中村守成(三重)を2M行かせて捌き、1M外マイ不発最後方から2M内に切り返しての小回りで浮上した4号艇川尻泰輔を2周1M行かせて捌き2着。

徳山デイリースポーツ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇谷村一哉(山口)が押し切り、徳山3回目・通算19回目の優勝
 2着はつけまい体勢から差し順走に切り替えた2号艇伊藤宏

江戸川ボートレース研究ファン感謝祭2日目

 ボートレース研究ファン感謝祭は4日間開催、2日目にして早くも折り返し。
 得点率1位は初日メイン江戸川選抜戦を制するなど初日連勝の山下和彦が今日の6枠4枠を2着1着でクリアして前日からの順位をキープ。

 ここで2日目の出来事。
 6Rでは3号艇牧原崇が1M外握った際に出口で振り込み選手責任落水。
 続く7Rでは2号艇渡部悟が2コース捲りを敢行しようとしたところで振り込み選手責任転覆。

 尚、6月13日生まれの地元福来剛は3日目4R4号艇と10R5号艇に乗艇予定です。
 得点率8.67で4位の福来剛はバースデーに優出勝負駆け成功で福来たると行きたい所です。

110期福田宗平が106期以降一番乗りのデビュー初V

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日は鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦において大阪110期4710福田宗平がデビュー初優出にして、106期以降では一番乗りとなるデビュー初優勝

 レース内容は4号艇福田宗平が大外に出た123/564の進入から福田宗平が他を圧倒する04トップスタートを踏み込み、SGV2の1号艇江口晃生名人位を一気に捲りきって先頭に立ち快挙を達成。
 後続は差した5号艇中越博紀が2番手を航走し、3番手の上越ときエクスプレス江口晃生名人位が2M差しで差を詰めるものの、2周1Mで中越博紀が外全速握って上越江口晃生名人位を包みきって2着。

 かくして阿波の鳴門で大外捲り一発決まって初Vを飾った福田宗平はやまと学校を在校勝率7.46の優秀な成績で卒業し、110期卒業記念競走では4714喜多須杏奈(徳島)の2着。
 そして昨年5月の住之江日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走でデビューを飾った福田宗平は昨年8月の住之江大阪ダービー摂河泉競走5日目2Rでデビュー初1着、続く昨年9月の常滑青海特別では6号艇ながら初準優進出を果たして成長の道を順調に歩んでました。


戸田一般競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇大澤普司の捲り差しが決まりそうになるも引き波を踏んだ際に艇が大きく浮いて流れてしまい、その内を捲り差した5号艇渡邉英児が単独先頭に立ち今年3回目・戸田3回目・通算42回目の優勝
 後続は差した3号艇中岡正彦が差し続く6号艇平野和明を2M行かせて捌き2着。

みやじマリンカップ優勝戦

 みやじマリン宮島水族館のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川村正輝が17トップスタートの速攻を決め、宮島初・2009年2月びわこ日本モーターボート選手会会長賞以来となる通算9回目の優勝
 2着は捲った3号艇向所浩二

江戸川ボートレース研究ファン感謝祭初日

 江戸川今節はオール平日の4日間開催ボートレース研究ファン感謝祭。
 初日メイン江戸川選抜戦は1号艇山下和彦が押し切り1着。
 2着は捲った5号艇濱村芳宏、3着は差した6号艇石田章央

芦屋G1全日本王座決定戦優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 芦屋の開設61周年記念G1全日本王座決定戦特設サイト)。

 全員がSGV2以上の実績者で占められた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が1Mを先行するも艇が浮いてターン流れ、差しきった2号艇瓜生正義(東京在住福岡支部)が先頭に立ち、4月の前回当地日本トーター杯争奪戦に続く今年3回目・芦屋10回目・通算57回目の優勝
 2着は捲り差した3号艇辻栄蔵

 瓜生正義はこの優勝で初の全日本王座を戴冠すると共に芦屋G1初Vを決め、SGV6含む記念V16にして福岡3場全てでG1を制覇しました。

桐生MBP福島開場2周年記念JLC杯優勝戦

 2011年6月にオープンしたミニボートピア福島サテライト福島との複合施設。
 ちなみに今日から桐生の新専用場外ミニボートピア津幡が石川県にオープンしました。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇森永淳が捲るも4号艇長岡茂一が森永淳と3号艇水摩敦の狭い艇間を力強く割った捲り差しを決めますが、この展開を突いて差しきった5号艇亀山雅幸(群馬)が先頭。
 そして亀山雅幸はモイチの追撃を振り切り、今年2回目・桐生初・通算2回目の優勝

ボートレース多摩川バースデイカップ優勝戦

 1954年6月9日に開設した多摩川競艇場にとって毎年開設時期に開催される当レースは、周年記念のG1ウェイキーカップと並ぶもう1つの開設記念競走。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇古場輝義がスタート42と凹んで4号艇横澤剛治がカド捲りに行くも1号艇秋山直之(83期3996)が受け止めきり、今年3回目・多摩川5回目・通算42回目の優勝

 後続は横澤剛治と差し順走の2号艇齊藤仁(東京支部83期3978)に加えて5号艇中澤和志が古場輝義を叩いての差しで2艇に並んで2番手争い三つ巴の接戦から、遅れ差しの6号艇野長瀬正孝もBSから最内艇を伸ばして2番手争いに加わって4艇の接戦に。
 そして2Mは齊藤仁がのながせを握って包み、中澤和志がのながせを行かせて捌いた一方横澤剛治は差し遅れてしまい、HS2艇に絞られた2番手争いから中澤和志が2周1Mを先行しますが、齊藤仁が中澤和志を差しきって抜け出し83期ワンツー完成。

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞〜わく枠レース〜優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇高山智至が押し切り、2011年8月びわこG3新鋭リーグ第12戦新鋭戦以来となる通算2回目の優勝
 2着は差した4号艇森定晃史

住之江日刊スポーツ杯争奪ブルースターカップ優勝戦

 126/345の進入から1号艇野添貴裕(大阪)が17トップスタートの速攻を決めて住之江V6・通算33回目の優勝
 後続は2番差しの3号艇坂元浩仁が差し順走の2号艇小野勇作に舳先を掛けて牽制しつつ、差し続く5号艇淺香文武を2M行かせて捌き2着。

本日は4場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日は夜からPOG会議で板橋区大山の居酒屋肴菜yaへ行ってました。
 結局今年のPOGは2カ所ともブルーロータスを1位指名しましたが、そんな今日は4場で最終日を迎えました。

児島テレポイント倶楽部杯優勝戦

 テレボートで児島を買うとポイントが貯まるサービス児島テレポイント倶楽部略して児ポのタイトル戦。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇竹上真司(今節選手代表)と差す4号艇市川哲也で接戦になり、市川哲也が2M内先行で抜け出して今年2回目・通算81回目の優勝

G3新鋭リーグ戦競走第20戦蒲郡スピード王座決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇黒井達矢(埼玉103期4528)が12トップスタートもターン流れ、差した2号艇桑原悠(長崎102期4497)と捲り差した5号艇秋元哲(埼玉103期4532)の先頭争いに。
 そしてBS内側の秋元Pが2Mを先行し、桑原ゆうが差してHSでは内外入れ替わって併走が続きますが、3番手の黒井達矢が2周1M内に切り返しての押っつけで優勝戦線に参入。
 ここで外握った秋元Pが黒井達矢と接触しながら包みきるもやや流れたのに対し、桑原ゆうは黒井達矢を行かせて捌き、先頭抜け出した桑原ゆうは通算4回目・デビュー初V水面の蒲郡では2回目の優勝

オール女子!浜名湖ビューティーアタッック優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇谷川里江に対し3号艇垣内清美の差しが迫りますが愛知からきたりえは締めて振り切り、、常滑永遠のマーメイドりえは昨年4月の江戸川外向発売所オープン記念男女W優勝戦以来となる通算36回目の優勝

下関ほぼオール女子vsA級男子バトルスポーツ報知杯優勝戦

 内枠3人が福岡支部で外枠3人が山口支部になった優勝戦は1452/36の進入から1号艇今村暢孝が押し切り、前走地児島倉敷市議会議長杯に続く今年3回目・通算56回目の優勝
 後続は捲った5号艇柳瀬興志山口支部長に対し2号艇藤崎小百合の捲り差しが届き、藤崎小百合は内で巻き返す4号艇前野竜一を2M行かせて捌き2着。

桑原淳一ラストラン江戸川JLC杯最終日

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 新モーター新ボート初おろし開催にして、江戸川のエースとして長年活躍した39期2763桑原淳一(1956年2月11日生まれ)の引退シリーズになった江戸川の得点率制6日間シリーズJLC杯は本日最終日を迎えました。
 ちなみに昨日から江戸川女王決定戦特設サイトG1江戸川大賞特設サイトが公開されています。

 ラストラン紹介をする前に桑原淳一の経歴を紹介しますと、1975年5月8日に多摩川で初出走、1977年9月6日に江戸川で初優勝を飾り、1985年の江戸川開設30周年記念を筆頭にG1V6と江戸川V10を含む通算優勝回数52回の実績を残しており、最後の優勝は2005年6月の宮島JLC杯競走で、最後の優出は準優での親子対決を制して勝ち上がった先月の多摩川さつき杯でした。

