江戸川G3企業杯アサヒビールカップ(優勝賞金200万円)は強風高波浪に悩まされて初日の5日と翌6日が中止順延&5日目の昨日が中止になり、当初の2個準優制6日間開催から得点率制5日間開催に短縮されて当初より2日遅れで最終日を迎えました。

 優勝戦は21トップスタートの5号艇荒井翔伍(東京支部)が捲りに行くも1号艇井口佳典が艇を伸ばして先行し、そのまま押し切ったいぐっちは今年3回目・江戸川2回目・通算52回目の優勝

 2009年3月浜名湖河合楽器スポーツ杯以来の優出を果たした6号艇齋藤勇(東京支部)が捲り差して2番手を航走しますが、荒井翔伍が2Mで齋藤勇を差しきり逆転。
 齋藤勇は2周1M内に切り返して先行し再度同体に持ち込みますが、2周1M差した荒井翔伍が2周2Mを先行して齋藤勇を振り切り2着。
 尚、3周1M差した2号艇柏野幸二が3周2M手前で内から艇を伸ばして齋藤勇を捕らえきり逆転3着。
アサヒスーパードライエクストラコールドBAR


常滑青海特別優勝戦

 台風11号の影響で3日目が中止順延になった4日間開催の優勝戦は124/563の進入から14トップスタートの3号艇澤大介がチルト+3度でぐいぐい伸びて絞り込みますが、1号艇徳増秀樹が艇を伸ばしての1M先行で押し切り、前走地地区対抗第2戦!東海vs近畿浜名湖食堂グルメアタックに続く今年3回目・常滑5回目・通算62回目の優勝
 2号艇角谷健吾が差し順走で2番手を航走し、1M捲り差しから2M内に切り返してきた澤大介を行かせて捌き2着。

津真夏のツッキーカップ優勝戦

 台風11号の影響で2日目が7R以降打ち切り&3日目が中止順延になった4日間開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇勝野竜司が06トップスタートの速攻を決めて今年3回目・通算49回目の優勝

 後続は3号艇渡邉和将が差して2番手、2号艇中嶋健一郎(三重支部)が捲って3番手を航走も、1M捲り差して4番手の5号艇長谷川充が2M内に切り返して先行。
 渡邉和将は2M外握って包み込もうとするもハセ充を包みきれずに流れ、中嶋健一郎が2艇を差しきって2番手に浮上。
 そして中嶋健一郎は2周1Mで直外のハセ充を張って抜け出し2着。

児島ボートピア松江開設14周年記念競走優勝戦

 台風11号の影響で5日目が中止順延になった6日間開催の優勝戦は、枠なり3vs3の進入から1号艇間嶋仁志が押し切り、今年2回目・通算34回目の優勝
 2号艇梶野学志が差し順走で2着。