今年度の地区選手権シリーズ第3弾は桐生のG1関東地区選手権特設サイト)。

 優勝戦は群馬支部4人と東京支部2人による争いになり、枠なり3vs3の進入から1号艇江口晃生(群馬支部)が16トップスタートの速攻を決めて、唐津と多摩川に続く3節連続Vとなる今年3回目・桐生35回目・G1V6となる通算90回目の優勝
 4号艇山崎智也(今節選手代表)が1Mカド捲り→2M捲り差し届かず4番手も、2周1M前の2人が握り合う展開を突いて内に潜り込み逆転2着。
 そして2号艇毒島誠(群馬支部)が3着、5号艇秋山直之(群馬支部)が4着で群馬支部上位独占。

唐津ウインターモーニングバトル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から05トップスタートの1号艇田中和也がターン流れながらも押し切り、唐津初・通算7回目の優勝