ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

競艇界隈の話題

G1江戸川大賞来場予定の高安が大関昇進確実に


江戸川報知新聞社杯優勝戦

 1号艇河合佑樹が2号艇島村隆幸の差しを振り切って先頭に立ち、今年2回目・江戸川初・通算9回目の優勝

 さて、6月1日から始まる次節G1江戸川大賞特設サイト)の最終日8日に関脇高安(田子ノ浦部屋)と2017江戸川フレッシュルーキー東京支部112期4758富樫麗加のペアトークショーを開催予定で、高安は表彰式プレゼンターとしても出演予定。
 ちなみに富樫麗加は今月23日の下関トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦でデビュー初優出初優勝の水神祭を飾り、高安は本日の両国国技館大相撲夏場所十三日目で横綱日馬富士相手に今場所11勝目を挙げて大関昇進の目安となる三場所合計33勝を上回り来場所の大関昇進が確実になり、まさに旬の2人が江戸川大賞に来場します。
高安関&富樫麗加トークショー


東京中日スポーツ杯東京新聞盃平和島マスターズ優勝戦

 マスターズ世代からは東京支部三角哲男50歳が4号艇で優出した一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇今井貴士32歳が2号艇廣瀬将亨38歳の差しを振り切って先頭に立ち、平和島初・通算29回目の優勝
 尚、廣瀬将亨は判定の結果+02のフライング返還欠場になり、HS4番手だった三角哲男が徐々に追い上げ3周1Mの差しで3号艇乙藤智史32歳を捕らえて逆転2着。

BOATRACE POGの2017年指名選手発表

 今日は昨日9日に開催した競艇POGドラフト会議の指名選手を発表します。
 今年は例年のメンバー、競艇の師匠田中信一郎さん(仮名)・菊池峰晴さん(仮名)と自分の3人に加えて、新参加の上野秀和さん(仮名)と森智也さん(仮名)さんの2人が加入した5人で開催しました。
 場所は昨年同様東京都北区滝野川西巣鴨駅近くにある田中邸です。
 
 指名ルールは人数が増えたのを機に昨年とルールを変更して、各地区枠と名人枠が1名・女子と地区縛りなしのフリー枠が2名ずつです。
 また、順位は指名選手の年間獲得賞金で争い賞金ランキング男子100位以下は足切りという部分は同じですが、女子選手は150位以下足切りに緩和しました。

 ちなみに指名方法は競合抽選制で、1位指名は自分と菊池さんが池田浩二、田中さんが松井繁、上野さんが峰竜太、森さんが石野貴之です。
 抽選の結果、自分が池田浩二を獲得して菊池さんは瓜生正義を指名しました。

 指名選手一覧は以下の画像を参照して下さい。
競艇POG2017


常滑スポーツ報知杯争奪ビクトリーカップ優勝戦

 12/3465の進入から1号艇赤岩善生が11トップスタートの速攻を決めて、前走地蒲郡中日スポーツ金杯新春特別覇者決定戦に続く今年2回目・常滑9回目・通算81回目の優勝

武豊がBOATRACE江戸川に来場!【ホワイトデーには…BOEDO】

 BOATRACE江戸川、略してBOEDOではスカパー!JLC杯5日目の3月14日ホワイトデーに武豊騎手トークショー(MC:見栄晴)を開催。
 時間は14時頃と15時30分頃の2回で、本場開催中止の場合でもトークショーは開催します。

 競馬界のレジェンド武豊といえば30年連続重賞V・400回以上の重賞V・100回以上のG1V等の記録を持ち出すまでもなく、競馬史上に残る実績と国民的な知名度を持つスーパージョッキー。
 そんな現役JK武豊がホワイトデーにBOEDO初来場です。
武豊スペシャルトークショー
近頃BOEDOが騒がしい

BOATRACE POGの2016年指名選手発表

 今日は今月9日に開催した競艇POGドラフト会議の指名選手を発表します。
 今年も東京都北区滝野川西巣鴨駅近くにある競艇の師匠田中信一郎さん(仮名)の自宅にて、田中さん・菊池峰晴さん(仮名)と自分の3人で指名しました。
 
 指名ルールは昨年同様に中四国合計3名、その他地区と女子が2名ずつ、名人が1名です。
 また、順位は指名選手の年間獲得賞金で争い賞金ランキング100位以下は足切りです。

 ちなみに3人の1位指名選手は自分と菊池さんが池田浩二、田中さんが篠崎元志で、重複抽選の結果菊池さんが池田浩二で自分が松井繁になりました。
 ついでに自分は2位の瓜生正義でも重複落選して毒島誠を2位指名、中位指名の新田雄史でも重複落選して同順位で平本真之を指名した一方、4位の茅原悠紀は菊池さんとの重複で当選しました。
競艇POG2016


唐津ウィンターモーニングバトル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡村仁が09トップスタートの速攻を決めて唐津初・通算11回目の優勝

東京支部116期新人選手紹介inBP習志野

 江戸川場外ボートピア習志野で一昨日開催された東京支部116期新人選手紹介に行ってきたので、江戸川最終日の今日紹介します。

 出演した選手は

4858須田大輝27歳
4863三浦裕貴26歳
4875大塚康雅20歳
4880澤崎雄哉19歳
4883岡部大輝19歳


の全5人で、ステージでは向かって左から登録番号順に並んでました。

 尊敬する選手は須田大輝と大塚康雅が濱野谷憲吾、北海道出身三浦裕貴は兄三浦敬太と同郷熊谷直樹、澤崎雄哉はやまと学校でお世話になった松尾昂明、岡部大輝はデビューのきっかけになった後藤翔之です。

 デビュー予定は須田大輝と岡部大輝のW大輝が5月27日からの多摩川報知新聞社賞、三浦裕貴と大塚康雅と澤崎雄哉が5月16日からの平和島ミニボートピア黒石開設6周年記念です。
 ご存じの方も多いと思いますが、江戸川水面の特殊性故に東京支部新人選手は必ず江戸川以外の場からデビューします。
東京支部116期新人選手紹介1東京支部116期新人選手紹介2

東京支部116期新人選手プロフィール


江戸川報知新聞社杯優勝戦

 江戸川新機新艇開催にして2個準優制6日間開催の報知新聞社杯は初日の15日が10R以降打ち切り、当初最終日になる予定だった昨日が中止順延で今日が最終日に。

 1日遅れの優勝戦は3号艇谷野錬志が捲りを決めて先頭に立ち、江戸川初・昨年2月大村KTNテレビ長崎杯以来となる通算9回目の優勝

 5号艇長岡良也が1M捲り差し届かず4番手も2Mメイチの差しで逆転2着になり、4号艇竹本太樹が1号艇松井賢治を2周2M抜いて3着になり、3連単17070円。

大村海王決定戦優勝戦

 海の王者決定戦略して海王決定戦は枠なり3vs3の進入から1号艇西村拓也が07トップスタートの速攻を決めて今年2回目・大村2回目・通算15回目の優勝

桐生マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山田雄太が13トップスタートの速攻を決めて今年3回目・桐生2回目・通算16回目の優勝
 2号艇内田貴士が2着、6号艇大橋純一郎が3着で静岡支部ワンツースリー。

2015年のBOATRACE POG指名選手発表

 新年1月も半分が過ぎた所で、今日は今月12日成人の日に東京都北区滝野川西巣鴨駅近くにある競艇の師匠田中信一郎さん(仮名)の自宅にて、田中さん・菊池峰晴さん(仮名)と自分の3人で指名したBOATRACE POG指名選手を発表します。

 昨年は賞金女王決定戦開催時期変更に合わせて、それまでの賞金王決定戦最終日締めから大晦日締めに変更した結果、女子選手の100位ボーダーが絡み大晦日まで激しい争いが続きました。

 指名ルールは昨年同様に中四国3名でその他地区と女子が2名ずつ、名人が1名です。
 また、順位は指名選手の年間獲得賞金で争い賞金ランキング100位以下は足切りです。

 ちなみに3人の1位指名選手は自分が松井繁、田中さんが瓜生正義で、菊池さんが池田浩二でした。
2015競艇POG指名選手一覧


戸田スポーツ報知ウインターカップ優勝戦

 歴代新鋭チャンプ3名が優出した一戦は枠なり3vs3の進入から4号艇山田哲也がカド09トップスタートの一方で3号艇茅原悠紀がカド受け21スタートと後手を踏み、1号艇毒島誠は壁無しになりますが艇を伸ばして一気に1Mを先行し、そのまま押し切った毒島誠は戸田初・通算32回目の優勝

先月28日の艇王植木通彦ショー

 先月28日にボートピア習志野で開催されたBP習志野開設8周年記念植木通彦トークショーを見に行ってきました。

 まずは第1部の写真。
艇王植木ショー第1部1艇王植木ショー第1部2艇王植木ショー第1部3

 次いで第2部の写真。
艇王植木ショー第2部1艇王植木ショー第2部2

 なお、艇王植木通彦元選手は現在日本モーターボート競走会理事にしてやまと学校の校長です。

楮葵和子トークショーinボートピア習志野

 本日は江戸川場外ボートピア習志野で開催された東京支部109期4673楮葵和子トークショーを見に行ってきました。
 台風11号の影響により蒲郡・常滑・津・三国G1・丸亀・児島が中止順延・尼崎が中止になりましたが、東京3場と戸田は開催されて京葉線も動いてたのでBP習志野は江戸川G3・平和島・戸田・若松を発売してトークショーも無事開催されました。
 ちなみに師匠は折下寛法とのことです。
楮葵和子と書いてかじきわこと読みます


徳山日本トーター杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇中島友和がコンマ37のドカ凹みで1号艇篠崎仁志は壁無しになりますが、篠崎仁志はそれをものともせずに押し切って前走地大村G3ウエスタンヤング競走に続く今年3回目・徳山初・通算19回目の優勝にして初日12Rドリーム戦4号艇2着以外全て1着の準完全V。
 小回り差し順走で立て直し2番手を航走する中島友和が、差し続く6号艇沖島広和を2M行かせて捌ききり2着。

福岡トロの華杯優勝戦

 対馬産畜養くろまぐろ「トロの華」のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から2号艇西川昌希が捲りを決めて先頭に立ち、4号艇森秋光の差しを振り切って抜け出し今年3回目・福岡初・通算3回目の優勝
 2番手の森秋光は2周1Mでバタつき、3番手の1号艇吉田拡郎が2周1M内小回りで抜き去り逆転2着。

多摩川神奈川新聞社賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇長田頼宗(東京支部)が押し切り、多摩川2回目・昨年10月唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯以来となる通算13回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇新田雄史と差した4号艇内堀学(東京支部)の併走から、新田雄史が6号艇萩原秀人の押っつけを行かせて捌きつつ内堀学を捲りきって2着。

2015年度のSGおよびプレミアムG1開催地が決定

 本日、来年度のSGおよび全国発売プレミアムG1の開催地が決定したとデイリースポーツで報道されました。

 2015年度SG開催地
笹川賞 大村 5月26日〜31日
グランドチャンピオン 宮島 6月23日〜28日
オーシャンカップ 三国 7月15日〜20日
モーターボート記念 蒲郡 8月25日〜30日
全日本選手権 浜名湖 10月20日〜25日
チャレンジカップ 芦屋 11月24日〜29日
賞金王決定戦 住之江 12月18日〜23日
総理大臣杯 平和島 2016年3月16日〜21日


 2015年度プレミアムG1開催地
名人戦 児島 4月14日〜19日
女子王座決定戦 丸亀 8月4日〜9日
ヤングダービー 尼崎 9月22日〜27日
賞金女王決定戦 福岡 12月28日〜31日


 三国でのSG開催は1998年7月オーシャンカップ以来で、宮島でのSG開催は2002年6月グランドチャンピオン決定戦以来です。

 尚、特別G1競走である高松宮記念特別競走のプレミアムG1昇格は今年度も見送られてしまいました。

下関住信SBIネット銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇出畑孝典が06トップスタートの速攻を決め、今年3回目・下関4回目・通算25回目の優勝
 2号艇大平誉史明が差し順走で2着。

【タキツバ】タッキー&翼トークライブIN戸田

 タッキー&翼(63期3381滝沢芳行&105期4573佐藤翼)の師弟トークショーがG3企業杯フォルクスワーンゲ戸田公園カップ3日目の戸田ボートコースで開催されるという事で、別の予定の合間を縫って行ってきました。

 師弟関係になったきっかけはデビュー前訓練中だった翼が2009年当時埼玉支部副支部長だったタッキーにいろいろお世話になった事で、翼がデビュー初1着の水神祭を挙げたデビュー2節目の2009年12月桐生新東通信杯ヤング・ミドル対抗戦でタッキーと同じ斡旋(タッキーは優出1号艇3コース2着)になって更に距離が縮まり、デビューから約半年後正式な師弟関係になったとの事。

 ちなみに翼は師弟関係になった時、タキツバと呼ばれるのを狙ってたとの事。

 今後の目標は、タッキーが2013年7月桐生公営レーシングプレス杯以来遠ざかってる優勝を飾りたい事で、翼が今年9月に当地で開催される第1回G1ヤングダービーに出場して選手宣誓を担当したいとの事。

