ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 開設58周年記念G1江戸川大賞特設サイト)は本日最終日。

 優勝戦は1号艇瓜生正義(東京在住福岡支部)が01タッチスタートもアジャストスタートでスリット後伸びず、全速06スタートの5号艇三井所尊春にあっさり捲られてしまいVならず。
 しかし、捲りきったミーショに対し3号艇岡村仁(95期やまとチャンプ4311)が外に持ち出しての捲られ捲り差しを決め、2M先行でミーショを突き放した浪花のショットガン岡村仁(2月19日生まれ)は今年3回目・江戸川初・通算7回目にしてG1初優出初優勝

 岡村仁は2004年11月のデビュー節住之江3日目2Rでデビュー節初1着、翌2005年8月のデビュー初優出三国九頭龍賞でデビュー初優勝を飾っており、今回のG1初Vもデビュー初V同様の初優出一発ヅモを決めました。

 ちなみに岡村仁の決まり手は、同じく捲られ捲り差しでミーショを差しきった4日目3Rの2号艇白井英治同様に内枠を捲りきったので「捲り」になりました。
岡村仁ウイニングラン岡村仁表彰式1岡村仁表彰式2


 ここからは優勝戦以外の出来事。
 3Rで3号艇黒崎竜也が捲りに行って先頭に立ちかけるも選手責任転覆。
 7Rでは1号艇の地元三角哲男が3号艇松江秀徳の捲りに抵抗しようとした時に振り込み選手責任転覆を喫しました。

大村G2モーターボート誕生祭優勝戦

 大村名物のモーターボートレース発祥地記念G2モーターボート誕生祭〜マクール賞〜(特設サイト)。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇新田雄史(96期やまとチャンプ4344)が11トップスタートの速攻を決め、SGウィナー新田雄史(2月19日生まれ)は今年3回目・大村初・通算13回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇田村隆信が、2番差しで追走する4号艇山田哲也を2M外全速包んで振り切り2着。



ウィンボとこなめ開設4周年記念競走優勝戦

 外向発売所ウィンボとこなめ開設記念の優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇大庭元明と差す2号艇君島秀三で接戦になり、舳先ねじ込んで2Mを先行した君島秀三が大庭元明の差し返しを振り切り、常滑2回目・通算18回目の優勝

児島ガァ〜コカップ2013第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎が押し切り、今年3回目・児島V6・通算63回目の優勝
 2着は1M差し順走から2M外全速の2号艇桐生順平

若松G3企業杯ビートル杯争奪戦競走優勝戦

 福岡と釜山を結ぶJR九州高速船ビートルの企業杯。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇水摩敦(福岡)が07トップスタートを決めて捲りきり、若松5回目・通算7回目の優勝
 イン戦残した1号艇木村光宏が2M外握って後続を振り切り2着。

 ちなみに今日のG1とG2の優勝者は共にやまと世代の2月19日生まれですが、G3を優勝したやまと世代の水摩敦は6月5日生まれなものの友恵夫人が2月19日生まれでした。

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎仁志が押し切り、前走地住之江G3新鋭リーグ第22戦サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走東西新鋭対抗戦に続く今年3回目・唐津初・通算10回目の優勝
 後続は差した4号艇明石正之が2番手を航走し、差し続く6号艇・ヤマトペラの中島友和(佐賀)を2M行かせて捌き2着。