ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 選考期間中のSG優出完走者およびSG予選得点上位者による選出基準のためSG出場経験者しか出られない事から、賞金王決定戦を除くSGでは最もメンバーが豪華なSGグランドチャンピオン決定戦特設サイト)。
 23回目の今年度は皆川浩二MB競走会会長の地元とこなめで開催されました。

 SGウィナー4人と賞金王シリーズウィナー2人による優勝戦は132/456の進入から1号艇太田和美が10トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・グラチャン連覇でSGV6となる通算61回目の優勝
 2着は1M差し順走から2M握った3号艇田村隆信

 それにしても昨年に続いて2年連続でグラチャン優勝戦を生で見たわけですが、昨年2号艇で優勝した太田和美が今年は1号艇ですんなり優勝したのに対し、昨年1号艇で3着だった吉田俊彦は選手紹介で「この常滑にはリベンジやのうてリトライに来ました。今節も最終日最終レースに残って、今度こそは勝って帰りたいと思います。応援よろしくお願いします。」という迷言を残したら初日8R1号艇でスタート時エンストによる選手責任出遅れになり、1号艇でのやらかしをリトライしてしまい太田和美と大きく明暗を分けました。
太田和美と皆川浩二で三沢のヒーロー太田コウジ2年連続で和美とアッキーナMCは実況も担当した山田智彦機長


多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前田将太が3号艇江夏満の攻めをブロックして押し切り、多摩川初・昨年1月芦屋ライジングスター以来となる通算7回目の優勝
 後続は江夏満が攻めをブロックされながらも2番手を航走し、差し順走の2号艇高沖健太を2M行かせて捌き福岡ワンツー。

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇清水敦揮がサキマイを決め、3月の江戸川全国ボートレース専門紙記者クラブ杯に続く今年2回目・鳴門初・通算13回目の優勝は岡山から千葉へ移住後の初V。次節は新たな地元水面になるかもしれないG1江戸川大賞です。
 2着は差し順走の2号艇眞田英二(徳島)。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞が押し切り、福岡の骨付鳥飼眞は今年3回目・丸亀は2006年9月G1京極賞以来となる2回目・通算37回目の優勝
 2着は1M→2Mと握って回った3号艇海野康志郎

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 1235/46の進入から逃げる1号艇仲口博崇と捲り差す3号艇長岡茂一で接戦になり、2Mはモイチが先行しますが仲口博崇が差し返し、2周1M内先行で抜け出した仲口博崇は今年5回目・通算61回目の優勝