宮島岩田杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芦澤望が08トップスタートの速攻を決めて、宮島初・2014年7月平和島マクール杯絶好調選手権以来となる通算8回目の優勝を飾り賞金200万円獲得。
 尚、2周2M3番手の4号艇北川幸典(今節選手代表)が入口で握った際に振り込み転覆し、事故艇に乗り上げた2号艇上平真二(広島支部)も転覆して北川幸典は妨害失格を適用されました。
 更に、上記事故直後に2番手の5号艇鶴本崇文も2周2M出口で振り込み選手責任転覆を喫し、一度に別々のタイミングで3選手がいなくなる大アクシデントが発生しました。

芦屋スポニチ金杯新春特選優勝戦

 1246/35の進入から08トップスタートの3号艇松江秀徳がカド絞り捲り狙うも6号艇桂林寛(福岡支部)が窮屈な体勢から張り飛ばして共倒れになり、その間に1号艇松田祐季が逃げ切って芦屋初・通算22回目の優勝