 そして、昨日の5日目1R2号艇で捲りを決めて江戸川200勝を達成した桑原淳一現役最後の1日は2回乗りでした。
 まず「おめでとう桑原選手江戸川200勝」のレース名がついた3R1号艇はイン戦しっかり押し切って江戸川201本目・通算1654本目の1着ゴール。
 続いて「ありがとう桑原選手引退記念」のレース名がついた現役ラストランの8R4号艇はカド26トップタイスタートも同じく26トップタイスタートの3号艇鹿島敏弘が捲りに出たので捲り差しに構えたところ1号艇黒柳浩孝が壁になって行き場を無くしてしまい5着でラストランを終えました。

 また、9R発売中に水神祭、11R選抜戦発売中に引退記念セレモニーが行われました。

 かくして、長年に渡り江戸川のエースとして活躍した桑原淳一が現役を卒業しましたが、日刊スポーツによると当初は4月(多摩川さつき杯)をヘルメットの置き時に考えたそうですが息子の95期4318桑原将光に『江戸川で仕事(江戸川200勝)が残ってるんじゃない?』って言われて引退を少し伸ばしたとの事。
 思い出のレースは「江戸川の30周年を勝てた時と去年の大江戸賞(最終日9R)で将光とワンツーできた時」との事で、地元への愛着と親子の絆をにじませたコメントを寄せてます。

 ちなみにセレモニーには現江戸川エース石渡鉄兵と江戸川鉄兵の愛弟子作間章(江戸川前節スポーツニッポン杯優勝)が花束プレゼンターとして出席しましたが、息子の江戸川王子桑原将光は今日が戸田一般競走前検日の為参加できませんでした。
 ですが桑原将光は日刊スポーツにコメントを寄せており、
 「ラストランを生で見ることはできなかったが、父の背中を追って同じボートレーサーの道を歩んだ将光は感慨深げ。「引退と決まっている節に0台スタートをばんばん決めてた。ホント、すごいと思います。
 将光の大きな夢として、地元・江戸川の周年記念父子制覇がある。それにはA1昇級が先決。「自分で精進していかないと。今節が始まりです。」ときっぱり。東京支部の重鎮として長くファンに愛された父。独り立ちするこれから、将光の新たな勝負が始まる。」
 と、父に追いつき追い越す目標を寄せてました。
 昨年は10月の当地日刊スポーツ杯で初優勝を飾った勢いで12月の前年度JLC杯開局20周年記念で江戸川連続Vを飾り、江戸川ではA1級の実力になった桑原将光にとって目標実現の為には江戸川以外でも強い選手になることです。

2009年江戸川再開記念選手紹介での桑原淳一2011年新春鏡開きであいさつした桑原淳一





 ここからは桑原淳一現役卒業以外の話題。
 優勝戦は4号艇の地元大池佑来が17トップスタート踏み込んで捲りに行きますが、31スタートの1号艇平尾崇典に張られてしまい最後方。
 そして、この展開を突いて捲り差した5号艇坂口周と6号艇武田光史の優勝争いになり、先に捲り差した坂口周が内から押っつけてくる武田光史を2M包んでかわし単独先頭に立ち、江戸川初・通算33回目の優勝
 かくして桑原Finally開催は、金メダリスト野口みずきの先輩にあたる坂口周(宇治山田商業高校陸上部出身)の江戸川初Vで幕を閉じました。

 後続は押っつけ空振りに終わった武田光史が5番手に下がり、平尾崇典がBS3番手の位置から2M差し返しで逆転を狙おうとした所に1M差し不発で4番手だった2号艇の地元桑島和宏が平尾崇典を押っつけながらの差しで一気に2番手浮上。
 桑島和宏は2周1Mややキャビるも平尾崇典の追撃をかわしきって2着を守りました。

 最後に優勝戦以外の出来事。
 6Rの3周1Mで5番手にいた3号艇の地元梅内駿佑が選手責任転覆を喫しました。

唐津B級開運バトル〜オール抽選レース〜優勝戦

 抽選枠番の予選と前後半2走の優出トライアルで覇を競ったB級選手限定の企画開催。
 優勝戦は1235/46の進入から逃げる1号艇佐々木英樹(70期3584)と差す2号艇新藤哲三(70期3588)の70期コンビでトップ併走になりますが、2M両者ラップターンの状態から外握った佐々木英樹が新藤哲三を一気に捲りきって抜け出し、唐津初・2009年6月津JLC杯争奪戦以来となる通算4回目の優勝
 2M捲られた新藤哲三はややバランスを崩し、捲り差して3番手だった4号艇藤山雅弘が2M新藤哲三を差しきって逆転2着。

桑原淳一卒業記念江戸川JLC杯5日目

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 新モーター新ボート初おろし開催になる江戸川の得点率制6日間シリーズJLC杯は予選最終日の5日目。
 ちなみに本日から江戸川女王決定戦特設サイトG1江戸川大賞特設サイトが公開されました。

 本日は1Rで江戸川区民の地元桑原淳一が2号艇1回乗りで登場し、4日目7Rの選手責任転覆の影響を感じさせない捲りを決めて江戸川200勝を達成。
 しかし同レースの実況で桑原淳一が今節限りで引退する事を紹介し、明日が現役最後のレースに。

 39期2763桑原淳一は1956年2月11日生まれの57歳で、1975年5月8日に多摩川で初出走、1977年9月6日に江戸川で初優勝を飾り、1985年の江戸川開設周年記念を筆頭にG1V6と江戸川V10を含む通算優勝回数52回の実績を持ち、長年に渡り江戸川のエースとして活躍してきました。

 そんな桑原淳一の功績を称えて明日の2走は3R1号艇が「おめでとう桑原選手江戸川200勝」、引退レースの8R4号艇が「ありがとう桑原選手引退記念」です。
 更に9R発売中には水神祭、11R選抜戦発売中には都道下流側特設会場にて引退記念セレモニーと握手・サイン・写真撮影などのファン交流イベントを実施します。
 また、引退式には花束贈呈プレゼンターとして江戸川鉄兵こと現江戸川エース石渡鉄兵と江戸川鉄兵の愛弟子作間章が来場予定です。

 ちなみに桑原淳一の息子は昨年10月の当地日刊スポーツ杯で初優勝を飾った勢いで12月の前年度JLC杯開局20周年記念もぶっこ抜いて江戸川V2を決めた江戸川王子こと桑原将光ですが、桑原将光は明日が戸田一般競走前検日の為セレモニーには参加できません。
桑原淳一引退式のお知らせ2011年新春鏡開きであいさつした桑原淳一


 ここで優勝戦メンバーを紹介します。

1:平尾崇典 2:桑島和宏 3:市橋卓士 4:大池佑来 5:坂口周 6:武田光史

 優勝候補筆頭のSGウィナー平尾崇典は今日も連勝してポールポジションを獲得しましたが、地元東京支部からは桑島和宏と大池佑来の桑原チルドレン世代2人が優出を決め、桑原淳一が見守る前で賞金王戦士に挑みます。

 尚、6号艇平尾崇典が捲り差しからの2M差しで1着になった予選最後の12Rは、4号艇鈴木茂高と2号艇の地元北山康介が共に自力1着で優出決定、どちらも1着じゃない場合は2着で優出決定という状況でしたが、3周目に入って両者の2着争いに。
 そしてBS2番手優位に航走して優出目前の鈴木茂高に対し3周2Mで北山康介が突進して鈴木茂高を飛ばしきり先行。
 しかし間隙を突いた5号艇泉具巳に差しきられて北山康介は3着に終わり優出ならず、不良航法も適用されました。

 これにより最後の優出枠は武田光史が石川真二と同率ながら着位差で優出を決めました。

「誰が来ようが関係ねぇ 俺が真の海王だ!!」大村海王決定戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
俺が真の海王だ!! 4月に開催された大村開設61周年記念G1海の王者決定戦鎌田義(昨日G1尼崎センプルカップ優出2着)がG1初Vを飾り、2013年度海の王者に決定。

 その大村「誰が来ようが関係ねぇ 俺が真の海王だ!!」シリーズ第2弾として開催された第1回の海王決定戦が本日最終日を迎えました。
 そして初代海王を決定する優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇岩谷真(東京63期3382)が10年分の鬱憤を晴らす08トップスタートの速攻を決め、大村初・2003年11月宮島一般競走以来となる通算4回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇福島勇樹(東京)、つけ回った3号艇藤丸光一、差し続く5号艇滝沢芳行(埼玉63期3381)の3艇による2番手争いからBS最内の滝沢芳行が2Mを先行するものの藤丸光一が捲り差しで抜け出し2着。
第1回海王決定戦


江戸川JLC杯4日目

 強い南風が吹いた本日は終盤2個レースが2周戦で開催されました。
 
 本日は7Rで6号艇の地元桑原淳一が1M捲り差しを狙った際に振り込んで選手責任転覆を喫してしまい、3号艇沼田克彦に不利を与えた事で不良航法も適用されてしまいました。

 また、林祐介が1号艇で出走した8Rでの接戦において2周2Mで2番手の2号艇鈴木光男に押っつけて接触した際にどこか痛めたのか以降のターンで精彩を欠き、4着に下がった後負傷帰郷しました。


 ここで得点率上位者を紹介します。

8.83平尾崇典 8.33桑島和宏 8.17市橋卓士 7.83武田光史 7.67鈴木茂高 7.50大池佑来 7.33北山康介 7.29福田雅一 7.17石川真二 7.14坂口周

