徳山住信SBIネット銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から01トップスタートの4号艇室田泰史が絞りに行くも3号艇森野正弘が先捲りで激しく抵抗し、その森野正弘の捲りが大きく流れた間に1号艇松尾拓がすんなり1M先行して先頭に立ち、松尾拓は徳山初・通算4回目の優勝

下関スポーツ報知杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇小野勇作が押し切り、下関2回目・2015年5月大村日本MB選手会会長杯以来となる通算16回目の優勝