平和島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇村上純が4号艇須藤博倫の捲り差しを辛くも振り切って先頭に立ちますが、2周1Mで須藤博倫の差しが届いて同体に。
 そして2周2Mは須藤博倫が内から先行しますが村上純が差し返しに成功し、3周1M内先行で再度先頭にたったしずる村上純は平和島初・通算38回目の優勝

びわこボートピア京都やわた開設10周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇杉山裕也が押し切り、前走地浜名湖地区対抗第1戦!東海vs関東中日新聞東海本社杯に続く今年2回目・びわこ初・通算12回目の優勝

鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山本浩次が04トップスタートの速攻を決めて、2015年6月下関山口シネマ杯以来となる通算64回目の優勝