 ちなみにオートレーサー志望からボートレーサーになったタッキーの息子さんと娘さんは共にサッカー部に所属してますが、翼は野球部のキャプテン翼を目指してた野球少年からボートレーサーになりました。
タキツバトーク1タキツバトーク2タキツバトーク3

ジャニーズ事務所 夜、赤坂に行ったので乃木坂駅近くのジャニーズ事務所も通りました。

ブラジル FIFAWC開催地にしてキャプテン翼あこがれの地ブラジル。

SKE48×ボートピア名古屋でアソボート!Season2

 栄から乗り換え無しで行ける地下鉄名港線築地口駅そばにあるボートピア名古屋の2013年度キャンペーンキャラクターを務めたSKE48が、2014年度もキャンペーンキャラクターに起用された事が今月1日に発表され、その詳細と第2期メンバーが今月25日に公開される事も発表されてましたが、本日CM動画とキャンペーンの詳細が公開されました。

 キャンペーンはSKE48ボートピア選抜今年のナンバーワンレーサーは誰だ!?「アソボート王決定戦!!Season2で、第1弾は5月25日投票締切の「ボートピアキャラクターお絵かきレース」です。
 この3連単を的中させると抽選でメンバーデザインのオリジナルTシャツまたはオリジナルクリアファイルをもらえます。

 そして、第2期SKE48ボートピア選抜の6人は枠番順に以下の顔ぶれです。

1:古川愛李 2:須田亜香里 3:松井玲奈 4:高柳明音 5:柴田阿弥 6:大場美奈

 ボートピア選抜6人のうち内枠4人が前年度から継続で、外枠2人が新登場。
ボートピアでアソボート!Season2
SKE48ボートピア選抜Season2
古川プロの手によるアソボートイラスト

 また、6人に加えて終身名誉研究生のBBQ松村香織(昨年度のBP名古屋現地イベント皆勤)が今年も実質主役的なおまけとして参加。
 更に、BP名古屋の勉強に来た研究生という設定で、今年2月の大組閣でAKB48からSKE48に移籍した佐藤すみれが新登場。

 新曲「チャンス、Coming soon!」が流れるCM動画はBP選抜6人、ひっぱりだこ役のかおたん、隠しキャラのすーめろという形で出演しており、特設サイト内のキャンペーン動画はかおたんとすーめろの埼玉出身コンビが司会進行を担当してます。

 ちなみに昨年度のBP名古屋は四半期ごとにBP選抜の壁紙が更新されてましたが、今年度も早速壁紙が更新されました。
 壁紙はこちらからダウンロードできます。
BP名古屋CM「おいでよ・春編」

新年度から出走表の選手情報が現住所から支部・出身地に変更

 2013年度最終日は3場が最終日でした。

 ちなみに年度またぎ開催は戸田・平和島・丸亀・大村の4場で開催中ですが、年度またぎ開催場は31日までの出走表と4月1日からの出走表で選手情報に違いがあり、31日までの出走表は現住所表記で、1日の出走表は支部・出身地表記に変更されてます。

 例えば、BOATBoyカップ平和島マスターズ出場中の長畑友輔31日出走表の現住所栃木から1日出走表では支部東京出身地東京に、おおむら桜祭り競走出場中の清水敦揮31日出走表の現住所千葉から1日出走表では支部岡山出身地岡山になってます。

宮島G3企業杯中国醸造杯優勝戦

 中国醸造の企業杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇飯山泰が3号艇濱崎誠の捲り差しを締めて振り切り、宮島は2009年2月の前回ファン謝恩岩田杯に続く3回目・通算32回目の優勝
 2番手の濱崎誠に対し、2号艇市川哲也(今節選手代表)が2M小回りで差を詰めるものの、濱崎誠が2周1M外握って市川哲也を包みきり2着。

芦屋楽天銀行杯匠・ヤング・レディース三つ巴戦優勝戦

 「対岸には満開の桜。そして、これより芦屋に咲くのはシリーズ最大の火花です。今年度ラストに粋なお花見と参りましょう。
 ということで馬場加奈子アナ福岡3場ラスト実況の卒業記念レースでもあった三つ巴斡旋開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇茅原悠紀(ヤング)が07トップスタートの速攻を決め、前走地江戸川全国ボートレース専門紙記者クラブ杯に続く今年3回目・通算13回目にして2012年1月G1共同通信社杯新鋭王座決定戦優出1号艇2着の借りを返す芦屋初優勝

 後続は2番差しの4号艇寺田千恵(レディース)が2番手、差し順走の2号艇江口晃生(匠)と捲り差す3号艇烏野賢太(匠)、3番差しの5号艇松田祐季(ヤング)で3番手三つ巴の展開になり、2Mで江口晃生と烏野賢太が松田祐季を差しきって3番手は匠世代2人の争いに。
 そして2M2番差しで2周1M内にいた烏野賢太が寺田千恵に合わせにかかり、寺田千恵は烏野賢太を包みきったものの江口晃生の差しが2周2M手前で届き、寺田千恵は江口晃生を握って包みきったものの烏野賢太が2艇まとめて差しきり、烏野賢太が2周目以降三つ巴になった2着争いを制しました。

常滑弥生特別優勝戦

 枠なり3vs3の進入から04トップスタートの4号艇石渡鉄兵がカド捲りを狙うも2号艇吉川元浩が先捲りで応戦。
 しかし吉川元浩の先捲りは江戸川鉄兵を張りながらのターンだった事もあって1号艇泉具巳にブロックされ、そのまま押し切って先頭に立った泉ともみは2005年12月芦屋ボートピア金峰オープン1周年記念以来となる通算6回目の優勝

 2番手争いは吉川元浩に対し3号艇岡部貴司と6号艇本橋克洋の差しが迫り、最内の本橋克洋が2M押っつけながら先行した結果岡部貴司と吉川元浩が玉突き式に張られて流れていき脱落。
 しかし本橋克洋も懐がら空きになり、1M捲り差し届かず5番手だった5号艇平田忠則が3艇まとめて差しきり逆転2着。

114期やまとチャンプは三重の双子レーサー松尾拓

 本日福岡県柳川市のボートレースアカデミーやまと学校で開催された第114期選手養成訓練卒業記念競走は1号艇の三重出身4808松尾拓がイン戦押し切り、在校勝率1位8.24・やまとリーグ全8戦中4優勝の優秀な成績で卒業した松尾拓が最後も結果を出して114期やまとチャンプに決まりました。

 ちなみに松尾拓は一卵性双生児の兄・4754松尾充が既に112期でデビューしており、3894池田明美・3932池田浩美、4367山口修路・4368山口隆史、既に引退した2714川島敏昭・2727川島和敏に続く4組目の双子レーサーです。

平和島日本財団会長杯優勝戦

 スロー勢がスタート遅れた枠なり3vs3の進入から、4号艇和田兼輔がカド捲りを決めて先頭に立ち、デビュー初Vの地平和島では2回目・通算3回目の優勝
 5号艇武田光史が捲り差して2着。

浜名湖だいいちテレビファイティングカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉川昭男が15トップスタートの速攻を決め、浜名湖初・通算37回目の優勝

 後続は3号艇加瀬智宏の捲り差しが入りかけるも引き波を分でバランスを崩し、4号艇藤田竜弘(静岡)と6号艇村越篤の差し合戦に。
 しかし加瀬智宏が2Mで2艇まとめて差しきり、一気に抜け出し2着。

三国G3企業杯スズキ・カープラザカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇上平真二が差しを決めて先頭に立ち、3節連続となる今年3回目・デビュー初Vの地三国では2回目・通算38回目の優勝

 2番手の1号艇作間章に対し、捲り差して3番手の5号艇前田将太が2M内に切り返して潜り込みますが、マーサク選手は包みきって2番手キープ。
 前田将太は2周1Mも内に潜り込みますが、ここもマーサク選手が包みきり、前田将太を完全に突き放しきって2着。
 そして、1M外握って4番手だった3号艇齋藤和政(福井)が2周1M差して前田将太と3番手同体に持ち込んだ所で、前田将太が北バック向かい風6mに煽られてウィリーしてしまい、前田将太は着地するもエンスト失格。

江戸川2日目+明日の江戸川イベント紹介

 江戸川の5日間開催関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯は2日目を迎え、昨日とは打って変わった穏やかな水面で全レース安定板なし3周戦。

 3Rは1号艇永嶋裕一がイン戦押し切り1着になりましたが、永嶋裕一が1Mややキャビったところに捲り差しを狙った4号艇松田祐季が行き場を無くし、そこに6号艇荒川昭(東京)の捲り差しが松田祐季に差さって接触し、荒川昭は接触の影響なく2着に入ったものの松田祐季は転覆。
 ちなみに3Rは松田祐季が唯一のA1だった事もあり、3連単162で32410円の本日最高配当になりました。

 尚、松田祐季は後半9R2号艇で果敢に捲って展開を作り、1着は捲り差した5号艇清水敦揮(千葉在住岡山支部)だったものの松田祐季は2着に入りました。


 さて、明日の江戸川は「「忘れないで!311」募金イベント」。

 イベント内容の1つ目は市村沙樹中澤宏奈などの東京支部選手達がレースで使用してる勝負服を着用して13時〜15時頃の間場内各所で募金活動。

 2つ目は昨日の常滑G1マーメイドグランプリでG1初優出を果たした愛知支部岩瀬裕亮による蒲郡PRチャリティトークショーを江戸川7R発売中と同8R発売中に実施。

 3つ目は江戸川最終12R終了後の16時55分頃から江戸川鉄兵こと石渡鉄兵のG1関東地区選手権祝勝会&SG総理大臣杯壮行会&チャリティーオークション。

 以上のイベントは江戸川本場開催中止、もしくは昨日同様の途中打ち切りになった場合でも順延無く同時間帯で開催されます。
 ちなみに明日の江戸川は外向発売所BOATRACE365で昼間は戸田G3女子リーグ第12戦4日目、ナイターは若松東龍軒カップ最終日丸亀スポーツニッポンカップ4日目桐生みどり市発足8周年記念市議会議長杯初日の3場を発売予定です。
「忘れないで!3.11」募金イベント


徳山山口新聞社杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇秋山直之が3号艇深川真二の捲り差しを振り切り、徳山初・通算44回目の優勝
 2番手の深川真二は、捲り差しで続く5号艇西山昇一を2M行かせて捌き2着。

多摩川日本財団会長賞優勝戦

 オール平日5日間開催の優勝戦は123/465の進入から1号艇樋口喜彦がスタート飛び出して先頭に立つも+01のフライング返還欠場で、とんだホワイトデーに。
 これにより、捲り差して2番手だった3号艇佐藤旭が先頭に繰り上がり、今年2回目・多摩川初・通算5回目の優勝
 差して3番手の5号艇寺本重宣(東京支部)が2着に繰り上がりました。

2014年のBOATRACE POG指名選手発表

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 新年あけましておめでとうございます。
 2014年最初の記事は、昨年12月30日の夜に板橋区大山の居酒屋肴菜yaで開催しました忘年会兼BOATRACE POG会議。

 2014年も競艇の師匠田中信一郎さん(仮名)と菊池峰晴さん(仮名)と自分の3人で指名しました。
 昨年を含めて菊池さんがずっと勝ち続けてるPOG、自分は昨年大惨敗でしたが今年はどうなるか。

 指名ルールは番組変更に合わせて昨年から変更し、中四国3名でその他地区と女子が2名ずつ、名人が1名です。
 また、順位は指名選手の年間獲得賞金で争い、賞金ランキング100位以下は足切りになるのは昨年までと同じですが、G1賞金女王決定戦の年末開催化に合わせて従来SG賞金王決定戦最終日までだった集計期間を大晦日までに延長しました。

 ちなみに3人の1位指名選手は自分と菊池さんが池田浩二、田中さんが瓜生正義で、競合抽選で外れた自分が松井繁を1位指名しました。
競艇POG2014指名選手

ドラ・ショップ開設後初の桐生に行ってきました【新外向発売所】

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
ドラ・ショップ案内図 本日は5月以来にして、新外向発売所「ドラ・ショップ」開設後初めて桐生ボートに行ってきました。
 10月にオープンしたドラ・ショップは旧スタンド北ウイングの1Fを改装したもので、外側からは以前の旧スタンドそのままですが、中は照度が低かった以前の印象を一新して、まるで新築のような明るい造りになってました。

 尚、本日の桐生は6日間開催ヤング・ミドル対抗戦3日目の3日目で、場内外向共にびわこG2秩父宮妃記念杯4日目G2徳山ジェネレーションバトルモーターボート大賞4日目を併用発売してました。
桐生北ウイング桐生南ウイング側から見る景色


江戸川日刊スポーツ杯2日目


 本日は6号艇の1着が4本もあった、みどり色が目立つ1日。

 尚、11Rで差し流れて3番手の2号艇北川敏弘が+02のフライング。

福田雅一・智加夫婦トークショーinボートピア習志野

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 12月初日の今日は、ボートピア習志野四国地区選手権連覇で今年のSG総理大臣杯に出場した江戸川G1ウィナー福田雅一と、尼崎G1近松賞を優勝して今月の芦屋G1賞金女王決定戦住之江賞金王シリーズ戦に出場する平山智加の丸亀キャンペーン夫婦トークショーが開催されたので見に行ってきました。
 ちなみに福田夫婦は前日ボートピア栗橋のトークショーに出演してました。

