唐津九州スポーツ杯優勝戦

 1245/36の進入から1号艇江口晃生が押し切り、唐津では昨年11月の前回鏡山特別に続く3回目・通算88回目の優勝にして2日目9R4号艇2着以外全て1着の準完全V。

児島ていちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山崎裕司が押し切り、前走地宮島日刊スポーツ栄光楯広島ダービーに続く今年2回目・児島初・通算12回目の優勝

常滑G3オールレディース競走レディース笹川杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀が押し切り、2015年6月徳山九州スポーツ杯争奪ほぼオール女子バトル以来となる通算75回目の優勝

 ちなみにSG笹川賞の通称はボートレースオールスターですが、レディース笹川杯と来月28日から宮島で開催されるG2レディースオールスター特設サイト)は別物です。

桐生タイムス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志が押し切り、桐生4回目・通算55回目の優勝
 16トップスタートの4号艇平石和男が1M捲り差しを2号艇北中元樹に張られて後方も、2M差しで追い上げ2着に入り埼玉支部ワンツー。