今月実施しているスマホアプリと本場イベントが連動したBOATRACE江戸川ITスタジアムの第2弾開催関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯は得点率制5日間開催で本日最終日。

 追い風7m波高25cmで2周戦になった優勝戦は1号艇佐竹恒彦が荒水面で大きく流れて行く中で冷静に差しを決めた2号艇齊藤優が先頭に立ち、江戸川初・2012年12月芦屋MBP日向オープン2周年記念以来となる通算5回目の優勝にして山口支部109期4670芦村幸香との結婚後初V。
 2番手争いは共に1M捲り差した4号艇宮西真昭と6号艇古結宏で接戦になるも2周1M差した古結宏が競り勝って2連単7350円3連単47820円。
 ということで、2006年9月唐津スポーツ報知杯以来約11年半ぶりの優出でデビュー初Vを目指した宮西真昭は2着争いに競り負けての3着でした。

 ちなみに今節は3日目の24日に112期4758富樫麗加と121期4998中村かなえが来場した東京支部選手イベントが開催されました。
 という事で下はその時の写真です。
富樫麗加・中村かなえイベント


芦屋BP勝山オープン24周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡辺浩司(福岡支部)が押し切り、芦屋では昨年7月の前回モーニング誕生祭オール福岡選抜戦に続く3回目・通算23回目の優勝