 平尾崇典は11R1号艇で1着も待機行動実施細則違反を適用されましたが、それでも6戦5勝3着1本の成績で得点率首位をキープしました。

新生G1尼崎センプルカップは秀樹感激のV

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 尼崎センタープール開設60年を一区切りに今年度からレース名が新しくなった開設61周年記念G1尼崎センプルカップ特設サイト)。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から08スタートの2号艇金子龍介(兵庫)が21スタートの1号艇吉田弘文を捲りに行き、それに吉田弘文が激しく抵抗して両者共倒れになった秀樹間隙を突いて3号艇徳増秀樹が差しきり、前走地住之江G3企業杯アサヒビールカップに続く今年3回目・尼崎4回目・G1V2となる通算54回目の優勝
 2着は差し続いた07トップスタートの5号艇鎌田義(兵庫)。
新しい方がいい。G1尼崎センプルカップ。


戸田太田胃散カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中野次郎が押し切り、今節後F休みと都議会議員日野選挙区日本維新の会公認佐々木りえ候補の選挙サポートを控える中野次郎は前走地丸亀サンケイスポーツカップに続く今年2回目・戸田初・通算25回目の優勝
 2着は捲り差した4号艇中村有裕

常滑あじさい賞わく枠レース〜シニアVSレディース戦〜優勝戦

 予選・一般の枠番を抽選で決定し、シニア世代と女子選手のみを斡旋した企画レースは45歳以上の男子選手が優出枠を独占。

 そんな優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇濱村芳宏が押し切り、通算56回目の優勝
 後続はカド捲りの4号艇西山昇一(愛知)と先捲りの2号艇高橋勲が握り合い、両者に5号艇山田豊の差しが迫る三つ巴の展開になりますが、2M先行した高橋勲に対し西山昇一が山田豊を行かせての差しで応戦して2艇の争いになり、西山昇一が2周1M内先行で抜け出し2着。

 ちなみに25日から開催される当地SGグランドチャンピオン決定戦特設サイトが公開されてますが、5日目来場予定の初代3連単イメージキャラクターアントニオ猪木元スポーツ平和党党首が来月の参議院選挙比例代表区に日本維新の会公認で出馬するとのことです。

徳山スポーツ報知杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇守田俊介が前走地びわこG3企業杯キリンカップ2013に続く今年2回目・通算68回目の優勝
 外握った3号艇大賀広幸(山口)が2M後続を締めて先行し2着。

若松マンスリーBOATRACEカップ優勝戦

 15/24/36の進入から1号艇山下和彦が押し切り、前走地平和島ミニボートピア黒石開設4周年記念に続く今年2回目・若松2回目・通算52回目の優勝
 後続は差した4号艇里岡右貴(福岡)が2番手を航走し、差し続く6号艇服部幸男を2M行かせて捌き、Yuki.Sは.2周1M再度押っつけてきた服部幸男を包んだ際に流れてしまうもののなんとか2番手を守りきって2着。

福岡日本モーターボート選手会長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から14トップスタートの1号艇益田啓司(大分在住福岡支部)が3号艇長溝一生の捲りを受け止めきり、福岡2回目・通算13回目の優勝
 2番手の長溝一生に対し6号艇田上晋六の差しが迫りますが、長溝一生は3号艇中村真(福岡)を包みつつ田上晋六を2M行かせて捌ききり2着。

江戸川JLC杯3日目

 本日は2Rで3連単631払戻金93480円が出ました。
 内訳は6号艇秋山昌宏(東京)が捲り差しで1着、1M捲り不発も2M差しで3番手に浮上した3号艇近江翔吾(伊予)が3周1Mで1号艇庄司樹良々(東京)を抜いて2着。
 ちなみに3着が4だと江戸川634舟券でしたが、4号艇赤坂等は6着でした。

本日は3場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 8月27日から丸亀で開催されるSGモーターボート記念の出場選手が発表された今日は、その丸亀を含む3場が最終日でした。

宮島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇松江秀徳が絞って行き、先捲りで抵抗しようとする2号艇繁野谷圭介をあっさり捲りきり、5号艇井内将太郎(広島)の捲り差しもブロックして先頭に立った松江秀徳は宮島2回目・昨年4月戸田日刊スポーツ杯以来となる通算13回目の優勝
 先捲りというより捲られ捲り差しのような展開になった繁野谷圭介が2着。

下関山口シネマ杯優勝戦

 山口県の下関で開催された山口シネマ(本社:東京都中央区)のタイトル戦。
 優勝戦は124/356の進入から1号艇佐竹恒彦が09トップスタートの速攻を決め、下関初・2011年7月みやじマリンカップ以来となる通算6回目の優勝
 後続は差した3号艇江夏満が差し続く6号艇山崎裕司を2M効果的に握って包み込み2着争いを制しました。

丸亀日刊スポーツカップ優勝戦

 当地MB記念出場者発表当日に迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇片岡雅裕(香川)が押し切り、今年3回目・丸亀4回目・通算5回目の優勝
 後続は捲り差した3号艇大庭元明が2番手を航走し、1M捲り戦からBS内に切り返してきた5号艇を2M行かせて捌き2着。

江戸川JLC杯2日目

 初日は江戸川選抜戦1号艇を含む内枠2走で連勝した平尾崇典
 本日は8R6号艇1回乗りで、07スタートの平尾崇典はイン05トップスタートの1号艇木下翔太に対してアグレッシブな大捲りを敢行し、内で粘る木下翔太を振り切って大外枠を克服し3戦全勝。

新機新艇の江戸川JLC杯初日

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日から始まった江戸川6日間シリーズは新モーター新ボートのJLC杯

 初日メイン江戸川選抜戦は1号艇平尾崇典が1着。
 後続は差しを狙った4号艇の地元山田哲也が振り込んだ後ターンマークにぶつかって選手責任転覆を喫し、差し順走の2号艇石川真二と捲り差した6号艇坂口周で2番手併走になりますが、内の石川真二が1周2M先行で抜け出し2着。
 3着は1M捲った3号艇福田雅一が2M差しで坂口周を捕らえ、事故艇がいる2周1Mを先行して逆転。

 尚、3Rの1号艇黒柳浩孝は3番手争いの2周1Mで振り込んでしまいましたが、不良航法こそ適用されたものの結果的に後続をブロックした形になって3着を取り切りました。

鳴門徳島綜合警備保障杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇佐々木和伸(徳島)と差す2号艇渡辺浩司のマッチレースになり、2M内から先行した渡辺浩司が佐々木和伸の差し返しを振り切って今年3回目・通算10回目・鳴門は昨年11月の前回「新鋭・女子・名人」ボートレースバトル競走に続く3回目の優勝

三国さつき第3戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇北川幸典が09トップスタートの速攻を決めて通算63回目の優勝

 後続は捲った3号艇竹村祥司と差した4号艇川下晃司が2番手争い優勢も、2M竹村祥司が川下晃司を包んで捲りきった際に竹村祥司も流れてしまい、1M差し流れて4番手の2号艇杉山裕也が2M6号艇原田順一を行かせての差しで竹村祥司を捕らえきり、杉山裕也は2周1M内から竹村祥司を張りながらの先行で抜け出し逆転2着。

津GP第2戦FM三重奪取王決定戦優勝戦

 3号艇正木聖賢が2コースを奪取した13/2/456の進入から1号艇今坂勝広が深インを克服して押し切り、今年4回目・通算53回目の優勝
 5コースダッシュから捲った5号艇松本庸平(三重)が2着。

平和島倶楽部杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇馬場貴也が押し切り、平和島初・通算13回目の優勝
 後続は捲り差した3号艇西川新太郎が2番手を航走し、差し続く6号艇岡本猛を2M行かせて捌き2着。

6月最初は2場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 6月最初に最終日を迎えた場は芦屋サンライズレースと蒲郡ナイターでした。

芦屋マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇伊藤宏(福岡)が19トップスタートの速攻を決め、芦屋3回目・通算34回目の優勝
 後続は差した4号艇渡邉英児が2番手を航走し、捲り差しから内に切り返してきた5号艇池上裕次を2M行かせて捌き2着。

日刊ゲンダイ杯争奪蒲郡あじさい特別優勝戦

 123/546の進入から1号艇後藤陽介(愛知)が03トップスタートの速攻で先頭に立ち、差し順走で2番手の2号艇下條雄太郎が2M差しで接近するも後藤陽介は振り切り、今年2回目・通算V6・蒲郡3回目の優勝

桐生新鋭リーグ優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 9月にG1新鋭王座決定戦を開催する桐生の東京中日スポーツ杯G3新鋭リーグ第19戦は25日から今日まで開催され、新鋭王座最有力候補で来月の当地開設57周年記念G1赤城雷神杯特設サイト)にも出場する桐生順平(埼玉100期4444)が優出した福岡SG笹川賞とは日程が2日間重複しました。

 そんな桐生新鋭リーグの優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇和田兼輔(兵庫100期4446)が3号艇磯部誠(愛知105期)の捲りをブロックしながら押し切り、今年2回目・桐生初・通算2回目の優勝
 優出メンバー中実績最上位の4号艇上野真之介(佐賀102期4503)が差して2着。

本日は3場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は3場で最終日を迎えました。

多摩川G3女子リーグ第14戦リップルカップ優勝戦

 POGロード最終戦になる事が多い府中の風物詩G1東京優駿と同時期に開催されたなるちゃんロード女子リーグ今シーズン最終戦。

 優勝戦は123/564の進入から1号艇金田幸子が15トップスタートの速攻を決め先頭。
 「つまびくはモーターの調べ、キュアゴールド金田幸子。ピカピカピカリン金色に輝くカナダ。」と実況されたカナダは多摩川3回目・2011年10月の当地ダブル優勝tvkカップ以来となる通算9回目の優勝

