鳴門日本モーターボート選手会会長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09トップスタートの4号艇渡邊雄一郎(大阪支部)がカド捲りを決めて先頭に立ち、前走地若松西部ボートレース記者クラブ杯に続く今年4回目・鳴門初・通算13回目の優勝
 イン戦残した1号艇小野寺智洋(香川支部)が2着に入って遠征選手ワンツー。

桐生上毛新聞社杯GWレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇久田敏之が押し切り、1月の当地スポーツニッポン杯群馬ダービーに続く今年2回目・桐生8回目・通算18回目の優勝