 イベントは、福田夫婦が、3Fまである習志野の劇場型客席を見上げてる様子が印象的でした。
 ちなみに平山智加が持っている花束は今日見に来たファンからプレゼントされた花束です。
福田夫婦トークショー1福田夫婦トークショー2福田夫婦トークショー3

 そんな今日は、BP習志野でも発売してた戸田と唐津が最終日でした。

戸田ボートピア岡部カップ開設12周年記念優勝戦

 135/246の進入から14トップスタートの2号艇秋山広一がカド捲りを決めますが、展開突いた4号艇岡部貴司の捲り差しが届き、2Mを先行した岡部貴司が秋山広一の差し返しを振り切り、岡部貴司は今年2回目・戸田初・通算13回目の優勝

 ということで、ボートピア岡部(埼玉県深谷市)の開設12周年記念はレース名に最もふさわしい「岡部」貴司が昨年12月の11周年で5号艇4着だった借りを返して戸田初Vを飾りましたが、BP岡部カップで岡部選手が優勝したのは2006年12月に開催された5周年記念岡部大輔以来2度目になります。

からつ巧者バトル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇古賀繁輝(佐賀)が13トップスタートの速攻を決め、今年V6・唐津8回目・通算22回目の優勝
 後続は先差しの3号艇海野康志郎が2番手を航走し、差し続く4号艇山崎裕司を2M行かせて捌き2着。

明日の指原莉乃生誕記念日は江戸川345祭競走

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 指原莉乃生誕21周年記念日の明日から始まる江戸川6日間シリーズはデイリースポーツ杯

 明日は昨年同様、指原莉乃の生誕を祝って5つの冠協賛レースが組まれております。

 まずはさしこの語呂に合わせた345レースに3R祝AKB総選挙1位4RHKT48支配人指原莉乃5R指原、写真集出すってよ

 後半は8Rは・か・た・のりの201310R指原莉乃祝21歳誕生日の2つが組まれてます。

 ちなみにデイリースポーツも報じる指原莉乃写真集(光文社から12月26日発売予定)のタイトルは「猫に負けた」です。
江戸川345祭江戸川345祭第2部




桐生下野新聞社杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇久田敏之(群馬)が差しを決めて先頭に立ち、今年2回目・桐生は今年V2となる5回目・通算9回目の優勝
 2番手は1号艇黒崎竜也、3番手は差し続く4号艇田中豪が航走し、2M快速みえ黒崎竜也が特急田中3豪を行かせて捌き2着。

大村男女W優勝戦最終日

 男子の11R優勝戦A組は125/364の進入から1号艇伊藤誠二が押し切り、大村3回目・2010年4月桐生ドラキリュウカップ東西対抗戦以来となる通算47回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇正木聖賢が2番手、差し続く6号艇鈴木茂正が3番手を航走し、2M鈴木茂正を行かせて捌いた正木聖賢が2周1Mでも鈴木茂正の切り返しを行かせて捌き2着。

 女子の12R優勝戦B組は枠なり3vs3の進入から差した4号艇水口由紀が先頭に立ちかけるも、1M捲り差しからBS内に切り返した3号艇倉田郁美が2M艇を伸ばして先行。
 水口由紀りんは行かせて捌きますが、ここで1号艇岩崎芳美の2番差しが決まり逆転先頭に立ちますが、2周1M水口由紀りんの差し返しが決まって再度抜きりん成功。
 しかし2周2M岩崎芳美が差し返して食らいつき、3周1M水口由紀りんがやや先行するも岩崎芳美も内小回りで食らいついて併走に持ち込みます。
 そして3周2M内外併走で回った結果、外の水口由紀りんが消波装置ぎりぎりまで大きく流れて5番手まで下がり、抜きつ抜かれつのマッチレースを制した岩崎芳美は今年3回目・大村3回目・通算19回目の優勝
 ゆきりん後退により、3番手の倉田郁美が2着に繰り上がりました。

東京支部113期新人選手紹介inボートピア横浜

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
113期新人選手紹介告知 平和島SG全日本選手権が当初準優勝戦の5日目になるはずだった本日(実際は中止順延で4日目)は、ボートピア横浜で東京支部113期新人選手紹介が平和島最終レース終了後に行われました。
 尚、翌日20日はボートピア習志野でも東京支部113期新人選手紹介が行われます。


 本日出演した選手はステージ向かって左から、艇界初のフィリピン国籍で話題の4780マイケル田代(田代マイケルライアンダト)、ソフトボールの強豪ルネサスエレクトロニクス高崎に所属してた4781西舘果里、4791黒澤めぐみ、113期東京支部で唯一東京都民の4792杉村賢也
 ちなみに本日所用の為不在だった4779伊倉光を含め、113期東京支部選手は5人中4人が神奈川県民というのが大きな特徴です。

 5人のデビュー予定はマイケル田代と杉村賢也が来月1日からの平和島関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯、西舘果里が来月8日からの平和島日刊ゲンダイ杯ダッシュ島グランプリ、伊倉光と黒澤めぐみが来月10日からの多摩川マクール杯です。

 以下は新人選手紹介の写真ですが、その中の1枚で西舘果里がソフトボール時代のバットスイングを再現してる場面もあります。
113期新人選手紹介その1113期新人選手紹介その2113期新人選手紹介その3113期新人選手紹介その4左打席に入りました西舘果里選手113期新人選手紹介とお伝えしておきます

アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWA Vol.8タイムスケジュール発表

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日から多摩川ではG3女子リーグ第14戦リップルカップが開幕。
 その3日目にして府中ダービーデーの26日はアイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのVol.8が開催されますが、本日タイムスケジュールが発表されました。

 今回の出演者はレギュラーのイベントナビゲーターバニラビーンズに加えてベイビーレイズ小野恵令奈の3組で、3組とも所属事務所が同じレプロだからプチレプロフェスティバルです。

 タイムスケジュールは開門直後の10時5分から1R展示開始前までベイビーレイズとバニビ、その後1R発売中のインフォメーションを挟んで2R発売中から9R発売中までの間、バニビ→えれぴょん→BR→バニビ→えれぴょん→バニビ→BR→えれぴょんの順番に出演予定です。

 ちなみにバニビは今月8日にニューシングル「マスカット・スロープ・ラブ」を発売、ベイビーレイズは3月27日にシングル「JUMP」を発売して7月31日にニューシングル「ベイビーアンビシャス!」を発売予定。
 そしてAKB48在籍時の選抜総選挙で2度ベスト16に入った実績を持つえれぴょんは今月29日にニューシングル「ファイティング☆ヒーロー」、来月19日に1stアルバム「ERENA」を発売予定です。
多摩川アイドルフェスVol8多摩川アイドルフェスVol8タイムスケジュール






江戸川スポーツニッポン杯4日目

 選抜総選挙によるオールスターボートレースSG笹川賞に加えて多摩川女子リーグの外向併用発売も始まった江戸川は4日目を終えて、得点率上位者は以下のとおり。

10.00作間章 8.50作野恒 8.00池本輝明 7.86川田正人飯山泰 7.67妹尾忠幸 7.50西村拓也 7.33亀山高雅 7.00海老澤泰行

 本日は9Rで2号艇落合敬一が捲って先頭も+02のフライングゲット。
 尚、同レース1号艇竹田吉行はレース後負傷帰郷しました。

 また、2日目6Rに選手責任転覆を喫した地元安河内将も本日付で負傷帰郷しました。

桐生新外向発売所今秋オープン予定

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
新外向発売所工事中のお知らせ BOATRACE桐生新外向発売所がスタンド北ウイングを改装して10月頃にオープンするそうです。
 現在の外向発売所は北ウイング入口横のスペースで、改装工事終了後は大幅に拡張される事になります。

かつて外向発売所だったミズアム ちなみに対岸にある旧外向発売所「ミズアム」は1995年5月から2002年8月までの間使用されてました。

(ボート・ω・ちゃん)SKE48×ボートピア名古屋でアソボート

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 SKE48が栄から乗り換え無しで行ける地下鉄名港線築地口駅そばにあるボートピア名古屋の2013年度キャンペーンに起用される事が1日に発表され、その詳細が今月20日に公開される事も発表されてましたが、本日0時に合わせてCM動画とキャンペーンの詳細が公開されました。
SKE48ボートピア選抜ボートピアでアソボート!

 キャンペーンはSKE48ボートピア選抜ナンバーワンレーサーは誰だ!?「アソボート王決定戦!!で、第1弾は5月12日投票締切の「フランスパン指先バランス選手権」です。
 この3連単を的中させると抽選でオリジナルタオルまたはオリジナルクリアファイルをもらえます。

 そして、ボートピア選抜の6人は枠番順に以下の顔ぶれです。

1:古川愛李 2:須田亜香里 3:松井玲奈 4:高柳明音 5:大矢真那 6:矢方美紀

 SKE48ボートピア選抜6人のうち、だーすーとちゅりは2010年度のとこなめもっと盛り上げ隊!!、画伯古川プロのイラストも随所に使われているあいりんは2011年度のとこなめもっと×2盛り上げ隊!!、まさなは両方のキャンペーンに選ばれており、今回とは広告代理店が違うものの4人はとこなめ来場歴もあります。
 そして、新たに(れ・ω・な)とお矢方様が選ばれて20歳以上のシングル選抜メンバーが集結した強力布陣になりました。

 また、6人に加えてCMでは隠れキャラとして一瞬、アソボート決定戦動画ではMCとして沢山、終身名誉研究生のBBQかおたん松村香織(2011年7月にとこなめ来場歴あり)が登場。
 SKE48松村香織のアソボート潜入取材チャンネルでは1コメダ風アソボートメイキング動画が公開されており、今後はかおたん来場動画などが公開される展開にも期待です。

 ちなみに、ここ2年のBP名古屋は2011年度に山本梓、2012年度に高嶋香帆をキャンペーンに起用しており、その時も毎月壁紙が更新されてたのですが、今年度も毎月壁紙が更新されるようです。
 壁紙はこちらからダウンロードできます。
アソボート王決定戦特設サイト1Rフランスパン指先バランス選手権アソボート王決定戦3連単クイズ景品
アソボート王決定戦予告動画

 最後に、BP名古屋で撮影されたCMは新曲「青春の水しぶき」をBGMにボートピア選抜の6人withカオタンが出演する内容で、アソボート王決定戦ボートピア名古屋チャンネルではCMメイキング動画を見る事も出来ます。
BP名古屋CM
BP名古屋CMメイキング


福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田村隆信が06トップスタートの速攻を決め、今年2回目・福岡3回目・通算38回目の優勝
 2着は差した4号艇原田篤志

江戸川新指定席MIYABIの内覧会が昨日開催されました

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 BOATRACE江戸川新指定席「MIYABI(旧エグゼ)」が明日から新装オープンしますが、昨日はプレス内覧会があり、市村沙樹(ブログサキマクリ)と、南明奈アッキーナBlog)が出席。

 BOATRACEイメージキャラクターアッキーニャとしてCM出演中のアッキーナと、13日まで当地外向発売所開設1周年記念男女W優勝戦に出場して江戸川連続優出を果たした地元人気選手江戸村沙樹の出席により華やかな雰囲気で開催されたという内覧会は、内覧会だけでなく江戸村沙樹による施設紹介動画がある東京スポーツや料金紹介があるスポーツ報知などの公営競技関係だけでなく、芸能ニュースラウンジ日本テレビなど芸能関係のマスコミも参加して各方面で大々的にPRされました。

 従来のエグゼを約半年かけて全面改装した新指定席MIYABIは、座席数を約半分にして1人あたりのスペースが大幅に広くなっただけでなく、MIYABIのネーミング通りに雅をテーマにしたデザインが特徴。
 また、エントランス等に竹林のオブジェがあしらわれてるだけでなく、着物まで展示されているという女性専用ルームの名称は「kaguyahime」だったりと、インテリアは竹取物語の世界観に包まれてるそうです。

 もちろん舟券購入の利便性もエグゼより大幅に向上しており、真下にある外向発売所BOATRACE365同様昼夜複数場発売に対応してるだけでなく、新たにキャッシュレス投票に対応。
 残念ながら室内の柱はそのままのようですが、従来は2人でブラウン管モニター1台だったのが従来席に相当するレギュラー席で1人1台のタッチパネル液晶モニターになったようです。

 そんなMIYABIの利用料金は座席種別毎に設定されており、従来のエグゼに相当するレギュラー席が2000円で、シングルシートのリクライニング席は2500円、ゆったりソファーのペア席が3000円、4名グループ席が5000円、5名用個室が6000円、10名用個室12000円、カラオケルーム20000円、自由席のベンチシートが1000円で、ナイター時間帯は半額になります。
 尚、競技棟真上にある4000円指定席プレミアムラウンジ遊GOLDに名称変更されて、新たにタッチパネル液晶モニターとキャッシュレス投票機が設置されたそうです。