 後続は2号艇鈴木成美と5号艇永井聖美の差し合戦になり、2Mは内のながいまさみが先行しますが鈴木なるちゃんが差し返して単独2番手に。
 しかしながいまさみが2周2M内から合わせきって同体に持ち込み、3周1M内から先行して逆転2着。


びわこボートピア京都やわた開設6周年記念優勝戦

 123/465の進入から6号艇山田哲也が13トップスタートも4号艇大場敏が先捲りで抵抗。
 そして捲った大場敏と内で粘る1号艇岩崎正哉で先頭接戦になり、捲りをこらえきった岩崎正哉が2M先行で抜け出し今年3回目・びわこ3回目・通算45回目の優勝
 大場敏は差して3番手の3号艇中村尊を2M行かせて捌き2着。

大村前付け王決定戦携帯マクール杯優勝戦

 枠なりを是としない選手を中心に斡旋した企画開催の優勝戦は13/2456の3カド進入になり、1号艇今井貴士が押し切って今年2回目・大村4回目・通算22回目の優勝
 後続は3カドマクールの2号艇三井所尊春と差した4号艇藤本佳史の接戦から、ミーショが2M→2周1Mと外握って藤本佳史を振り切り2着。

7月の関東ビール杯ラッシュを前に本日は4場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は4つの場で最終日を迎えました。

住之江G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石川真二が2号艇熊谷直樹のつけまいを張りに行った秀樹間隙を突いて4号艇徳増秀樹の捲り差しが入り、石川真二とトップ併走。
 そして2M内から先行した徳増秀樹に対して差し返し狙った石川真二ですが、1M差して3番手の6号艇土屋智則に押っつけられて2番手争いに持ち込まれ万事休すとなり、徳増秀樹は今年2回目・住之江初・通算53回目の優勝で副賞のアサヒビール1年分を獲得。
 HS土屋智則と併走になった石川真二は2周1Mで土屋智則を外全速戦で捲りきって2着。


 かくして住之江第24回アサヒビールカップは徳増秀樹の住之江初Vで幕を閉じましたが、7月31日から開催予定の江戸川第22回アサヒビールカップは、江戸川今世紀初のG3企業杯として開催されます。
 ちなみにその前後は7月17日から平和島でG3企業杯キリンカップ、7月23日から多摩川でG3企業杯サントリーカップ、8月3日から桐生でG3企業杯サッポロビールカップが開催予定です。
 更に、同時期に企業杯を開催しない戸田(今年度企業杯は11月開催予定)も7月10日からオール女子戦のサッポロビールカップ、7月18日から一般開催のアサヒスーパードライカップを開催予定です。

戸田競艇マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇滝沢芳行(埼玉)が押し切り、戸田12回目・2011年8月の当地スポーツ報知サマーカップ以来となる通算54回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇新美進司が差し続く6号艇松本浩貴(埼玉)を2M行かせて捌き2着。

常滑半田大賞優勝戦

 125/346の進入から1号艇上平真二が5号艇石川正美(愛知)のつけまいを張りに行った展開を突いて2号艇河村了(愛知)の差しと4号艇山本寛久の捲り差しが入り、河村了が山本寛久の捲り差しを内でこらえきっての2M先行で抜け出し今年2回目・常滑3回目・通算5回目の優勝
 上平真二が2Mで山本寛久を差し返して逆転2着。

児島倉敷市議会議長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今村暢孝が押し切り、今年2回目・通算55回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇山口裕二が4号艇荒井輝年(岡山)の捲り差しを張りながら差し順走で2番手を航走し、差し続く6号艇山谷央を2M行かせて捌き2着。

金杯で乾杯!下関スポニチ金杯優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 昨日は多摩川競艇場から途中東京競馬場を挟んで再び多摩川競艇場の後、錦糸町で開催された職場のPOG会議に参加してきました。
 指名馬は6月10日以降時間が空いたときに発表しようかなと思ってます。

 さて、今日は下関のスポニチ金杯争奪戦が最終日でした。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇平本真之が2号艇谷村一哉(山口)の差しを振り切って今年2回目・下関初・通算10回目の優勝

 2番手は谷村一哉、3番手は外握った3号艇山地正樹でしたが、2M山地正樹が外握ってHS伸びるのに対し谷村一哉は1M捲り差しから2M内に切り返した5号艇齊藤仁を行かせて捌くのに手こずり、HSでは両者ほとんど同体に。
 そして2周1Mは谷村一哉が艇を伸ばし気味に先行しますが山地正樹が差しきって2着。

江戸川スポニチ杯と笹川賞の優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川スポーツニッポン杯福岡SG笹川賞特設サイト)との併用日程だった得点率制6日間開催。

 優勝戦は03トップスタートの4号艇西村拓也がカド捲りを打つも流れ、捲り差した6号艇妹尾忠幸と小回り残す1号艇作間章による先頭争いに。
 そしてBS内から伸びたマーサク選手が妹尾忠幸を捕らえきり、2M妹尾忠幸を張りながらの先行で抜け出し江戸川V6・通算28回目の優勝
 2M差した西村拓が妹尾忠幸を差しきり逆転2着。


 ここからは優勝戦以外の出来事。
 4Rでは捲って2番手の2号艇水上浩充が+03のフライングゲット。

 9Rでは2号艇三上泰教が4番手の位置から2M外握った際に振り込み選手責任転覆。

 尚、冠協賛レース「味水勇也センター卒業」だった5Rは4号艇永井亮次がカド捲りを決めて1着。

福岡SG笹川賞優勝戦

 6人中5人が登録番号4000番台になったフレッシュな一戦は1456/23の進入から2号艇服部幸男(64期3422)が1号艇桐生順平に抵抗されながらも捲りきりますが流れ、展開突いて差しきった06トップスタートの5号艇新田雄史が先頭に立ち、三重96期やまとチャンプ4344新田雄史は今年2回目・福岡初・G1V1を含む通算12回目の優勝にしてSG初V。

 後続は捲り差した3号艇岡崎恭裕が先に捲り差した2号艇峰竜太を叩ききって2番手も2Mターン流れてしまい、2番差しの服部幸男が先差しの峰竜太を差しきって4番手から一気に2番手に浮上。
 しかし2周1M岡崎恭裕が峰竜太を差しきって3番手に上がった勢いで艇を伸ばして2周2Mを先行し、差した服部幸男との2番手争いに。
 そして3周1Mで服部幸男が内から激しく押っつけに行き、服部幸男は岡崎恭裕を張り飛ばしたものの大きく流れてしまい、展開ずっぽしに差しきった峰竜太が逆転2着。

浜名湖ボートピア岩間9周年記念茨城放送杯優勝戦

 14/2/356の進入から1号艇仲口博崇が押し切り、今年4回目・通算60回目の優勝

 後続は差した4号艇西島義則と3号艇吉田俊彦と6号艇安達裕樹、外握った2号艇三角哲男の4人で2番手争いに接戦に。
 2Mは吉田俊彦が先行するもペリカンが吉田俊彦と安達ゆの間を割って2番手になり、差した三角哲男が3番手になりますが、2周1Mで吉田俊彦が三角哲男を差し返して3番手に上がり、BS内に切り返して2周2Mを先行し、差したペリカンとの2番手争いに。
 そして3周1Mでペリカンが笹川賞の服部幸男同様内から激しく押っつけに行き、吉田俊彦はペリカンを包みきったものの大きく流れてしまい、展開ずっぽしに差しきった三角哲男が逆転2着。

徳山競艇マクール杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から11トップスタートの5号艇濱崎直矢(福岡在住埼玉支部)が競艇マクールを決めて先頭。
 捲られた1号艇吉川元浩は振り込み最後方になりますが、2号艇笠原亮は吉川元浩と接触しながらも差しを決めて2番手を航走して濱崎直矢を追走。
 そして笠原亮は2M差しで濱崎直矢を追い詰めますが濱崎直矢は振り切って先頭を守り、徳山初・通算11回目の優勝

丸亀サンケイスポーツカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中野次郎(5月26日生まれ)が08トップスタートの速攻を決め、丸亀初・通算24回目の優勝
 後続は差した6号艇伊藤誠二が2番手を航走し、差し順走から内に切り返してきた2号艇勝野竜司を2M行かせて捌ききり、歴代新鋭チャンプによるワンツー。

江戸川スポニチ杯優出メンバー決定

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川スポーツニッポン杯は5日間の予選を終えて優出メンバー6人が決定しました。

 優勝戦メンバーは以下のとおりです。

1:作間章 2:池本輝明 3:飯山泰 4:西村拓也 5:川田正人 6:妹尾忠幸

 東京支部からはマーサク選手と飯山やすしが優出。
 尚、前日得点率2位の作野恒が5着2本で急降下して、前日得点率7位の西村拓が1着2着で優出しました。

 ポールポジションを手に入れたマーサク選手ですが、本日の11R1号艇で6号艇川田正人に捲られ、2号艇野間大樹に差されて3着に敗れたのは気になるところ。

 ちなみに明日は選抜総選挙によるオールスターボートレース福岡SG笹川賞特設サイト)も最終日ですが、江戸川の5Rは冠協賛レース「味水勇也センター卒業」です。

江戸川スポニチ杯3日目

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川スポーツニッポン杯は本日3日目。

 選抜総選挙で出場選手を選出する併用開催のオールスターボートレース福岡SG笹川賞特設サイト)では昨日の2日目8Rで地元のセンター候補前田将太がSG初1着の水神祭。
 そして江戸川では前田将太の兄前田健太郎が出場中です。

