ライジングゼファーフクオカ杯優勝戦

 枠なり4vs2の進入から01トップスタートの3号艇熊谷直樹に対して2号艇青木幸太郎(福岡支部)が先捲りで応戦し、1号艇間嶋仁志が青木幸太郎を張り飛ばした展開に乗って熊谷直樹が差しを決めて先頭。
 しかし熊谷直樹は2Mで艇が暴れて流れてしまい、1M2番差しで2番手の5号艇山室展弘が2M内から熊谷直樹と艇を並べ、山室展弘は2周1M内先行で抜け出し今年2回目・福岡6回目・通算114回目の優勝

戸田スマホマクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前田将太が2号艇北村征嗣(83期3997)と4号艇後藤正宗(83期3987)の差しを振り切って先頭に立ち、今年3回目・戸田初・通算15回目の優勝

児島ヴィーナスシリーズ第8戦クラリスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇長嶋万記が差しを決めて先頭に立ち、今年7回目・児島初・通算24回目の優勝