昨年までサンクス東海杯三河湾グランプリのレースタイトルだったサンクス蒲郡ボートウイング店CUP優勝戦は降っても降ってもまだ降り止まぬ雪の中発走し、枠なり2vs4の進入から1号艇原田幸哉が05トップスタートもターン大きく流れてズブズブに差され5着に終わり、2号艇河合佑樹が先頭に立ち蒲郡初・2015年9月三国オールやまと卒ヤングバトル以来となる通算8回目の優勝
 尚、2連単24は8710円・3連単245は40410円でした。