 ちなみに新ポイントカード「CLUB365」はMIYABIに入場すると自場開催日8P・外向のみ開催日16Pが加算でき、80Pたまると無料入場できます。


浜名湖日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇白石健が押し切り、浜名湖2回目・通算51回目の優勝

 後続は捲り差した6号艇長岡良也が内で粘る5号艇芦澤望を2M捲りきって芦澤望を突き放しますが、今度は1M差し順走の2号艇久田武が2M2艇を差しきって長岡良也に接近。
 これに対し長岡良也は2周1M外握って久田武を包み込み、2周2Mでは一転行かせて捌く硬軟自在のレースで単独2番手を守り、大阪在住兵庫支部しらけんと長岡良也の兵庫支部ワンツー完成。

MB競走場別2012年度売上一覧を形態別にソートしてみました

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 4月4日で4並びの今日は全国モーターボート競走施行者協議会が発表した競走場別発売形態別売上一覧宮島競艇フリークスが作成した競走場別売上一覧をもとに、1日あたりの売上と本場・場外・テレボートの発売形態別の売上をエクセルを使ってソートしてみました。

 下の画像はEXCELで作成したxlsファイルを画像化したものです。
 尚、開催日数が前年度より123日減少したものの総売上は0.2%減にとどまっており、1日あたりの売上は約102.5%上昇しました。
総売上と1日あたり売上発売形態別売上

 昨年と比べると、桐生が通年ナイター化後初のSG開催により総売上2位になったのと、モーニング開催からつのテレボート比率が遂に50%を突破したこと、年間210日開催のとこなめが総売上前年比89.5%ながら本場売上は前年とほぼ同額で蒲郡の本場売上を上回った結果本場比率が前年の10位から4位になったことが個人的に目を惹きました。

 ちなみに全国発売競走以外のG1とG2の売上がこちらに掲載されてます。

丸亀スプリングナイトレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇池永太がカド捲りを決め、4号艇4コースの池永太は4月4日に今年2回目・丸亀初・通算8回目の優勝

 後続はイン残した1号艇守田俊介が2番手でしたが、1M捲られてから外に持ち出しての二段捲りで3番手の2号艇福田雅一(今節選手代表)が2M内に切り返して先行。
 守田俊介は行かせて捌こうとするも、1M捲り差しから2M内に切り返した5号艇金森史吉(香川)が壁になり、金森史吉を行かせた際にややもたついて3番手に後退。
 そして福田雅一は守田俊介の追い上げを0.2秒差振り切って2着を守りました。

ボートピア名古屋の2013年度はSKE48とコラボ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 新年度明けましておめでとうございます。
 2013年度最初の優勝戦は下関でした。
 ということで、本題より前にまずは下関優勝戦の話。

下関韋駄天王決定戦SMARTBOAT杯優勝戦

 トランスワードのスマートフォン向けレース動画アプリSMARTBOATのタイトル戦は昨日、元HKT48古森結衣を擁する下関ご当地アイドル10color'sが来場しました。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉川喜継が韋駄天10トップスタートの速攻を決め、下関初・通算8回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇深川真二

【ボートピア名古屋×SKE48】

 栄から乗り換え無しで行ける地下鉄名港線築地口駅そばのボートピア名古屋が、2013年度のキャンペーンキャラクターにSKE48を起用する事が1日に発表されました。
 詳細は今月20日に公開されるとの事。

 SKE48といえば2010年度G1マーメイドグランプリのとこなめもっと盛り上げ隊!!と2011年度のとこなめもっと×2盛り上げ隊!!での活動が記憶に新しいですが、今回は当時とスタッフが違うものの約1年ぶりにボートのキャンペーン復帰。

 また、BP名古屋は2011年度に山本梓、2012年度に高嶋香帆をキャンペーンに起用してます。

 ちなみにSKE48は4月29日に福井競輪場でミニライブに出演予定。
 同日はG2共同通信社杯特設サイト)の最終日で時間は9R発売中。
 尚、共同通信社杯にはチームK2山田澪花の父山田裕仁も出場予定です。
SKE48×BOATPIER NAGOYA4.20 SKE48キャンペーン開幕!

BOATRACE江戸川新ポイントサービス「CLUB365」発足のお知らせ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 節分の鬼より怖い春一番。そしてアントキの木枯らし一番。
 ということで春一番が吹いた3月初日は江戸川日本モーターボート選手会会長賞初日が中止順延。
 また、三国坂井市制7周年記念3日目も3R以降中止順延になり、当初の5日間開催から6日間開催になりました。

 さて、今日はおとといボートレース江戸川ラリーズクラブ事務局から届いた葉書の紹介。
 葉書の内容は、2000年4月に発足したラリーズクラブにかわり、4月から新ポイントサービス「CLUB365」が発足するというお知らせでした。
 従来のラリーズクラブが江戸川自場開催向けポイントサービスだったのに対し、CLUB365は自場非開催で外向発売所BOATRACE365のみ営業の日でもポイントが貯まるようになります。

 そして、リニューアルに伴い閉会するラリーズクラブのポイント加算は3月13日最終日のボートレース研究ファン感謝祭が最終開催になり、19日の場外発売日から新カードへの移行受付を開始。
 よって、3月21日初日の年度末開催全国ボートレース専門紙記者クラブ杯開催中はカード移行期間になります。

 ちなみにラリーズクラブは総額10万円の優勝者当てクイズと、場内引換券・特別観覧席エグゼ(2000円)およびプレミアムラウンジ遊(4000円)の入場券とポイントを交換できるサービスがありますが、CLUB365ではどのようなポイント特典がつくのかの発表を待ちたいところです。
ラリーズクラブ閉会のお知らせ

アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAは3月31日【バニビ風男塾DLH】

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのVol.7がG1ウェイキーカップ最終日にして2012年度最終日の3月31日に開催されます。

 その出演者が半月前に発表されてましたが、Vol.7の出演者は総集編ということで過去の出演者が再登場します。
 出演するのはイベントナビゲーターのバニラビーンズ、昨年3月4日のVol.3に出演した風男塾、昨年5月6日のVol.4に出演したDorothy Little Happyの3組。

 ちなみに風男塾は1月9日にニューシングル「人生わははっ!」を発売、ドロシーリトルハッピーは1月9日にBiSとのコラボシングル「GET YOU」を発売して今月20日に1stフルアルバム「Life goes on」を発売します。

 ということで、ドロシーリトルハッピーのアルバム発売に合わせて多摩川アイドルフェスの紹介をしてみました。
アイドルフェスinBOATRACE多摩川vol.7



古賀繁輝トークショーatボートピア習志野

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川G1関東地区選手権特設サイト)が中止順延で中休みになった今日は、ボートピア習志野で開催された佐賀94期やまとチャンプ4294古賀繁輝のトークショーを見に行ってきました。

 今回のトークショーは若松で10日から開催される山口シネマカップ男女W優勝戦のPRが目的という事で、同レースで60日のF休みから復帰する古賀繁輝が今日はBP習志野、明日はボートピア横浜でトークショー。

 トークショーを見たのは二部構成の後半だけでしたが、新プロペラ制度におけるプロペラの調整法は手の内に入れたものの以前以上にモーター抽選に左右されるという実戦の話以外に、古賀繁輝は声が大きくて受け答えがはきはきしている事と、じゃんけんが強くてじゃんけん大会が何度もやり直しになった事が印象に残りました。
古賀繁輝トークショー1古賀繁輝トークショー2


住之江泉大津市制70周年記念競走優勝戦

 132/456の進入から1号艇永田啓二(福岡94期4288)が03トップスタートの速攻を決め、通算V6にして住之江初優勝

 後続は捲り差した2号艇木下翔太(大阪)が2番手、差した4号艇岡本慎治が3番手でしたが、2M小回りのオカモトが前との差を詰め、2周1M内から先行して逆転。
 そしてオカモトは木下翔太の外全速連発を最後までこらえきって2着。

明日は平山近松賞、そして2場で松村香織生誕記念開催。

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 2013年次最初のG1競走が尼崎と浜名湖で開催中で明日はその最終日ですが、現行名称では今回が最後になる尼崎の開設60周年記念G1近松賞優勝戦では平山智加が1号艇に。
 ちなみに男女混合の記念競走を制した女子選手は1999年2月の山川美由紀鳴門四国地区選手権競走)が最後で、周年記念だと1957年の杉本明子(住之江開設1周年記念)が最後になります。

 果たして智加松賞で新たな歴史が刻まれるか、それとも枠なり4vs2で5カド濃厚の5号艇寺田祥が智加待つ祥で差しきるのか?


 さて、明日は「今日もあなたに!あなたに!萌えをデリバリ〜★萌え萌えきゅんっ★」自称48グループ1番の萌えキャラことSKE48研究生・BBQ松村香織の生誕記念競走が江戸川と浜名湖の2場で開催。
 レースは江戸川日刊ゲンダイ杯最終日5Rかおたん生誕記念競走G1浜名湖賞最終日11R特別選抜A戦SKE48松村香織生誕記念です。

 また、浜名湖賞ではかおたん生誕記念前後も冠協賛レースで、10R特別選抜B戦黒川葉月デビュー1周年記念ではNMB48チームB2黒川葉月12RアイドルユニットPowerSpot優勝戦☆ではパワースポットの冠が付いております。
かおたん生誕記念競走G1浜名湖賞アイドル冠協賛3連発


江戸川日刊ゲンダイ杯3日目

 明日かおたん生誕記念競走が開催される4日間短期決戦は本日予選最終日。

 昨日まで3戦全勝の地元塚田修二は前半4R3号艇で03トップスタート踏み込んで攻め込む体勢も2号艇の地元西舘健に先捲りで抵抗され、捲り差しにチェンジ。
 しかし中途半端な捲り差しになって西舘健こそ差し切れたものの1号艇稲毛正剛を捲りきれず、4号艇太田潮と6号艇川北浩貴に差されて4番手。
 ですが2M、先頭の太田潮のターンが膨れて川北浩貴が差しきり、更に塚田修二が稲毛正剛を差しきっての2番差しで川北浩貴をも捕らえ、2周1M先行で逆転を果たし4戦全勝。

 そして完全Vに向け最大の試練となった6号艇の11Rは豪快に大捲りを打って1号艇佐藤翼とのマッチレースに持ち込み、2Mで佐藤翼を差しきり単独先頭。
 しかし2周1Mで痛恨のキャビテーションを喫してしまい、そこを佐藤翼に差し切られて2着に敗れ、惜しくも完全Vへのチャレンジはなりませんでした。

 尚、7Rは3号艇で出場予定だった地元大西賢が家事都合により欠場・帰郷したため5艇立てになりました。


 優勝戦のメンバーです。

1:塚田修二 2:池上裕次 3:川添英正 4:西山昇一 5:佐藤翼 6:是澤孝宏

 昨年4月の多摩川夕刊フジ杯で1992年7月7日児島以来となる通算V2を飾った塚田修二45歳が準完全V王手で通算V3とタブロイド杯二冠にチャレンジ。

多摩川BOATBoyCup優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇落合敬一が3号艇堤昇の捲りを受け止めて押し切り、多摩川2回目・通算45回目の優勝

 2番手の堤昇は差して追走する2号艇仲口博崇と4号艇木村光宏を2M行かせて捌ききり2番手を守りますが2周2Mで軽く振り込んでしまい、差した仲口博崇に舳先をねじ込まれます。
 そして3周1Mは内の仲口博崇が先行しますが堤昇が差し返して再度2番手に立ち、最終3周2Mで仲口博崇に差されて同タイムでゴールされるものの、堤昇が1/3艇身差粘りきって2着。

桐生タイムス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇徳増秀樹が押し切り、桐生3回目・通算52回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇小野信樹

尼崎の近松賞キャンペーンを門松賞の多摩川で

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
ずっと忘れない。G1近松賞 正月開催が昨日で一段落したので、今日は12日から始まる尼崎開設60周年記念G1近松賞特設サイト地上波向けCMも見られるキャンペーンサイト)の話題。


 さて、尼崎周年記念は60周年を区切りに今年5月開催の61周年から新名称を一般公募で決めるレース名に変更するため、近松賞の名称では今回が最後。

 ラスト近松賞は2011年三愛水着イメージガールのモデル北川富紀子をイメージガールに起用し、ポスターだけでなくCM・媒体訪問・イベントでも全面的に登場。
 今月6日には新春特別かどまつ賞4日目だった多摩川にも来場して、トークショー、クオカードが当たるじゃんけん大会、先着順でサイン入りパンフレットの手渡し会といったキャンペーンイベントを行いました。

 尚、近松賞は男女混合開催で平山智加まつしょうと日高逸子が出場予定。
 また、当初は横西奏恵も出場予定で初日12Rセンプルドリーム戦のメンバーにも選ばれてましたが、周知の通り横西奏恵は昨年12月19日に引退。
 よって、予備1位の濱野谷憲吾がドリメンに繰り上がりました。
北川富紀子1北川富紀子2


