蒲郡日本財団会長杯争奪戦優勝戦は枠なりオールスロー進入から1号艇鈴木勝博(愛知支部)が07トップスタートの速攻を決めて、蒲郡2回目・通算14回目の優勝