 そのマエケンが6号艇で出場した2Rはマエケンの同期下出秀明が1号艇で、下出秀明は3号艇高柳成聡(+05)のフライング捲りというびっくり展開をこらえきって1着。
 ちなみに同レースは2号艇篠田優也も+02のFで、篠田選手と高柳選手の2名がフライングゲットしてしまいました。

 尚、4Rで6号艇星野太郎が1M差して4番手の位置から2M差しを狙った際にターンマークにぶつかってしまい選手責任転覆を喫しました。

三国さつき第2戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から5号艇折下寛法の捲りを1号艇馬場貴也が張り飛ばしに行った展開を突いて6号艇田路朋史(とうじともひと)が捲り差しを決め、とうじともひとと小回り差しの2号艇山田豊による優勝争いに。
 そして2Mは内の山田豊が先行しますが、とうじともひとが山田豊を差し切って単独先頭に立ち、兵庫98期4381とうじともひとは7度目の優出にしてデビュー初優勝

津日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 126/345の進入から1号艇芝田浩治が逃げ体勢も振り込んでアヤをつけてしまい、避けようとした4号艇東本勝利がターンマークにぶつかって転覆。
 そんな中、捲り差しで突き抜けた3号艇鈴木智啓が先頭に立ち、下関G3新鋭リーグ第22戦COME ON!FM CUP以来となる通算2回目の優勝
 2着は差した2号艇堤昇

鳴門市長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇原田秀弥が+01のフライングも、2号艇丸尾義孝(今節選手代表)が原田秀弥の捲り差しを内でこらえながらの差しで先頭に立ち、先月の前回当地男女W優勝戦デイリースポーツ杯競走に続く今年2回目・通算40回目の優勝
 2番手にいた原田秀弥F前退きにより、差して3番手の5号艇赤峰和也が2着。

平和島ミニボートピア黒石開設4周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山下和彦(広島)が3号艇古川誠之の捲りを受け止めて押し切り、平和島初・通算51回目の優勝
 2着は愛知の古川プロが5号艇川島圭司の差しを2M行かせて捌き入線。

江戸川スポニチ杯2日目は愛知の間野兼礼が水神祭

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川スポーツニッポン杯は本日2日目。
 尚、江戸川では天神のタカ那須伸一郎元西日本スポーツ記者が率いるNASの無料予想を配信中です。

 本日は5Rで4号艇の愛知111期4731間野兼礼(まのかずのり)が昨年11月のデビューから76走目にしてデビュー初1着。
 レース内容は捲って3番手の間野兼礼が2Mで2艇を差しきる抜き技でした。

 また、元教師の肩書きを持つ三重106期4591坂井田晃2R1号艇で江戸川初1着にして通算3本目の1着がイン戦での初1着。

 尚、6Rで4号艇の地元安河内将が同期間野に続けの勢いで捲って2番手も、2M握った際に振り込んでしまい選手責任転覆。
 9Rでは2号艇東健介が差し順走で3番手も、2M握った際に振り込んでしまい選手責任転覆。


蒲郡ジャパンネット銀行賞家康賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇奈須啓太が06トップスタートの速攻を決め、福岡のNASは2007年9月児島G3新鋭リーグ第15戦瀬戸の若鷲決定戦以来となる通算2回目の優勝

 後続は差した4号艇河村了(愛知)が2M→2周1M→2周2Mと外握って追撃を振り切り2着。

尼崎マクール&マンスリーBOATRACE優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇下條雄太郎が06トップスタートの速攻を決め、今年2回目・尼崎2回目・通算5回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇山本英志が2番手を航走し、差し続く3号艇横澤剛治の2M押っつけを包んでかわし、1M外マイから2M2艇を差しきった4号艇江本真治の追撃を2周1M行かせて捌き2着。

江戸川今節はSG併用開催のスポニチ杯

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 ファンのみなさまによる選抜総選挙で出場選手を決定するオールスターボートレースSG笹川賞特設サイト)が福岡で始まった今日、江戸川ではSG併用日程のスポーツニッポン杯が開幕。
 尚、江戸川における笹川賞の場外発売は指定席および外向発売所BOATRACE365での発売になりますので、本場一般席で観覧の際は外向への移動が必要になります。

 初日メイン江戸川選抜戦は1号艇の地元飯山泰が4号艇藤岡俊介の攻めをブロックして更に5号艇妹尾忠幸の攻めをブロックした展開を突いて鋭く捲り差した6号艇池本輝明が1着。
 後続は3号艇の地元作間章が池本輝明に叩かれながらも小さく捲り差して飯山やすしを差しきり2着。
 この631決着で2連単22680円3連単68990円の高配当が出ました。

 ちなみに江戸川選抜3着の飯山やすしは前半8R3号艇で差しを決めて1着になりましたが、2番手だった1号艇井上恵一は+04のフライングゲットに散りました。

 尚、今節は当初斡旋から石田政吾山本章博が斡旋消除になり、代わって西村拓也と江戸川初出場の東京支部安河内将(111期やまとチャンプ)が斡旋追加。
 また、東京支部の芦澤望が前検遅参による前検不合格で欠場する事になりました。

庄司樹良々が初優出初優勝を飾った常滑をはじめ9場の優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日は9場が最終日を迎えました。

常滑オラレセントレア開設1周年記念競走優勝戦

 枠なり4vs2の進入から捲った2号艇庄司樹良々と差した3号艇富永修一のデビュー初Vが懸かったコンビによる一騎打ちになり、2Mは内の富永修一が先行しますが庄司きららが差し返しに成功し、先頭に立った東京104期4560庄司きららはデビュー初優出にして初優勝

 デビュー直前の2009年4月、江東区青海で開催された「BOATBoy Presents 水上の格闘技 THE 競艇ナイト2」でサプライズなお披露目をした東京支部のきら星は約4年後に初優出初優勝でキラキラ輝きました。
 ちなみに常滑では毎年青海特別を開催してます。

大村夢の初優勝W決定戦〜マンスリーBOATRACE杯〜最終日

 男子の11R優勝戦(A組)は枠なり3vs3の進入から1号艇吉永則雄が18トップスタートの速攻を決め、通算27回目・大村は昨年8月9日の前回スポーツニッポン杯に続く3回目の優勝
 2着は捲り差した5号艇森永淳

 優勝未経験の女子による12R初優勝決定戦(B組)は枠なり3vs3の進入から1号艇仁科さやか(長崎)が2号艇平田さやかの捲りを受け止めきり、2010年3月丸亀日本財団会長杯以来となる3度目の優出だった99期4408仁科さやかはにしてデビュー初優勝
 2着は差したデビュー初優出の5号艇古賀千晶


桐生大間々カントリー倶楽部杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇麻生慎介が3号艇柴田光(群馬)の捲りを受け止めきり、桐生初・通算7回目の優勝
 2番手は差し順走の2号艇松野京吾が優勢も柴田光が2M外豪快に握って捲りきり、柴田光は内で巻き返し期す松野京吾を2周1M行かせて捌ききり2着。

多摩川四市組合設立46周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大場敏が3号艇橋口真樹の捲りを受け止めきり、今年2回目・多摩川3回目・通算46回目の優勝
 2番手の真樹に対し、差して3番手の6号艇魚谷智之がHS内から差を詰めて2周1Mを先行しますが、真樹は行かせて捌ききり2着。

びわこG3企業杯キリンカップ2013優勝戦

 126/345の進入から10トップスタートの3号艇吉田徳夫がカド捲りを決めて先頭に立ちますが、1号艇守田俊介(今節選手代表)が2M2号艇安田政彦を行かせての俊敏な差しで先頭の吉田徳夫をも捕らえきり、2周1M先行で単独先頭に立ち逆転に成功した守田俊介は通算67回目の優勝

住之江2013トランスワード杯争奪戦優勝戦

 125/346の進入からカド受けの5号艇赤坂俊輔がスタート34と凹んだのに対しカドの3号艇谷野錬志が12トップスタートを決め、そのまま捲りきって先頭に立った谷野錬志が今年2回目・住之江初・通算5回目の優勝
 後続は捲り差した4号艇海野康志郎が2番手を航走し、内で粘る1号艇間嶋仁志を2M行かせて捌き2着。

児島オール女子戦クラリスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇金田幸子(岡山)と差す2号艇淺田千亜希の一騎打ちになり、2M両者握り合って回った結果外のカナダがバランスを崩し、単独先頭に立った淺田千は前走地鳴門男女W優勝戦デイリースポーツ杯競走に続く今年3回目・児島4回目・通算37回目の優勝
 2Mバランス崩したカナダに対し、1M差して3番手の5号艇新田芳美が2Mでカナダを差しきり2番手に浮上しますが、カナダは2周1M差し返しに成功して2周2Mで抜け出し2着。

西広島タイムス宮島街道杯優勝戦

 地域フリーペーパー西広島タイムスによるにぎわい創出プロジェクト宮島街道のタイトル戦。
 
 優勝戦は1246/35の進入から1号艇吉田拡郎が押し切り、今年2回目・宮島初・通算23回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇占部彰二

芦屋ミニボートピア嘉麻オープン1周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から内枠2艇がスタート好発決め、11トップスタートの1号艇一瀬明が2号艇前野竜一の差しを振り切って芦屋初・通算26回目の優勝

