江戸川デイリースポーツ杯優勝戦

 14トップスタートの1号艇稲田浩二が2号艇中野次郎(東京支部)の差しを振り切って先頭に立ち、江戸川2回目・通算18回目の優勝

桐生日本財団会長杯優勝戦

 132/456の進入から1号艇渡邊雄一郎が押し切り、今年2回目・桐生初・通算11回目の優勝

常滑スポーツニッポン杯争奪英傑戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岩瀬裕亮(愛知支部)が12トップスタートの速攻を決めて、常滑初・2015年11月津トランスワード杯2015以来となる通算5回目の優勝

サンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉川元浩(兵庫支部)が押し切り、前走地鳴門なるちゃんバースデー競走に続く今年3回目・尼崎では先月の前回尼崎市長杯争奪福娘福男選抜男女W優勝戦に続く18回目・通算69回目の優勝
 4号艇山本隆幸(兵庫支部)が捲り差しで2着に入り兵庫支部ワンツー。

大村トータリゼータエンジニアリングカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石渡鉄兵が12トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・大村初・通算60回目の優勝