戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中村裕将(埼玉支部)が13トップスタートの速攻を決めて、戸田8回目・通算48回目の優勝にして通算2001勝目の1着ゴール。
 4号艇加藤高史(埼玉支部)が1M捲り差しから2M外全速戦で2着に入って埼玉支部ワンツー。

 ちなみに中村裕将の通算2000勝目は昨日の5R6号艇6コースでの豪快な大外捲りでした。

日本財団会長旗争奪住之江王冠競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡村慶太が押し切り、住之江では2015年3月の前回ルーキーシリーズ第10戦ダイナミック敢闘旗に続く2回目・通算10回目の優勝