今日は3場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日はモーニング開催1場と薄暮開催2場が最終日でした。

唐津スポーツ報知15周年記念杯G3新鋭リーグ第18戦優勝戦

 142/356の進入から捲り差した3号艇渡邉和将(岡山103期4537)と5号艇河合佑樹(静岡102期4494)の先頭争いになり、BS外側の河合佑樹がやや前目も内側の渡邉和将が舳先ねじ込んで2Mを先行し、河合佑樹の差し返しを振り切った渡邉和将は9度目の優出にしてデビュー初優勝

浜名湖中日スポーツシルバーカップ優勝戦
 
 枠なり3vs3の進入からチルト+0.5度の6号艇金田諭が01トップスタート踏み込んで捲りに行くも03スタートの1号艇星栄爾(静岡)が金田さとしの捲りをブロックして1Mを先行。
 そしてほし☆えいじは4号艇横川聖志の捲り差しを振り切って先頭に立ち、浜名湖2回目・通算3回目の優勝

下関アプスシステム杯優勝戦

 142/356の進入から1号艇山口裕二が2号艇伊藤宏の捲りをブロックして1Mを先行。
 そして山口裕二は4号艇吉村正明(山口)の差しを振り切って先頭に立ち、下関2回目・2011年8月大村九州スポーツ杯お盆特選レース以来となる通算7回目の優勝

 2M差しを狙った吉村正明ですが、1M差し続いて3番手だった5号艇佐竹友樹に前を塞がれる形になってしまい、2M先に回った佐竹友樹が逆転成功。
 佐竹友樹に対して2M差した伊藤宏がHS内から迫りますが、佐竹友樹は伊藤宏を2周1M行かせて捌きつつ吉村正明の2番差しも退けて2着。

昼夜2つのG1開設周年記念が優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は昼の平和島開設59周年記念G1トーキョー・ベイ・カップ特設サイト)と夜の若松開設61周年記念G1全日本覇者決定戦特設サイト)が最終日でした。

平和島G1トーキョー・ベイ・カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇田村隆信が捲った展開を突いて5号艇平石和男が捲り差しを決めて先頭に立ち、優出メンバー中唯一平和島グレードウィナーだった平石和男略して平和(東京都大田区生まれ埼玉県育ち)は前走地戸田ウインビーカップに続く今年2回目・SGV1を含む記念V11となる通算47回目・平和島はSGV1・G1V3を含む12回目の優勝

 後続は差した2号艇・地元石渡鉄兵が2番手を航走するも田村隆信が2Mで江戸川鉄兵を差しきり逆転。
 その後2周2Mで江戸川鉄兵が内から艇を伸ばし先行するも田村隆信は行かせて捌ききり2着確保。

若松G1全日本覇者決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前田将太(福岡)が06トップスタートの速攻で先頭、差した5号艇吉田弘文(岡山在住福岡支部)が2番手で地元ワンツー体勢も、BSで外へ行こうとした吉田弘文が内へ行こうとした前田将太に追突してしまい両者もつれて転覆、吉田弘文は妨害失格に。
 かくして、2010年6月大村SGグランドチャンピオン決定戦5日目11R準優勝戦動画)の再現みたいなレースになった結果、差し順走で3番手の2号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が先頭、捲って4番手の3号艇重成一人が2番手に繰り上がり、全日本覇者の金メダルを獲得した齊藤仁は今年2回目・若松3回目・G1V2となる通算30回目の優勝

徳山サンケイスポーツ杯争奪戦優勝戦

 グッドモーニング徳山の優勝戦は1326/45の進入から1号艇川崎智幸が4号艇大久保信一郎の捲り差しを振り切り、前走地児島鷲羽杯に続く今年2回目・通算45回目の優勝

尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦が最終日でした。

 西向かい風7m波高5cmのコンディションで迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から内枠2艇がスタート遅れて3号艇小林泰が捲った展開を突いて4号艇古賀繁輝が捲り差しを決め、前走地唐津日本財団会長杯ゴールデンウィーク特選に続く今年3回目・尼崎初・通算19回目の優勝

 後続は小林泰と捲り差した5号艇山本光雄で2番手接戦になり、いなり天狗山本光雄が2M内から先行したのに対してイケメンボートレーサーランキング全国3位の小林泰が外握って応戦しHS両者併走。
 2周1Mは内から先行したいなり天狗に対し、イケメンは1号艇原田富士男を行かせての差しになってしまい、ここでいなり天狗が単独2番手に。
 しかし3周2Mでいなり天狗が向かい風に煽られてバランスを崩し、イケメンの差しが届いて再度接戦になりましたが、0.1秒差粘ったいなり天狗が2着。

本日は4場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は小林習之アナ率いるアップライトのアナウンサーが実況を担当する津・三国・鳴門の3つを含む4場が最終日でした。

鳴門G3女子リーグ戦第13戦渦の女王決定戦競走優勝戦

 小林習之アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇向井美鈴がスタート速攻で先頭も+03のフライングに消え、差し順走で2番手だった2号艇魚谷香織が先頭に繰り上がり、2011年8月G3女子リーグ戦競走第5戦蒲郡クイーンカップ以来となる通算V6・鳴門初にして産休明け後の初優勝で、出走回数不足のため権利獲得は今節優勝条件だった8月の当地G1女子王座決定戦出場権も獲得。
 後続は捲り差した3号艇浜田亜理沙が差し続く4号艇堀之内紀代子と5号艇藤崎小百合を2M行かせて捌き2着。

三国さつき第1戦優勝戦

 桃井雄也アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇大西源喜と捲る3号艇西村勝が共に流れて行ったのに対し、差しに構えた2号艇吉田光が先頭突き抜けて三国初・通算9回目の優勝

 後続は差す4号艇山崎義明と6号艇芦澤望、捲り差す5号艇柳沢一で2番手接戦になり、BS最内でやや優勢の芦澤望が2M先行するも柳沢一の差しが届き2周1Mは柳沢一が先行しようとしますが、ここで芦澤望が外握って柳沢一を捲りきり柳沢一は脱落。
 しかし2M握って流れた山崎義明が2周1M内切り返しての小回りで芦澤望を捕らえ、2周2M内先行で抜け出し逆転2着。

中日スポーツ津ボート大賞優勝戦

 佐竹亮アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇桐生順平が03トップスタートの速攻を決め、今年4回目・津初・通算10回目の優勝
 2着は差した4号艇渡邉俊介

常滑さつき賞優勝戦

 1263/45の進入から1号艇高沖健太が11トップスタートの速攻を決め、常滑初・通算17回目の優勝
 2着は捲った6号艇瀬尾達也

戸田優勝戦は埼玉支部が上位独占

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日はさいたまつりだった戸田ノンタイトルシリーズが最終日でした。

戸田一般競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から06トップスタートの1号艇大澤大夢(埼玉)が5号艇中村裕将(東京在住埼玉支部)の捲りと4号艇池上裕次(今節選手代表)の捲り差しをブロックしつつ2号艇岩谷真の差しを振り切って先頭に立ち、戸田初・昨年2月鳴門BOATBoyカップ競走以来となる通算2回目の優勝

 2番手の岩谷真は差し続く6号艇丸尾義孝を2M行かせて捌こうとしますが、戸田天皇池上裕次が両者の間を鋭く捲り差して抜け出しさいたまワンツー。
 3艇による3着争いは2M外握った中村裕将が2周1Mで2艇を差しきり、地元ワンツースリー独占。

2013年GW開催のトリを飾った江戸川ゴールデンカップ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川のGW開催ゴールデンカップは3日目の4R以降中止順延があった為7日間開催になり、更に昨日中止順延になって当初の予定より2日遅れで本日最終日を迎えました。
 ちなみに昨日から平和島G1トーキョー・ベイ・カップ若松G1全日本覇者決定戦が始まってますが、江戸川Gカップは当初日程から最終日がG1の前検日と重なってた為、G1との斡旋重複はありませんでした。

 さて、24場GW開催の大トリを飾る優勝戦は2号艇長田頼宗が差しを決めて先頭に立ち、今年3回目・江戸川初・通算10回目の優勝
 ちなみに長田頼宗は今月26日にボートピア習志野でトークショーを行う予定です。

 2番手の1号艇高橋勲に対し、差して3番手の4号艇後藤翔之が2M内から艇を合わせて2番手同体に持ち込み2周1Mを先行しますが、高橋勲が差して再び単独2番手になり2着。
 3着は3号艇若林将が3周2Mで後藤翔之を差しきり逆転3着。


 ここからは優勝戦以外の出来事。
 1Rは差して先頭の5号艇花井潤と6号艇高橋直哉が共に+02のフライング。

 4Rは1号艇本吉正樹が4号艇伏田裕隆の捲りを受け止めきって1着になりましたが、捲り届かなかった伏田裕隆は出口で振り込んでしまい選手責任転覆。

 6Rは予選1位も準優捲られイン戦失敗でデビュー初V逃した1号艇永田秀二がここは差されて2周1M3番手の位置から軽く振り込んでしまい、そこに6号艇奥平拓也と4号艇中野秀彦が避けきれずに接触して中野秀彦がエンスト失格。
 尚、永田秀二は11R選抜A戦3号艇で捲りを決めて今節6本目の1着を挙げており、今節3回中2回失敗したイン戦(残る1回は2M差しで1着)に課題を残したものの最後を1着で締めくくりました。

