徳山スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦は1246/35の進入から1号艇前田将太が1M先行して先頭、2号艇大池佑来が差し順走2番手も、大池佑来は2M差しで舳先ねじ込み接戦に。
 ここは前田将太がHS斜行して締めきり先頭を守りましたが、大池佑来は2周2M再度の差しが成功して同体に持ち込み、3周1M内先行して逆転先頭に立った大池佑来は今年2回目・徳山2回目・通算12回目の優勝