桐生埼玉新聞社杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芝田浩治が押し切り、通算62回目の優勝にして3日目8R5号艇2着以外全て1着の準完全V。
 2号艇小坂尚哉が1M差し順走からの2M差しで2着に入り兵庫支部ワンツー。

芦屋ぐらんざ杯優勝戦

 123/465の進入から07トップスタートの1号艇松村敏(福岡支部)が3号艇中村桃佳の捲りをこらえきって2M内先行で抜け出し、芦屋V6・通算25回目の優勝