大村NCC長崎文化放送杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇永田啓二が07トップスタートの速攻を決め、今年2回目・大村初・通算7回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇岡谷健吾と捲り差す3号艇馬場貴也で2番手接戦になり、馬場貴也の捲り差しを内でこらえたケンゴが2M先行したものの、馬場貴也がケンゴを差しきり2着。

蒲郡トランスワード杯争奪アクトビラBRTVカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今坂勝広が3号艇都築正治(愛知)の捲りを受け止めつつ2号艇伊藤啓三の差しを振り切り、前走地浜名湖中日新聞東海本社杯に続く今年3回目・通算52回目の優勝
 2着は2M外握って後続を振り切ったツヅッキー。

桐生週間レース杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今泉和則が3号艇前本泰和の捲りを飛ばしに行った展開を突いて5号艇塩崎優司が捲り差しを決めて今泉和則を捕らえ、愛知コンビによる優勝争いから2M先行して抜け出した塩崎優司は桐生初・2011年常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦以来となる通算12回目の優勝

江戸川ゴールデンカップ準優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川のGW開催ゴールデンカップは3日目の4R以降中止順延があった為7日間開催になり、本日は2つの準優勝戦が開催された6日目。

 本日は1R2号艇と5R1号艇に出場予定だった道見数成が整備不良によるモーター部品締め付け不良の為即刻帰郷となり、2つのレースを選手責任欠場。
 尚、道見数成は1Rのスタート展示には参加してたものの展示航走はモーター不調の為欠場してました。
 よって、1Rはスタ展が江戸川スタイルの枠なり3vs3だったため、本番は江戸川では通常禁止されてる13/456の3カド進入になりました。

 ここからは準優の話題。
 1つ目の11Rは1号艇高橋勲が2号艇福来剛の差しを締めて振り切り1着。
 2番手の福来剛に対し、1M握って3番手の4号艇後藤翔之が2M3号艇伯母芳恒を行かせての差しで福来剛を差しきって逆転2着、福来剛が3着。
 後藤翔之は今節が150日のF休み明けで今年初出走でしたが、初戦でいきなり優出しました。

 2つ目の12Rはデビュー初V目指す永田秀二が予選1位で1号艇でしたが、02トップスタートの3号艇長田頼宗に捲られた永田秀二は優出圏外になり、長田(おさだ)が永田(ながた)の夢を打ち砕いて1着。
 2着に差した2号艇若林将
 3着は差し続いて3番手の6号艇荒井翔伍を追走する4号艇折下寛法が2周2Mで内から艇を伸ばし先行しますが、荒井翔伍は行かせて捌き予選12位からの3着優出。


 24場GW開催の大トリを飾るGカップの優勝戦

1:高橋勲 2:長田頼宗 3:若林将 4:後藤翔之 5:福来剛 6:荒井翔伍

 江戸川V9とGカップV3が懸かる高橋勲、江戸川V3とGカップ連覇が懸かる福来剛、江戸川V3が懸かる若林将に対し、長田頼宗と後藤翔之に江戸川初V、荒井翔伍にデビュー初Vが懸かります。

 話題は変わり、今日は兵庫支部祭りだった2場の通常開催が最終日でした。

芦屋日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇白石健が押し切り、3節連続となる今年3回目・芦屋3回目・通算53回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇伊藤将吉と差し続く6号艇佐口達也で接戦になり、2Mは佐口達也が内から艇を伸ばして押っつけ気味に先行しますが佐口達也は振り込んだ上に3号艇原田秀弥と接触して最後方に下がり、差しに構えた伊藤将吉が2着。

宮島楽天銀行クリスタルカップ優勝戦

 163/245の進入から1号艇安田政彦が押し切り、今年2回目・通算58回目の優勝
 2着には差した4号艇古結宏が入り、兵庫ワンツー完成。

 先に終了した芦屋サンライズレースのしらけんに続いて兵庫支部が優勝し、本日の優勝戦2場は兵庫支部がVを独占しました。

明日は江戸川ゴールデンカップ準優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川のGW開催ゴールデンカップは3日目の4R以降中止順延があった為7日間開催になり、本日は予選最終日の5日目。

 ここで、明日の2個準優勝戦メンバーを紹介します。

 11R
1:高橋勲 2:福来剛 3:伯母芳恒 4:後藤翔之 5:伊藤雄二 6:本吉正樹
 12R
1:永田秀二 2:若林将 3:長田頼宗 4:折下寛法 5:関口智久 6:荒井翔伍


 デビュー初Vを目指す永田秀二が今日も連勝で、節間6戦5勝2着1回の準完全ペースで予選1位。
 ちなみに3日目に出走した選手からは折下寛法と荒井翔伍の2人が準優進出しました。

 尚、5Rで捲り差して2番手争いを演じていた5号艇川名稔(今節選手代表)が2Mで振り込み転覆を喫しました。

今日は住之江ラピートカップを筆頭に4場のGW開催が優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日はBS11で全国中継があった住之江を筆頭に4場のGW開催が最終日を迎え、昨日の途中中止順延で7日間開催になった江戸川(11日最終日予定)を除く23場のGW開催が終了。

住之江2013ラピートカップ優勝戦

 南海電鉄社長賞を懸けたオール大阪支部開催の頂上決戦は枠なり3vs3の進入から1号艇松井繁が4号艇田中信一郎の捲りを受け止めて押し切り、前走地G2男女バトル三国MB大賞に続く今年2回目・オール大阪19回目・ラピートカップ11回目・住之江31回目・通算109回目の優勝
 タナシンは2Mフルターンで後続を振り切り2着。

 ちなみにレース名のラピートは難波と関西空港を結ぶ特急列車で、別名鉄仮面とお呼びしまーちゅん。
小笠原特急ラピート


丸亀デイリースポーツ創刊65周年記念安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞優勝戦

 オール香川支部開催の頂上決戦は125/346の進入から1号艇森高一真が6号艇下田哲也の捲り差しを振り切り、丸亀7回目・通算24回目の優勝
 下田哲也に対し、1M下田哲也に叩かれた3号艇片岡雅裕がBS伸び返して2Mを先行しますが、下田哲也は行かせて捌ききり2着。

浜名湖浜松市長杯争奪戦やらまいかカップ優勝戦

 オール静岡支部開催の頂上決戦は1546/23の進入から1号艇藤田靖弘が押し切り、2011年7月の当地スター候補選抜戦K-MIXカップ以来となる通算3回目で浜名湖も3回目の優勝
 2着は差した4号艇佐々木康幸

徳山周南市制施行10周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大峯豊が2号艇妹尾忠幸(岡山)の差しを振り切り、今年2回目・徳山3回目・通算19回目の優勝
 2番手の妹尾忠幸に対し、外マイで3番手の3号艇松野京吾が2M内に切り返して先行しますが、妹尾忠幸は行かせて捌き2着確保。

江戸川ゴールデンカップ4日目

 本日は5Rで冠協賛レース「森泉アナ誕生日選抜」が行われました。
 森泉宏一アナの誕生日を祝う一戦は今節が150日F休み明けの1号艇後藤翔之が逃げ切って今節2勝目。

 尚、6Rは1号艇花井潤が選手責任転覆。
 レース内容は花井潤が先頭も2M流れて3番手に後退。
 そして3周1Mで4号艇本吉正樹に捲られて4番手に後退した花井潤はBS内から巻き返し狙うもバランスを崩してを喫してしまいました。

江戸川ゴールデンカップ3日目は4R以降中止順延+7場のGW優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 GW明けの江戸川ゴールデンカップ3日目は強い北風と上げ潮がぶつかり合うコンディションで開催。

 安定板着用で3周戦の1R(波高10cm北向かい風6m)は前日Fながらも果敢に08トップスタートを踏み込んだ6号艇伏田裕隆がアグレッシブに絞り捲りを敢行しようとしますが絞り過ぎてしまい、2号艇道見数成と3号艇江野澤秀明と4号艇若林友が転覆。
 これにより伏田裕隆は不良航法を適用され、江野澤秀明と若林友は負傷帰郷しました。

 波高15cm北向かい風9mの3Rから2周戦で開催されますが、更なる水面悪化により4R以降は中止順延が決まりました。
 これにより、最終日は11日土曜日になります。

福岡どんたく特選レース優勝戦

 枠なり5vs1の進入から1号艇宮田政勝が押し切り、今年3回目・福岡3回目・通算11回目の優勝
 後続は2号艇瓜生正義と4号艇鳥飼眞と5号艇宮地秀祈の差し合戦になり、外握った瓜生正義と最内押っつけた宮地秀祈が2Mを併走しますが、BS真ん中にいた鳥飼眞が2M小回り差しで2番手に上がって2周1M抜け出し2着。

下関日本財団会長杯スマイルカップレース競艇の日大賞優勝戦元祖ねぎたこのTAKOMARU

 市場直送の高級安岡ねぎを職人が一束一束丁寧に手切り。たこ焼が隠れるほど高級安岡ねぎが贅沢にかかった元祖ねぎたこが看板メニューというたこ焼き屋TAKOMARUの冠協賛レースになった優勝戦。
 ちなみに競艇の日は5月4日ですが、競艇の日はモーターボート競走の父笹川良一日本財団(旧名:日本船舶振興会)初代会長生誕90周年記念日の1989年5月4日に笹川賞初日を開催した下関競艇場が制定しました。