 ここからは今日のレースの話題。
 今日はラスト近松賞を控える尼崎と唐津で男女混合戦が最終日を迎えました。

尼崎福娘・福男選抜FM OSAKA杯争奪戦優勝戦

 下の朝ドキ!からつと同様の男女混合戦は男女比率を通常と入れ替えた優勝賞金100万円の企画開催で、優勝戦は兵庫支部福男4人と福娘2人。

 そしてレースは枠なり3vs3の進入から13トップスタートの2号艇馬袋義則が捲りに行きますが1号艇吉田俊彦に抵抗された分膨れてしまい、展開ずっぽしに差しきった3号艇寺田千恵(岡山)が先頭に立ち通算44回目の優勝で、表彰式プレゼンターの北川富紀子から祝福されました。
 後続は捲り差した5号艇高橋淳美(大阪)が2番手を航走し、差した4号艇金子龍介を2M包みきり、2Mで金龍を差しきった馬袋義則から併せ馬に持ち込まれるも2周1M行かせて捌き、福娘2人が兵庫支部福男4人に先着した福娘ワンツー。

唐津New Year バトル優勝戦

 ここ2節休養してた石川香奈恵アナの復帰開催になった今節男女混合の優勝戦は兵庫支部男子が内枠3つを独占し、5号艇で淺田千亜希(徳島)も優出して、上の尼崎同様兵庫男子vs女子に。

 そしてレースは枠なり3vs3の進入から1号艇向所浩二が14トップスタートの速攻を決め、通算37回目の優勝
 2着は捲った3号艇芝田浩治、3着は差し順走4番手だった2号艇鎌田義が2番差しで3番手の4号艇山地正樹(岡山)を2Mで差し返して兵庫支部上位独占。

新年初の本場打ちは服部幸男先生生誕記念日の浜名湖

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
浜名湖競艇場入口 本日は今年初の本場参戦で浜名湖に行ってきました。
 本来なら地元江戸川が最初になるはずでしたが、行く予定だった2日が中止順延で3日と4日が勤務だった為に浜名湖が初の本場打ちに。 


服部幸男展 場内インフォメーションコーナーでは「服部幸男展」が開催されており、SG史上最年少Vの記録を持つ哲人服部幸男(1971年1月5日生まれ)の偉業を優勝カップの展示や成績の紹介などで称えてました。
 1992年10月にSG最年少Vを達成した服部先生は1989年5月のデビュー節にデビュー初1着を挙げてたり1990年6月の琵琶湖新鋭リーグで初優出初優勝を達成してたり、改めて天才レーサーである事を感じさせました。

 ちなみに今節は静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup6日目で準優日でしたが、時間の都合上服部先生のレースと準優勝戦は見る事が出来ず6R7Rの2つ。

 尚、12日からの浜名湖次節は4日目10Rの不良航法により予選落ちに終わった今節のリベンジを期す服部先生も出場するG1浜名湖賞ですが、3日目の14日は服部先生の同期で永遠のライバル・王者松井繁がトークショーとチャリティーオークションで来場します。
服部幸男優勝の軌跡


芦屋日刊スポーツ杯争奪福岡県内選手権大会優勝戦

 1243/56の進入から1号艇郷原章平(91期4193)が04トップスタートの速攻を決め、芦屋4回目・通算17回目の優勝
 2着は捲り差した5号艇岡崎恭裕

 ちなみに現金1割キャッシュバックキャンペーン対象レースだった1月1日の2日目1R(複勝売上1374万円)で1号艇2着だった篠崎元志は優勝戦4号艇でしたが、1M外マイ届かず4番手の位置から2周2Mの外全速戦で2号艇川上剛(今節選手代表91期4189)に追いつき、3周1Mで差しきり逆転3着。

市長杯争奪BOATRACEまるがめ大賞優勝戦

 142/356の進入から1号艇中岡正彦が押し切り、丸亀10回目・通算50回目の優勝
 2着には差した6号艇中田元泰が入り、2連単3200円3連単164で16050円のヒモ荒れに。

江戸川新春金盃3日目

 JRA金杯デーの新春金盃は4Rの1Mで6号艇山来和人が振り込んで一時エンスト状態になり、その後航走を再開したもののレスキューボートが出動。
 そして減速指示が出てた2周1Mで3番手の2号艇小倉康典(群馬)が外を大きく回り、4番手の4号艇菊池峰晴(栃木在住群馬支部)が内小回りで逆転3着。
 小倉康典が外を回り過ぎたというのもありますが、結果的に菊池峰晴は競技規程第23条関連順位変動により即日帰郷となってしまいました。

 また、渡邉睦広8Rで1M遅れ差しからの2M小回りで1着になった後私傷病で帰郷しました。

2013年のBOATRACE POG指名選手発表

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 新年あけましておめでとうございます。
 2013年最初の記事は、昨年12月30日の夜に板橋区大山の居酒屋肴菜yaで開催しました忘年会兼BOATRACE POG会議。
 2013年も競艇の師匠田中信一郎さん(仮名)と菊池峰晴さん(仮名)と自分の3人で各地区1名+新鋭女子名人+Free枠を指名しました。

 昨年も含めて菊池さんがずっと勝ち続けてるPOG、果たして今年はどうなるか。
 ちなみにルールは競合抽選制で、王者松井繁は2010年以降指名禁止にしてます。
 また、順位は指名選手の年間獲得賞金(賞金王決定戦最終日まで)で争い、賞金ランキング100位以下は足切りになります。
BOATRACEPOG2013

 以上が指名選手なのですが、自分の指名選手は3回抽選になって3回共外れを引くという結果になってしまいました。
 ちなみに自分が当初指名して抽選で外した選手は四国の田村隆信と名人の今村豊とフリー枠の中島孝平です。
 また、1位指名は九州の瓜生正義、2位指名は中国の白井英治です。

【江戸川からの年賀状】

 今日はBOATRACE江戸川から2通の年賀状が来ました。
 1通は本場向けポイント会員サービスラリーズクラブから新春金盃(2日〜7日)の開催案内。
 そしてもう1通はテレボート会員向け情報サービス勝舟情報メルマガから先月の当地男女W優勝戦日本写真判定社長杯で初優出初優勝の快挙を飾った市村沙樹の年賀状。

 ちなみに市村沙樹の年賀状、表面には
 「新年あけましておめでとうございます。
 今年も水面、陸で頑張りますのでご声援よろしくお願いします。
 みんなさっきさきにしてやんョ!ww

 と、選手紹介やトークショー等陸の上でも盛り上げてくれる市村沙樹らしい文面が書かれてました。

 (2日追記)江戸川新春金盃は南寄りの強風と下げ潮がぶつかる水面コンディションになった為に中止順延、3日〜8日の開催日程になります。
江戸川からの年賀状

江戸川関東地区選手権のWドリーム戦メンバー発表

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 来年1月29日から江戸川で開催されるG1関東地区選手権のWドリーム戦メンバーが発表されました。

 ドリメン12人は以下の顔ぶれです。
 初日ドリームレーサー賞
1:石渡鉄兵 2:熊谷直樹 3:山田哲也 4:秋山直之 5:毒島誠 6:中野次郎
 2日目ゴールデンレーサー賞
1:山崎智也 2:中澤和志 3:平石和男 4:齊藤仁 5:三角哲男 6:飯山泰


 尚、ドリメンから欠場選手が出た場合の予備選手順位は飯島昌弘作間章長岡茂一中里英夫鈴木博後藤浩となっています。

江戸川京葉賞2日目

 2日目メイン、記者選抜戦の12Rは今節追加斡旋の1号艇・2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝者にしてカンチクドリームでも予備1位の飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)が先頭も+01のフライングに散ってしまう大波乱。
 更に、2周1Mを2番手で回った4号艇秋元哲(埼玉)が出口でバランスを崩して振り込んでしまい選手責任転覆と、有力選手が2人も優勝戦線からいなくなってしまいました。

ハマナ娘クルーアタック優勝戦

 浜名湖のアクアコンシェルジュハマナ娘クルーの名を冠した開催はアクアコンシェルジュのお膝元住之江で開催されたSG賞金王決定戦と前半3日間日程が重なった6日間開催。

 優勝戦は16/2/345の進入から1号艇坂口周が01トップスタートの速攻を決め、今年5回目・浜名湖初・通算32回目の優勝
 2着は差した4号艇岩崎正哉

永世女王横西奏恵電撃引退!今後は夫山崎智也をサポート

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日から住之江で賞金王シリーズ戦が始まり、明後日から始まるSG賞金王決定戦特設サイト)の選手紹介も行われました。
 特設サイトで動画を見られる選手紹介では6年ぶり10度目の出場を果たした赤城雷神グスター山崎智也
 「久々にこの舞台に帰って来れました。本当に楽しみでしょうがないです。今年はかみさんの力も借りて優勝しに来ました。優勝して帰ります。応援よろしくお願いします。
 と、夫婦愛を強調したコメントを残しました。

 そのかみさん横西奏恵は16日までG1賞金女王決定戦に出場してましたが、賞金王決定戦開会式の今日、なんと選手登録削除を申請して引退
 通常引退選手の発表をしないオフィシャルHPですが、実力・人気共にトップクラスの女子選手が引退する影響の大きさから今回は引退の記事を即日発表しました。
 そのオフィシャルに載ってたコメントです。
 「今年いっぱい頑張って完全燃焼しようと決めていた。家事を優先したいと考えていて、今後は主人の仕事を支えていきたいです。これまで応援して下さった全国のボートレースファンの皆さまには、心から御礼申し上げます。長い間、ありがとうございました
 ということで、今後は専業主婦として夫山崎智也を家事で支える側に回るという事です。

 ここで徳島76期3774横西奏恵の活躍を振り返ると、1995年に超絶荒れ水面2周戦の76期卒業記念競走を波風恐れぬアグレッシブな走りで男子選手を負かして本栖チャンプになり、デビュー初優勝がF2本持ちにもかかわらず大外から捲りきった1999年3月の尼崎G2JAL女子王座決定戦
 そして女子王座V3に2度のSG優出、さらには2003年1月の江戸川スポーツニッポン杯では今世紀江戸川唯一の女子選手による混合戦優勝を成し遂げており、まさにかなちゃんには本当にかないません強さで性別や水面コンディションを問わない活躍を見せてきました。
 また、2010年12月に山崎智也と電撃結婚した時には実力と人気を兼ね備えたトップレーサー同士の結婚という事で非常に大きな話題を集めました。

 そんな横ちんは通算1着本数1101勝・通算優勝回数46回・通算勝率6.84の成績を残しており、最後の1着が今年9月の丸亀G1京極賞、最後の優勝が今年3月の常滑市長杯〜男女W優勝シリーズ〜でした。

 ちなみに2013年BOATRACEカレンダーでは5月に夫婦で登場してます。
2009年12月に江戸川トークショーに出演した時の横ちん2009年12月に江戸川トークショーに出演した時の横ちん2






江戸川男女W優勝戦日本写真判定社長杯4日目

 優勝賞金100万円の得点率制6日間開催男女W優勝戦日本写真判定社長杯(日刊スポーツ特設サイト)、4日目を終えて得点率上位は以下の通りです。

 男子
9.17杉山正樹 8.67白石健 8.33今村暢孝 7.67長田頼宗 7.00桑原啓浦田信義 6.67渡辺豊 6.17森下勇 5.83清水敦揮橋本久和 
 女子
9.67西村めぐみ 8.67栢場優子 8.33野田祥子 8.17渡邉千晴矢野真梨菜 7.17市村沙樹 7.00鳥居智恵 6.17木村沙友希 5.67櫻本あゆみ


 尚、前日得点率4位だった清水敦揮は11R1号艇1回乗りで4号艇杉山正樹に捲られ6着に敗れただけでなく待機行動実施細則違反も適用されて大きく得点率を下げてしまいました。

下関西京波者結成3周年記念優勝戦

 選手会山口支部青年部「西京波者」の結成3周年記念優勝戦は123/564の進入から節間8戦全勝の1号艇谷村一哉(山口)が押し切り、先月の前回当地サンケイスポーツ杯争奪戦に続く今年3回目・下関7回目・通算18回目の優勝は自身初の完全V。
 後続は差した5号艇大峯豊(山口)が2番手を航走し、捲り差しで追走する4号艇前沢丈史を2M行かせて捌ききり西京波者ワンツー。

江戸川勝舟情報メルマガで3節連続クリアファイル全員プレゼント企画

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 BOATRACE江戸川のテレボート会員専用メールマガジン「勝舟情報メルマガ」では、メルマガ読者を対象に次節から3節連続でクリアファイル全員プレゼント企画を実施します。

 対象のレースは総選挙当日16日からの男女W優勝戦日本写真判定社長杯、26日からの京葉賞、来年1月2日からの新春金盃

 クリアファイルをもらう方法は、メルマガ登録後にキャンペーン参加登録(第1弾は14日19時から受付開始)を行い、当該開催の舟券をテレボートで1000円以上購入するだけと実に簡単です。

 そして、もらえるクリアファイルデザインは男女W優勝戦日本写真判定社長杯が市村沙樹中澤宏奈のコンビ、京葉賞が中野次郎、新春金盃が今後公開されるG1関東地区選手権のポスターデザインとなってます。
特製クリアファイルをゲットしようキャンペーン!!


