鳴門四国地区選手権競走優勝戦

 徳島支部と香川支部による対抗戦の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田村隆信(徳島支部)が12トップスタートの速攻を決めて、鳴門15回目・通算51回目の優勝
 6号艇一宮稔弘(徳島支部)が3周1Mの差しで4号艇小野寺智洋(香川支部)との2着争いに競り勝ち、徳島支部G1ウィナーワンツー。

唐津トータリゼータエンジニアリング杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇遠藤エミが押し切り、唐津初・通算15回目の優勝