大晦日決戦のG1クライマックスG1賞金女王決定戦で沸いた大村の正月特別斡旋開催は、昨年の長崎支部選手賞金上位12選手によるオオムラグランプリW優勝戦

 グランプリ戦士12人のA組による優勝賞金200万円の12Rオオムラグランプリファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇山口裕二が押し切り、大村では昨年11月の前回BTS鹿島開設2周年記念肥前鹿島干潟杯に続く4回目・それ以来となる通算12回目の優勝
 ちなみに昨年の長崎支部選手賞金ランキング1位原田幸哉は昨年12月の住之江グランプリSG賞金王決定戦出場後フライング休み(グランプリをはさんで60日休みの分割消化)に入っており欠場でした。

 尚、同時開催のB組によるシリーズ戦の11R優勝戦は枠なり5vs1の進入から全体的に早めのスタートになって03スタートの1号艇村上遼が押し切り、2015年11月戸田ルーキーシリーズ第7戦以来となる通算2回目の優勝
 ちなみに判定の結果5号艇落合敬一は+01のフライング返還欠場になりましたが捲りを02スタートの3号艇大串重幸(4着)に張られて後方でした。


常滑中日スポーツ金杯争奪2018新春特別競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇磯部誠が09トップスタートの速攻を決めて、常滑3回目・前走地三国競艇大賞に続く通算8回目の優勝

鳴門松竹杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から02トップスタートの5号艇菅章哉が捲りを決めて先頭に立ち、鳴門では昨年10月の前回松茂町ほか2町競艇事業組合開設49周年記念競走に続く2回目・それ以来となる通算5回目の優勝
 遠征勢で唯一優出した6号艇岡谷健吾(広島支部)が捲り差しで続いて2着に入り地元ワンツー阻止。

芦屋日刊スポーツ杯争奪福岡県内選手権大会優勝戦

 オール福岡支部開催の優勝戦は123/465の進入から1号艇瓜生正義が押し切り、芦屋では昨年10月の前回ニッカン・コム杯に続く15回目・それ以来となる通算79回目の優勝