 そんな競艇の日大賞優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇白井英治が07トップスタートも3号艇長尾章平のつけまいをもらい、白井西京は立て直してBSで長尾章平を捕らえるも2号艇寺田祥に差されて2Mは寺田祥が先行。
 しかし白井西京は寺田祥を差し返し、前走地児島G3企業杯シモデンカップに続く今年3回目・下関8回目・通算58回目の優勝

尼崎報知金杯争奪六甲賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇勝野竜司が押し切り、尼崎8回目・通算46回目の優勝
 2着は1M差した4号艇吉田俊彦

津創刊65周年記念スポーツニッポンパール賞競走優勝戦

 2周戦で開催された優勝戦は波高10cm北西向かい風10mの水面で、枠なり3vs3の進入から4号艇・波風の鬼新地雅洋(大阪)がカド捲り敢行も1号艇井口佳典がブロックして、張られた新地雅洋は振り込み最後方。
 更に井口佳典は5号艇間嶋仁志の捲り差しをブロックするも6号艇中嶋健一郎の捲り差しを内でこらえるのが精一杯で2号艇安達裕樹に差しきられてしまい、安達裕樹は津4回目・通算15回目の優勝

 井口佳典は中嶋健一郎を牽制しながら2Mを回った際に両者もたつき、1M差して4番手の3号艇新田雄史と5番手の間嶋仁志が共に2M小回りで浮上して両者2番手併走。
 そしてHS内側の間嶋仁志が2周1Mを先行するも外の新田雄史が差しきって2着。

常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 オール愛知支部開催の優勝戦は波高8cm北西向かい風9mで安定板こそ着用だったものの3周戦で開催され、枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が押し切って今年3回目・通算46回目・常滑は2月の前回常滑市長杯〜男女W優勝シリーズ〜に続く11回目の優勝
 2着は差した4号艇平本真之

平和島京急電鉄社長杯優勝戦

 2周戦で開催された優勝戦は波高7cm北向かい風12mの水面で、枠なり3vs3の進入から1号艇一瀬明がスタート77のドカ遅れをやらかし、35スタートの2号艇梶野学志が捲るも29トップスタートの3号艇山本英志が捲り差しを決めて先頭。
 カジノは2M差し返し狙うも、自らが波にひっかかったのと1M差して内から迫る6号艇牧宏次と接触したのもあり2番手維持が精一杯で、山本英志は昨年5月の当地京急電鉄社長杯以来となる通算10回目・平和島3回目の優勝で、滋賀在住東京支部になってからの初Vと京急杯連覇を達成。

桐生上毛新聞社杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇江口晃生が押し切り、前走地びわこG1名人戦に続く今年3回目・通算71回目の優勝

 後続は捲り差した5号艇土屋智則と差し順走の2号艇毒島誠と捲った3号艇山崎智也で接戦に。
 そしてBS最内の土屋智則が2Mを先行しますが流れ、差したブス島がHSリードしかけますが2M捲り差しからHS内に切り返した山崎智也が2周1Mブス島を張りながら先行し、土屋智則の差しも振り切って2着。

GW最終日は6場で優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 GW最終日は6つの場が最終日を迎えました。
 ちなみに24場GW開催は既に開催終了済みが6場、明日7日に7場、明後日8日に4場が最終日を迎える予定で、24場GW開催のトリを飾るのは10日最終日予定の江戸川です。

 尚、桐生上毛新聞社杯は本来今日が最終日の予定でしたが、2日目に3R以降中止順延になった為明日が最終日。
 ちなみに桐生は今日も強風の為、最終の12R一般戦が中止打ち切りになりました。

戸田ウインビーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇平石和男が3号艇滝沢芳行の捲りをこらえきり、2号艇後藤浩の差しを2M包んでかわしきり、戸田9回目・通算46回目の優勝
 2番手は2M先行した後藤浩と差した滝沢芳行で接戦になり、2周1Mは内先行する滝沢芳行に後藤浩が外握って応戦しますが、こらえきった滝沢芳行が2周2M先行で抜け出し2着。

三国湯の花賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中島孝平が押し切り、今年2回目・三国14回目・通算39回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇今垣光太郎が、差し続く4号艇高倉孝太を2M行かせて捌き2着。

鳴門日本モーターボート選手会会長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から06トップスタートの4号艇瀬尾達也が絞り捲りに行き、その捲りを1号艇烏野賢太がブロックした展開を突いて5号艇片岡秀樹と6号艇佐々木和伸の捲り差しが入り、先頭争いは外枠2艇の接戦に。
 そして、BS内側の佐々木和伸が2M先行で抜け出し、鳴門V6・通算14回目の優勝

児島鷲羽杯優勝戦

 オール岡山支部開催を締めくくる一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川崎智幸が2号艇山口達也の差しを締めて振り切り、通算44回目の優勝

唐津日本財団会長杯ゴールデンウィーク特選優勝戦

 132/456の進入から1号艇古賀繁輝が05トップスタートの速攻を決め、今年2回目・唐津V6・通算18回目の優勝
 2着は捲り差した5号艇三井所尊春

大村GW特選レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇樋口亮が捲り差しを決めて先頭に立ち、1号艇石橋道友の2M差し返しを振り切った樋口亮は大村V6・通算21回目の優勝

江戸川ゴールデンカップ2日目

 強い南風が吹いた2日目は後半6つのレースを2周戦で開催。
 2日目を終えて得点率1位は3戦全勝の永田秀二で、デビュー初Vの夢が着実に近づいてます。

 尚、4Rで1号艇伏田裕隆が+01のフライング返還欠場。
 ちなみに1着は3号艇富永正人(埼玉)で、01タッチスタートだった富永正人はFの伏田裕隆を捲りきって自力で先頭に立ったアグレッシブなレース内容でした。

江戸川ゴールデンカップ初日は10Rで全艇フライング

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川のゴールデンウィーク開催ゴールデンカップ(今節選手代表川名稔)は、こどもの日5月5日から10日までの6日間開催。

 5月5日5Rでは冠協賛レース「鈴木まりや生誕記念」が行われ、2号艇若林将が1号艇西舘健を差しきり先頭も、捲り差して3番手の5号艇田上晋六がBS伸びきって2M手前で先頭に届き、2M小回りで先行した田上晋六が若林将の外全速戦と西舘健の差しを振り切って1着。
 かくして、AKB48とSNH48を兼任する鈴木まりや(1991年4月29日生まれ)の生誕記念競走は1962年5月4日生まれの5号艇田上晋六が制しました。

 その田上晋六が3号艇で再登場した10Rは田上晋六が1号艇赤羽克也(埼玉)に抵抗されながらも捲りきり、展開突いて捲り差した4号艇川口貴久が先行。
 しかしスタート判定の結果、田上晋六と川口貴久と5号艇池田雷太と6号艇野村誠(群馬)の4人が+10、Katsuya.AKaBaが+09、2号艇奥平拓也が+05のフライングゲットで全艇Fによりレース不成立(返還額891万9200円)。
 ちなみに全艇Fは昨年7月15日ボートレース津名誉執行委員長鳥羽一郎杯争奪戦3日目6R以来で、江戸川での全艇Fは2000年7月15日一般競走3日目2R以来でしたが、津の全艇Fには赤羽克也の兄赤羽大樹がいました。

 また、2Rでは1号艇館野友良(栃木在住群馬支部)がイン速攻で先頭も+04のフライング返還欠場になりました。
ピットに引き上げる6選手

 最後に、メインの江戸川選抜戦は4号艇若林将が捲りに行き、1号艇高橋勲は捲りをこらえきったものの3号艇折下寛法が高橋勲を差しきり1着。

 後続は差した5号艇伯母芳恒が艇を伸ばして先行し、外握った高橋勲は包みきれずに流れ、2艇を差しきった若林将が2番手優位に立ちますが、2周1Mは内に切り返した高橋勲が先行。
 若林将は行かせて捌ききりますが、2周2Mも高橋勲が内に切り返して先行。
 若林将はここも行かせて捌ききりますが、3周1Mも高橋勲が内に切り返して先行。
 ここで高橋勲が艇を合わせきる事に成功し、外で食らいつく若林将を3周2Mで突き放して逆転2着。
ゴールデンカップ開催中


若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から捲り差した3号艇篠崎元志が1号艇原田富士男(今節選手代表)を捕らえて先頭に立ちますが、捲り差して3番手の5号艇西山貴浩が2M篠崎元志に押っつけ、篠崎元志は包んでかわしきったものの懐が開き、2艇を差しきった原田富士男が逆転先頭。
 篠崎元志は2周1M差し返して巻き返し狙うも届かず、原田富士男は若松4回目・通算42回目の優勝

オール東京支部の多摩川さつき杯は三角▲

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 東京チャンプ決定戦と銘打つオール東京支部開催多摩川さつき杯の最終日。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの2号艇三角哲男が俊敏な早差しを決め、2Mで1号艇飯山泰の差し返しを振り切り、今年2回目・多摩川13回目・通算68回目の優勝

 ちなみに表彰式における三角▲の名言。
 「ゴールデンウィーク中、家でテレビを見てのんびりせずにレース場まで足を運んで頂き、頭を使ってお金まで使って頂き、誠に勤勉なお客様方、ありがとうございます!選手を代表してお礼申し上げます。
三角▲優勝者インタビュー俺たちの誇り三角▲


びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川北浩貴が09トップスタートの速攻を決め、通算50回目の優勝
 後続は差した4号艇吉川喜継が2番手を航走し、差し続く6号艇谷口健一(福井)を2M行かせて捌き2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