江戸川JLC杯開局20周年記念3日目

 今節に合わせてJLC制作の動画「江戸川ボート水面紹介」が公開されてるJLC杯。
 3日目終了時点で得点率トップ3は10.25の田頭実で、2位タイは桑原将光と今節選手代表大西源喜の地元コンビが9.00。

 ここで今日の出来事。
 5Rの2周1Mにおいて、5番手から外握ろうとした1号艇前田聖文が落水。

 また、11R2号艇1回乗りだった倉尾大介は1周1Mでターンマークに接触したり2周2Mで波に引っかかって振り込んだこともあり、完走したものの負傷帰郷してしまいました。

BOATRACE尼崎初優勝争奪日刊ゲンダイ杯優勝戦

 尼崎V未経験者のみを斡旋した企画開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇福来剛が押し切り、今年2回目・通算7回目の優勝にしてセンタープール初Vの福来たる。
 2着は差し順走の2号艇泉具巳(今節選手代表)。

【SPA!掲載】2013年次もBOATRACEはアッキーニャ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
アッキーニャイエローが裏表紙のSPA! 昨日発売の週刊SPA!12月11日号南明奈が表紙ですが裏表紙はアッキーニャで、表紙をめくるとアッキーニャカレンダーとアッキーニャCMメイキングが掲載されており、裏表紙をめくるとアッキーニャブラックをフィーチャーした大村G1賞金女王決定戦特設サイト)の広告。
 また、CMメイキングは日刊SPA!YouTubeでも見る事が出来ます。
 ということで、2013年次もBOATRACE振興会はアッキーニャをCMに起用する事がSPA!今週号で大々的に紹介されてました。

 更に上記のアッキーニャ特集だけでなく、SPA!誌面ではアッキーナとアッキーニャのインタビューが見開き(10Pアッキーニャ11Pアッキーナ)で掲載され、岡山101期4482守屋美穂のグラビアがボートレーサー魂というお題でグラビアン魂と見開き(12P守屋美穂13P葉加瀬マイ)で掲載されており、94ページから97ページに掲載されている「西原理恵子のボートレースできるかな」では西原理恵子が賞金女王決定戦開催地の大村へグレートマザー日高逸子を取材しに行くという内容で、まさにボート尽くしのSPA!最新号です。

 ちなみにグレートマザーがブログ「「私は あきらめない」モーターボートレーサー日高逸子/福岡地区媒体訪問」でSPA!今週号の記事を紹介してます。


江戸川JLC杯開局20周年記念2日目

 2日目終了時点で得点率トップ3は10.33の田頭実、9.33の地元桑原将光、9.00の山本隆幸

 オープニングの1Rで4号艇赤羽大樹が1M捲りに行こうとして振り込み、そこに6号艇関裕也が避けきれずに突っ込み赤羽大樹が選手責任転覆を喫して始まった2日目。

 最終の12Rでは5号艇野口勝弘が1M手前で振り込んで内側にスピンし、そこに4号艇益田啓司が避けきれずに突っ込み野口勝弘が選手責任転覆を喫して益田啓司がエンスト失格を喫し、野口勝弘は不良航法も適用されました。

 尚、野口勝弘と初日10Rで選手責任転覆を喫した片山竜輔が本日付で負傷帰郷しました。

高松宮記念期間中の住之江アクアライブステーションイベントが動画に

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 昨日幕を閉じた住之江G1高松宮記念特別競走特設サイト)ですが、場内のアクアライブステーションでは節間連日選手ふれあいコーナーが行われました。

10月14日(日) 五反田忍
15(月) 高橋淳美平山智加
16(火) 落合直子
17(水) 大原由子
18(木) 坂咲友理
19(金) 鎌倉涼


 そして、アクアライブステーションYouTubeチャンネルではアクアライブステーションでトークショーを行うと発表されてた上記選手の他に、初日サプライズゲストの佐野隆仁と3日目南門ステージイベントゲストの今垣光太郎と5日目に引退セレモニーを行った角井義則元大阪支部長の動画が、現時点で最終日に行われたイベントを除き公開されてます。
 (追記)22日に鎌倉涼選手ふれあいコーナーの動画も公開されました。










11月のG1は武将シリーズ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は愛知2場と宮島の計3場が最終日を迎えましたが、このうち宮島と常滑は11月にG1周年記念開催を控えてます。
 そして、11月1日からの開設58周年記念G1宮島チャンピオンカップ特設サイト)も11月10日からの中日スポーツ金杯争奪常滑開設59周年記念競走G1マーメイドグランプリも武将をテーマにしたポスターデザインに。

 このうち宮チャンは平清盛のイメージイラスト、まあメイドGPはあいち戦国姫隊(5日目来場予定)の6人をメインに名古屋おもてなし武将隊(初日来場予定)の写真入りイベント告知と、イラストと実写の違いはあれど武将仕様になってます。
宮島と常滑のG1ポスター


宮島JLC杯争奪パワーバトル開局20周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から差した2号艇山本寛久が抜け出し、今年V6・宮島2回目・通算33回目の優勝
 2002年7月若松フィリピン航空杯争奪戦競走以来の通算V4ならなかった1号艇岡本猛は捲り差しで続く5号艇牧宏次を2M行かせて捌き2着。

常滑中日スポーツ銀杯争奪戦優勝戦

 周年と対をなすタイトルの銀杯は1235/46の進入から1号艇天野晶夫(愛知)がイン速攻で先頭もスタートはみ出してしまい、+01のフライング返還欠場。
 これにより、外握って2番手の5号艇吉田徳夫(愛知)が先頭に繰り上がり、1月の当地ウインターカップに続く今年2回目・通算67回目の優勝

 後続は差した3号艇落合敬一と4号艇尾嶋一広で接戦になり、2Mは尾嶋一広が先行しますが落合敬一が6号艇沢田昭宏を行かせての差しで尾嶋一広を捕らえきり、2周1Mは落合が外の尾嶋を張りながら先行。
 ここで落合自身も流れてしまいますが、内小回りで差を詰めてきた2号艇後藤陽介(愛知)を振り切って2着。

蒲郡スポーツ報知杯争奪ビクトリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇古結宏が1号艇折下寛法を差しきって先頭に立ち、2Mと2周1Mで折下の差し返しを振り切った古結は今年3回目・蒲郡2回目・通算13回目の優勝

江戸川日刊スポーツ杯3日目

 優勝候補筆頭の出畑孝典が連勝して地盤を固めた3日目。

 2Rでは1号艇深澤勉が+06のフライングに散りました。
 ちなみに2Rの先頭は深澤勉では無く、2号艇宮野仁がスタート23と凹んだ展開もあり、04スタート踏み込んで捲り差した3号艇小島幸弘でした。

 8Rでは3艇による1周2Mの2番手争いで5号艇深川和仁が2号艇山崎善庸を差そうとしてターンマークにぶつかり、1M捲り戦から2M差し続こうとした3号艇片山友多加が深川和仁に乗り上げ、2艇共航走を続けたものの深川和仁は2周1Mあたりで離脱して不完走失格、片山ゆたかはゴールラインを通過したものの時間切れで不完走失格になりました。
 この事故により深川和仁が負傷帰郷しました。

 また、松本庸平が本日付で私傷病帰郷となりました。

BOATRACE鳴門が護岸工事の為2014年度と2015年度の開催を休止

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日、鳴門ボートが南海地震の津波に備える国の護岸工事が実施されるため2014年度から2015年度の開催を休止する事が日刊スポーツの記事になりました。
 以下は記事の要約です。

 国土交通省の小松島港湾・空港整備事務所によると、工事は14〜15年度に実施。ボート場を含む沿岸490mにわたり、地震による液状化を防ぐために地盤を改良し、堤防を約1.3mかさ上げする。
 鳴門市企業局によると、ボート場の施設は老朽化して耐震性が不足しているため、護岸工事の間に建て替える予定だという。代替レースの開催や再開の時期は未定。工事による長期間開催休止の例としては、最近では江戸川ボートが護岸工事のため2008年2月から2009年5月末まで休催した例がある。


 鳴門が護岸工事の為に2年間開催を休止する事は数年前から言われてましたが、この度遂にその時期が決まりました。
 護岸工事と施設改善の期間中は昨年オープンした新外向発売所エディウィン鳴門で各地の場外発売を行うと思われます。

 来年8月に開催されるG1女子王座決定戦は昭和の薫りを色濃く残す現スタンド最後の全国発売競走としても注目の開催になりますね。

多摩川サンケイスポーツ賞優勝戦

 来月13日土曜日にアイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのVol.6を開催する事を発表した多摩川。

 優勝戦は126/345の進入から1号艇中岡正彦が押し切り、今年V6・多摩川2回目・通算49回目の優勝を第49回サンスポ賞で達成。

 後続は差した6号艇徳増秀樹が2番手を航走し、秀樹は差し続く4号艇山一鉄也を2M行かせて捌き、1M外マイから2M全速捲り差しの3号艇吉田弘文を受け止めきって2着。

桐生公営レーシングプレス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川崎智幸(東京在住岡山支部)が押し切り、前走地下関日本財団会長杯スマイルカップレースに続く今年2回目・通算42回目の優勝

 後続は最初の勝負所各メンバー殺到した1Mで捲り差した4号艇高橋勲と差した5号艇武田信一で接戦になり、2Mは両者握り合って併走し、1M外握った3号艇岡部哲が2M差して2番手争いに加わり三つ巴に。
 そして2周1M、武田信が外の高橋勲を牽制しつつ内の岡部さとしを行かせて捌ききり、混戦の2着争いを制しました。

アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWA Vol.6は10月13日に開催決定

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 10月開催予定と発表されていたアイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのVol.6はG3女子リーグ第4戦リップルカップ初日の8日祝日か最終日の13日に開催されると予想してましたが、この度10月13日に開催される事が決定しました。

 出演は多摩川アイドルフェスレギュラーのナビゲーター応援団長バニラビーンズ大村SGチャレンジカップイメージガールとしての活躍が記憶に新しいLinQ、それにhy4_4yhが出演します。

 当日は12時台まで東京ビッグサイトにいる予定が入ってますが終わったらすぐ多摩川に行く予定なので、最後の方だけでも見られればと思います。
アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWA Vol.6






BIGFUN平和島杯優勝戦

 ペンライトやサイリウムを始め、なんでも扱う激安の殿堂ドン・キホーテを筆頭に天然温泉平和島などの施設が入るBIG FUN平和島のタイトル戦。
 ちなみに22日と23日はビッグファン10周年記念として「水と緑の祭典inボートレース平和島」(pdfファイル)を開催します。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇秦英悟が1M先行体勢も出口で振り込んでしまい魔さかの選手責任転覆。
 これにより差した2号艇落合敬一が先頭、捲り差した4号艇杢野誓良が2番手になり、先頭でゴールインした落合敬一は2010年5月浜名湖テレボートカップ以来となる通算44回目・平和島3回目の優勝で副賞の伊豆長岡温泉京急ホテル宿泊券を獲得。

111期やまとチャンプは元甲子園球児の安河内将

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 日本モーターボート競走会やまと学校では本日第111期選手養成訓練卒業記念レースと卒業式が開催されました。

 今期から卒業記念レースのファイナルは2個準優を勝ち上がったメンバーによる優勝戦から勝率上位6人によるやまとチャンプ決定戦に改められ、他のレースは趣向を凝らした企画番組になりました。

 そしてやまとチャンプ決定戦は3号艇の4734安河内将(佐賀出身東京支部)が2M差しの逆転優勝で111期やまとチャンプを襲名。
 スポニチ記事によると安河内将のレースは枠なり2vs4の3カドからつけ回って2番手を航走し、先頭の1号艇竹井貴史(福岡104期4556竹井奈美の弟にして東福岡高校サッカー部時代に全国大会出場)を2M差しきって逆転したとの事です。

 佐賀県立小城高校野球部時代には遊撃手として活躍し第79回選抜高校野球大会で甲子園の土を踏んだ安河内将は卒業後東京の國學院大學に進み、その縁で東京支部の所属になりました。
 デビュー戦は11月2日から開催される多摩川の予定です。

新近江戦国絵巻第三戦琵琶湖合戦優勝戦

 琵琶湖合戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇吉川喜継(滋賀)と差す2号艇田頭実の一騎打ちになり、2Mは田頭実が先行も吉川喜継が差し返して2周1Mを先行し、田頭実の外全速戦を受け止めきります。
 しかし2周2Mで田頭実の差しが届き、3周1M先行して一騎打ちを制した田頭実は今年4回目・通算44回目の優勝

桐生群馬テレビ杯G3女子リーグ第2戦優勝戦

 4号艇松本晶恵(今節選手代表)が回り込んだ14/2/356の進入から1号艇樋口由加里が押し切り、昨年1月鳴門スポーツ報知杯競走ボートレースチームバトル以来となる通算2回目の優勝
 全速つけ回った5号艇津田裕絵が2着。

G2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト公開

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川で開催中の4日間開催夕刊フジ杯2日目9R江戸川アートミュージアムリニューアル記念の「第4回アートテラー・とに〜記念競走」が行われ、同レース5号艇で捲り差しを決め1着の谷津幸宏滝沢芳行の埼玉コンビが連勝。
 更に初日連勝の堂原洋史埼玉支部長も6R4号艇1回乗りで捲りを決めて3連勝とし、2日目の水面はさいたまつりでした。


