大村デイリースポーツカップ優勝戦

 枠なり4vs2の進入からコンマ12の一番遅いスタートだった2号艇山田康二が強捲りを成功させて先頭に立ち、今年3回目・大村初・通算15回目の優勝

丸亀デイリースポーツ創刊70周年記念競走優勝戦

 123/465の進入から1号艇松田大志郎が思い切ったスタート速攻で先頭に立つも、判定の結果+02のフライング返還欠場。
 これにより、1M遅れ差しでBS最内の5号艇深水慎一郎が2Mを先頭で回り、1M先差しから2M差し返してきた4号艇江夏満の追い上げを振り切り、深水慎一郎は2011年12月江戸川一般競走以来となる通算2回目の優勝
 ちなみに松田大志郎のFで売上のほとんどが返還になったため、3連単546の波乱目ながら配当は4030円。

男女W優勝戦スポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞最終日

 11R男子優勝戦は枠なり4vs2の進入から1号艇中岡正彦が09トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・蒲郡3回目・通算62回目の優勝

 12R女子優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇松本晶恵が絞り込むも2号艇谷川里江が先捲りで抵抗し、その谷川里江が捲りきるも流れた展開に乗って5号艇中谷朋子が捲り差しを決めて先頭に立ち、中谷朋子は前走地尼崎G3オールレディース神戸開港150年記念競走に続く今年2回目・蒲郡初・通算15回目の優勝