 その江戸川で来月3日から開催されるG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイトが公開されました。

 東京スカイツリーの高さと同じ634をレース名にした特設サイトのデザインは宮本武蔵とフィンランドミラクル艇番カラーの緑赤青をフィーチャーしてます。

 また、Wドリーム戦の名称もスカイツリーのライティングと同じ「」と「」です。
 Wドリーム戦メンバーは以下の通りです。

 初日12R「粋」
1:井口佳典 2:濱野谷憲吾 3:白井英治 4:中島孝平 5:峰竜太 6:市川哲也
 2日目12R「雅」
1:石渡鉄兵 2:坪井康晴 3:湯川浩司 4:魚谷智之 5:熊谷直樹 6:赤岩善生


 BOATRACE江戸川は東京スカイツリーオフィシャルホテル東武ホテルレバント東京と提携してますが、特設サイトにリンクバナーがある同ホテルとも関連性がありそうなレース名です。

 (追記)初日選手紹介と最終日表彰式はスタンド5Fに先月オープンしたイベントルーム「ROKU」で行われる事が決定しました。
新しい歴史が誕生する。江戸川634杯MB大賞
粋と雅のスカイツリー
634でフィンランド・ミラクル


戸田鬼怒川金谷ホテル・鬼怒川温泉ホテル杯優勝戦

 1931年に日光金谷ホテルの支店として開業し1953年に独立した老舗鬼怒川温泉ホテルと、今年4月にリニューアルオープンした系列の高級宿鬼怒川金谷ホテルのタイトル戦。
 ちなみに鬼怒川温泉といえば東武鉄道ですが、東武特急スペーシアのカラーリングは従来のオレンジに加えてスカイツリーのライトアップにちなんだ「」と「」の3種類にリニューアルしました。

 さて、優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川添英正が06トップスタートも4号艇辻栄蔵の捲り差しが決まって先頭に立ち、当地G1ウィナーの辻栄蔵は今年3回目・通算51回目・戸田は4優出4優勝
 2番手の川添英正に対し、1M外握って3番手の6号艇福来剛が2M内に切り返して先行しようとしますが川添英正に包まれて空振りに終わり、直後に福来剛は振り込んで選手責任転覆を喫してしまい川添英正が2着。

尼崎アクアコンシェルジュカップ優勝戦

 初日メインアクアコンシェルジュ選抜戦の6人がそのまま優出した平穏メンバーの優勝戦でしたがレースは荒れて、5号艇濱崎直矢が枠なり3vs3の5コースから07トップスタートを踏み込んで捲りを決め、今年2回目・通算9回目・デビュー初Vの地尼崎では2回目の優勝

 後続は21凹みスタートから遅れ差しの4号艇勝野竜司(兵庫)、捲り差した6号艇岡本慎治、先差しから2M内に切り返した2号艇若林将の3艇による2番手争いになり、2M先行した若林将を行かせて捌いた勝野竜司が2番手で、オカモトは若林将と1号艇長溝一生の切り返しを行かせての2番差しで3番手。
 しかし4番手の若林将が2周1M外握ってオカモトとの3番手争いに持ち込み、2周2Mオカモトを行かせての差しで勝野竜司をも捕らえて2番手争いに持ち込みます。
 そして3周1Mは若林将が先行しますが勝野竜司の差しが届き、3周2M内から先行した勝野竜司が若林将の外全速戦をこらえきって2着争いを制し、2連単9180円3連単45720円。

児島日本トーター杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川北浩貴が10トップスタートの速攻で5号艇山田佑樹(岡山)の捲り差しを振り切り、前走地丸亀報知グリーンカップに続く今年4回目・通算49回目の優勝
 2番手の佑樹が2Mで川北を差そうと懐を空けた隙を突いて、1M差し順走で3番手の2号艇高濱芳久と差し続いて4番手の6号艇松村康太が内に突っ込み、行き場を無くした佑樹は松村康太と接触して両者共倒れになり、2M先行に成功した高濱が2着。

ロボートレーサーV、びわこに参上!

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 びわこと滋賀県の平和を守るべく立ち上がった正義のヒーロー「ロボートレーサーV」。

 ロボートレーサーV(PR動画)とはボートレーサーの最速魂をエネルギー源に開発された正義の水陸両闘ロボであり、その正体は1800mを1分42秒2で駆け抜ける現役最速ボートレーサー馬場貴也

 中の人は11日土曜日から三国しぶき賞に出場するので出演できませんが、12日日曜日はびわこボートのファミリーカーニバル(詳細pdf)でロボートレーサーVショーが行われ、機怪人デコルとボコルからびわこを守ります。
ロボートレーサーV馬場貴也ロボートレーサーVショーのお知らせ

徳山新鋭王座連動企画「新鋭アイドル選抜総選挙」

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 来月25日からG1共同通信社杯新鋭王座決定戦特設サイト)を開催するBOATRACE徳山は昨日、新鋭王座にちなんだ企画開催第一弾のサンケイスポーツ杯争奪スターレーサーチャンピオンCUPが終わりましたが、徳山では新鋭王座と連動した企画「新鋭アイドル選抜総選挙」をニコニコBOATRACE@JLCとのコラボで実施します。

 新鋭アイドル選抜総選挙とはアイドルを目指す16人の精鋭たちが新鋭アイドルの頂点を目指して競い合うニコニコ生放送公開オーディションで、優勝者は新鋭アイドルレポ―ターの座を手に入れられます。
 オーディションは3度のニコ生で行われ、第1回は10日の18時から21時で第2回は25日の11時から14時、最終の第3回は来月17日の18時からとなっています。

 発表されてる第1回番組MCはニコニコボートレース部@JLCでお馴染み永島知洋と元アイドリング!!!のフォンチーです。

 また、BOATRACE徳山HPのトップでは元AKB48の大島麻衣が新鋭王座決定戦応援サポーターに就任した事をお知らせしており、媒体訪問や節間イベントでの登場が期待されます。
新鋭アイドル選抜総選挙

BP横浜で王者松井繁と鎌田義のトークショー

 今日はボートピア横浜で開催された王者松井繁とエンターテイナー鎌田義のトークショーを見に行って来ました。

 ちなみに尼崎SGオーシャンカップの場外発売に合わせて行われた豪華トークショーですが、王者は一昨日3日目に元SMAPのオートレーサー森且行とのクロストークショー、カマギーは昨日4日目にツーショット撮影会で尼崎のイベントにも出演してました。

 以下はトークショーの大まかな内容です。

 横浜について
王者松井繁(以下ま)「若い頃中華街へ何度か」
カマギー(以下か)「昔の女が横浜に住んでたので何度も」
 新プロペラ制度について
か「F休み中だからまだ走ってない」
ま「持ちペラ時代と比べると最初の差が少ない。他人に叩かれたペラを見て新しい発見をする時もある。出足と乗り心地で劣るナカシマは試運転50M乗ってみるけど使い物にならない。」
ま「(質問を受けて)もし前回阿波勝哉が使ったのモーターに当たった場合、最終的にはいじるけど最初はそのまま乗って参考にする。」
 急に豪雨になった尼崎の映像を見て
ま「今日の尼崎みたいに急に天気が変わったり、準優・優勝戦の舞台になるとスタート行かなきゃいけない、しかしはみ出しちゃ行けない葛藤が強まる。」
その後予選1位の重成一人12R準優勝戦1号艇でフライング

 趣味について
か「色黒なのは釣り好きだから釣りで日焼けしました」
か「趣味は若作り」
ま「金髪なのは賞金王を意識してるわけではないです」
か「競輪場に行ったら併用含めて1Rから最終まで全部買う。車券外しまくって、自分がとんだ時にヤジ飛ばされる心境がわかる」
 願掛けはしてますかの質問を受けて
ま「願掛けは発走前のジャンプとスキップと手拍子」
これに対してカマギーが補足「ジャンプすると金玉の位置を直せるんですよ」
 苦手の場はあるかの質問を受けて
ま「苦手な場は平和島。ビルに囲まれた独特の景色が苦手」
か「苦手な場はないけど記念開催が苦手」
これを受けて王者が「G1以上と一般戦は別の競技」と王者ならではの発言
か「記念ではまだまだだけど、一般戦では無敵オーラを放てるようになってきたかなと思う」
 家族サービスについての質問を受けて
ま「家族サービスは娘が反抗期になって少なくなったけど、F休み中は旅行に行ってきました。」
か「(困った表情の後)バツイチの事を除籍と呼ぶそうですが、除籍されてしまったので…」


 トークショー後は抽選で5名様に3ショット撮影&握手会のサービスがありました。

 それにしても王者のオーラが漂う師匠S.Matsuiと、トークが面白いエンターテイナーカマギーによる豪華トークショーは見に行ってよかったと思った面白いイベントでした。
トークショー1トークショー2トークショー3


江戸川アサヒビールカップ優勝戦

 江戸川一般開催最高優勝賞金の150万円を懸けた一戦は1号艇黒崎竜也が01トップスタートのしびれる速攻を決めて先頭に立ち、5号艇伊藤将吉が差して2番手、捲り差した6号艇生方厚成が3番手。
 そして2Mで伊藤将吉の差しが黒崎竜也に迫って接戦になりますが黒崎竜也は振り切り、今年2回目・江戸川2回目・通算11回目の優勝


 ここで優勝戦以外の出来事。
 3Rで先頭の1号艇奥田誠(+04)と捲った3号艇幸本誠(+03)の広島支部ダブル誠がフライング返還欠場になりました。

桐生マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇向所浩二(70期3577)が18トップスタートの速攻ニゲキールを決め、今年3回目・通算33回目の優勝
 後続は捲り差した4号艇西村勝(70期3589)が捲り差しで続く5号艇一色雅昭を2M行かせて捌き、70期ワンツー完成。

優勝賞金150万円の江戸川アサヒビールカップは中止順延で明日初日

 本日から開催予定でした得点率制6日間開催江戸川アサヒビールカップ(優勝賞金150万円)は強風高波浪の為中止順延になり、最終日は20日になりました。

 尚、順延に伴う番組の変更はありません。
2012アサヒビールカップ

 ところで、江戸川からは東京スカイツリーを見る事が出来ますが、スカイツリー併設の東京ソラマチにあるアサヒビールのアンテナショップ「ビアアンドパブ スーパードライ」では、ビル30階の立地にありながらもスーパードライエクストラコールド550円を筆頭に同一フロアの他店より手頃な価格で飲み食いする事が出来ます。
江戸川から見たスカイツリーソラマチ30Fから見た下町の風景ソラマチ30Fで飲むアサヒビール

多摩川バニラビーンズカップ、17日から開催。

 大村では男女均等斡旋のG2男女ガチンコMB大賞を開催中ですが、昨日までスポーツニッポン賞を開催してた多摩川では祝日明けの17日から4000番台以降限定の男女均等斡旋開催バニラビーンズカップ多摩川アイドルレーサー混合戦展望サイト)を開催。

 W優勝戦ではない男女均等斡旋開催は、G2男女ガチンコMB大賞は予選が男女別で準優から男女混合、2006年度2007年度に多摩川で開催された優木まおみ杯は準優まで男女別で優勝戦が男女混合でしたが、バニビカップは予選から男女ガチンコで対戦する2個準優制開催。

 そのバニビカップのPRとして、昨日はレース名になったバニラビーンズ(レナ&リサコ)が後藤翔之平田さやかの地元イケメンレーサーコンビを帯同してスポーツニッポン日刊スポーツ東京スポーツデイリースポーツ夕刊フジなどの媒体やJLCへの訪問を実施。

 媒体訪問の様子はウェイキーのTAMAGAWAダイアリーにも掲載されてます。


 また、最終日の22日日曜日はナビゲーター応援団長としてバニビが皆勤のアイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのVol.5を開催。
 バニビ以外の出演者は「しず風絆〜KIZUNA〜」とTENGAる6「lyrical school」です。

 そしてフェスがある最終日以外も開催はバニビ尽くしで、節間は場内の音声や周回展示BGMがバニビの曲になり、5日目の21日にはバニラビーンズと学ぶボートレース教室(募集締切済み)も実施されます。
多摩川アイドルフェスVol.5


バニビうらビ2012/07/12【平田さやかゲスト出演】

上瀧和則新MB選手会長誕生+優勝戦5場は初Vが2人と久々のVが3人

 本日のニュースは26日付けの「☆3661☆柳瀬興志のボートレーサー☆ブログ」と本日付けの日刊スポーツで紹介されていた日本モーターボート選手会新選手会長誕生の話。

 26日に選手会総会が行われ、現行の福永達夫選手会長と上瀧和則副会長と竹内知樹理事長に代わる新たな選手会三役として会長に上瀧和則副会長、副会長に白石桂三非常勤理事、理事長に渥美敏男非常勤理事が決まりました。

 このうち44歳の若さで選手会長になった上瀧和則新選手会長は昨年3月の副会長就任時に実戦を離れており昨年3月9日の唐津日本モーターボート選手会会長杯(優勝)が最後のレースで、前滋賀支部長の白石桂三新副会長は今月18日の戸田日本財団会長杯が就任前最後のレース、元静岡支部長の渥美敏男新理事長は今月18日の浜名湖遠鉄アタックが就任前最後のレースになりました。
 44歳の若さで選手会を引っ張る事になる上瀧和則新選手会長の活躍を大いに期待してます。

 そして、2005年から理事長、2009年から選手会長として選手会を引っ張ってきた福永達夫選手会長と、2009年から理事長を務めてきた竹内知樹理事長は長年の役員職お疲れ様でした。
2009年11月習志野トークショー出演時の上瀧和則



津日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 節間にMB選手会長が新しくなったMB選手会長賞は来期勝率3.82の愛知85期4035杉江浩明が節間オール2連対と今までとは別人のような成績で優勝戦1号艇になり、デビュー初Vに王手。
 そして杉江は枠なり3vs3のインからスタート慎重も慌てずに堂々押し切り、7度目の優出にして初優勝
 2着には差した4号艇國崎良春が入りました。

 上瀧新選手会長が先頭に立って推進した新ペラ制度はモーター抽選にかなり左右されるようになり、持ちペラによっていつでもどこでも足上位というわけに行かなくなった反面、持ちペラ時代に不振だった選手が好モーターで一変というケースも多くなりました。

びわこあじさい競走優勝戦

 白石桂三前滋賀支部長が選手会役員職に専念する事になってから初のびわこ開催優勝戦は地元勢が内枠3人を独占。
 そして枠なり3vs3の進入から16トップスタートの1号艇川島圭司(93期4254)と差す2号艇馬場貴也(93期4262)で先頭接戦になりますが、デビュー初Vに燃える川島圭司が2M外全速フルターンで馬場貴也を捲りきり、来期A1昇格を決めている川島圭司は優出19回目での初優勝を馬場との同期同支部ワンツーで飾りました。

オール女子!浜名湖ビューティーアタック優勝戦Aell.応援レース

 4人組アイドルユニットAell.(篠崎愛・西恵利香・石條遥梨・鷹那空実)の名を冠した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀がスタート21と後手を踏んでしまい、対照的に11トップスタート踏み込んだ2号艇池田浩美(静岡)がみゆきを捲りきって先頭に立ち、81期池田浩は浜名湖初・2009年5月丸亀G3女子リーグ戦競走第4戦以来となる通算8回目の優勝

 篠崎兄弟の弟篠崎仁志と同期の3号艇山下友貴(静岡101期4464)が差して2着に入り、渥美敏男新理事長就任後最初の浜名湖優勝戦になったビューティーアタックは地元ワンツーでフィニッシュ。


多摩川東京スポーツ賞優勝戦

 1号艇長岡良也にデビュー初Vが懸かった一戦は枠なり3vs3の進入からチルト+1度の6号艇待鳥雄紀がメイチの伸びで捲りきり、待鳥は内で伸び返す長岡と2号艇山本英志(東京)を待たずに振り切って2Mを先行し、多摩川初・2005年7月山笠特選レース以来となる通算3回目の優勝

 惜しくも是政の地でデビュー初Vを飾る事が出来なかった長岡は2Mで山本英志を行かせて捌き2着。

 渥美敏男選手会理事長就任翌日に優出を果たした3号艇大場敏(旧姓渥美)は1M捲り差し不発で4番手も2Mで山本英志を差しきり逆転3着。

大村日本MB選手会会長杯優勝戦

 節間にMB選手会長が新しくなったMB選手会長杯は枠なり3vs3の進入から1号艇樋口亮(長崎)が2号艇原豊土の差しを振り切って2Mを先行し、大村5回目・2010年3月江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯以来となる通算20回目の優勝
 尚、表彰式プレゼンターは選手会長崎支部副支部長の吉田一郎でしたが、表彰状読み上げでは早くも新選手会長上瀧和則の名が読み上げられました。

SKE48歴代とこなめもっと盛り上げ隊メンバーの48選抜総選挙結果は?

ブログネタ
AKB48選抜総選挙、気になりますか? に参加中!
 2010年度から2011年度にかけてBOATRACEとこなめをサポートしたSKE48も投票対象だった「AKB48 27thシングル選抜総選挙」は本日開票結果が日本武道館で、桐生SG全日本選手権優勝戦地上波実況を担当した実績を持つ徳光和夫アナウンサーのMCにより発表されました。

 2010年度「とこなめもっと盛り上げ隊!!」の正規メンバーは高柳明音須田亜香里大矢真那佐藤実絵子加藤智子秦佐和子、2011年度「とこなめもっと×2盛り上げ隊!!」の正規メンバーは大矢真那佐藤実絵子加藤智子古川愛李中西優香小野晴香でしたが実際の来場メンバーはその時によって違っており、ここで2010年度から2011年度にかけてとこなめに来場したSKE48メンバーを紹介。
 尚、歴代来場メンバーはトコタンのツイートを参照して思い出しました。

 2010年10月31日
高柳明音 須田亜香里 大矢真那 秦佐和子 佐藤実絵子 加藤智子
 2011年7月23日(オール研究生)
井口栞里 犬塚あさな 内山命 鬼頭桃菜 松村香織 水埜帆乃香
 2011年8月14日
大矢真那 小野晴香 古川愛李 中西優香 佐藤実絵子 加藤智子
 2011年9月3日(台風の為中止・幻の来場メンバーに)
大矢真那 小野晴香 出口陽 内山命 小林絵未梨 今出舞
 2011年10月10日(9月3日の振替もメンバー一部入れ替え)
小野晴香 中西優香 佐藤実絵子 加藤智子 内山命 小林絵未梨
 2011年11月19日(とこなめもっと×2盛り上げ隊!!競走開催記念イベント)
大矢真那 古川愛李 中西優香 加藤智子 平松可奈子 佐藤聖羅
 2012年1月3日
大矢真那 古川愛李 中西優香 佐藤実絵子 加藤智子 出口陽
 2012年2月25日
大矢真那 古川愛李 中西優香 佐藤実絵子 加藤智子 小野晴香


 歴代来場メンバーのはーちゃん(小野晴香)と幻の来場メンバーだったンャニいまでまいニャンは既にSKE48を卒業してしまいましたが、選抜総選挙では以下の歴代来場メンバーがベスト64入りを果たしました。

63位 中西優香 5592票
34位 松村香織 9030票
30位 古川愛李 11179票
29位 須田亜香里 11323票
27位 大矢真那 12142票
25位 秦佐和子 13920票
24位 高柳明音 14111票


 なんと7人もランクインしました。
 特に34位のBBQかおたんはAKB、NMB、HKTの国内48グループ全メンバー研究生中最上位のランクインを果たす快挙を見せました。
とこなめもっと×2盛り上げ隊!!

57thまあメイドGPポスター58thまあメイドGPポスター

 ちなみに歴代来場メンバー以外のSKE48メンバーも多数ランクインしてます。

62位 矢方美紀 5606票
56位 木本花音 5982票
35位 向田茉夏 8552票
32位 小木曽汐莉 9596票
31位 木崎ゆりあ 10554票
28位 矢神久美 11712票
10位 松井玲奈 42030票
9位 松井珠理奈 45747票


 27thシングル表題曲選抜ベスト16入りを果たした松井JRを筆頭に8人がランクインしており、歴代とこなメンバーと合わせて15人が当選を果たしました。


 さて、総選決戦といえばオールスターボートレースSG笹川賞ですが、ここでAKB48選抜総選挙の得票上位神6を枠番に置き換えて紹介。
 笹川賞ドリーム戦の枠番は基本的に票数順ですが、こちらも票数順です。

1:大島優子 2:渡辺麻友 3:柏木由紀 4:指原莉乃 5:篠田麻里子 6:高橋みなみ

 来年こそはSKEメンバーも神6入りして欲しいですね。

真夏のSGモーターボート記念選出基準が大改悪【各場2名】

 本日、8月21日から桐生で開催される真夏のSGモーターボート記念の出場選手が発表されました。

 以下はその出場選手です。

優先出場者
前年度優勝者
瓜生正義 福岡

第26回賞金王決定戦優勝戦出場者
松井繁 大阪
田中信一郎 大阪
佐々木康幸 静岡
池田浩二 愛知

第17回オーシャンカップ(尼崎)優勝者

場推薦出場者
(戸田)
平石和男
中澤和志
(江戸川)
石渡鉄兵
齊藤仁
(平和島)
濱野谷憲吾
山田哲也
(多摩川)
中野次郎
熊谷直樹
(浜名湖)
重野哲之
(蒲郡)
赤岩善生
原田幸哉
(常滑)
平本真之
(津)
井口佳典
東本勝利
(三国)
中島孝平
萩原秀人
(びわこ)
守田俊介
馬場貴也
(尼崎)
馬袋義則
魚谷智之
(鳴門)
横西奏恵
田村隆信
(丸亀)
森高一真
木村光宏
(児島)
平尾崇典
田口節子
(宮島)
山口剛
辻栄蔵
(徳山)
寺田祥
原田篤志
(下関)
今村豊
谷村一哉
(若松)
西山貴浩
川上剛
(芦屋)
郷原章平
(福岡)
篠崎元志
前田将太
(唐津)
深川真二
峰竜太
(大村)
赤坂俊輔
中村亮太

開催施行者希望出場者
山崎智也 群馬
秋山直之 群馬
中里英夫 栃木在住群馬支部
湯川浩司 大阪
坪井康晴 静岡


 今回から原則として競走場推薦選手は各場2名ですが、競走場の所在する支部に所属する選手が優先出場者となった場合、当該選手が推薦選手になります。
 
優先出場者推薦レース場
(芦屋)
瓜生正義
(住之江)
松井繁
田中信一郎
(浜名湖)
佐々木康幸
(常滑)
池田浩二


 よって浜名湖と常滑と芦屋の推薦枠は1名、住之江の推薦枠は0になりました。

 また、真夏のSGオーシャンカップでMB記念出場予定選手もしくはMB記念F休み選手が優勝した場合は以下の予備選手が順番に繰り上がります。

予備選手(繰り上がり優先順)
毒島誠 群馬
太田和美 奈良在住大阪支部
菊地孝平 静岡
江口晃生 群馬
須藤博倫 埼玉
桐生順平 埼玉
吉田拡郎 岡山
中村有裕 滋賀
加瀬智宏 群馬
橋本久和 群馬


 ちなみに今回F休みで選出対象外のA1選手は以下の7人でした。
 後述の理由で白井英治のF休みが特に残念です。

重成一人
今垣光太郎
今坂勝広
平田忠則
市川哲也
白井英治
笠原亮



 昨年1月に他のグレードレース新設および改正の発表と同時にMB記念の選出基準改悪もさりげなく発表されてましたが、実際メンバーが発表されたら東京支部と福岡支部の6人、山口支部の4人(しかも白井英治不在)はやはり多すぎますね。
 反面、所属選手数が多くても場が1つしかない大阪・静岡・岡山・埼玉などの支部は最低2人しか保証されておらず、今回の改悪が複数場ある支部に圧倒的有利な選出基準であることが露呈しました。

 また、開催支部である群馬支部も制度変更の被害者であり、今までから大幅に減らされた5つの開催場推薦枠のうち2つを今回の被害支部である静岡と大阪の救済にあてたので、地元は3人のみ。
 これにより、正月とGWの2012年地元開催二冠を達成した江口晃生が事実上出られなくなってしまいました。
 ちなみに愛知支部も2つ場があるため山口支部同様最低4人の出場が保証されてますが、福岡・東京に次ぐ第3位約140人の選手がいる愛知支部の所属選手数は山口支部のおよそ倍なので、適正とまでは言いませんが違和感は少ないです。


 ここで、来年の選出基準変更を強く要求するということで改正案を書きます。

 1:場推薦は開催場を除く各場1人の23人に戻す
 2:代わりに開催支部を除く各支部1人ずつ17人の推薦枠を作る(これで各支部2人ずつ確保できると共に不均衡も多少是正できる)
 3:残りを賞金王決定戦ファイナリスト6人と直前SG優勝者、開催場推薦選手で選出する
 4:競走場の所在する支部に所属する選手が優先出場者となった場合、当該選手を推薦選手とする規定は廃止して今回の住之江みたいな例を無くす


 各支部最低2人出場する事自体は反対ではないので支部推薦制を提案しますが、場が3つある東京と福岡が特に有利になる今回のシステムは今年限りにして欲しいですね。

江戸川東京中日スポーツ杯2日目G1江戸川大賞情報】

 6月2日生まれの山崎昂介が3周戦の5R1号艇と2周戦の12R2号艇で連勝した終盤2R2周戦の本日はG1江戸川大賞特設サイトが公開されました。

 特設サイトでは初日12Rドリームレーサー賞と2日目12Rゴールデンレーサー賞のメンバーも発表されてます。
 メンバーと枠番は以下の通りです。

 ドリームレーサー賞
1:瓜生正義 2:田村隆信 3:中野次郎 4:菊地孝平 5:飯山泰 6:山田哲也
 ゴールデンレーサー賞
1:石渡鉄兵 2:湯川浩司 3:熊谷直樹 4:中澤和志 5:馬袋義則 6:山口剛
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